ほっとミュージアム 談話室
[ホームへもどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 発言サイズは画像も含めて130KBまで、URLは20個までです。
  • その他[留意事項]を良くお読みの上ご利用ください
  • 新規紹介用 でワード検索すると、フォーマット発言が開きます

  •   [No.11977] 【福井】県立若狭歴史博物館/食がつなぐ若狭と都[10/5(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/09/30(Mon) 00:07:00  

     東小浜の福井県立若狭歴史博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=18&c=17で10/5(土)から開催される展示を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆リニューアル5周年記念特別展「海と山の美しもの─食がつなぐ若狭と都─」10/5(土)〜11/4(月・振)
          10/21(月)のみ休館
          入館料金:一般500円 高大生400円 小中生300円
               障がい者手帳等をお持ちの方と介護者1名は半額
     
     古代から日本海沿岸の港として栄え都に住む人々に魚貝や塩などの海産物を供給した若狭地域(福井県南部)は、「御食国」と言われた。本展では古代から近世にかけて連綿と行われていた食材の供給と、都で花開いた食の風景を、考古資料、古文書や絵巻物当時の食事を再現した模型などから紹介。
     『彦火火出見尊絵巻』(明通寺蔵)
     『酒飯論絵巻』(茶道資料館蔵)
      貴族の食事模型(奈良文化財研究所蔵)
      平城宮跡出土木簡(奈良文化財研究所蔵)
      心光院所用鉄線蒔絵膳(心光寺蔵)
      川渡甚太夫一代記(個人蔵)
      塩竃 推定復元模型(館蔵)
      奈良時代の製塩土器(阿納塩浜遺跡出土)
      病草紙(京都国立博物館蔵)など

    記念講演:10/6(日)午後1時30分〜3時、参加無料、申込不要
    「若狭の海から天皇の食卓へ」佐藤全敏氏(東京女子大学教授)

    キッズミュージアム「古代のお菓子を作ってみよう!」10/13(日)午後1時30分〜3時
     対象:小学生以上(4年生以下は要保護者付添)定員20名、要申込 参加費100円(保険代)

    記念講座「生間流式庖丁の実演」10/20(日)午後2〜3時、萬亀楼のみなさま、無料、申込不要

    御食国・和食の祭典in若狭路2019:10/26(土)〜27(日)食文化前広場
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11976] 【三重】斎宮歴史博物館/大来皇女と壬申の乱[10/5(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/09/30(Mon) 00:06:18  

     明和町の斎宮歴史博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=24&c=58で、10/5(土)から開催される展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆斎宮歴史博物館開館30周年記念・史跡斎宮跡指定40周年記念特別展
    「東雲(しののめ)の斎王 大来(おおくの)皇女と壬申の乱」10/5(土)〜11/10(日)
        月曜休館(祝日の場合は翌日)
        入館料金:一般400円 大学生260円 高校生以下無料
          常設展示とセット一般700円  大学生460円  高校生以下無料

     『万葉集』に愛弟・大津の死を嘆く哀歌を残した大来皇女は、壬申の乱に勝利した父天武天皇に天照太神宮に遣わされた実質的な最初の斎王。彼女は661年正月、百済救援軍が筑紫へ向かう船上で誕生し、その人生は「倭国」から「日本」に成長する時期に重なる。本展では、大来皇女の斎王・万葉歌人としての人生を主軸に、壬申の乱や最新の斎宮跡発掘調査の成果も含め、激動の時代を紹介。
       多武峯縁起絵巻 下巻之一  室町時代 談山神社蔵
       国宝 崇福寺跡塔心礎納置 舎利容器及び供養具 飛鳥時代 近江神宮蔵
       大津市指定 南滋賀町廃寺出土 蓮華文方形軒瓦 飛鳥時代 近江神宮蔵
       川原寺出土 複弁蓮華文軒丸瓦・重弧文軒平瓦 飛鳥時代 奈良文化財研究所蔵
       重文 縄生廃寺出土 舎利容器 飛鳥時代 文化庁蔵
       国宝 文祢麻呂墓出土品 墓誌・銅箱 飛鳥時代 東京国立博物館蔵
       薬師寺縁起 江戸時代末期 東京国立博物館蔵
       川原寺裏山遺跡出土 三尊土専仏 飛鳥時代 明日香村教育委員会蔵
       『天上の虹』複製原画 里中プロダクション蔵    など

    展示解説会:10/5(土)11/3(日)午後1時30分〜2時30分 事前申込不要

    史跡斎宮跡発掘調査現場公開:11/3(日)午前9時〜正午、午後1〜4時
      史跡斎宮跡第197次発掘調査現場(三重県多気郡明和町竹川字中垣内)
         ※斎宮歴史博物館から南に約500mの近鉄線路北側  事前申込不要、無料
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11973] 【東京】国立博物館/正倉院の世界―皇室がまもり伝えた美―[10/14(月・祝)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/09/30(Mon) 00:00:58  

     上野公園の東京国立博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=130では、御即位記念に、10/14(月・祝)から東京での正倉院展が開催されます。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆御即位記念特別展「正倉院の世界―皇室がまもり伝えた美―」平成館 特別展示室 10/14(月・祝)〜11/24(日)
    前期展示:10/14(月・祝)〜11/4(月・振)
    後期展示:11/6(水)〜11/24(日)
         月曜休館(祝日は開館)、11/5(火)休館
         開館時間:午前9時30分〜午後5時(金・土と11/3・4は9時まで、入館は閉館の30分前まで)
         入館料金:一般1700円(1,500円)大学生1100円(900円)高校生700円(500円)中学生以下無料
              障がい者と介護者1名は無料(要手帳提示)
     天皇陛下の御即位を記念し、正倉院宝物を中心とした飛鳥・奈良時代の国際色豊かな造形文化に焦点を当てる。聖武天皇の御遺愛品を中心とした書跡・金工・木漆工・染織などの正倉院宝物と明治11年に皇室に献納された法隆寺献納宝物が一堂に会する。皇室が守り伝えたかけがえのない日本の美を見る
    東大寺献物帳(国家珍宝帳) 奈良時代・天平勝宝8歳(756) 正倉院宝物 [前期展示]
     墨画仏像 奈良時代・8世紀 正倉院宝物 [前期展示]
     螺鈿紫檀五絃琵琶 中国 唐時代・8世紀 正倉院宝物 [前期展示]
     伎楽面 酔胡王 奈良時代・8世紀 正倉院宝物 [前期展示]
     重要文化財 伎楽面 酔胡王 飛鳥〜奈良時代・7〜8世紀 法隆寺献納宝物[前期展示]
     黄熟香(蘭奢待)東南アジア 正倉院宝物 [通期展示]
     国宝 海磯鏡 中国 唐または奈良時代・8世紀 法隆寺献納宝物 [通期展示]
     正倉院御物修理図 稲垣蘭圃筆 明治22年(1889) 東京国立博物館蔵 [通期展示]
     紫檀木画槽琵琶 中国 唐または奈良時代・8世紀 正倉院宝物 [後期展示]
     平螺鈿背八角鏡 中国 唐時代・8世紀 正倉院宝物 [後期展示]
     紺夾纈絁几褥 奈良時代・8世紀 正倉院宝物 [後期展示]
     漆胡瓶 中国 唐または奈良時代・8世紀 正倉院宝物 [後期展示]
     国宝 竜首水瓶 飛鳥時代・7世紀 法隆寺献納宝物 [後期展示] など

    記念講演会(2)11/17(日)平成館 大講堂にて、午後1時30分〜3時(開場1時)
    「正倉院宝物研究の最前線」 要申込
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11971] 【岡山】県立美術館/熊谷守一/太田三郎[9/28(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/09/27(Fri) 19:22:17  

     岡山城下の岡山県立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=33&c=0で明日9/28(土)から開催される展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「熊谷守一 いのちを見つめて」9/28(土)〜11/4(月・振)
       月曜休館(祝日の場合は翌日)
       開館時間:午前9時〜午後5時(9/28は10時開館、10/25は7時まで開館、入館は閉館30分前まで)
       入館料金:一般1200円、65歳以上1000円 大学生800円 高校生以下無料(要証明)

    岐阜県出身の画家・熊谷守一(1880-1977)は、東京美術学校(現 東京藝術大学)で学んだが生涯にわたり、身のまわりの動植物や風景を独自の表現で描いた。晩年の「モリカズ様式」は、はっきりとした輪郭線で縁取られた簡素な形態と色面を特徴とする。本展では守一が好んだ花や虫、鳥や猫などをモティーフとした作品を中心に、油彩画をはじめ、水墨画や書、素描も交えた約150点を紹介。
      《薔薇》1971年
      《童子遊魚の図》1961年
      《畳の裸婦》1962年
      《鬼百合に揚羽蝶》1959年
      《稚魚》1958年
      《夕映》1970年
      《うさぎ》1962年  など

    記念講演会:9/28(土)2階ホールにて、午後2時〜3時30分、当日先着210名・無料
    「熊谷守一 いのちへのまなざし」福井淳子氏(熊谷守一研究者)

    美術館講座:10/6(日)地下1階講義室にて、午後2時〜3時30分、当日先着70名・無料
    「熊谷守一の見つめ方−その感覚と色彩」三井麻央氏(学芸員)

    フロアレクチャー:地下1階展示室、午後2時から、先着70名・無料
     10/12(土)27(日)11/3(日)三井麻央氏(学芸員)

    ワークショップ「へたも絵のうち 見つめるデッサン」10/13(日)午後2時〜3時30分、定員20名、要申込
    COCHAE氏(デザイナー)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「太田三郎−此処にいます」9/28(土)〜11/4(月・振)
       月曜休館(祝日の場合は翌日)
       開館時間:午前9時〜午後5時(9/28は10時開館、10/25は7時まで開館、入館は閉館30分前まで)
       入館料金:一般350円、65歳以上170円 大学生250円 高校生以下無料(要証明)
        同時開催「熊谷守一 いのちを見つめて」の観覧券で入場可
     津山市に住む美術家太田三郎(1950-)は東京在住中の84年に、郵便切手と消印を用いた作品を手がけ、郵便局で毎日、切手に押印を依頼する作業から、多彩な作品を生み出した。その後独自のデザインによる切手の制作を始め、92年から発表する《Seed Project》では、生命や種子の関係について、94年から発表する《Post War》では、過去の戦争について、様々な想像を喚起する作品を制作。本展は1985年から現在まで制作を継続している《Date Stamps》を冒頭に紹介し、『切手と消印』『戦争』『大災害』『生命』の4章を踏まえて近作と新作を発表。

    太田三郎氏による展覧会解説:9/29(日)午後1時30分〜2時30分
    太田三郎氏と柳沢秀行氏(大原美術館学芸課長)による対談:10/19(土)2階展示室にて、午後1時30分〜3時
    美術館講座「太田三郎作品を見る」廣瀬就久氏(主任学芸員)11/2(土)講義室と2階展示室にて、午後2〜3時30分
    学芸員による展覧会解説:廣瀬就久氏(主任学芸員)2階展示室、10/25(金)午後6時〜30分
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11970] 【鹿児島】霧島アートの森/青木野枝 投稿者:   投稿日:2019/09/25(Wed) 22:09:33  
    【鹿児島】霧島アートの森/青木野枝 (画像サイズ: 692×519 112kB)

    こんにちは

     久し振りに遠くまで行ってきたのは9月15日の鹿児島・霧島アートの森です。

     現在、「霧と山 青木野枝」が開かれています。展示室内のフラッシュを使わない写真撮影可でした。

     ここは、入館料を払う前からメインゲートのの草間彌生「シャングリラの華」他が見られます。

     アートホール(屋内展示室)が青木野枝です。数えてみると全部で16点の作品がありますが、「霧と山」「立山/霧島」「曇天」の3つに分かれています。
     「霧と山」はこの人の象徴のような鉄の作品です。作品リストに載っている作者の言葉はほとんど詩です。「立山/霧島」は石鹸を積み重ねた作品だが、何を指しているのでしょう。「曇天」は表面が石膏でできた白い作品で、確かに曇天のように見えます。

     野外展示場に行くと、ジョナサン・ボロフスキー(アメリカ)「男と女」が目立っています。野外展示場については以前にアップしたので詳しくは書きません。でも、また来て良かったと思います。しかし、アートホールの所蔵品にはオノ・ヨーコ、アニッシュ・カプーア、ジェームズ・タレル、ドナルド・ジャッド、ニキ・ド・サンファル、宮島達男といった現代の定番的な人も多くあり、今度来るときは企画展のないときに来てみたいと思っています。


      [No.11968] 【奈良】県立美術館/吉川観方−日本文化へのまなざし[9/28(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/09/24(Tue) 00:20:14  

     奈良県庁隣の奈良県立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=29&c=4で、今週末9/28(土)より開催される展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆開館300回記念特別展/生誕125年・没後40年「吉川観方−日本文化へのまなざし」9/28(土)〜11/17(日)
       月曜休館(祝日の場合は翌日)
       入館料金:一般800円 高大生600円 小中生400円 
         身体障がい者手帳・療育手帳・精神障がい者保健福祉手帳をお持ちの方と介助者1人無料
         外国人観光客(長期滞在者・留学生を含む)と付添の観光ボランティアガイド無料
     吉川観方(本名 賢次郎 1894−1979)は今日、絵画や染織などの美術工芸品収集したことで知られ、画家として優れた作品を残し、風俗史研究家として活躍した。はじめ画家を志した観方は、京都市立絵画専門学校(現・京都市立芸術大学)で日本画を学び、木版画の制作にも携わるが、次第に風俗史の研究や美術品の収集に没頭し、映画や舞台、祭礼などの時代考証や収集品の展示に力を注ぐ。本展では、観方や交流のあった画家たちの作品を展示し、観方と日本画との関わりにも注目して活動を振り返り、《伝淀殿画像》など観方コレクションの名品もあわせて展示。観方が守り伝えようとした日本文化の魅力を改めて見つめ直す。
      吉川観方《入相告ぐる頃》大正7年(1918)
          《伊東マンショの像(天正遣欧使節)》昭和28年(1948)頃
          《朝霧・夕霧》昭和23年(1948)
          《加茂川舞妓夕涼図》大正3年(1914)頃
      《伝 淀殿画像》桃山〜江戸時代初期

    同時開催・連携展示「春日大社 春日若宮おん祭」

    講座・対談:レクチャールームにて、午後2時〜(1時30分開場)先着80席
    10/27(日)「吉川観方と観方コレクション」島田康寛氏(美術史家・美術評論家)
                        宮崎隆旨氏(元 奈良県立美術館館長)
    10/13(日)「吉川観方と日本画」学芸員 
    11/10(日)「春日若宮おん祭」藤岡信宏氏(春日大社禰宜/総務部長)

    ギャラリートーク:10/5(土)19(土)11/16(土)いずれも2時〜 

    実技講座:11/3(日)午後2時〜 レクチャールーム(要予約)予約方法は館サイトにて
    「扮装写生会 天平風俗を描こう!」 南城守氏(絹谷幸二天空美術館顧問・美術家)
     協力: 五十嵐公子氏(日本メークアップアーチスト学院) 
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11966] 【全国】鉄道関係企画展 19年09月以降 その3 投稿者:かずや  投稿日:2019/09/24(Tue) 00:02:09  

    おじゃまします。下記、追加致します。

               かずや:渡辺 和也
    --------------------------------------------------------------------------
    【東京】
    ・八王子市郷土資料館
     中央線開業130周年記念 企画展「八王子と鉄道」
     9月14日(土)〜10月14日(月・祝)
    https://www.city.hachioji.tokyo.jp/kankobunka/003/005/p005312.html

    ・立川市歴史民俗資料館
     企画展「立川てんしゃば物語〜立川駅と立川の近代化〜」
     10月22日(火)〜12月15日(日)
     写真展「立川駅前の移り変わり―駅舎と周辺の風景―」
     9月14日(土)〜10月14日(月・祝)
    https://www.city.tachikawa.lg.jp/shogaigakushu/kosodate/kyoiku/iinkai/shiryokan/rekishiminzoku/oshirase.html

    以上です。


      [No.11961] 【兵庫】白鹿記念酒造博物館/名場面 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/09/22(Sun) 00:01:22  

     西宮市の酒ミュージアム(白鹿記念酒造博物館)http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=65で開催中の展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆秋季特別展「名場面」〜11/25(月)
        火曜休館(10/22(火・祝)開館、23(水)は休館)
        入館料金:一般500円 小中生250円
              (10/16(水)は「記念館」展示替えのため「酒蔵館」のみ開館)
     歴史上の人物にまつわる逸話や、日本や中国で古くから伝わる物語は、歌舞伎や演劇などあらゆる作品で取り上げられてきました。本展では、逸話や物語の名場面を描いた作品を紹介し、名場面の表現ぶりを見る。
        「龍虎図」勝部如春斎
        「汝陽逢麹車」菅楯彦
        「鉢木」小林清親
        歌舞伎十八番之内「勧進帳」落合芳幾      

    ☆酒資料室「酒蔵館築150周年記念 明治の酒蔵」〜11/25(月)
    ☆酒蔵館小ホール写真展「皇室と酒蔵」〜11/25(月)

    西宮酒ぐらルネサンス:10/5(土)6(日)酒蔵館入館無料
     酒蔵館にてNagisa Art Dance Co.によるダンスイベント
          甲南大学文化会JAZZ研究会による演奏  など
     酒蔵館築150周年記念「明治の酒蔵」スペシャルガイドツアー:午後1時30分〜2時30分
       (記念館は一般300円 小中生200円)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11955] 【愛知】名古屋市博物館/治水・震災・伊勢湾台風[9/21(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/09/20(Fri) 20:19:12  

     桜山の名古屋市博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=23&c=28
    で明日9/21(土)から開催される特別展を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆特別展 伊勢湾台風60年事業「特別展 治水・震災・伊勢湾台風」9月21日(土曜)から11月4日(月曜・休日)
          月曜休館(祝日の場合は翌日)
          入館料金:一般300円 常設との共通料金400円 大学生以下と市内在住の65歳以上無料(要証明)
                   高大生・市内在住の65歳以上の方が常設展に入場される際は、別途料金が必要
               障害のある方は手帳、難病患者の方は受給者証の提示により本人と介護者2人無料     
               名古屋市交通局のドニチエコきっぷ・一日乗車券を利用して来館された方は50円割引。   
     伊勢湾台風から60年の節目を迎え、濃尾平野では、歴史上どのような災害が起きたか、どのように災害と向き合ってきたか。本展では、災害に関わる社会の動き、特に「開発と環境」「被災者支援の担い手」という2つの要素を軸に、濃尾平野を襲った歴史災害に迫る。 
       謎の巨大絵図から尾張藩の水害対策を探る。  玉野川筋上川内禿地絵図面 文化10年(1813) 
       サムライジャーナリストの水害ルポ。高力猿猴庵『安永洪水図』安永8年(1779)
       南海トラフ地震発生!その時尾張藩はどう動いた?《宮の津に旅人津波を懼る図》『安政見聞録』安政3年(1856)
       近代日本が直面した最初の大水害 明治廿四年十月廿八日大地震図 明治24年(1891)など

    シンポジウム「災害と文化財・地域文化」 9/21(土) 地下1階講堂にて、午後1時30分〜3時(開場1時)
           当日9時30分より整理券を展覧会会場入口で先着順に配布(1名につき1枚)定員220名、無料

    シンポジウム「災害史を学ぶ」9/28(土)1階展示説明室にて、午後1時30分〜3時(開場1時)当日先着100名、無料
       名古屋市図書館司書・名古屋市博物館学芸員

    連続講座:鈴木雅氏(学芸員)1階展示説明室にて、午後1時30分〜2時30分(開場1時)当日先着100名、無料
    (1)9/23(月・祝)「伊勢湾台風」 
    (2)10/19(土)「江戸時代の治水」 
    (3)11/3(日・祝)「転換期の震災」

    防災ワークショップ「非常時に役立つ!「紙食器」作り&牛乳パックDEホイッスル!」
     10/14(月・祝)午前10時〜午後3時 随時受付・実施 1階展示説明室  参加無料

    起震車がやってくる:10/14(月・祝)午前9時30分〜正午 定員50組(1組4名程度まで)
     博物館駐車場にて(天候等により中止になる場合あり)参加無料、9時30分より会場にて整理券配布
     (未就学児の参加には保護者の同伴が必要)

    防災クイズラリー: 会期中(9/21〜11/4)1階特別展示室 入館料のみ

    放水訓練体験:10/14(月・祝)午前10時〜正午 博物館庭園付近にて(天候等により中止になる場合あり)無料
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11951] 【兵庫】明石市立文化博物館/城と明石の400年 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/09/19(Thu) 00:00:45  

     明石市立文化博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=58で開催中の展示を紹介します。 
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆明石市制施行100周年記念 特別企画展「城と明石の400年ー明石藩の世界VIIー」〜10/20(日)
        月曜休館(祝日は開館)
        午前9時30分〜午後6時30分(入館は6時まで)
        入館料金:大人500円 高大生400円 中学生以下無料
             10/13(日)は開館記念日のため観覧料無料
          65歳以上の方、身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳の提示者(介護者も)は半額
     江戸時代初期1619年の明石城築城で城下町が整備され、藩領の村々では農業用水などが整備され、豊かな経済活動とくらしが展開した。幕末維新の動乱期を経て、明治中期には旧武家町に鉄道が開通し、明石海峡に面したこの地が発展を続ける。本展では400年の歴史を伝える古文書や絵図・地図に加えて、初代明石藩主小笠原忠政(忠真)所用の甲冑や、旧明石藩士ゆかりの甲冑・刀などを展示し、城とともに大きく発展した明石の400年を見る。
       徳川家康感状(横河家文書)
       大坂冬の陣平子主膳持槍(横河家資料)
       金地漆研出鞘脇差(旧明石藩士黒田家資料)
       繰半月前立兜・獅子牡丹唐草仏二枚胴(旧明石藩士黒田家資料) など

    はじめての古文書講座 ※要申込み
    10/14(月・祝)午後1時30分〜 加納 亜由子氏(明石市文化振興課)
    2階大会議室にて、定員40名

    往復はがきに、イベント名、参加者全員の氏名、代表者の郵便番号・住所・電話番号、参加人数
    記入し、館まで(1通につき5名まで、応募者多数の場合は抽選)10/7(月)必着
    〒673-0846 明石市上ノ丸2丁目13番1号 明石市立文化博物館

    ギャラリートーク:9/22(日)10/12(土)午前11時〜、午後2時〜
        加藤 明恵氏(神戸大学大学院人文学研究科特命助教)
        加納 亜由子氏(明石市文化振興課)

    築城400周年記念明石城シンポジウム 「明石城を探る」 当日自由参加、無料
       10/5(土)午後1時30分〜4時30分、あかし市民広場(明石駅から徒歩1分「パピオスあかし」2階)にて
      山上 雅弘氏(城郭談話会)「城郭史から見た明石城」
      本岡 勇一氏(城郭研究家)「城絵図からよみがえった明石城」
    コーディネーター:宮本 博氏(明石市文化振興課)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 暗証キー

    - Web Forum -
    - Antispam Version -