ほっとミュージアム 談話室
[ホームへもどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 発言サイズは画像も含めて130KBまで、URLは20個までです。
  • その他[留意事項]を良くお読みの上ご利用ください
  • 新規紹介用 でワード検索すると、フォーマット発言が開きます

  •   [No.12027] 【京都】産業大学むすびわざ館ギャラリー/大嘗祭[10/15(火)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/10/15(Tue) 00:14:20  

     四条大宮の京都産業大学むすびわざ館ギャラリーhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=85
    で10/15(火)から、即位儀式のひとつ、大嘗祭に関する展示が開催されます。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆第19回企画展「大嘗祭」10/15(火)〜12/7(土)
         日祝は休館(但し、10/22(火・祝)11/10(日)17(日)は開館)
         月曜:午後1〜4時30分、火〜土曜:午前10時〜午後4時30分(入館は4時まで)
         入館無料
     令和元年(2019)新しい天皇が即位され、10月22日には即位礼正殿の儀、11月14・15日は大嘗祭が予定される。天皇即位後、初めて行う新嘗祭が大嘗祭で、その年に収穫された穀物を神々に供える祭祀。昭和天皇までは即位の一連の儀式は京都で行われ、大嘗宮や饗宴場などの諸施設は京都御苑内に造営され、伝統産業の担い手が活躍する機会となり、その調度類は、職人の技巧を凝らしたものであった。
    本展では大学図書館蔵の大嘗祭に関する巻子を中心に展示を行い、京都で行われてきた大嘗祭、また御大礼について紹介。

    講演会:むすびわざ館ホールにて、午後1時30分開場、2〜3時30分、申込不要、定員350名先着順
    11/10(日)「令和の御代の大嘗祭−京都から考える−」久禮 旦雄氏(准教授)
    11/16(土)「大嘗宮の建物の特質」山岸 常人氏(京都大学名誉教授・京都府立大学特任教授)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                        明日香 光二/馬場 英明


      [No.12025] 【静岡】上原美術館/伊豆をめぐる名画 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/10/15(Tue) 00:11:39  

     下田・蓮台寺の上原美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=22&c=85で開催されている特別展を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  
    ☆「伊豆をめぐる名画−横山大観、安田靫彦を中心にー」〜令和2年1/13(月・祝)
         11/25(月)26(火)のみ展示替えのため全館休館
         入館料金:大人1000円 学生500円 高校生以下無料
     豊かな自然、歴史、文学に恵まれた伊豆は、川端康成は「詩の国」「歴史の縮図」「南国の模型」「海山のあらゆる風景の画廊」などと述べ、多くの日本画家を惹きつけた。明治41年、病んで奈良から帰郷の途中であった安田靫彦が友人・相原沐芳の勧めで伊豆・修善寺で静養。その後もたびたびこの地を訪れた靫彦のもとに、今村紫紅や小林古径、速水御舟らが集まる。明治末、横山大観も夫人や自らの静養のために修善寺を訪れ、沐芳と交流。こうして多くの画家たちが訪れ、名画が生まれる場所となった修善寺温泉を有する伊豆市所蔵のコレクションとともに紹介。

    前期:〜11/24(日)
      横山大観《白鷺》1909(明治42)年頃 絹本彩色
      安田靫彦《達磨》1911(明治44)年頃 絹本彩色
      今村紫紅《霜林群雀》 1912(大正元)年頃 紙本墨画淡彩
      前田青邨《燈籠大臣》明治末 絹本彩色
      小林古径《武蔵野》明治末 絹本彩色   など

    後期:11/27(水)〜令和2年1/13(月・祝)
      横山大観《雨後》1911(明治44)年頃 絹本淡彩
      安田靫彦《拈華微笑》1911(明治44)年 絹本彩色
      今村紫紅《鴛鴦》1909(明治42)年頃 絹本彩色
      速水御舟《手向》1913(大正2)年 絹本彩色
      川端龍子《湯浴(湯治)》1927(昭和2)年 絹本彩色 など
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                        明日香 光二/馬場 英明


      [No.12020] 【京都】国立博物館/佐竹本三十六歌仙絵と王朝の美 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/10/14(Mon) 00:20:23  

    東山七条の京都国立博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=62で開催中の特別展を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「特別展 流転100年 佐竹本三十六歌仙絵と王朝の美」前期:〜11/4(月・振)
                          後期:11/6(水)〜11/24(日)
          月曜休館(祝日の場合は翌日)
          開館時間:午前9時30分〜午後6時(金土は8時まで、入館は閉館30分まで)
          入館料金:一般1600円 大学生1200円 高校生700円 中学生以下は無料
              障害者手帳等を提示の方と介護者1名は無料
     36人の優れた和歌の詠み人「歌仙」を描く、鎌倉時代の名品「佐竹本三十六歌仙絵」は、2巻の絵巻物であったが、大正8年(1919)に一歌仙ずつ分割され、別々の所有者のもとに秘蔵された。「佐竹本三十六歌仙絵」が分割されてから100年を迎える年に、離ればなれとなった断簡を過去最大規模で収集。
      重文 佐竹本三十六歌仙絵 坂上是則 <通期展示>
      重文 佐竹本三十六歌仙絵 小大君 <後期展示>文 寸松庵色紙
     「ちはやふる」伝紀貫之筆<通期展示>
      国宝 三十六人家集 重之集 <通期展示>
      重文 柿本人麻呂像 性海霊見賛・詫磨栄賀筆 <通期展示>
      重文 州浜鵜螺鈿硯箱 <通期展示>
      重文 佐竹本三十六歌仙絵 素性法師 <通期展示>
      重文 佐竹本三十六歌仙絵 藤原元真 <通期展示>
      月丸扇紋蒔絵巻物箱(「佐竹本三十六歌仙絵巻」が納められていた箱) <通期展示>
      重文 後鳥羽院本三十六歌仙絵 中務 <10/29〜11/24展示>
      重文 後鳥羽院本三十六歌仙絵 小大君 <10/29〜11/24展示>
      重文 西行物語絵巻 <10/12〜11/10展示>
      重文 伊勢物語絵巻<11/12〜11/24展示>
      三十六歌仙図屏風 鈴木其一筆 <通期展示>

    特別講演:11/4(月・振)午後2〜3時、平成知新館 講堂にて、定員180名、入館券のみ
    「巡る美 変わる美−流転する日本文化ー」彬子女王殿下
     当日11時より、平成知新館1階グランドロビーにて整理券配布

    記念講演会:午後1時30分〜3時、平成知新館 講堂にて、定員2000名、入館券のみ
     当日11時より、平成知新館1階グランドロビーにて整理券配布
    10/19(土)「歌仙絵の成立と展開 −佐竹本への道のり−」土屋 貴裕氏(東京国立博物館 主任研究員)
    11/2(土)「歌仙絵の最高峰 −佐竹本三十六歌仙絵の表現と情緒−」井並 林太郎氏(研究員)
    11/16(土)「佐竹本三十六歌仙絵への想い」降矢哲男氏(研究員)

    十二単お服上げの再現―現代につながる王朝の美:11/9(土)
    (1)午前11時〜 (2)午後0時30分〜 (3)午後2時〜 (4)午後3時30分〜
     衣紋道 東京道場、平成知新館 講堂にて、入館券のみ
     当日10時より、平成知新館1階グランドロビーにて整理券(1人1枚)を配布し、定員200名×4公演で配布終了
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12019] 【京都】京都文化博物館/みんなのミュシャ 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/10/14(Mon) 00:18:30  

     三条高倉の京都府京都文化博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=44で開催中の展示を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ―線の魔術」〜令和2年1/13(月・祝)
          月曜休館(祝日の場合は翌日) 12/28(土)〜2020年1/3(金)年末年始休館
          開館時間:午前10時〜午後6時(金曜は7時30分まで、入館は30分前まで)
          入館料金:一般1500円 高大生1200円 小中生500円
     アール・ヌーヴォーを代表する芸術家アルフォンス・ミュシャ(1860-1939)は「線の魔術」で際立つ。本展では、ミュシャが手がけたポスターなどのグラフィック作品、ミュシャ幼少期の作品、蔵書や工芸品、アトリエで撮影された写真、祖国チェコへの想いを込めた作品などを通して、ミュシャの多様な魅力に迫る。またミュシャの作品から影響を受けた明治期の文芸誌から、1960-70年代のイギリス・アメリカのグラフィック・アート作品、日本のマンガ家やイラストレーターの作品まで、およそ250点を展示。
     アルフォンス・ミュシャ《ジョブ》1896年 カラーリトグラフ 
     アルフォンス・ミュシャ《黄道十二宮》1896年 カラーリトグラフ
     アルフォンス・ミュシャ《ジスモンダ》1894年 カラーリトグラフ 
     アルフォンス・ミュシャ《椿姫》1896年 カラーリトグラフ
     アルフォンス・ミュシャ《舞踏-連作<四芸術>より》1898年 カラーリトグラフ 
     アルフォンス・ミュシャ《ヒヤシンス姫》1911年 カラーリトグラフ
     アルフォンス・ミュシャ《モナコ・モンテカルロ》1897年 カラーリトグラフ
     山岸凉子『日出処の天子』迦陵頻伽 1980年11月号用イラスト

    講演会:午前10時30分〜正午、3階フィルムシアター(定員150名)にて、入館料のみ、館サイトにて要申込
    (1)11/9(土)「チェコ時代のミュシャ ―《スラヴ叙事詩》とその周辺」小野尚子氏(兵庫県立美術館学芸員)
    (2)11/23(土)「日本のミュシャ・一條成美と明治のアール・ヌーヴォー」大塚英志氏(国際日本文化研究センター教授)

    学芸員によるギャラリートーク:10/25(金)12/20(金)午後6時〜30分
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12018] 【京都】霊山歴史館/龍馬と勝海舟をめぐる人々 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/10/13(Sun) 23:10:24  

     東山八坂の幕末維新ミュージアム「霊山歴史館」http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=67
    で開催中の展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆2019年 勝海舟没後120年「龍馬と勝海舟をめぐる人々」〜令和2年1/26(日)
       12/31(火)1/1(水)1/14(火)休館
       開館時間:午前9時〜午後5時30分(入館は閉館30分前まで)
       入館料金:大人900円 高大生500円 小中生300円
     「日本の海軍」を開設したいと動き出した勝海舟と、勝の元で奔走した坂本龍馬、政治の土台は経済だという勝の思想を形にした龍馬と、その二人を取り巻く人々や新選組の資料も加え、当時の実像に迫る。
       勝海舟 自画賛 咸臨丸
       河田小龍 朱竹屏風 
       明治天皇の皇后・昭憲皇太后に献上された坂本龍馬の写真
       坂本龍馬愛用のスミス&ウェッソン第2型短銃〈複製〉
       桂早之助 所用刀 坂本龍馬を斬った刀   など
        
    ギャラリートーク&ファンミーティング:10/20(日)午後1時30分〜3時
      米澤亮介学芸員 申込不要、入館料のみ

    龍馬祭記念講演会:11/15(金)午後1時30分〜3時、参加費一般700円、要予約
      一部「龍馬と勝海舟」木村武仁氏(学芸課長)
      二部 居合道・無双直伝英信流の解説と実演 木村幸比古副館長、米澤亮介学芸員

    維新教養トーク:12/7(土)午後1時30分〜3時、参加費一般700円、要予約
    「世界史からみた黒船来航ーなぜペリーは日本を揺るがしたのか−」後藤敦史氏(京都橘大学文学部歴史学科准教授)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12017] 【兵庫】西宮市大谷記念美術館/開校100年 きたれ、バウハウス 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/10/13(Sun) 23:08:07  

     阪神香櫨園の西宮市大谷記念美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=67で開催中の展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「開校100年 きたれ、バウハウス ー造形教育の基礎ー」〜12/1(日)
        水曜休館
        開館時間:午前10時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
        入館料金:一般1000円 高大生600円 小中生400円
             西宮市在住65歳以上の方は一般料金の半額(要証明書呈示)
             ココロンカード・のびのびパスポート呈示の小中生は無料
             心身に障がいのある方及び介助者1名は無料(要手帳等呈示)
     1919年、ドイツの古都ヴァイマールに、建築家ヴァルター・グロピウスにより造形学校「バウハウス」が開校されて100年目。ナチスの弾圧を受け1933年に閉鎖されるまでわずか14年だが、実験精神に満ち溢れ、造形教育に革新をもたらし、今日にいたるまでアートとデザインに大きな影響を及ぼした。ヴァシリー・カンディンスキー、パウル・クレーなど時代を代表する芸術家たちが指導にあた&#8206;り、優れたデザイナーや建築家が育ち、画期的なデザインが生まれた。本展では、バウハウスの基礎教育を中心に各教師の授業内容を紹介し、その一端を体験。そこから発展した様々な工房(金属、陶器、織物、家具、印刷・広告、舞台など)での成果や資料など約300点を展示。また、実際にバウハウスに入学した日本人留学生・水谷武彦、山脇巌、山脇道子、大野玉枝、4名の活動も一堂に紹介。
     《1923年の「バウハウス展」のポスター》ヨースト・シュミット 1923年
     《紙による素材演習》作者不詳 1997年(再制作)
     《クラブ・アームチェア B3(ヴァシリー)》マルセル・ブロイヤー 1925年(製造1928/29年頃)
     《絵画023》水谷武彦 制作年不詳
     《鋼管椅子(峰邸)》山脇巌 1934年  など


    講演会:11/4(月・振)午後2時&#12316;
    「近代デザインはバウハウスから始まった」宮島久雄氏(元・国立国際美術館、高松市美術館 館長)
       定員100名先着順(小学生以上)申込:電話(0798-33-0164)で受付

    第172回オータニ・ミュージアム・コンサート「美と合理性 -Sch&ouml;nheit und Rationalit&auml;t-」
     11/3(日・祝)午後2時&#12316; 
     阿佐聖姫子氏(ヴァイオリン)、韓吏花氏(ピアノ)
     定員100名先着順(小学生以上)電話(0798-33-0164)で受付

    スライドトーク 担当学芸員:10/20(日)11/10(日)午後2時&#12316; 講堂にて、
      申込不要
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12016] 【兵庫】県立美術館/富野由悠季の世界 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/10/13(Sun) 00:43:50  

     阪神西灘の兵庫県立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=27で開催中に展覧会を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「富野由悠季の世界−ガンダム、イデオン、そして今−」〜12/22(日)
         月曜休館(祝日の場合は翌日)
         午前10時〜午後6時(金・土は8時まで、入館は閉館30分前まで)
         入館料金:一般1400円 大学生1000円 70歳以上700円 高校生以下無料
     『機動戦士ガンダム』(1979年)ガンダムシリーズ、『伝説巨神イデオン』(1980年)、『聖戦士ダンバイン』(1983年)などオリジナルアニメーションの総監督を務め、国内外のアニメーションに多大な影響を与えた富野由悠季(1941年〜)のこれまでの仕事を回顧、検証。「虫プロダクション」に入社して『鉄腕アトム』の制作に関わる頃から現在に至るまで、55年にわたる富野の仕事を通覧。富野直筆の絵コンテや、富野と仕事を共にしたクリエーターたちのデザイン画、原画、撮影に使われたセル画などの原資料をもとに検証。


    こどものイベント パラパラマンガに挑戦! 11/16(土)午後1〜4時、アトリエ2にて、定員20名
    イワイフミ氏、小学生から高校生対象(小学2年生以下は保護者同伴必要)
    要事前申込み:電話受付:こどものイベント係(TEL: 078-262-0908)

    プラモデルをつくってみよう!:11/23(土・祝)午前11時〜午後5時 毎時ちょうどより6回
     アトリエ2にて、定員各回 25名 中学生以下対象(小学2年生以下は保護者同伴必要)
     参加費:00円、要整理券(午前10時30分よりアトリエ2にて配布)

    担当学芸員によるギャラリートーク(入門編):10/18(金)11/8(金)12/6(金)午後6時〜6分

    ミュージアム・ボランティアによる解説会:日曜日 午前11時〜約15分
    レクチャールームにて、定員100名、無料、申込み不要
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12015] 【兵庫】県立美術館/ショパン−;200年の肖像展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/10/13(Sun) 00:42:59  

     阪神西灘の兵庫県立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=27で開催中に展覧会を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「ショパン−200年の肖像展」〜11/24(日)
         月曜休館(祝日の場合は翌日)
         午前10時〜午後5時(入館は閉館30分前まで)
         入館料金:一般1400円 高大生800円 小中生600円
      
     ポーランド出身の作曲家フリデリク・ショパン(1810−1849)は、“ピアノの詩人”と呼ばれ、ピアノ音楽の新しい表現様式を拡大したことでも知られる。日本とポーランド国交樹立100周年記念の本展では、多彩な美術作品や資料を通じ、ショパンの音楽と生涯を主軸に、生誕約200年にわたるショパン像を紹介。自筆の楽譜や手紙、油彩画、版画、ポスター、彫刻、書籍など約250点を展示。
      《フリデリク・ショパンの肖像》 ゴットフリート・エンゲルマン
        (ピエール=ロシュ・ヴィニュロンの原画による) 1833年
      《フリデリク・ショパンの肖像》 マリア・ヴォジンスカ 1838年
      《ヴェジブノからのポーランド軍部隊の帰還》 マルチン・ザレスキ 1831年 油彩
      《フリデリク・ショパンの肖像》アリ・シェフェール 1847年 油彩
      《エチュード へ長調 作品10の8」自筆譜(製版用)》フリデリク・ショパン 1833年以前 インク
      《自筆の手紙−パリのヴォイチェフ・グジマワ宛て(エディンバラ、1848年10月3日)》1848年 インク
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12014] 【兵庫】横尾忠則現代美術館/横尾忠則 自我自損展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/10/13(Sun) 00:41:57  

     神戸市王子公園の横尾忠則現代美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=14で開催中の展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「横尾忠則 自我自損展」〜12/22(日)
         月曜休館(祝日の場合は翌日)
         午前10時〜午後6時(金土は8時まで、入館は閉館30分前まで)
         入館料金:一般700円 大学生550円 70歳以上350円 高校生以下 無料
            障がいのある方は各料金(70歳以上は一般料金)の75%割引、介護者1名は無料
            関西文化の日(11/1(金)11/8(金))は無料
     横尾忠則をゲスト・キュレーターに迎え、エゴに固執すると損をする、という意味の造語「自我自損」。自らの旧作に容赦なく手を加えて新たな作品へと変貌させたり、同一人物とは思えないほど大胆にスタイルを変化させる、横尾の絶えざる自己否定、一貫したテーマである「自我からの開放」を表現。本展では、横尾が自ら出品作品を選定し、展示プランを考案。
        《Angel with Space Ships》1986年頃 
        《I'm Running Out of Time》 1994年頃-2003年 
        《A.W. Mandara》 2019年 
        《3つの叫び》 2019年 
        《T+Y自画像》2018年
        《Blow Up》2000年頃
        《追憶あれこれ》2019年
        《ギルガメッシュとMP》2019年 など

    Y+T寄席「遊興亭福し満 落語会」10/19(土)午後2時〜 オープンスタジオにて、無料
     遊興亭福し満 「宗造梁譟ラ

    キュレーターズ・トーク:オープンスタジオにて、午後2時〜45分、入館料のみ
     11/4(月・振)12/7(土) 展覧会の見どころについて
     11/1(金) 保存・修復活動について
     11/2(土) アーカイブルームについて
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12013] 【熊本】市立熊本博物館/追憶の熊本ー画家・甲斐青萍 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/10/12(Sat) 22:26:50  

     熊本市立熊本博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=43&c=0で開催中の展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆熊本城特別公開記念 秋季特別展覧会
      「追憶の熊本ー画家・甲斐青萍が描いた熊本城下の記憶ー」〜11/24(日)
          月曜休館(祝日の場合は翌日)
          博物館入場料(一般400円 高大生300円 小中生200円)
              に加え、一般500円 高大生400円 中学生以下300円

     熊本城下は、江戸時代には武家屋敷などが広がっていたが、明治から昭和にかけてその姿を大きく変え今日に至る。旧制・熊本中学校の美術教員を務め、変わり行く熊本城下の町並みと人々の営みを自身の経験と記憶によって、描き残した画家・甲斐青萍(1882-1974)の町並図や風俗図に加え、さまざまな歴史資料・美術作品を交えて熊本城下の歴史的変遷を辿る。
       重文 安南国大硬S縁イ曾餞福_弾_鏡軌検聞按11年)
       蛇目紋黒羅紗陣羽織
       藤崎八旛宮御祭絵巻   
       肥後村々雨乞行列彩色画
       甲斐青萍人生スケッチ  など

    熊本城下まち歩き
    10/26(土)「甲斐青萍が描いた場所を訪ねて」午後1時30分〜3時30分 講堂集合〜熊本市役所前解散
     伊藤重剛氏(熊本大学名誉教授) 定員15名、当日先着順、事前申込不要(当日10時より整理券配布)

    講演会:11/4(月・振)講堂にて午後1時30分〜3時30分、定員50名、当日先着順、事前申込不要
    「熊本地震からの城下の復旧について」富士川一裕氏(NPO法人熊本まちなみトラスト事務局長)

    学芸員による展示解説:11/2(土)9(土)23(土・祝)午後2時〜40分 各回20名程度
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 暗証キー

    - Web Forum -
    - Antispam Version -