ほっとミュージアム 談話室
[ホームへもどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 発言サイズは画像も含めて130KBまで、URLは20個までです。
  • その他[留意事項]を良くお読みの上ご利用ください
  • 新規紹介用 でワード検索すると、フォーマット発言が開きます

  •   [No.10890] 【版画彫刻】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/10/31(Tue) 21:39:44  

     これから見られる版画や彫刻の新しい展覧会の紹介をします。ほっとミュージアムに紹介済みのものに加えて訪問にご利用下さい。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【東京】
    ちばぎんひまわりギャラリー,☆「松田 圭一郎展」11/21(火)〜12/3(日) 紙版画・切り絵
    ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション,☆冬の浜口陽三展「時の輪郭」11/3(金・祝)〜12/24(日)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                              明日香 光二/馬場 英明


      [No.10886] 【日本画書】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/10/31(Tue) 21:36:52  

     これから見られる日本画の新しい展覧会の紹介をします。ほっとミュージアムに紹介済みのものに加えて訪問にご利用下さい。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【京都】
    八幡市立松花堂美術館
     ☆市制施行40周年記念・開館15周年特別展「松花堂昭乗、書画のたのしみ
       ー麗しき筆あと、愛らしき布袋ー」〜12/10(日)
    【大阪】
    小林美術館
     ☆秋季特別展「文化勲章受章の画家たち 受章者全39名の日本画を一挙公開!
      大観、栖鳳、松園ー勢ぞろい」〜12/3(日)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                              明日香 光二/馬場 英明


      [No.10884] 【洋画】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/10/31(Tue) 21:29:38  

     これから見られる外国絵画の新しい展覧会の紹介をします。ほっとミュージアムに紹介済みのものに加えて訪問にご利用下さい。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【東京】
    東京ステーションギャラリー
     ☆企画展「鉄道絵画発→ピカソ行
      コレクションのドア、ひらきます」12/16(土)〜平成30年2/12(月・祝)
    三菱一号館美術館,☆「ルドン−秘密の花園」平成30年2/8(木)〜5/20(日)

    【京都】
    京都国立近代美術館,☆「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」平成30年1/20(土)〜3/4(日)

    【大阪】
    堺市立文化館 堺アルフォンス・ミュシャ館
     ☆企画展「図案のすすめ ミュシャとデザイン」11/11(土)〜平成30年3/11(日)
    和泉市久保惣記念美術館
     ☆開館35周年記念特別展「ピカソと日本美術―線描の魅力―」〜12/3(日)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                              明日香 光二/馬場 英明


      [No.10883] 【全国】鉄道関係企画展 17年10月以降 その3 投稿者:かずや  投稿日:2017/10/29(Sun) 13:37:06  

    おじゃまします。下記、追加致します。

               かずや:渡辺 和也
    ---------------------------------------------------------------------------
    【神奈川】
    ・相模原市立公文書館
     第10回企画展「相模原における鉄道の開通と発展」
    10月6日(金)〜12月28日(木)
    http://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/dbps_data/_material_/_files/000/000/036/811/0928_01.pdf

    【島根】
    ・島根大学附属図書館
     地域コミュニティラボ展示「三江線へのまなざし」
     10月24日(火)〜11月6日(月)
    http://www.lib.shimane-u.ac.jp/new/new.php?id=1681

    【福岡】
    ・福岡共同公文書館
     開館5周年記念特別展「公文書でめぐる鉄道の旅〜近代の福岡〜」
     11月18日(土)〜18年1月28日(日)
    http://kobunsyokan.pref.fukuoka.lg.jp/exhibition.php

    以上です。


      [No.10881] 【全国】鉄道関係企画展 17年10月以降 その2 投稿者:かずや  投稿日:2017/10/19(Thu) 01:12:04  

    おじゃまします。下記、追加致します。

               かずや:渡辺 和也
    ---------------------------------------------------------------------------
    【北海道】
    ・釧路武佐郵便局
     釧路市立博物館 サテライト展示
     「釧路を走る日本唯一の炭鉱鉄道」
     10月3日(火)〜31日(火) 【土・日・祝日を除く】
    http://www.city.kushiro.lg.jp/museum/kikaku/2017/coaltrain2017.html
     注:会場及び開館日に注意(会場は釧路市立博物館ではない。)

    【茨城】
    ・那珂市歴史民俗資料館
     特別企画展 「開業120年 THE水郡線」
     10月28日(土)〜12月2日(土)
    http://www.city.naka.lg.jp/page/page003866.html
     注:報告済分の自治体での紹介ページ

    【長野】
    ・飯田市立中央図書館
     市制80周年記念事業 図書館特別資料展「飯田線 辰野〜豊橋 全通80周年」
     10月28日(土)〜11月5日(日)
    http://www.iida.nanshin-lib.jp/0000000436.html

    以上です。


      [No.10880] 【神奈川】彫刻の森/鈴木康広 始まりの庭 投稿者:   投稿日:2017/10/15(Sun) 21:35:13  

    こんにちは

     10月8日は彫刻の森美術館に予定通り寄り、鈴木康広展を見ています。

     鈴木康広と言ったらかってNHKでやっていた「デジタルスタジアム」で年間大賞に選ばれた、それがきっかけで今では現代美術の有名作家になった人です。

     展覧会のタイトル「始まりの庭」は作品のタイトルでもあります。

     考えてみると、鈴木康広は例外はあるけれども、作品自体は色が付いていないことが多いと思います。作品自体は白や透明であり、外の色を写すことによって色が付きます。

     最初は白い紙の葉にメッセージを書き込んで作者による造形の横に置く、客が来る度に少しづつ変わっていきます。「軽さを量る天秤」は天秤を上下逆にして泡を皿に入れるという文字通り逆転の発想によるものです。「空気の涙」は自然にパイプの結露を作る物であり、空気や水がテーマになっているものが多くあります。
     瀬戸内国際芸術祭のときの作品「ジッパーの船」は実物でなく、記録映像での出展でした。

     ヨコハマトリエンナーレの次の日に行くと、この人が何でトリエンナーレに出していないのか不思議に感じます。


      [No.10879] 【愛知】名古屋市美術館/ランス美術館展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/10/15(Sun) 08:29:24  

     名古屋市大須観音の名古屋市美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=23&c=17では、フランスの美術館の名品展を開催中です。 
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「ランス美術館展」〜12/3(日)
        月曜休館
        午前9時30分〜午後5時(11/3を除く金曜は8時まで、入館は閉館30分前まで)
        入館料金:一般1400円 高大生1000円 中学生以下無料
              身体等に障害のある方は手帳の提示で付添者2名まで半額
           名古屋市交通局発行の「一日乗車券」「ドニチエコきっぷ」を当日利用で来館者は100円割引
           割引併用
     パリ近郊、歴代のフランス国王が戴冠式を行ったノートルダム大聖堂があり世界遺産にも登録されている町、ランス。その中200年以上の歴史を誇り、数多くの名品を収蔵するランス美術館の5万点を超えるコレクションから、17世紀から20世紀にかけて、西洋絵画300年の歴史をたどる作品を紹介。ドラクロワ、コロー、ミレー、ピサロ、ゴーギャンに加え、ランス市には遺族から近年寄贈された藤田嗣治の作品3点を特別出品。
     ジャック=ルイ・ダヴィット《マラーの死》1793年
     エドゥアール・デュビュッフ《ルイ・ポメリー夫人》1875年
     カミーユ・ピサロ《オペラ座通り、テアトル・フランセ広場》1898年
     レオナール・フジタ《猫》1963年
     ポール・ゴーギャン《バラと彫像》1889年
     【名古屋だけの特別出品】
     ウジェーヌ・ドラクロワ《父の呪詛を受けるデスデモーナ》1850年頃

    作品解説会:11/19(日)午後2〜3時30分、2階講堂にて
     深谷 克典氏(副館長)定員180名(先着順/1時30分に開場し、定員に達し次第締切)

    ボランティアによるギャラリートーク(作品説明)
    10/15(日)18(水)24(火)28(土)29日(日)
    11/2(木)5(日)7(火)9(木)12(日)15(水)18(土)23日(木・祝)25(土)30(木)
        午前10時30分〜/午後1時30分〜(約60分)

    閉館後の展示室内での特別鑑賞会(人数限定:有料)
     10/28(土):学芸員による解説 + コンサート
     11/11(土):学芸員による解説のみ
     11/18(土):学芸員による解説 + シャンパン・軽食
     午後5時集合 事前申込制
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.10878] 【愛知】県美術館/長沢芦雪展 京のエンターテイナー 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/10/14(Sat) 22:46:45  

     名古屋市栄の愛知県美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=23&c=4では、江戸時代の画家の展示が開催中です。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆開館25周年記念「長沢芦雪展 京(みやこ)のエンターテイナー」 〜11/19(日)
         月曜休館
         午前10時〜午後6時(金曜は8時まで、入館は閉館30分前まで)
         入館料金:一般1400円 高大生1100円 中学生以下無料
     円山応挙門下で、若くして高い画力を身につけて、大胆奇抜な発想で個性を発揮して人を楽しませようというサービス精神に富み、若冲や蕭白と並んで「奇想」の画家と称される長沢芦雪。そのエンターテイナー芦雪の多彩な表現を紹介し、奇想の奥にある心境と画境の深化を探る。また、代表作・和歌山県無量寺の《龍図襖》《虎図襖》は両脇二間の障壁画と合わせ、同寺のしつらえを展示室に再現。
       《牡丹孔雀図》下御霊神社
       《虎図》
       《岩上猿・唐子遊図屏風》
       《群猿図屏風》(重要文化財) 草堂寺
       《薔薇蝶狗子図》
       《牧童吹笛図》久昌院
       《松竹梅図》
       《蓬莱山図》(重要美術品)
       《月夜山水図》11/5(日)まで
       応挙《狗之子図》    など

    スライドトーク(学芸員による展示説明会)10/15(日)11/11(土)午前11時〜40分
                            10/27(金)午後6時30分〜7時10分
         定員:各回60名 申込不要・聴講無料、開始時刻に会場に集合
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.10875] 【愛知】一宮市博物館/没後60年川合玉堂[10/14(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/10/14(Sat) 00:23:48  

     一宮市博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=23&c=43では、日本画の巨匠の展示が始まります。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆一宮市博物館開館30周年記念 特別展
     「没後60年川合玉堂 移ろう四季と人々の暮らし」10/14(土)〜11/26(日)
         月曜と11/24(金)休館
         入館料金:一般500円 高大生300円 小中生200円
               一宮市内小中生は無料。市外の小中生は土曜日無料
               一宮市内在住の満65歳以上で、
                  住所・年齢の確認できる公的機関発行の証明書等を提示された方は無料。
               身体障害者手帳・戦傷病者手帳・精神障害者保健福祉手帳
                  ・療育手帳を持参の方(付添人1人を含む)は無料
     1873(明治6)年、現在の一宮市木曽川町外割田で生まれた川合玉堂は、円山四条派や狩野派の画法を融合させ、日本画家として大成し、戦後は奥多摩の豊かな自然に囲まれて制作に励み、1957(昭和32)年、83歳でその生涯を終えた。没後60年の節目の年に、ふるさとの地にある博物館と図書館の2館で展覧会を開催し、若き頃の作品から、四季の移ろいとそこに生きる人々を情緒豊かに描いた風景画まで、生涯にわたる多彩な作品を見る。
       『時雨』昭和28年頃
       『長閑』昭和15年頃
       『夏景山水』明治44年
       『溪山錦秋』昭和15年頃
       『高原早春』昭和28年頃

    一宮市立玉堂記念木曽川図書館で併催:10/14(土)〜10/22(日)
                              11/1(水)〜11/8(水)
       午前10時〜午後6時、月曜休館、 無料
    川合玉堂のほか、弟子の児玉希望の作品を特別展示

    講演会
    10/22(日)「玉堂さんのふるさと」山口昭雄氏(元・木曽川町長)
     午後1時30分〜3時(午後1時開場)一宮市立玉堂記念木曽川図書館にて
     定員:100名(当日正午より会場受付にて整理券配布)無料

    11/19(日)「素顔の玉堂」青山訓子氏(岐阜県美術館学芸員)
     午後1時30分〜3時(午後1時開場)妙興寺公民館(一宮市博物館隣)にて
     定員:200名(当日正午より博物館受付にて整理券を配布)入館券のみ

    学芸員による展示解説
    <博物館>10/28(土)・11/11(土)午後1時30分〜1時間程度
    <一宮市立玉堂記念木曽川図書館>11/5(日)午後1時30分〜1時間程度

    子どもアートツアー:11/11(土)午前10時〜1時間程度
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.10874] 【北海道】札幌芸術の森美術館/木彫家 藤戸竹喜の世界[10/14(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/10/14(Sat) 00:21:45  

     札幌芸術の森美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=01&c=25では、アイヌ伝統の木彫の展示を開催されます。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆平成29年度 アイヌ工芸品展
     「現れよ。森羅の生命―木彫家 藤戸竹喜の世界」前期:10/14(土)〜11/12(日)
                                    後期:11/14(火)〜12/17(日)
        10月は無休、11月以降は月曜休館
        入館料金:一般1000円 高大生600円 小中学生300円 
              65歳以上800円(要年齢証明)
              再入場割引 使用済みのチケット半券持参で半額(会期中、一回限り有効)。
     1934年、北海道美幌町生まれ、旭川を拠点に「熊彫り」を生業としていた父のもとで木彫制作を始めた藤戸竹喜。道東の阿寒湖畔に民芸品店とアトリエを構え、熊や狼、ラッコやシャチ、北に生きた先人たちの姿を木に刻み、繊細さと野性味が交差する独自の木彫世界を築く。いてきました。生命あるものへの深い愛情に根差した生気あふれる写実表現で北海道を代表する木彫家として、高い評価を受ける。熊や鹿の俊敏な動きをとらえた初期作から、アイヌ民族の歴史と威厳をモニュメンタルに伝える等身大人物像まで、70年にわたる創作活動の軌跡をふりかえる。会期中、前期・後期での作品の入れ替え予定
      《群熊》1967年 
      《鹿を襲う熊》 1977年
      《オジロワシ》1978年
      《狼の親子》 1978年
      《杉村フサ像》1993年
      《砂潜りのカレイ》1994年
      《白熊の親子》1999年
      《狼》 2002年
      《熊五態》 2010〜2011年 

    アーティスト・トーク:本展出品作家藤戸竹喜氏:10/14(土)、11/18(土)午後1時〜(30分程度)

    藤戸竹喜 その彫りの技に迫る:藤戸竹喜氏の木彫りの実演
     10/21(土)、10/28(土)、11/3(祝・金)午後2時〜(30分程度)エントランスロビー、無料


    ミュージアムコンサート OKI×マレウレウ :11/19(日) 午後2〜3時
     B展示室にて、無料 定員50名(定員に達した場合は抽選)、要事前申込

    申込方法:葉書に郵便番号、住所、希望者氏名(1枚につき2名まで応募可能)
         、電話番号を記入し、応募
    〒005−0864 札幌市南区芸術の森2-75 ミュージアムコンサート係
      10/20(金)必着 結果発送:10/27(金)〜

    ギャラリー・ツアー:11/5(日)11/25(土) 午後2時〜(30分程度)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 暗証キー

    - Web Forum -
    - Antispam Version -