ほっとミュージアム 談話室
[ホームへもどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 発言サイズは画像も含めて130KBまで、URLは20個までです。
  • その他[留意事項]を良くお読みの上ご利用ください
  • 新規紹介用 でワード検索すると、フォーマット発言が開きます

  •   [No.11092] 【東京】郷さくら美術館/第6回 郷さくら美術館 桜花賞展 投稿者:   《URL》   投稿日:2018/03/16(Fri) 13:20:33  
    【東京】郷さくら美術館/第6回 郷さくら美術館 桜花賞展 (画像サイズ: 210×297 77kB)

    郷さくら美術館では、「第6回 郷さくら美術館 桜花賞展」を開催中です。
    「郷さくら美術館 桜花賞」展は、「桜」を描いた現代日本画を多くの方々にご覧頂き、日本画の素晴らしさを再発見してもらうことを目的とした展覧会です。今回もこれからの活躍がますます期待される日本画家29名が、日本美術でおなじみの「桜」という大変難しいモチーフを相手に、それぞれの持ち昧を生かした個性的な素晴らしい桜の絵画に仕上げています。現代日本画家たちの個性を、豊かな桜花の美しさを、どうぞお楽しみください。

    ※出品作家によるトークイベントの実施も予定しています。詳細につきましては、当館ホームページ内、「関連イベント」でご確認下さい。

    展覧会名:第6回 郷さくら美術館 桜花賞展/同時開催「桜百景vol.13」展
    開催期間:2018年3月3日(土)〜5月27日(日)
    休 館 日 :月曜日(但し3/26、4/2、4/30は開館、5/1は休館)
    WEBサイト:https://exhibition.localinfo.jp
    開催場所:郷さくら美術館 東京 東京都目黒区上目黒1-7-13 電話:03-3496-1771
    料 金:一般500円/シニア(70歳以上)400円/大高生300円/中学生100円/小学生以下無料
    *障害者手帳をお持ちの方は該当料金の半額


      [No.11091] 【奈良】入江泰吉記念奈良市写真美術館/TOWN/観音道/上田義彦/文化財 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/03/12(Mon) 20:50:09  

     入江泰吉記念奈良市写真美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=29&c=0で開催中/次回開催の展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆市橋織江写真展「TOWN」〜4/8(日)
     様々な都市の今という時間の中で繰り広げられる日常と生活。旅で巡り会った、ある街の5日間の光と影。

    ☆入江泰吉「大和の観音道展」〜4/8(日)
     長谷寺をはじめとする西国三十三所や東大寺二月堂など、古くから貴族から庶民にいたるまで信仰され、今なお引き継がれている観音信仰。観音道と題して堂塔伽藍の風景や参詣道を情緒豊かに表現した入江作品を紹介。

    ☆「上田義彦 FOREST 印象と記憶1989−2017」4/14(土)〜6/24(日)
     写真集最新刊『FOREST 印象と記憶 1989-2017』から構成し作品を紹介。1989年、アメリカ・ワシントン州Quinault(クィノルト)という神聖な森との出会いから始まり、東日本大震災をきっかけに命の根源を確かめるように撮り始めた屋久島の森。2017年、新たに撮りおろしたQuinault、屋久島の森、さらには奈良の春日山原始林。最新作を含む約50点を紹介。
     ギャラリートーク:上田義彦氏×百々俊二氏(館長)4/14(土)午後2時〜

    ☆世界遺産登録20周年記念I
     入江泰吉「古都奈良の文化財〜東大寺・春日大社・春日山原始林展」4/14(土)〜6/24(日)
     ユネスコ世界文化遺産に「古都奈良の文化財」が登録されて20周年を迎え、奈良の文化遺産をシリーズ3回に分けて入江泰吉作品で巡る展覧会を開催。第1回目は、東大寺・春日大社・春日山原始林を取り上げる。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11090] 【兵庫】香雪美術館/刃金の美 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/03/12(Mon) 20:49:04  

     阪急御影の香雪美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/test/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=3では、刀剣・甲冑の展示を開催中です。
     
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆刀剣・甲冑コレクション名品展「刃金の美」〜4/8(日)
        月曜休館
        入館料金:一般700円 高大生450円 中学生以下無料

     香雪美術館はが集めた美術工芸品を収蔵し、昭和48(1973)年に開館しました。コレクションは武具・仏教美術から書画・茶道具に至る、しています。
     日本・東洋古美術の各ジャンルを網羅し、香雪美術館のコレクションとなる朝日新聞の創立者、村山龍平(1850–1933、号香雪)の美術品収集は、まず刀剣から始まった。伊勢国田丸藩士の出身の影響で、青年時代には伊勢の刀匠を訪問し、特に古刀を好み「地鉄」と「姿」にこだわって集めた。
     本展では、村山龍平コレクションの中より重文「太刀 銘正恒」(鎌倉時代)や、「太刀銘江州甘呂俊長」(南北朝時代)などの刀剣、甲冑の名品を、京都国立博物館所蔵の作品と併せて紹介。
       重要美術品 太刀 銘「江州甘呂俊長」(南北朝時代)
       重要文化財 太刀 銘「正恒」(鎌倉時代)
       太刀 貼銘「守家(花押)」(鎌倉時代)
       重要文化財 太刀 銘「長光」(鎌倉時代)
       短刀 銘「兼延」(室町時代)
       福神図鍔 銘後藤光良(花押)(江戸時代)
       菊岡光利 麒麟図三所物(江戸時代)
       紺糸威肩白胴丸具足(江戸時代) など

    会期中の毎週土曜午後2時から、学芸員によるギャラリートーク
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11089] 【兵庫】陶芸美術館/弥生の美−土器に宿る造形と意匠− 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/03/12(Mon) 20:47:51  

     篠山市の兵庫陶芸美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=133では、日本の陶芸の源流とも言える弥生土器の展示を開催中です。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆特別展「弥生の美−土器に宿る造形と意匠−」〜5/27(日)
       月曜休館(4/30(月・祝)は開館、5/1(火)は休館)
       開館時間:午前10時〜午後6時(4/29〜5/5は7時まで、入館は閉館の30分前まで)
       入館料金:一般1000円 大学生800円 高校生以下無料
            70歳以上、障害のある方は半額、介助者1名は無料
     明治17年(1884)、エドワード・S・モース(1835〜1925)によって、東京帝国大学裏手の向ヶ岡弥生町(現文京区弥生)の貝塚で発見された球形の土器が発見場所の地名から「弥生式土器」と呼ばれた。
     縄文土器と比べ、薄手で硬く、明るい褐色の土器は九州から東北までの広い地域から出土する弥生土器は、多様な縄目文様やうつわから溢れるような突起物で装飾された火焔土器など、躍動的な縄文土器とは趣を異にし、機能性に優れたシンプルな造形と洗練された意匠が、静穏で対照的。約2,400年前(一説では約3,000年前)、稲作が大陸から北部九州へと伝わり、稲作とともに青銅器や鉄器も伝わり、新たな素材による道具の普及は、農耕生活や社会構造に影響を与え、用途にあわせた多様で地域色のある土器が生み出された。
     本展では、全国各地の遺跡から出土した重要文化財31点を含む、160点を超える多種多様な弥生土器の優品を展示。
      《人面付壺型土器》(重要文化財) 泉坂下遺跡(茨城県常陸大宮市)出土 弥生時代中期
      《朱彩壺形土器》(重要文化財) 朝日遺跡(愛知県清須市・名古屋市)出土 弥生時代後期 
      《台付蓋付鉢形土器》(重要文化財) 瓜破遺跡(大阪府大阪市)出土 弥生時代中期
      《壺形土器》 板付遺跡(福岡県福岡市)出土 弥生時代前期 
      《壺形土器》 南方遺跡(岡山県岡山市)出土 弥生時代中期 
      《広口壺形土器》 船橋遺跡(大阪府柏原市・藤井寺市)出土 弥生時代中期 など

    講演会:事前申込制、電話・FAX、館サイトから申し込み
    研修棟1Fセミナー室にて、午後1時30分〜3時、定員110名先着順、入館券のみ

    3/17(土)「女王・卑弥呼が使った器たち」石野博信氏(兵庫県立考古博物館名誉館長)
    4/28(土)「弥生文化の始まりとその広がり」藤尾慎一郎氏(国立歴史民俗博物館教授)
    5/26(土)「弥生vs.現代陶芸作家によるトークセッション/現代陶芸作家からみた弥生の造形、その魅力」
        加古勝己氏(兵庫県篠山市)・ かのうたかお氏(京都府京都市)・ 谷穹氏(滋賀県甲賀市)

    学芸員によるギャラリートーク:3/24(土)4/7(土)4/21(土)5/5(土)5/19(土)午前11時より
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11088] 【滋賀】県立陶芸の森陶芸館/ジャズ・スピリットを感じて 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/03/12(Mon) 20:47:11  

     甲賀市信楽町の滋賀県立陶芸の森陶芸館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=25&c=32では、前衛的な現代陶芸の展示を開催中です。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆特別企画「ジャズ・スピリットを感じて…熊倉順吉の陶芸×21世紀の陶芸家たち展」〜6/17(日)
        月曜休館(4/30は開館、5/1休館)
        入館料金:一般600円 高大生450円 中学生以下無料
     社会に根差す実験的で創造的な精神こそ伝統と感じ、強烈なサウンド、ジャズから時代精神を受け止め、戦後の前衛陶芸を率いた熊倉順吉の陶芸と、1970年代のクラフトデザイン運動の盛り上がりの中、産地信楽から刺激を受けた日常の器もあわせて紹介。また、彼の精神に触れ、信楽で滞在制作した若手作家たちの作品も併せて展示。信楽でさまざまな刺激を受けジャズを時代の読む手がかりとしていた熊倉と同様に、21世紀の今、訪れた信楽でそれぞれの手法で時代を捉えながら制作を行う陶芸家たちの作品を紹介。
     熊倉順吉「飛翔するSOUND」1981
         「ブルースマン」1980
     福岡佑梨「とをひらう」2017
     村山まりあ「Stuffed animals-Black Rabbit-」2017
     原 菜央「あゆみよる」2017
     田中哲也「輝器KAGAYAKI―斬ZAN」など

    ギャラリー・トーク(学芸員による展示解説)4/30(月・祝)5/27(日)午後1時30分〜
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11087] 【滋賀】県立安土城考古博物館/収蔵品で語る城郭と考古 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/03/12(Mon) 20:46:00  

     滋賀県立安土城考古博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=25&c=21では、二本柱の活動を語る展示を開催中です。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆開館25周年記念 第57回企画展「収蔵品で語る城郭と考古」〜4/8(日)
        月曜休館
        入館料金:大人500円 高大生300円 小中生、県内高齢者、障害のある方は無料
     開館から25周年の今年度、マザーレイク滋賀応援寄附金を活用して修復した、収蔵品の徳川家康像、織田信忠像の画像資料2点を初公開するとともに、博物館活動の2本の柱である「城郭」「考古」の収蔵品のなかから優品を展示。

    第1部「考古編」滋賀里遺跡出土資料
      土器・土製品(滋賀里I〜V式土器・他地域の土器・土偶等)
      石器・石製品(石鏃、石錐、磨製石斧、石棒等)
      木製品(弓、斧柄・漆器等)
      骨角器(装飾品類、根バサミ、角斧等) など
    第2部「城郭編」
      佐々木古城跡繖山観音山画図
      近江国蒲生郡安土古城図
      近江八幡市指定文化財 石工文書
      織田城郭絵図面
      羽柴秀吉朱印状・浅井長政書状・金沢城内絵図・江戸図正大全・津和野城下図 など

    肖像画修理再生フォーラム:3/25(日)
     セミナールームにて 午後1時30分〜4時30分(受付は1時〜)定員140名(当日先着順)無料
    《基調講演》
    「戦国武将の肖像画」須藤茂樹氏(四国大学教授)
    《個別報告》
    「徳川家康画像・織田信忠画像の修理」坂田さとこ氏(坂田墨珠堂)
    「マザーレイク基金の活用と文化財修理」井上優氏(滋賀県教育委員会)
    「安土城考古博物館所蔵の肖像画」高木叙子氏(学芸員)

    企画展関連博物館講座:セミナールームにて 
     午後1時30分〜4時30分(受付は1時〜)定員140名(当日先着順)参加費200円
    3/17(土)第1回「収蔵品から語る考古資料―滋賀里遺跡を収蔵品から語る―」福西貴彦氏(学芸員)
    4/7(土)第2回「収蔵品から語る戦国の歴史」高木叙子氏(学芸員)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11086] 【大阪】日本民芸館/絞り染−布に咲く花− 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/03/11(Sun) 16:11:00  

     吹田万博公園の大阪日本民芸館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=91で開催中の展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆春季特別展「絞り染−布に咲く花−」〜7/16(月・祝)
        水曜休館(3/21(水・祝)は開館)
        入館料金:一般700円 高大生450円 小中生100円
     布の一部を糸で絞る、括る、縫い締める、板で挟むなどして、染液の浸透を防いで染める技法・絞り染は、染め終わった布を解きほぐすと、模様が布の上に花開く。正倉院や法隆寺の宝庫に残された最古の絞り染から、江戸時代には木綿の普及に伴って庶民へと浸透。とりわけ知られた、絹に染める「京鹿の子」と、木綿に染める名古屋の「有松・鳴海絞り」。近現代には従来の技法を生かした作品が生み出された。
     本展では、明治から昭和にかけて日々の衣服として用いられてた絞り染による着物や、現代の作家達による大型の絞り染作品を紹介。
    〈併設展示〉
    第2展示室 濱田庄司作品
    第3展示室 古伊万里そばちょこ

    みんげいゼミ(少人数制の講座)4/1(日)会議室にて、午後2〜3時30分(1時30分開場)◇
    「日本の絞り」安藤宏子氏(絞り染作家)
     定員20名(要予約)聴講料:300円(別途入館料要)

    記念講演会:6/10(日)午後2〜3時30分国立民族学博物館・第5セミナー室(大阪日本民芸館向かい)
    「いまなぜ民藝か?」鞍田崇氏(明治大学理工学部 准教授)
     定員100名(要予約) 聴講料:300円(別途入館料要)

    呈茶:6/10(日)午前11〜午後4時30分、渡り廊下にて
     500円(お抹茶とお菓子付)別途入館料要、予約不要。

    絞り染ワークショップ―藍で手拭いを染めよう―
     7/1(日)【午前】10〜12時 【午後】2〜4時
     小川裕惠氏(染色家)中庭、会議室にて
     定員:各回10名(要予約)
     参加費:1500円(要入館料)

    みんげい市:若手の作家による、陶磁・木工・染織などの展示即売。
     日時:5/12(土)13(日) 午前10〜午後5時 正面入り口・中庭などの無料スペース

    はじめての「民藝(みんげい)」第三回:4/15(日)会議室にて、午後2〜3時30分(1時30分開場)
     小野絢子氏(学芸員)定員20名(要予約) 聴講料:300円(別途入館料要)
    ギャラリートーク(学芸員による展示解説)午後2時〜30分
     3/17(土)25(日)4/7(土)22(日)
     5/19(土)27(日)6/2(土)17(日)7/8(日)14(土)

    万博記念公園の植物で絞り染をしてみよう
     3/25(日)4/22(日)5/19(土)6/17(日)7/8(日)午後2時30分〜3時30分
     渡り廊下、中庭にて、入館料要、予約不要
     布はこちらで用意、汚れてもいい服装(あればビニール手袋持参)で
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11085] 【大阪】八尾市立歴史民俗資料館/麟角堂と安田家の人々 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/03/11(Sun) 16:04:42  

     近鉄信貴線服部川の八尾市立歴史民俗資料館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=124で開催中の展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆新収蔵品展「麟角堂と安田家の人々」〜4/25(水)
       火曜と3/22(木)休館
       入館料金:大人200円 高大生100円
            中学生以下、身体障害者手帳、療育手帳又は精神障害者保健福祉手帳の所持者及び介助者無料
     江戸時代に久宝寺寺内町で医師として活躍した安田家の資料が資料館に寄贈された。
     文政年間(1818〜29)に迎翠堂で儒教の文献を研究し江戸時代初期の麟角堂を再興した安田恒庵。
     大坂船場の懐徳堂で学び、茶道にも心得のあった恒庵の息子鶯関と孫の士本。
     近代に入って麟角堂を復興させ、昭和3(1928)年に『久宝寺村誌』を出版した安田覚三郎。
     寄贈された安田家資料を紹介して近世から近代の八尾の教育史を再発見する。
       麟角堂聖像(天正3年 1575年)
       安田鶯関筆「中井碩果先生論語聞書」
       四菱唐花文金具付木刀(江戸時代)
       麟角堂聖像裏書
       薄茶絹地浮線蝶文十徳(江戸時代)
       藍木綿地麟角堂法被(近代)   など
         
    ミュージアムトーク:4/1(日)午後1〜2時「安井氏と安田氏」担当学芸員にて
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11081] 【大阪】国立民族学博物館/太陽の塔からみんぱくへ 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/03/10(Sat) 20:34:50  

     万博公園の国立民族学博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=89では、万博開催の際に収集された民族資料について、展示中です。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆開館40周年記念特別展「太陽の塔からみんぱくへ―70年万博収集資料」〜 5/29(火)
        水曜休館(祝日は開館、翌日休館)
        入館料金:一般420円(350円)高大生250円(200円)中学生以下無料
       ( )は、20名以上の団体料金、大学等の授業で利用者、授業レポート等の作成を目的とする高校生、
        3ヶ月以内のリピーター、満65歳以上の方の割引料金(要証明書等)
        自然文化園(有料区域)を通行される場合は、自然文化園各ゲート脇の券売機で博物館の観覧券で無料通行。
        障がい者手帳をお持ちの方と付添者1名無料
        土曜日は、高校生無料(自然文化園を通行される場合は、入園料要
      シャトルバス:3/8(木)〜5/29(火)の土日祝日に
        大阪モノレール「万博記念公園駅」とみんぱくの間の直通無料送迎バスを運行
           1日11往復 所要時間約10分 無料
           4/21(土)22(日)28(土)29(日・祝)30(月・振)運休、他に運休の場合あり
    「1960ー68 万博前夜」
     1960 年代の高度経済成長期、食料生産の限界や、資源の枯渇、環境汚染の拡大等地球規模の課題が突きつけられる中、「人類の進歩と調和」を掲げた大阪万博の構想。
    「万博資料収集団」
     日本万国博覧会のテーマ館であった太陽の塔の内部に展示する民族資料を世界諸地域から収集する目的で結成された。プロデューサー岡本太郎は「根源の呼び声と対話できるようなむき出しの展示」を構想して世界中から本物の資料の収集を目指し、1年間で6000万円と言う限られた時間と予算で2500点を収集。
    「太陽の塔に集った仮面と彫像」
     太陽の塔内部の核心をなした仮面と彫像を総覧した展示。
    「万博からみんぱくへ」
     大阪万博の跡地に1977年11月に開館した国立民族学博物館の精神

    みんぱくゼミナール:講堂(本館2F)にて、午後1時30分〜3時(開場1時)定員450名(先着順/申込不要)
    3/17(土)「万博資料収集団―太陽の塔に集った仮面、神像、なりわいの道具」野林厚志氏(教授)
    4/21(土)「EEMという「運動」」松原正毅氏(名誉教授)野林厚志氏(教授)丹羽典生氏(准教授)

    みんぱくウィークエンド・サロン――研究者と話そう:日曜、午後2時30分〜3時または3時15分
    3/11「特別展「太陽の塔からみんぱくへ」ー東南アジアを中心に」平井京之介氏(教授)特別展示館にて
    3/18「博物館資料情報の再収集 EEM北米資料とソースコミュニティとの「再会」」
             伊藤敦規氏(准教授)本館展示場(ナビひろば)にて
    4/1「田の神(タノカンサァ)」について」日高真吾氏(准教授)特別展示館にて
    4/8「東アフリカ民族資料収集の舞台裏」川瀬慈氏(准教授)本館展示場(ナビひろば)にて
    4/15「収集団の見た独立期のオセアニア」丹羽典生氏(准教授)特別展示館にて
    4/22「インド・中近東収集から時代を読む」南真木人氏(准教授)特別展示館にて
    4/29「1960年代末のメキシコとコロンビアーEEM中南米の旅」鈴木紀氏(准教授)本館展示場(ナビひろば)にて
    5/6「専門家が専門外に手を伸ばすときーアフガニスタンから来た偶像」吉岡乾氏(助教)本館展示場(ナビひろば)にて
    5/13「1960年代のアフリカ」三島禎子氏(准教授)本館展示場(ナビひろば)にて
    5/20「自由への渇望と抑圧ー1960年代の東ヨーロッパ」新免光比呂氏(准教授)本館展示場(ナビひろば)にて
    5/27「失われつつあるものを、かき集めたー日本資料の紹介」卯田宗平氏(准教授)第3セミナー室(本館2F)にて

    ギャラリートーク:開催期間中の土曜日
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11080] 【京都】美術館「えき」KYOTO/小林路子 菌類画の世界 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/03/10(Sat) 20:33:04  

     美術館「えき」KYOTOhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=69で行われている展覧会を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ☆「小林路子 菌類画の世界 きのこに会いにいきましょう!」〜3/25(日)
        午前10時〜午後8時(入館締切:閉館30分前)
        入館料金:中学生以上500円
        開館時間:午前10時〜午後8時(入館は閉館30分前まで)
     それは菌類の“花”ともいえる“きのこ”の「肖像画」。小林はそんな新しい絵の分野を切り開いた画家です。
     美しい作品は約900点。その一部はすでに
     植物や菌類図譜の世界的コレクションを誇る英国キュー王立植物園にも収蔵され、全作品が寄贈される予定の、自然の中で生きる野生きのこを描いた小林路子の菌類画。その菌類画の数々と、きのこの絵本などの原画約150点を展示。
       キンチャヤマイグチ
       ジクホコリ
       キツネノタイマツ
       ベニチャワンタケの一種
       キシメジ など
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 暗証キー

    - Web Forum -
    - Antispam Version -