ほっとミュージアム 談話室
[ホームへもどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 発言サイズは画像も含めて130KBまで、URLは20個までです。
  • その他[留意事項]を良くお読みの上ご利用ください
  • 新規紹介用 でワード検索すると、フォーマット発言が開きます

  •   [No.12288] 【大阪】絹谷幸二 天空美術館/超!多次元空間への挑戦 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/02/11(Tue) 22:20:09  

     新梅田シティ・梅田スカイビルの絹谷幸二 天空美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=42で開催中の展示を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆開館3周年記念展「超!多次元空間への挑戦〜平面に、立体に、そして3D映像に〜」〜6/29(月)
        火曜休館(祝日の場合は翌日)
        入館料金:一般1000円 中高大生600円 小学生以下無料
             障がい者と介助者1名は手帳提示で半額
                .
     オリンピック・イヤーを記念し、表現の可能性に果敢に挑戦する絹谷ワールドを、平面、立体、3D映像で森羅万象が千変万化する豊饒なるイメージ世界を体感。
     大作、権力抗争によって繰り返される戦火に、憤怒の明王と静観の如来の動静の姿が炎の中に浮かび上がる、オマージュ「平治物語絵巻(喝)(空)」を初出品。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12287] 【大阪】阪急うめだギャラリー/藤井フミヤ展 多様な想像新世界[2/16(日)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/02/11(Tue) 20:34:06  

     阪急うめだギャラリーhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=40で今週末2/16(日)から開催される展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「デジタルとアナログで独自の世界を創造する 藤井フミヤ展 多様な想像新世界」2/16(日)〜2/24(月・振)
        午前10時〜午後8時(金・土は9時まで、最終日は6時まで、入館は閉館30分前まで)
        入館料金:一般・大学生800円 高校生以下無料

     ミュージシャンの藤井フミヤが、1993年にCGアーティストとして衝撃的なデビューを果たし、2003年に「FUMIYART」展を開催して大反響を博して画家活動を休止したのち、16年間の沈黙を破り東京で開催した展覧会にさらなる新作を加え約100点の作品を展示。
     本展ではまず、1993年に全国9か所を巡回した初のコンピューターグラフィックス展「FUMIYART − Take a break」で発表したCGアート、2003年に発表した線画、カッターを駆使した職人技ともみえる「ハリエ」や「キリエ」等を出品、さらに今回は絵筆やペンを駆使したアナログ作品を初公開。硬質なボールペンを用いた線を無数に集積させるペン画、クリムトの絵画に触発された装飾的な空間の中に精緻なタッチの女性像を描いた油彩画など。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12286] 【奈良】歴史に憩う橿原市博物館/なみちゃんの古墳探検〜小谷古墳編〜[2/15(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/02/11(Tue) 20:32:33  

     歴史に憩う橿原市博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=29&c=43で今週末2/15(土)から開催される展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆令和元年度博学連携企画展「なみちゃんの古墳探検〜小谷古墳編〜」2/15(土)〜3/29(日)
        月曜休館(2/24は開館、翌25日休館)
        入館料金:大人300円 高大生200円 小中生100円
            橿原市内在住または市内学校に通学する小中学生は毎週土曜日無料
            3/28・29(土日)は「歴史に憩う橿原市博物館メモリアルウィーク」のため無料

     今回で4回目の奈良県立橿原高等学校と歴史に憩う橿原市博物館の共同企画展は、学校の近くにある小谷古墳。石室の中でのなみちゃんの「発見」を紹介する石室内の映像などを通して、なみちゃんの驚きと楽しみを追体験し、古墳に潜む様々な見どころを発見し、そこに隠された古墳の秘密を明らかにする。

    ワークショップ:土器の観察と対話
    「脳が楽しい!モノの見方が変わる!『陶宝見聞録』」2/24(月・祝)午前10時30分〜正午
      無料、一般対象(小学5年生以上が望ましい)
      定員20名(定員超過の場合は抽選)
     申込方法:往復はがきに参加希望者全員の住所・氏名・連絡先、『陶宝見聞録参加希望』を記入し、
        歴史に憩う橿原市博物館(〒634-0826橿原市川西町858-1)2/17(月)必着。

    ウォークイベント「高校生が案内する小谷古墳」
    奈良県立橿原高等学校の考古学研究部部員による
     3/28(土)午後1〜4時(予定)無料
     一般(健脚の方)対象、当日、12時55分までに2階特別展示室前に集合
     (前日に橿原市域に降雨があった場合及び、当日、橿原市域の降水確率が40%以上の場合は、展示解説のみ)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12285] 【東京】永青文庫/古代中国・オリエントの美術[2/15(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/02/11(Tue) 20:31:48  

     目白の永青文庫http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=119で、今週末2/15(土)から開催される展示を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆早春展 財団設立70周年記念「古代中国・オリエントの美術
            ―国宝“細川ミラー”期間限定公開―」2/15(土)〜4/15(水)
       月曜休館(但し2/24は開館し、2/25は休館)
       入館料金:一般800円 70歳以上600円 高大生400円
            中学生以下、障害者手帳提示者と介助者1名は無料

     永青文庫の設立者・細川護立(もりたつ)(細川家16代・1883〜1970)がヨーロッパを巡って購入した中国の金属器や陶磁器そしてオリエント美術、イスラーム陶器やタイルの優品。梅原末治(1893〜1983)ら専門家の協力を得ながらコレクションを進められ、梅原龍三郎(1888〜1986)ら近代の画家たちにも画題を提供した。
     本展では、“細川ミラー”の名で広く知られる「金銀錯狩猟文鏡」(国宝)をはじめとする古代中国の美術、これまでほとんど公開される機会のなかったオリエント美術、中国を題材にした近代洋画など、中国・オリエントをテーマに多彩な作品を展覧。
      国宝「金銀錯狩猟文鏡」中国 戦国時代 前4〜前3世紀【2/15(土)〜3/15(日)公開】
      国宝「金彩鳥獣雲文銅盤」中国 前漢〜新時代 前3〜後1世紀【3/17(火)〜4/15(水)公開】
      「木製シャブティ」エジプト 新王国時代第18王朝 前15〜前14世紀頃
      「ゴールドバンドガラス碗」東地中海沿岸域 前2〜前1世紀
      「白釉色絵人物文鉢」イラン 12〜13世紀
      「人物画タイル」イラン 17世紀
      安井曾太郎「承徳の喇嘛廟」昭和12年(1937)
      「刷毛目茶碗 銘 残雪」朝鮮 15〜16世紀
      「柿の蔕茶碗」朝鮮 16世紀  など

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12284] 【東京】目黒区美術館/越境者たち−BEYOND THE BORDERS[2/15(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/02/11(Tue) 20:29:52  

     目黒区美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=189
    で今週末2/15(土)から開催される展示を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆目黒区美術館コレクション展「越境者たち−BEYOND THE BORDERS」
     同時開催「山下新太郎のファミリーポートレート」2/15(土)〜3/22(日)
        月曜休館(祝日の場合は翌日)
        入館料金:一般700円 高大生・65歳以上550円 小中生以下 無料
             障がい者手帳をお持ちの方とその付添の方1名は無料。

     さまざまな視点で近現代美術を切り取るコレクション展として、「越境者たち−BEYOND THE BORDERS(ビヨンド・ザ・ボーダーズ)」と題し、絵画の分野や材質技法の様々な境界を越えて新たな芸術表現を目指した画家たちの作品を紹介。
    第1章「諏訪直樹 vs 川村清雄」
     額縁を超越して無限に展開する空間表現を目指した諏訪直樹(1954-1990年)と、明治初期より西洋渡来の新技法である 油彩に挑み、日本の近代絵画の新たな地平を拓いた川村清雄(1852-1934年)の二人の作品を対峙。
      諏訪直樹《無限連鎖する絵画 Part2 No.23~25》1989(平成元)年 
      川村清雄《高砂》 大正期〜昭和初期 

    第2章「パンリアルの挑戦」
     戦後に、抽象などの先鋭的な表現を、日本画の技法により実現する「膠彩(こうさい)表現」で日本画を革新した「パンリアル美術協会」の画家たちを紹介。
      下村良之介《鳥たちの壁A》1964(昭和39)年 紙粘土、顔料、紙・合板
      星野眞呉《喪中の作品(碧)》 1965(昭和40)年 岩絵具、箔・和紙 
      三上誠《作品》1964(昭和39)年頃 木・顔料 

    同時開催  山下新太郎のファミリーポートレート
     戦前にフランスに留学した山下新太郎(1881-1966年)の作品から、山下が親しい人々に向けた眼差しを追う。
      山下新太郎 ≪山下みね像≫ 1926(大正15)年 
      山下新太郎≪峯子像≫  1942(昭和17)年  

    大人のための美術カフェ「越境し、連鎖する絵画たち」3/14(土)午後2〜3時
    1階ワークショップ室にて、ナビゲーター:本展担当学芸員
    事前申込不要・当日先着50名(要入館券)

    舞踏パフォーマンス「肉体と平面」
    展示室の諏訪直樹と川村清雄の作品の前で、工藤丈輝氏により、作品の世界観を表現した舞踏のパフォーマンス
    3/20(金・祝)午後2時〜30分、2階展示室Aにて、当日先着順 
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12283] Re: 【長野】3館について 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/02/05(Wed) 23:20:51  

    Quitaさん、こんにちは


    >  松本市の日本浮世絵博物館は4月に東京・浅草に分館をオープンさせることになりました。
    へぇ、東京に分館って珍しいですね。しかし、同館のサイトを見ると、収蔵品はとても多いようですので、公開の機会が多い方が良いですよね。それも多くの人に見てもらうのは都心が良いのでしょう。「ここへ行こう」と思える、地方で光るミュージアムも良いものですが。

    >  建て替え中の長野県信濃美術館は「県立美術館」に名称変更するかが検討されています。
     うーん、自治体立の館は、「県立美術館」か「県立近代美術館」がほとんどですよね。没個性で、なにか「器」だけの感じがするので、オリジナリティがあった方が良いと思うのですが。また、県庁所在地の都市名と県名が同じ場合は、博物館や美術館の名前が「市立」と「県立」が違うだけで、わかりにくい場合もあります。
     国立国際美術館の隣に建設中の、大阪市立の新美術館が、なんという名前になるのかも興味深いところです。

                    明日香 光二/馬場 英明


      [No.12282] Re: 【長野】松本市美術館/ラウル・デュフィ 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/02/05(Wed) 23:12:25  

    Quitaさん、こんにちは

    >  2月2日に松本市美術館の「ラウル・デュフィ展 −パリジェンヌが愛したテキスタイルデザイン−」
    タイトルだけで、見に行きたくなる展覧会です。
     デュフィの、さわやかな風のような、軽い感じの絵画が私も大好きです。

     布地、というと北欧デザインなどのほかは、ウィリアム・モリスのものをよく見ますが、他の画家のものは珍しい感じです。

     やわらかな感じは、布にも楽しさを与えてくれると思います。

                    明日香 光二/馬場 英明


      [No.12281] 【奈良】国立博物館/毘沙門天/お水取り 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/02/05(Wed) 22:56:28  

     奈良公園の奈良国立博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=29&c=2ではじまった特別展の紹介をします。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆特別展「毘沙門天―北方鎮護のカミ―」〜3/22(日)
        月曜休館(祝日の場合は翌日)
        開館時間:午前9時30分〜午後5時(金土は午後7時まで、入館は閉館の30分前まで)
           特別陳列「お水取り」および名品展は休館日と開館時間が異なる
        入館料金:一般1500円 高大生1000円 小中生500円
           この料金で特別陳列「お水取り」も観覧可
           障害者手帳をお持ちの方と介護者1名は無料

     須弥山世界の四方にいて、仏教世界や仏法を守るカミ=四天王(持国天・増長天・広目天・多聞天)。このうち北方を守護する多聞天は、「毘沙門天」の名で呼ばれ、仏教修行者を守り、福を与えたり念仏信者を保護する特別の存在でもあった。観音が変化したとも言われ、妻の吉祥天と子の善膩師童子との三尊が組み合わされたりの展開を見せる。
     奈良時代、8世紀制作と考えられる木心乾漆造の像(愛媛・如法寺)や、絵の中から抜け出てきたかのような激しい運動感を示す作例(京都・弘源寺)、保安5年(1124)の年紀銘が確認された平安彫刻の貴重な基準作例(個人蔵、米国・ロサンゼルス・カウンティ美術館保管)、また仏師運慶の流れをくむ鎌倉時代の作品(当館蔵)、あるいは密教修法における調伏法に用いられた珍しい双身(二体合体)の像(奈良・東大寺)などの重要作例など、 とくに優れた作品を厳選し、それらを一堂に会する。
      毘沙門天立像 愛媛 如法寺 奈良時代(8世紀) 
      重要文化財 毘沙門天立像  和歌山 道成寺 平安時代(9世紀)
      重要文化財 毘沙門天立像  岐阜 華厳寺  平安時代(9世紀)
      毘沙門天立像 滋賀 高尾地蔵堂 平安時代(12世紀)
      毘沙門天立像 奈良国立博物館 鎌倉時代(13世紀)
      重要文化財 毘沙門天坐像 京都 清凉寺 平安時代(12世紀)
      国宝 毘沙門天(11世紀)・吉祥天(大治2年:1127)・善膩師童子(11世紀)立像 京都 鞍馬寺
      毘沙門天立像 (米国・ロサンゼルス・カウンティ美術館保管) 平安時代(保安5年:1124)
      重要文化財 双身毘沙門天立像 京都 浄瑠璃寺 平安時代(12世紀)
      勝敵毘沙門天立像 奈良 東大寺 鎌倉時代(13世紀)
      毘沙門天立像 京都 東寺(教王護国寺) 中国 唐時代(9世紀)
      重要文化財 毘沙門天立像 福岡 観世音寺 平安時代(9世紀)
      愛媛県指定有形文化財 毘沙門天立像 愛媛 金竜寺 平安時代(9〜10世紀)
      尼藍婆・毘藍婆坐像 岩手 三熊野神社毘沙門堂  平安時代(10世紀)

    公開講座:講堂にて、午後1時30分〜3時(午後1時開場)12時から講堂前で整理券配布、定員194名
    2/15(土)「毘沙門天の源流を探る−インドからガンダーラ・西域へ−」
              宮治 昭氏(名古屋大学/龍谷大学 名誉教授)
    2/29(土)「唐宋時代の毘沙門天像−王朝の守護神−」佐藤 有希子氏(奈良女子大学文学部 准教授)
    3/14(土)「日本における毘沙門天像の展開」 岩田 茂樹師(奈良国立博物館 上席研究員)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆特別陳列「お水取り」〜3/22(日)
        2/17(月)25(火)3/16(月)休館
        開館時間 午前9時30分〜午後5時(金土と2/9(日)〜13(木)は8時まで
             3/1(日)〜5(木)8(日)〜11(水)は6時まで、3/12(木)は7時まで
             入館は閉館の30分前まで)

    入館料金:一般520円(410円) 大学生260円(210円)この料金では「特別展・毘沙門天」の観覧は不可
         高校生以下および18歳未満の方、満70歳以上、障害者手帳をお持ちの方と介護者1名は無料
         高校生以下または18歳未満の方と一緒に観覧される方、開館延長日の5時以降は団体料金
         2/4(火)〜3/6(金)に、東大寺境内で無料観覧券を配布〔使用期間:3/4(水)〜6(金)〕
         特別陳列「お水取り」と、東大寺ミュージアム 特集展示「二月堂修二会」相互割引
     東大寺の二月堂でおこなわれる仏教法会で、正式には修二会という「お水取り」は、現在、3月1日から14日までおこなわれ、心身を清めた僧(練行衆)が十一面観音の前で宝号を唱え、荒行で懺悔し、天下安穏などを祈願する。  
     天平勝宝4年(752)から一度も絶えることなく1260年以上にわたり営まれ続けたお水取り(修二会)を、この時季にあわせて開催する恒例の企画。実際に法会で用いられた法具や、歴史と伝統を伝える絵画、古文書、出土品などを展示。
     重要文化財 二月堂本尊光背 頭光 銅造 奈良時代(8世紀)
     二月堂曼荼羅 絹本著色 室町時代(16世紀)
    二月堂縁起 紙本著色 室町時代 天文14年(1545)
     重要文化財 両堂記 第六(二月堂練行衆日記)紙本墨書 江戸時代(17世紀)
     重要文化財 香水杓 銅製 鎌倉時代
     錫杖 頭部=銅製 鍍金 柄=鉄製 江戸時代(18〜19世紀)
     重要文化財 二月堂神名帳 紙本墨書 室町時代 大永8年(1528) など

    公開講座:2/11(火・祝)「不退の行法、東大寺修二会(お水取り)」 北河原公敬師(東大寺長老)

    ボランティア解説:3/1(日)〜3/14(土)の毎日 午後2時〜、3時〜約30分)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12280] 【兵庫】神戸市立小磯記念美術館/人形(ひと)を描く[2/6(木)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/02/05(Wed) 22:45:47  

     六甲アイランドの神戸市立小磯記念美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=2で明日2/6(木)から開催される展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆コレクション企画展示「人形(ひと)を描く―小磯良平と西洋人形―」2/6(木)〜4/5(日)
       月曜休館(祝日の場合は翌日)
       入館料金:一般200円 大学生100円 高校生以下・無料(要学生証、生徒手帳)
         神戸市在住の65歳以上の方無料(要、住所と年齢証明)
         障がい者手帳など持参の方・無料

     中庭に移築された小磯良平のアトリエには椅子の上に腰かけた西洋人形があり、小磯が生前に持っていた人形たちは一部が館に保管されている。人物画家・小磯が人形というモチーフに向き合った作品と、小磯良平が生前所有していた人形をあわせて展示。人と静物があゆみよる、不思議な“あわい”の世界をお楽しみください。(展示室1)
       小磯良平《オレンジ色のドレスの人形》1977年 リトグラフ・紙

    同時開催:新聞連載小説挿絵原画展「適齢期」(四)
         小磯良平作品選5
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12279] 【ほっとミュージアム】2月改訂されています 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/02/05(Wed) 00:13:46  

     令和2年目ももうひと月が経ちました。内外情勢が騒がしい中、立春を迎え、次年度も見えてきました。

     1月末までに談話室にアップされた情報をもとに、三ッ木さんにデータ編集を、ほりうちさんにサイト作成を担当して頂き、改訂をしています。

     春をむかえる年中行事、もちろんひな人形の展示なども盛んです。この時期、地域の歴史を掘り下げる展示も盛んなのですが、NHK大河ドラマのスタートにちなんで地域を盛り上げようと、明智光秀と地元の関連の展示が目立ちます。また今年末までの展覧会が紹介された館もあります。

     まだ寒さの厳しい中、流行病にもお気をつけになって、どうぞミュージアムで心落ち着けるお楽しみも味わってください。
     訪問されましたら、ミュージアムや展覧会のご感想やデータ変更にお気づきの点など、この談話室へよろしくお願いいたします。


                本談話室の管理人 明日香 光二/馬場 英明


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 暗証キー

    - Web Forum -
    - Antispam Version -