ほっとミュージアム 談話室
[ホームへもどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 発言サイズは画像も含めて130KBまで、URLは20個までです。
  • その他[留意事項]を良くお読みの上ご利用ください
  • 新規紹介用 でワード検索すると、フォーマット発言が開きます

  •   [No.12027] 【京都】産業大学むすびわざ館ギャラリー/大嘗祭[10/15(火)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/10/15(Tue) 00:14:20  

     四条大宮の京都産業大学むすびわざ館ギャラリーhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=85
    で10/15(火)から、即位儀式のひとつ、大嘗祭に関する展示が開催されます。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆第19回企画展「大嘗祭」10/15(火)〜12/7(土)
         日祝は休館(但し、10/22(火・祝)11/10(日)17(日)は開館)
         月曜:午後1〜4時30分、火〜土曜:午前10時〜午後4時30分(入館は4時まで)
         入館無料
     令和元年(2019)新しい天皇が即位され、10月22日には即位礼正殿の儀、11月14・15日は大嘗祭が予定される。天皇即位後、初めて行う新嘗祭が大嘗祭で、その年に収穫された穀物を神々に供える祭祀。昭和天皇までは即位の一連の儀式は京都で行われ、大嘗宮や饗宴場などの諸施設は京都御苑内に造営され、伝統産業の担い手が活躍する機会となり、その調度類は、職人の技巧を凝らしたものであった。
    本展では大学図書館蔵の大嘗祭に関する巻子を中心に展示を行い、京都で行われてきた大嘗祭、また御大礼について紹介。

    講演会:むすびわざ館ホールにて、午後1時30分開場、2〜3時30分、申込不要、定員350名先着順
    11/10(日)「令和の御代の大嘗祭−京都から考える−」久禮 旦雄氏(准教授)
    11/16(土)「大嘗宮の建物の特質」山岸 常人氏(京都大学名誉教授・京都府立大学特任教授)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                        明日香 光二/馬場 英明


      [No.12025] 【静岡】上原美術館/伊豆をめぐる名画 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/10/15(Tue) 00:11:39  

     下田・蓮台寺の上原美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=22&c=85で開催されている特別展を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  
    ☆「伊豆をめぐる名画−横山大観、安田靫彦を中心にー」〜令和2年1/13(月・祝)
         11/25(月)26(火)のみ展示替えのため全館休館
         入館料金:大人1000円 学生500円 高校生以下無料
     豊かな自然、歴史、文学に恵まれた伊豆は、川端康成は「詩の国」「歴史の縮図」「南国の模型」「海山のあらゆる風景の画廊」などと述べ、多くの日本画家を惹きつけた。明治41年、病んで奈良から帰郷の途中であった安田靫彦が友人・相原沐芳の勧めで伊豆・修善寺で静養。その後もたびたびこの地を訪れた靫彦のもとに、今村紫紅や小林古径、速水御舟らが集まる。明治末、横山大観も夫人や自らの静養のために修善寺を訪れ、沐芳と交流。こうして多くの画家たちが訪れ、名画が生まれる場所となった修善寺温泉を有する伊豆市所蔵のコレクションとともに紹介。

    前期:〜11/24(日)
      横山大観《白鷺》1909(明治42)年頃 絹本彩色
      安田靫彦《達磨》1911(明治44)年頃 絹本彩色
      今村紫紅《霜林群雀》 1912(大正元)年頃 紙本墨画淡彩
      前田青邨《燈籠大臣》明治末 絹本彩色
      小林古径《武蔵野》明治末 絹本彩色   など

    後期:11/27(水)〜令和2年1/13(月・祝)
      横山大観《雨後》1911(明治44)年頃 絹本淡彩
      安田靫彦《拈華微笑》1911(明治44)年 絹本彩色
      今村紫紅《鴛鴦》1909(明治42)年頃 絹本彩色
      速水御舟《手向》1913(大正2)年 絹本彩色
      川端龍子《湯浴(湯治)》1927(昭和2)年 絹本彩色 など
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                        明日香 光二/馬場 英明


      [No.12024] 【大阪】浮世絵美術館/歌川広重 東海道五拾参次展全作品一挙公開 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/10/15(Tue) 00:10:59  

     京都浮世絵美術館と関連して大阪にも開館していますので紹介しておきます。                   
    ==================================================================
    施 設 名:大阪浮世絵美術館
    ふりがな:おおさかうきよえびじゅつかん
    英文表記:Osaka UKIYOE Museum  
    分野 :美術 
    郵便番号:542-0085
    都道府県:大阪府
    市区町村:大阪市中央区 
    所在地:心斎橋筋2-2-23 不二家心斎橋ビル3F
    電話番号:06-4256-1311  
    FAX:06-4256-1312  
    URL:https://osaka-ukiyoe-museum.com/
    公共交通:大阪メトロ「心斎橋」駅 徒歩5分
    道路案内:
    開館時間:午前10時〜午後7時30分(入館は7時まで)
    休 館 日:1/1
    入館料金(常設時):大人1000円 学生600円 小学生300円
    展示内容:葛飾北斎、歌川広重、二代広重、国芳、国貞、喜多川歌麿、東洲斎写楽の作品を中心に江戸時代の浮世絵版画
    観覧時間:
    その他(販売・友の会など):エレベータ設備なし
    報 告 者:明日香 光二/馬場 英明
    ==================================================================
    ☆「歌川広重 保永堂版 東海道五拾参次展全作品一挙公開」〜11/22(金)
        会期中休館日なし
        午前10時〜午後7時30分
        入館料金:大人1000円 中学生以上600円 小学生300円
     1797(寛政9年)江戸・八代洲河岸火消屋敷安藤家に生まれた広重。江戸時代に政情が安定し、享保年間(1716ー36)頃から民衆の旅が盛んになり、文化文政期(1804ー30)に起こった旅ブームに発表した風景画「東海道五拾参次」で人気絵師となる。花鳥画・風景画の多い広重作品の中でも藍色を使った作品が多く「ヒロシゲブルー」と呼ばれ愛され、独特の構図で19世紀ヨーロッパにジャポニスムで人気を博した広重作品。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                        明日香 光二/馬場 英明


      [No.12023] 【京都】ワコールスタディホール京都ギャラリー/タブーの祭礼/若手女性作家グループ展シリーズ 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/10/15(Tue) 00:10:17  

     企画展開催中の展示室を企画展とともに紹介しておきます。
    ==================================================================
    施 設 名:ワコールスタディホール京都ギャラリー
    ふりがな:わこーるすたでぃほーるきょうとぎゃらりー
    英文表記:WACOAL STUDYHALL KYOTO Gallery  
    分野 :美術 科学・産業 
    郵便番号:601-8411
    都道府県:京都府
    市区町村:京都市南区  
    所在地:西九条北ノ内町6ワコール新京都ビル1、2階
    電話番号:075-556-0236  
    FAX:  
    URL:https://www.wacoal.jp/studyhall/gallery/
    公共交通:京都駅八条口より徒歩7分
    道路案内:駐車場、駐輪場なし、公共交通機関利用のこと
    開館時間:午前10時〜午後8時(土曜は5時30分まで)
    休 館 日:日月曜・年末年始・祝日
    入館料金(常設時):一般 高大生 小中生
    展示内容:作品を通して美を発信。新たな美に触れる
    観覧時間:
    その他(販売・友の会など):
    報 告 者:明日香 光二/馬場 英明
    ==================================================================
    ☆「タブーの室礼/Grace of Taboo 西條 茜」〜11/9(土)
        日月祝日休館
        午前10時〜午後8時(土曜は5時30分まで)
        入館無料
     『タブー』をテーマに、16世紀フランスの聖俗が混在する文化的背景から、人体と道具の狭間にあるイメージに着目し、西條が実際に今年春に行ったフランスでのリサーチを元にした陶磁器やドローイングの作品などを発表。
     西條は陶磁器がはるか昔から生活用品や宗教道具などの「道具」に使われたことに着目し、世界各地の文化や歴史に見立てた「架空の道具」をハリボテ構造の陶磁器で作り上げ、時間の経過や用途を想像させ、「物質が持つ時間の概念」や「物質と身体の関係性」を問いかける。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆若手女性作家グループ展シリーズ Ascending Art Annual Vol.3
     「うたう命、うねる心」11/13(水)〜令和2年1/18(土)
        日月祝日休館、12月27日(金)〜1月6日(月)は休館
        午前10時〜午後8時(土曜は5時30分まで)
        入館無料
     若手女性アーティストを中心に紹介するグループ展シリーズ。
     私たちが当たり前に日々を営む平穏な暮らし。しかしあらゆる地球上の生命は、かよわく、はかない存在で環境や社会や家族を通じて互いを編み、それぞれの居場所に安心を結ぶことで、ようやく命をつなぐ。本展では、3名の気鋭アーティストの作品を紹介。
     母なる海にたゆたう鯨のリサーチを通じ、地球規模での命の行方に思いを巡らせるインスタレーション:大小島真木
     人間の心に蠢く感情を架空の虫に擬え、標本のように精密な立体作品を生み出す:川越ゆりえ
     人形劇のような舞台装置に自身の顔や身体の実写映像を合成させた、独特の映像世界を操る:笹岡由梨子
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                        明日香 光二/馬場 英明


      [No.12022] 【京都】西陣織史料室/皇室ゆかりの織物 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/10/15(Tue) 00:09:26  

     伝統的な展示室ですが、企画展を開催されている際に紹介します。
    ==================================================================
    施 設 名:西陣織史料室(一般財団法人 西陣織物館)
    ふりがな:にしじんおりしりょうしつ
    英文表記:NISHIJIN Textile Museum  
    分野 :科学・産業
    郵便番号:602-8216
    都道府県:京都府
    市区町村:京都市上京区  
    所在地:堀川通今出川南入 西陣織会館3階
    電話番号:075-432-6130  
    FAX:075-414-1521  
    URL:http://www.nishijin.or.jp
    公共交通:地下鉄鳥丸線鳥丸今出川下車 徒歩約7分
         市バス 京都駅より(9)番 三条京阪より(12)(51)(59)番
             四条河原町より(12)番  四条鳥丸より(12)番
             四条大宮より(201)番 堀川今出川下車
    道路案内:駐車場(有料)大型バス 10台 順次駐車可
    開館時間:午前10時〜午後5時(3/1 〜 10/31は6時まで)
    休 館 日:月曜日(祝日は開館、翌日休館)
    入館料金(常設時):
    展示内容:衣装、裂地などの染織品、文献など、西陣の歴史を物語る貴重な史料
         指定登録文化財の木製ジャカード機(国産第1号機)や
         西陣発展の礎となった明治5年のフランスへの留学と織機買入への出張命令書など
    観覧時間:
    その他(販売・友の会など):
    報 告 者:明日香 光二/馬場 英明
    ==================================================================
    ☆天皇御即位記念展「皇室ゆかりの織物」〜12/22(日)
       午前10時〜午後5時(10/31までは午後6時まで)
       入館無料
     西陣と皇室の関わりは、平安時代、織部司という織物業を司る役所が朝廷に絹織物を献上して以来、連綿と続き、西陣織は朝廷の高級織物はじめ、宮中の雅な服飾を支えた。江戸時代には大舎人座という同業組合から御寮織物司六家が選任されて朝廷や公家の装束を手がけ、明治に入り司の制度がなくなったものの、皇居御造営の際に室内装飾の織物が西陣が納め、引き続き皇族方の注文を受けるなど、皇室との縁が今日まで深く続く。新しい令和の時代を迎え新天皇御即位を祝して記念展覧会を開催。
        七宝錦菊桐鳳凰龍文卓子掛裂 西陣織物会社 明治21年
        大嘗祭の図 林政治郎 大正4年
        青磁地に草花と御紋章入金華山織椅子張地 昭和6年
        三種の神器図 綴織袱紗 昭和9年
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                        明日香 光二/馬場 英明


      [No.12021] 【兵庫】山口誓子記念館/誓子とスポーツ 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/10/15(Tue) 00:08:25  

     企画展が開催されている、新たな大学の展示館を見つけました。
    ==================================================================
    施 設 名:山口誓子記念館
    ふりがな:やまぐちせいしきねんかん
    英文表記:  
    分野 :文学
    郵便番号:657-8501 
    都道府県:兵庫県
    市区町村:神戸市灘区  
    所在地:六甲台町1−1
    電話番号:078-803-5393(神戸大学研究推進部研究推進課)  
    FAX:  
    URL:http://www.office.kobe-u.ac.jp/ksui-yamaguchiseishi/
    公共交通:阪急神戸線「六甲」駅、JR神戸線「六甲道」駅、または阪神本線「御影」駅から
         神戸市バス 36 系統「鶴甲団地行」乗車〜「神大文・理・農学部前」下車
         バス停から南へ徒歩約5分
    道路案内:
    開館時間:午前10時〜午後4時(入館は4時30分まで)
    休 館 日:火・木曜日のみ開館、祝日休館、夏期・冬期・春期の長期休暇中に長期休館あり
    入館料金(常設時):
    展示内容:近代俳句に大きな足跡を残した俳人、山口誓子の西宮市苦楽園にあった旧邸の母屋の一部をほぼ忠実に復元した数寄屋造の建物。誓子関連の資料や俳句俳諧関連の資料を展示
    観覧時間:
    その他(販売・友の会など): 開館日以外(土日祝を除く)にも句会等で使用可
        記念館使用には、要事前予約(要使用料金、
        2週間前までに、次の「使用願」を神戸大学研究推進部研究推進課まで)
        波津女夫人の最も信頼していた遺弟、故末永山彦氏が神戸大学出身者で元学長の新野幸次郎とゼミの同窓であるなどの関係で、誓子と波津女の預金、居宅敷地、著作権など遺産全てを神戸大学に寄附されたことにより、設立された。

    報 告 者:明日香 光二/馬場 英明
    ==================================================================
    ☆山口誓子特別展「誓子とスポーツ
       スキー・スケート・ラグビーの俳句を中心に」〜10/18(金)
        神戸大学百年記念館展示ホールにて(記念館隣)

         会期中無休(記念館も会期中毎日開館)
         午前10時〜午後4時 
         入館無料
     誓子が若い頃に経験したスキー・スケート・ラグビーの俳句を多く詠み、なかでもラグビーは誓子の俳句をきっかけに冬の季語になったと言われる。誓子がこれらのスポーツをどう詠んでいるか。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                        明日香 光二/馬場 英明


      [No.12020] 【京都】国立博物館/佐竹本三十六歌仙絵と王朝の美 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/10/14(Mon) 00:20:23  

    東山七条の京都国立博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=62で開催中の特別展を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「特別展 流転100年 佐竹本三十六歌仙絵と王朝の美」前期:〜11/4(月・振)
                          後期:11/6(水)〜11/24(日)
          月曜休館(祝日の場合は翌日)
          開館時間:午前9時30分〜午後6時(金土は8時まで、入館は閉館30分まで)
          入館料金:一般1600円 大学生1200円 高校生700円 中学生以下は無料
              障害者手帳等を提示の方と介護者1名は無料
     36人の優れた和歌の詠み人「歌仙」を描く、鎌倉時代の名品「佐竹本三十六歌仙絵」は、2巻の絵巻物であったが、大正8年(1919)に一歌仙ずつ分割され、別々の所有者のもとに秘蔵された。「佐竹本三十六歌仙絵」が分割されてから100年を迎える年に、離ればなれとなった断簡を過去最大規模で収集。
      重文 佐竹本三十六歌仙絵 坂上是則 <通期展示>
      重文 佐竹本三十六歌仙絵 小大君 <後期展示>文 寸松庵色紙
     「ちはやふる」伝紀貫之筆<通期展示>
      国宝 三十六人家集 重之集 <通期展示>
      重文 柿本人麻呂像 性海霊見賛・詫磨栄賀筆 <通期展示>
      重文 州浜鵜螺鈿硯箱 <通期展示>
      重文 佐竹本三十六歌仙絵 素性法師 <通期展示>
      重文 佐竹本三十六歌仙絵 藤原元真 <通期展示>
      月丸扇紋蒔絵巻物箱(「佐竹本三十六歌仙絵巻」が納められていた箱) <通期展示>
      重文 後鳥羽院本三十六歌仙絵 中務 <10/29〜11/24展示>
      重文 後鳥羽院本三十六歌仙絵 小大君 <10/29〜11/24展示>
      重文 西行物語絵巻 <10/12〜11/10展示>
      重文 伊勢物語絵巻<11/12〜11/24展示>
      三十六歌仙図屏風 鈴木其一筆 <通期展示>

    特別講演:11/4(月・振)午後2〜3時、平成知新館 講堂にて、定員180名、入館券のみ
    「巡る美 変わる美−流転する日本文化ー」彬子女王殿下
     当日11時より、平成知新館1階グランドロビーにて整理券配布

    記念講演会:午後1時30分〜3時、平成知新館 講堂にて、定員2000名、入館券のみ
     当日11時より、平成知新館1階グランドロビーにて整理券配布
    10/19(土)「歌仙絵の成立と展開 −佐竹本への道のり−」土屋 貴裕氏(東京国立博物館 主任研究員)
    11/2(土)「歌仙絵の最高峰 −佐竹本三十六歌仙絵の表現と情緒−」井並 林太郎氏(研究員)
    11/16(土)「佐竹本三十六歌仙絵への想い」降矢哲男氏(研究員)

    十二単お服上げの再現―現代につながる王朝の美:11/9(土)
    (1)午前11時〜 (2)午後0時30分〜 (3)午後2時〜 (4)午後3時30分〜
     衣紋道 東京道場、平成知新館 講堂にて、入館券のみ
     当日10時より、平成知新館1階グランドロビーにて整理券(1人1枚)を配布し、定員200名×4公演で配布終了
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12019] 【京都】京都文化博物館/みんなのミュシャ 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/10/14(Mon) 00:18:30  

     三条高倉の京都府京都文化博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=44で開催中の展示を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ―線の魔術」〜令和2年1/13(月・祝)
          月曜休館(祝日の場合は翌日) 12/28(土)〜2020年1/3(金)年末年始休館
          開館時間:午前10時〜午後6時(金曜は7時30分まで、入館は30分前まで)
          入館料金:一般1500円 高大生1200円 小中生500円
     アール・ヌーヴォーを代表する芸術家アルフォンス・ミュシャ(1860-1939)は「線の魔術」で際立つ。本展では、ミュシャが手がけたポスターなどのグラフィック作品、ミュシャ幼少期の作品、蔵書や工芸品、アトリエで撮影された写真、祖国チェコへの想いを込めた作品などを通して、ミュシャの多様な魅力に迫る。またミュシャの作品から影響を受けた明治期の文芸誌から、1960-70年代のイギリス・アメリカのグラフィック・アート作品、日本のマンガ家やイラストレーターの作品まで、およそ250点を展示。
     アルフォンス・ミュシャ《ジョブ》1896年 カラーリトグラフ 
     アルフォンス・ミュシャ《黄道十二宮》1896年 カラーリトグラフ
     アルフォンス・ミュシャ《ジスモンダ》1894年 カラーリトグラフ 
     アルフォンス・ミュシャ《椿姫》1896年 カラーリトグラフ
     アルフォンス・ミュシャ《舞踏-連作<四芸術>より》1898年 カラーリトグラフ 
     アルフォンス・ミュシャ《ヒヤシンス姫》1911年 カラーリトグラフ
     アルフォンス・ミュシャ《モナコ・モンテカルロ》1897年 カラーリトグラフ
     山岸凉子『日出処の天子』迦陵頻伽 1980年11月号用イラスト

    講演会:午前10時30分〜正午、3階フィルムシアター(定員150名)にて、入館料のみ、館サイトにて要申込
    (1)11/9(土)「チェコ時代のミュシャ ―《スラヴ叙事詩》とその周辺」小野尚子氏(兵庫県立美術館学芸員)
    (2)11/23(土)「日本のミュシャ・一條成美と明治のアール・ヌーヴォー」大塚英志氏(国際日本文化研究センター教授)

    学芸員によるギャラリートーク:10/25(金)12/20(金)午後6時〜30分
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12018] 【京都】霊山歴史館/龍馬と勝海舟をめぐる人々 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/10/13(Sun) 23:10:24  

     東山八坂の幕末維新ミュージアム「霊山歴史館」http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=67
    で開催中の展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆2019年 勝海舟没後120年「龍馬と勝海舟をめぐる人々」〜令和2年1/26(日)
       12/31(火)1/1(水)1/14(火)休館
       開館時間:午前9時〜午後5時30分(入館は閉館30分前まで)
       入館料金:大人900円 高大生500円 小中生300円
     「日本の海軍」を開設したいと動き出した勝海舟と、勝の元で奔走した坂本龍馬、政治の土台は経済だという勝の思想を形にした龍馬と、その二人を取り巻く人々や新選組の資料も加え、当時の実像に迫る。
       勝海舟 自画賛 咸臨丸
       河田小龍 朱竹屏風 
       明治天皇の皇后・昭憲皇太后に献上された坂本龍馬の写真
       坂本龍馬愛用のスミス&ウェッソン第2型短銃〈複製〉
       桂早之助 所用刀 坂本龍馬を斬った刀   など
        
    ギャラリートーク&ファンミーティング:10/20(日)午後1時30分〜3時
      米澤亮介学芸員 申込不要、入館料のみ

    龍馬祭記念講演会:11/15(金)午後1時30分〜3時、参加費一般700円、要予約
      一部「龍馬と勝海舟」木村武仁氏(学芸課長)
      二部 居合道・無双直伝英信流の解説と実演 木村幸比古副館長、米澤亮介学芸員

    維新教養トーク:12/7(土)午後1時30分〜3時、参加費一般700円、要予約
    「世界史からみた黒船来航ーなぜペリーは日本を揺るがしたのか−」後藤敦史氏(京都橘大学文学部歴史学科准教授)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12017] 【兵庫】西宮市大谷記念美術館/開校100年 きたれ、バウハウス 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/10/13(Sun) 23:08:07  

     阪神香櫨園の西宮市大谷記念美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=67で開催中の展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「開校100年 きたれ、バウハウス ー造形教育の基礎ー」〜12/1(日)
        水曜休館
        開館時間:午前10時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
        入館料金:一般1000円 高大生600円 小中生400円
             西宮市在住65歳以上の方は一般料金の半額(要証明書呈示)
             ココロンカード・のびのびパスポート呈示の小中生は無料
             心身に障がいのある方及び介助者1名は無料(要手帳等呈示)
     1919年、ドイツの古都ヴァイマールに、建築家ヴァルター・グロピウスにより造形学校「バウハウス」が開校されて100年目。ナチスの弾圧を受け1933年に閉鎖されるまでわずか14年だが、実験精神に満ち溢れ、造形教育に革新をもたらし、今日にいたるまでアートとデザインに大きな影響を及ぼした。ヴァシリー・カンディンスキー、パウル・クレーなど時代を代表する芸術家たちが指導にあた&#8206;り、優れたデザイナーや建築家が育ち、画期的なデザインが生まれた。本展では、バウハウスの基礎教育を中心に各教師の授業内容を紹介し、その一端を体験。そこから発展した様々な工房(金属、陶器、織物、家具、印刷・広告、舞台など)での成果や資料など約300点を展示。また、実際にバウハウスに入学した日本人留学生・水谷武彦、山脇巌、山脇道子、大野玉枝、4名の活動も一堂に紹介。
     《1923年の「バウハウス展」のポスター》ヨースト・シュミット 1923年
     《紙による素材演習》作者不詳 1997年(再制作)
     《クラブ・アームチェア B3(ヴァシリー)》マルセル・ブロイヤー 1925年(製造1928/29年頃)
     《絵画023》水谷武彦 制作年不詳
     《鋼管椅子(峰邸)》山脇巌 1934年  など


    講演会:11/4(月・振)午後2時&#12316;
    「近代デザインはバウハウスから始まった」宮島久雄氏(元・国立国際美術館、高松市美術館 館長)
       定員100名先着順(小学生以上)申込:電話(0798-33-0164)で受付

    第172回オータニ・ミュージアム・コンサート「美と合理性 -Sch&ouml;nheit und Rationalit&auml;t-」
     11/3(日・祝)午後2時&#12316; 
     阿佐聖姫子氏(ヴァイオリン)、韓吏花氏(ピアノ)
     定員100名先着順(小学生以上)電話(0798-33-0164)で受付

    スライドトーク 担当学芸員:10/20(日)11/10(日)午後2時&#12316; 講堂にて、
      申込不要
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 暗証キー

    - Web Forum -
    - Antispam Version -