ほっとミュージアム 談話室
[ホームへもどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 発言サイズは画像も含めて130KBまで、URLは20個までです。
  • その他[留意事項]を良くお読みの上ご利用ください
  • 新規紹介用 でワード検索すると、フォーマット発言が開きます

  •   [No.11226] 【現代美術】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/07/01(Sun) 17:45:03  

     自由な造形や映像などの現代美術の新しい展示を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて、訪問にご利用下さい。

    【北海道】
    北海道立帯広美術館,☆「魔法の美術館Art in Wanderland」〜9/5(水)
    苫小牧市美術博物館,☆特集展示「安田葉 WIND BIRDS」7/14(土)〜9/24(月・祝) 

    【長野】
    軽井沢ニューアートミュージアム
     ☆「坪田昌之: Unknown Memory」7/4(水)〜7/28(土)
     ☆「画家まつお 展 〜 KaNAM Challenge Wall 15 〜」〜7/29(日)
    セゾン現代美術館,☆企画展「レイヤーズ・オブ・ネイチャー その線を超えて」〜9/2(日)

    【岐阜】
    岐阜県美術館
     ☆「IAMAS ARTIST FILE #06」9/8(土)〜11/3(土・祝) クワクボリョウタと会田大也らによる展覧会

    【静岡】
    静岡市美術館,☆「起点としての80年代」2019年1/5(土)〜3/24(日)

    【愛知】
    ノリタケの森クラフトセンター,☆「Kam,Ra-Young & Seo,Eun-Kyeong 二人展」7/18(水) 〜7/22(日)造形
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                      明日香 光二/馬場 英明


      [No.11221] 【民俗地誌】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/07/01(Sun) 17:42:17  

     日本の生活文化や世界の地誌に関する新しい展示を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて、訪問にご利用下さい。

    【北海道】
    北海道開拓の村,☆北海道150年記念事業 特別展「北海道の暮らし走馬灯」〜8/26(日)
    北海道立釧路芸術館
     ☆「極北のくらしと手仕事 イヌイットの壁かけ展 道立北方民族博物館コレクションより」〜8/26(日)
    北海道立北方民族博物館
     ☆第33回特別展「Northe to the Future 北方から未来へ 
          −日本人が出会ったアラスカ」7/14(土)〜10/8(月・祝)
    【青森】
    弘前市立博物館,☆企画展2「弘前ねぷた展」7/28(土)〜9/9(日)

    【岩手】
    もりおか歴史文化館
     ☆テーマ展「太陽と月、ときどき星」7/20(金)〜9/17(月・祝)
     ☆企画展「衣装と意匠−武家のよそおい−」7/28(土)〜9/24(月・祝)
     ☆企画展「南部鉄器青年展 −南部の鐡学−」10/7(日)〜10/28(日)
     ☆企画展「器百様−土器と鉄器と食器と武器と−」12/1(土)〜2019年2/11(月・祝)
    遠野市立博物館,☆平成30年度夏季特別展「遠野物語と河童」 7/20(金)〜9/24(月・祝)

    【長野】
    坂城町鉄の展示館,☆「坂城のお雛さま〜江戸から昭和まで〜」2019年2/9(土)〜3/31(日)

    【岐阜】
    岐阜市歴史博物館,☆企画展「ちょっと昔の道具たち」12/25(火)〜2019年3/10(日)
    光ミュージアム
     ☆特別展「ドラゴンボールZの脚本家小山高生コレクション展」
        〜ジェームズ・ディーンから大谷翔平選手まで〜」〜9/18(火)
    みのかも文化の森美濃加茂市民ミュージアム
     ☆収蔵品展「蚕とまゆ展」〜8/26(日)
     ☆「ダム―木曽川・飛騨川― 展」7/14(土)〜8/26(日)

    【静岡】
    静岡市芹沢けい介美術館,☆「芹沢けい介の収集―世界の仮面と衣装―」12/11(火)〜2019年3/24(日)
    浜松市博物館
     ☆テーマ展「いにしえの文字と浜松」〜7/8(日)
     ☆テーマ展「6分の1の日進月歩〜明治から昭和のスゴロク〜」7/21(土)〜9/9(日)
     ☆小展示「道具たちの100年」9/15(土)〜2019年3/3(日)
    佐野美術館,☆「佐野美術館のおひなさま」2019年3/2(土)〜4/7(日)

    【愛知】
    徳川美術館,☆特別展「尾張徳川家の雛まつり」2019年2/9(土)〜4/7(日)
    名古屋市蓬左文庫,☆企画展「ひなを楽しむ−旧家のひな飾り−」2019年2/9(土)〜4/7(日)
    名古屋市博物館,☆特別展「海たび 尾張・知多の海とひとびと」7/14(土)〜9/17(月・祝)
    豊橋市二川宿本陣資料館,☆「戌年から亥年 干支と新春の遊び展」12/1(土)〜2019年1/14(月・祝)
    岡崎市美術博物館
     ☆収蔵品展「美博びっくり箱-学芸員こだわりの逸品(仮題)」11/24(土)〜2019年1/14(月・祝)
     ☆収蔵品展「暮らしのうつりかわり」2019年1/26(土)〜3/24(日)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                      明日香 光二/馬場 英明


      [No.11220] 【日本画書】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/07/01(Sun) 17:41:41  

     日本画や書道に関する新しい展示を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて、訪問にご利用下さい。


    【北海道】
    網走市立美術館,☆第59回「北海道書道展 網走移動展」7/14(土)〜8/5(日)

    【岩手】
    岩手県立美術館,☆「うるわしき美人画の世界―木原文庫より―」〜8/19(日)

    【長野】
    水野美術館,☆水野コレクション「絵をよむ・物語をみる−日本画家たちの描く物語−」〜7/29(日)
    康燿堂美術館
     ☆Summer Exbition2018『Colorful』7/3(火)〜9/14(金)
     ☆Autumn Exbition2018『Breath』9/27(木)〜11/30(金)
    軽井沢千住博美術館
     ☆「千住博 版画展」〜7/17(火)
     ☆「At World’s End −新作「地の果て」に至るモチーフの系譜−」〜12/24(月・振)
    坂城町鉄の展示館,☆「男谷燕斎の書〜幕府祐筆の手跡〜」12/11(火)〜2019年2/3(日)

    【岐阜】
    岐阜市歴史博物館分館 加藤栄三・東一記念館
     ☆「加藤栄三・東一 風景との出逢い」 〜7/29(日)
     ☆「多賀 雪庭 日本画展」 〜7/29(日)
     ☆「加藤栄三・東一 鵜飼に魅せられて」7/31(火)〜9/30(日)
     ☆「石川 響 日本画展」7/31(火)〜9/30(日)
     ☆「加藤栄三・東一 素描の魅力」10/2(火)〜12/27(木)
     ☆創立60周年記念「岐阜形象派展」10/2(火)〜11/11(日)
     ☆「ニホンガノキズナ 黎明×??」11/13(火)〜12/27(木)
     ☆「ぎふ次世代の作品家」2019年1/5(土)〜3/3(日)
    大垣市守屋多々志美術館
     ☆企画展「大垣散歩」〜7/8(日)
     ☆第71回企画展「女性を描く」7/21(土)〜9/17(月・祝)

    【静岡】
    駿府博物館,☆特別展「金澤翔子書作展 『感謝』」〜9/2(日)
    清水港湾博物館(フェルケール博物館)
     ☆特別展「墨外−截金で描く仏画−」11/10(土)〜2019年1/20(日)
    平野美術館
    ☆開館30周年記念特別展「近代美人画−描かれた女性たちに託された秘密−」7/7(土)〜9/2(日)
    掛川市二の丸美術館
     ☆鈴木コレクション(所蔵品)
        「日本画を愛でる−美人画・花鳥画・風景画−」2019年2/9(土)〜3/24(日)
    【愛知】
    徳川美術館
     ☆秋季特別展「もじえもじ―文字が絵になる、絵が文字になる―」9/9(日)〜10/28(日)
     ☆特別展「源氏物語の世界―王朝の恋物語―」 11/3 (土・祝) 〜 12/16 (日)
     ☆企画展「書は語る―30cmのエスプリ―」2019年1/4 (金) 〜2/3 (日)
    名古屋市蓬左文庫,☆企画展「書は語る―30cmのエスプリ―」2019年1/4 (金) 〜2/3 (日)
    文化のみち二葉館(名古屋市旧川上貞奴邸)
     ☆「くらしの書展 矢野優雪と仲間たち 涼のひびき」7/12(木)〜7/17(火)
    ノリタケの森クラフトセンター
     ☆「記憶がたり 下総しげお作品展」7/18(水) 〜7/22(日)墨彩画
     ☆「沼本三郎 墨で描くパリの光と影」7/31(火)〜8/5(日)
    桑山美術館,☆新春展「小品画の魅力―暮らしを彩る日本画―」2019年1/5(土)〜2/3(日)   
    名古屋市博物館,☆特別展「画僧月僊」12/15(土)〜2019年1/27(日)

    【京都】
    京都国立近代美術館,☆生誕110年「東山魁夷展 本当の「あお」に出会う」8/29(水)〜10/8(月・祝)
    千總ギャラリー,☆「明治150年記念 千總の屏風祭」〜8/26(日)

    【奈良】
    松伯美術館,☆「上村松篁展 夢見る楽園ー下絵や素描から知る松篁の理想世界ー」〜9/2(日)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                      明日香 光二/馬場 英明


      [No.11219] 【日本洋画】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/07/01(Sun) 17:40:35  

     日本人画家による洋画を中心とする新しい展示を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて、訪問にご利用下さい。

    【北海道】
    北海道立文学館
     ☆戦没画学生慰霊美術館「無言館展
        ―手ばなさなかった絵筆、いのちの軌跡―」 7/7(土)〜9/9(日)
    北海道立三岸好太郎美術館
     ☆アートギャラリー北海道事業「河村泳静所蔵(伊達市教育委員会寄託)
         フランク・シャーマンコレクション選」7/7(土)〜9/2(日)
     同時開催◇アートギャラリー北海道事業 mima - no - me #みまのめ 〈VOL. 1〉
          「津田光太郎(1995年生まれ)と寺田朱里(1999年生まれ)油彩画」
     同時開催◇所蔵品展「三岸好太郎セレクション−夭折の画家 愛のまなざし」7/7(土)〜9/2(日)  
     
     ☆特別展◇beyond2020プログラム「三岸好太郎を追いかけて」9/15 (土)〜11/25(日) 
      アートギャラリー北海道事業mima - no - me #みまのめ
     ☆所蔵品展「三岸好太郎セレクション」
      アートギャラリー北海道事業mima - no - me #みまのめ
                            第1期:12/8(土)〜2019年2/3(日)
                            第2期:2019年2/13(水)〜4/11(木) 
    市立小樽美術館
     ☆特別展「小樽画壇の煌めき 描きつぐ伝統と発展」〜7/8(日)
     ☆「中村善策 画風の変遷」〜10/21(日)
    釧路市立博物館
     ☆企画展「第24回タンチョウイラスト展」〜7/8(日)
     ☆企画展「田中眞理 生物細密画展〜昆虫を描く」7/14(土)〜9/30(日)
    北海道立帯広美術館,☆「神田日勝と道東の画家たち&岡沼淳一・木彫の世界」9/15(土)〜12/2(日)
    小川原脩記念美術館,☆常設展「小川原 脩展 遥かなるイマージュ1」〜8/26(日)
    木田金次郎美術館
     ☆特別展示「木田金次郎 コレクション再結集」7/5(木)〜11/4(日)
     ☆しりべしミュージアムロード展「花さんぽ」7/14(土)〜9/24(月・祝)
    神田日勝記念美術館,☆開館25周年記念展「《室内風景》を巡る、これまでとこれから」〜9/2(日)

    【青森】
    青森公立大学 国際芸術センター青森
     ☆2018年度 アーティスト・イン・レジデンス「未完の庭、満ちる動き」7/28(土)〜9/9(日)

    【岩手】
    萬鉄五郎記念美術館,☆「萬鉄五郎 死者の肖像 萬鉄五郎が描いた肖像画」〜7/8(日)

    【千葉】
    ホキ美術館,☆「SPARK あの時君は若かった」〜11/18(日)

    【長野】
    北野美術館別館 北野カルチュラルセンター,☆「鶴田一郎・美人画展」7/13(金)?7/15(日)
    諏訪市美術館
     ☆特集展示「高橋靖夫−地にあるものたち−」
     同時開催 収蔵作品展「高橋貞一郎、宮原麗子」〜7/22(日)
    小諸高原美術館,☆「郷土の現代美術作家展」〜7/7(土)
    東御市梅野記念絵画館・ふれあい館,☆「梅野記念絵画館の美展 安藤信哉展」 2019年2/15(金)〜3/31(日)洋画

    小海町高原美術館,☆「竹久夢二展(仮称)」〜8/26(日)  
    田崎美術館,☆「2018 田崎廣助展 富士 (本館)/信州 (別館)」〜11/4(日)
    脇田美術館,☆「鳥を放つ 〜脇田和の世界展」〜11/18(日)
    おぶせ藤岡牧夫美術館,☆原画展示「輝く水面展」「ひそむ生物展」〜9/2(日)

    【静岡】
    上原美術館,☆近代館「須田国太郎―上原コレクションから―」9/22(土)〜12/9(日)

    【愛知】
    名古屋市美術館,☆「辰野登恵子展」2019年2/16(土)〜3/31(日)洋画

    【兵庫】
    BBプラザ美術館
     ☆「コレクションを核に 関西デモクラートの作家たち
      泉茂 山中嘉一 吉田利次 吉原秀雄」前期:7/3(火)〜8/5(日)
                        後期:8/7(火)〜9/17(月・祝)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                      明日香 光二/馬場 英明


      [No.11217] 【福岡】九州産業大学美術館/パリ→池袋→福岡・モンパルナス 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/06/27(Wed) 23:50:08  

     福岡市東区の九州産業大学美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=40&c=19では、3つの芸術都市をまたぐ芸術家たちをあつかった展示を開催中です。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆第27回所蔵品展「パリ→池袋→福岡・モンパルナス−芸術家が街に出る−」〜7/29(日)
       月曜休館(7/16は開館)
       入館料金:一般200円 大学生100円
     同じ街に集って暮らし、芸術談義を交わして芸術を探究し、街の人も芸術家達を受け入れた時代。
    1920年代、エコール・ド・パリの芸術家たちが集う街として注目されたモンパルナス、日本でもアトリエ村があり、「池袋モンパルナス」と呼ばれた地域、そして福岡の天神・中州エリア。それぞれの地で活躍した芸術家の名作約30点とともに、芸術家たちを支える「街」との関わりを紹介。
      パリ・モンパルナス 
       アンリ・マティス《若い女の頭部》1931
       藤田嗣治《二人の友だち》1930年
      池袋モンパルナス
       松本竣介《少年》1940年頃 
       野見山暁治《花と骸骨など》1948年頃
      福岡・モンパルナス
       桜井孝身《足》1956年    など

    学芸員によるギャラリートーク:毎週水曜日 12時20分〜12時40分 申込不要
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11216] 【大阪】小林美術館/アニマル・ワールド 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/06/27(Wed) 23:28:13  

     高石市羽衣の小林美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=152では、動物を描いた日本画の展示を開催中です。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆夏季特別展「アニマル・ワールド−わくわく飛び出す!日本画の動物たち−」〜9/2(日)
         月曜休館(7/16(月)は開館、7/17(火)は休館)
         入館料金:大人800円 高大生500円 小中生250円 小学生以下無料
     日本人の創作意欲をかきたてた「いきもの」たち。身近な存在の犬や猫をはじめ、馬や牛などの家畜、野生の鳥や虫、龍や鳳凰など空想上の動物まで。明治期以降、西洋文化の流入で動物はより写実的に描かれ、京都・円山四条派の画家たちは特に写生を重んじ、綿密なスケッチを行った。
     本展では、京都画壇で動物画に定評のある竹内栖鳳、その弟子の西村五雲や橋本関雪をはじめ、上村松園、川端龍子、杉山寧など近現代の日本画家たちが描いた「いきもの」を紹介。
      橋本関雪「意馬心猿図」
      大橋翠石「猛虎護児之図」
      三木翠山「清流趨涼」
      上村松園「ほたる」  
      森川曽文「鹿図」
      川端龍子「喜鵜」など

    学芸員による展示解説:7/1(日)7/7(土)7/12(木)7/21(土)7/29(日)
      8/5(日)8/9(木)8/18(土)8/26(日) 午後2時〜約30分、申込不要
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11215] 【愛知】名都美術館/墨に五彩あり −水墨画 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/06/27(Wed) 23:27:26  

     長久手町の名都美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=23&c=115では、水墨画の展示が開催中です。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆特別展・富山県水墨美術館所蔵名品展
     「墨に五彩あり −水墨画の奥深さを見る−」後期:〜7/22(日)
         月曜休館(7/16(月)は開館、7/17(火)は休館)
         入館料金:一般1000円 大学生700円 中高生500円 小学生以下無料
     古来、白と黒のモノクロームの世界に留まらず、みずみずしく発色してみせる、水墨表現は、近代に至るまで画家の心をとらえた。日本人の心を象徴する絵画として一ジャンルを築き、近代に至っては伝統と革新が融合する新境地が開拓された近代の水墨画を数多く所蔵する富山県水墨美術館より、名品を一堂に展示。
      《烏図屏風》竹内栖鳳 明治32年(1899)頃
      《牡丹(白)》小林古径 昭和18-19年(1943−44)頃
      《花鳥の図》石崎光瑤 昭和10年(1935)
      《白龍図》都路華香 昭和3年(1928)
      《凍れる月光》加山又造 昭和56年(1981)

    富山県水墨美術館 学芸員 鈴木博喬氏によるギャラリートーク
     6/30(土)午前10時30分〜、午後2時〜

    学芸員によるギャラリートーク:7/3(火)8(日)19(木)午後2時〜

    美術講座:7/14(土)午後2〜3時、定員30名、要予約(0561-62-8884)
    「水墨画の世界」鬼頭美奈子氏(学芸員)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11214] 【大阪】和泉市久保惣記念美術館/西洋古地図を旅する 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/06/27(Wed) 23:26:32  

     和泉市久保惣記念美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=141で開催中の古地図の展示を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「地図 エクスパンション!−西洋古地図を旅する−」〜7/29(日)
       月曜休館(7/16(月)は開館、7/17(火)は休館)
       入館料金:一般500円 高大生300円 中学生以下無料
     新しい大陸を求めて海へ出た人々によって更新されていく地図は、人間の世界が外へ外へと大きく広がっていく様子を当時の人々に伝えた。天文学や地理学の学問的な発展、表現技法の発展により、地図そのものの様相や描かれるものも大きく変化。タイトルのエクスパンション(Expantion)は拡大、拡張という意味を持ち、地図によって紙の上で世界が拡張するのにともない、まだ見ぬ世界に思いをはせる人々の想像が広がっていく様子も読み取ることができる。本展覧会では、おもに15世紀から18世紀までに製作された多彩な地図および地図帳約50点を展示。
      東アジア図 オルテリウス 1570年
      新世界図 ミュンスター.S 1571年
      日本図 メルカトル・ホンディウス 1605年

    展示解説:7/1(日)15(日)の午後1時〜 学芸員による
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11213] 【兵庫】伊丹市立美術館/ディック・ブルーナのデザイン展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/06/27(Wed) 23:25:57  

     みやのまえ文化の郷の、伊丹市立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=83では、ディック・ブルーナのデザイン展を開催中です。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「シンプルの正体 ディック・ブルーナのデザイン展」〜7/29(日)
       月曜休館(7/16(月)は開館、7/17(火)は休館)
       入館料金:一般700円 高大生350円 小中生150円
            兵庫県内の小中学生はココロンカード提示にて無料
            4市1町(伊丹市・川西市・宝塚市・三田市・猪名川町)
                の高齢者割引有(平日は60歳以上、土日祝は65歳以上)
     絵本「ミッフィー」シリーズで知られ、2017年2月に亡くなったオランダ人絵本作家、ディック・ブルーナ。余分なものを極力削ぎ落し、独自のユーモアや情感を織り込む「シンプルさ」を常に作品に潜める。
     本展では200冊を超えるペーパーバック、約40点のデザイン原画やスケッチ、ミッフィーやボリスなどの絵本原画約30点にポスターの複製などを加えた約500点を展示し、ブルーナの「シンプル」を紹介。
     また、「シンプルの明日」というテーマで、日本のデザイン界で活躍する気鋭の4組(KIGI/groovisions/中村至男/ミントデザインズ)が、グラフィック、プロダクト、ファッションなどのジャンルで、ブルーナ作品からインスピレーションを受けた新作を発表
     「ブラック・ベア」シリーズ ポスター 1968年
     『なんてこったい』原画 ペーパーバック 制作年不明
     『遠くから来た男』 ペーパーバック 1958年
     『雪の中の六人のシャドー』 ペーパーバック 1969年

    ☆同時開催「コレクションにみる色・線・形」伊丹市立美術館の所蔵品から
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11212] 【大阪】逸翁美術館/役者で魅せる芝居入門 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/06/27(Wed) 23:24:35  

     池田市の逸翁美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=86
    では、歌舞伎の展示を開催中です。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「歌舞伎ワールドI 役者で魅せる芝居入門」 後期 :〜7/22(日)
        月曜休館(7/16(月)開館、17日(火)休館)
        入館料金:一般 700円 高大生 500円 シニア(65歳以上)500円 中学生以下無料

     日常的によく知られていることも多い歌舞伎にまつわる言葉やモノについて、さまざまな上演資料を用いて説明。上演資料として阪急文化財団にも遺されている台本や道具帳などの制作資料、絵看板や番付などの宣伝物、そして役者に魅せられたファンのために、発行された役者絵や評判記、歌舞伎グッズ。
     本展は、江戸から明治期の役者絵を中心に、役者の魅力で芝居のあれこれを探る入門編。
      浮世絵歌舞伎見物図 屏風六曲一隻 紙本着色 江戸時代初期
      台本 夏祭浪花鑑墨書 合冊
      書抜 敵討岩見譚墨書 一冊
     顔見世番付 文政4年(1821)11月 中の芝居
      役割番付 石川染、国性爺合戦 天保15年(1844)1月 角の芝居
      写真 襲名披露口上 平成30年(2018)1月歌舞伎座 松本幸四郎改め二代目
                           松本白鸚市川染五郎改め十代目松本幸四郎
                           松本金太郎改め八代目市川染五郎
      写真 菅原伝授手習鑑 平成30年(2018)1月 歌舞伎座     など
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 暗証キー

    - Web Forum -
    - Antispam Version -