ほっとミュージアム 談話室
[ホームへもどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 発言サイズは画像も含めて130KBまで、URLは20個までです。
  • その他[留意事項]を良くお読みの上ご利用ください
  • 新規紹介用 でワード検索すると、フォーマット発言が開きます

  •   [No.11611] 【奈良】県立万葉文化館/明日香の匠[2/23(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/23(Sat) 00:05:06  

     明日香村の奈良県立万葉文化館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=29&c=75
    で明日2/23(土)から開催される展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆第5回「明日香の匠 展」2/23(土)〜3/3(日)
         2/25(月)休館
         本展の入館無料
     【絵画】日本画:烏頭尾精、烏頭尾忠子、東紀子
         洋画:生駒三恵、勝川喜昭、勝川京子、川本恵、橘 忍
         木版画:上田孝文
         詩書画:渡会美枝子
     【工芸】陶芸:木野村由比子、鈴木乃り子、タナカシゲオ、谷口美佐子、脇田宗孝
         ガラス造形:小田珠生、高橋直樹、安田麻里
         面彫:島田清
         ギター製作:折坂諭
     【彫刻】熊田悠夢
     【写真】上田由美子、上山好庸、梅田耕吉、岡本路子、島田真希
         白水泉、森本富雄、柳敏明
     【書芸】稲垣小燕、堀内飛翠、境山正甫、鈴木葩光、中井功子
     【その他】紙画:中川愛子
          切り絵:森脇新一郎
          パッチワークキルト:島田壽子
     特別出品作家:飛鳥アートヴィレッジプログラムの経験者
       藤野裕美子
       町田藻映子
       山本紗佑里
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11610] 【鳥取】県立博物館/発掘!因幡の遺跡展[2/23(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/23(Sat) 00:00:19  

     鳥取市の鳥取県立博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=31&c=1では考古学の展示が明日2/23(土)から開催されます。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「発掘!因幡の遺跡展」2/23(土)〜3/17(日)
        月曜休館
        入館料金:一般180円 企画展チケットで入場可
             大学生以下、70歳以上の方、
             障がいのある方・難病患者の方・要介護者と介護者

    近年、鳥取県東部の発掘調査(鳥取西道路等)で出土した膨大な出土品の中から逸品を一挙公開。
      鳥取市 下坂本清合遺跡出土の漆器椀
      鳥取市 青谷横木遺跡出土の腰掛
      鳥取市 松原田中遺跡出土のさじ
      鳥取市 乙亥正屋敷廻遺跡出土の銅のやじり
      鳥取市 下坂本清合遺跡出土の古代の銅印
      鳥取市 高住井手添遺跡出土の縄文時代のカゴ
      鳥取市 松原田中遺跡出土の田下駄
      鳥取市 高住牛輪谷遺跡出土の古墳時代のかまど
      鳥取市 乙亥正屋敷廻遺跡出土の腰掛  など

    「発掘担当者が語る 因幡の遺跡の実像」2/23(土)午後1〜4時30分
      第3特別展示室集合→講堂  申し込み不要、入館料のみ

    ギャラリートーク:2/23(土)午前9時〜 3/3(日)午前10時〜 3/10(日)午後1時〜 40分

    流しびなづくり体験:3/3(日)午後2〜3時30分、第3特別展示室集合の後、2階会議室、要入館料
      鳥取県埋蔵文化財センター0857-27-6711 へ電話にて受付、平日のみ、 定員20名

    「行って見て体感!探訪 因幡の遺跡」3/17(日)午後1〜4時30分
      鳥取県埋蔵文化財センター0857-27-6711 へ電話にて受付、平日のみ、 定員25名
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11609] 【東京】世田谷美術館/田沼武能写真展 東京わが残像 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/22(Fri) 00:13:02  

     世田谷美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=204で開催中の写真展を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「田沼武能写真展 東京わが残像 1948-1964」〜4/14(日)
         月曜休館
         入館料金:一般1000円 65歳以上800円 高大生800円 小中生500円
             障害者の方は500円 小〜大生の障害者の方は無料、介助者1名は無料
             リピーター割引:会期中、本展有料チケットの半券をご提示いただくと、2回目以降は団体料金

     東京写真工業専門学校(現・東京工芸大学)を卒業後サン・ニュース・フォトス社に入り、木村伊兵衛の助手として写真家人生をスタートした田沼武能(1929〜)。『藝術新潮』の嘱託写真家として文化人の肖像写真、アメリカのタイム・ライフ社でフォト・ジャーナリズムでも活躍。また、黒柳徹子ユニセフ親善大使の援助国訪問に1984年からすべてに同行して、120カ国を超える世界中の子どもたちを撮影した。それらと共にライフワークとしてきた、下町を中心とした東京の写真。戦後の焼け野原から再生を目指し激しく変貌した都市・東京の写真作品180点を「子ども」「下町」「街の変貌」の3つの視点から紹介し、世田谷区ゆかりの文化人の肖像写真24点も展示。
     田沼武能《国際劇場の屋上で憩う踊り子》[浅草]1949年
           《紙芝居に夢中の子どもたち》[佃島] 1955年
           《ウィンドウ・ショッピング》[銀座]1953年
           《ままごと遊びからケンカへ》[浅草]1955年 
           《路地裏の縁台将棋》[佃島] 1958年 
           《三社祭りを見に来たいきな娘と現代娘とアメリカ青年》[浅草] 1955年 
           《国際劇場の屋上で憩う踊り子》[浅草] 1949年
           《日本橋の上をまたぐ首都高速道路を建設中》[中央区] 1963年 
           《オリンピック開幕で市街を走る聖火ランナー》[東京] 1964年 など

    田沼武能×大村彦次郎(編集者・文芸評論家)クロストーク:2/23(土)午後2〜3時30分、開場1時30分
      講堂にて、定員先着140名、手話通訳付き、申込不要、無料、当日午後1時よりエントランスホールにて整理券配布

    田沼武能講演会「わが写真家人生」3/16(土)午後2〜3時30分、開場1時30分
      講堂にて、定員先着140名、手話通訳付き、申込不要、無料、当日午後1時よりエントランスホールにて整理券配布
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11608] 【神奈川】川崎市市民ミュージアム/都市×モニュメント×カタストロフィ 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/22(Fri) 00:12:04  

     等々力の川崎市市民ミュージアムhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=14&c=45で開催中の展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「都市と人間」コレクション展「都市×モニュメント×カタストロフィ」前期:〜3/3(日)
                                       後期:3/5(火)〜4/14(日)

         月曜休館(祝日の場合は翌日) 3/22(金)休館
         本展は無料
     都市に生きる人々の記憶は、人災や自然災害などの大きな変化によって創り出され、モニュメント化されて、その場に記録される。本展では、当館の設立コンセプトである「都市と人間」をテーマに、《都市×モニュメント×カタストロフィ》をキーワードとして、川崎・パリ・東京の都市像に焦点を当てる。記憶が折り重なる三つの都市の姿を、市民ミュージアムの収蔵品で紹介。

    アートギャラリー1:川崎×工場×開発
     明治より工業都市として発展した川崎は、一方で昭和20年代には工場排水や大気汚染による公害問題が発生。
        《横浜精糖株式会社》コロタイプ印刷、明治時代【通期展示】
    アートギャラリー2:パリ×建築×コミューン
     パリを形作る建造物が、都市開発や1871年に発生したパリ・コミューンによって破壊され、移り変わる都市像。
        アシーユ・キネ《パリの眺望》鶏卵紙、1870年代【前期展示】
        ウジェーヌ・アジェ《オー通り レイヌアール通りとパッシー河岸の間》鶏卵紙、1901年【後期展示】
    アートギャラリー3:東京×娯楽×関東大震災
     江戸の面影を残しつつ娯楽の場として発展していく明治の東京は、大正12(1923)年に発生した関東大震災によって一変。
        《東京淺草凌雲閣真景》石版多色、明治23年(1890)【通期展示】
        《猛火ニ包囲サレタル浅草観世音之真景》石版・紙、大正12年10月15日【通期展示】 など
     
    学芸員による展示解説:2/23(土)3/23(土)4/6(土)午後1時〜30分程度 2F アートギャラリー
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11607] 【大阪】あべのハルカス美術館/驚異の超絶技巧!明治工芸から現代アートへ 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/22(Fri) 00:11:03  

     あべのハルカス美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=20
    では、明治の超絶技巧アートを展示中です。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「驚異の超絶技巧!明治工芸から現代アートへ」〜4/14(日)
         3/4(月)18(月)休館
         開館時間:午前10時〜午後8時(月土日祝は6時まで、入館は閉館30分前まで)
         入館料金:一般1300円 高校生900円 小中生500円
     19世紀後半、日本での明治には、欧米の万国博覧会で日本の工芸品が注目された。野菜や果物、自在に動く動物や昆虫、など、自然を証言した精緻な装飾や細かな細工の器やオブジェが輸出された。近年注目の高まる明治工芸と、そのDNAを受け継ぐ現代の作家たちによる超絶技巧の競演を見る。
     【自在】(可動式の金工)《飛鶴吊香炉》高瀬好山(1869〜1935)
     【七宝】《紫陽花図花瓶》並河靖之(1845〜1927)
     【陶磁】《Arcadia》稲崎栄利子2016年
     【木彫】《一刻:皿に秋刀魚》前原冬樹2014年
     【牙彫】安藤緑山《パイナップル、バナナ》(1885〜1959) など
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11606] Re: 【大阪】国立国際美:クリスチャン・ボルタンスキー 見ました 投稿者:   投稿日:2019/02/21(Thu) 22:48:48  

    こんにちは

     チラシを入手してから、これは行かなくてはと思っています。

     それで、何かの予定とバッティングしにくい日として3月9日に行く予定にしています。


      [No.11605] 【東京】宮内庁三の丸尚蔵館/御製・御歌でたどる両陛下の30年 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/21(Thu) 22:23:47  

     宮内庁三の丸尚蔵館で開催中の特別展http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=2
    を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆御即位30年・御成婚60年記念特別展「御製・御歌でたどる両陛下の30年」〜4/21(日)
       毎週月曜日・金曜日休館
    開館時間:2/28(木)まで:午前9時〜午後3時45分
       3/2(土)〜4/14(日):午前9時〜午後4時15分
            4/16(火)〜:午前9時〜午後4時45分(入館は入館15分前まで)

     天皇陛下のご即位30年を記念し、天皇皇后両陛下のご成婚60年を祝して、ご即位後の両陛下の歌会始における御製と御歌を紹介し、その情景や関連する行事等の写真を展示して、両陛下の30年の歩みを振り返る。
     両陛下の御歌には、先の大戦の犠牲者、苦難の歴史を歩んできた沖縄の人々、大震災等の自然災害による被災者、外国に暮らす日系人、それぞれの地域に暮らす様々な人々への思いが溢れ、国の平穏と国民の幸せを祈り続けてこられたお姿が凝縮し、ご夫婦の細やかなご配慮やご家族への愛情、静かな日々のお過ごしを詠まれた御歌から余韻が伝わる。
     両陛下のご著書や皇后陛下のご養蚕により修復された文化財、両陛下が相互にお取り交わしになった記念のお品も紹介。
       歌会始における御製・御歌、関連の御写真
       両陛下が互いに交わされたお品
         皇后陛下より天皇陛下へ 「布目象眼魚文書鎮」
         天皇陛下から皇后陛下へ 「糸箪笥」
       天皇陛下のご研究『日本産魚類大図鑑』昭和59年(1984)
       皇后陛下のご著書『橋をかける』平成10年(1998)
                  『バーゼルより』平成15年(2003)
       両陛下御肖像(平成30年 野田弘志作)
       皇后陛下の御養蚕に関する品
         小石丸の糸による正倉院宝物「八稜唐花文赤綾」の復元品
         小石丸の糸による「春日権現験記絵」の表紙裂の復元品  など
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11604] 【東京】ステーションギャラリー/アルヴァ・アアルト もうひとつの自然 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/21(Thu) 22:22:57  

     東京ステーションギャラリーhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=11
    で開催中の建築展を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「アルヴァ・アアルト もうひとつの自然」〜4/14(日)
        月曜休館(4/8は開館)
        開館時間:午前10時〜午後6時(金曜日は8時まで開館、入館は閉館の30分前まで)
        入館料金:一般1200円 高大生1000円 中学生以下無料
               障がい者手帳等持参の方は100円引き(介添者1名は無料)

     個人邸宅から公共建築までを設計したフィンランドを代表する建築家アルヴァ・アアルト[1898-1976]は、建築にあわせて、家具をはじめ壁面タイルやドアノブまでをデザインするなどディテールへのこだわりも徹底していた。アームチェアやスツール、照明器具、流線形のガラス器などプロダクトデザインも、フィンランドデザインのシンボルである。フィンランドの自然に見出した有機的なフォルムを設計やデザインに、「もうひとつの自然」をみる。 
     オリジナルドローイング、模型、家具・照明・ガラス製品などのプロダクト
        アームチェア 41 パイミオ
     壁面タイル・ドアノブ・家具などの部材サンプル/アアルトのマテリアル・スタディ(レリーフ)
     冊子・写真・映像等の資料
     ドイツの写真家アルミン・リンケによる撮り下ろし写真
        ヴィープリ(ヴィーボルク)の図書館/ルイ・カレ邸/パイミオのサナトリウム/フィンランディア・ホール
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11603] 【広島】奥田元宋・小由女美術館/吉村芳生 超絶技巧を超えて[2/22(金)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/21(Thu) 21:32:00  

     三次市の奥田元宋・小由女美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=34&c=57で明日2/22(土)から開催される展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「吉村芳生 超絶技巧を超えて」2/22(金)〜4/7(日)
         3/13(水)のみ休館
          開館時間:午前9時30分〜午後5時(3/21(木・祝)は9時まで、入場は閉館時間の30分前まで)
          入館料金:一般1000円 高大生500円 中学生以下無料
                 ペアチケット〔一般男女のペアのみ〕 1800円(2名分)
                 身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者健康福祉手帳をお持ちの方は無料

     鉛筆を使ってひと文字ずつ描き写された新聞の一面や、一年間の自らの顔を描いた365枚の自画像など、「超絶技巧」を超えた独自の作品を描き出した吉村芳生の画業を紹介。1950年、山口県防府市生まれ、1976年に上京、版画を学び公募展、国際展などに出品。1985年からは現在の山口市徳地に居を移し2007年に開催された「六本木クロッシング2007:未来への脈動」(森美術館)への出品で全国的に脚光を集めたが、2013年に病により早逝。本展では、初期のモノクロームによる「ドローイング写真」のシリーズや、代表的なシリーズとなる「新聞と自画像」の一連の作品、色鉛筆によって克明に描きこまれたコスモス畑やフジの花など、代表作を含むおよそ60件の作品を一に紹介。
        《無数の輝く生命に捧ぐ》2011−2013年 色鉛筆、紙
        《SCENE 85-8》1985年 鉛筆、紙
        《新聞と自画像 2008.6.15 中国新聞》2008年 鉛筆、色鉛筆、水性ペン、炭、水彩
        《コスモス》2004年 色鉛筆、紙
      
    特別ギャラリートーク :3/17(日)午後2時から30〜1時間程度
     吉村大星 氏(画家/吉村芳生 長男)事前申し込み不要

    当館学芸員によるギャラリートーク:2/24(日)3/1(金)3/31(日)午後1時〜 事前申し込み不要

    関連講演会:3/24(日)午後1時〜1時間程度
    「1970〜80年代、広島の現代美術を通して」金田晋 氏(美学者/広島大学名誉教授)
      ロビーにて、定員50名(参加希望申し込み制)
       
    茶室「待月庵」呈茶:会期中の土日祝を中心に(有料)

    満月ロビーコンサート:3/21(木祝)ロビーにて午後2時〜/7時〜 無料
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11602] 【東京】国立近代美術館工芸館/The 備前[2/22(金)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/21(Thu) 21:30:21  

     竹橋の東京国立近代美術館工芸館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=15で明日2/22(金)から開催される展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「The 備前―土と炎から生まれる造形美―」2/22(金)〜5/6(月・振)
         月曜休館(3/25、4/1、4/29、5/6は開館)
         入館料金:一般900円 大学生500円 高校生300円
             中学生以下、障害者手帳をお持ちの方と付添者1名は無料(要手帳など証明)。
             2/24(日)は天皇陛下御在位30年を記念して入館無料

     釉薬を施さず土と炎の造形から生まれるシンプルで原始的なやきもの・備前焼は、「窯変」「緋襷」「牡丹餅」「胡麻」「桟切」など、薪窯による焼成で生まれた景色は他のやきものにはない特徴。本展では桃山時代に茶人・数寄者によって見立てられた古備前の名品、それに魅せられ作陶に取り組んできた近代の作家、現代の備前を確立しようとする若手の作品まで、重要無形文化財保持者の作品も交えて、幅広く紹介。
     I章:源流としての備前焼−茶の湯のうつわを中心に−   
        《三角花入》桃山時代
        《矢筈口耳付水指》桃山時代 
        《徳利 銘 トシワスレ》桃山時代

     II章:近代の陶芸家と備前焼−写しと創作−
       金重陶陽《耳付水指》1958年 
       金重素山《緋襷重餅水指》1993年頃
       山本陶秀《窯変耳付花入》1987年 

     III章:現代の備前焼−表現と可能性−
       伊勢崎淳《風雪》2015年 
       隠崎覦譟垪ワ族峇錙ユ2016年 
       島村光《ネズミノカップル》1983年  など

    デモンストレーション:4/14(日)隠崎覦貉瓠塀佗丙邁函ヒ
    アーティストトーク:3/31(日)金重晃介氏(出品作家)
               4/28(日)伊勢崎晃一朗氏(出品作家)
    ギャラリートーク:3/3(日)・3/17(日)唐澤昌宏氏(工芸課長)
       各イベントは午後2時から、申込不要・入館券のみ

    タッチ&トーク :工芸館ガイドスタッフによる鑑賞プログラム
     会期中の毎週水・土曜日 午後2〜3時 工芸館2階にて
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 暗証キー

    - Web Forum -
    - Antispam Version -