ほっとミュージアム 談話室
[ホームへもどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 発言サイズは画像も含めて130KBまで、URLは20個までです。
  • その他[留意事項]を良くお読みの上ご利用ください
  • 新規紹介用 でワード検索すると、フォーマット発言が開きます

  •   [No.10541] Re: 【東京】郷さくら美術館 東京 /第5回 郷さくら美術館 桜花賞展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/03/05(Sun) 00:35:00  

    郷さくら美術館 東京 さん、こんにちは。

    >2017年3月4日(土)より第5回 郷さくら美術館 桜花賞展を開催いたします。
     いよいよ、桜花賞展はじまりましたね。
     本当に、ここのところ暖かさを感じ、三月に入り、一気に春らしくなってきました。今年も、開花は早まりそうな感じですね。
     自然の中に融け込む桜、浮かび上がる華やかな桜、散り輝く桜、その美しさ自体が日本的な桜を賞でたいと思います。

                   明日香 光二/馬場 英明


      [No.10534] 【ほっとミュージアム】3月改訂されました 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/03/03(Fri) 21:08:28  

     しっとりとした雨とともに暖かさもつれてきてくれているようです。
     奈良でのお水取り−お松明行事もはじまり、春本番の入口に来ていることを感じます。
     2月末までに談話室にアップされた情報をもとに、三ッ木さんにデータ編集を、ほりうちさんにサイト作成を担当して頂き、ポータルサイト「ほっとミュージアム」が改訂されています。
     本日、まさに ひなまつりですが、まだ雛祭り展の追加も入れています。旧暦の節句まで、まだまだ展示が続くところも多いので、どうぞ、春の風情をお楽しみ下さい。
     また、日本の伝統文化や、外国文化と触れあったころの歴史の展示なども盛んです。どうぞ、豊かな文化・芸術の世界を味わって下さい。

     その際、訪問されたミュージアムや展覧会のご感想やデータにお気づきの点など、この談話室へ、お寄せいただくと大変喜ばしく存じます。どうぞよろしくお願いいたします。

                    本談話室の管理人 明日香 光二/馬場 英明


      [No.10533] 【東京】町田市立国際版画美術館/吉例浮世絵大公開! 江戸ノスタルジア[3/11(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/02/28(Tue) 23:35:35  

     町田市立国際版画美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=307 で3/11(土)から開催される、浮世絵の展示を紹介します。 
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「吉例浮世絵大公開! 江戸ノスタルジア」3/11(土)〜4/9(日)
         月曜休館(祝日の場合は翌日)
         午前10時〜午後5時(土日祝は5時30分まで、入館は閉館30分前まで)
         入館料金:一般600円 高大生・65歳以上300円 中学生以下 無料
                 初日3/11(土)は入場無料
               身体障がい者手帳、愛の手帳(療育手帳)または精神障がい者
                   保健福祉手帳をお持ちの方と付添の方1名は半額
     明治の幕開けにより「江戸」は「東京」になったが、旧幕府時代を批判した新政府の態度や社会の変化には戸惑いも感じ、明治22年(1889)には旧幕臣による「江戸開府三百年祭」が開催され、江戸への郷愁も高まっていた。
     関連して、明治22年前後の浮世絵には「江戸」を題材にした例が多くみられ、自身も旧幕府軍として戦った経験のある楊洲周延(ようしゅうちかのぶ)は、代表作『千代田之大奥』などで、かつては描くことのできなかった大奥や江戸城の様子を描く。明治を代表する浮世絵師、月岡芳年(つきおかよしとし)は、『風俗三十二相』シリーズで、江戸美人の姿に追憶を込めた。本展では「明治時代に描かれた江戸」という視点から、江戸時代について、また時代の変わり目に生きた明治の人びとについて考える。
     楊洲周延「風俗三十二相 うるささう 寛政年間 処女之風俗」 明治21年(1888) 木版
     楊洲周延「江戸風俗 朧春花之夜桜」 明治22年(1889) 木版
     楊洲周延「千代田大奥御花見」明治27年(1894)
     水野年方「三十六佳撰 卯月 延享頃婦人」 明治27年(1894) 木版
     豊原国周「葵艸松の裏苑 第十四帙 家茂公御配偶和宮」明治12年(1879) など
     月岡芳年「新形三十六怪撰 四ツ谷怪談」 明治25年(1892) 木版

    館長によるスペシャルトーク:3/26(日)
    学芸員によるギャラリートーク:3/12(日)、4/8(土)
     いずれも午後2時〜45分程度


    美術館で語り合おう トークフリーデー:会期中水・土曜日
    「鑑賞のための静けさ」よりも作品をめぐる会話を楽しむ、小さなお子さま連れの方も可。

    ☆同時開催 ミニ企画展 「シリーズ現代の作家 追悼・木村利三郎」〜4/9(日)入場無料
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                          明日香 光二/馬場 英明


      [No.10531] 【兵庫】あまらぶアートラボ A-Lab. /小出麻代「うまれくるもの」[3/10(金)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/02/28(Tue) 23:33:34  

     尼崎市のアートスペース、あまらぶアートラボ A-Lab.http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=55で3/10(金)から開催される展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆A-Lab Exhibition Vol.7 「まちの中の時間」プロジェクト
      小出麻代「うまれくるもの」 3/10(金)〜4/9(日)
         火曜休館
         開館時間:(月・水〜金)午前11時〜午後7時 
                (土・日・祝) 午前10時〜午後6時
         入館無料
     関西を拠点に活動し、日常で目にした現象や、自身の記憶、体験を軸としたインスタレーションを制作する美術家・小出麻代(1983-)の展示。タイトルである「うまれくるもの」は1年間、尼崎の街をリサーチする中で目にした光景や、資料、他者の話から思い描いた、過去と未来の街の表情を丁寧に見つめることで、立ち現われる街の姿を表し、様々な「うまれくるもの」に触れ、想像を巡らせ、新たな認識を生み出す。本展は2015年に開催されたあまらぶアートラボA‐Labのオープニング展覧会「まちの中の時間」をキックオフイベントとする一連のプロジェクトによるもの。

    アーティストトーク:午後3〜4時、定員30名、申込不要、直接会場へ
    3/11(土)対談「うまれくる言葉」を交わして
          野口卓海氏(美術批評/詩人)×小出麻代氏
    4/8(土)対談「うまれくる場所」をめぐって
          大槻晃実氏(芦屋市立美術博物館学芸員)×小出麻代氏
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                          明日香 光二/馬場 英明


      [No.10528] 【東京】国立西洋美術館/シャセリオー展[2/28(火)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/02/27(Mon) 23:53:25  

     上野公園の国立西洋美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=126では、フランス・ロマン主義時代の画家の展覧会が2/28(火)から開催されます。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「シャセリオー展―19世紀フランス・ロマン主義の異才」2/28(火)〜5/28(日)
         月曜休館(3/20、3/27、5/1は開館)、3/21(火)休館
         午前9時30分〜午後5時30分(金曜は8時まで、入館は閉館の30分前まで)
         入館料金:一般1600円 大学生1200円 高校生800円
               中学生以下は無料。
               心身に障害のある方および付添者1名は無料(要手帳提示)
     11歳でアングルに入門を許されたテオドール・シャセリオー(1819-1856)は、ロマン主義の潮流の中で古典主義を離れ、独特のメランコリックな情熱と抒情を湛えた作品世界を作りあげた。アルジェリアを旅してオリエンタリスム(東方趣味)の画家ともいわれるが、カリブ海のスペインの旧植民地に生まれ、独自の芸術の道を模索したこの画家自身が内面に異邦的(エキゾティック)なるものを持ち、観る者の心をうつ。本展では、ルーヴル美術館所蔵品を中心に、絵画約40点、水彩・素描約30点、版画約10点、写真や資料などによってシャセリオーの画業全体を紹介し、影響を受けたギュスターヴ・モローやピュヴィス・ド・シャヴァンヌらの作品約20点もあわせて展示し、ロマン主義から象徴主義への展開、そしてオリエンタリスムの系譜のなかでその芸術の意義を再考する。
      テオドール・シャセリオー
        《カバリュス嬢の肖像》1848年 油彩・カンヴァス
        《アポロンとダフネ》1845年 油彩・カンヴァス
        《自画像》1835年 油彩・カンヴァス
        《気絶したマゼッパを見つけるコサックの娘》1851年 油彩・板
        《アクタイオンに驚くディアナ》1840年 油彩・カンヴァス  など


    講演会:地下2階講堂にて、午後2〜3時30分(開演の30分前から入場)、定員:各回先着140名、
    当日正午より、館内インフォメーションにて、本展の観覧券をお持ちの方1人につき1枚聴講券を配付

    3/2(木)「シャセリオーと自然」ヴァンサン・ポマレッド氏(ルーヴル美術館文化メディエーション部長)※同時通訳付き
    4/2(日)「テオドール・シャセリオーと聖堂装飾」喜多崎 親氏(成城大学教授)
    5/13(土)「シャセリオーと会計検査院の大壁画」陳岡めぐみ氏(主任研究員)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                          明日香 光二/馬場 英明


      [No.10527] 【和歌山】田辺市立美術館/生誕110年記念 吉岡堅二展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/02/27(Mon) 23:52:27  

     田辺市立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=30&c=11では、現代の日本画家の回顧展が開催されています。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆生誕110年記念「吉岡堅二展」〜3/26(日)
        月曜休館(3/20は開館)・3/21(火)休館
        入館料金:大人600円 学生及び18歳未満は無料
     吉岡堅二(1906-1990)は日本画家吉岡華堂の次男だが、堅二は一時期彫刻家を目指すものの、1921(大正10)年、15歳のときに、華堂と親交のあった画家、野田九浦に入門して、父と同じ日本画の道を歩み始めた。日本画の伝統的な技法で20歳のときには帝展に初入選し、1930(昭和5)年の帝展では特選を受賞するが、この頃より西洋絵画の手法を取りこみ新しい感覚の日本画を発表して注目される。
     戦後間もなくに、山本丘人、上村松篁らとともに「創造美術」を旗揚げし、以後の「新制作協会日本画部」、「創画会」においても、現代的な日本画の表現を世に問う。1959(昭和34)年から東京藝術大学の教授に就任して後進の指導にあたり、法隆寺金堂壁画の模写にも関わる。多彩な活動で、1990(平成2)年に83歳で亡くなった吉岡堅二の芸術を、初期から晩年までの作品約40点によって振り返る。  《氷原》1940年
      《熱帯植物と蛾》1935年
      《濤》1939年
      《群鶏》1953年
      《黒鳥屏風》1978年  など

    展示解説会:3/4(土)午後2時〜 学芸員による

    記念講演会:3/18(土)午後2時〜 研修室にて、入館料のみ、手話通訳つき
    「吉岡堅二の軌跡」学芸員
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                          明日香 光二/馬場 英明


      [No.10526] 【和歌山】熊野古道なかへち美術館/戦後の日本画 見ました 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/02/27(Mon) 23:51:53  

     2/25(土)に、熊野古道歩きの途中に、熊野古道なかへち美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=30&c=10に立ち寄りました。ここでの企画展を紹介しておきます。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆館蔵品展「戦後の日本画」〜3/26(日)
        月曜休館(3/20は開館)・3/21(火)休館
        入館料金:大人250円 学生及び18歳未満は無料
     田辺市立美術館が収蔵する戦後間もなくの1948(昭和23)年に結成された「創造美術」と、それ以後の「新制作協会日本画部」、「創画会」において活躍し、日本画の現代化を進めてきた画家たちの作品。 「創造美術」を創立した画家の一人である、奥村厚一(1904−1974)の作品や、「創造美術」の活動に参加していった次の世代の画家たち、稗田一穂(1920−)、麻田鷹司(1928−1987)らの作品を特集して展示し、戦後に切り開かれた新しい日本画の表現を紹介。
        奥村厚一《北岬》1972
        麻田鷹司《那智E》1960
              《湖北》1966
        加山又造《黒い烏》1958
        稗田一穂《水影》1962 など

    3/11(土)午後2時より学芸員による展示説明会
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                           参考:館のチラシとホームページ

     一つの空間だけの展示室に配置されたたった12枚の絵画。こういう絵たちも「日本画」と言うんだ…と感じます。
     「日本画」って、庭や山野の花木に、伝統的な日本の鳥を配した「花鳥画」や、中国や日本の理想郷を描く「山水画」、を考えます。が、そうではない、あえて言えば異様な絵画が並びます。
     稗田一穂《からす》など、デザイン画のようだし、《ふさほろほろ鳥》など、こんなに優雅でない鳥を鮮やかな黄色バックに描くんだ。
     《春巡る熊野》は正統派な風景画と」見えるが、屏風《鷹の住む岬》はまるでスター・ウォーズに登場する異星の風景のように、幾何学的に切り立った岩場の図。《荒原》に描かれた岩場はまるでキュビスム。
     麻田鷹司《那智C》《那智E》は、モノクローム版画のように、シンプルに描いた那智の滝の図に、箔を入れて空を輝かせるか、水を輝かせるか、反転させてみる。…まるで、アンディ・ウォーホルの連作のよう。

     この2/25(土)にも学芸員の展示解説会があり、興味深く鑑賞させて頂きました。こうした戦後の日本画を開いたのは、既に戦前に活躍していた画家たち、例えば奥村厚一が戦後に、自信を無くしていた日本画の再興のために新しい試みを肯定したことで、戦後世代の画家たちが育っていったのだと。
     なお、「館蔵」「本館学芸員」とは田辺市立美術館のことで、市町村合併後、この熊野古道なかへち美術館は、田辺市立美術館の分館になっているからです。コレクションの共通化で、この館の展示の幅も広がっているように思います。そして、田辺市立美術館(本館)でも同じ学芸員の企画で、関連展が開催されているとのこと。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                          明日香 光二/馬場 英明


      [No.10523] 【京都】芸術センター/作家のいない展覧会 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/02/26(Sun) 23:18:23  

     四条烏丸の京都芸術センターhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=41では、学芸員が企画した現代美術の展覧会が開催されています。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆キュレータードラフト2017「スポンテイニアス・ビューティー −作家のいない展覧会−」〜3/26(日)
        会期中無休
        入館無料
     そのタイトルが示す通り、特定のアーティストによる作品展示を行わず、キュレーター(企画者)・笹原晃平が「京都」という街を7つのセクションからキュレーション(企画)する新しいタイプの現代美術の展覧会。
     「スポンテイニアス/spontaneous」とは、「なりゆき・自発的」という意味の英語で、「なりゆきの美しさ」街の中で忘れられてしまったもの、捨てられてしまったもの、無くなってしまったもの、消えていってしまったものの中に眠っている美しさに着目してキュレーションを行う。個人の内省や感情ではなく、地域やコミュニティといったより大きな集団から創出される類の美しさを個人的な意図や作家性を極力排除して構成し、一つの「展覧会」という形で見せる。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                          明日香 光二/馬場 英明


      [No.10518] 【三重】式年遷宮記念 神宮美術館/野―歌会始御題によせて― 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/02/24(Fri) 23:18:11  

     式年遷宮記念 神宮美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=24&c=12では、今年の歌会始に関わる美術展示を開催中です。 
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆特別展「野―歌会始御題によせて―」〜3/21(火)
       木曜休館(祝日の場合は、翌日休館)
       入館料金:大人500円、中学生以下100円

     毎年春の嘉例として、和歌を通じて皇室と国民を一つに結ぶ「歌会始」の御題によせた特別展を今回で22回目の開催。
     様々な観点から「野」を捉えた日本画・洋画・書・彫刻・工芸作品を展示し、やすらぎや心地よさを感じる。大家の作品と、新進気鋭の作家の作品など、あわせて約40点で、崇高な精神性と技の冴えをみる。
      児玉希望「枯野」
      富岡鉄斎「大原邨婦圖」
      中村光幸「Field」
      澹擁チ法嵬遏ラ
      奥山峰石「打込象嵌水指 野の花」  など

    講演会:3/11(土)午後1時より、神宮徴古館 別館2階 会議室にて、
    「野 〜私の制作風景より〜」澹擁チヒ 氏(日本藝術院会員) 
    学芸員の展示ガイド(毎週日曜日午後2時)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                          明日香 光二/馬場 英明


      [No.10517] 【東京】板橋区立美術館/長崎版画と異国の面影[2/25(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/02/24(Fri) 22:48:49  

     西高島平の板橋区立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=254では、長崎の異国情緒溢れた版画の展示が2/25(土)から開催されます。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「江戸に長崎がやってきた! 長崎版画と異国の面影」2/25(土)〜3/26(日)
        月曜休館(但し3/20は開館し、翌日休館)
        入館料金:一般650円 高大生450円 小中生200円(土曜日は小中高校生は無料)
              20名以上団体・65歳以上・障がい者割引あり(要証明書)
     長崎港に入港するオランダ船や唐船、ギヤマンの杯や肉料理が並ぶ出島商館員の食卓など、海外との貿易都市である長崎に材を求め、異国趣味に溢れた町の雰囲気を伝える、江戸中期から100年以上もの間、長崎で版行された「長崎版画」。
     これらの版画には、作者の署名どころか、版元名すらないこともしばしばだが西洋画法に秀でた荒木如元や川原慶賀、舶来画を鑑定・模写する唐絵目利まで様々な画人が関わったと推測される。また、版元・大和屋に入婿した磯野文斎のように、江戸仕込みの本格的な多色摺で洗練された作品を世に送り出した絵師もいた。本展は、長崎版画の源流とされる蘇州版画や、初期作品から、報道性を盛り込んだ幕末の作品まで約100点により、長崎版画の多彩な魅力を紹介し、長崎で描かれた異国の面影を感じさせる肉筆作品約30点も展示。
      荒木如元「蘭人鷹狩図」
      針屋版「大清人」
      大和屋版「阿蘭陀船入津ノ図」
      大和屋版「唐土婦人納涼の図」
      文錦堂版「阿蘭陀人」
      大和屋版「唐館書房之図」
      版元無記「阿蘭陀人図」
      文錦堂版「三ヶ国人物之図」
      大和屋版「長崎八景 立山秋月」
      谷鵬紫溟「唐蘭風俗図屏風」
      川原慶賀「長崎蘭館饗宴図」
      大和屋版「阿蘭陀婦人の図」 など

    講演会:講義室にて午後2〜3時30分、無料、先着100名
    3/11(土)「長崎版画と異国趣味」成澤勝嗣氏(早稲田大学文学学術院 教授)
    3/18(土)「出島の暮らしと描かれたオランダ人」松井洋子氏(東京大学史料編纂所 教授)
    3/20(月・祝)「長崎版画入門」植松有希氏(学芸員)

    担当学芸員によるスライドトーク:2/26(日)3/12(日)講義室にて午後2〜3時、無料、先着100名
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                          明日香 光二/馬場 英明


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 暗証キー

    - Web Forum -
    - Antispam Version -