ほっとミュージアム 談話室
[ホームへもどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 発言サイズは画像も含めて130KBまで、URLは20個までです。
  • その他[留意事項]を良くお読みの上ご利用ください
  • 新規紹介用 でワード検索すると、フォーマット発言が開きます

  •   [No.12526] 【東京】サントリー美術館/日本美術の裏の裏 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/09/30(Wed) 22:27:03  

     六本木のサントリー美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=50で開催中の日本美術の展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆リニューアル・オープン記念展II「日本美術の裏の裏」〜11/29(日)
       火曜休館(ただし11/3、24は午後6時まで開館)
       午前10時〜午後6時(金土は8時まで、入館は閉館の30分前まで
       入館料金:一般1500円 高大生1000円
            あとろ割:国立新美術館、森美術館の企画展チケット提示で100円割引

     生活の中の美の“愉しみ方”に焦点をあて、収蔵品の中から、日本ならではの美意識に根ざした作品を紹介。古の人々の愉しみ方を追体験することは、現代人に知られざる鑑賞かもしれない。目に見えていない裏に、魅力を見る。

    第1章:空間をつくる
      楓瀑布図 円山応挙 一幅 江戸時代 天明7年(1787)
      重要文化財 四季花鳥図屛風 伝 土佐広周 【展示期間:〜10/26】
    第2章: 小をめでる
      雛道具 七澤屋 一式 江戸時代 19世紀 
      七種盃 仁阿弥道八 七口 江戸時代 天保9年(1838) 
    第3章: 心でえがく
      かるかや 室町時代 16世紀
      おようのあま絵巻 室町時代 16世紀 (場面替あり)
    第4章: 景色をさがす
      旅枕花入 信楽 一口 室町時代 16世紀
      壺 銘 野分 信楽 一口 室町時代 15世紀 
    第5章: 和歌でわかる
      色絵桜楓文透鉢 仁阿弥道八 一口 江戸時代 19世紀
      白綸子地橘亀甲文字模様小袖 一領 江戸時代 18世紀 【展示期間:〜10/26】
    第6章: 風景にはいる
      青緑山水画帖 池大雅 江戸時代 宝暦13年(1763)
      東海道五十三次(隷書版)歌川広重 江戸時代 弘化4年〜嘉永5年(1847〜1852)【展示期間:〜10/26】
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12525] 【奈良】国立博物館/正倉院展[10/24(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/09/30(Wed) 22:24:20  

     秋恒例の奈良国立博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=29&c=2
    での正倉院展、果たして今年は開催されるのだろうか、と気を揉んでいましたが、開催が発表されていますので紹介しておきます。さすがに、毎年行列の展覧会、今年は完全日時指定制になりました。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆第72回「正倉院展」10/24(土)〜11/9(月)
        会期中無休
        開館時間:午前9時〜午後6時(金土日祝は8時まで、入館は閉館の60分前まで)
        「前売日時指定券」の予約・発券(9/26(土)午前10時から)が必要、当日券の販売はなし
             通常券(一般) 2,000円
             通常券(中・高・大) 1,500円
             割引券(一般) 1,900円
             割引券(中・高・大) 1,400円
             キャンパスメンバーズ券 教職員 1,900円
             キャンパスメンバーズ券 学生 400円
             無料観覧券 障害者1名 無料
             無料観覧券 障害者1名+介護者1名
             無料観覧券 小学生他
              ※無料観覧券の予約・発券が必要
             割引発券には、当日に学生証・証明書などの提示が必要
             前売日時指定券では、名品展(なら仏像館・青銅器館)を観覧不可(割引あり)
         前売日時指定券は、ローソンチケット、チケットぴあ
            ※読売新聞オンラインチケットストアで抽選販売
         セキュリティ対策強化及び混雑緩和のため、45cm×35cm×20cmよりも大きな荷物は持ち込みを制限

     聖武天皇の遺愛品を中心に約9,000件の宝物が現在まで伝えられる東大寺の倉庫・正倉院。
     今年は、楽器、伎楽面、遊戯具、調度品、佩飾品、染織品、文書・経巻などが出陳され、とりわけ、犀や獅子を螺鈿で表した平螺鈿背円鏡、曲芸をする人々などを緻密に描いた墨絵弾弓、花文様を全面に表した花氈など、美術品も数多く展示。武器・武具として大刀、胡禄と弓箭、鉾のほか、馬具も出陳。薬物は光明皇后が病人のために東大寺に献納したものを中心に。薬物は奈良時代における疫病との闘いを伝える品としても注目。
     御甲残欠 (よろいの残欠)
     五色龍歯 (くすり) 
     花氈 (フェルトの敷物) 
     粉地彩絵箱 (献物を入れた箱)
     紫皮裁文珠玉飾刺繍羅帯残欠(珠や刺繍で飾った帯)
     烏犀把漆鞘樺纒黄金珠玉荘刀子(珠玉かざりの小刀) 
     平螺鈿背円鏡(螺鈿かざりの鏡)
     墨絵弾弓(曲芸や楽人が描かれた遊戯用の弓) 
     桑木木画碁局 (囲碁の盤)
     紫檀槽琵琶 (絃楽器)
     孔雀文刺繍幡 (刺繍でかざった幡) 
     続修正倉院古文書後集 第十七巻 更可請章疏等目録 (書物の借用リスト)
     馬鞍(騎馬用の座具) など

    公開講座:要事前申込。館サイトの申込み画面より:10/5(月)〜各講座開催前日まで。当日参加不可
          講堂にて、午後1時30分〜3時(午後1時開場)
    10/31(土)「正倉院の石薬とその素材」鶴 真美氏(宮内庁正倉院事務所保存課保存科学室員)
    11/7(土)「武器・武具の献納と薬物の献納について」内藤 栄氏(学芸部長)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12524] 【長野】県立美術館 2021年4月10日開館予定 投稿者:Quita/北村尚巳  投稿日:2020/09/28(Mon) 22:01:38  

    こんんちは

    信濃毎日新聞のサイトからです。
    https://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20200924/KT200924ASI000001000.php

    建て替え中の長野県信濃美術館は来年2021年4月10日に開館が予定されているようです。

    名前は賛成が多かった「長野県立美術館」とする条例改正案が提出されました。

    引っ越したため以前より遠くなりましたが、長野までは1本で行けるため、開館したら行ってみたいと思います。


      [No.12523] 【京都】泉屋博古館/瑞獣伝来−空想動物でめぐる東アジア三千年の旅 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/09/22(Tue) 22:40:09  

     京都東山・鹿ヶ谷の泉屋博古館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=36で開催中の展示を紹介します。便宜上、日本画に分類しておきます。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆開館60周年記念特別展「瑞獣伝来−空想動物でめぐる東アジア三千年の旅」 
      併催 青銅器館「中国青銅器の時代」〜10/18(日)
         月曜と9/23(水)休館入館料
         入館料金:一般800円 高大生600円 中学生以下無料
              障害者手帳呈示の方は無料
     古来より、東アジアで吉祥をもたらす動物たち「瑞獣」をモチーフとする美術工芸に用いられた。約三千年前の古代中国の青銅器紋様にさかのぼる瑞獣、龍・鳳凰・虎を取りあげ、その謎と変遷の歴史を、古代中国から近代日本までに描かれた美術作品とともに紹介。
      国宝 線刻仏諸尊鏡像 平安時代(12世紀)
     《桐鳳凰図屏風》 狩野探幽  江戸時代(17世紀)
      重要文化財《雲龍図》 海北友松 桃山時代(16世紀)建仁寺
      重要美術品《虎図》 伝牧谿 元時代(14世紀)(展示期間:9/12〜9/25)
      重要文化財《鳳凰石竹図》 林良 明時代(15世紀)相国寺
      重要文化財《呂洞賓図》 雪村周継 室町時代(16世紀)(展示期間:10/1〜10/18)
      虎ゆう; 商時代(前11世紀)
    《百鳥図》 伝辺文進 明時代(15世紀)鹿苑寺   など
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

     9/22(火)の午後に訪れています。連休の最後、前3日で行楽も出来なかったので、どこか静かなところで、とたずねました。京都・東山も、ここまでくると混雑はなく、私のお気に入り館の一つです。
     本展は、タイトル勝ち、ですね。有数のコレクションである青銅器館を持つ当館の得意分野、そのコレクションを活かして、他館の名品を加えて構成された展示。でも、孫悟空とかシルクロードなどを連想してわくわくするタイトルです。
     日本古代史に親しむ私には、「瑞獣」というと「玄武・朱雀・青龍・白虎」の「四神」を真っ先に思い浮かべます。それぞれに聖なる起源、変遷をもつようですね。
     本展は「虎」に始まり、「虎」は実在の動物でありながら、造形では人間のような歯を持つと考えられ、聖性と危険を併せ持つ霊獣だとのこと。日本でも中国でも、霊獣としての姿の方がかわいいです。日本近代には橋本雅邦の描いた水墨が、まるでエッチングのような鋭さを持ち、異色な感じでした。
     「龍」は複数の動物を合わせて出来たキマイラのようなもの。それが聖化されて、5本指のものが皇帝を表すとされるようになったのは元代のこととか。皇帝を表すのは意外に新しいと感じました。
     「鳳凰」は、彩色では緑が目立つ五色の鳥だが、太陽をシンボルにするとか。とすると、南のシンボルである真っ赤な「朱雀」を起源とすると考えて良さそうです。
     今まで親しんでいたものに、じっくりつきあった展覧会でした。

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12522] 【京都】美術館「えき」KYOTO:キスリング展 行きました 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/09/22(Tue) 22:38:10  

     美術館「えき」KYOTOで開催中の「キスリング展  エコール・ド・パリの巨匠」に、9/13(日)に出かけました。
     西洋絵画に飢えている昨今、関西では貴重な展覧会でした。販売されている図録を見れば、昨年に巡回した会場しかかいてなく、日本国内で巡回が延長した展覧会なのかな、と感じています。日本国内の美術館所蔵品より、フランスの美術館所蔵品の方が多く、ひょっとして、コロナ禍で帰国されづらくなった?などということがあるでしょうか。
     幾何学的とも言える整った形、そして独特の透明感ある目をした人物像、まるでフランス人形みたい、と感じます。裸婦像もなめらかな陶器を思わせる造形芸術です。キュビズムの影響を受けながら、そこから距離を置いた芸術、という表現はわかる気がします。
     「マルセイユ」や「トゥーロンの港」など、数少ない風景画も、印象派やフランドル絵画などにはない、具象ではありながら、異世界を感じるものでした。こちらは10月25日までです。

                   明日香 光二/馬場 英明


      [No.12521] 【石川】国立工芸館 10/25開館 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/09/22(Tue) 21:18:17  

     開館といえば、東京国立近代美術館工芸館が金沢に移転するとのことで休館中となっていますが、
    こちらでの開館日が決まりましたので、紹介しておきます。
    ==================================================================
    施 設 名:国立工芸館
    ふりがな:こくりつこうげいかん
    英文表記:National Crafts Museum  
    分野 :美術 
    郵便番号:920-0963
    都道府県:石川県
    市区町村:金沢市  
    所在地:出羽町3-2
    電話番号:050-5541-8600(ハローダイヤル) 
    FAX:  
    URL:https://www.momat.go.jp/cg/
    公共交通:JR金沢駅東口(兼六園口)からバス

          3番乗り場:18系統「広坂・21世紀美術館(石浦神社前)」下車徒歩7分
          7番乗り場:全系統「広坂・21世紀美術館(しいのき迎賓館前)」下車徒歩9分
             ただし91系統のみ「広坂・21世紀美術館(石浦神社向い)」下車徒歩7分
          6番乗り場:全系統「出羽町」下車徒歩7分
         【城下まち金沢周遊バス】
          6番乗り場:右回り「広坂・21世紀美術館(石浦神社前)」下車徒歩7分
               左周り「広坂・21世紀美術館(石浦神社向い)」下車徒歩7分
         【まちバス】※土日祝のみ運行
          5番乗り場:「金沢21世紀美術館・兼六園(真弓坂口)」下車徒歩約7分
    道路案内:北陸自動車道金沢西ICまたは森本ICから20〜30分
          駐車場は文化施設共用駐車場(約250台)(無料)
                  第3駐車場(歴史博物館) 70台 徒歩1分
                  第2駐車場(県立美術館前) 60台 徒歩約3分
                第1駐車場(能楽堂前) 128台 徒歩約4分  
    開館時間:午前9時30分〜午後5時30分(入館は5時まで)
    休 館 日:月曜日(祝日は開館、翌日休館)、展示替期間、年末年始
    入館料金(常設時):一般 高大生 小中生
    展示内容:
    観覧時間:
    その他(販売・友の会など):
    報 告 者:明日香 光二/馬場 英明
    ==================================================================
    ☆国立工芸館石川移転開館記念展I「工の芸術― 素材・わざ・風土」10/25(日)〜令和3年1/11(月・祝)
         月曜休館(祝日は開館、翌日休館)年末年始(12/28〜1/1)
         入館料金:一般500円 大学生300円
              高校生以下および18歳未満、障害者手帳をお持ちの方と付添者1名は無料
              <日時指定・定員制>
     東京国立近代美術館工芸館が通称・国立工芸館として2020年10月25日、石川県金沢市に移転開館し、移転開館の第1弾は「素材・わざ・風土」に着目し、近代日本工芸の名作約130点を展示。
     古くから花鳥風月など四季折々の自然の姿を意匠に取り入れてきた日本の工芸品は、それぞれの土地で生まれた自然素材に人が手を加え、多様性をもって発展してきた。近代化のなかで工芸家たちがどのように「素材―自然」と向き合ってきたか、また時代と共に「自然のイメージ」をどのように捉え直してきたか、土地と「もの」の関係を探り、日本の「風土」を紹介。
      飯塚琅かん齋《花籃 あんこう》1957   など

                        明日香 光二/馬場 英明
    >


      [No.12520] 【福島】東日本大震災・原子力災害伝承館 開館 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/09/22(Tue) 21:10:47  

     東日本大震災、そして関連の原発事故に関して最も甚大な被害を受けた双葉町に、9月20日に、公立で初めて展示館が開館したとの報道がありましたので、紹介しておきます。アクセスが未整備のようで、ほうぼうネットを検索しても、公共交通機関での行き方がわかりません。もっとも、そういうところが、復興への道のりの遠さを感じるのですが。当町、そして福島の復興の充実を願って、まずは紹介しました。
    ==================================================================
    施 設 名:東日本大震災・原子力災害伝承館
    ふりがな:ひがしにほんだいしんさいげんしりょくさいがいでんしょうかん
    英文表記:  
    分野 :科学・産業 
    郵便番号:979-1401
    都道府県:福島県
    市区町村:双葉郡双葉町  
    所在地:大字中野字高田39
    電話番号:0240-23-4402  
    FAX:  
    URL:https://www.fipo.or.jp/lore
    公共交通:「双葉町産業交流センター」(略称:F-BICC)を含めた循環バスを運行(10月1日より)
         双葉駅前にはカーシェアリング(事前登録、予約要)のステーション(2台)あり
    道路案内:駐車場は一般車110台、大型バス10台
    開館時間:午前9時〜午後5時(入館は4時30分まで)
    休 館 日:月曜日(祝日は開館、翌日休館)
    入館料金(常設時):一般 高大生 小中生
    展示内容:世界初の甚大な複合災害の記録や教訓とそこから着実に復興する過程を収集・保存・研究し、風化させず後世に継承・発信し世界と共有する。震災前の地域の生活、地震・津波そして原子力発電所事故の発生から住民避難、復興や廃炉に向けた取組について、床面を含めた7面スクリーンの映像「プロローグ」、「災害の始まり」「原子力発電所事故直後の対応」「県民の想い」「長期化する原子力災害の影響」「復興への挑戦」について、映像・資料・証言・思い出の品などで振り返る。
    観覧時間:
    その他(販売・友の会など):E-mail:archive@fipo.or.jp
    報 告 者:明日香 光二/馬場 英明
    ==================================================================
                          参考:館のホームページ

                        明日香 光二/馬場 英明


      [No.12519] 【全国】鉄道関係企画展 20年09月以降 その2 投稿者:かずや  投稿日:2020/09/22(Tue) 20:16:25  

    おじゃまします。下記、追加致します。

               かずや:渡辺 和也

    注:臨時休館となる場合があります。また予定が変更される場合もあります。
      開館状況などは必ずお確かめください。
    --------------------------------------------------------------------------
    【福井】
    ・福井県立歴史博物館
    https://www.pref.fukui.lg.jp/muse/Cul-Hist/kikaku/index.html

     写真展 日本遺産認定記念「旧北陸線いまむかし〜鉄道遺産をたずねて〜」
     10月24日(土)〜12月27日(日)

    【徳島】
    ・阿波海南文化村 海陽町立博物館
    https://www.town.kaiyo.lg.jp/bunkamura/categories/kubun/event/hakubutsukan/

     企画展「あさてつ展」
     9月11日(金)〜10月18日(日)

    以上です。


      [No.12518] 【大阪】あべのハルカス美術館/奇才―江戸絵画の冒険者たち― 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/09/12(Sat) 22:36:18  

     あべのハルカス美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=19で始まった展示を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「奇才―江戸絵画の冒険者たち―」〜11/8(日)
       9/28(月)10/12(月)26(月)休館
       開館時間:午前10時〜午後8時(月土日祝は6時まで、入館は閉館30分前まで)
       入館料金:一般1400円 高大生1000円 小中生500円
            障がい者手帳所持者と付き添い者1名は半額

     江戸絵画史上、各流派から「異端」とされ、既成の殻を打ち破り自由で斬新な発想の絵師たちを見直す動きが活発である。既成の枠を打ち破った絵師を「奇想」とするなら装飾性を絵画の世界に持ち込んだ俵屋宗達・尾形光琳や写生の新しい方向を試みた円山応挙など、従来の通史で取り上げられた絵師たちも含めるべきと考え、有名・無名の絵師たちを見直し、斬新な表現に挑んだ「奇才」の絵師たちを一堂に集める。

     葛飾北斎《上町祭屋台天井絵 男浪》小布施町上町自治会蔵
     葛飾北斎《東町祭屋台天井絵 龍図》小布施町東町自治会蔵

     [展示期間]イコトイ(左):9/12〜10/11
     蠣崎波響《御味方蝦夷之図 イコトイ》函館市中央図書館蔵

     [展示期間]10/13〜11/8
     蠣崎波響《御味方蝦夷之図 ションコ》函館市中央図書館蔵
     重要文化財 長沢蘆雪 《龍図襖》無量寺・串本応挙芦雪館蔵 
     重要文化財 狩野山雪《寒山拾得図》真正極楽寺 真如堂蔵
     重要文化財 長沢蘆雪 《虎図襖》無量寺・串本応挙芦雪館蔵 など

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12517] 【京都】美術館「えき」KYOTO/キスリング展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/09/12(Sat) 22:34:54  

     美術館「えき」KYOTOで開催がはじまった展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「キスリング展  エコール・ド・パリの巨匠」〜10/25(日)
        会期中無休
        開館時間:午前10時〜午後7時30分(最終日は午後5時閉館、入館は閉館30分前まで)
         事前予約不要だが、混雑状況により入館をお待ちいただく場合あり
        入館料金:一般1000円 高大生800円 小中生600円
             「障害者手帳」提示者と同伴者1名は200円割引

     ポーランドから芸術の都パリへ出た19歳のキスリング(1891-1953)は、キュビスムやフォーヴィスムなどの新しい絵画運動に触れ、モンマルトルやモンパルナスの地でピカソ、モディリアーニ、藤田嗣治ら多くの芸術家と交友を深め、エコール・ド・パリの仲間となる。初期作品には彼らの影響を受けたキュビスム的な作風が見られるが、前衛表現よりも人物表現にレアリスムに裏打ちされた個性的な作風を築く。1920〜30年代のパリで「モンパルナスのプリンス」と呼ばれた肖像、花、静物などの様々な主題の作品を、海外の美術館をはじめ国内の美術館や個人コレクションから紹介。
      《ベル=カズー(コレット・ド・ジュヴネル)》1933
      《マルセイユ》1940
      《肖像画》1946
      《ミモザの花束》1946
      《果物のある静物》1914
      《赤い長椅子の裸婦》1937 など
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 暗証キー

    - Web Forum -
    - Antispam Version -