ほっとミュージアム 談話室
[ホームへもどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 発言サイズは画像も含めて130KBまで、URLは20個までです。
  • その他[留意事項]を良くお読みの上ご利用ください
  • 新規紹介用 でワード検索すると、フォーマット発言が開きます

  •   [No.11110] 【日本洋画】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/04/01(Sun) 17:55:28  

     日本人作家の洋画の新しい展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに紹介済みのものに加えて、訪問にご利用下さい。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【北海道】
    北海道立函館美術館,☆生誕110年「岩船修三展/水辺のものがたり」2019年2/9(土)〜4/17(水)
    釧路湿原美術館,☆企画展「花嫁になったフローラ」4/1(日)〜10/31(水)
    帯広百年記念館,☆ロビー展 秋國為八懐古展「十勝彩りの風」4/1(日)〜4/30(月・振)
    サケのふるさと 千歳水族館
     ☆「ボールペン画の世界 ボールペンアート:武内朋之」〜5/31(木)
     ☆「ボールペンにより生み出される北海道の野生動物たち 浩而魅諭」〜5/31(木)
    アートホール東洲館,☆市民ギャラリー「岩間素子デッサン展」4/1(日)〜4/15(日)
    小川原脩記念美術館,☆常設展「小川原 脩展 アジアの街角で」〜4/15(日)
    西村計雄記念美術館
     ☆春から夏の展覧会「西村計雄 制作の過程」〜7/8(日)
     ☆おやこで楽しむ展覧会「こどもたち こどもたち」〜7/8(日)

    【岩手】
    萬鉄五郎記念美術館,☆「萬鉄五郎 岩手近代絵画の精華」〜4/15(日)

    【秋田】
    秋田ふるさと村秋田県立近代美術館,☆特別展「鴻池朋子 ハンターギャザラー(仮題)」9/15(土)〜11/25(日)

    【山形】
    酒田市美術館,☆「女性像にみるフォルム/現実/夢 描かれた女たち展」6/2(土)〜7/16(月・祝) 日本洋画

    【福島】
    福島県立美術館,☆「長谷川利行展」〜4/22(日)

    【ぐんま】
    大川美術館
     ☆「松本竣介−アトリエの時間」10/13(土)〜12/2(日)
     ☆「松本竣介−読書の時間」2019年1/22(火)〜3/24(日)
     ☆開館30周年記念「松本竣介−子どもの時間」2019年4/16(火)〜6/16(日)

    【東京】
    東京ステーションギャラリー,☆千代田区×東京ステーションギャラリー「夢二繚乱」5/19(土)〜7/1(日)
    中村屋サロン美術館
     ☆中村屋サロン アーティストリレー第1回染谷 聡 「あめのふる穴」 4/14(土)〜5/13(日)
    上野の森美術館,☆第46回「写実画壇展」4/1 (日)〜4/7(土)
    世田谷美術館分館 清川泰次記念ギャラリー,☆「清川泰次 色と色のハーモニー」4/3(火)〜8/26(日)       
    世田谷美術館分館 宮本三郎記念美術館,☆「宮本三郎 親密な空間 The Intimate Space展」4/3(火)〜8/26(日)
    世田谷美術館分館 向井潤吉アトリエ館,☆「向井潤吉 民家と街道」4/3(火)〜8/26(日)
    Bunkamuraザ・ミュージアム,☆「猪熊弦一郎展 猫たち」〜4/18(水) 会期中無休
    武蔵野市立吉祥寺美術館,☆「福田利之展|吉祥寺の森」4/7(土)〜5/20(日)イラストレーション
    三鷹市美術ギャラリー,☆企画展「横山 操展〜アトリエより〜」8/4(土)〜10/14(日)
    武蔵野美術大学美術資料図書館
     ☆「ドローイング―内なる水脈の解放―」5/21(月)〜8/10(金)、8/18(土)19(日)

    【山梨】
    都留市博物館「ミュージアム都留」,☆「増田誠展」〜5/13(日) 
    薮内正幸美術館,☆2018年度前期企画展示「アフリカサバンナのいきもの展」?7/17(火)

    【長野】
    飯田市美術博物館
     ☆コレクション展示「藤本四八−富士山 須田剋太の世界」7/21(土)〜8/19(日)
     ☆コレクション展示「郷土洋画コレクション−山河を描く−」9/8(土)〜11/4(日)
    サンリツ服部美術館
     ☆「憧憬の西洋」前期:4/13(金)〜9/17(月・祝)
           後期:9/23(日)〜2019年3/10(日)
    安曇野山岳美術館,☆「中嶋大道 昆虫のデッサン展」〜4/18(水)
    軽井沢ル・ヴァン美術館,☆企画展「西村伊作とその子供たち」「伊作絵画ー新宮風景」6/10(日)〜11/4(日)
    深沢紅子野の花美術館,☆「春・夏を彩る野の花たち展」〜7/3(火)
    山ノ内町立志賀高原ロマン美術館
     ☆2018年春季特別企画展「中山徳幸展 I wasn't aware of your presence.」4/28(土)〜7/16(月・祝)洋画

    【静岡】
    浜松市美術館,☆ウッドワン美術館コレクション「THE 日本洋画150年展
      〜時空を超えてよみがえる画家の想いと情熱〜」4/14(土)〜6/6(水)
    モン・ミュゼ沼津 沼津市庄司美術館
     ☆「五味秀夫油彩画展」〜4/22(日)
     ☆「藤崎孝敏油彩画展」5/26(土)〜6/17(日)
    池田20世紀美術館,☆「小杉小二郎展(仮称)」10/11(木)〜2019年1/15(火)

    【愛知】
    かみや美術館,☆「北川民次 油絵・ガラス絵展」4/8(日)〜8/26(日) 
    田原市博物館,☆「田原の美術 行動美術協会の画家たち、白井烟押ラ4/7(土)〜5/13(日)

    【京都】
    大山崎町歴史資料館,☆小企画展「『蘭花譜』と大山崎」5/2(火)〜5/21(日)

    【岡山】
    夢二郷土美術館,☆2018年 本館 春の企画展「ノスタルジア」〜6/24(日)
    倉敷市立美術館,☆「倉敷市立美術館 洋画名作選」 〜5/6(日)、5/12(土)〜5/27(日)
    高梁市成羽美術館
     ☆春の企画展「児島虎次郎〜ふるさとに愛されて」4/28(土)〜7/8(日)
     ☆秋の特別展「画家・岸田劉生の軌跡
         −油彩画、装丁画、水彩画などを中心に」10/6(土)〜2019年1/14(月・祝)
    【広島】
    三之瀬御本陣芸術文化館,☆所蔵品展VI「須田国太郎の風景画を中心に」「画家たちが見た風景」〜4/9(月)

    【山口】
    周南市郷土美術資料館・尾崎正章記念館,☆尾崎正章常設展「赤の世界」「港の風景」〜5/27(日)

    【徳島】
    徳島県立近代美術館,☆特別陳列 生誕 130年「静かなる叙情 清原重以知の世界」4/21(土)〜6/17(日)洋画

    【香川】
    丸亀市猪熊弦一郎現代美術館,☆「荒井茂雄展 人生の詩」4/14(土)〜7/1(日)

    【愛媛】
    愛媛県美術館,☆開館20周年記念「没後40年 熊谷守一 生きるよろこび」4/14(土)〜6/17(日)
    新居浜市美術館
     ☆福岡県立美術館・宗像市・新居浜市美術館連携事業
    「没後50年 中村研一展 光と影を生きた画家。」4/28(土)〜6/10(日)洋画

    久万高原町立久万美術館
     ☆H30久万美コレクション展1「生誕100年記念 デッサンの虫-古茂田守介」4/21(土)〜8/31(金)

    【長崎】
    佐世保市博物館島瀬美術センター,☆「瀧口進第十三回個展フランス風景―マティスとセザンヌの世界―」4/25(水)〜5/6(日)

    【熊本】
    八代市立博物館未来の森ミュージアム,☆企画展「江上龍介作品展」〜4/15(日)洋画

    【鹿児島】
    鹿児島市立美術館,☆特別企画展「ホキ美術館名品展〜心ゆさぶる写実絵画〜」 3/30(金)〜5/6(日)

    【沖縄】
    那覇市民ギャラリー
     ☆「中島イソ子展−ふりかえる−」4/10(火)〜4/15(日)絵画
     ☆第3回「金城登士子 個展」4/10(火)〜4/15(日)絵画
     ☆「具志 弘樹 作品展」4/24(火)〜4/29(日)絵画
    佐喜真美術館,☆「沖縄を描いた画家たち展」〜5/28(月)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   明日香 光二/馬場 英明


      [No.11108] 【全国】鉄道関係企画展 18年04月以降 投稿者:かずや  投稿日:2018/04/01(Sun) 15:32:05  

    おじゃまします。
    年度が変わりました。改めてよろしくお願い致します。
    今回も郷土博物館等の鉄道関係企画展(鉄道や交通の博物館
    は除く)で、4月以降開催の内容をまとめて直してみました。
    以前御紹介した分も入れてあります。
    ご紹介やコメントをいただいた皆さんに、感謝致します。

                      かずや:渡辺 和也

    注:4月までの開催分のうち、4月1日(日)までに終了するもの
      は除いてあります。
    -------------------------------------------------------------
    【秋田】
    ・秋田県立博物館
     特別展 あきた大鉄道展 HE-30系
     7月14日(土)〜8月26日(日)
    http://www.akihaku.jp/kikakuten/2018/kikaku_2018.htm

    【宮城】
    ・登米市歴史博物館
     仙北鐡道登米線廃線から50年「鉄道とくらし2ー思い出の仙北鐡道ー」
     3月3日(土)〜5月27日(日)
    http://www.city.tome.miyagi.jp/rekihaku/

    【茨城】
    ・水戸市立博物館
     総集編 茨城鉄道 第2期 ー今も思い出の中を走ってるー
     4月1日(日)〜5月27日(日)
    http://shihaku1.hs.plala.or.jp/exhibition/1651

    ・真壁伝承館歴史資料館
     第11回企画展「追憶の筑波鉄道 〜鉄道から自転車道へ〜」
     2月3日(土)〜5月6日(日)
    http://www.city.sakuragawa.lg.jp/page/page002212.html

    【東京】
    ・板橋区立郷土資料館
     特別展 都営三田線開業50周年記念 いたばし大交通展
     〜江戸時代の街道から鉄道まで〜
     10月13日(土)〜12月9日(日)
    http://itabashi-kyoudo-museum.jp/special/

    【神奈川】
    ・川崎市市民ミュージアム
     中井精也 鉄道写真展 笑顔あふれる「ゆる鉄」ワールド
     4月7日(土)〜6月24日(日)
     同時期開催
      中井精也「東急田園都市線開業50周年記念 DT moment」
      川崎ヒストリー展 〜川崎の鉄道〜
      あそんでミュージアム!こどもステーション(体験展示)
    https://www.kawasaki-museum.jp/exhibition/11570/

    ・横浜都市発展記念館
     企画展「伸びる鉄道、広がる道路 〜横浜をめぐる交通網」
     4月14日(土)〜7月1日(日)
    http://www.tohatsu.city.yokohama.jp/news/events.html

    【静岡】
    ・藤枝市郷土博物館・文学館
     博物館企画展「新幹線原点のまち藤枝発!こだま号と軽便の鉄道ジオラマ展」
     4月7日(土)〜6月3日(日)
    http://www.city.fujieda.shizuoka.jp/kyodomuse/1/2/1522366803642.html

    【愛知】
    ・瀬戸蔵ミュージアム
     企画展「開業30周年 愛知環状鉄道の歩み」
     1月27日(土)〜4月22日(日)
    http://www.seto-cul.jp/information/index.php?s=1517028769

    【兵庫】
    ・兵庫県立歴史博物館
     兵庫県政150周年記念事業 特別企画展
     「線路はつづく―レールでたどる兵庫五国の鉄道史―」
     4月28日(土)〜6月17日(日)
    https://www.hyogo-c.ed.jp/~rekihaku-bo/official/ex-2018-pl1.html

    【山口】
    ・萩博物館
     企画展「萩の鉄道ことはじめ ―待ちに待ったる鉄道いよいよ開通す―」
     17年12月16日(土)〜4月8日(日)
    https://www.city.hagi.lg.jp/hagihaku/event/1712tetukoto/index.htm

    以上です。


      [No.11106] Re: 【東京】郷さくら美術館/第6回 郷さくら美術館 桜花賞展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/03/26(Mon) 17:43:37  

    郷さくら美術館さん、こんにちは。

    ちょうど、東京には満開宣言が出され、ニュースでちょうど目黒川の様子が映っておりましたので、
    まさに貴館をイメージしていました。
    (私は、桜の時期には訪れた事がないのですが)

    > 「郷さくら美術館 桜花賞」展は、「桜」を描いた現代日本画を多くの方々にご覧頂き、
     まさにこの季節に、館内でも味わう桜の満開、楽しみです。

                      明日香 光二/馬場 英明


      [No.11105] 【奈良】天理参考館/北米先住民の伝統文化[4/4(水)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/03/25(Sun) 23:28:37  

     天理大学附属天理参考館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=29&c=38で4月から開催される展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆第81回企画展「大自然への敬意ー北米先住民の伝統文化ー」4/4(水)〜6/4(月)
        火曜休館(4/17は開館)4/28(土)休館
        入館料金:大人400円 小中生200円
             障がい者と介護者1名は無料(要手帳提示)
     かつて多様な文化を持つ先住民が大自然と共に暮らしていた北米の広大な領域は、ヨーロッパ人との接触以降、幾多の困難な道程を経て、今では約460万人の先住民は多民族国家カナダ・アメリカの一員となっている。
     本展は北米先住民の手によって、身の回りの天然の素材を活用し、遠い祖先から受け継がれてきた装飾が施された生活道具や工芸品を一堂に集めて紹介。厳しい自然環境の中、英知を絞り、自然を克服するのではなく、敬意をもって調和することを志向してきた北米先住民の伝統文化を感じる。
     水汲み壺 アメリカ 18世紀以降 
     戦士の栄誉礼冠 カナダ 20世紀中頃
     調理用編みかご カナダ 推定20世紀初頭
     カチーナ人形 アメリカ 20世紀初頭
     幾何学文様の敷物 アメリカ 20世紀中頃
     羽毛モザイク装飾のある編みかご アメリカ 推定20世紀中頃

    ギャラリートーク(展示解説)4/19(木)25(水)5/25(金)午後1時30分から

    以下、入館券要。研修室にて
    記念講演会:4/21(土)午後1時30分〜3時、定員100名(当日先着順)
    「米国南西部先住民ホピと天理参考館所蔵資料との“再会”」伊藤 敦規氏(国立民族学博物館准教授)

    トーク・サンコーカン(公開講演会)第261回:5/26(土)午後1時30分〜3時
    「北米先住民を知るための基礎知識」梅谷 昭範氏(学芸員)定員100名(当日先着順)

    ワークショップ:5/5(土・祝) 午後1時30分〜3時
    「バスケットを編んでみよう!」梅谷 昭範氏(学芸員)
    募集人数20名 参加費400円 申込みは電話受付のみ T0743-63-8414(先着順)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11103] 【東京】富士美術館/暁斎・暁翠伝[4/1(日)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/03/25(Sun) 23:22:47  

     4月から開催される展覧会を続けて紹介します。八王子市の東京富士美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=275では、話題の日本画家の展示が始まります。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆河鍋家伝来・河鍋暁斎記念美術館所蔵
    「暁斎・暁翠伝─先駆の絵師魂!父娘で挑んだ画の真髄─」前期:4/1(日)〜5/13(日)
                             後期:5/15(火)〜6/24(日)
        月曜休館(祝日の場合は翌日)ただし、4/2(月)は開館。
        入館料金:大人1300円 高大生800円 小中生400円
             土曜日は小中生無料          障がい児者、付添者1名は半額[要証明書]          誕生日当日の来館者無料[要証明書、休館日の場合は適用不可]
     幕末から明治前半の画壇で、狩野派絵師として、また幅広い作風と領域で活躍した暁斎と、その長女で、柔らかで色彩豊かな美人画や小児図を得意とした女流画家・暁翠を紹介。
     河鍋家に残る暁斎の3000枚を超える貴重な下絵を始め、江戸末期から伝来している作品・資料を、曾孫である河鍋楠美氏が河鍋暁斎記念美術館を設立して以来、研究されてきた暁斎の多彩な画業の有り様と伝説的なエピソードなど、娘・暁翠に受け継がれ伝えられたその画業の伝承までを網羅。
     弟子にイギリスの建築家コンドルがいたこと、暁斎の絵師としての活発で先駆的な活動により同時代に海外で一躍有名になり、娘・暁翠が初期の女子美術教育に携わったことも先駆的であった。エピローグに「現代に『伝』えられる暁斎」として1993年に大英博物館で開催された暁斎展の折に子どもたちがワークショップで制作した作品の記録などの紹介も含め、暁斎から暁翠、河鍋家に受け継がれ、そして近年再認識され伝えられる暁斎の魅力を紹介。
      暁斎《枯木寒鴉図》
        《美人観蛙戯図》
        《いせ辰千代紙》
        《毘沙門天像》
        《鯉魚遊泳図》
      暁翠《百猩々》
        《寛永時代美人図》など

    講演・公演、以下全て本館 ミュージアムシアターにて、入館券のみ、午後2時〜(開場1時30分)
     申込不要、定員200名、当日正午より、会場入口にて入場整理券を配布(1人1枚)

    4/15(日)記念講演会「曾祖父暁斎、祖母暁翠を語る」河鍋楠美氏(河鍋暁斎記念美術館 館長)
    4/29(日)スペシャル・アート・トーク「現在から見る暁斎の魅力」+ 河鍋楠美
           牧野友衛氏(トリップアドバイザー株式会社 代表取締役)
           玉置泰紀氏(KADOKAWA 2021年室 担当部長、元ウォーカー総編集長)
           伏谷博之氏(タイムアウト東京 代表取締役)
           河鍋楠美氏(河鍋暁斎記念美術館 館長)
    5/3(木・祝)暁斎が愛した能楽・狂言〜大藏彌太郎特別公演[第1回 末広がり]
         出演:大藏彌太郎千虎氏
         対談:河鍋楠美氏(河鍋暁斎記念美術館 館長)
    5/5(土・祝)暁斎が愛した能楽・狂言〜大藏彌太郎特別公演[第2回 膏薬煉]
         出演:大藏彌太郎氏
    6/3(日)記念講演会「画家と子孫の眼差し 〜 私見・絵師の魂 対談:山口晃/河鍋楠美」
           山口晃氏(画家)
           河鍋楠美氏(河鍋暁斎記念美術館 館長)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11101] 【大阪】今城塚古代歴史館/古代の日本海文化 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/03/24(Sat) 22:31:32  

     高槻市の今城塚古代歴史館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=105では、日本海岸の考古学について展示しています。 
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆春季特別展「古代の日本海文化ー太邇波の古墳時代ー」〜5/13(日)
        月曜(祝日は開館)祝日の翌日休館
        入館料金:一般200円 小中生100円
     丹後・丹波(タニワ)地域は、日本海沿岸の山陰や北陸との交流を通じ、北部九州とともに、大陸・朝鮮半島の最先端技術・文化を最初に導入酒、ガラスや玉類、鉄器等を生産した。工業や交易で得た富により、巨大な王墓を築き、ヤマト王権と深くつながりを持ち、大きな影響を与えていた。本展では、丹後・丹波地域の弥生・古墳時代の考古資料をとおして、古代の日本海文化を紹介。
      素環頭鉄刀、ヤリガンナ、鉄鏃:三坂神社墳墓群(京都府指定文化財)
      景初四年銘盤龍鏡:広峯15号墳(重文)
      三角縁神獣鏡:園部垣内古墳(重文)
      丹後型円筒埴輪:網野銚子山古墳
      盾持ち人埴輪   など

    講演会:2階映像研修室にて、午後1時30分〜3時、正午から受付にて整理券配布、定員150名
        (2)(3)(4)回は300円
    (1)3/25(日)「ヤマト王権と丹後・丹波の古墳ー副葬品からみた地域色ー」内田 真雄氏(学芸員)
    (2)4/15(日)「丹後の巨大前方後円墳」広瀬和雄氏(国立歴史民俗博物館 名誉教授)
    (3)4/22(日)「歴史時代の丹後と日本海文化」森島康雄氏(京都府立丹後郷土資料館資料課長)
    (4)4/28(土)「丹後弥生王国の盛衰ー海外交易が支えた王権の行方ー」肥後弘幸氏(木津川市教育委員会文化財保護課長)
    (5)5/6(日)「青龍三年鏡と景初四年銘鏡の謎」森田克行氏(特別館長)

    体験教室:体験学習室にて、午前10時15分〜正午 当日午前10時から受付
    (1)4/14(土)古代鏡づくり 定員20名 700円
    (2)4/7(土)土笛づくり 定員30名 300円
    (3)期間中毎週日曜 ハニワづくり 定員30名 約1ヶ月後に返却

    展示解説:4/8(日)4/29(日)5/13(日)午後2時〜30分
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11100] 【新潟】県立万代島美術館/古代アンデス文明展[3/21(水・祝)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/03/20(Tue) 23:53:48  

    新潟市の新潟県立万代島美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=15&c=0で明日から始まる古代アンデス文明展を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆BSN新潟放送創立65周年・新潟日報140年記念
     「古代アンデス文明展 ナスカ、ティワナク、そしてインカ帝国へ」3/21(水) 〜5/6(日)
        4/16(月)のみ休館
        入館料金:一般 1300円 高大生1100円 中学生以下無料
     南北4000km、海岸の砂漠地帯から人が住む限界の高地まで標高差は4500mにも及び、それぞれの環境に多彩な文化が盛衰を繰り返した、南米大陸西岸の古代アンデス文明。トマトやトウガラシ、ジャガイモなどおなじみの作物も古代アンデスの地で育まれ、世界の料理を変えた。本展では、地上絵のナスカや黄金の都といわれたシカンなど、アンデス文明を代表する9つの文化を、優れた意匠の土器、織物、黄金製品やミイラなど、選び抜かれた約200点の貴重な資料を通して紹介。先史時代から、16世紀のスペイン人によるインカ帝国征服まで、約1万5千年の文明史を見る。
      《象嵌のマスク》モチェ文化(紀元200年頃から750/800年頃)
      《細かい細工がほどこされた金の装飾品》シカン文化(紀元800年頃から1375年頃)
      《土製のリャマ像》ワリ文化(紀元650年頃から1000年頃)
      《カラササヤで出土した金の儀式用装身具》ティワナク文化(紀元500年頃から1100年頃)
      《縄をかけられたラクダ科動物(リャマ?)が描かれた土製の皿》ナスカ文化(紀元前200年頃から紀元650年頃)
      《男児のミイラとその副葬品》チリバヤ文化(紀元900年頃から1440年頃)


    講演会:3/21(水・祝)午後2〜3時30分、NICOプラザ会議室(朱鷺メッセ内 万代島ビル11階)
         無料・申込不要・先着120名
    「古代アンデス文明 その誕生から滅亡まで」篠田謙一氏(国立科学博物館副館長 兼 人類研究部長)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11099] 【兵庫】酒ミュージアム(白鹿記念酒造博物館)/HANAMI[3/21(水・祝)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/03/20(Tue) 23:52:55  

     西宮の酒ミュージアム(白鹿記念酒造博物館)http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=65では、春恒例のさくらコレクション展が明日から開催されます。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆平成30年春季特別展  笹部さくらコレクション展「HANAMI」3/21(水・祝)〜5/28(月)
        火曜休館(5/1(火)は臨時開館)
        入館料金:一般500円、小中生250円
              4/23(月)は「記念館」展示替えのため「酒蔵館」のみ開館 (入館料:一般200円、中・小生100円)
     花見は、平安時代に天皇や貴族の間で始まったとされ、江戸時代に入ると一般の人々にも親しまれた。江戸・京阪の都市部と近郊に桜の名所が生まれ、現在に受け継がれる。本展では、花見の酒食、花を詠(よ)んだ歌、花の名所等に関する美術品・資料を紹介。
      古伊万里錦手桜花文手付徳利
      和州芳野山勝景図(折本)貝原益軒 正徳3年(1713) など

    ミュージアムトーク:3/21(水・祝)5/12(土)午後2時〜 担当学芸員による展示解説

    笹部さくらゼミナール:4/8(日)記念館2階にて、午後2〜3時、申込不要、入館料のみ
    「桜の園 亦楽山荘(えきらくさんそう)と笹部新太郎」
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11092] 【東京】郷さくら美術館/第6回 郷さくら美術館 桜花賞展 投稿者:   《URL》   投稿日:2018/03/16(Fri) 13:20:33  
    【東京】郷さくら美術館/第6回 郷さくら美術館 桜花賞展 (画像サイズ: 210×297 77kB)

    郷さくら美術館では、「第6回 郷さくら美術館 桜花賞展」を開催中です。
    「郷さくら美術館 桜花賞」展は、「桜」を描いた現代日本画を多くの方々にご覧頂き、日本画の素晴らしさを再発見してもらうことを目的とした展覧会です。今回もこれからの活躍がますます期待される日本画家29名が、日本美術でおなじみの「桜」という大変難しいモチーフを相手に、それぞれの持ち昧を生かした個性的な素晴らしい桜の絵画に仕上げています。現代日本画家たちの個性を、豊かな桜花の美しさを、どうぞお楽しみください。

    ※出品作家によるトークイベントの実施も予定しています。詳細につきましては、当館ホームページ内、「関連イベント」でご確認下さい。

    展覧会名:第6回 郷さくら美術館 桜花賞展/同時開催「桜百景vol.13」展
    開催期間:2018年3月3日(土)〜5月27日(日)
    休 館 日 :月曜日(但し3/26、4/2、4/30は開館、5/1は休館)
    WEBサイト:https://exhibition.localinfo.jp
    開催場所:郷さくら美術館 東京 東京都目黒区上目黒1-7-13 電話:03-3496-1771
    料 金:一般500円/シニア(70歳以上)400円/大高生300円/中学生100円/小学生以下無料
    *障害者手帳をお持ちの方は該当料金の半額


      [No.11089] 【兵庫】陶芸美術館/弥生の美−土器に宿る造形と意匠− 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/03/12(Mon) 20:47:51  

     篠山市の兵庫陶芸美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=133では、日本の陶芸の源流とも言える弥生土器の展示を開催中です。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆特別展「弥生の美−土器に宿る造形と意匠−」〜5/27(日)
       月曜休館(4/30(月・祝)は開館、5/1(火)は休館)
       開館時間:午前10時〜午後6時(4/29〜5/5は7時まで、入館は閉館の30分前まで)
       入館料金:一般1000円 大学生800円 高校生以下無料
            70歳以上、障害のある方は半額、介助者1名は無料
     明治17年(1884)、エドワード・S・モース(1835〜1925)によって、東京帝国大学裏手の向ヶ岡弥生町(現文京区弥生)の貝塚で発見された球形の土器が発見場所の地名から「弥生式土器」と呼ばれた。
     縄文土器と比べ、薄手で硬く、明るい褐色の土器は九州から東北までの広い地域から出土する弥生土器は、多様な縄目文様やうつわから溢れるような突起物で装飾された火焔土器など、躍動的な縄文土器とは趣を異にし、機能性に優れたシンプルな造形と洗練された意匠が、静穏で対照的。約2,400年前(一説では約3,000年前)、稲作が大陸から北部九州へと伝わり、稲作とともに青銅器や鉄器も伝わり、新たな素材による道具の普及は、農耕生活や社会構造に影響を与え、用途にあわせた多様で地域色のある土器が生み出された。
     本展では、全国各地の遺跡から出土した重要文化財31点を含む、160点を超える多種多様な弥生土器の優品を展示。
      《人面付壺型土器》(重要文化財) 泉坂下遺跡(茨城県常陸大宮市)出土 弥生時代中期
      《朱彩壺形土器》(重要文化財) 朝日遺跡(愛知県清須市・名古屋市)出土 弥生時代後期 
      《台付蓋付鉢形土器》(重要文化財) 瓜破遺跡(大阪府大阪市)出土 弥生時代中期
      《壺形土器》 板付遺跡(福岡県福岡市)出土 弥生時代前期 
      《壺形土器》 南方遺跡(岡山県岡山市)出土 弥生時代中期 
      《広口壺形土器》 船橋遺跡(大阪府柏原市・藤井寺市)出土 弥生時代中期 など

    講演会:事前申込制、電話・FAX、館サイトから申し込み
    研修棟1Fセミナー室にて、午後1時30分〜3時、定員110名先着順、入館券のみ

    3/17(土)「女王・卑弥呼が使った器たち」石野博信氏(兵庫県立考古博物館名誉館長)
    4/28(土)「弥生文化の始まりとその広がり」藤尾慎一郎氏(国立歴史民俗博物館教授)
    5/26(土)「弥生vs.現代陶芸作家によるトークセッション/現代陶芸作家からみた弥生の造形、その魅力」
        加古勝己氏(兵庫県篠山市)・ かのうたかお氏(京都府京都市)・ 谷穹氏(滋賀県甲賀市)

    学芸員によるギャラリートーク:3/24(土)4/7(土)4/21(土)5/5(土)5/19(土)午前11時より
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 暗証キー

    - Web Forum -
    - Antispam Version -