ほっとミュージアム 談話室
[ホームへもどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 発言サイズは画像も含めて130KBまで、URLは20個までです。
  • その他[留意事項]を良くお読みの上ご利用ください
  • 新規紹介用 でワード検索すると、フォーマット発言が開きます

  •   [No.11539] 【兵庫】県立歴史博物館/国立公文書館所蔵資料展−近代日本と兵庫のあゆみ− 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/09(Sat) 12:14:53  

     姫路城下の兵庫県立歴史博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=38で開催中の展覧会を紹介します。 
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「国立公文書館所蔵資料展−近代日本と兵庫のあゆみ−」〜3/17(日)
       月曜休館(祝日の場合は翌日)
     国立公文書館が所蔵する日本の近代史関係の資料を通して、明治時代の日本と兵庫の成り立ちを紹介。
       大日本帝国憲法(複製)
       兵庫県管内全図
       神戸港船舶碇繋所区域ヲ拡張ス(明治25年)など
    ミュージアムパフォーマンス:展示のみどころ解説:2/9(土)3/2(土)午後2〜3時
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11538] 【大阪】国立国際美術館/クリスチャン・ボルタンスキー − Lifetime[2/9(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/09(Sat) 00:09:34  

     中之島の国立国際美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=37で開催される現代美術の展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「クリスチャン・ボルタンスキー − Lifetime」2/9(土)〜5/6(月・振)
         月曜休館(祝日は開館)2/12(火)休館
         午前10時〜午後5時(金・土は8時まで、入場は閉館の30分前まで)
         入館料金:一般900円 大学生500円 高校生以下・18歳未満無料(要証明)
              心身に障がいのある方とその付添者1名無料(要証明)
              夜間割引料金(金土の午後5〜8時)一般700円 大学生400円
              2/24(日)は天皇陛下御在位30年を記念して入場無料
     現代のフランスを代表するアーティストクリスチャン・ボルタンスキー(1944年-)は、写真やドキュメントとビスケット缶などの日用品を組み合わせて、自己あるいは他者の記憶に関連する作品を制作。1980年代に明かりを用いたインスタレーションを手掛け、「モニュメント」シリーズ(1985年-)で宗教的なテーマに取り組む。ユダヤ人の学生たちの顔写真を並べた作品では、ユダヤ人の大虐殺とその犠牲者のイメージを想起させると解釈され、大きな議論を呼ぶ。その後も様々な手法で、歴史や記憶、死や不在をテーマとした作品を発表。ボルタンスキーの初期作品から最新作までを紹介する、国内初めての大規模な回顧展。
     クリスチャン・ボルタンスキー《モニュメント》1986年 
                   《ミステリオス》2017年 
                   《保存室(カナダ)》1988年
                   《心臓音のアーカイブ》2010年 
    アーティスト・トーク:クリスチャン・ボルタンスキー(本展出品作家)
    2/9(土)午後2時 〜/B1階 講堂 無料、逐次通訳付、先着130名、当日10時から整理券配布

    ギャラリー・トーク:B3階 展示室 開始30分前から聴講用ワイヤレス受信機を貸し出し(先着90名)
    2/22(金)午後6時〜 3/16(土)午後2時〜 4/26(金)午後6時〜
     
    講演会:4/6(土)午後2時〜/B1階 講堂 無料、先着130名、当日10時から整理券配布
      湯沢英彦氏(明治学院大学文学部フランス文学科教授)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11537] 【兵庫】竹中大工道具館/日本の森と素木の家具[2/9(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/09(Sat) 00:07:51  

     新神戸駅前の竹中大工道具館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=26では、自然のブランド家具の展示が2/9(土)から開催されます。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「SOMA 日本の森と素木の家具」2/9(土)〜 3/17(日)
       月曜休館(祝日の場合は翌日)
       入館無料(常設展見学は要入館料)
     岐阜県美濃加茂市にアトリエを構える木工家 川合優が率いるライフスタイルブランド「SOMA」の活動を紹介する展覧会。川合は、木工家として日本古来の木の文化を体感すると共に、国内の木材利用の状況すなわち、戦後間もなく植林された木々が有効に使われず生態系が破壊されているのに、海外の安価な木材を大量に輸入している状況に目を向ける。川合はこの状況の解消や、日本古来の生活文化を現代に取り入れる方法を考え、2016年にSOMAを立ち上げた。木工家が始めた活動が家具の製造販売から、ワークショップやフィールドワーク、森を活かすための活動など、様々なコラボレーションなど、多面的な活動を展開するSOMAの全体像を俯瞰する展覧会。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11536] 【奈良】歴史に憩う橿原市博物館/この線、かけるかな? 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/07(Thu) 23:45:15  

     歴史に憩う橿原市博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=29&c=43では、高校生と企画した考古学の展示を開催中です。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆平成30年度博学連携企画展 奈良県立橿原高等学校×歴史に憩う橿原市博物館
     「この線、かけるかな?」〜3/24(日)
         月曜休館(2/11は開館、翌12日休館)
         入館料金:大人300円 小中生100円    
               2/11(月・祝)は「歴史に憩う橿原市博物館メモリアルウィーク」(建国記念の日 神武天皇即位日)のため無料
     今回はちょっとマニアックに、美しい土器の文様を描く方法を、観察と実験を通して、迫る。イベントにも参加して、楽しみながら身近な技術を知る。

    ワークショップ1「もようであそぼう」3/23(土)午前10時〜午後2時
     (展示解説は午前10時・11時・午後1時より20分程度、
      カラー拓本は午前10時・11時・午後1時より各回20名(整理券配布))
      費用:200円(入館料は別途)
      申込不要、当日、当館受付にて参加費を支払

    ワークショップ2「陶宝見聞録」参加者が土器の調書作成を行い、土器を探し出すゲーム
     (1)2/23(土)(小学3年生〜中学生対象) (2)3/2(土)(高校生以上対象)午後1時30分〜3時
     各回15名(定員超過の場合は抽選) 無料
     申込:往復はがきに参加希望者全員の住所・氏名・年齢・連絡先・参加日((1)か(2))を記入し
     館まで郵送、2/18(月)必着
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11535] 【大阪】歴史博物館/はにわ大行進 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/07(Thu) 23:44:26  

     大阪城近くの大阪歴史博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=59では、はにわの特別展を開催中です。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆特別展「はにわ大行進―長原古墳群と長原遺跡―」〜3/17(日)
        火曜休館
        午前9時30分〜午後5時(金曜は8時まで、入館は閉館の30分前まで)
        入館料金: 特別展のみ  常設展+特別展
            大人  1000円     1500円
            高大生  700円     1030円
            中学生以下、大阪市内在住の65歳以上の方(要証明)
               障がい者手帳等をお持ちの方と介護者1名は無料。
     旧石器時代から始まる大阪市平野区の長原遺跡の、200基を超す規模の長原古墳群や、多彩なモノ作りを行った集落跡を紹介し、百舌鳥・古市古墳群などの大古墳群と同時期に営まれた古墳時代の先進地・大阪を紹介。
      重要文化財 船形埴輪 古墳時代中期初頭(4世紀後葉〜末)長原高廻り2号墳出土
      重要文化財 短甲形埴輪 草摺形埴輪 古墳時代中期初頭(4世紀後葉〜末)長原高廻り2号墳出土
      大阪市指定 剣菱形杏葉 長原七ノ坪古墳(長原130号墳)
      船形埴輪 新開4号墳(滋賀県栗東市)
      船形埴輪 池田古墳(兵庫県朝来市)
      玉作関係資料 古墳時代中期(5世紀) 長原遺跡出土 など

    記念講演会「発掘45周年 長原古墳群と長原遺跡」2/23(土)午後1〜4時(受付は12時30分から)
       4階講堂にて、定員250名、当日先着順、300円(特別展の観覧券もしくは半券提示の方は無料)
    「集落から探る長原古墳群の被葬者像」大庭重信氏(大阪文化財研究所 学芸員)
    「長原古墳群と政権」高橋 工氏(大阪文化財研究所 学芸員)

    学芸員による展示解説:2/16(土)、3/2(土)午後2時〜30分程度
      松本百合子氏(学芸員)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11534] 【兵庫】酒ミュージアム/節句の人形 御大礼 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/07(Thu) 23:43:04  

     西宮の酒ミュージアム(白鹿記念酒造博物館)http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=65で開催されている雛人形展は、皇室行事を彷彿とさせるもの。これを紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆企画展 「節句の人形」特別出展:御大礼〜高御座と五節舞 美しき舞姫たち〜」〜3/10(日)
         火曜休館
         入館料金:一般400円 小中生200円
     西宮の酒造家・辰馬家に所蔵されてきた、一体が7cm前後で十五人揃いの「二寸雛人形」、江戸時代から約250年続く京都の丸平文庫所蔵の人形から、御大礼をテーマにした人形も展示。昭和の御大礼で作られた寿ぎの飾り物や人形が作られた高御座を模した飾り物、五節舞、万歳楽、太平楽など宮中の式楽に基づいた人形などを紹介。
    小さな中にも贅を尽くした姿を、ぜひ間近でご覧ください。

    担当学芸員によるミュージアムトーク:3/3(日)午後2時〜30分
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11533] 【京都】宇治市源氏物語ミュージアム/源氏香―そのデザインと広がり― 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/07(Thu) 23:42:13  

     宇治市源氏物語ミュージアムhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=120
    で開催されている企画展を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆開館20周年記念特別企画展「源氏香―そのデザインと広がり―」〜3/24(日)
        月曜休館(祝日の場合は翌日)
        入館料金:大人500円 小人250円
     江戸時代初期、香の世界で考案された「源氏香」とは、回答の組み合わせが五十二通り組香で、その図柄に『源氏物語』の巻名が付けられたもの。やがて単独の意匠として様々なものに使用されていく、源氏香のデザインと広がりを紹介。
       室町時代源氏胡蝶巻
       「偐紫田舎源氏」 三枚組
       今様源氏絵巻「忍び夜 阿古木の宇良」
       源氏棗   など  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11532] 【奈良】国立博物館/お水取り/唐招提寺戒律復興[2/8(金)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/07(Thu) 22:15:35  

     奈良公園の奈良国立博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=29&c=2で、明日から開催される恒例のお水取り特別陳列などを紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆特別陳列「お水取り」2/8(金)〜3/14(木)
         2/18(月)・25(月)休館
         午前9時30分〜午後5時(2/8(金)、9(土)は9時まで
                        それ以外の金土は8時まで
                        3/3(日)〜7(木)、10(日)11(月)13(水)14(木)は6時まで(二月堂 お松明の期間)
                        3/12(火)は7時まで(二月堂 籠松明の日) 入館は閉館の30分前まで)
         入館料金:一般520円 大学生260円
                高校生以下と18歳未満、満70歳以上の方、障害者手帳をお持ちの方(介護者1名)は無料
                中学生以下の子どもと一緒だと団体料金[子どもといっしょ割引]
                2/22(金)の夫婦観覧は半額[夫婦の日割引]
                2/24(日)は天皇陛下御即位30年を慶祝し、無料
     東大寺の二月堂でおこなわれる修二会は、仏の前で罪過を懺悔する(悔過)目的で、現在は3月1日から14日まで行われ、練行衆という僧が十一面観音の前で荒行によって懺悔し、あわせて天下安穏などを祈願する。 天平勝宝4年(752)に東大寺の実忠和尚が初めて以来、約1260年一度も絶えることない不退の行法であり、東大寺の歴史が刻まれる。本展では、実際に法会で用いられた法具や、絵画、古文書、出土品などを展示。
       重要文化財 二月堂本尊光背 頭光 銅造 奈良時代(8世紀)
       重要文化財 類秘抄 十一面 紙本墨書・墨画 鎌倉時代 承久2年(1220)
       重要文化財 十一面観音像 絹本著色 鎌倉時代(13世紀)
       二月堂縁起 上巻 紙本著色 室町時代 天文14年(1545)
       華厳経(二月堂焼経)紺紙銀字 奈良時代(8世紀)
       重要文化財 三鈷鐃(堂司鈴) 銅製 鎌倉時代 弘安8年(1285)
       朱漆塗担台 木製 朱漆塗 室町時代(15世紀)
       重要文化財 二月堂神名帳 紙本墨書 室町時代 大永8年(1528)など

    ☆特別陳列「覚盛上人770年御忌 鎌倉時代の唐招提寺と戒律復興」2/8(金)〜3/14(木)
     鎌倉時代に叡尊等とともに戒律復興運動の中心となり、唐招提寺中興の祖と仰がれる覚盛上人は、その後の寺勢興隆の礎を築き、建長元年(1249)5月19日に生涯を閉じた。上人の命日の「中興忌梵網会」では「うちわまき」が知られ、これは、上人が肌にとまった蚊を殺生せず、蚊を払うための団扇が奉納された、という伝説に基づく。 上人の事績を顕彰し、前後に活躍した貞慶、證玄といった高僧にも触れ、鎌倉時代の唐招提寺と戒律復興について紹介。
       重要文化財 法華曼荼羅 絹本著色 鎌倉時代(14世紀)
       重要文化財 大悲菩薩(覚盛)坐像 木造 彩色 室町時代 応永2年(1395)
       重要文化財 覚盛願経 梵網経 紙本墨書 鎌倉時代 寛元元年(1243)
       重要文化財 釈迦如来立像(礼堂所在) 木造 素地・截金 鎌倉時代 正嘉2年(1258)
       西方院五輪塔(證玄墓)納置 證玄骨蔵器 銅製 鎌倉時代 正応5年(1292) など

    公開講座:午後1時30分〜3時(開場1時)講堂にて、定員194名(先着順)、正午より講堂前にて整理券配布、無料
    2/16(土)「修二会(お水取り)について」 筒井寛昭 師(東大寺長老)
    2/23(土) 「覚盛上人の事跡―唐招提寺中興―」 野尻 忠氏(企画室長)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11531] 【ほっとミュージアム】2月改訂されました 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/05(Tue) 23:47:38  

     あっと言う間に新年がひと月経ちました。立春も過ぎ、寒暖を繰り返していますが、こうして春に向かうのですね。

     さて、1月末までに談話室にアップされた情報をもとに、三ッ木さんにデータ編集を、ほりうちさんにサイト作成を担当して頂き、今年最初の改訂をしています。

     まだまだひな人形や雛飾り、昔の暮らしを振り返る展示や、手仕事工芸の展示などが多く開催されています。この早春の落ち着いた時期に、ミュージアムサイトをご利用いただき、ミュージアム訪問の参考にしていただければと思います。訪問されたミュージアムや展覧会のご感想やデータにお気づきの点など、この談話室へ、今年もよろしくお願いいたします。

                本談話室の管理人 明日香 光二/馬場 英明


      [No.11530] 【奈良】県立美術館/肉筆浮世絵 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/05(Tue) 23:36:26  

     奈良県庁隣の奈良県立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=29&c=4では浮世絵の展示が開催されています。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆企画展「姿の美、衣装の美… 肉筆浮世絵」〜3/17(日)
        月曜休館(祝日の場合は翌日)
        入館料金:一般400円 高大生250円  小中生150円     
              65歳以上、
              身体障がい者手帳・療育手帳・精神障がい者保険福祉手帳をお持ちの方と介助者1名無料
     現世享受、現世皇帝の価値観を背景として江戸時代に誕生した浮世絵。先行する名所風俗図や遊楽図から、舞踊する姿だけを取り上げて屏風絵の主題にした「舞踊図」や舞姿・立ち姿などの美人画「寛文美人」が成立し、浮世絵の主題の一つとなった。また、同時代の歌舞伎役者、故事・伝説などの酔うような主題を手掛け、人生を享受する人々の姿が伝わる。肉筆画を取り上げた今回の浮世絵展で表現された美を楽しむ。
       井特「太夫道中図屏風」18-19世紀
       菱川師房「見返り美人図」17-18世紀
       懐月堂安度「立美人図」18世紀前期
       歌川国長「美人鮎釣図」19世紀前期
       「浮絵 かるた遊び」18世紀前期
       葛飾北斎「瑞亀図」18世紀後期
       二代鳥居清信「矢の根五郎」絵馬 宝暦4(1754)年 など

    美術講座2:2/17(日)午後2時〜、レクチャールームにて
    「展示作品に見る上方の美人画 舞踊図から奈良の絵師菊谷葛陂まで」稲畑ルミ子氏(学芸係長)

    学芸員によるギャラリートーク:2/9(土)2/23(土)3/9(土)午後2時〜約1時間
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明 


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 暗証キー

    - Web Forum -
    - Antispam Version -