ほっとミュージアム 談話室
[ホームへもどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 発言サイズは画像も含めて130KBまで、URLは20個までです。
  • その他[留意事項]を良くお読みの上ご利用ください
  • 新規紹介用 でワード検索すると、フォーマット発言が開きます

  •   [No.11807] 【東京】都立第五福竜丸展示館/なぜ?ベン・シャーンが見た福竜丸 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/08/15(Thu) 19:51:25  

     夢の島の都立第五福竜丸展示館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=159で開催中の特別展を紹介します。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆特別展「なぜ?ベン・シャーンが見た福竜丸−13点のデッサンと漁師たち」〜9/29(日)
       月曜休館
       入館無料
     漁師たちにふりかかる“なぜ”,“なぜ”白い灰は降り落ちる,久保山さんは“なぜ”死んだ
     ビキニ水爆被ばく65年・第五福竜丸展示館リニュー アル・オープン記念特別展第二弾は、アメリカの 画家・ベン・シャーンのラッキー・ドラゴン(福竜丸) の素描作品でたどる漁師たちのものがたり。
     1957年、シャーンは核物理学者ラルフ・ラップの ルポルタージュ『第五福竜丸の航海 The Voyage of The Lucky Dragon』の挿絵として40点の素描を描いた。 第五福竜丸の被ばくと無線長・久保山愛吉の死に 心を寄せたシャーンは1960年代の初めに1年がかりで彩色画の「ラッキードラゴン・シリーズ」11点 を描いた。 本展はデッサン 7点をはじめ13点の作品と福竜丸の漁師の漁具、日用品、作業衣など船での暮らしを彷彿とさせる 資料により、福竜丸のものがたりをたどる。
    <13点のデッサン>
    港、出航、彼らの漁道具、漁、サンゴ礁の怪物、降下物、死んだ彼、病院にて(急性放射能症)、船主写真家(乗組員の火傷の検査)、報道から(久保山の死)、未亡人 、なぜ(彼の墓)<素描作品原画の展示は9/14〜23で、以外は複製画の展示

    <特別展示>
    「水爆はやめろ」ポスター
    「ロバート・オッペンハイマー」ポスター

    <福竜丸の現物資料>
    漁具、漁労日誌、天測日誌、漁労長の手記、日用品、大漁旗布団、作業衣、作業ズボン、長靴、手帳、ノート、マグロのウロコ、サメのひれ、ボンデンのシュロなど
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11806] 【東京】都写真美術館/しなやかな闘い ポーランド女性作家と映像  投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/08/15(Thu) 19:49:24  

     恵比寿の東京都写真美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=183で始まっている映像の展示を紹介します。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「しなやかな闘い ポーランド女性作家と映像 1970年代から現在へ」〜10/14(月・祝)
       月曜休館(祝日の場合は翌日休館)
       料金:一般 500円 学生 400円 中高生・65歳以上 250円
         小学生以下および都内在住・在学の中学生、障害手帳をお持ちの方と介護者は無料
         10/1は都内在住の方は無料
         第3水曜日は65歳以上無料
         8/15(木)〜 8/30(金)の木・金午後5〜9時はサマーナイトミュージアム割引(学生・中高生無料/一般・65歳以上は団体料金)
     日本・ポーランド国交樹立100周年を記念して、東欧の文化大国ポーランドの1970年代以降の美術を、女性作家と映像表現の展覧会を開催。ベルリンの壁崩壊後東側に流れ込んだグローバル経済の波に乗り、EU加盟も果たした21世紀のポーランドで、女性たちによる映像表現の領域で存在感を放つ。本展は、ポーランドの1970年代からの美術の歩みを、その時代背景をふまえながら新たな視点で読み解き、世代を異にする女性アーティストたちが、自身の社会環境で発信する表現方法について、考える。術を、いかに見出してきたかをたどる、きわめて意欲的な展覧会です。
     エヴァ・パルトゥム 《ドローイング TV》 1976年 8ミリフィルム(ヴィデオに変換)、白黒、サイレント (6分1秒)
     ズザンナ・ヤニン 《闘い》2001年 シングルチャンネル・ヴィデオ、カラー、サウンド (9分)
     ヨアンナ・ライコフスカ 《バシャ》 2009年 シングルチャンネル・ヴィデオ、カラー、サウンド (16分) 
     カロル・ラヂシェフスキ 《カロルとナタリアLL》 2011年 写真パネル 
     アンナ・ヨヒメク&ディアナ・レロネク 《ディレクトレシィ(女性館長)》 2017年 シングルチャンネル・ヴィデオ、カラー (7分29秒)

    講演会「ポーランド美術とフェミニズム(仮題)」8/18(日)午後 1時30分〜4時30分(開場 1時15分) 
     1 階ホール(定員190名)にて、無料、当日10時より1階受付にて整理券配布
     アンナ・クテラ氏(出品作家)
     マリカ・クジミチ氏(美術史家、アルトン財団代表)
     アグニエシュカ・レイザヘル氏(lokal_30ディレクター)

    講演会「クリティカル・アート潮流の中で(仮題)8/31(土)午後1時30分〜4時30分(開場 1時15分)
     1 階ホール(定員190名)にて、無料、当日10時より1階受付にて整理券配布
     加須屋明子氏(キュレーター、美術史家、京都市立芸術大学教授)

    担当学芸員によるギャラリートーク
    8/16(金) 午後2時〜 ズザンナ・ヤニン(出品作家)がゲスト
    8/30(金)午後6時〜
    9/6(金)午後2時〜 手話通訳つき
    9/20(金)午後2時〜 手話通訳つき
    10/4(金)午後2時〜
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11805] 【京都】国立博物館/京博寄託の名宝 ─美を守り、美を伝える─ 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/08/15(Thu) 19:47:46  

     東山七条の京都国立博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=62では、国宝級の名品を集めた展覧会が始まりました。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆ICOM京都大会開催記念 特別企画「京博寄託の名宝 ─美を守り、美を伝える─」 〜 9/16(月・祝)
       月曜休館(但し9/2、9/16は開館)
       開館時間:午前9時30分〜午後5時(9/7を除く金・土は9時まで、入館は閉館30分前まで)
        入館料金:一般520円 大学生260円
               高校生以下および満18歳未満、満70歳以上は無料(要年齢証明)
               障害者手帳等(*)提示の方と介護者1名無料
              &#8195;(*) 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、戦傷病者手帳、被爆者健康手帳
               9/7(土)は無料観覧日
     2019年9月、日本初のICOM(アイコム)こと国際博物館会議の世界大会が、京都で行われることを記念し、京博に収蔵される6200余件の寄託品の中から名品を展示。
     国宝 風神雷神図屏風 俵屋宗達筆 京都・建仁寺
     色絵蓮華香炉 伝野々村仁清作 建窯
     灰被天目 建窯
     黄瀬戸天目
     瀬戸天目
     奈良県吉野郡天川村金峯山経塚出土
     金銀鍍双鳥宝相華文経箱
     瀟湘八景図 狩野元信筆
     楼閣山水図 伝狩野元信筆
     花鳥図襖 狩野永徳筆 雲龍図 海北友松筆 山水図襖 長谷川等伯筆    など

    土曜講座 :平成知新館 講堂にて、午後1時30分〜3時、定員:200名、入館料のみ
       当日12時より平成知新館1階にて整理券を配布、定員になり次第、整理券配布を終了
    8/24 「寄託制度と博物館」呉 孟晋氏(主任研究員)
    9/14 「モノから聞こえる物語―「唐鏡」はどこから来たのか―」永島 明子氏(教育室長)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11803] 【千葉】国立歴史民俗博物館/もののけの夏 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/08/13(Tue) 23:51:24  

     佐倉市の国立歴史民俗博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=12&c=42では、日本の妖怪の展示を開催中です。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆特集展示「もののけの夏―江戸文化の中の幽霊・妖怪―」〜9/8(日)
        月曜休館(休日の場合は開館し、翌日が休館)
        入館料金:一般600円 大学生250円 高校生以下無料
             障がい者手帳等保持者は手帳提示により、介護者と共に無料。
     本館のコレクションから、「百鬼夜行図」や歌川国芳の妖怪浮世絵が、江戸文化の中で果たした役割を紹介。江戸時代には、妖怪や幽霊などの怪異譚や図像の収集が流行したので絵本や錦絵が量産され、幽霊を扱って大人気だった江戸末期の歌舞伎を考えると、怪異を恐れる気持ちと楽しむ気持ちが表裏一体だったことがわかる。無数の妖怪を描く「百鬼夜行」が、幕末の風刺画としても大きな役割を担っていたことを紹介。
    【第1章】妖怪研究の流行
       月岡芳年「和漢百物語 頓欲の婆々」 大判錦絵 慶応元年(1865)
       狩野洞雲益信「百鬼夜行図」紙本着色一巻 貞享元年(1684)以前 
    【第2章】遊びの中の怪異
       喜多川歌麿「化物の夢」 大判錦絵 寛政(1789〜1801)末期
       歌川芳員「新板化物づくし」大判錦絵 嘉永5年(1852)
    【第3章】歌舞伎の中の怪異
       歌川豊国「社代尾上松助の小はだ小平次同女房二役」 大判錦絵 文化5年(1808)
       歌川国芳「東山桜荘子 織越館の場」大判錦絵2枚続 嘉永4(1851)  
       三代歌川豊国「昔語岡崎猫石妖怪」 大判錦絵3枚続 弘化4年(1847) 
       三代歌川豊国「東海道四谷怪談 蛇山庵室の場」
    【第4章】 盛り場の怪談
       歌川国芳「曲独楽竹沢藤次」大判錦絵 弘化元年(1844)
       豊原国周「童戯五拾三次之内 四日市」
    【第5章】 武者絵の中の妖怪たち
       月岡芳年「於吹島之館直之古狸退治図」大判錦絵3枚続 慶応2年(1866)
    【第6章】 幕末世相風刺と百鬼夜行
       歌川国芳「源頼光公館土蜘作妖怪図」大判錦絵3枚続 天保14年(1843) 
       歌川芳盛「昔ばなし舌切雀」大判錦絵3枚続 元治元年(1864) 国立歴史民俗博物館蔵
    強欲婆さんが選んだ葛籠から妖怪や毒虫が湧き出す、ご存じの「舌切り

    みどころ解説:ガイダンスルームにて、午前11時〜30分 大久保 純一氏(情報資料研究系教授)
       8/17(土) 8/24(土)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11802] 【東京】国立博物館/三国志/大和四寺/日本のよろい 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/08/13(Tue) 22:29:00  

     上野公園の東京国立博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=128で開催中の展示を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆日中文化交流協定締結40周年記念 特別展「三国志」〜9/16(月・祝) 平成館 特別展示室
       月曜休館(9/16(月・祝)は開館)
       開館時間:午前9時30分〜午後5時(金・土は9時まで、入館は閉館の30分前まで)
       入館料金:一般1600円 大学生1200円 高校生900円 中学生以下無料
            障がい者と介護者1名は無料(要手帳提示)相互割引
             観覧券(半券可)提示で100円割引
               「松方コレクション展」(6月11日〜9月23日、国立西洋美術館)
               「恐竜博2019」(7月13日〜10月14日、国立科学博物館)
               「円山応挙から近代京都画壇へ」(8月3日〜9月29日、東京藝術大学大学美術館)
                 のいずれかの観覧券(半券可)提示で100円割引
     「リアル三国志」を合言葉に、漢から三国の時代の文物を最新の成果によって読み解く。2世紀末、漢王朝の権威がかげりを見せ、各地の有力武将が歴史の表舞台へと躍り出、魏・蜀・呉の三国が天下を分かち、新時代へと向かう大きなうねりとなった。近年、曹操高陵(そうそうこうりょう)の発掘などで活況を呈する三国志研究について、実物ならではの説得力と迫力を持ってみる。
      関帝廟壁画「張飛、督郵を鞭打つ」清時代・18世紀 内モンゴル自治区フフホト市清水河県水門塔伏龍寺伝来
       内蒙古博物院蔵
      趙雲像 清時代・17〜18世紀 安徽省亳州市花劇楼伝来 亳州市博物館蔵
      豹 (一級文物)前漢時代・前2世紀 1968年、河北省保定市満城区中山靖王劉勝夫婦墓出土 河北博物院蔵
      貨客船 後漢〜三国時代(呉)・3世紀 2010年、広西チワン族自治区貴港市梁君&#22412;14号墓出土 広西文物保護与考古研究所蔵
     「倉天」せん 後漢時代・2世紀 1976〜77年、安徽省亳州市元宝坑1号墓出土 中国国家博物館蔵
      酒樽(一級文物)後漢時代・2〜3世紀 1969年、甘粛省武威市雷台墓出土 甘粛省博物館蔵
     「曹休」印  三国時代(魏)・3世紀 2009年、河南省洛陽市孟津県曹休墓出土 洛陽市文物考古研究院蔵
      蛇矛 石寨山文化期・前2世紀 1956年、雲南省昆明市石寨山3号墓出土 雲南省博物館蔵
      方格規矩鳥文鏡 後漢〜三国時代(魏)・2〜3世紀 1955年、遼寧省遼陽市三道壕1号壁画墓出土 遼寧省博物館蔵
      神亭壺(一級文物)三国時代(呉)・鳳凰元年(272)1993年、江蘇省南京市江寧区上坊墓出土南京市博物総館蔵
      罐 (一級文物)後漢〜三国時代(魏)・3世紀 2008〜09年、河南省安陽市曹操高陵出土 河南省文物考古研究院蔵
      金製獣文帯金具 (一級文物)後漢時代・2世紀 2009年、安徽省淮南市寿県寿春鎮古墓出土 寿県博物館蔵
     「晋平呉天下大平」せん 西晋時代・280年 1985年、江蘇省南京市江寧区索墅磚瓦廠1号墓出土 南京市博物総館蔵
      &#34796;文冠飾 西晋時代・3世紀 2003年、山東省臨沂市王羲之故居洗硯池1号墓出土 臨沂市博物館蔵 など
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「奈良大和四寺のみほとけ」〜9/23(月・祝) /本館 11室
       月曜休館(9/16(月・祝)は開館)
       開館時間:午前9時30分〜午後5時(金・土は9時まで、9/20(金)21(土)は10時まで、入館は閉館の30分前まで)
       入館料金:一般620円 大学生410円(総合文化展観覧料および開催中の特別展観覧券で観覧可)でご覧いただけます。
           子ども(高校生以下および満18歳未満)と一緒に来館者(子ども1名につき同伴者2名まで)は、団体料金
           障がい者と介護者1名は無料(要手帳提示)
           高校生以下および満18歳未満,満70歳以上の方は無料(要証明)で
           9/16(月・祝)は無料(特別展を除く)
     奈良県北東部に所在し、7&#12316;8世紀に創建された古刹・岡寺、室生寺、長谷寺、安倍文殊院の四寺におさめられた魅力的な仏像。奈良時代に流行した木心乾漆造の岡寺・義淵僧正坐像、平安時代初期の重厚な特色を備える室生寺・釈迦如来坐像、鎌倉時代に高度な技術で造られた長谷寺・十一面観音菩薩立像、安倍文殊院本尊の像内に納められていた文書など国宝4件、重要文化財9件を含む名品を展示。

    ☆「親と子のギャラリー 日本のよろい!」〜9/23(月・祝) /本館 特別2室

     武士の身を守るためのものだが、戦場での活躍をアピールするために、人目をひくデザインにもこだわった日本のよろい(甲冑)。色あざやかだったり、細かい細工がされていたり、奇抜なかたちだったり…。むかしのよろいと、現代につくられたよろいの製作見本を展示し、その見どころや魅力を紹介。
      重要美術品 金小札紅糸中白威腹巻 安土桃山時代・16世紀
      甲冑製作見本十 草摺三 小澤正実 平成19年(2007) 
      甲冑製作見本十一 立挙一 小澤正実 平成20年(2008) など
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11801] 【大阪】市立東洋陶磁美術館/フィンランド陶芸/マリメッコ・スピリッツ 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/08/13(Tue) 22:27:20  

    pref=27&c=33ではフィンランドの陶芸・テキスタイルの展示を開催中です。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆日本フィンランド外交関係樹立100周年記念特別展
    「フィンランド陶芸 芸術家たちのユートピア―コレクション・カッコネン」
    「マリメッコ・スピリッツ フィンランド・ミーツ・ジャパン」〜10/14(月・祝)
       月曜休館(祝日の場合は翌日)
       入館料金:一般1200円 高大生700円 
          中学生以下、障がい者手帳などをお持ちの方(介護者1名を含む)
          大阪市内在住の65歳以上の方は無料(証明書等提示)

    フィンランド陶芸の萌芽として、
     19世紀末のアーツ・アンド・クラフツ運動の影響を受けたアルフレッド・ウィリアム・フィンチ(1854−1930)によって基礎が築かれた美術工芸中央学校での工芸教育が下地になり、1930年代後半からのフィンランドにおける陶芸制作が躍進する。1932年に設立されたアラビア製陶所の美術部門では、作家の自由な創作活動が認められ、実用的な器に留まらず陶彫や絵画的表現の陶板作品など、多くの傑作が生み出された。例えば、ビルゲル・カイピアイネン(1915−1988)やルート・ブリュック(1916−1999)などの色彩豊かで物語性のある陶板や造形的な作品は、特に1940年以降の厳しい時代に国内外で人気を博した。本展では、コレクター・キュオスティ・カッコネン氏の所蔵作品から、約130件によりフィンランド陶芸の豊かな世界を紹介。
    同時開催の特別展として、鮮やかな色彩と力強くユニークなテキスタイルで知られるマリメッコで活躍する3名のデザイナーにより「JAPAN」をテーマとした新作パターンと、制作過程を紹介。マリメッコデザイン監修により、大阪会場のために設計された全く新しい茶室を展示。
     「花瓶」アルフレッド・ウィリアム・フィンチ 1897-1902年
     「壺」キュッリッキ・サルメンハーラ 1957年 アラビア製陶所
     彫像《若い女性と悪魔》ミハエル・シルキン アラビア製陶所
     「陶花瓶」トイニ・ムオチ 1940−50年代 アラビア製陶所
     レリーフ《洋梨》ビルゲル・カイビアイネン アラビア製陶所
     陶板《聖体祭》ルート・ブリュック 1952-1953年 アラビア製陶所 など
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11795] 【全国】鉄道関係企画展 19年08月以降 その2 投稿者:かずや  投稿日:2019/08/08(Thu) 00:21:06  

    おじゃまします。下記、追加致します。

               かずや:渡辺 和也
    --------------------------------------------------------------------------
    【秋田】
    ・仙北市田沢湖図書館
     秋田県立博物館出張展示「ふるさと鉄道展」
     7月20日(土)〜8月25日(日)
    https://www.city.semboku.akita.jp/event/event.php?id=1000

    【埼玉】
    ・飯能市立博物館
     武蔵野鉄道吾野延伸90年・西武鉄道秩父線50年記念「武蔵野鉄道・西武鉄道」展
     8月3日(土)〜9月8日(日)
    https://www.city.hanno.lg.jp/article/detail/3816
     注:すでに報告した分。日程等確定したので再掲。

    【香川】
    ・高松市塩江美術館
     企画展「塩江温泉鉄道 -風景と記憶-」
     8月10日(土)〜9月23日(月・祝)
    http://www.city.takamatsu.kagawa.jp/museum/shionoe/event/exhibitions/2019exhibition/2019Exhibi/artm_up20190810.html

    以上です。


      [No.11794] 【奈良】県立万葉文化館/里中満智子『天上の虹』にみる持統天皇誕生の物語 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/08/06(Tue) 00:12:28  

     明日香村の奈良県立万葉文化館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=29&c=75で開かれている、古代を描いた漫画の展覧会を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆マンガで語る古代大和II「里中満智子『天上の虹』にみる持統天皇誕生の物語」〜9/23(月・祝)
       月曜休館(祝日の場合は翌日)
       入館料金:一般1000円、高大生500円 中学生以下無料
     マンガで語る古代大和の第二弾として、『天上の虹』8巻から13巻を中心に、壬申の乱が終わり天武天皇の治世が始まってからの、主人公 盧鳥野讃良皇女(盧鳥は1文字:後の持統天皇)の物語を里中満智子の原稿に沿って辿る。病の皇后のための薬師寺建立計画、草壁皇子と大津皇子の後継問題、志半ばで倒れた天武天皇、その後に起こる大津事件。草壁皇子の死を乗り越え、讃良皇女が持統天皇として即位するまで、歴史・考古・文学・美術といった様々な分野の解説・資料を添えて紹介。

    〈マンガ原稿〉
     里中満智子の『天上の虹』8巻から13巻を中心に表紙カラー原稿・本編モノクロ原稿:合計160点
     館蔵品「万葉日本画」・古典籍(『万葉集』『日本書紀』『懐風藻』など)を展示。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11793] 【京都】府立堂本印象美術館/ほとけを描く ほとけを愛でる 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/08/06(Tue) 00:11:15  

     金閣寺近くの京都府立堂本印象美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=1では、仏教画の展示を開催中です。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆企画展「堂本印象 ほとけを描く ほとけを愛でる
      印象コレクションの秘仏初公開・まぼろしの四天王寺宝塔の仏画」〜9/23(月・祝)
        月曜休館(祝日の場合は翌日)
        入館料金:一般500円 高大生400円 小中生200円
        65歳以上の方(要証明)および障害者手帳をお持ちの方(介護者1名)は無料
     昭和10年代(1935-44)は、堂本印象が宗教画家として最も活躍した時期で、大阪・四天王寺の五重宝塔内の仏画を手がけ(1940年)戦火により焼失するが、幸い下絵はのこされた。今回は、この四天王寺五重宝塔の下絵を一挙に展示し、関連する仏画も展観し、印象が宝塔仏画を描いた軌跡をたどる。堂本印象コレクションのなかから、平安〜鎌倉時代の仏像も初公開。

    ☆京都現代作家展 12 藤井智美「写生と本画」〜9/23(月・祝)

    講演会:学校法人立命館旧堂本印象邸(美術館東隣)にて、午後2時〜
      定員30名(当日1時から美術館ロビーにて整理券配布)要入館券
    8/31(土)「堂本印象の仏画―創作の源泉に迫る―」大原嘉豊氏(京都国立博物館保存修理指導室長)
    9/8(日)「作品を語る」藤井智美氏
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11792] 【ほっとミュージアム】8月改訂されました 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/08/05(Mon) 22:31:14  

     遅い梅雨が明けたと思ったら、猛暑に台風。通り過ごしたら、ミュージアムで熱冷ましをされてはいかがでしょうか。
     7月末までに談話室にアップされた情報をもとに、三ッ木さんにデータ編集を、ほりうちさんにサイト作成を担当して頂き、データベース「ほっとミュージアム」の改訂をしています。
     夏休みですので、昆虫展や絵本・漫画展、妖怪を描いた浮世絵や日本画などの展示…というところが盛んです。
     どうぞ ご利用のあとはミュージアムのご感想やデータにお気づきの点など、この談話室へ書き込んでください。

                  本談話室の管理人 明日香 光二/馬場 英明


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 暗証キー

    - Web Forum -
    - Antispam Version -