ほっとミュージアム 談話室
[ホームへもどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 発言サイズは画像も含めて130KBまで、URLは20個までです。
  • その他[留意事項]を良くお読みの上ご利用ください
  • 新規紹介用 でワード検索すると、フォーマット発言が開きます

  •   [No.12746] 【京都】八幡市立松花堂庭園・美術館/のんびりいこう、丑の年[1/9(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/09(Sat) 08:13:50  

     八幡市立松花堂庭園・美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=139で1/9(土)から開催される展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆令和3年新春展「のんびりいこう、丑の年」1/9(土)〜2/14(日)
          月曜(1/11(月)は開館)1/12(火)休館
          入館料金:一般400円 大学生300円 18歳以下無料
     令和3年新春を迎え、丑年にちなんだ作品や新しく収蔵された作品を紹介。円福寺(八幡福禄谷)ゆかりの中原南天棒和尚(1839〜1925)の軽妙な作品「牛画賛」など、のどかな作品とともに過ごす。
       八幡宮牛玉宝印板木
       上田星邨「臥牛」
       「雲龍図」
       神月清竹「牛図扇面」
       都路華香「松上双鶴」
       中林竹洞「梅図」
       中原南天棒「牛画賛」
       土佐光孚「眠布袋図写」
       松花堂昭乗「鶏図」 など
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12745] 【愛知】県陶磁美術館/日本陶磁の源・陶邑窯[1/9(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/09(Sat) 08:13:08  

     瀬戸市の愛知県陶磁美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=23&c=46で1/9(土)から開催される企画展を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆企画展「日本陶磁の源・陶邑窯―猿投窯の前に立ちはだかった巨大な壁―」1/9(土)〜3/21(日)
        月曜休館(1/11(月・祝)は開館、1/12(火)は休館)
         入館料金:一般600円 高大生500円 中学生以下無料

     古墳時代に始まる国内最古の陶磁器、それまでの土器とは全く次元の異なる須恵器は、大阪府の陶邑窯で登場した。大和政権傘下の元、須恵器の生産を牽引し奈良時代に到るまで国内最大の陶産地として君臨した。古代史の潮流をも読み解ける、陶邑窯のダイナミックな作風の軌跡に迫り、それに続きやきもの界の主役へ躍り出る猿投窯の作品を加え、古代のやきもの産地の二大巨頭の魅力を見比べる。
     プロローグ:須恵器(陶邑窯産)古墳時代中期(5世紀)
     テーマ1 陶邑窯の歴史から見る古代日本
      列点文有蓋高杯 韓国 陶質土器(加耶)三国時代(5世紀)
      蓋杯蓋杯 須恵器(陶邑窯出土)飛鳥時代(7世紀)
      水瓶 須恵器(陶邑窯出土)奈良時代(8世紀)
     テーマ2 古代やきもの史の両雄・陶邑窯と猿投窯
      須恵器(陶邑窯出土)陶邑窯と猿投窯の長頸瓶 奈良時代〜平安時代初期(8世紀)
      須恵器(陶邑窯出土)陶邑窯と猿投窯の蓋付短頸壺 奈良時代(8世紀)

    スペシャル講座:午後1時30分〜3時、本館 地下講堂にて、定員50名(事前申込不要、先着順)、無料

    (1)2/6(土)「陶邑窯研究の最前線」尾崎綾亮氏(愛知県埋蔵文化財調査センター)
    (2)2/20(土)「陶邑窯衰退以降の須恵器―平安京周辺の須恵器づくり」稲本悠一氏(公益財団法人兵庫県まちづくり技術センター)

    学芸員・大西遼による連続講座「古代史×陶邑窯」:午後1〜2時30分、本館1階ロビーにて
     事前申込不要(企画展観覧券のみ)定員50名、途中からの講座に参加も可、各回のみの参加も可
    (1)1/10(日)「古墳時代の産業革命−陶邑窯誕生!」
    (2)1/24(日)「海を渡った最新技術、大和政権の傘下に至る」
    (3)2/21(日)「飛鳥時代の食器革命」
    (4)3/7(日)「奈良時代の造形美−陶邑窯最後の隆盛」
    (5)3/21(日)「古代やきもの史の両雄−陶邑窯と猿投窯」

    学芸員・井上隼多による最前線研究講座:2/14(日)午後1時30分〜3時、本館1階展示説明室
           定員50名(事前申込不要、先着順)、無料
    「最新技術で陶邑窯・猿投窯の須恵器に挑む!!―3D技術とAIを駆使した少し未来の考古学―」

    学芸員・大西遼と古代のやきものに触れよう! 午後1〜4時(随時受付)
    (1)1/17(日)「世界遺産「百舌鳥・古市古墳群」の時代の器に触れる」
    (2)1/31(日)「聖徳太子・天武天皇の時代の器に触れる」
    (3)2/28(日)「聖武天皇の時代の器に触れる」
    (4)3/14(日)「古代やきもの史に触れる―土器・陶邑・猿投」


    以下、体験講座の申込方法などは館サイトへ
    ワークショップ「甕から亀へ−古代のやきもの作りの技でカメを作ろう」
    1/23(土)午前10時30分〜午後4時 1/30(土)午後1時30分〜3時30分(両日参加できる方に限る)

    学芸員・大西遼と行く古代窯跡
    コース1:1/16(土)午前10時30分〜午後3時
    コース2:2/26(金)午前10時30分〜午後3時
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12744] 【愛知】名古屋市博物館/なごやのうつりかわり−うみ・やま・まちのくらし−[1/9(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/09(Sat) 08:12:07  

     名古屋市博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=23&c=29で1/9(土)から開催される展示を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆企画展「なごやのうつりかわり−うみ・やま・まちのくらし−」1/9(土)〜3/7(日)
       月曜(祝日の場合は翌日)・第4火曜日(祝日を除く)休館
       入館料金           一般  高大生  市内在住65歳以上
                単独券   300円  200円  100円
         常設展との共通券   400円  300円  200円
         障害のある方は手帳の提示、難病患者の方は受給者証の提示により、本人と介護者2名まで無料

     名古屋市やそこにくらす人々の生活のうつりかわりについて学習する小学3年生の学習内容に合わせて、明治時代から現在までの名古屋市のうつりかわりを紹介。「交通のうつりかわり」「なごやの広がり」「なごやの中のいろいろなくらし」「道具やくらしのうつりかわり」というテーマで展示。新旧の名古屋駅、テレビ塔建設、市電と地下鉄、家電の登場などのテーマから、名古屋市と人々の生活がうつりかわる様子をたどる。

     名古屋で最初の地下鉄[名古屋地下鉄開通記念絵葉書]
     自動車「パブリカ」の写真 (撮影)寺西二郎氏
     昭和30年ごろの名古屋駅 (撮影)伊東重光氏
     大正10年の名古屋市と近隣の地図
     大正10年の名古屋市と合併した近隣の16町村[併合記念大名古屋市図絵葉書]
     学校の屋根瓦
     漁業の道具[下之一色漁業資料]
     風の力で穀物を選別する道具[唐箕]
     ハンドルのついた洗濯機
     笠に電球をつけた電灯  など
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12743] 【愛媛】高畠華宵大正ロマン館/華宵便箋がつないだ愛 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/09(Sat) 08:11:21  

     東温市の高畠華宵大正ロマン館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=38&c=40で開催中の展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆第75回コレクション・テーマ展「或る少女からのメッセージー華宵便箋がつないだ愛ー」〜2/28(日)
         土日のみ開館
         入館料金:一般500円 中高生・障害者手帳をお持ちの方・65歳以上の高齢者400円

     大正ロマンの挿絵画家・高畠華宵は「華宵便箋」というキャラクターグッズのパイオニア的商品のデザインも手掛けていた。「華宵便箋」は複数の会社から発売され、便箋表紙絵、便箋用紙、封筒のそれぞれが華宵の絵やデザインで埋め尽くされていた。
     一番身近で手軽な通信手段が「手紙」であった大正期、人々(主に少女や女性)は自分のメッセージを伝えるために家族へ、友人へ、大切な思い人へ、華宵の絵に自分の思いを重ねながら便箋を選び、文字を認め、雑誌への投稿の際も乙女たちは「華宵便箋」に自分の思いを書き込めて投稿し、雑誌の投稿欄で「華宵便箋」は少女たちの心をつなぐ大事な役割を果たしていた。本展では便箋表紙絵や封筒、便箋用紙などを展示し、華宵便箋に描かれた大正乙女の世界を当時の手紙文や投稿文と一緒に紹介。
     華宵が描いた美人画(日本画)を特別展示、なかでも《雛飾》は初公開。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12742] 【三重】県立美術館/ショック・オブ・ダリ[1/9(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/09(Sat) 08:10:32  

     津市の三重県立美術館で1/9(土)http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=24&c=1から開催される展覧会を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆企画展「ショック・オブ・ダリ ― サルバドール・ダリと日本の前衛」1/9(土)〜3/28(日)
          月曜休館(1/11(月)は開館、1/12(火)は休館)    
          入館料金:一般1,000 (800) 円 学生800 (600) 円 高校生以下無料
                 障害者手帳等をお持ちの方と付添の方1名は無料
                 1/17、2/21、3/21の「家庭の日」(毎月第3日曜)は団体割引料金

     20世紀を代表する画家・スペイン人芸術家サルバドール・ダリ(1904−1989)は、1920年代末にシュルレアリスム(超現実主義)運動に参加し、精緻な写実描写技術をもって、潜在意識に由来する妄想を描出する独自の作風を築き、シュルレアリスムの造形芸術を進めた。
     日本の若い前衛画家たちは、1930年代にダリ作品から影響を受け独創的な作品を生み出した。日本最大のダリ・コレクションを誇る諸橋近代美術館の所蔵作品を中心としたダリの魅惑的な絵画作品と、ダリの衝撃を最初に受け、それを自らの創作に生かした日本の画家たちの表現も紹介。
      サルバドール・ダリ《アン・ウッドワード夫人の肖像》 1953年 
                 《ビキニの3つのスフィンクス》1947年
                《ダンス(ロックンロール):セブン・ライブリー・アーツより》1957年 
      浅原清隆《多感な地上》 1939年 
      浜田浜雄《予感》 1937年頃 など

    記念講演会:午後2〜3時30分、講堂にて、定員40名/参加費無料
            当日の午前11時よりインフォメーションにて整理券(入場時間指定つき)を配布
    1/30(土)「サルバドール・ダリと日本」速水豊氏(館長)
    2/27(土)「彼らはダリの何に惹かれたのか」大谷省吾氏(東京国立近代美術館美術課長)

    スライド・トーク:担当学芸員が展覧会の見どころ
             午後2〜30分、講堂にて、定員40名/参加費無料
      1/16(土)、2/13(土)、3/6(土) 
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12741] 【京都】何必館・京都現代美術館/マルティーヌ・フランク 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/07(Thu) 23:54:55  

     京都四条・八坂神社前の何必館・京都現代美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=62で開催中の企画展を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「時代への視線 Martine Franck 展マルティーヌ・フランク」〜2/14(日)
        月曜休館(1/11 は開館)
        入館料金:一般1000円 学生800円
     ベルギー生まれ、アメリカ、フランス、スペインで教育を受けたマルティーヌ・フランク(1938〜2012)はフリーランスの写真家であり、マグナム・フォト創立者のアンリ・カルティエ=ブレッソンの夫人として、ブレッソン財団も設立して写真界に大きく貢献した。
     マルティーヌの関心は社会問題であり、優しいまなざしで子供たちにも迫った。また、マルティーヌでなければ撮れなかった素顔のブレッソン。何必館コレクションから厳選したサイン入りオリジナルプリント約60点。
     トーリー島、アイルランド 1995年
     バーゼルのお祭り、スイス 1977年
     ビニールに覆われたメロン畑、プロヴァンス 1976年
     ボダナート、ネパール 1996年
     夏休み、プロヴァンス 1976年
     アンリ・カルティエ=ブレッソン、梶川芳友、マルティーヌ・フランク
        パリ、カルティエ=ブレッソンのアトリエにて 1997年
     アンリ・カルティエ=ブレッソン、国立自然史博物館 1976年
     ロベール・ドアノーとアンリ・カルティエ=ブレッソン、パリ 1986年
     アンリ・カルティエ=ブレッソンを撮影するサラ・ムーン、パリ 1994年
     アンリ・カルティエ=ブレッソン、プロヴァンス 1976年
     マルティーヌ・フランク、 パリ 1979年 撮影 ウイリー・ロニス  など
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12740] 【広島】市郷土資料館/広島の災害の歴史 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/07(Thu) 23:50:39  

     広島市郷土資料館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=34&c=10で開催中の展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆特別展「広島の災害の歴史−自然の猛威と先人の知恵−」〜2/28(日)
      月曜(1/11を除く)と1月の火曜日、1/13(水)2/12(金)2/24(水)休館
       入館料金:大人100円 高校生/シニア50円 中学生以下無料 
     
     太田川河口の三角州を基盤に海沿いへの干拓などで土地を拡げた広島の町は、太田川を利用した舟運が町の繁栄を支える反面、地盤が低く太田川の氾濫による洪水や広島湾沿岸部での高潮などの被害に悩まされた。
     また山すそまで宅地化が進んだ地域で集中豪雨による土砂災害の発生や、南海トラフを震源とする地震と津波など、これまでの想定を超える災害の危険性を見直す動きがあり、過去の事例をとおして広島のまちの成り立ちや特色、災害に対する先人の取り組みを紹介。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12739] 【広島】ふくやま美術館/クールベと海/父子の竹工芸 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/07(Thu) 23:49:36  

     ふくやま美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=34&c=44で開催中の特別展を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆特別展「クールベと海 −フランス近代 自然へのまなざし」〜2/21(日)​
       月曜休館(祝日の場合は翌日)
       入館料金:一般1000円(800円) 高校生以下無料 

     19世紀フランスで活躍しレアリスム(写実主義)の画家として知られるギュスターヴ・クールベ(1819-1877)。悲惨な労働者の姿を写実的に描いたり、浴女の姿を卑俗的に描くなど、「美しい」ものを表現すべきであった「美術」の概念を大きく変えた。またクールベは、故郷であるフランシュ=コンテ地方の切りだった山や森、動物たち、ノルマンディー地方の海など、厳しい自然の姿を繰り返し描く。スイス国境近くの山々に囲まれたオルナンに生まれたクールベが、22歳の時初めて海を目にし、うねる波、どこまでも続く水平線を1860年代以降、好んでその情景を描き、賛辞を得た。波のみに肉薄したクールベの作品には、物語性や感傷性に富む海とも、海水浴の情景を描いた身近な海とも視点が異なる。本展では、クールベの海の絵画を中心として、故郷を描いた風景画や狩猟画、またモネやミレーなど他の画家たちが描いた海を含む65点を展観。

     ギュスターヴ・クールベ《波》1870年 オルレアン美術館
    ​      《波、夕暮れにうねる海》 1869年 ヤマザキマザック美術館​
          《波》1869年 ふくやま美術館
          《エトルタ海岸、夕日》1869年 新潟県立近代美術館・万代島美術館
     クロード・モネ《アヴァルの門》1886年 島根県立美術館
     ウジェーヌ・ブーダン《浜辺にて》個人蔵 など

    記念講演会:1/9(土)午後2〜3時30分、1階ホールにて、定員60名、先着順・聴講無料
    「今 クールベを『読む』」稲賀繁美氏(国際日本文化研究センター・総合研究大学院大学教授)

    学芸員によるギャラリートーク:1/24(日)、2/13(土)午後2時〜

    ワークショップ

    (1)短期実技講座A「フランス額装(アンカードルモン)−私だけのお洒落な額づくり」
     向井理依子氏( 額装家/art d’ encadrement 主宰)
     2/7(日)午後1〜4時 2階工芸版画室にて、高校生以上、定員8 名 応募多数の場合は抽選
     受講料3,500 円(材料費込み)

    応募方法:往復はがき、または市HP 電子申請システムに「講座名」「郵便番号」「住所」「名前」「電話番号」を明記
     (1名につき1通)1/22(金) 必着

    (2)子ども造形教室「ボトルシップをつくろう」
     神戸海洋博物館ボトルシップ愛好会
     1/31(日)午後0時30分〜4時 2階多目的室
     小中生(子ども1名につき、保護者1名同伴)定員15名(応募多数の場合は抽選)参加費1500円(材料費込み)

    応募方法:往復はがき、または市HP 電子申請システムに「講座名」「郵便番号」「住所」「名前( 保護者と子ども)」「電話番号」「子どもの年齢(学年)」を明記 1/20(水) 必着

    イベント応募先 〒720−0067 福山市西町二丁目4 番3 号
    ふくやま美術館「クールベと海」関連イベント係
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆冬季所蔵品展「福山の工芸 −門田篁玉・祐一父子の竹工芸を中心に−」〜4/4(日)
       月曜休館(祝日の場合は翌日) 
       入館料金:一般310円 高校生以下無料 

     多くの工芸作家を育んだ土地・福山で駅家町出身の門田篁玉は、竹細工産業の歴史が長い大分県で修業を積んだのち、福山における現代竹工芸の礎を築いた重要な作家であり、子の門田祐一(1942-)とともに、当地の竹工芸を牽引した。二人の作品は、うねるような勢いを持ち、竹の持つ生命力を溢れるほどに感じさせる。本展では、門田父子による作品38点を特集し他分野の作家による作品も展示。
     門田篁玉《波の華》1977年
     門田祐一《蜿々と》2017年​

    竹工芸作家・門田祐一先生による制作実演:1/17(日)午前10時〜1階ホール

    竹工芸作家・門田祐一先生によるギャラリートーク:2/14(日)午前10時〜

    学芸員によるギャラリートーク:1/29(金)2/27日(土)3/12(金)午後2時〜 
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12738] 【岡山】吉兆庵美術館/雅やかな世界展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/07(Thu) 23:48:42  

     岡山市の吉兆庵美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=33&c=16で開催中の展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「雅やかな世界展 ー屏風と漆芸に見る ジャパン・ビューティーー」〜1/31(日)
         1/18(月)休館
         入館料金 大人・高校生600円 小中生300円 65歳以上480円

     平安時代の王朝文化、宮中の恋愛模様を記した源氏物語。季節の移り変わる自然風景を表した花鳥風月。装って無邪気に遊ぶ子供たち。これらの情景を描いた屏風を一堂に公開し、日本が現代に受け継いできた美意識を感じる。また優雅な蒔絵を施した漆器や温かみのある彫刻技術が見られる鎌倉彫も同時に展示し、日本の美を探る。
      花鳥絵図屏風 六曲半双 狩野探信 江戸時代
      源氏物語絵図屏風 六曲一双一部 江戸時代
      鉄線紋双六
      童子絵図屏風 六曲一双一部 江戸時代

    ギャラリートーク:1/16(土)午後2時〜(約20分) 
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12737] 【山口】周南市美術博物館/猪熊弦一郎展 いのくまさん[1/8(金)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/07(Thu) 23:47:21  

     周南市美術博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=35&c=35
    で明日1/8(金)から開催される展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「猪熊弦一郎展 いのくまさん」1/8(金)〜2/23(火・祝)
        月曜休館(祝日の場合は翌日)

     画家・猪熊弦一郎(1902-1993)の魅力あふれる作品を、詩人・谷川俊太郎のシンプルでリズミカルなことばによって、親しみやすく伝える絵本『いのくまさん』(2006年 小学館発行)。
     本展は、この絵本と同じく「かお」「とり」「ねこ」といったモチーフ、猪熊独自の「いろ」「かたち」にスポットをあて、丸亀市猪熊弦一郎現代美術館の収蔵作品を中心に紹介。
    「顔15」1989年
     「面白い仲間」1982年
     「サクランボ」1939年
     「顔パック緑」1992年
     「題名不明」1992年
     「驚く可き風景(A)」1969年
     「宇宙は機械の運動場 No.1」1981年
     三越包装紙「華ひらく」1950年、三越ショッパー1957年
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 暗証キー

    - Web Forum -
    - Antispam Version -