ほっとミュージアム 談話室
[ホームへもどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 発言サイズは画像も含めて130KBまで、URLは20個までです。
  • その他[留意事項]を良くお読みの上ご利用ください
  • 新規紹介用 でワード検索すると、フォーマット発言が開きます

  •   [No.11016] 【洋画】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/01/31(Wed) 21:33:14  

     外国絵画の新しい展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに紹介済みのものに加えて、訪問にご利用下さい。

    【東京】
    パナソニック汐留ミュージアム
     ☆,「ジョルジュ・ブラック展 絵画から立体への変容―メタモルフォーシス」4/28(土)〜6/24(日)
     ☆開館15周年特別展「ジョルジュ・ルオー 聖なる芸術とモデルニテ」9/29(土)〜12/9(日)

    【神奈川】
    横浜美術館
     ☆コレクション展 「全部みせます!シュールな作品 シュルレアリスムの美術と写真」〜3/4(日)
     ☆NAP展「New Artist Picks 谷保玲奈展ー共鳴」3/17(土)〜4/22(日)
     ☆企画展「ヌード NUDE ―英国テート・コレクションより」3/24(土)〜6/24(日)
     ☆企画展「モネ それからの100年」7/14(土)〜9/24(月)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   明日香 光二/馬場 英明


      [No.11013] Re: 【山梨】河口湖美術館/第19回 富士山写真大賞展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/01/28(Sun) 22:06:43  

    Quitaさん、こんにちは
    >
    >  1月21日に、今年も河口湖美術館の富士山写真大賞展に行って来ました。
    >
    >  今年の金賞は航空写真で夕日に染まる富士山をとらえた物になりました。
    >
    >  ただ、富士山写真大賞展はストイックに富士山だけをとらえたような作品が上位に入る傾向があるようで、やや不満も感じ始めています。
     そんなものなのですか。技術の確かさ、感性のよさ、というものを捉えることができるかもしれませんが、富士山と言う自然だけでなく文化遺産に指定された山を、如何に捉えるかという見方も出来るように思います。人間の富士山への関わりですね。また、新たな展開があることを期待します。
                     明日香 光二/馬場 英明


      [No.11008] 【山梨】河口湖美術館/第19回 富士山写真大賞展 投稿者:   投稿日:2018/01/21(Sun) 22:42:35  

    こんにちは

     1月21日に、今年も河口湖美術館の富士山写真大賞展に行って来ました。

     今年の金賞は航空写真で夕日に染まる富士山をとらえた物になりました。

     ただ、富士山写真大賞展はストイックに富士山だけをとらえたような作品が上位に入る傾向があるようで、やや不満も感じ始めています。風景写真としてトータルに美しいものは他の入賞作品の方にあると思っています。更に人との関わりを感じさせる作品は入賞作品の中にもまれです。


      [No.11006] 【大阪】市立東洋陶磁美術館/唐代胡人俑/人間像 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/01/06(Sat) 00:26:12  

     中之島の大阪市立東洋陶磁美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=33で開催中の展覧会を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆開館35周年記念・日中国交正常化45周年記念特別展
      「唐代胡人俑―シルクロードを駆けた夢」〜3/25(日)
           月曜休館(1/8、2/12は開館)、1/9(火)、2/13(火)休館
           入館料金:一般1,200(1,000)円、高校生・大学生700(600)円
                  中学生以下、障がい者手帳などをお持ちの方(介護者1名を含む)
                      大阪市内在住の65歳以上の方(要証明)は無料
     唐時代(618〜907)に繁栄した国際都市・長安にはシルクロードを通した西方文化が流入し、「胡人」と称される中央アジアに活躍したソグド人はじめ異民族のエキゾチックな風貌を表した胡人俑が、当時の墓にしばしば副葬された。本展では、2001年に甘粛省慶城県で発見された唐時代の穆泰墓(730年)から出土した鮮やかな彩色と極めて写実的な造形の胡人俑を展示。
     斬新な魅力に満ちた唐代胡人俑の最高傑作を通して、シルクロードを駆け巡った胡人たちの息吹を感じていただければ幸いです。
     本展に併せて、国立国際美術館との共催による同館所蔵の現代の人物彫刻約10点を展示する連携企画「いまを表現する人間像」展と特集展「中国陶俑の魅力」なども同時開催。
       加彩胡人俑 甘粛省慶城県唐開元18(730)年穆泰墓出土

    連携企画「いまを表現する人間像」展展示作家
      オシップ・ザッキン、マリノ・マリーニ、佐藤忠良、ニキ・ド・サンファル、イケムラレイコ、
      舟越桂、シュテファン・バルケンホール、マーク・クイン、棚田康司
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11004] 【ほっとミュージアム】1月改訂されました 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/01/04(Thu) 21:34:41  

    お正月をいかがお過ごしでしょうか。

    昨年末までに談話室にアップされた情報をもとに、三ッ木さんにデータ編集を、ほりうちさんにサイト作成を担当して頂き、今年最初の改訂をしています。

    年末から引き続きの展覧会のほか、お正月や祝いの民俗、日本画や書道の展覧会、地域の暮らしを見つめ直す展示や、ひな祭りの展示の予告も。5日からだとほぼ開館も出そろい、1月8日で展示終了の館も多くありますので、どうぞ、この ほっとミュージアムサイトをご利用いただき、ミュージアム訪問の参考にしてください。訪問されたミュージアムや展覧会のご感想やデータにお気づきの点など、この談話室へ、今年もよろしくお願いいたします。


                本談話室の管理人 明日香 光二/馬場 英明


      [No.11001] 【年賀】本年もミュージアムをよろしくお願いします 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/01/01(Mon) 09:57:32  

     奈良はあたたかく明るい空の元旦を迎えております。

     年明けすぐに大仏様にお会いしてきました。
     昨夜の雨で空気が澄んだのでしょうか、大仏さまのお顔が、開いた窓からくっきりと見えたような気がします。

     千三百年数十年前から、御身も多々苦難に遭われながら見てこられたこの世界、
     また新しい1年が始まるに当たって、多くの人々が祈願に…
     …皆が、世界、地上の平和を心に秘めてお会いに来られているのを
     見守りつづけて下さっていると思います。

     私たちは、今年も、人類が生み出し続けてきた文化遺産にも接しつづけて
     今後の世界をつくるほんの少しの知恵にしていくことができたらなぁと思います。

     今年もほっとミュージアムをちょっとご利用いただいて、ミュージアムを巡り、応援して頂ければ幸いです。また、開館、新しい展覧会、館のデータの変更、それぞれの感想など、この談話室にお寄せ頂きますよう、よろしくお願いいたします。

                本談話室の管理人 明日香 光二/馬場 英明


      [No.11000] 【京都】府京都文化博物館/文化財写真とコロタイプ複製のあゆみ 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/12/31(Sun) 23:38:57  

     京都府京都文化博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=43では、京都の文化財を支えた写真技術の展示を開催中です。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆便利堂創業130周年記念
    「至宝をうつす−文化財写真とコロタイプ複製のあゆみ−」〜平成30年1/28(日)
         1/3まで休館、月曜休館(祝日の場合は開館、翌日休館)
          午前10時〜午後6時(金曜日は7時30分まで、入場は閉室の30分前まで)
         入館料金:一般1000円 高大生700円

     わが国の文化財には、古代から長い年月にわたり、貴重な文字資料や優れた絵画作品は臨写や模写など人の手によって写しが作られたものがあるが、近代以降は文化財はカメラによって写されることになる。
     また、明治以降に撮影された写真を原版とする印刷技法・コロタイプは自然な濃淡や階調の表現に優れており、国宝・重要文化財の絵画や書跡などの複製に利用され、文化財を後世に伝える役割を果たした。
     本展は、明治20年(1887)に京都の地で創業し今年で130周年を迎える便利堂が手掛けてきた文化財写真撮影と複製の歴史をたどり、法隆寺金堂壁画や高松塚古墳の撮影の歴史を紹介し、また、便利堂が製作した文化財複製を展示。


    記念講演会(2)1/13(土)午前10時30分〜正午、本館3階フィルムシアター(定員150名)、入館券要
    「文献資料の書写と複製」長村 祥知氏(当館学芸員)
    館サイトより申込

    文化財複製シンポジウム:1/7(日)午後1時30分〜4時 別館ホール(定員100名)入館券要
     基調講演(1)
       「模写・複製の理念と意義−絵画模写をめぐって−」朝賀 浩 氏(文化庁美術学芸課主任文化財調査官)
     基調講演(2)「美の記憶−封印された姿と時間−」村上 隆 氏(京都美術工芸大学副学長)
     座談会:「うつす」文化の未来 −変わるものと変わらないもの−
    パネリスト:朝賀浩氏、村上隆氏、長村祥知氏 司会進行:西村寿美雄氏(株式会社便利堂)
    館サイトより申込

    ギャラリートーク:1/27(土) 午後1時30分から30分程度
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.10999] 【愛知】徳川美術館・名古屋市蓬左文庫/奇才、我が道をゆく−達磨・布袋・一休・・ 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/12/31(Sun) 23:16:07  

     大曽根の徳川美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=23&c=5・名古屋市蓬左文庫http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=23&c=7で新春から開催されるめでたい展覧会を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆企画展「奇才、我が道をゆく−達磨・布袋・一休・・・−」 平成30年1/4 (木) 〜1/28 (日)
         月曜休館(1/8(月)は開館、翌9日(火)は休館)
         入館料金:一般1200円 高大生700円 小中生500円
                毎週土曜日は小中高生入館無料

     大きな袋とお腹に笑顔で、現代にもなじみ深い七福神の一人・布袋は、実は中国の実在の仏僧で、肩に担いだ布袋に施しとして受け取ったものを入れて泊まり歩き、遺言で自分は弥勒菩薩の化身と語ったと伝える。
     布袋のほか許由や巣父・達磨・寒山・拾得など、中国の様々な人物が取り上げられ、彼らの強烈な個性を放ったさまざまな物語を絵画や工芸作品にたどる。また日本でも西行や一休宗純など異彩を放った人々の、さまざまな物語を遺す。絵画作品や工芸品から、奇才とも称することのできる人々の世界に誘う。

    許由巣父図 呉偉筆 中国・明時代15世紀
    重要美術品 蘆葉達磨図 宮本武蔵筆 江戸時代17世紀
    布袋図 狩野元信筆 室町時代
    堆朱居布袋図香合 中国・明時代15世紀
    奈良絵本 大黒舞 江戸時代18世紀
    束帯天神像 益叟福謙賛 室町時代14−15世紀
    狂雲集 (一休宗純詩偈集) 室町時代 文亀3年(1503)

    土曜講座
    「画賛を読み解く」加藤祥平氏(学芸部学芸員) 
    平成30年1/20(土)午後1時30分〜3時(午後1時開場) 600円(入館料は別途)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.10998] 【東京】21_21 DESIGN SIGHT/野生展:飼いならされない感覚と思考 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/12/31(Sun) 22:12:04  

     六本木の21_21 DESIGN SIGHThttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=74で開催中の展覧会を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆企画展「野生展:飼いならされない感覚と思考」 〜平成30年2/4 (日)
       火曜と1/3まで休館   入館料金:一般1100円 大学生800円 高校生500円 中学生以下無料

     人間の文化と生活には欠かせない知性の能力「野生」、ものづくりや表現の歴史においても、度々その例を見いだすことができる。
    理性や合理性ばかりが前面にあらわれる現代においても必要な、現代の表現者たちのもつ野生の魅力に着目し、さまざまな作品や資料を通して、その力を発動させるための「野生の発見方法」を紐解く。
      青木美歌「あなたと私の間に」
      大森克己「和歌山県古座川町2002」
      西村祐介「勢理客の獅子舞」
      西村祐介「ボゼ」
      ステファニー・クエール「Old Boar」
      渡邊拓也「道具と作ることのインスタレーション」
      田島征三「吠える獣」    など
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明 


      [No.10997] 【三重】Paramita Museum/河井ェ次郎展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/12/31(Sun) 22:10:25  

     菰野町のParamita Museumhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=24&c=53で、1月2日から開催される展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆没後50年「河井寛次郎展―過去が咲いてゐる今、未来の蕾で一杯な今―」1/2(火)〜2/25(日)
         会期中無休
         入館料金:一般1000円 大学生800円 高校生500円 中学生以下無料
     島根県安来市に生まれ、東京高等工業学校(現・東京工業大学)窯業科に入学し、雑誌「白樺」を見て感銘を受けたバーナード・リーチと交友を結び、後輩の濱田庄司と出会った河井寛次郎(1890〜1966)。京都市立陶磁器試験所で技師として研讃を積み、1920(大正9)年、京都市五条坂の清水六兵衞の窯を譲り受け、「鐘溪窯」と名づけ住居を構えた。その後1924(大正13)年、濱田庄司を介して柳宗悦と親交を結び、実用を重んじた力強い作品を生み出す。1926(大正15)年に「日本民藝美術館設立趣意書」の起草に参加し、1936(昭和11)年に「日本民藝館」理事に就任。戦後は、実用にとらわれない、自らの内面から湧き出る自由で独創的な造形表現を展開。京都の旧宅であった河井寛次郎記念館所蔵作品を中心に、本邦初公開となる山口大学所蔵作品など陶芸や木彫や書、調度類などを紹介し、寛次郎の仕事の全貌とその深い精神世界を辿る。
    緑釉人形図壺(1923年頃)
     灰釉筒描扁壺(1953年頃)
     流し薬瓶子(1927〜28年)
     繍花六方花瓶(1923年頃)
     竹製棚(1940年頃)

    記念講演会:1/21(日) 午後2時〜 鷺 珠江氏(河井寛次郎記念館・学芸員)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 暗証キー

    - Web Forum -
    - Antispam Version -