ほっとミュージアム 談話室
[ホームへもどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 発言サイズは画像も含めて130KBまで、URLは20個までです。
  • その他[留意事項]を良くお読みの上ご利用ください
  • 新規紹介用 でワード検索すると、フォーマット発言が開きます

  •   [No.10528] 【東京】国立西洋美術館/シャセリオー展[2/28(火)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/02/27(Mon) 23:53:25  

     上野公園の国立西洋美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=126では、フランス・ロマン主義時代の画家の展覧会が2/28(火)から開催されます。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「シャセリオー展―19世紀フランス・ロマン主義の異才」2/28(火)〜5/28(日)
         月曜休館(3/20、3/27、5/1は開館)、3/21(火)休館
         午前9時30分〜午後5時30分(金曜は8時まで、入館は閉館の30分前まで)
         入館料金:一般1600円 大学生1200円 高校生800円
               中学生以下は無料。
               心身に障害のある方および付添者1名は無料(要手帳提示)
     11歳でアングルに入門を許されたテオドール・シャセリオー(1819-1856)は、ロマン主義の潮流の中で古典主義を離れ、独特のメランコリックな情熱と抒情を湛えた作品世界を作りあげた。アルジェリアを旅してオリエンタリスム(東方趣味)の画家ともいわれるが、カリブ海のスペインの旧植民地に生まれ、独自の芸術の道を模索したこの画家自身が内面に異邦的(エキゾティック)なるものを持ち、観る者の心をうつ。本展では、ルーヴル美術館所蔵品を中心に、絵画約40点、水彩・素描約30点、版画約10点、写真や資料などによってシャセリオーの画業全体を紹介し、影響を受けたギュスターヴ・モローやピュヴィス・ド・シャヴァンヌらの作品約20点もあわせて展示し、ロマン主義から象徴主義への展開、そしてオリエンタリスムの系譜のなかでその芸術の意義を再考する。
      テオドール・シャセリオー
        《カバリュス嬢の肖像》1848年 油彩・カンヴァス
        《アポロンとダフネ》1845年 油彩・カンヴァス
        《自画像》1835年 油彩・カンヴァス
        《気絶したマゼッパを見つけるコサックの娘》1851年 油彩・板
        《アクタイオンに驚くディアナ》1840年 油彩・カンヴァス  など


    講演会:地下2階講堂にて、午後2〜3時30分(開演の30分前から入場)、定員:各回先着140名、
    当日正午より、館内インフォメーションにて、本展の観覧券をお持ちの方1人につき1枚聴講券を配付

    3/2(木)「シャセリオーと自然」ヴァンサン・ポマレッド氏(ルーヴル美術館文化メディエーション部長)※同時通訳付き
    4/2(日)「テオドール・シャセリオーと聖堂装飾」喜多崎 親氏(成城大学教授)
    5/13(土)「シャセリオーと会計検査院の大壁画」陳岡めぐみ氏(主任研究員)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                          明日香 光二/馬場 英明


      [No.10527] 【和歌山】田辺市立美術館/生誕110年記念 吉岡堅二展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/02/27(Mon) 23:52:27  

     田辺市立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=30&c=11では、現代の日本画家の回顧展が開催されています。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆生誕110年記念「吉岡堅二展」〜3/26(日)
        月曜休館(3/20は開館)・3/21(火)休館
        入館料金:大人600円 学生及び18歳未満は無料
     吉岡堅二(1906-1990)は日本画家吉岡華堂の次男だが、堅二は一時期彫刻家を目指すものの、1921(大正10)年、15歳のときに、華堂と親交のあった画家、野田九浦に入門して、父と同じ日本画の道を歩み始めた。日本画の伝統的な技法で20歳のときには帝展に初入選し、1930(昭和5)年の帝展では特選を受賞するが、この頃より西洋絵画の手法を取りこみ新しい感覚の日本画を発表して注目される。
     戦後間もなくに、山本丘人、上村松篁らとともに「創造美術」を旗揚げし、以後の「新制作協会日本画部」、「創画会」においても、現代的な日本画の表現を世に問う。1959(昭和34)年から東京藝術大学の教授に就任して後進の指導にあたり、法隆寺金堂壁画の模写にも関わる。多彩な活動で、1990(平成2)年に83歳で亡くなった吉岡堅二の芸術を、初期から晩年までの作品約40点によって振り返る。  《氷原》1940年
      《熱帯植物と蛾》1935年
      《濤》1939年
      《群鶏》1953年
      《黒鳥屏風》1978年  など

    展示解説会:3/4(土)午後2時〜 学芸員による

    記念講演会:3/18(土)午後2時〜 研修室にて、入館料のみ、手話通訳つき
    「吉岡堅二の軌跡」学芸員
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                          明日香 光二/馬場 英明


      [No.10526] 【和歌山】熊野古道なかへち美術館/戦後の日本画 見ました 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/02/27(Mon) 23:51:53  

     2/25(土)に、熊野古道歩きの途中に、熊野古道なかへち美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=30&c=10に立ち寄りました。ここでの企画展を紹介しておきます。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆館蔵品展「戦後の日本画」〜3/26(日)
        月曜休館(3/20は開館)・3/21(火)休館
        入館料金:大人250円 学生及び18歳未満は無料
     田辺市立美術館が収蔵する戦後間もなくの1948(昭和23)年に結成された「創造美術」と、それ以後の「新制作協会日本画部」、「創画会」において活躍し、日本画の現代化を進めてきた画家たちの作品。 「創造美術」を創立した画家の一人である、奥村厚一(1904−1974)の作品や、「創造美術」の活動に参加していった次の世代の画家たち、稗田一穂(1920−)、麻田鷹司(1928−1987)らの作品を特集して展示し、戦後に切り開かれた新しい日本画の表現を紹介。
        奥村厚一《北岬》1972
        麻田鷹司《那智E》1960
              《湖北》1966
        加山又造《黒い烏》1958
        稗田一穂《水影》1962 など

    3/11(土)午後2時より学芸員による展示説明会
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                           参考:館のチラシとホームページ

     一つの空間だけの展示室に配置されたたった12枚の絵画。こういう絵たちも「日本画」と言うんだ…と感じます。
     「日本画」って、庭や山野の花木に、伝統的な日本の鳥を配した「花鳥画」や、中国や日本の理想郷を描く「山水画」、を考えます。が、そうではない、あえて言えば異様な絵画が並びます。
     稗田一穂《からす》など、デザイン画のようだし、《ふさほろほろ鳥》など、こんなに優雅でない鳥を鮮やかな黄色バックに描くんだ。
     《春巡る熊野》は正統派な風景画と」見えるが、屏風《鷹の住む岬》はまるでスター・ウォーズに登場する異星の風景のように、幾何学的に切り立った岩場の図。《荒原》に描かれた岩場はまるでキュビスム。
     麻田鷹司《那智C》《那智E》は、モノクローム版画のように、シンプルに描いた那智の滝の図に、箔を入れて空を輝かせるか、水を輝かせるか、反転させてみる。…まるで、アンディ・ウォーホルの連作のよう。

     この2/25(土)にも学芸員の展示解説会があり、興味深く鑑賞させて頂きました。こうした戦後の日本画を開いたのは、既に戦前に活躍していた画家たち、例えば奥村厚一が戦後に、自信を無くしていた日本画の再興のために新しい試みを肯定したことで、戦後世代の画家たちが育っていったのだと。
     なお、「館蔵」「本館学芸員」とは田辺市立美術館のことで、市町村合併後、この熊野古道なかへち美術館は、田辺市立美術館の分館になっているからです。コレクションの共通化で、この館の展示の幅も広がっているように思います。そして、田辺市立美術館(本館)でも同じ学芸員の企画で、関連展が開催されているとのこと。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                          明日香 光二/馬場 英明


      [No.10523] 【京都】芸術センター/作家のいない展覧会 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/02/26(Sun) 23:18:23  

     四条烏丸の京都芸術センターhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=41では、学芸員が企画した現代美術の展覧会が開催されています。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆キュレータードラフト2017「スポンテイニアス・ビューティー −作家のいない展覧会−」〜3/26(日)
        会期中無休
        入館無料
     そのタイトルが示す通り、特定のアーティストによる作品展示を行わず、キュレーター(企画者)・笹原晃平が「京都」という街を7つのセクションからキュレーション(企画)する新しいタイプの現代美術の展覧会。
     「スポンテイニアス/spontaneous」とは、「なりゆき・自発的」という意味の英語で、「なりゆきの美しさ」街の中で忘れられてしまったもの、捨てられてしまったもの、無くなってしまったもの、消えていってしまったものの中に眠っている美しさに着目してキュレーションを行う。個人の内省や感情ではなく、地域やコミュニティといったより大きな集団から創出される類の美しさを個人的な意図や作家性を極力排除して構成し、一つの「展覧会」という形で見せる。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                          明日香 光二/馬場 英明


      [No.10518] 【三重】式年遷宮記念 神宮美術館/野―歌会始御題によせて― 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/02/24(Fri) 23:18:11  

     式年遷宮記念 神宮美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=24&c=12では、今年の歌会始に関わる美術展示を開催中です。 
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆特別展「野―歌会始御題によせて―」〜3/21(火)
       木曜休館(祝日の場合は、翌日休館)
       入館料金:大人500円、中学生以下100円

     毎年春の嘉例として、和歌を通じて皇室と国民を一つに結ぶ「歌会始」の御題によせた特別展を今回で22回目の開催。
     様々な観点から「野」を捉えた日本画・洋画・書・彫刻・工芸作品を展示し、やすらぎや心地よさを感じる。大家の作品と、新進気鋭の作家の作品など、あわせて約40点で、崇高な精神性と技の冴えをみる。
      児玉希望「枯野」
      富岡鉄斎「大原邨婦圖」
      中村光幸「Field」
      澹擁チ法嵬遏ラ
      奥山峰石「打込象嵌水指 野の花」  など

    講演会:3/11(土)午後1時より、神宮徴古館 別館2階 会議室にて、
    「野 〜私の制作風景より〜」澹擁チヒ 氏(日本藝術院会員) 
    学芸員の展示ガイド(毎週日曜日午後2時)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                          明日香 光二/馬場 英明


      [No.10517] 【東京】板橋区立美術館/長崎版画と異国の面影[2/25(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/02/24(Fri) 22:48:49  

     西高島平の板橋区立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=254では、長崎の異国情緒溢れた版画の展示が2/25(土)から開催されます。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「江戸に長崎がやってきた! 長崎版画と異国の面影」2/25(土)〜3/26(日)
        月曜休館(但し3/20は開館し、翌日休館)
        入館料金:一般650円 高大生450円 小中生200円(土曜日は小中高校生は無料)
              20名以上団体・65歳以上・障がい者割引あり(要証明書)
     長崎港に入港するオランダ船や唐船、ギヤマンの杯や肉料理が並ぶ出島商館員の食卓など、海外との貿易都市である長崎に材を求め、異国趣味に溢れた町の雰囲気を伝える、江戸中期から100年以上もの間、長崎で版行された「長崎版画」。
     これらの版画には、作者の署名どころか、版元名すらないこともしばしばだが西洋画法に秀でた荒木如元や川原慶賀、舶来画を鑑定・模写する唐絵目利まで様々な画人が関わったと推測される。また、版元・大和屋に入婿した磯野文斎のように、江戸仕込みの本格的な多色摺で洗練された作品を世に送り出した絵師もいた。本展は、長崎版画の源流とされる蘇州版画や、初期作品から、報道性を盛り込んだ幕末の作品まで約100点により、長崎版画の多彩な魅力を紹介し、長崎で描かれた異国の面影を感じさせる肉筆作品約30点も展示。
      荒木如元「蘭人鷹狩図」
      針屋版「大清人」
      大和屋版「阿蘭陀船入津ノ図」
      大和屋版「唐土婦人納涼の図」
      文錦堂版「阿蘭陀人」
      大和屋版「唐館書房之図」
      版元無記「阿蘭陀人図」
      文錦堂版「三ヶ国人物之図」
      大和屋版「長崎八景 立山秋月」
      谷鵬紫溟「唐蘭風俗図屏風」
      川原慶賀「長崎蘭館饗宴図」
      大和屋版「阿蘭陀婦人の図」 など

    講演会:講義室にて午後2〜3時30分、無料、先着100名
    3/11(土)「長崎版画と異国趣味」成澤勝嗣氏(早稲田大学文学学術院 教授)
    3/18(土)「出島の暮らしと描かれたオランダ人」松井洋子氏(東京大学史料編纂所 教授)
    3/20(月・祝)「長崎版画入門」植松有希氏(学芸員)

    担当学芸員によるスライドトーク:2/26(日)3/12(日)講義室にて午後2〜3時、無料、先着100名
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                          明日香 光二/馬場 英明


      [No.10504] 【神奈川】横浜みなと博物館/海難と救助−信仰からSOSへ− 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/02/22(Wed) 21:34:39  

     みなとみらいの横浜みなと博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=14&c=7では、海難・救助の展示を開催中です。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆企画展「海難と救助−信仰からSOSへ−」〜4/16(日)
        月曜休館(3/20(月・祝)は開館し、翌日休館)
        入館料金:一般200円、小中高生・65歳以上100円
             常設展示室の通常の入館料:一般400円、65歳以上250円、小中高生200円でも見学可
             帆船日本丸との共通券あり
             毎週土曜日は小中高生は共通券が100円の特別料金
     一度発生すると、船体や積荷、人的被害が大きく、いつの時代も防止に腐心する海難事故。気象予報もなく航路標識なども未整備の江戸時代、船乗りたちは常日頃から神仏に海上安全を祈願した。
     近代は外国貿易や海運振興のため、海難防止の重要性が高まり、船員・水先人は免許制となり、灯台や標識、海図の製作などが進められた。海難事故が起きる度にそれを大きな教訓とし、海難防止の法制度を拡充。 1886(明治19)年の貨客船ノルマントン沈没事故の後には、大日本帝国水難救済会(現在の(公社)日本水難救済会の前身)が設立、1912年の客船タイタニック沈没事故後には「1914年の海上における人命の安全のための国際条約(SOLAS条約)」が採択され、1974(昭和49)年の第拾雄洋丸爆発炎上事故後には海上保安庁に特殊救難隊が設置された。本展では、江戸時代から現代まで海難事故とその救助、防止の歴史を振り返り、人々が海難事故にどのように立ち向かってきたのかを紹介。
       浦手形之事 1866(慶応2)年 豆州賀茂郡長津呂村 百姓代辰蔵他
       錦絵 紀伊海難船之図 1886(明治19)年 歌川周延
       帝国水難救済会難所配置図 1934(昭和9)年 帝国水難救済会リーフレット「帝国水難救済会」より
       海事思想養成掛図 救命ニ依ッテ救命火箭ヲ発射シ遭難船ニ綱ヲ懸ケル光景 明治後期〜大正期 東京造画館教育画部 
       膨張式救命いかだ 2016(平成28)年
       タイタニック便箋(日本人生存者の手記)1912年
       錦絵 総州銚子港燈台略図 1874(明治7)年頃  など

    フロアガイド:担当学芸員:2/26(日)3/12(日)4/16(日)午前11時、午後2時

    海上保安庁元特殊救難隊隊長スペシャルトーク:日本丸訓練センターにて
    3/18(土)午後2〜3時30分、参加費500円(企画展入館料含む)高校生以上対象
     寺島龍也氏(海上保安庁元特殊救難隊隊長)
     定員100人、要申込み(3/10(金)必着)

    親子の横浜海上防災基地見学会
    3/28(火)午前10時〜正午、参加費500円(資料代、保険料)
     対象(小学校3年(新年度4年)〜高校生)と保護者。(単独、兄弟、友達同士も可)
     定員30人、要申込み(3/17(金)必着)

    以上の申込:往復葉書に参加者全員(見学会は保護者も含む)の住所、氏名、学年(見学会のみ)
     電話番号、行事名を明記し、横浜みなと博物館「各行事」係まで。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                     参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


      [No.10503] 【大阪】国立民族学博物館/津波を越えて生きる―大槌町の奮闘の記録 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/02/22(Wed) 21:33:26  

     吹田万博公園の国立民族学博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=87では、 東日本大震災での津波、復興の展示が開催中です。 
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆企画展「津波を越えて生きる―大槌町の奮闘の記録」〜4/11(火)
        水曜休館
        入館料金:一般420円 高大生250円 小中生110円 満65歳以上350円(要証明)
               無料観覧日:3/12(日)
     東日本大震災で大きな日が言う受けた大槌町では、いくつかの避難所で、被災後すぐに住民の手でがれきの撤去がはじまり、5ヶ月にわたって炊き出しが行われた。
     東日本大震災の被災者達の沈着な行動は世界で賞賛されたが、なぜそれが可能であったか、大槌町の人々の行動に焦点をあて、その行動を可能にした共同性の存在を、被災前の人々の暮らしや祭りに探り、将来起こりうる大規模災害に対する備えの必要性を示し、災害を乗り越えて過去から未来へと文化や伝統をつなぐことの意義を考える。

    城山虎舞 in みんぱく:3/19(日)午後2〜4時10分(チラシ記載から変更)
     講堂にて、要事前申込(定員450人)入館券要
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                     参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


      [No.10499] 【愛知】県美術館/ゴッホとゴーギャン展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/02/22(Wed) 21:27:39  

     愛知県美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=23&c=4では、南フランスに花開いた洋画の大家の展示を開催中です。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「ゴッホとゴーギャン展」〜3/20(月・祝)
         月曜休館(3/20(月・祝)は開館)
         午前10時〜午後8時(金曜は8時まで、入館は閉館30分前まで)
         入館料金:一般1500円 高大生1200円  中学生以下無料
               「身体障害者手帳」「精神障害者保健福祉手帳」「療育手帳」をお持ちの方は半額
                               「第1種」または「1級」手帳のある方に付添者1名も半額
     フィンセント・ファン・ゴッホ(1853-1890)とポール・ゴーギャン(1848-1903)が、1888年、彼らは南仏アルルで約2カ月の共同生活を送り、ゴッホが起こした耳切事件は有名だが、それで関係がくずれた訳ではなく、友情を抱き続けた。激しい議論を重ねながら刺激を与え合ったファン・ゴッホとゴーギャンの初期から晩年にわたる油彩画約50点を含む約65点を展示。
      フィンセント・ファン・ゴッホ
        《古い教会の塔、ニューネン(「農民の墓地」)》1885年5-6月、ニューネン 油彩、カンヴァス
        《織機と織工》1884年4-5月、ニューネン
        《パイプをくわえた自画像》1886年9-11月、パリ 油彩、カンヴァス
        《パイプと麦わら帽子の自画像》 1887年9-10月、パリ 油彩、カンヴァス
        《モンマルトル、ムーラン・ド・ラ・ギャレットの裏》1887年7月、パリ 油彩、カンヴァス
        《収穫》1888年6月、アルル 油彩、カンヴァス
        《グラスに生けた花咲くアーモンドの小枝》 1888年3月、アルル 油彩、カンヴァス
        《タマネギの皿のある静物》 1889年1月初め、アルル
        《ジョゼフ・ルーランの肖像》 1889年2-3月、アルル 油彩、カンヴァス
        《刈り入れをする人のいる麦畑》 1889年9月、サン=レミ 油彩、カンヴァス
     ポール・ゴーギャン
        《自画像》 1885年前半 油彩、カンヴァス
        《夢を見る子供(習作)》 1881年 油彩、カンヴァス
        《ブルターニュの少年の水浴(愛の森の水車小屋の水浴、ポン=タヴェン)》1886年7-8月初め 油彩、カンヴァス
        《マルティニク島の風景》 1887年6-11月 油彩、カンヴァス
        《ブドウの収穫、人間の悲惨》 1888年11月 油彩、ジュート
        《アルルの洗濯女》 1888年11月 油彩、カンヴァス
        《ハム》 1889年後半 油彩、カンヴァス
        《紡ぐブルターニュの少女》1889年後半 油彩、カンヴァス
        《タヒチの牧歌》 1901年 油彩、カンヴァス   など

    スライドトーク(学芸員による展示説明会)3/5(日)午前11時〜40分、アートスペースA(12階)にて、定員150名、申込不要
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                     参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


      [No.10497] 【北海道】札幌芸術の森/柿崎熙―森の奥底― 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/02/22(Wed) 21:25:06  

     真駒内からバスの札幌芸術の森美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=01&c=25で開催中の、現代美術展を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆札幌美術展「柿崎熙―森の奥底―」〜3/26(日)
         月曜休館(祝日の場合は翌日)
         入館料金:一般700円 高大生350円 小中生150円
              65歳以上560円(要年齢証明)
              障がい者手帳をお持ちの方と付添者1名無料 
     韓国の現代作家と交流した「水脈の肖像展」や、「北海道立体表現展」の中心メンバーとして北海道の現代美術をリードしてきた留萌市生まれの現代美術家・柿崎熙(1946-)

     さまざまなジャンルに積極的に挑戦していた柿海療承,箸覆辰燭里・「

     素材としての木(もく)の探求と、趣味のバードウォッチングで出合った自然の造形への関心から、「林縁から」と題する作品の制作を開始。壁や床にリズミカルに配置された、カツラの木を彫りだしアクリル絵の具で白く塗った、ふしぎなかたちをしたオブジェ。種子が風に舞うように配置された「林縁から」シリーズ。展示室で、森の奥底に誘いこまれてゆくような感覚を味わう。本展では、初期の平面、立体作品のほか、代表作である「林縁から」を中心に約60点を一堂に展示。

    ギャラリー・ツアー:学芸員による:2/25(土)3/4(土) 各回午後2時〜(40分程度)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                     参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 暗証キー

    - Web Forum -
    - Antispam Version -