ほっとミュージアム 談話室
[ホームへもどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 発言サイズは画像も含めて130KBまで、URLは20個までです。
  • その他[留意事項]を良くお読みの上ご利用ください
  • 新規紹介用 でワード検索すると、フォーマット発言が開きます

  •   [No.11079] 【兵庫】竹中大工道具館/アニメーションにみる日本建築ー 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/03/10(Sat) 20:31:11  

     新神戸駅前の竹中大工道具館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=26では、アニメに描かれた建築物の展示を開催中です。
     
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「アニメーションにみる日本建築ージブリの立体建造物展よりー展」〜5/6(日)
        月曜(祝日の場合は翌日)休館
        入館料金:一般500円 高大生300円 中学生以下無料 65歳以上の方200円
    日本が世界に誇るアニメーションの文化。その中で日本の伝統建築はどのように描かれてきたのでしょうか。
     スタジオジブリのアニメーション作品内でドラマの舞台として登場し、本館が展示協力として携わった「ジブリの立体建造物展」から、「となりのトトロ」「もののけ姫」「千と千尋の神隠し」などに登場する日本の建築を採り上げ、建築史家・藤森照信氏の監修により紹介。建物に関連する背景画や美術ボード、美術設定といった制作資料(複製)を公開し「となりのトトロ」に登場する草壁家住宅を一部、立体で表現。

    「昔のおもちゃで遊んでみよう!」(申込不要)1Fテラスほか(荒天中止あり)
    3/24(土)、3/27(火)、3/29(木)、4/3(木)、4/7(土)午前10時〜正午、午後1〜4時
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11078] 【滋賀】大津市歴史博物館/膳所城と藩政 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/03/08(Thu) 23:41:55  

     大津市歴史博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=25&c=1で開催中の歴史の展示を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆本多氏入封400年記念企画展「膳所城と藩政―築城から幕末十一烈士事件まで―」 〜4/15(日)
        月曜日、3/22(木)休館
        入館料金:一般:600円(480円) 高大生300円(240円) 小中生200円(160円)
        ( )内は、15名以上の団体割引、
         または大津市内在住の65歳以上の方、市内在住の障がい者の方、
          市内在住の介護保険の要介護者・要支援者の方の割引料金(要証明書提示)。
     本多康俊が膳所藩主となった元和3年(1617)以後、藩主は俊次に続いて後、いったん菅沼氏、石川氏に代わるが、慶安4年(1651)、本多俊次が藩主に再任されて以降、明治4年(1871)の廃藩置県まで、本多氏が世襲した。膳所藩は、畿内近国を抑える譜代大名として重要な役割をにない、御所や京都市街の防火、交通の要地・瀬田唐橋の修築なども行った。本展では、膳所城や城下町を描いた大絵図、藩主本多氏が着けた甲冑、戦いのときの家臣団の陣立図、幕末動乱のなかで処刑された十一烈士の遺品を始め、藩校遵義堂や膳所焼に代表される教育と文化、領内農民の生活の様子などを紹介。
      大津・石山間湖岸風景眺望図 明治〜大正時代写
      膳所藩陣立図 江戸時代後期
      膳所城かぶき門前普請絵図 天和4年(1684)滋賀県指定文化財
      膳所総絵図 大津市指定文化財 元禄15 年(1702) 
      本多俊次領内定書 慶安4 年(1651)
      糸文字の和歌 作・高橋幸佑 
      寿明君様江戸御下向につき膳所城下他道筋絵図 嘉永2年(1849)
      膳所藩烈士紙縒字短冊 慶応元年(1865) 
      鉄釉耳付茶入 銘童女 江戸時代前期 

    企画展「膳所城と藩政」関連講座(第708回れきはく講座)3/24(土)午後2〜3時30分 定員100名
    「膳所藩の飛地領支配」郡山 志保氏(甲南大学非常勤講師)申込締切:3/14(水)参加料500円

    ミニ企画展「『大津市史』編纂の歩み」関連講座(第710回れきはく講座)3/31(土)午後2〜3時30分 定員100名
    「市史編纂から歴博への歩み」樋爪 修氏(館長)申込締切:3/21(水)参加料500円

    企画展「膳所城と藩政」関連講座(第712回れきはく講座)4/7(土)午後2〜3時30分 定員100名
    「膳所城と粟津晴嵐の景観について」横谷 賢一郎氏(学芸員)申込締切:3/28(水)参加料500円

    企画展「膳所城と藩政」関連講座(古文書講座)(第713回れきはく講座)4/14(土)午後2〜3時30分 定員100名
    「膳所縁心寺文書を読む−藩主の菩提所とその史料−」高橋 大樹氏(学芸員)申込締切:4/4(水)参加料500円

    申込方法:ハガキ希望する講座名と日付、郵便番号・住所・氏名・電話番号を記入
    1枚のはがきで、複数の講座申し込み可。
    締切日以降に、講座の参加証を発送、定員を超える場合は抽選し、その結果を通知。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11077] 【大阪】国立国際美術館/トラベラー:まだ見ぬ地を踏むため 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/03/08(Thu) 23:40:16  

     中之島の国立国際美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=37では、開館40周年記念に所蔵作品を中心とした現代美術の展覧会を開催中です。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆開館40周年記念展 「トラベラー:まだ見ぬ地を踏むために」〜5/6(日)
          月曜休館(ただし、4/30(月・振)は開館)
          開館時間:午前10時〜午後5時(金土は8時まで、入場は閉館の30分前まで)
          入館料金:一般1200円 大学生800円
                 高校生以下・18歳未満無料
                心身に障がいのある方と付添者1名無料(要証明書提示)
                夜間割引料金(金土曜の午後5時以後) 一般1000円 大学生700円
                リピーター割引料金:一般 600円 大学生 400円 (本展使用済み観覧券提示で2回目以降)
                無料観覧日:3/31(土)
     所蔵作品に新作のコミッションワークなどを組み合わせ、 またパフォーマンスを展示室で継続的に展開するなどの新しい試みの展覧会。 観覧者が時間と空間を越え た「トラベラー」となり、 想像力をめぐらせる機会。

    参加作家(所蔵作品からの出品含む):ピピロッティ・リスト、高松次郎、ジャネット・カーディフ&ジョージ・ビュレス・ミラー 、ジョアン・ミロ、ヘンリー・ムア、アレクサンダー・コールダー、 ペーター・フィッシュリ ダヴィッド・ヴァイス、ロバート・ラウシェンバーグ、カリン・ザンダー、畠山直哉、米田知子、藤井光、大竹伸朗、ジェイ・チュン&キュウ・タケキ・マエダ、テリーサ・ハバード/アレクサンダー・ビルヒラー、アルベルト・ジャコメッティ、安齊重男、ボリス・ミハイロフ、許家維(シュウ・ジャウェイ) 、小泉明郎、シアスター・ゲイツ、ヤン・ヴォー、須田悦弘、ナイリー・バグラミアン、ティノ・セーガル、アローラ&カルサディーラ、マリーナ・アブラモヴィッチ、ロバート・スミッソン、ポール・マッカーシー、ヴィト・アコンチ、植松奎二、白髪一雄、工藤哲巳、塩見允枝子(千枝子)、榎忠、篠原有司男、彦坂尚嘉、森村泰昌、村上三郎、塩田千春、笹本晃、ヒーメン・チョン、関川航平、ロベルト・クシミロフスキ、楊嘉輝(ヤン・サムソン)

    ロバート・ラウシェンバーグ《至点》は、作品保護のため、作品内での鑑賞を整理券制(当日配布)

    アローラ&カルサディーラ 《Lifespan》2014年
     開館日毎日/B2階展示室 平日:午後2時より
                      土日祝日及び振替休日:午前11時、午後3時より
     約15分間

    パフォーマンス:関川航平《あの(独奏)》2018年(作家蔵)、作家によるパフォーマンス
     毎週金曜・土曜/B2階展示室:午後6〜8時(予定)

    ギャラリー・トーク:3/10(土) 午後2時〜/B3階展示室
     当日午後1時30分から聴講用ワイヤレス受信機を貸し出し(先着90名)

    パフォーマンス:笹本晃《Yield Point(降伏点)》2017年(作家蔵)、作家によるパフォーマンス
     3/17(土)、3/18(日) 各日午後2時〜(約20分間)/B2階展示室
     先着30名、当日午前10時より整理券配布

    上映会:笹本晃映像作品
     3/17(土) 午前11時〜午後7時
     3/18(日)午前11時〜午後4時/B1階講堂

    アーティスト・トーク::ヒーメン・チョン氏(本展出品作家)
     4/21(土)午後2時〜/B1講堂 
     英日通訳あり、先着130名、当日午前10時より整理券配布

    特別講演会:5/1(火)
    「まだ見ぬ存在:パフォーマンス・アートにおける法律(仮)」
    アラナ・クシュニール氏(キュレーター/法律家、オーストラリア)
     英日通訳あり
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11076] 【長野】松本市美術館/草間彌生 All about My Love 投稿者:   投稿日:2018/03/07(Wed) 21:54:59  

    こんにちは

     3月3日、松本市美術館の「草間彌生 All about My Love」に行ってきました。

     この日が初日で、合わせてナイトミュージアムの開催ですが、この日は松本市美術館単独企画のようで、日本浮世絵博物館も遅くまで開館したりしていないようです。

     「草間彌生 All about My Love」は通常の企画展会場と常設展示会場を合わせた大規模な展覧会でした。

     まず3Fから始まります。最初は2014年作のインスタレーション「命」です。ソフトスカルプチャーのイメージを拡大したような感じのものでした。「I'm Here, but Npthing」は部屋ごとが作品となったインスタレーションです。
     2004年作の小さな絵画作品の後、遡って草間彌生の生い立ちや初期の作品担になりました。続いて看板の1つのソフトスカルプチャーがいくつかあります。「ファリック・・・」というタイトルのソフトスカルプチャーがいくつもありますが、これは「ファリック」の意味を説明した方が良いのではないかと思いました。

     第2会場に行くと暗闇の中の「天国の梯子」、「ゴッドハート」があります。合わせ鏡を使った作品もこの人の看板の1つですが、この「天国の梯子」も合わせ鏡によって梯子が上と下に無限に続いているように見えます。
     次の大きな展示室には2010年から現在まで続いている「わが青春の魂」シリーズが展示室一杯に展示してあります。ここまでくると偏執的とも見えます。これは絵画作品としては珍しく写真撮影可能となっていまし。映像作品もあり、最後は合わせ鏡による「南瓜へのつきることのない愛のすべて」でした。無限に続いて見えるのが「つきることのない」をうまく現しています。

     松本生まれの世界的な現代アーティストとして、この美術館でときどき草間彌生展はありますが、今回は特に濃い内容でした。


      [No.11075] 【ほっとミュージアム】3月改訂されました 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/03/05(Mon) 21:11:28  

     急に暖かくなったかと思えば、春の嵐となっています。しかし、この雨風が、春を呼んでくるのだと信じます。
     少々遅くなりましたが、2月末までに談話室にアップされた情報をもとに、三ッ木さんにデータ編集を、ほりうちさんにサイト作成を担当して頂き、ポータルサイト「ほっとミュージアム」が改訂されています。
     3月3日は過ぎてしまいましたが、本格的な春になる旧暦の節句まで、まだまだ雛の展示が続くところも多いので、どうぞ、春の風情をお楽しみ下さい。伝統ある日本工芸や、町の歴史などの展示も盛んです。

     訪問されたミュージアムや展覧会のご感想やデータにお気づきの点など、この談話室へ、お寄せいただくと大変喜ばしく存じます。どうぞよろしくお願いいたします。

                    本談話室の管理人 明日香 光二/馬場 英明


      [No.11074] 【神奈川】鎌倉歴史文化交流館/鎌倉の構造と境界 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/03/04(Sun) 22:29:58  

     昨年7月に開館した、鎌倉市教育委員会の歴史展示施設を紹介します。
    ==================================================================
    施 設 名:鎌倉歴史文化交流館
    ふりがな:かまくられきしぶんかこうりゅうかん
    英文表記:Kamakura Museum of History and Culture  
    分野 :歴史 
    郵便番号:248-0011
    都道府県:神奈川県
    市区町村:鎌倉市  
    所在地:扇ガ谷1−5−1
    電話番号:0467−73−8501  
    FAX:  
    URL:https://www.city.kamakura.kanagawa.jp/rekibun/koryukan.html
    公共交通:JR鎌倉駅・江ノ電鎌倉駅より徒歩7分
    道路案内:駐車場は、障がい者等用のみ。車の利用者は近隣の有料駐車場を利用すること。
    開館時間:午前9時〜午後5時(入館は4時30分まで)
    休 館 日:日祝日、年末年始、展示替え期間
    入館料金(常設時):一般300円 小中生100円
              鎌倉市内在住の65歳以上
              鎌倉市内在住または在学の小中生
              身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳の所持者と介助者1名無料
    展示内容:鎌倉の歴史・文化を通史的に紹介し、あわせて鎌倉で 発掘された出土遺物などを公開。
     イギリスの著名な建築家ノーマン・フォスター氏が設立し、現在代表を務めるフォスター + パートナーズて設計された個人用住宅「Kamakura House」として建築された。
    観覧時間:
    その他(販売・友の会など): rekibun@city.kamakura.kanagawa.jp
    報 告 者:明日香 光二/馬場 英明
    ==================================================================
    ☆発掘調査速報展2018vol.1「若宮大路周辺遺跡群・大倉幕府周辺遺跡群
     特集:鎌倉の構造と境界」〜3/17(土)
         日曜・祝日休館
         入館料金:一般300円 小中生100円
              鎌倉市内の小中生と、
              市内の65歳以上の方、障がい者手帳等の交付を受けた方と付添1名は無料(要手帳提示)

     源頼朝が幕府を開いた地、中世都市として武士をはじめ商人や職人など多くの人々が生活していた発展した鎌倉。発掘調査により、鎌倉の地下から昔の人々が生活していた住居の跡や当時使っていた道具など、多くの遺跡が発見されるが、現代の私たちの土木工事により失われる遺跡について可能な限り記録を残し、未来へ引き継ぐために発掘調査は行われる。
     本展では、「鎌倉の構造と境界」をテーマに、平成28年度に実施した発掘調査のなかから、若宮大路周辺遺跡群(小町一丁目343番2地点、および大町一丁目1084番1・1085番1地点)と、大倉幕府周辺遺跡群(二階堂12番8地点)について、出土した遺物と関連資料により紹介。

    学芸員による列品解説(ギャラリートーク)土曜日午前11時から
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11073] 【大阪】山王美術館/没後50年藤田嗣治展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/03/04(Sun) 22:29:05  

     JR難波駅、ホテルモントレグラスミア大阪にある山王美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/test/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=16では、藤田嗣治展が開幕しました。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆没後50年「藤田嗣治展」〜7/31(火)
       土日休館(月〜金の祝日は開館)
       午前11時〜午後5時(入館は4時30分まで)
       入館料金:一般1000円 高大生500円 
            小中生500円(保護者同伴に限り2名まで無料)
     1920年代のパリで「エコール・ド・パリ」の中で、白い地塗りのキャンバスに日本画の墨線のようなしなやかな線描で乳白色の裸婦像で人々を魅了し、画壇の寵児となった藤田嗣治の、初期の水彩画・風景画から晩年に多く描かれた子ども像まで、油彩画を中心として館蔵コレクション全28点を一挙公開。
      《聖児キリスト礼拝》1918年頃 
      《自画像》1931年
      《パンを持つ少女》1954年
      《家馬車の前のジプシー娘》1956年
      《花》1963年
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11072] 【全国】鉄道関係企画展 18年03月以降 投稿者:かずや  投稿日:2018/03/04(Sun) 17:10:06  

    おじゃまします。

    3月以降開催の内容をまとめて直してみました。
    ご紹介やコメントをいただいた皆さんに、感謝致します。

                      かずや:渡辺 和也
    ---------------------------------------------------------------------------
    【宮城】
    ・登米市歴史博物館
     仙北鐡道登米線廃線から50年「鉄道とくらし2ー思い出の仙北鐡道ー」
     3月3日(土)〜5月27日(日)
    http://www.city.tome.miyagi.jp/rekihaku/

    【茨城】
    ・水戸市立博物館
     総集編 茨城鉄道 第2期 ー今も思い出の中を走ってるー
     4月1日(日)〜5月27日(日)
    http://shihaku1.hs.plala.or.jp/exhibition/1651

    【東京】
    ・ニコンミュージアム
     企画展「Fの時代 広田尚敬」
     1月5日(金)〜3月31日(土)
    http://www.nikon.co.jp/corporate/museum/events/index.htm#f-period

    ・東京都立中央図書館
     企画展示「「東京」いまむかし〜鉄道網の発達による賑わいの変遷〜」
     1月20日(土)〜3月11日(日)
    http://www.library.metro.tokyo.jp/edo_tokyo/tokyo/tabid/4429/Default.aspx

    【神奈川】
    ・川崎市市民ミュージアム
     中井精也 鉄道写真展 笑顔あふれる「ゆる鉄」ワールド
     4月7日(土)〜6月24日(日)
    https://www.kawasaki-museum.jp/exhibition/11570/

    ・横浜都市発展記念館
     企画展「伸びる鉄道、広がる道路 〜横浜をめぐる交通網」
     4月14日(土)〜7月1日(日)
    http://www.tohatsu.city.yokohama.jp/news/events.html

    【愛知】
    ・おかざき世界子ども美術博物館
     わくわく鉄道博物館2018〜鉄道模型と巨大ジオラマ〜展
     1月13日(土)〜3月11日(日)
    http://www.city.okazaki.lg.jp/300/305/p022268.html

    ・瀬戸蔵ミュージアム
     企画展「開業30周年 愛知環状鉄道の歩み」
     1月27日(土)〜4月22日(日)
    http://www.seto-cul.jp/information/index.php?s=1517028769

    【福井】
    ・敦賀市立博物館
     テーマ展 鉄道資料展(井上脩氏寄贈資料を中心に)
     2月2日(金)〜3月23日(金)
    http://www.city.tsuruga.lg.jp/about_city/news_from_facility/gaibu_shisetsu/hakubutsukan/h29_exhibactivities/20180202tetudoten.html

    【兵庫】
    ・赤穂市立有年考古館 
     企画展「有年駅のあゆみ」
     17年10月20日(金)〜3月27日(火)
    http://www.geocities.jp/unekoukokan/event/2017uneeki.html

    【奈良】
    ・生駒ふるさとミュージアム
     平成29年度冬季企画展  モダン生駒100年史―鉄道開通と近代生駒の夜明け―
     2月11日(日)〜3月11日(日)
    http://ikoma-museum.jp/index.html

    【広島】
    ・三良坂平和美術館
     三江線写真展「江の川に寄り添って」
     1月6日(土)〜3月25日(日)
    https://www.mirasaka-heiwa.jp/blank-28

    ・安芸高田市歴史民俗博物館
     小企画展「ありがとう三江線」
     1月11日(木)〜4月1日(日)
    http://www.akitakata.jp/ja/hakubutsukan/topics/s448/

    【山口】
    ・萩博物館
     企画展「萩の鉄道ことはじめ ―待ちに待ったる鉄道いよいよ開通す―」
     17年12月16日(土)〜4月8日(日)
    https://www.city.hagi.lg.jp/hagihaku/event/1712tetukoto/index.htm

    【福岡】
    ・香春町歴史資料館
     ミニ企画展「香春の鉄道・風景写真展」
     1月16日(火)〜3月18日(日)
    https://www.town.kawara.fukuoka.jp/s032/030/20180110162352.html

    以上です。


      [No.11071] 【兵庫】南あわじ市滝川記念美術館 玉青館/淡路島のぶろんず展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/02/28(Wed) 23:58:06  

     南あわじ市滝川記念美術館 玉青館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=139で行われている地元の誇りである考古学の展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「淡路島のぶろんず展」〜4/1(日)
         月曜休館
         入館料金:大人300円 高大生200円 小中生100円

     松帆1号銅鐸(実物)、舌(実物)4点、鏡、お金など淡路島で見つかった いろいろな時代の青銅器 合計46点を展示。鋳造復元した松帆銅鐸、古津路銅剣が、実際に触れることができる。

    ギャラリートーク:3/11(日)午後2時〜
     定松 佳重氏 (南あわじ市埋蔵文化財調査事務所)

    ミニチュア松帆銅鐸、古津路銅剣づくりワークショップ:3/25(日) 午前10時・午後1時30分〜
     玉青館 多目的室にて(松帆銅鐸 1,000円、 古津路銅剣 500円)
     定員各先着20名(事前申込制)
     申込: 玉青館(電話:0799-36-2314、FAX:0799-36-5408)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11070] 【神奈川】横浜開港資料館 / 銭湯と横浜 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/02/28(Wed) 23:48:42  

     日本大通りの横浜開港資料館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=14&c=13  で、横浜歴史博物館と連携して行われている銭湯に関する展覧会を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆平成29年度第4回企画展示 連携企画展「銭湯と横浜−“ゆ”をめぐる人びと−」〜4/22(日)
        月曜休館
        午前9時30分〜午後5時(3/23(金)は展示室のみ7時まで、入館は閉館30分前まで)
        入館料金:一般200円 小中生100円
     都市部において、日本人はこころと身体の疲れを癒すため入浴するのが「銭湯」。1859(安政6)年の横浜開港以降、新しい街ができると、銭湯も新開地に進出し、銭湯の数は増加とともにし、同業者間の激しい競争を生み出し、主に北陸地方から移住してきた銭湯の経営者たちは、試行錯誤を重ねながら生き残り、横浜の地に根づく。
     1914(大正3)年橘樹郡大綱村でラジウム鉱泉が湧出すると、1927(昭和2)年の東横線全通とあいまって、横浜の北部に京浜の「奥座敷」となる綱島温泉が出現。本展では、銭湯や温泉をキーワードに、近代横浜の都市形成史をたどる。
        ジョルジュ・ビゴーの描いた銭湯
        ヴィルヘルム・ハイネの描いた銭湯  など

    展示関連講座:3/17(土)講堂にて、午後2〜3時30分 受講料500円、当日午後1時30分より会場にて受付.、先着80名
    「綱島温泉の誕生」吉田律人氏(調査研究員)

    展示担当者による展示解説:3/23(金) 午後6時〜30分 4/14(土) 午後1時30分〜2時.
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 暗証キー

    - Web Forum -
    - Antispam Version -