ほっとミュージアム 談話室
[ホームへもどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 発言サイズは画像も含めて130KBまで、URLは20個までです。
  • その他[留意事項]を良くお読みの上ご利用ください
  • 新規紹介用 でワード検索すると、フォーマット発言が開きます

  •   [No.10598] 【長野】県信濃美術館 東山魁夷館/改修前特別展 東山魁夷 永遠の風景 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/04/02(Sun) 00:38:51  

     長野県信濃美術館 東山魁夷館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=20&c=0では、改修休館に入る前の展示が始まりました。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆東山魁夷館改修前特別展「東山魁夷 永遠の風景―館蔵本制作一挙公開−」〜5/30 (火)
        水曜休館(ただし、5/3は開館)
         入館料金:大人500円 大学生300円 高校生以下無料
          長野県信濃美術館企画展「花ひらくフランス風景画」(4/15〜)との共通料金 大人1500 円、大学生1100円
          身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と、付添者1名は無料
     横浜生まれ、神戸育ちの日本画家 東山魁夷が、東京美術学校1年生の時に訪れ、山国の自然に感動した長野県に、いまから27年前、東山家からの作品の寄贈を受けて開館した。苦しい時代に、日本や世界各地の自然を描いた東山魁夷のスケッチや習作、下図などが含まれ、制作のプロセスがわかる。現在、東山魁夷館が所蔵する本制作34点すべてを一堂に会し、東山魁夷が描いた風景を見る。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                          明日香 光二/馬場 英明


      [No.10597] 【静岡】ベルナール・ビュフェ美術館/代表作から見るビュフェの半世紀 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/04/01(Sat) 20:41:03  

     長泉町クレマチスの丘のベルナール・ビュフェ美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=22&c=92では、ビュッフェの回顧展を開催中です。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「ベルナール・ビュフェ再考 代表作から見るビュフェの半世紀」前期:〜平成30年1/16(火)
         水曜休館(祝日の場合は翌日)
         入館料金:大人1000円 高大生500円 中学生以下無料
     画面を削るような鋭い線と抑制された色づかい、そして虚飾を廃した人物描写で特徴のベルナール・ビュフェ。
     1952年以降、ビュフェは毎年個展のために「受難」や「サーカス」といったテーマを設定して描き、「ビュフェ・スタイル」を確立し、日本でも広く反響を呼んだ。1981年のテーマにもなった「日本」シリーズや、当時ビュフェ作品の紹介に主要な役割を果たした当時の展覧会資料を紹介し、「日本とビュフェ」の密接な関係も明らかにする没後20年を前に大規模な回顧展がパリで開催されるなど再評価の流れにあるビュフェの半世紀にわたる「テーマ」への取り組みを、館蔵する代表作から再考。
      《ピカドール》油彩 1962年
      《ドン・キホーテ、鳥と洞穴》油彩 1988年
      《蝶》油彩 1963年
      《『日本への旅』 富士山と汽車》リトグラフ 1981年  など

    ギャラリーツアー:毎月第4日曜日午前11時15分より(約30分)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                          明日香 光二/馬場 英明


      [No.10596] 【広島】なかた美術館/フランスの画家たち−エコール・ド・パリを中心に− 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/04/01(Sat) 20:40:11  

     尾道市のなかた美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=34&c=42で開催されているフランス絵画の展示を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆開館20周年記念I「フランスの画家たち−エコール・ド・パリを中心に−」〜6/4(日)
       月曜休館(祝日の場合は翌日)
        コンサート開催日4/23(日)には、一部の時間帯で展示室を閉鎖
       入館料金:一般:800円 障害者割引500円 学生300円
             尾道市内の学校に通う学生無料
     19世紀末から20世紀にかけてのパリでは、異国から集まってきた画家たちの個性がぶつかり合って、パリの文化に融合して最先端の美術が生み出された。本展では、キスリングやドンゲン、藤田嗣治といったエコール・ド・パリの作家を中心に、同じく異国にルーツを持つポール・アイズピリやフランス・エビアン出身のピエール・クリスタンなど、現代まで続くフランス美術の魅力を紹介。
       《花束》藤田嗣治 1949/56
       《パリ、セーヌとノートルダム》ポール・アイズピリ 1955
       《薔薇》モイズ・キスリング 1927
       《イーゼルに向かう画家》マルク・シャガール 1978
       《薔薇の花瓶》ピエール=オーギュスト・ルノワール 1919
       《雌牛のいる風景》カミーユ・コロー 1860年頃
       《モーとレイモンド》キース・ヴァン・ドンゲン 1921 など
     
    学芸員によるギャラリートーク:4/15(土) 、5/7(日) 、6/4(日)午後2〜3時

    ワークショップ『パリの地図作り』4/16(日)午後2〜4時、定員10名、対象:高校生以上 
      ラノワール中島小百合氏
      参加費 大人1500円 大学生以下500円 入館料込み

    レクチャー 『フランス語講座』5/20(土)午後2〜3時30分、定員10名、対象:高校生以上 
      ラノワール中島小百合氏
      初心者向け
      参加費 大人1500円 大学生以下500円 入館料込み
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                          明日香 光二/馬場 英明


      [No.10595] 【広島】県立美術館/ターナーからモネへ 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/04/01(Sat) 20:38:59  

     縮景園横の広島県立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=34&c=3では、英国の美術館のコレクションから、西洋画の展覧会を開催中です。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆特別展「英国 ウェールズ国立美術館所蔵 ターナーからモネへ」〜5/28(日) 
         会期中無休
         午前9時〜午後5時(金曜と4/1〜4/9は8時まで、入館は閉館30分前まで)
         入館料金:一般1300円 高大生900円 小中生500円
               身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳
                   及び戦傷病者手帳の所持者と介助者1名は半額           ワンコイン縮景園:本展入館券の提示により、100円で縮景園に入園
               県美×現美×ひろ美 相互割引:本展チケット(半券可)提示で、
                 広島市現代美術館「殿敷侃:逆流の生まれるところ」〜5/21(日)
                 ひろしま美術館「ピーターラビット展」4/15(土)〜6/4(日)   を100円引き
     1907年に設立の英国ウェールズ国立美術館のコレクションより、19世紀から20世紀初頭にかけて英仏で活躍した画家たちによる70点余りの作品を展観。ターナー、ミレーやクールベなど写実主義の画家、モネや印象派の巨匠、印象派以後の画家の作品等を一堂に紹介。
       クロード・モネ 《サン・ジョルジョ・マッジョーレ、黄昏》 1908年
       ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー 《難破後の朝》
       ジャン=フランソワ・ミレー 《突風》 1871-73年
       ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ 《麗しのロザムンド》 1861年
       オーギュスト・ルノワール 《会話》 1912年
       ジェームズ・ティソ《別離》1872年
       エドゥアール・マネ《プチ=モンルージュ、雪景色》1870年  など

    記念講演会:5/13(土)地階講堂にて、午後1時30分〜3時(開場1時)定員200名(先着順)無料、申込不要
    「技法を読み解く―ターナーからモネへ―」森 直義氏(森絵画保存修復工房代表)

    美術講座:5/20(土)地階講堂にて、午後1時30分〜2時30分(開場1時) 定員200名(先着順)無料、申込不要
    「光の表現―ターナーからモネへ―」山下寿水氏(学芸員)

    ワークショップ「水辺の風景を描こう」4/22(土)午後1時30分〜4時、
      難波平人氏(広島大学名誉教授)
      1階ロビーにて、 定員20名 年齢制限なし、材料費500円、電話で要事前申込
      展覧会を観覧後、縮景園で水辺の風景を描く(画用紙、色鉛筆は館で用意。水彩絵の具は要持参)
            雨天時は、美術館内で実施。完成作品は館内ロビーに展示(希望者のみ)。

    ギャラリートーク(学芸員による):4/7、28・5/12・26(金) 午前11時〜、午後6時〜
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                          明日香 光二/馬場 英明


      [No.10594] 【福岡】三菱地所アルティアム /クエイ兄弟 ―ファントム・ミュージアム― 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/03/31(Fri) 23:54:21  

     天神の三菱地所アルティアムhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=40&c=29で開催中の映像の展示を紹介します。 
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「クエイ兄弟 ―ファントム・ミュージアム―」〜5/7(日)
         4/18(火)休館
         午前10時〜午後8時
         入館料金:一般400円  学生300円  再入場可
               高校生以下、障がい者等とその介護者1名は無料
     幻想的な映像美のアートアニメーション作品で知られる1947年ペンシルヴァニア州生まれの双子の兄弟、スティーヴン&ティモシー・ クエイの個展。
     フィラデルフィア芸術大学(PCA)で東欧の文化芸術に強く魅せられ、ロンドンのロイヤル・カレッジ・オブ・アート(RCA)でイラストレーションを学びアニメーションの制作も開始。
     1979年に映像作品『人工の夜景―欲望果てしなき者ども』を発表以降、コラージュ、コマ撮り、実写、特殊効果を組みあわせ、アニメーション、ドキュメンタリー、ミュージック・ヴィデオ、バレエ映画、長編映画、コマーシャルなどさまざまな映像作品を発表。
      本展では、1986年にカンヌ国際映画祭短編部門にノミネートされた代表作『ストリート・オブ・クロコダイル』をはじめ、クエイ兄弟が敬愛し影響を受けてきたチェコの映像作家ヤン・シュヴァンクマイエルへのオマージュに溢れる『ヤン・シュヴァンクマイエルの部屋』(1984年)など、初期の映像作品を中心に紹介し、模型、ドローイング、ポスターなどの貴重な資料も展示。
      クエイ兄弟『ストリート・オブ・クロコダイル』より《仕立屋の店内》1986年
             『ヤン・シュヴァンクマイエルの部屋』1984年
             『イーゴリ―パリでプレイエルが仕事場を提供していた頃』1982年
             《欲望果てしなき者ども》 1970年代 鉛筆 イラストレーションボード
             『失われた解剖模型のリハーサル』より《彼らは自分たちが孤独だと思っている》 1988年
             『ギルガメッシュ叙事詩を大幅に偽装して縮小した、ハナー・ルウスの局長のちょっとした歌、
                 またはこの名付け難い小さなほうき』1985年   など

    クエイ兄弟の映像作品 上映会、アルティアム内にて、申込不要、要展覧会チケット
    Aプログラム 午後6時30分〜(上映時間:58分)
    4/2(日)、4/15(土)、4/22(土)、4/30(日)、5/5(金・祝)、5/7(日)
    ・『イーゴリ―パリでプレイエルが仕事場を提供していた頃(1920-1929)』 イギリス 1982年 16mm カラー 26分
    ・『ギルガメッシュ叙事詩を大幅に偽装して縮小した、ハナー・ルウスの局長のちょっとした歌、またはこの名付け難い小さなほうき』 イギリス 1985年 16mm カラー 11分
    ・『ストリート・オブ・クロコダイル』 イギリス 1986年 35mm カラー 21分

    Bプログラム 午後6時30分〜(上映時間:54分)
    4/1(土)、4/8(土)、4/16(日)、4/23(日)、5/3(水・祝)、5/6(土)
    ・『ヤン・シュヴァンクマイエルの部屋』 イギリス 1984年 16mm カラー 14分
    ・『失われた解剖模型のリハーサル』 イギリス 1988年 35mm モノクロ 14分
    ・『人為的な透視図法、またはアナモルフォーシス』 イギリス 1991年 35mm カラー 14分
    ・『ファントム・ミュージアム―ヘンリー・ウェルカム卿の医学コレクション保管庫への気儘な侵入』 イギリス 2003年 35mm カラー 12分

    特別上映会(本展で触れられなかったCM作品)  午後6時30分〜(上映時間:30分)
    4/9(日)、4/29(土・祝)、5/4(木・祝)
    ・『ブルーノ・シュルツ 砂時計サナトリウム』 イギリス 2006年 デジタル・ヴィデオ モノクロ
    ・『バドワ』 イギリス 1988年 35mm カラー 1分
    ・『ワンダーウッド』 イギリス 2010年 デジタル・ヴィデオ カラー 3分
    ・『デュエット』 イギリス 1999年 35mm カラー 18分
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                          明日香 光二/馬場 英明


      [No.10593] 【広島】尾道市立美術館/招き猫亭コレクション 猫まみれ 展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/03/31(Fri) 23:53:07  

     尾道市立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=34&c=37では、猫の美術の展示が開催中です。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「招き猫亭コレクション 猫まみれ 展」〜5/7(日)
       月曜休館(祝日は開館)
       入館料金:大人800円 高大生550円 中学生以下無料
             70歳以上、身障者は無料(要証明)
     愛らしさや美しさ、気高さや神秘性により、古今東西のアーティストを魅了する猫。猫を愛する美術コレクター「招き猫亭」のコレクションより、スタンラン、ビアズリーら西洋の画家たちが描いた猫、歌川国芳ら浮世絵の中の猫、竹久夢二、レオナール・フジタ(藤田嗣治)、椿貞雄、猪熊弦一郎ら近現代美術の巨匠たちが描いた猫など、多彩な猫作品約240点を展示。
        木下 晋「甘え」2007年
        レオナール・フジタ「猫を抱く少女」1950年
        小泉淳作「猫」2007年
        椿貞雄「たま寝る図」1930年頃
        歌川国芳「猫の百面相」1840年代
        デオフィル・アレクサンドル・スタンラン「猫と少女」1898年
        呉亜沙「Flying Cat」2003年    など

    ギャラリー・トーク:学芸員が担当
      4/9(日)、4/30(日) 午後2時〜(45分程度)

    わいわい がやがや おしゃべり鑑賞会:こどもたちを対象
      4/16(日)、5/5(金・祝) 午後2〜3時
      対象:中学生以下。参加無料・申込み不要。付添いの方1名は無料で入館。


    「フェイスペイント ねこになろう!」4/2(日)午後2〜3時、5/5(金・祝)午後1〜2時
      対象:一般。参加費200円・申込み不要。展覧会観覧料が必要

    「ねこづくりワークショップ」4/2(日)、5/5(金・祝)午前10〜11時30分
    缶バッチ作りやプラバンでキーホルダーやアクセサリー作り
      対象:一般。参加費200円・申込み不要。展覧会観覧料が必要

    記念茶会「春のお茶会」4/8(土)、4/15(土・祝) 午前10〜午後3時
     2Fロビーにて、対象:一般。参加費1,000円(含 観覧料)
     協力:茶道裏千家淡交会尾道支部、表千家同門会備後支部(尾道)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                          明日香 光二/馬場 英明


      [No.10591] 【京都】泉屋博古館/山水に遊ぶ ―雪舟、竹田、そして鉄斎 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/03/31(Fri) 23:50:40  

     京都東山の泉屋博古館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=33では、山水画の展示が開催中です。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「楽しい隠遁 山水に遊ぶ ―雪舟、竹田、そして鉄斎」〜5/7(日)
          月曜と4/25(火)は休館
          入館料金:一般800円 高大生600円 中学生350円 小学生以下無料
     文人達は、世間の喧噪を離れた清雅な庵で、四季の移ろいを楽しみ、時には気のあった友と語り合い、お茶やお酒を嗜む、こういう隠遁生活こそが理想と考え、その思いを様々な形で表現した。主に日本の文人たちが理想の隠遁空間をイメージして描いた山水画や、彼らが愛玩した中国の細緻な文房具の名品を中心に紹介。
       雪舟 《漁樵問答図》 室町時代・15世紀
       田能村竹田 《梅渓閑居図》 江戸・文政10年(1827)
       富岡鉄斎 《掃蕩俗塵図》  大正6年(1917)
       小田海僊 《酔客図巻》 江戸・文政7年(1824)
       岡田半江 《渓邨春酣図》 江戸・天保11年(1840)
       十時梅 《十便十宜帖》より「釣便図」 江戸・寛政13年(1801)
       竹林七賢図筆筒 明〜清時代 17世紀
       太湖石置物 明〜清時代 17世紀
       白玉香炉 清時代 18世紀  など

    上記期間中、青銅器館では「中国青銅器の時代」を開催

    ワークショップ :4/15(土) 、4/16(日)午前10時〜、午後0時45分〜、2時30分〜(定員:各回20名)
    「鋳物体験−古印をつくろう−」(10歳以上対象 当館講堂にて)
       新郷英弘、八木孝弘、樋口陽介(芦屋釜の里)
       参加費:1,200円(入館料別途)
          要予約、電話075-771-6454(状況次第で当日受付も可)
     
    ギャラリートーク:学芸員、午後2時から。
    「楽しい隠遁 山水に遊ぶ」4/1(土)野地耕一郎氏(分館長) 
                     4/8(土) 外山 潔氏(上席研究員)
    「中国青銅器の時代」5/6(土)廣川 守氏(副館長) 
     青銅器館は、毎日ミュ−ジアムボランティアによる解説あり
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                          明日香 光二/馬場 英明


      [No.10590] 【兵庫】市立伊丹郷町館/新古宮展[4/1(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/03/31(Fri) 22:50:49  

     伊丹市みやのまえ文化の郷の市立伊丹郷町館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=85では、酒蔵や旧家を使って、現代アートの展示が開催されます。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「新古宮(しんこきゅう)展」4/1(土)〜4/16(日)
          月曜休館
          午前10時〜午後6時
          入館無料
     旧岡田家住宅・酒蔵、旧石橋家住宅で11名の現代アーティストが生み出す「現在」のアートが新たな時空間を創り出す展覧会。
       大舩光洋(版画) 開藤菜々子(日本画) 合田好輝(映像・CG) 菅原一剛(写真)
       杉本光(立体) 善住芳枝(絵画) 富永一真(ガラス造形) 中西學(平面・立体)   
       馬道勇気(衣装デザイン) 檜皮一彦(立体) 吉川舞(陶芸)

    「幻灯機天体上映会」アンティークの幻灯機を用いて月の満ち欠けのスライドを上映
    4/1(土)午後5時〜、5時30分〜 (各回先着20名/予約不要)
    旧石橋家住宅2階 座敷 にて
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                          明日香 光二/馬場 英明


      [No.10589] 【京都】八幡市立松花堂美術館/お弁当箱 −目であじわう器− 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/03/31(Fri) 22:49:43  

     八幡市立松花堂美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=127 では、松花堂弁当にちなんだ、弁当箱の展示を開催中です。 
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆平成29年春季展「お弁当箱−目であじわう器−」前期:〜4/9(日)
                             後期:4/11(火)〜5/7(日)
         月曜休館
         入館料金:一般500円 学生400円 高校生以下無料
     近世初期、花見や田植え、舟遊びに芝居見物など、四季折々の行事や行楽に欠かせない器として人々の暮らしの中に浸透していった「お弁当箱」。実用的だけでなく、様々な形に蒔絵や螺鈿などデザインにも趣向をこらした弁当箱が登場。
     、「松花堂弁当」発祥の地おいて、実用性や伝統工芸としての美しさ、見立ての遊び心など、お弁当箱の魅力を紹介。
        歌留多形弁当(前期)
        茶釜形弁当(前期)
        花鳥漆絵蒔絵重箱(前期)
        吹寄蒔絵提重 象彦製(後期)
        参詣蒔絵提重(後期)
        竹摘付重箱(後期)など

    ミニトーク:4/15(土) 午後2時から約30分、入館料のみ、要申込(電話または来館にて) 
    「お弁当箱の魅力」影山純夫氏(学芸顧問、神戸大学名誉教授)

    学芸員によるギャラリートーク:4/29(土・祝)、5/6(土)午後2時より
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                          明日香 光二/馬場 英明


      [No.10588] 【京都】美術館「えき」KYOTO/芳年−激動の時代を生きた鬼才浮世絵師[4/1(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/03/31(Fri) 22:48:17  

     美術館「えき」KYOTOhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=64 で4/1(土)から開催される浮世絵の展覧会を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「芳年−激動の時代を生きた鬼才浮世絵師」4/1(土)〜4/23(日)
         会期中無休
         午前10時〜午後8時(入館は7時30分まで)
         入館料金:一般900円 高大生700円 小中生500円
                障害者手帳を提示の方と同伴者1名は200円引き
     江戸から明治へと激動の時代に活躍した浮世絵師・月岡芳年(1839-1892)は、浮世絵の需要が失われつつあった時期に活躍したので「最後の浮世絵師」と称される。日本屈指の芳年コレクションという西井正氣氏所蔵品での回顧展。歌川国芳に入門し、西洋画の研究も行い、大胆な構図、鮮やかな色彩、人物のアクロバティックなポーズで、驚かされる。歴史画、物語絵、美人画など幅広いジャンルの約130点により堪能。(本展には一部、残酷な描写が含まれる作品が出品されます。子どもの観覧には、保護者、引率の大人が判断のこと)
       《文治元年平家の一門亡海中落入る図》嘉永6年(1853)
       《一魁随筆 西塔ノ鬼若丸》明治5ー6年(1972-73)
       《美勇水滸伝 高木午之助》慶応2年(1866)など

    ギャラリー・トーク:4/1(土) 午後2時から約30分
     西井正氣氏(本展所蔵家、日本画家)事前申し込み不要
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                          明日香 光二/馬場 英明


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 暗証キー

    - Web Forum -
    - Antispam Version -