ほっとミュージアム 談話室
[ホームへもどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 発言サイズは画像も含めて130KBまで、URLは20個までです。
  • その他[留意事項]を良くお読みの上ご利用ください
  • 新規紹介用 でワード検索すると、フォーマット発言が開きます

  •   [No.12676] 【山梨】県立美術館/栗田宏一・須田悦弘展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/12/31(Thu) 22:35:15  

     甲府市の山梨県立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=19&c=2で開催中の特別展を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「栗田宏一・須田悦弘展- Contentment in the details -」〜令和3年1/31(日)
          〜1/1(金)、1/4(月) 12(火) 18(月) 25(月)休館
          入館料金:一般1000円 大学生500円
             高校生以下の児童・生徒は無料(高校生は生徒手帳持参)
             県内65歳以上の方は無料(健康保険証等持参)
             障害者手帳持参者と介護者は無料

       1/2(土)、3(日)にチケット購入者に「むかしのおもちゃ」をプレゼント(先着200名、無くなり次第終了)

     ともに山梨県笛吹市の出身で、独自の表現によって地歩を築いている現代アーティスト栗田宏一(1962〜)と須田悦弘(1969〜)。栗田は自ら訪ね歩いた地で一握りの土を採集し、それを展示するという手法を取り、須田は、朴の木を削り彩色した植物の彫刻を、空間にさまざまなかたちで展示するインスタレーションを展開。
     第1室は、栗田と須田の原点とも言えるべき作品、故郷・山梨とのつながりを感じさせる作品を展示。  
     第2室は、栗田の、日本全国から採集した1000の土を並べるインスタレーション
     第3室は、須田の、構造物の中で木彫を鑑賞するタイプの作品を複数展示。
     第4室では、集積のごとく数多くの土を並べる栗田の作品と、空隙をぬうように配置される須田の作品を並

     二人の作品を、本展ではこのあり方を、細かなものに充足を覚える態度を意味する「Contentment in the details」という言葉で表し、山梨との関わり/ルーツという視点もまじえ、故郷・山梨の風土との関わりもご覧いただく。

    1/2(土)、3(日) 1階ロビーにて「二ノ宮美和神社の太々(だいだい)神楽」 映像を上映

    公開制作:須田悦弘/1/16(土)午前10時〜午後4時 図書室にて ※申込不要

    ミュージアム・シアター :1/23(土) 午後1時30分〜、講堂にて、定員40名、要事前申込(館サイトにて)
    「天のしずく」(2012年、113分)
    食の大切さを訴える料理研究家・辰巳芳子が生み出す「いのちのスープ」を追ったドキュメンタリー映画。栗田宏一出演。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12675] 【群馬】富岡製糸場/国宝西置繭所の発掘調査 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/12/31(Thu) 22:34:28  

     世界遺産・富岡製糸場http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=10&c=37は正月から開場しています。現在開催中の展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆富岡製糸場 出土品特別展「国宝西置繭所の発掘調査 床下の地面をさぐる」〜令和3年1/17(日)
       残り会期中休館なし
       入館料金:大人1000円 高大生250円 小中生150円

     富岡製糸場国宝「西置繭所」を会場に、富岡市教育委員会主催で開催。 
     平成26年度に工事が開始され、発掘調査が行われた国宝西置繭所の保存整備工事が終了し、令和2年10月から公開活用が始まった。西置繭所を建てる際の土地造成の様子や、かつて存在した煉瓦組施設の状況などがわかり、また床下の地面から製糸の作業に関わるものも発見された。本展では調査結果を写真や解説パネル、実際の出土品で紹介。

    お正月三が日(1/1〜1/3)限定で、富岡製糸場入場者、各日先着・数量限定で、記念缶バッジをプレゼント
    「お富ちゃんとアマビエちゃんとウシちゃん」デザイン、3日間の合計配布数を2,021個)
     <配布時間>開場時間内の午前9時から午後5時まで(最終入場時間は午後4時30分まで)スタッフが配布
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12674] 【広島】ふくやま文学館/葛原しげる−こどもたちの夢をつむぐ− 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/12/31(Thu) 22:33:54  

     ふくやま文学館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=34&c=49
    で開催中の特別企画展を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆ 特別企画展「葛原しげる−こどもたちの夢をつむぐ−」〜令和3年2/28(日)
         〜1/1と、月曜(祝日の場合は翌日)休館
         入館料金;一般500円 高校生以下無料 

     童謡「夕日」(ぎんぎんぎらぎら…)や「とんび」などの作詞家で知られる葛原しげるは、福山市神辺町八尋の出身で、祖父は生田流筝曲家の葛原勾当という音楽家の家に育ち、福山中学校(現・福山誠之館高等学校)、東京高等師範学校を経て小学校教諭を勤めながら児童雑誌の編集に。こどものための童謡づくりと教育につとめた。戦争末期の昭和20年(1945年)4月、故郷八尋に疎開。戦後は至誠高等女学校(現・戸手高等学校)の校長として郷土の後進の育成に尽力した。本展では葛原しげるの令孫(故葛原眞氏)から寄贈された新資料(日記や色紙、創作ノート等)と関連資料を紹介し、しげるがつむぎだした豊かな世界を紹介。

    講演会(DVD上映) 1/11(月・祝) (1)午前10時〜 (2)午後1時30分〜
     「祖父・葛原しげるのこと〜戦前・戦後の足跡をたどって」故葛原眞(葛原しげる令孫)
     電話で要申し込み

    ギャラリートーク:1/11(月・祝)1/24(日)午後3時〜 予約不要
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12673] 【宮城】石ノ森萬画館/矢口高雄 追悼原画展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/12/31(Thu) 22:32:59  

    石巻市の石ノ森萬画館で開催中の特別企画展http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=04&c=26を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「萬画の国・いしのまき」石ノ森萬画館第79回特別企画展
     「矢口高雄 追悼原画展 釣りキチ三平展」〜令和3年1/31(日)
          1/12(火)1/19(火)1/26(火)休館(年末年始も開館)
         入館料金:大人840円 中高生520円 小学生210円

     石ノ森萬画館2代目館長(平成15年から平成20年までの5年間)の矢口高雄の画業50周年を記念する企画だったが、11/20に逝去され急遽、追悼展として開催することになった。
     本展では、主人公の三平くんが幻の巨大魚や未知の怪魚と繰り広げた激闘の名場面の原画と、生命の輝きに満ちた美しいカラー原画を中心に紹介。釣りを通して描かれる、自然の美しさ、厳しさ、命の尊さ、そして人と人との絆の物語にたくさん含まれている、現代社会に生きる私たちへの大切なメッセージとともに、自然派釣り漫画の金字塔『釣りキチ三平』の作品世界を見る。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12672] 【静岡】ふじのくに茶の都ミュージアム/菓子珊珊―茶人が選ぶお菓子と器― 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/12/31(Thu) 22:32:05  

     島田市金谷のふじのくに茶の都ミュージアムhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=22&c=67で開催中の展示を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆企画展「菓子珊珊―茶人が選ぶお菓子と器―」〜2/8(月)
       〜1/2 と火曜休館(祝日の場合は翌日)
       入館料金:一般300円 大学生以下、70歳以、障害者手帳をお持ちの方無料

     茶人の一人山下惠光(えこう)宗匠は全国を行脚し、出張した先ざきで菓子屋を訪ね、表千家『同門』誌に連載を続けた。山下宗匠は菓子にふさわしい器を独自の選択眼で選んで紹介し、お菓子の楽しみと器の楽しみが一体となった面白さである。
     連載記事、平成31年に『菓子珊珊―茶人が選ぶお菓子と器―』(平凡社)として出版された。本展では「菓子珊珊」で紹介された全国のお菓子(主に干菓子)と器の取り合わせ約30点を紹介。

    茶手揉み体験:1/10(日)
    開催時間 午前の部:10時、10時30分、11時、11時30分〜
         午後の部:1時、1時30分、2時、2時30分〜
    所要時間 各回20分 商業館1階 ミュージアムショップにて、
     定員各回3名、入館と別に300円、予約なし、当日博物館2階受付でチケット購入
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12671] 【岡山】倉敷考古館/久遠の祈り 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/12/31(Thu) 18:55:48  

     倉敷美観地区の倉敷考古館で開催中の企画展http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=33&c=28を紹介します。倉敷民藝館との連携展です。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆連携展「久遠の祈り」〜令和3年4/18(日)
       〜1/2 と月・火 休館
       入館料金:一般500円 高大生400円 小中生300円 民藝館・考古館共通券1200円

     倉敷民藝館「祈りの周辺」との連携展示会で、発掘された古代からの祭祀の品々と、手仕事の中に見える信仰。
     祈りの儀式に使われた
     土偶(福田貝塚)分銅形土製品(津島遺跡)銅剣(由加山ほか)
     経筒外容器(大土井八幡宮) など

    ☆「キノヤマサマとオオカミたち」〜令和3年1/31(日)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12670] 【岡山】倉敷民藝館/祈りの周辺 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/12/31(Thu) 18:41:58  

     倉敷美観地区の倉敷民藝館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=33&c=38で開催中の企画展を紹介します。倉敷考古館との連携展です。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆企画展「祈りの周辺」〜令和3年4/18(日) 
       〜1/1 と月曜(祝日の場合は開館)休館
       入館料金:一般1000円 高大生400円 小中生 300円
            倉敷考古館・倉敷民藝館 共通入館券 一般1200円  
           
     祈りと暮らしの密接な関わりが感じ取られる民藝品から『祈り』にまつわる所蔵品約200点を一堂に展観。
     日本中を遊行し、苦しむ人々を救済すべく一千体以上もの仏像を彫った木喰五行上人による木仏「十一面観音像」、
     民族信仰への祈りを込めた生活画の李朝民画 文字絵「義」、「廉」、「禮」<朝鮮半島・朝鮮時代 19世紀>
     十一面観音は延命や病気治癒などのご利益があり、困っている人々をすぐに見つけるために全方向を見守る11の顔を持ち、文字絵は儒教思想を子弟に教え、倫理や道徳観が込められる。 
     宗教や信仰の品としては道祖神の拓本掛軸、農業の守護神である九州の石像「田の神様」、岡山県大原焼の宝殿、イスラムの人々がお祈りに使うトルコの敷物などを、家族間の愛情を感じられる品々としては魔除けの刺繍が施されたアイヌの衣装などを、婚礼時に関するものとしては「祝げら」(秋田県 戸波)という襟に鶴亀・松竹梅の模様が施されている蓑などを展示。


    ギャラリートーク「神々の系譜とその周辺」令和3年1/30(土) 午後2〜3時、入館料のみ
    講 師:山本俊夫氏(倉敷民藝館常務理事、倉敷民芸館ファンクラブ幹事)
    定員15名、要予約 1/2午前10時より受付開始、定員に達し次第受付終了
      電話 086-422-1637(開館日の9〜17時まで)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12669] 【静岡】三島市郷土資料館/三島を襲った災害と復興 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/12/31(Thu) 18:40:58  

     三島市郷土資料館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=22&c=43で開催中の企画展を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆企画展「三島を襲った災害と復興」〜令和3年2/28(日)
        〜1/2 と、月曜(祝日の場合は翌日)休館
       入館料金:楽寿園入園料として 300円。15歳未満は無料、学生は学生証提示にて無料)

     東日本大震災から早10年近くが経つが東北の復興が道半ばの現在、近い将来に想定される大規模地震、近年の台風の大型化や豪雨災害の頻発など、災害への不安は人々の間で高まる。本展では、三島及び北伊豆地域を襲った災害やそこからの復興を、古文書や古写真などで紹介。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12668] 【長崎】県美術館/長崎 美術 往来!−長崎県美術館コレクションから 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/12/31(Thu) 18:36:21  

     出島近くの長崎県美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=42&c=17で開催されている展示を紹介します。新年は1/2から開館ですが、予定の「マヌエル・フランケロ展」10/17(土)〜令和3年1/3(日) は中止されており、以下の展示が開催されています。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「長崎 美術 往来!−長崎県美術館コレクションから」〜令和3年1/3(日)
         〜1/1休館
        午前10時〜午後6時(最終入場は閉館30分前まで)
        本展とコレクション展は1/2、3は入場無料

     かつて「鎖国」の時代から海外交流の拠点であった長崎は、明治時代をむかえた後も西洋や中国の文化と日本文化が混淆した独特の風情をもつ都市として、芸術にかかわる人々を惹きつけ、多くの芸術家たちによって長崎を題材とした作品が生み出され、地元の作家たちも刺激を受けつつ自らの表現を発信した。
     本展では、当館コレクションから長崎ゆかりの美術作品をいくつかのテーマに沿って紹介。長崎を舞台に往き交う美術の多彩な煌めきを楽しみ、長崎の文化的風土を改めて捉え直す。
      山本森之助《フランスの田舎》1922-23年
      山下南風《浜町本通り》1974-75年頃
      大久保玉王民(王民は1字)《国幣中社諏訪神社祭礼還御絵巻(住吉神社の巻)》1925年
      野口彌太郎《長崎の夕ぐれ》1950年

    ☆常設展示室 第1室「菊畑茂久馬―「絵画」へと至る道」〜令和3年1/11(月・祝)
      戦後、大型油彩画のシリーズを発表し、大きな足跡を残した画家・菊畑茂久馬(1935-2020)。
       《コルセット》(版画集『オブジェデッサン』より)1979年 シルクスクリーン・紙

    ☆常設展示室 第2室「城谷耕生のプロダクトデザイン―人と人のつながりから生まれる形―」〜令和3年1/11(月・祝)
      東京・イタリア ミラノで学び2002年、STUDIO SHIROTANIを雲仙市小浜町に設立した長崎県出身のデザイナー・城谷耕生(1968-)。 
       TIPOガラスボウル(2003)製作/島田真平

    ☆常設展示室 第3室「須磨コレクション3」〜4/11(日)
      須磨彌吉郎(1892-1970)が第二次世界大戦中に特命全権公使として赴任したスペインで蒐集した美術コレクションからキリスト教主題の板絵作品群を中心に紹介。
       作者不詳《聖母子》油彩/板

    ☆常設展示室 第4室「新収蔵作品―田川憲」〜令和3年1/11(月・祝)
      2019年度新収蔵品の中から、ランボオの詩に想を得た「酔いどれ船」シリーズの一部や「ピエール・ロティ」シリーズなどの田川憲の作品を紹介。
       ランボオ『酔いどれ船』より 1947年  木版・紙 

    ☆「舟越保武と長崎」令和3年1/13(水)〜2/23(火・祝)
      日本26聖人の記念碑《長崎26殉教者記念像》(1962)、島原・天草の乱で討死した武士をモチーフとした《原の城》(1971)を制作した彫刻家・舟越保武(1912-2002) 
       舟越保武《Lola》1982年 砂岩(諫早石)

    ☆「スペイン近現代美術3」〜4/11(日)
      ソラーナ、ピカソ、ミロ、ダリ、タピエス、アントニオ・ロペス、アロージョなど、20世紀初頭から現代までのスペイン美術を紹介。
      ホセ・グティエレス・ソラーナ《アスファルト作業員》1930年
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12667] 【長崎】歴史文化博物館/つるツル展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/12/31(Thu) 18:35:27  

     正月も開館の長崎歴史文化博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=42&c=19で公開中の展示を紹介します。さまざまな企画展が中止になりましたが、正月向け展示を開催中です。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆特集展示「つるツル展」〜2/14(日)
       毎月第3月曜休館(年末年始も開館)
       午前8時30分〜午後5時(1/3までは午前9時〜、入館は閉館30分前まで)
       入館料金:大人630円、小中高生310円、県内小中生無料
       障害者手帳(身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳)保持者及び介護者1名は無料    
       1/1〜1/3は「着物フリーデー」着物で来館の方は無料
       1/9〜1/11は「成人の日フリーデー」新成人の方は無料

     おめでたい鶴とともに新たな年を迎えましょう。
     1/1〜1/3は土日祝上演のお白州寸劇も上演。

     *1/2〜1/11に実施予定の下記イベントは感染症拡大防止のため中止
         1/2(土) パフォーマンス書道&書初め
         1/3(日) よしの会新春踊り初めお弾き初め
         1/3(日) 津軽三味線の演奏
         1/10(日) 新春初弾
         1/11(月祝) ニューイヤーコンサート
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 暗証キー

    - Web Forum -
    - Antispam Version -