ほっとミュージアム 談話室
[ホームへもどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 発言サイズは画像も含めて130KBまで、URLは20個までです。
  • その他[留意事項]を良くお読みの上ご利用ください
  • 新規紹介用 でワード検索すると、フォーマット発言が開きます

  •   [No.11878] 【日本画書】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/08/31(Sat) 21:59:17  

     新たな日本画や書道の展示を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて、ご訪問にご利用ください。

    【秋田】
    秋田市立佐竹史料館,☆企画展「秋田藩の和歌 かな文字を中心に」11/29(金)〜令和2年4/19(日)
    秋田市立千秋美術館 
     ☆永青文庫所蔵「近代日本画の名作―春草「黒き猫」がやってくる!」9/21(土)〜11/4(月・祝)
    秋田ふるさと村秋田県立近代美術館
     ☆秋田魁新報創刊145年 開館25周年「若冲と京の美術―京都 細見コレクションの精華―」9/14(土)〜11/10(日)
    角館町平福記念美術館,☆「福田豊四郎日本画展」9/1(日)〜10/14(月・祝)

    【山形】
    山形美術館
     ☆企画展第44回「山形県総合書道展」9/21(土)〜9/29(日)
     ☆企画展「再興 第104回院展山形展」11/7(木)〜11/19(火)
    致道博物館
     ☆第40回「鶴岡書道会会員展」12/1 (日)〜12/12 (木)
     ☆「和み 致道博物館美術コレクションより」令和2年2/15 (土)〜3/29 (日)
    鶴岡アートフォーラム,☆市民ギャラリー「楽書展」9/27(金) 〜 9/29(日)

    【茨城】
    日立市郷土博物館,☆収蔵美術品展「日立ゆかりの日本画家」9/14(土)〜11/4(月・振)
    古河歴史博物館,☆企画展「墨魂 〜書人立石光司の仕事〜」 令和2年3/14(土)〜5/5(火・祝)
    茨城県天心記念五浦美術館
     ☆「平福百穂展」10/12(土)〜11/24(日)
     ☆「茨城大学五浦文化研究所特別展示 五浦の作家たち(仮題)」12/25(水)〜令和2年1/5(日)
     ☆「ひろがる墨」令和2年2/8(土)〜4/5(日)
    茨城県つくば美術館
     ☆第5回「茨城県独立書展」9/3(火)〜9/8(日)
     ☆「画業六十年を顧みてー斎藤彰男日本画展」10/1(火)〜10/6(日)
     ☆「茨城県高等学校総合文化祭美術展覧会(書道部門)」10/22(火)〜10/27(日)

    【東京】
    ちばぎんひまわりギャラリー
     ☆「木積 凜穂展 (書)」 9/3(火)〜9/16(月・祝)  
     ☆「越田 畦風展 (書)」 10/1(火)〜10/14(月・祝)  

    【神奈川】
    岡田美術館,☆「金屏風展 ―狩野派・長谷川派・琳派など―」〜9/29(日)

    【新潟】
    諸橋轍次記念館,☆「諸橋轍次遺墨展示」12/3(火)〜令和2年3/29(日)

    【福井】
    鯖江市まなべの館,☆企画展「間部詮勝遺墨展〜幽玄の世界〜」10/5(土)〜11/4(月・振)

    【岐阜】
    岐阜市歴史博物館分館 加藤栄三・東一記念館
     ☆ (公財)ぎふしん記念財団助成事業「収蔵作品でたどる加藤栄三・東一」〜10/6(日)
     ☆「栄三・東一の愛した生きものたち」10/8(火)〜12/27(金)
    大垣市守屋多々志美術館
     ☆企画展「Cool!守屋Blue」〜9/23(月・祝)
     ☆特別展「芭蕉」10/5(土)〜12/8(日)

    【静岡】
    静岡県立美術館,☆企画展「熊谷守一 いのちを見つめて」〜9/23(月・祝)
    平野美術館,☆「栗原幸彦展」〜10/14(月・祝)日本画
    秋野不矩美術館,☆所蔵品展「秋野不矩 制作の現場から3〜インドの日常に見つけた美〜」〜9/16(月・祝)

    【愛知】
    ノリタケの森クラフトセンター
     ☆「坪井素子 日本画展」9/25(水) 〜9/29(日)
     ☆「加藤眞惠 日本画展」10/1(火) 〜 10/6(日)
    文化フォーラム春日井
     ☆小野道風公奉賛 第71回(2019年)全国書道展覧会「道風展」10/27(日)〜11/4(月・振)
    春日井市立道風記念館,☆特別展「川谷尚亭〜神々しきその書〜」9/6(金)〜10/14(月・祝)
    トヨタ鞍ヶ池記念館
     ☆アートサロン企画展「女流日本画家たちとその周辺〜美の系譜〜 」9/21(土)〜令和2年1/26(日)
    田原市博物館,☆「文人の理想郷を描く」〜9/8(日)

    【京都】
    龍谷大学 龍谷ミュージアム
     ☆秋季特別展「日本の素朴絵ーゆるい、かわいい、楽しい美術ー」9/21(土)〜11/17(日)
    アサヒビール大山崎山荘美術館,☆「東山魁夷のスケッチ−欧州の古き町にて」9/14(土)〜12/1(日)

    【兵庫】
    神戸ファッション美術館
     ☆特別展「高野山金剛峯寺襖絵完成記念 千住博展」9/14(土)〜11/4(月・祝)
    鉄斎美術館,☆別館「史料館」展覧会「鉄斎の花鳥画」〜10/1(火)

    【奈良】
    中野美術館,☆秋季展「近代の日本画」9/6(金)〜 10/6(日)前期、10/12(土)〜11/17(日)後期
    奈良県立美術館
     ☆開館300回記念特別展 生誕125年・没後40年「吉川観方―日本文化へのまなざし」9/28(土)〜11/17(日)
    奈良市杉岡華邨書道美術館,☆新元号『令和』記念「華邨が書く万葉の世界」〜9/29(日)
    名勝大乗院庭園文化館,☆城北吟社「第三回詩墨遊展」9/6(金)〜9/8(日)
    大和文華館
     ☆「樹のちから―東洋美術における樹木の表現―」〜9/29(日)
     ☆特別展「聖域の美―中世寺社境内の風景―」10/5(土)〜11/17(日)
     ☆特別展「国宝彦根屏風と国宝松浦屏風―遊宴と雅会の美―」11/22(金)〜12/25(水)
     ☆特別企画展「新春を迎えて―梅と桜の美術―」令和2年1/5(日)〜2/16(日)
     ☆特別企画展「水のめぐみ 大地のみのり―野菜、果物、魚介の美術―」令和2年2/21(金)〜4/5(日)

    【鳥取】
    因幡万葉歴史館,☆「万葉書道展 −家持の言の葉を書く−」〜9/29(日)

    【香川】
    高松市歴史資料館
     ☆第78回企画展「山河あり、画中に遊ぶ−墨景礼賛−(仮称)」令和2年1/25(土)〜3/15(日)

    【愛媛】
    今治市河野美術館,☆館蔵品企画展「描かれたものたち 動物・植物」〜9/16(月・祝)

    【福岡】
    北九州市立美術館,☆第54回「北九書の祭典」11/28(木)〜12/1(日)
    北九州市立美術館分館,☆「西元祐貴 北九州のキセキ展」10/27(日)〜12/26(木) 墨絵
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                      明日香 光二/馬場 英明


      [No.11877] 【日本洋画】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/08/31(Sat) 21:58:26  

     新たな日本人作家の洋画の展示を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて、ご訪問にご利用ください。

    【秋田】
    秋田県立美術館
     ☆特別展「師・黒田清輝 妻・鴇田とみ 藤田嗣治 東京美術学校から渡仏へ」11/30(土) 〜令和2年1/26(日)
    秋田市立千秋美術館,☆コレクション展「岡田謙三展」11/22(金)〜令和2年1/13(月・祝)

    【山形】
    本間美術館(酒田)
     ☆特別展「あべとしゆき水彩画展ー静けさを聴くためにー」8/29(木)〜9/30(月)
     ☆「庄内の洋画家たち」令和2年1/11(土)〜2/17(月)
    真下慶治記念美術館,☆「原田 郁 新作展」9/27(金)〜11/5(火) 洋画
    出羽桜美術館,☆「日本画と文士の書展」 12/26(木)〜令和2年3/15(日)

    【福島】
    福島県立美術館,☆生誕120年・没後100年「関根正二展」9/14(土)〜11/10(日)  

    【茨城】
    水戸芸術館現代美術ギャラリー,☆「大竹伸朗 ビル景 1978-2019」〜10/6(日)絵画
    幕末と明治の博物館
     ☆第7回特別展「武石 堯絵画展
        〜灯台とその風景、そして万葉奈良の寺院・仏像を描く〜」 9/7(土)〜11/5(火)
    【群馬】
    渋川市美術館 桑原巨守彫刻美術館,☆「伊勢亀君代展 白の幻想」9/20(金)〜9/29(日)油彩画
    富岡市立美術博物館・福沢一郎記念美術館
     ☆「小松美羽展 DIVINE SPIRIT 〜神獣の世界〜」9/14(土)〜10/28(月)洋画  

    【東京】
    ちばぎんひまわりギャラリー,☆「二戸 捷幸展(水彩画)」10/29(火)〜11/10(日)
    目黒区美術館,☆「線の迷宮〈ラビリンス〉III 齋藤芽生とフローラの神殿」10/12(土)〜12/1(日)洋画

    【神奈川】
    岩崎博物館(ゲーテ座記念)
     ☆第433回企画展「齋藤眞紀 展 O vento sul 〜南風〜」9/19(木)〜9/29(日)

    【新潟】
    三条市歴史民俗産業資料館
     ☆企画展「生誕100年・没後20年 齋藤 しん」〜9/8(日)(「しん」は「鬼」の中に「申」)

    【山梨】
    河口湖ミューズ館・与勇輝館,☆「山内若菜 風光 2014-2019」 〜9/11(水)洋画

    【静岡】
    清水港湾博物館(フェルケール博物館),☆特別展 没後25周年「曽宮一念」9/21(土)〜12/1(日)
    浜松市美術館,☆企画展「−奇跡の写実絵画ースーパーリアルワールド展」9/28(土)〜12/15(日)
    モン・ミュゼ沼津 沼津市庄司美術館
     ☆「稲葉泰樹油彩画展」10/26(土)〜11/24(日)
     ☆「仲本兼智油彩画展」 11/30(土)〜12/22(日)

    【愛知】
    豊川市桜ヶ丘ミュージアム,☆「島田卓二、黒田清輝とその周辺」〜9/22(日)
    清須市はるひ美術館
     ☆企画展「アーティストシリーズVol.92 羽尻 敬人 展」令和2年2/15(土)〜3/8(日)洋画
    杉本美術館,☆令和改元記念企画「杉本健吉が見ていた時代〜明治・大正・昭和・平成〜」〜9/17(火)

    【滋賀】
    長等創作展示館・三橋節子美術館
     ☆常設展「もう一枚の三井の晩鐘ー辞世の画のリハーサル−」〜11/10(日)

    【兵庫】
    芦屋市立美術博物館,☆小企画展「生誕100年 菅井汲」 10/8(火)〜11/24(日)
    加古川総合文化センター,☆市所蔵作品展<後期> 福本達雄が描く山「四季の山」8/7(水) 〜 8/18(日)

    【福岡】
    北九州市立美術館,☆「サイトウマコト 臨界―Criticality―」9/14(土)〜11/10(日)洋画
    北九州市立美術館分館,☆「森のささやきが聞こえますか 倉本聰の仕事と点描画展」9/9(月)〜10/20(日)
    福岡県立美術館,☆郷土の美術をみる・しる・まなぶ 2019「新たな高島野十郎」 10/5(土)〜11/24(日)
    大牟田市石炭産業科学館,☆第20回「葦ペン画展」9/7(土)〜9/16(月・祝)
    直方谷尾美術館
     ☆ミニギャラリー電話室三十八番 稲田聡子「お花をつみに」〜10/13(日)絵画
     ☆第28回「筑豊洋画作家展」 10/1(火)〜10/6(日)

    【佐賀】
    佐賀県立美術館,☆OKADA-ROOM Vol.14「岡田三郎助名品選―館蔵女性画を中心に―」〜11/14(木)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                      明日香 光二/馬場 英明


      [No.11876] 【洋画】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/08/31(Sat) 21:57:36  

     新たな外国絵画の展示を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて、ご訪問にご利用ください。

    【秋田】
    秋田県立美術館,☆特別展「キスリング展」9/29(日)〜11/24(日)

    【東京】
    国立西洋美術館
     ☆日本・オーストリア友好150周年記念
      「ハプスブルク展 600年にわたる帝国コレクションの歴史」10/19(土)〜令和2年1/26(日)

    【山梨】
    中村キース・ヘリング美術館,☆「Keith Haring: Humanism ―博愛の芸術―」〜令和2年1/13(月・祝)

    【愛知】
    豊橋市美術博物館
     ☆開館40周年記念「ストラスブール美術館展 印象派からモダンアートへの眺望」 令和2年2/8(土)〜3/29(日)

    【兵庫】
    姫路市立美術館
     ☆國富奎三コレクション受贈25 周年記念
      「ストラスブール美術館展 印象派からモダンアートへの眺望」11/12(火)〜令和2年1/26(日)
    丹波市立植野記念美術館,☆「 印象派からの旅路−ひろしま美術館−展」11/3(日)〜12/22(日)

    【福岡】
    福岡市美術館,☆「ギュスターヴ・モロー展 サロメと宿命の女たち」10/1(火)〜11/24(日)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                      明日香 光二/馬場 英明


      [No.11875] Re: 【全国】鉄道関係企画展 19年08月以降 その3 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/08/31(Sat) 15:19:57  

    かずやさん、こんにちは。
    今、次月のまとめを進行中ですが、こんなのがありますよ!


    静岡市東海道広重美術館☆由比本陣公園開館25周年記念「今昔東海道ステヰシヨン」〜11/24(日)
    同時開催:「静鉄グループ創立100周年しずおか昔鉄道」〜11/24(日)


    天理大学附属天理参考館☆第85回企画展 大阪メトロ開業1年「大阪市営交通114年の軌跡」10/9(水)〜12/2(月)

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11874] 【静岡】市美術館/印象派への旅 海運王の夢 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/08/31(Sat) 00:38:39  

     静岡駅に近い静岡市美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=22&c=3で開催中の展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「印象派への旅 海運王の夢ーバレル・コレクション」〜10/20(日)
        月曜休館(祝日の場合は翌日)
        午前10時〜午後7時(入館は閉館30分前まで)
     スコットランド最大の都市グラスゴーで「海運王」と称されたウィリアム・バレル(1861-1958)はが築いた古今東西の美術工芸品のコレクション。そのなかから19世紀フランス絵画、オランダのハーグ派、スコットランドの画家たちの作品を、写実主義から印象派への流れを辿りながら紹介。「大気汚染の影響が少ない郊外に作品を展示すること」「国外に持ち出さないこと」が美術館建設に関しての条件だったが、同館の改装に伴い実現した展覧会で、バレル・コレクション全73点が日本初公開。ケルヴィングローヴ美術博物館より、ゴッホによる肖像画やルノワール、セザンヌなど7点を加え、総数80点。
      フィンセント・ファン・ゴッホ《アレクサンダー・リードの肖像》1887年
      サミュエル・ジョン・ペブロー《バラ》1900ー05年頃
      ジョセフ・クロホール《二輪馬車》1894ー1900年頃
      テオデュール・リボー《楽器を奏でる人》1862年
      ギュスターヴ・クールベ《マドモワゼル・オーヴ・ドゥ・ラ・オルド》1865年
      ヤーコブ・マリス《ペットの山羊》1871年
      ウジェーヌ・ブーダン《ドーヴィル、波止場》1891年
      ポール・セザンヌ《エトワール山稜とビロン・デュ・ロワ峰》1878ー79年
      ピエール・オーギュスト・ルノワール《静物ーコーヒーカップとミカン》1908年

    学芸員によるギャラリートーク:10/13(日)午後2時〜40分
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11873] 【静岡】県富士山世界遺産センター/徳川から明治へ〜新たなる時代に屹立する富士山〜[8/31(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/08/31(Sat) 00:36:54  

     富士宮市の静岡県富士山世界遺産センターで8/31(土)から開催される展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆令和元年度収蔵品展「徳川から明治へ―新たなる時代に屹立する富士山―」8/31(土)〜9/23(月・祝)
        9/17(火)のみ休館
        午前9時〜午後5時(8/31は6時まで、入館は閉館30分前まで)
        入館料金:一般300円 大学生以下・70歳以上・障害者等:無料(要証明)

     江戸時代には江戸そして徳川将軍と一体化すべき象徴的存在として、徳川将軍の世が幕を下ろすと明治の象徴へと読み替えられた富士山。時代が移りゆくなか、変わること無く人々の心のうちに屹立する富士山を、幕末明治期の錦絵とともに狩野派絵画を展覧し、時代の転換期に富士山イメージがいかに位置づけられたかをひもとく。
     狩野晴川院養信筆「富士山図」
     狩野董川中信筆「富士飛鶴図」
     月岡芳年ほか画「末広五十三次」
     三代歌川広重画「東京日本橋御高札場之図」
     月岡芳年画「東京府中橋通街之図」
     梅堂国政(三代歌川国貞)画「青山練兵場観兵式図」など

    講座・講演会:9/15(日)研修室にて、事前申込不要、50名先着順
    午後1〜2時「帝国の誕生ー近代天皇と富士山イメージ」松島 仁氏(センター教授)
    午後2〜3時「明治浮世絵の魅力」庵原理絵子氏(美術史家・浮世絵研究家/学習院大学・玉川大学講師)

    展示解説:松島 仁氏
     8/31(土)9/23(月・祝)午後2時30分〜
     9/15(日)午後3時15分〜
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11872] 【京都】市立芸術大学ギャラリーアクア/複眼と対称のノード[8/31(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/08/31(Sat) 00:35:32  

     二条城近くの京都市立芸術大学ギャラリーアクアhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=55で8/31(土)から開催される展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「複眼と対称のノード」8/31(土)〜9/16(月・祝)
        月曜休館(祝日の場合は翌日)
        開館時間:午前11時〜午後7時
        入館無料

     制作プロセスが、単なる「作り方」以上の意味を持つ特異なメディア=版画。
     現在、写真から対象物の色や柄を無視して表面の形だけを抜き出し、3次元データを得るフォトグラメトリー技術を使って制作する吉岡俊直の作品と、卒業生、在学生で担当した・している学生の版画作品も合わせて展示。ノードとは、コンピュータネットワークで情報伝達の結節点。結び目。集合点。会場に展示された作品。版画制作の現場。計測の機器。フライヤー。映像。テキスト。それぞれがノードといえる。

    出品者・研究代表者
    吉岡俊直 (京都市立芸術大学 版画専攻 准教授)

    出品者
    大野 咲樹 (京都市立芸術大学 版画専攻 大学院1年生)
    木下 珠奈 (京都市立芸術大学 版画専攻 2016年修了)
    小西 景子 (京都市立芸術大学 版画専攻 2018年修了)
    佐古 俊介 (京都市立芸術大学 版画専攻 学部4年生)
    佐藤 雄飛 (京都市立芸術大学 版画専攻 大学院2年生)
    藤田 紗衣 (京都市立芸術大学 版画専攻 2017年修了)

    科研費 研究分担者
    村上史明 (筑波大学 芸術系 助教)

    特別研究 共同研究者
    田中栄子 (京都市立芸術大学 版画専攻 准教授)

    ワークショップ「フォトグラメトリーって何?」
    9/8(日)午後1時〜5時
     フォトグラメトリー撮影&三次元化体験、シルクスクリーン印刷体験
     出品作家による作品解説、研究内容の紹介
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11871] 【北海道】立文学館/保阪正康の仕事[8/31(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/08/31(Sat) 00:34:32  

     札幌市中島公園の北海道立文学館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=01&c=1で8/31(土)から開催される特別展を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆特別展「ノンフィクション作家・保阪正康の仕事
          −「昭和史」との対話」8/31(土)〜11/7(木)
       月曜休館(祝日の場合は翌日)
       入館料金:一般700円 高大生・65歳以上450円 小中生300円 65歳以上

    「歴史の年表に残る一行を一冊に」との思いの下、昭和を中心に日本の近現代史を問い続けノンフィクション作家・保阪正康。 デビュー作の『死なう団事件 軍国主義下の狂信と弾圧』(1972年)を皮切りに、『東條英機と天皇の時代』上・下(1979・80年)、『昭和陸軍の研究』(1999年)、『ナショナリズムの昭和』(2016年)…。本展では150冊の著作群を通して保阪が見た「昭和」の実像に迫り、「昭和史を語り継ぐ会」を主宰し、歴史の「語り部」としての側面も紹介し、北海道での幼少期、さらにはその目に映ってきた北海道から探る。


    文学館まつり関連事業 高校生と語る「近代日本の戦争と北海道の人々」
    9/23(月・祝)午後2〜3時30分 講堂にて、無料
     保阪正康氏
    要申込・9/10(火)9時より電話にて受付。(定員80名、先着順)

    文芸講演会II  10/12(土)午後2〜3時30分 定員200名
    北海道立近代美術館(札幌市中央区北1条西17丁目)にて、講堂 無料
    「歴史に学び伝える」保阪正康氏

    申込方法:往復はがきにイベント名、氏名、住所、電話番号を記入して、
    9/21(土)まで(当日消印有効、多数の場合抽選)2名まで応募か、2名分の氏名記入
    〒064-0931 札幌市中央区中島公園1番4号 北海道立文学館
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11870] 【東京】文京区立森鴎外記念館/文学とビール 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/08/29(Thu) 23:50:14  

     千駄木の文京区立森鴎外記念館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=121で開催中の展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆コレクション展「文学とビール―鴎外と味わう麦酒(ビール)の話」 〜10/6(日)
       9/24(火)休館
       入館料金:一般300円 中学生以下無料、障害者手帳提示者と介護者1名無料
     江戸時代末に日本に入ったビールは明治に入って本格的に醸造されはじめ、明治40年代以後、広く飲まれるようになった。鴎外は日本でビールが貴重だった明治17年から21年まで陸軍軍医としてドイツに留学して留学中の日記「独逸日記」で、醸造所やオクトーバーフェストを訪ねたり、自ら被験者となって「ビールの利尿作用」を研究した。鴎外のビール体験は「うたかたの記」などの文学作品に生かされる。同時代の文学者たちも、夏目漱石「吾輩は猫である」太宰治「酒の追憶」や、高村光太郎「カフェ、ライオンにて」に酒場の様子が語られるなど、文学作品に明治・大正から現代に通じるビールの風景が登場するのを見る

    コーナー展示「ドイツ三部作 鴎外が描いたベルリン、ミュンヘン、ドレスデン」
    『舞姫』『うたかたの記』『文づかひ』を、鴎外のドイツ留学体験を交えて紹介します。

    学生ボランティア ギャラリートーク:9/1(日)午前11時〜、午後2時〜(各回30分程度)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11869] 【東京】豊島区立郷土資料館/暗がりから池袋を覗く〜ミステリ作家が見た風景 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/08/29(Thu) 23:48:34  

     池袋の豊島区立郷土資料館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=239で開催中の展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆企画展「暗がりから池袋を覗く〜ミステリ作家が見た風景〜」〜9/14(土)
        月曜休館
        入館無料

     まだ森や林が覆う池袋・雑司が谷界隈に、昭和9(1934)年、江戸川乱歩が移り住み、30年間住み続けた。それから池袋のまちは、戦後の復興から高度経済成長を経てサンシャインシティが建ち、乱歩が歩んだ闇のそばで大都市へと発展した。乱歩をはじめ、大下宇陀児(おおしたうだる)、泡坂妻夫(あわさかつまお)、飛鳥高(あすかたかし)など、池袋・雑司が谷界隈に集ったミステリ作家のエッセイや作品に語られている、昭和初期から現代にかけてのまちの変遷とその風景を探る。

    見学会:旧江戸川乱歩邸と郷土資料館企画展示室で解説会を行います。

    事前申込不要、当日下記の集合時間に直接各施設へ
    9/11(水)各2回、30分程度
    1回目:午前11時集合…旧江戸川乱歩邸、12時30分集合…郷土資料館
    2回目:午後2時集合…旧江戸川乱歩邸、午後3時30分集合…郷土資料館
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 暗証キー

    - Web Forum -
    - Antispam Version -