ほっとミュージアム 談話室
[ホームへもどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 発言サイズは画像も含めて130KBまで、URLは20個までです。
  • その他[留意事項]を良くお読みの上ご利用ください
  • 新規紹介用 でワード検索すると、フォーマット発言が開きます

  •   [No.11836] 【愛知】あいちトリエンナーレ2019 投稿者:   投稿日:2019/08/18(Sun) 21:19:27  

    こんにちは

    あいちトリエンナーレ2019に8月11,12日に行ってきました。印象に残った作品について書きます。

    8月11日の分
    名古屋市美術館会場

     まず、美術館に入る前にバルテレミ・トグォ(カメルーン)による国旗を使ったゴミ箱のような作品が迎えてくれます。
     展示室の最初の通常なら象徴的な作品が置かれている場所にあったのが碓井ゆい(東京都)「ガラスの中で」は生物学の実験に使うシャーレのようなもので、生命科学の象徴になっています。藤井光(東京都)「第一の事実」は戦時中に台湾に作られた同化教育のための訓練の様子の記録と、それを俳優が再現した映像が並んでいます。いきなり随分と政治的主張を含んだ作品です。両者を比べると後者の方がまだ救われるように感じるのはなぜでしょう。きっとこちらは服装がバラバラだからだと思います。
     モニカ・メイヤー(メキシコ)は「The Clothesline」という参加型作品。女性差別をテーマにして、参加者の書いたアンケートの答えが並んでいます。青木美紅(栃木県)は自身が人工授精での誕生だったということから選択された生命をテーマにしたインスタレーション「1996」を作っています。タイトルは自身の生まれた年、奇しくもここに出てくるクローン羊「ドリー」の生まれた年でもあります。

    愛知芸術文化センター会場

     地下から行ったので美術館展示室よりも先に見たのが加藤翼(埼玉県)による2点の映像作品です。1つは箏、三味線、太鼓の奏者がロープで結ばれながら演奏しようとしています。しかし、他の人が動くと邪魔になってうまく演奏は進みません。演奏しようとしている曲はどうやら「君が代」のようです。もう1つはアメリカが舞台となり、ギター、ベース、ドラムス、キーボードの奏者が同じようにロープで結ばれながら演奏しようとしています。こちらが演奏しようとしているのはどうやら「星条旗よ永遠なれ」のようです。このような形での国歌の演奏というのは国家による束縛を指しているように思えてなりません。

     10Fの愛知県美術館会場ではウーゴ・ロンディノーネ(スイス)「孤独のボキャブラリー」は広い会場にピエロの人形がたくさん置かれています、様々な姿ですが、みな無表情です。村山悟郎(東京都)「現世界とプログラムのための肖像」は歩くロボットを中心としたものです。伊藤ガビン(神奈川県)「モダンファート 創刊号」は映像インスタレーションですが、雑誌を模したものになっています。

     8F会場は現在のこのトリエンナーレを象徴するところがあります。
     ユェン・グァンミン(台湾)「日常演習」はドローンで台北の町を撮影しているのですが、不思議なことに人がまったく見えません。これは台湾を象徴するものなのですが、ここで種明かしは書かないことにします。この少し後に「表現の不自由展 その後」があるのですが、横やりにより閉鎖させられてしまっています。それに抗議してともに韓国のパク・チョンキョン、イム・ミヌクは出展を取り下げ、見られなくなっています。
     ワリード・ペシュティ(イギリス)「トラベル・ピクチャーズ」は撮影したフィルムを空港の手荷物検査にわざと保護せずに通して感光をさせたものであり、「FedEx」はガラス容器をわざと保護せずにFedExで送り、ひび割れを作ったもの、ともに作者の予期せぬものができています。ミリアム・カーン(スイス)は一見抽象にも見える絵画なのですが、実はこれは原爆を表しているようです。ハビエル・テジェス(ベネズエラ)「歩行者」は亡命希望者にインタビューした映像であり、ビデオアートと言うよりノンフィクション映画に見えます。

    8月12日の分
    豊田市会場

     高嶺格(鹿児島県)は旧豊田東高校のプールがそのまま作品となっていました。

     豊田市美術館に入って、シール・フロイヤー(イギリス)「Fallen Star」は幻灯機が上に向けてあるのに下に星が映っているというちょっと人を食ったようなインスタレーション。タリン・サイモン(アメリカ)「隠されているものと見慣れぬものによるアメリカの目録」はこれもアートと言うより報道写真のような作品です。レオノール・レイバ・ノボ(キューバ)「革命は抽象である」はいくつかので構成されたインスタレーションですが、観光地などに置かれているコイン式の望遠鏡にコインを入れると報道のような映像が見えます。

    四間道・円頓寺会場

     なごのアジールではタブラ奏者のユザーンがずっと演奏を続けています。那古野一丁目長屋は梁志和+黄志恆(香港)は写真によるインスタレーションですが、写っている人がみな後ろ姿。現在の香港の状況に関するメッセージも添えられています。円頓寺銀座街商店跡の葛宇路(中国)は自分の名前が道路の名前みたいだから勝手に自分の名前を道路の名前の標識として建てるという、ある意味犯罪のようなものです。幸円ビルのキュンチョメ(東京)はトランスジェンダーをテーマにした映像他です。メゾンなごのの弓指寛治(三重県)は実際の交通事故をテーマにして、あまり取り上げられない加害者側の視点に立って構成したものです。

     予想以上に政治的主張のある作品が多いと感じました。これは悪いことではなく、「表現の不自由展 その後」も再開して欲しいと強く思います。


      [No.11835] 【大阪】府立近つ飛鳥博物館/百舌鳥・古市古墳群と土師氏 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/08/17(Sat) 22:23:19  

    今が旬の百舌鳥・古市古墳群http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=174に関する特別展が河南町の大阪府立近つ飛鳥博物館で開催中です。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆令和元年度夏季特別展「百舌鳥・古市古墳群と土師氏」〜9/29(日)
        月曜休館(祝日の場合は翌日)
        入館料金:一般650円 65歳以上・高大生450円 
             中学生以下・障がい者手帳をお持ちの方と介助者1名無料
     世界文化遺産に登録された百舌鳥・古市古墳群で、古墳の築造に大きくかかわったという「土師氏」の活躍を発掘調査が明らかにし、文献史料でも土師氏の軌跡を裏付ける研究成果もみられる。本展では最新の調査、研究成果に基づき、古代において土師氏が果たした役割について考える。
      羽曳野市茶山遺跡円筒埴輪(埴輪棺)
      柏原市玉手山東横穴群陶棺
      藤井寺市土師の里遺跡(土師寺跡)単弁蓮華文軒丸瓦
      奈良市赤田横穴群5号墓 玉類
      奈良市赤田横穴群9号墓 円筒形陶棺
      堺市土塔 文字瓦  など

    学芸員による展示解説:午後2時〜30分 8/31(土)9/7(土)9/21(土)

    講演会:地階ホールにて、午後1時30分〜3時、定員200名、午前10時より1階受付にて入場整理券を配布
        入館料のみ
    8/25(日)「古代の土師氏とその後」舘野和己氏(館長)
    9/8(日)「埴輪伝承と土師氏」辰巳和弘氏(元同志社大学教授)
    9/22(日)「土師氏の埴輪生産と王権、そして地域豪族」高橋克壽氏(花園大学文学部教授)

    ミニシンポジウム「百舌鳥・古市古墳群と土師氏」:9/16(月・祝)入館料のみ
    地階ホールにて、午後1〜4時20分、定員200名、午前10時より1階受付にて入場整理券を配布
    「古市古墳群の土師氏」上田 睦氏(藤井寺市政策企画部世界遺産登録推進室 参事)
    「奈良市菅原・秋篠地域における土師氏の動向 −埴輪と陶棺の検討から−」
         鐘方正樹氏(奈良市埋蔵文化財調査センター 所長補佐)
    「文字資料からみた土師氏の動態」溝口優樹氏(大阪大学大学院文学研究科 助教)

    土曜講座(オーサカ発 調査研究最前線)地階ホールにて、午後2〜3時、定員200名
     参加費200円、当日の入館のリーフレットまたは年間パスポートの提示で無料
    第125回 8/24(土) 
    「奈良北部の土師氏伝承と考古学」市村慎太郎氏(総括学芸員)
    第126回 9/28(土) 
    「古墳時代の職能集団と土師氏」廣瀬時習氏(副館長兼学芸課長)


    現地見学会「奈良北部、秋篠・菅原の地に土師氏を求めて」9/15(日)
    定員45名(要事前申込 応募者多数の場合は抽選。)
    参加費300円(資料代・保険代) 
    集合:近鉄京都線平城駅(10時より受付開始) 解散:近鉄橿原線 尼ヶ辻駅 行程約8km
     阿弥陀谷廃寺・赤田横穴群・西大寺奥の院・菅原東遺跡埴輪窯跡群
      ・菅原天満宮・宝来山古墳(垂仁天皇陵古墳)ほか〔予定〕

    申込方法:往復ハガキにて、往信ハガキに代表者の住所、氏名、年齢、電話番号
     返信ハガキに 返信用宛名を記入、1通につき3名まで、必ず参加者全員の名前を記入
    〒585-0051 南河内郡河南町大字東山299番地
    大阪府立近つ飛鳥博物館「現地見学会」係   8/30(金)必着
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11834] 【群馬】前橋文学館/羽の生えた想像力―阿部智里展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/08/17(Sat) 21:47:15  

     萩原朔太郎記念水と緑と詩のまち前橋文学館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=10&c=0で開催中のファンタジー文学の展示を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「羽の生えた想像力―阿部智里展」〜10/20(日)
       水曜休館
       入館料金:一般400円 高校生以下無料 障害者手帳をお持ちの方と介護者1名無料
            9/7(土)9/16(月・祝)10/12(土)13(日)は無料観覧日
     前橋市に生まれ育ち、早稲田大学在学中、松本清張賞を史上最年少で受賞した阿部智里は、受賞作を含む、和風ファンタジー「八咫烏シリーズ」を現在7作品を刊行し、漫画化もされて人気を博す。
     中学3年生の時には「詩のまち前橋若い芽のポエム」美棹賞(金賞)も受賞し、「八咫烏シリーズ」を中心に想像力の原点や、紡ぎ出される世界の魅力を紹介。

    学芸員による展示解説:9/16(月・祝)午後1〜2時

    トーク&サイン会 阿部智里:10/19(土)午後1時〜、3階ホールにて
    8/31(土)午前9時より申込受け付け開始(027-235-8011)先着100人
    展示観覧券と著書を購入して会場へ
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11833] 【徳島】県立文学書道館/児童文学作家くすのきしげのりの世界 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/08/17(Sat) 21:46:23  

     徳島市の徳島県立文学書道館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=36&c=7
    で開催されている児童文学の展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆文学特別展「児童文学作家くすのきしげのりの世界」〜9/23(月・祝)
       月曜休館(祝日の場合は翌日)
       入館料金:一般510円 高大生350円 小中生250円
            高齢者(65歳以上)・各障がい者手帳をお持ちの方は半額
            小中高生は、土日祝日と夏休み期間中は無料
     なにをやっても怒られてしまう「ぼく」が七夕の短冊にお願いをする『おこだてませんように』
     小学校入学の日を描いた『いちねんせいになったから』
     正直に話すことの大切さを描いた『ふくびき』
     いのちの尊さを表現した『あったかいな』
     毎日を大切に過ごすことの意味を考える『あなたの一日が世界を変える』
     楽しい学校のお話『三年一組、春野先生!』
     鳴門が舞台の『交響曲「第九」歓びよ未来へ!』など
    徳島から世界へ向けて、発信を続けるくすのき作品の世界を紹介。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11832] 【神奈川】鎌倉文学館/角野栄子の世界 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/08/17(Sat) 21:43:06  

     鎌倉文学館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=14&c=69 で開催中の児童文学の展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆特別展 子どもたちへ、未来へシリーズ9 
    「角野栄子の世界 おばけにゾクゾク魔法でわくわく」 〜9/23(月・祝)
       月曜休館(祝日、8/19(月)は開館)
       開館時間:午前9時〜午後5時
        (かまくら長谷の灯かり夜間特別開館8/19〜8/25は、午後6時30分〜8時30分、入館は閉館30分前まで)
       入館料金:一般500円 小中生100円 
     国際アンデルセン賞作家賞、鎌倉市市民栄誉賞受賞を記念し、角野栄子の作品世界を紹介。「アッチ・コッチ・ソッチの小さなおばけシリーズ」や13歳の魔女のキキの旅立ちからはじまる「魔女の宅急便」シリーズなどわくわくぞくぞくする物語。
     「ルイジンニョ少年 ブラジルをたずねて」1970年
     「ズボン船長さんの話」1981年
     「ナーダという名の少女」2014年
     「トンネルの森1945」2014年
     「おばけのアッチ スパゲッティ・ノックダウン!」2019年  など

    おはなし会:1階講座室にて、定員50名、直接会場へ
     鈴木かゆ氏(演劇集団 円)
      8/23(金)午後7時〜
      9/14(土)午前11時〜
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11831] 【埼玉】さいたま文学館/絵本作家・飯野和好 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/08/17(Sat) 21:42:09  

     桶川のさいたま文学館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=11&c=44
    で行われている絵本の展示を紹介します。
    http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=11&c=44
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆企画展「絵本作家・飯野和好 おっと、とうげのなかまたちでぃ!」〜9/8(日)
       月曜と8/27(火)休館
        入館料金:一般210円 学生100円
             中学生以下、障がい者手帳をお持ちの方と介助者1名は無料
     「ねぎぼうずのあさたろう」や「みずくみに」といったのびやかな画風でチャンバラ時代劇や股旅ものに想を得た、埼玉と縁のある作品の展示を中心に、埼玉出身の絵本作家・飯野和好氏の直筆原画の展示。


    絵本読み語り「おっと、痛快 絵本の読み語りの旅でぃ!〜桶川の宿〜その2」
    8/31(土)午後1時30分〜3時、文学ホール(定員200名)にて、飯野 和好氏
     館に電話(048-789-1515)で申込み(先着順・参加費無料)。 
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11830] 【東京】世田谷文学館/原田治 展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/08/17(Sat) 19:56:22  

     京王線足花公園駅下車の世田谷文学館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=201で開催されている展示を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「原田治 展 「かわいい」の発見」〜9/23(月・祝)
       月曜休館(祝日の場合は翌日)
       入館料金:一般800円 65歳以上、高大生600円
            障害者手帳をお持ちの方400円(介添者1名は無料) 中学生以下無料
            9/16(月・祝)は60歳以上無料
     1970年代後半から90年代にかけて、女子中高生を中心に爆発的な人気を博した「OSAMU GOODS」の生みの親、原田治(1946-2016)。アメリカのコミックやTVアニメ、ポップアートなどから影響を受け、簡潔な描線と爽やかな色彩で描かれたキャラクターたちは、日本の“かわいい”文化に多大な影響を与えた。本展ではイラストレーターとして活動する端緒となった、1970年代「an・an」の仕事をはじめとして、広告・出版・各種グッズなど多分野にわたる作品を中心に、幼少期〜20代前半の初期資料や、エッセイ集『ぼくの美術帖』関連資料も交えて展示。

    活弁付き映画上映会:9/14(土)1階文学サロンにて、午後3時〜、事前申込不要、先着150名
     当日1時より会場前にて入場券販売(1000円、座席の必要な子供は有料)
     『雄呂血(おろち)』1925年(剣戟映画)/阪妻プロ/約80分/サイレント 
      監督:二川文太郎(原田治の祖父) 出演:阪東妻三郎ほか [弁士]澤登翠

    OSAMU GOODS見せびらかし交流会:9/15(日)午前11時〜午後5時、1階ロビーにて、無料
     OSAMU GOODSコレクターの土井章史さん(トムズボックス)による、コレクション“見せびらかし”企画
     秘蔵の一品があれば“見せびらかし”にきて可
     手ぶらで参加可
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11827] 【東京】都現代美術館/あそびのじかん 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/08/17(Sat) 00:19:02  

     江東区の東京都現代美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=158
    で開催されている夏休み展を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「あそびのじかん」〜10/20(日)
       月曜休館(祝日の場合は翌日)
       開館時間:午前10時〜午後6時(8/23、8/30は9時まで、入館は閉館の30分前まで)
       入館料金:一般1200円 大学生・専門学校生・65歳以上850円 中高生600円 小学生以下無料 
          9/16(月・祝)敬老の日は65歳以上の方無料(要年齢証明)
          8/23、8/30(金)の午後5〜9時はサマーナイトミュージアム割引(学生は無料、一般・65歳以上は団体料金)
     「遊んでないで○○しなさい!」と言われ、不真面目で非生産的なものだと思われる一方で、遊びは従来の考えやルールを外れて新しい価値や法則を発見するきっかけにもなる。本展では6組の作家による、こどももおとなも楽しめる作品を紹介します。触ることが出来る作品や、ゲームのような参加型作品で様々な体験をし、遊び心に満ちた作品たちが、そんな束縛をユーモラスにほどく。

    開発好明(かいはつ よしあき)
     本展入り口で、受験競争のプレッシャーを表現した巨大なタンス壁《受験の壁》

    野村和弘(のむら かずひろ)
     《笑う祭壇》は、台座に向かってボタンを投げ、見事のせることができたら「成功」となる参加型の作品。
    ハンバーグ隊:SNSのグループチャットを遊び場に、脈絡のないやり取りの中から∞のキーワードを引き出し、編集したり破壊して作品を展開。
    タノタイガ:作家の顔のお面が壁一面にズラリと並ぶ《タノニマス》に来場者が思い思いにデコレーション。
    TOLTA(トルタ):言葉が書かれたつみきを自由に組み合わせて、奇妙な文章を作って遊べる参加型作品《ポジティブな呪いのつみき》
    うしお:選択肢によってエンディングが複数存在するゲームに着想を得た新作インスタレーションを発表。分

    野村和弘 トークパフォーマンス:9/15(日)
          午後1時〜10分「私の仕事、古さと未熟さについて」
          午後3時〜10分「赤のコルパー」

    TOLTA「この宇宙以外の場所」朗読とパフォーマンスを行います。
     9/28(土)午後3〜4時 定員30名(先着順) 要入館券

    オトナのための遊び講座 「遊び×仕事」(レクチャー)8/23(金)午後7〜8時 定員200名(先着順)手話通訳付
     服部泰宏氏(経営学者)

    オトナのための遊び講座「遊び×美術史」(レクチャー)9/29(日)午後3〜5時 定員200名(先着順)
     中尾拓哉氏(美術評論家)、うしお氏(出品作家)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11826] 【広島】市現代美術館/山口啓介/ある心の風景/フィールド・オブ・ドリームス 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/08/17(Sat) 00:18:18  

     比治山公園の広島市現代美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=34&c=9で開催中の展示を3つ紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆特別展「山口啓介 後ろむきに前に歩く」〜9/4(水)
       月曜休館
       入館料金:一般1000円 大学生700円 高校生・65歳以上500円 中学生以下無料
     方舟を描いた大型の銅版画作品でデビューした美術家 山口啓介(1962-)は花や種子、心臓、人体とモチーフを変化させ、絵画や立体などの作品を生みだした。 一方、東日本大震災が起きた3日後から山口は、後に《震災後ノート》と名付ける「日記」をつけはじめ、今現実の流れに抗して自分の足で歩こうとする山口の意志の現れといえるでしょう。 「人は未来を見ることはできず、見えるのは過去か、今という瞬間だけだから、後ろむきに前に進んでいるようなものだ。」と語る山口は現在、重なる顔をモチーフにした大型絵画の制作に力を注ぐ。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆2019-I コレクション・ハイライト+特集「ある心の風景I―風景と記憶」〜10/6(日)
       月曜休館(祝日の場合は翌日)
       入館料金:一般300円 大学生200円 高校生・65歳以上150円 中学生以下無料
    「コレクション・ハイライト」では、イギリスの作家を中心に、自然との関わりの中で制作を行ってきた作家の作品を展示。
     デニス・オッペンハイム、リチャード・ロング、ロジャー・アックリング、デイヴィッド・ナッシュ、戸谷成雄、甲斐雅之
     特集「ある心の風景I―風景と記憶」では、環境の変化によって変貌する風景の美術家の表現方法を見る。戦前の広島の風景から、ヒロシマ以後の世界を描いた絵画、風景の変化を記録にとどめた写真など。
     失われた風景/山路商、山口長男、上永井正、灰谷正夫、土屋幸夫、駒井哲郎、長谷川潔、浜口陽三
     もう一つの風景/吉田穂高、井上覚造、司修、松本英一郎、大岩オスカール、エイドリアン・バーグ、山本正道、会田誠、福田美蘭、クリスト
     記録された風景/河原温、野村仁、小沢剛、宮本隆司、土田ヒロミ、下道基行、松江泰治、米田知子

    アートナビ・ツアー:毎週土日祝日:午前11時45分〜12時15分および午後2時45分〜3時15分
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆オープン・プログラム夏のオープンラボ:タイルとホコラとツーリズム season6
    《もうひとつの広島(フィールド・オブ・ドリームス)》〜9/29(日)
       月曜休館(祝日の場合は翌日)
       入館無料
     京都市内に点在する路傍祠のリサーチをきっかけに、美術家の谷本研と中村裕太が2014年より展開するプロジェクト「タイルとホコラとツーリズム」は、祠にまつわる土着の信仰や人々の営みに向き合い、観光のまなざしと独自のユーモアを交えて作品を生み出した。
     今回は、比治山のふもとに位置する段原地区でのリサーチを出発点とし、明治期に同地区出身の和田郁次郎(1847-1928)率いる多くの広島県人が、北海道の現・北広島市に開拓移民として入植したことに着目。1984年に広島市内のデパートで開催された「北海道移住100年記念展」を糸口に、当時の記録資料や、現在の北広島市民の手で制作された映像コンテンツなどを交えて、野球場に見立てた会場に展示を構成。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11825] 【山口】香月泰男美術館/香月動物園 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/08/16(Fri) 23:36:16  

     長門市三隅の香月泰男美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=35&c=29で開催中の展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「香月動物園」〜9/23(月・祝)
        火曜休館
        入館料金:一般500円 小中高生200円 

     故郷三隅を「ここが〈私の〉地球」そして「モチーフ天国」と称した香月泰男が描いた生き物に着目。自宅で飼っていた鳩や犬をはじめ、牛、山羊、羊、かたつむり、てんとう虫な。油彩の表現は初期の明るい色彩から、晩年には黄土色と黒の色使いに変化するが、同じ対象を描いても油彩と素描では印象が異なるので、その方法を選択した理由を考えると、何を表現したかったのかが見えてくる。
     
    1970年の上野動物園
    「黒豹」1970 「しなひょう」1970 
    目下、生態研究中
    「てんとう虫」1969 「蜻蛉」1954 「蟷螂」不詳
    わたしの家の小さな動物たち
    「犬」不詳 「幼鳩」1965 「九官鳥(カンチャン)」1966-70 など 
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 暗証キー

    - Web Forum -
    - Antispam Version -