ほっとミュージアム 談話室
[ホームへもどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 発言サイズは画像も含めて130KBまで、URLは20個までです。
  • その他[留意事項]を良くお読みの上ご利用ください
  • 新規紹介用 でワード検索すると、フォーマット発言が開きます

  •   [No.11385] 【奈良】大和文華館/高麗―金属工芸の輝きと信仰― 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/10/07(Sun) 10:14:49  

     奈良市学園前の大和文華館では、朝鮮の金属工芸の展示が開催中です。
    http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=29&c=7
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆特別展「建国1100年 高麗―金属工芸の輝きと信仰―」 〜11/11(日)
        月曜日休館(祝日は開館し、翌日は休館)
         開館時間 午前10時〜午後5時(入館は午後4時まで)
        入館料金:一般 930円 高大生720円 中学生以下 無料
               「障がい者手帳」をお持ちの方と同伴者1名2割引
     1100年前に朝鮮半島に建国され、王侯貴族を中心として文化・美術において成熟した時代を築いた高麗では、厳かで煌びやかに荘厳された仏教文物が盛んに制作され、国の安泰や、個人へ切実な祈りが籠められた。本展では、仏龕や舎利容器などの仏具、飲食器、鏡など、信仰や生活の多様な用途を反映した金属工芸に焦点をあて、高麗時代の文化に迫る。
      鉄地金銀象嵌鏡架
      銅製銀象嵌柳水禽文浄瓶
      銀製鍍金観音菩薩・毘沙門天像小仏龕
      高麗唐草文鏡   
      大方広仏華厳経 巻第四
      重要文化財 梵鐘 「峻豊四年」銘 広島・照蓮寺
      重要文化財 梵鐘 「太平十二年」銘 滋賀・園城寺   など

    日曜美術講座:10/21(日)午後2時〜、講堂にて、入館料のみ
    「高麗の祈りの美」瀧朝子氏(学芸部係長)

    講演会:10/28(日)午後2時〜、講堂にて、入館料のみ
    「韓国で新たに出土した金工品の現況と特徴」崔應天氏(韓国・東国大学校美術史学科教授)

    列品解説:毎週土曜日午後2時から展示場にて(学芸部による)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11384] 【大阪】市立東洋陶磁美術館/高麗青磁−ヒスイのきらめき 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/10/07(Sun) 10:13:16  

      中之島の大阪市立東洋陶磁美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=33では、朝鮮半島の陶磁器の展示を開催中です。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆特別展「高麗青磁−ヒスイのきらめき」〜11/25(日)
        月曜休館(祝日の場合は翌日)
        入館料金:一般1200円 高大生700円  館サイトに割引券あり
           中学生以下、障がい者手帳などをお持ちの方(介護者1名を含む)
           大阪市内在住の65歳以上の方は無料(証明書等提示)
     高麗王朝(918-1392)の滅亡とともに姿を消した「幻のやきもの」高麗青磁は19世紀末から20世紀初頭にかけて、墳墓や遺跡などの発掘から再び世に現れ、翡翠色の美しい釉色(ゆうしょく)で一躍脚光を浴びた。
     道教も盛んであった高麗王朝の祈りの場や儀礼、喫茶具や飲酒具などに用いるために高麗青磁が誕生し、独自の発展をした。高麗王朝建国1100周年にあたる平成30年、本展では、館蔵の高麗青磁を中心に、国内の代表作も加え「祈り」と「喫茶文化」、「飲酒文化」を切り口に高麗青磁の至玉の名品約250件を展示。
      重要文化財・青磁陽刻 龍波濤文 九龍浄瓶 高麗時代・12世紀
      重要文化財・青磁陽刻 蓮唐草文 浄瓶 高麗時代・12世紀
      青磁透彫 唐草文 箱 高麗時代・12世紀 など

    ミニレクチャー:11/4(日)午後2時〜焼く30分(受付開始1時45分)地下講堂にて、定員70名当日先着順
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11383] 【大阪】中之島香雪美術館/ほとけの世界にたゆたう 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/10/07(Sun) 10:12:01  

     中之島香雪美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=44では、仏教美術の展覧会を開催中です。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆中之島香雪美術館 開館記念展「珠玉の村山コレクション 〜愛し、守り、伝えた〜
      IV ほとけの世界にたゆたう」〜12/2(日)
         月曜休館(祝日の場合は翌日)
         入館料金:一般 900円 高大生 500円 小中生200円
     明治20年代。日本初の全国的な文化財調査が行われていた頃に、村山(1850-1933)が生涯で一度だけ、自身のコレクションをまとめた図録『玄庵鑑賞』は仏教美術コレクションの中から、名品を集大成したもので、、村山の収集遍歴をたどりつつ、神仏へ捧げられた祈りの世界を楽しむ。
      重要文化財 「稚児観音縁起絵巻」(鎌倉〜南北朝時代 14世紀) 
      重要文化財 「薬師如来立像」(平安時代、9世紀)    
      重要美術品 「菩薩立像」(中国・金時代、12世紀)
      日本または朝鮮「菩薩半跏思惟立像」 (白鳳時代もしくは三国時代、7世紀)
      「法華一品経 如来寿量品」(平安時代、12世紀)など

    講演会:中之島会館(フェスティバルタワー・ウエスト4階、美術館隣)にて、1300円(美術館入館料を含む)
    11/10(土)午後2〜3時30分(1時30分 受付開始)定員250名
    「村山コレクションの仏像彫刻―中国・朝鮮・日本―」藤岡 穣 氏(大阪大学大学院文学研究科 教授)
    応募方法:往復葉書(1枚で2名応募可能)で参加希望人数、それぞれの住所、氏名、年齢、電話番号を記入して
    美術館住所、 藤岡穣講演会係 へ  10/20(日)消印有効

    ギャラリートーク(学芸員による解説):午後4時から1時間程度、展示室にて
    10/20(土) 11/24(土) 
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11382] 【大阪】国立国際美:プーシキン美術館展見ました 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/10/06(Sat) 22:44:30  

     中之島の国立国際美術館で開催中の「プーシキン美術館展─旅するフランス風景画」を見に行きました。なかなか余暇時間のない最近ですが、会期が10/14(日)までとなり、「風景画」の展覧会に行かずばなるまい、と決心した次第。

     「風景画」とは言え、第1章「近代風景画の源流」第2章「自然への賛美」では、森や村や廃墟の中に、人が遊び、たたずみ、語らっている姿がある。背景として描かれた風景も現実のものではなく、経験の中から理想の姿に描き変えられた(加えられた)ものがほとんど。理想化の中から、描きたい自然、というものが画家に見えてくるのだなぁとわかります。
     クロード=ジョセフ・ヴェルネ《日の出》《日没》や、フェリックス・フランソワ・ジョルジュ・フィリベール・ジェム《ボスポラス海峡》のパステルな色がある海景に惹かれます。俯瞰風景では、攻城戦を想定したジャン=バティスト・マルタン《ナミュール包囲戦》が精緻な設計図を描いたような作品でこれは刮目。
     本展のメイン作品はクロード・モネ 《草上の昼食》で、モネが印象派としての作風を開花させた起点の作品だそう。本来はパリで大作を仕上げるはずのものが未完で、このプーシキンにある(今回展示)のものがその代替のもの、とか。さわやかな作品ですが、まだモネらしさ全開とは言えないかなぁ、と思いました。解説ビデオのすぐ後に、関連作品をまとめて展示してあったのはうまい構成です。

     パリ市中の都市風景も多く出品され(エドゥアール=レオン・コルテス《夜のパリ》は出色)、作品数も多く、見どころの多い展覧会と思います。

     ただ、今日は「毎週金曜・土曜の夜間開館中(17:00〜21:00)は、写真の撮影が可能」という日に当たっており、実験的な試みなんでしょうが、この時間になると会場内でシャッター音が響き渡り、異様な感じでした。やっぱり、多くの人が鑑賞する中では、撮影OKはふさわしくない、と私は思いました。

                        明日香 光二/馬場 英明


      [No.11381] Re: 【長野】笹離宮 投稿者:   投稿日:2018/10/05(Fri) 22:04:35  

    こんにちは

    よく見たら一か所違っていました。

    > 道路案内:中央道 諏訪南I.C.から車15分、諏訪南I.C.から車30分

    →正当 中央道 諏訪南I.C.から車15分、諏訪I.C.から車30分


      [No.11380] 【長野】池田満寿夫美術館も 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/10/03(Wed) 23:40:59  

    Quitaさん、 こんにちは

    休止情報ありがとうございました。「伊那谷道中かぶちゃん村」自身が、あまり私には認識が無かったのですが、観光施設としてはちょっと面白いものだったのではないでしょうか。

    「最近、サイトの更新がないなぁ」と感じたら、館の運営に疑問がつきます。全く、サイトが閉鎖されてしまっている場合もあります。そうした場合は、失礼ながら「○○美術館 休館」とか「○○美術館 閉館」とかタイプして検索を掛けてみます。そうすると、地域の新聞社のサイトなどが報じてくれている場合があります。

    長野県では、長野市の池田満寿夫美術館も、事実上の閉館、と言える休館になったとわかりました。入館者の減少か、老朽化への対応が出来ないか、運営している親会社の経営不振か、理由はさまざまでしょうが、ひとつみるたびに残念です。

    の運営会社(株)飯田水晶山温泉ランドはともに破産申請されていることがわかりました。

                           明日香 光二/馬場 英明


      [No.11379] Re: 【長野】笹離宮 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/10/03(Wed) 23:24:33  

    Quitaさん、こんにちは

    まさに、ちょっと変わったところをご紹介ありがとうございます。       

    研究所が運営している植物園ということで、観光的な要素は薄いのでしょうか、交通機関はまったく不便なようですね。
    写真で見る限り、笹で芝生のように広げられているのはちょっと不思議な感じです。薬品などを抽出するにはとてつもない量が必要だからでしょうかね。

             明日香 光二/馬場 英明


      [No.11378] 【ほっとミュージアム】10月改訂されました 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/10/03(Wed) 23:14:42  

     台風がひとつやって来ると共に秋らしくなってくると、ちょっと複雑な気持ちの昨今です。
     9月末までに談話室にアップされた情報をもとに、三ッ木さんにデータ編集を、ほりうちさんにサイト作成を担当して頂き、ポータルサイト「ほっとミュージアム」が改訂されています。

     秋シーズンにはじまった展覧会を少々加えて改定しています。秋にしっとりアートを楽しむ、また深い歴史の展覧会も豊富です。どうぞ、皆さまも余裕をつくって、お訪ね頂ければと思います。

     ミュージアムを訪問されましたら、展覧会のご感想やデータにお気づきの点など、この談話室へ、お寄せいただくと幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

                    本談話室の管理人 明日香 光二/馬場 英明


      [No.11377] 【全国】鉄道関係企画展 18年10月以降 投稿者:かずや  投稿日:2018/10/02(Tue) 00:39:59  

    おじゃまします。

    10月以降開催の内容をまとめて直してみました。
    ご紹介やコメントをいただいた皆さんに、感謝致します。

                      かずや:渡辺 和也
    ---------------------------------------------------------------------------
    【北海道】
    ・木田金次郎美術館
     写真展「33年前ー岩内線最後の日」
     9月29日(土)〜10月28日(日)
    http://www.kidakinjiro.com/images/18/tetudo_pdf.pdf

    【秋田】
    ・大仙市アーカイブズ
     企画展示「大仙市の近代と人びと」
       ・後期: ふるさとの近代化と人びと 
        (1)鉄道と人びと―盛曲線から秋田新幹線へ―
        (2)写真と人びと―切り取られた近代―
     9月4日(火)〜12月1日(土)

     くらしの歴史館展示室
      モノから見る近代―酒造・鉄道・近代教育を中心に―
     10月20日(土)〜11月18日(日)
    http://www.city.daisen.akita.jp/docs/2018032800039/

    【福島】
    ・福島県立図書館
     只見線応援事業展
     8月3日(金)〜19年4月3日(水)
    https://www.library.fks.ed.jp/ippan/event/tenji/2018/lobby/tadamisenjoukei.html

    【栃木】
    ・足利市ふるさと学習・資料館
     「両毛鉄道開業130年記念−足利〜小山間を中心に−」展
     7月21日(土)〜10月14日(日)
    http://www.city.ashikaga.tochigi.jp/page/ryoumoutetudou.html

    ・芳賀町総合情報館
     企画展「旅と鉄道とLRT」
     9月8日(土)〜10月21日(日)
    http://www.town.haga.tochigi.jp/jouhoukan/hakubutsukan/lrt2018.html

    【埼玉】
    ・国立女性教育会館
     平成30年度女性アーカイブセンター企画展示
     「鉄道と女性展 鉄道を動かし、社会を動かす」
     9月21日(金)〜19年4月19日(金)
    https://www.nwec.jp/event/archivecenter/tenji2018tetsudou.html

    【千葉】
    ・千葉県立中央博物館
     平成30年度春の展示 明治150年記念事業
     千葉の鉄道物語  線路が拓いた「観る・住む・運ぶ」
     19年2月23日(土)〜6月2日(日)
    注:来年開催のため、アドレス省略。

    【東京】
    ・すみだ郷土文化資料館
     特集展示「すみだの産業 ー繊維・石鹸・鉄道ー」
     9月4日(火)〜11月4日(日)
    http://www.city.sumida.lg.jp/sisetu_info/siryou/kyoudobunka/info/sangyou.html

    ・郵政博物館
     企画展「鐵―鉄道と郵便―」
     9月22日(土)〜12月24日(月・祝)
    https://www.postalmuseum.jp/event/2018/08/tetsuyuu.html

    ・板橋区立郷土資料館
     特別展 都営三田線開業50周年記念 いたばし大交通展
     〜江戸時代の街道から鉄道まで〜
     10月13日(土)〜12月9日(日)
    http://itabashi-kyoudo-museum.jp/special/

    ・北区飛鳥山博物館
     秋期企画展「都電の記憶ー北区ゆかりの19系統・32系統を巡ってー」
     10月27日(土)〜12月9日(日)
    https://www.city.kita.tokyo.jp/hakubutsukan/tenji/30shuki2.html

    【大阪】
    ・堺市立中央図書館
     郷土資料展「堺の鉄道130年」
     11月3日(土)〜11月25日(日)
    http://www.city.sakai.lg.jp/kosodate/library/event/201811kyoudosiryouten.html

    【兵庫】
    ・加古川総合文化センター
     博物館企画展「別府鉄道と近代社会」
     10月16日(火)〜11月11日(日)
    http://www.kakogawa-bunka.jp/movable-contents/2018/09/10161111.html

    ・たつの市立龍野歴史文化資料館
     明治維新150年/開館30年記念特別展
     「たつのに鉄道がやってきた〜山陽鉄道 姫新線 そして幻の鉄道〜」
     10月20日(土)〜11月25日(日)
    http://www.city.tatsuno.lg.jp/rekibun/tetsudou.html

    ・宝塚市立中央図書館・市史資料室
     明治150年記念展示「宝塚と鉄道」
     10月20日(土)〜11月26日(月)
    http://www.city.takarazuka.hyogo.jp/kyoiku/library/1026854.html

    【鳥取】
    ・鳥取市あおや郷土館
     関西レイルウェイフォトグラファーズサークル鉄道写真展 風光鉄道Vol.3
     9月8日(土)〜11月4日(日) 
    http://www.tbz.or.jp/kyoudokan/special/1502/

    【福岡】
    ・九州芸文館
     第9回「九州芸文館・鉄道博」
     9月29日(土)〜10月14日(日) 
    http://www.kyushu-geibun.jp/main/3958.html

    ・九州歴史資料館
     パネル展「福岡鉄道遺産ものがたり6 平成筑豊鉄道編」
     12月11日(火)〜19年3月上旬
    http://www.fsg.pref.fukuoka.jp/kyureki/_common/pdf/exhibitionplan_2018.pdf

    【佐賀】
    ・肥前さが幕末維新博覧会 鳥栖サテライト館(中冨記念くすり博物館内)
     特別企画展「子どもも大人も楽しめる 鉄道のまち鳥栖を体感!」
      8月5日(日)〜9月2日(日曜日)       毎日開催(月曜休館)        
      9月3日(月)〜19年1月14日(月曜・祝日) 毎週土曜日、日曜日、祝日に開催
    https://www.pref.saga.lg.jp/kiji00363239/index.html
    http://nakatomi-museum.or.jp/contents3.html

    以上です。


      [No.11376] 【近現代史社会】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/10/01(Mon) 23:23:35  

     近現代史や社会問題の新しい展示を紹介します。ほっとミュージアムに紹介済みのものに加えて訪問にご利用ください。

    【北海道】
    博物館 網走監獄
     ☆企画展「北海道命名150年 松浦武四郎の探索した道 その後北海道集治監が繋いだ道」 〜12/30(日)<会期訂正>

    【岩手】
    盛岡市先人記念館,☆第60回企画展「明治150年と盛岡」〜12/2(日)

    【東京】
    衆議院憲政記念館,☆「普通選挙をめざして―犬養毅・尾崎行雄―特別展」11/9(金)〜12/2(日)
    国立公文書館
     ☆平成30年秋の特別展 明治150年記念「躍動する明治−近代日本の幕開け−」9/22(土)〜11/4(日)
    明治大学博物館,☆コラム展「錦絵で見る戊辰戦争」〜2019年1/15(火)
    品川区立品川歴史館
     ☆平成30年度特別展「明治維新−そのとき品川は−」10/7(日)〜12/2(日)
    渋沢史料館
     ☆没後150年 戊辰戦争150年「渋沢平九郎 ―幕末維新、二十歳の決断―」〜12/9(日)
    町田市立自由民権資料館
     ☆季別展示「明治の布達・布告―石坂博義家文書―」10/2(火)〜12/27(木)
     ☆特別展 (明治150年記念)「幕末・維新期の町田」10/6(土)〜11/25(日)
     ☆季別展示「本町田の小川梅園」2019年1/5(土)〜3/31(日)
    東村山ふるさと歴史館,☆東京150年記念企画展「東村山の東京125年」10/6(土)〜12/16(日)
    東大和市立郷土博物館,☆企画展示「明治時代の東大和」9/15(土)〜10/21(日)

    【神奈川】
    相模原市立博物館
     ☆明治150年関連企画展「相模原にもある幕末・維新のヒーローたちの痕跡」〜10/21(日)
     同時開催「博物館実習生によるミニ企画展」
    大磯町郷土資料館,☆明治150年企画展「明治の功労者―湘南社の活動と近代地方行政―」10/13(土)〜12/9(日)

    【長野】
    須坂市笠鉾会館ドリームホール,☆堀直虎没後150周年・明治150年記念展示 「幕末・明治期の須坂」〜11/4(日)

    【兵庫】
    阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センター
     ☆企画展「命を守る さまざまな主体による初動対応」9/15(土)〜2019年1/20(日)
    阪神甲子園球場 甲子園歴史館,☆「タイガース2018年の足跡と歴代ショート特集」〜2019年1/20(日)
    日本・モンゴル民族博物館,☆第76回企画展「公文書と資料からみる近代の資母村」〜2019年1/22(火)
    加古川総合文化センター,☆博物館企画展「別府鉄道と近代社会」10/16(火)〜11/11(日)

    【山口】
    山口県立山口博物館,☆明治150年記念特集展示「明治維新と長州藩」〜2019年3/24(日)
    毛利博物館
     ☆企画展 明治維新150年記念企画第3弾「毛利元徳と版籍奉還・廃藩置県」〜10/21(日)

    【徳島】
    鳴門市ドイツ館
     ☆「第九」アジア初演100周年記念・ユネスコ「世界の記憶」登録推進講演会・特別展
       「板東に生き祖父を想う━友愛の記憶part3━」10/15(月)〜12/27(木)

    【高知】
    高知市立自由民権記念館
     ☆「志国高知 幕末維新博」関連企画 第六弾
       「明治第一ノ改革―明治維新―を生きた土佐人」〜11/25(日)

    【福岡】
    糸島市立志摩歴史資料館,☆秋季企画展「糸島100年ー糸島新聞でみる郷土の一世紀ー」〜12/2(日)

    【大分】
    大分市歴史資料館,☆第37回特別展「日本100名城 大分府内城」10/5(金)〜11/25(日)

    【鹿児島】
    種子島開発総合センター(鉄砲館)
     ☆特別展「明治に躍動した種子島の女性たち 展」〜11/30(金)
     ☆特別展「明治期の種子島へ移住した人々の歴史と文化展」12/10(月)〜2019年2/23(土)
    薩摩川内市川内歴史資料館
     ☆明治維新150周年記念特別展
    平佐北郷家13代当主「北郷久信と明治維新〜幕末・明治の薩摩川内〜」10/3(水)〜12/16(日)

    【沖縄】
    那覇市民ギャラリー,☆「石川宮森小学校ジェット機墜落の惨事」10/9(火)〜10/14(日)
    沖縄県平和祈念資料館,☆平成30年度 第3回子ども・プロセス企画展「戦争と人々のくらし」〜2019年1/31(木)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                      明日香 光二/馬場 英明


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 暗証キー

    - Web Forum -
    - Antispam Version -