ほっとミュージアム 談話室
[ホームへもどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 発言サイズは画像も含めて130KBまで、URLは20個までです。
  • その他[留意事項]を良くお読みの上ご利用ください
  • 新規紹介用 でワード検索すると、フォーマット発言が開きます

  •   [No.11556] 【大阪】北御堂ミュージアム 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/12(Tue) 21:55:06  

     本年1月に開館した、寺院のミュージアムを紹介します。
    ==================================================================
    施 設 名:北御堂ミュージアム
    ふりがな:きたみどうみゅーじあむ
    英文表記:Kitamido Museum  
    分野 :歴史 
    郵便番号:541-0053 
    都道府県:大阪府
    市区町村:大阪市中央区  
    所在地:本町4-1-3 浄土真宗本願寺派 本願寺津村別院内
    電話番号:06-6261-6796  
    FAX:06-6261-6735  
    URL:https://www.kitamido.or.jp/kitamido/kitamido-museum/
    公共交通:大阪メトロ御堂筋線本町駅下車A階段2号出口より徒歩すぐ
    道路案内:駐車場は北御堂の西側、駐車台数に限りあり
    開館時間:午前10時〜午後4時
    休 館 日:年末年始・別院の都合による休館のみ
    入館料金(常設時):無料
    展示内容:歴史的資料の実物や、映像・パネル・レプリカ等を用い、また大坂本願寺寺内町を復元したジオラマ展示で、本願寺、北御堂の事業や歴史等を紹介。
    観覧時間:
    その他(販売・友の会など):
    報 告 者:明日香 光二/馬場 英明
    ==================================================================
                        明日香 光二/馬場 英明


      [No.11555] 【東京】港区立郷土歴史館 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/12(Tue) 21:54:03  

     区立図書館内にあった港区立港郷土資料館は、昨年11/1に白金台に移転して港区立郷土歴史館としてオープンしています。  
    ==================================================================
    施 設 名:港区立郷土歴史館
    ふりがな:みなとくりつきょうどれきしかん
    英文表記:MINATO CITY LOCAL HISTORY MUSEUM 
    分野 :歴史 民俗
    郵便番号:108-0071
    都道府県:東京都
    市区町村:港区  
    所在地:白金台4-6-2 ゆかしの杜内
    電話番号:03-6450-2107   
    FAX:03-6450-2137  
    URL:https://www.minato-rekishi.com/
    公共交通:東京メトロ南北線・都営地下鉄三田線「白金台」駅下車 2番出口徒歩1分
           都営バス「白金台駅前」停留所下車徒歩1分
    道路案内:駐車場なし、公共交通機関をご利用
    開館時間:午前9時〜午後5時(入館は4時30分まで)
    休 館 日:毎月第3木曜日(第3木曜日が祝日等の場合は開館、前日の水曜休館)
          年末年始(12/29〜1/3)特別整理期間
    入館料金(常設時):大人300円 小中高生100円
       区内在住・在学の小中高生、区内在住の65歳以上の方、区内在住の障害者と介護者1名無料
       港区民無料公開日:2/11、5/5、8/11、11/3
    展示内容: 東京湾と深くかかわり続けている港区の考古、近世都市・江戸の城南に位置する港区の様子とそこにかかわる人びとの姿、港区の近現代の歴史を国際化、教育、交通・運輸、生業・産業、災害・戦争の5つのテーマで紹介。
    観覧時間:
    その他(販売・友の会など):建物は、昭和13(1938)年に竣工した旧公衆衛生院の姿を保存し、リニューアル。
     カフェ VEGETABLE LIFE produced by HAPPO-EN
     ミュージアムショップあり
    報 告 者:明日香 光二/馬場 英明
    ==================================================================
    ☆企画展「平成と港区」2/16(土)〜5/26(日)
         2/21(木)、3/20(水)、4/18(木)、5/16(木)休館
         入館料金    大人  小中高生
           企画展のみ 200円 100円
           常設展のみ 300円 100円
           セット券    400円 100円
     平成を象徴する資料や生活用品、皇室と港区の関わり、区内の再開発や新しい交通などについて紹介し、平成という時代を振り返る。
      平成の幕開け
      皇室と港区
      平成期の社会
      平成期のモノ
      区内の再開発
      平成期の港区の交通
      新交通ゆりかもめ関係資料

    ☆同時開催「港区伝統工芸展 〜熟練した匠の美〜」2/16(土)〜3/19(火)
     港区内在住の伝統工芸士9名、琵琶、三味線、指物、額縁等計12点を展示、熟練した匠の技を見る。

    ☆同時開催「港区発掘調査速報展」3/30(土)〜5/26(日)
     近年、発掘調査が実施された、港区No.105 遺跡、神谷町町屋跡遺跡の調査成果から、江戸時代の旗本屋敷や町屋の生活の様子を紹介し、本村町貝塚での確認調査で出土した縄文時代の遺物を展示。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11554] 【福井】美浜町歴史文化館/みはまの花崗岩 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/12(Tue) 21:52:50  

     企画展開催中の未知の展示館を紹介しておきます。
    ==================================================================
    施 設 名:美浜町歴史文化館
    ふりがな:みはまちょうれきしぶんかかん
    英文表記:  
    分野 :歴史 民俗 
    郵便番号:919-1138  
    都道府県:福井県
    市区町村:三方郡美浜町  
    所在地:河原市8-8
    電話番号:0770-32-0027  
    FAX:0770-32-0615  
    URL:http://www.town.mihama.fukui.jp/www/section/detail.jsp?id=4128
    公共交通:JR小浜線 美浜駅から徒歩約25分
    道路案内: 舞鶴若狭自動車道・若狭美浜ICまたは若狭三方ICより約15分
    開館時間:午前9時〜午後5時(入館は4時30分まで)
    休 館 日:月曜日(祝日は開館)祝日の翌日、年末年始(12/29〜1/3)
    入館料金(常設時):大人100円 小中生50円
           身体障害者手帳、療育手帳又は精神障害者保健福祉手帳を所持する方は無料
    展示内容:文化財保護法に関する窓口業務、美浜町の歴史文化に関する業務
    観覧時間:
    その他(販売・友の会など): 研修室1  1時間あたり100円/研修室2 1時間あたり200円 
           研修室は美浜町耳公民館としても使用
    報 告 者:明日香 光二/馬場 英明
    ==================================================================
    ☆第7回企画展「みはまの花崗岩
     〜いにしえから近世までの石材利用〜」〜3/10(日)

     若狭地方では美浜町の耳川流域と敦賀半島に花崗岩が多く分布し、縄文時代以後、私たちの暮らしはこれらの石材と深く関わってきた。縄文時代の石器、古代の土器、中近世の石造物など、考古資料や民俗資料などを通じて、原始古代から近年に至るまでの花崗岩利用の一端を紹介。
      花崗岩片、水晶片、浄土寺遺跡出土石器(寄贈資料)、岡崎市の石工の道具(岡崎市美術博物館所蔵)など

    ☆「木簡複製品の速報展」〜3/31(日)

     美浜町教育委員会(歴史文化館)が、奈良文化財研究所の指導のもと、当地から都に塩とともに運ばれた木簡2点の複製品の作成を進め、完成した。それぞれ形が異なる一方、同筆で文字が書かれ、当地の豪族、耳別氏の名も記されたものを披露。4月以後は常設展示。
     1.木簡の複製品と実物資料の写真・赤外線写真の展示
     2.木簡複製品の作成を通じて分かったこと
     3.木簡作成の様子を描いたイラトスパネルの展示
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11553] 【兵庫】兵庫県立美術館/昭和・平成のヒーロー&ピーポー 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/10(Sun) 23:25:36  

     阪神岩屋の兵庫県立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=27で行われている企画展を紹介します。
     
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「Oh!マツリ★ゴト 昭和・平成のヒーロー&ピーポー」〜3/17(日)
        月曜休館(祝日の場合は翌日)
        午前10時〜午後6時(金土は8時まで、入場は閉館30分前まで)
        入館料金:一般1300円 大学生900円 70歳以上650円 高校生以下無料
             障がいのある方(70歳以上を除く)は各当日料金の半額、介護の方1名は無料。
     20世紀のはじめから現代へと至る日本の美術に現れた社会的な関心について、特別な存在(ヒーロー、カリスマ、正義の味方)と無名の人々(公衆、民衆、群集)という対照的な人間のありかたに注目する展示。 本展で注目する特別な存在=「ヒーロー」は、無名の人々の集団=「ピーポー」が直面する困難やその願いを映し出す鏡としての役割を担う。本展では「ヒーロー」や「ピーポー」とは何かという問いに応えようとしてきた昭和と平成の作品を5つのテーマ「集団行為」「奇妙な姿」「特別な場所」「戦争」「日常生活」に沿って見る。4名の作家=会田誠、石川竜一、しりあがり寿、柳瀬安里による本展のための最新作も紹介。
    「集団行為 陶酔と閉塞」
       『ガロ』1964 年 9 月号~1971 年 10 月号(青林堂)
    「奇妙な姿 制服と仮面」
       今和次郎『黄金バット 電気機関車』(蟻友会)
    「特別な場所 聖地と生地」
       『下丸子文化集団叢書II 高島青鐘詩集』
       『観て来た沖縄』nos. 1-7
        金城哲夫 (1938-1976)の本土渡航用パスポート
    「戦争 悲劇と寓話」
      『第十一回国際オリムピック大会水上競技実況放送(女子二百米平泳決勝) 伯林オリムピック・プールより 川西三省』
        (ニュース・レコード 日本放送協会著作権所有 , ポリドールレコード)
      『大東亜戦史 第二部 大詔渙発 鵬の羽博くところ(ハワイ海戦)』
        (編輯 社団法人同盟通信社、製作 帝国蓄音機株式会社)
       千人針(虎柄)
      『ハワイ・マレー沖海戦』(東宝)リーフレット
    「日常生活 私と私たち」
       グリコ・森永事件 怪人二十一面相からの手紙 インク(ワードプロセッサー)・紙
       大阪読売新聞原稿「償いは今日から始まる 二十一面相諸君へ」  など

    映画上映会:2/22(金)23(土)24(日)3/8(金)9(土)10(日) 
     山本嘉次郎監督『ハワイ・マレー沖海戦』1942年
     瀬尾光世監督『桃太郎 海の神兵』1945年
     本多猪四郎監督『ゴジラ』1954年
     ミュージアムホールにて 観覧料:1,000円(展覧会観覧券により500円に割引)。定員250名

    DVD上映会:『月光仮面』や『ウルトラセブン』などのテレビ放映された作品
     3/15(金)16(土)17(日)レクチャールームにて、入館券のみ、定員100名


    学芸員による解説会:2/17(日)小林公氏(学芸員)午後2時〜約90分、レクチャールームにて、定員100名


    ボランティアによるスライド解説:日曜日午前11時〜約15分、レクチャールームにて、定員100名
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11552] 【兵庫】県立歴史博物館/姫路 今むかし 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/10(Sun) 23:22:01  

     姫路城下の兵庫県立歴史博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=38で開催されている展覧会を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「姫路 今むかし partIII」〜3/24(日)
        月曜休館(祝日の場合は翌日)
        入館料金:大人500円 大学生350円 高校生以下無料
             70歳以上と、障がい者および介護者1人は無料

     明治・大正・昭和・平成と続く姫路の今昔の変遷は、過去2度企画を行ったが、古写真を中心とした過去の懐かしい風景との再会は、続編の開催が待ち望まれた。平成の30年余の一つの時代が区切りを迎える中、身近な生活文化を、自分史の中での過去と現在の出会いを満喫する。
      観光の姫路と其附近(戦前の鳥瞰図部分)
      昔の姫路城(姫路城鳥瞰図)
      明治末年の御幸通/古写真
      大正15年の姫路市街全図
      姫路交通自動車双六
      公会堂竣功記念絵葉書(昭和6年)など

    (1)展覧会ガイド:2/24(日)午前11時〜
    (2)歴史の旅(見学会)「姫路城内じっくり見て歩き」3/8(金)午後1〜4時、要事前申込み
      定員30名(参加者が20名に達しない場合は開催しない) 案内:堀田 浩之氏(展示担当者)
     申込方法:館サイトもしくは往復はがきで
     往復はがき(1人につき1枚)〒670-0012 姫路市本町68番地 兵庫県立歴史博物館 事業企画課まで
      (1)講座名(2)住所(3)氏名(ふりがな)(4)年齢(5)電話番号(6)友の会会員の方は会員番号
        応募多数の場合は抽選(結果は申込者全員に通知)
    (3)れきはくアカデミー:3/17(日)地階ホールにて、午後2〜3時30分、先着100名
    「城郭史への招待」堀田 浩之氏(展示担当者)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11551] 【兵庫】赤穂市立有年考古館/東有年・沖田遺跡展/江戸時代の村の風景 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/10(Sun) 23:20:34  

     赤穂市立有年考古館
    http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=106で開催中の展示を紹介します。 
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆企画展「県指定史跡 東有年・沖田遺跡展」〜3/31(日)
       火曜休館(祝日の場合は翌日)
       入館無料
     赤穂市有年地区の県指定史跡のうち、20棟をこえる弥生・古墳時代の建物跡が見つかった東有年・沖田遺跡について紹介。 遺跡の南側でみつかった弥生時代終末期(約1800年前)の大きな溝からは、岡山県や香川県、山陰地方から持ち込まれた土器が多く出土、古墳時代後期(約1500年前)の集落跡からは、日本最古級の土製の馬形(土馬・祭祀用に粘土でつくられた馬)が出土。こうした重要な遺物を中心に、展示・紹介。

    ☆企画展「江戸時代の村の風景−有年村絵図展−」〜4/8(月)
     赤穂市有年地区に残された、村の会所が作成した「村絵図」。山陰や田畑の所有者、河川の堤防や農業用水路の光二、水利権や山林所有権の話し合いを目的に作られ、今では失われた江戸時代の村の風景が克明に描き出されている。本展では、絵図資料や現代のようすとの対比を通じて、江戸時代の村の風景を紹介。
      「原村文書」内絵図資料(赤穂市指定文化財)
       「赤穂郡絵図」(天明7・1787年)
       「原村御普請所絵図」(文化年間)
       「原村洪水絵図」(江戸後期か) ほか
      「楢原村絵図」
      「有年駅御本陣御退場絵図」など
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11550] 【兵庫】横尾忠則現代美術館/横尾忠則 大公開制作劇場 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/10(Sun) 11:17:29  

     王子公園の横尾忠則現代美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=14で開催されている展示を紹介します。
     
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「横尾忠則 大公開制作劇場〜本日、美術館で事件を起こす」〜5/6(月・振)
        月曜休館(祝日の場合は翌日)
        午前10時〜午後6時(金・土は8時まで、入場は閉館の30分前まで)
        入館料金:一般700円 大学生550円 70歳以上350円 高校生以下 無料
             障がいのある方(70歳以上除く)は各観覧料金の半額。介護者1名無料
     1980年代アトリエのなかった横尾が、制作できる場所を求めてやむなくとった手段が公開制作だったが、アトリエが完成した後も様々な場所で公開制作の機会を持つ。2000年以後、公開制作において「Y字路」は一つのフォーマットとして展開し、各地の美術館で開催される個展にあわせて、その土地にちなんだ"ご当地Y字路"が次々と生み出され、横尾自身が仮装して制作するPCPPP(Public Costume Play Performance Painting)も行われる。横尾がこれまでに公開制作で描いてきた作品を、映像・写真などの資料とともに紹介。
     横尾は公開制作を演劇にたとえ、観客と横尾が舞台の上で起こす事件その共犯関係が成り立つ事件の現場を検証することで、横尾の制作に対する姿勢や創造のプロセス、その変遷を辿る。
    《Lisa Lyon in Kobe, July 22, 1984 (No.3)》 1984年 
    《青い沈黙》 1986年 
    《赤い夢》 1989年 蔵
    《猫のいるY字路》 2008年 
    《物語の始まりと終わり》 2011年 
    《N.P》 2012年 作家蔵

    百花繚乱華舞台:3/3(日)午後2時〜
    三代目澤村謙之介、天海翼(若座長)、天海翔、澤村一也 ほか 当館オープンスタジオにて、無料

    キュレーターズ・トーク:3/16(土)、4/20(土)午後2時〜45分 オープンスタジオにて、入館料のみ

    手話通訳付き キュレーターズ・トーク:2/11(月・祝)午前10時〜40分、入館料のみ
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11549] 【兵庫】西脇市岡之山美術館/横尾忠則 西脇幻想 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/10(Sun) 11:16:32  

     「日本へそ公園」の西脇市岡之山美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=110では、横尾忠則の特別展を開催中です。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「横尾忠則 西脇幻想展 光るまち・光る記憶」前期:〜2/11(月・祝)
                       後期:2/20(水)〜3/24(日)
         月曜休館(祝日の場合は翌日)展示替え期間2/12(火)〜2/19(火)
         入館料金:大人500円 65歳以上400円 高大生300円 小中生200円
     横尾忠則(1936〜)の故郷西脇の過去と現在と未来についての思いをもとに描いた新作を含む展覧会。故郷西脇をイメージした紙漉き作品、Y字路作品シリーズの発想の原点となった西脇市上本町の椿坂Y字路の家屋を黒一色で塗り込めた立体作品をもとに描いた絵画等、本展のために新作を数多く制作。きらめく夢、光る記憶のまちへの関心から生まれた絵画、当時の資料等を紹介し、西脇からはじまった横尾芸術の秘密とエッセンスに迫る。
       《次の瞬間》2018年
       《原郷》2018年
       《フィクション》2018年
       《G.M.》2018年
       《加古川の清流と奇岩を取り込んだ水辺の遊び、タイドプールを作る》1981年
       《消防隊進入口II》2018年 など
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11548] 【兵庫】丹波市立植野記念美術館/川端謹次展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/10(Sun) 11:14:28  

     氷上の丹波市立植野記念美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=135では、地元の洋画作家の展示が開催されています。 
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆作品受贈記念 生誕110年「川端謹次展(後期展)」〜3/17(日) 
       月曜休館(祝日は開館)
       入館料金:一般600円 高大生300円 小中生150円 (ココロンカード利用可)

     現在の丹波市柏原町柏原に生まれた川端謹次は1909年(明治42年)東京美術学校で藤島武二に西洋画を学び、仙台陸軍幼年学校、兵庫県立長田高校、関西大学や神戸女子短期大学などで美術を教えながら制作を続け、光風会展や日展に出品し、1998年(平成10年)に89歳で亡くなった。「光と空気と水」をモチーフに、外光のもとで、特に空気感と水のきらめきを一貫して追求。
     ほとんどの作品が保管されていた自宅アトリエが、阪神淡路大震災で倒壊して、それを機に平成12年に神戸市へ172点、当館へは50点の作品が寄贈され、2017年(平成29年)には小品を中心に遺族の手許に残っていた油彩画153点、スケッチ類、画巻、版木類などが当館へ寄贈された。この度は比較的大型の作品を中心に後期展として紹介。
       映画館ABC 1952(昭和27)年
       六甲連山 1960(昭和35)年
       白樺残雪 1966(昭和41)年
       天橋立の雪 1966(昭和41)年
       須磨の浜小屋 1967(昭和42)年 
       アザミ 1977(昭和52)年
       五月の入船山 1981(昭和56)年 
       黄昏時 1987(昭和62)年 
       ひまわり 1990(平成2)年 など
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11547] 【香川】高松市美術館/やなぎみわ展 神話機械 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/09(Sat) 22:35:30  

     高松市美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=37&c=4
    で行われている現代美術の展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆特別展 高松市美術館開館30周年記念「やなぎみわ展 神話機械」〜3/24(日)
       月曜休館(祝日の場合は翌日)
       午前9時30分〜午後7時(但し日曜は5時閉館:入室は閉館30分前まで)
       入館料金:一般1000円 大学生500円 高校生以下無料
            身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳所持者は入場無料
     1990年代から現在に至るまで、現代美術、演劇界でも活躍してきた美術家やなぎみわ(1967〜)の、最新作を含めた10年ぶりの個展。
     初期には《マイ・グランドマザーズ》など一連の写真作品で高い評価を受けたやなぎみわは、2010年には本格的に演劇プロジェクトを始め、大正期の日本を舞台に新興芸術運動の揺籃を描いた『1924』三部作が評判を呼び、また2014年台湾で製造したステージ・トレーラーをステージの母体に2016年から日本各地を巡礼する野外劇を企画。
     本展では、やなぎのこれまでの代表的なシリーズや舞台の仕事を紹介するほか、2016年から日本神話と桃をテーマに福島の果樹園で取り組んできた『古事記』を題材にした写真シリーズ《女神と男神が桃の木の下で別れる》を、日本で初めてまとめて紹介。また、本展に向け2017年には、やなぎと京都・高松・前橋・福島の大学等5校が連携協力する「モバイル・シアター・プロジェクト」を立ち上げ、美術と機械工学と舞台芸術がクロスオーバーする展示空間には、4機のマシンによる新たな神話世界を生み出す。
     《女神と男神が桃の木の下で別れる:川中島》2016年
     《神話機械・スケッチ》2018年
     《次の階を探してI》1996年
     《My Grandmothers : MINEKO》 2002年
     《My Grandmothers : YUKA》 2000年
     《Untitled I》2004年

    やなぎみわトークショー:3/9(土)午後2〜3時30分(1時30分開場)
      1階講堂にて、無料、予約不要 先着80名

    やなぎみわワークショップ「機械と朗読」:3/10(日曜日)
    午後1時30分〜4時  1階講堂にて、500円、中学生以上先着15名
    電話にて申込み

    エントランス・ミニコンサート「Five Women Musicians」
    2/23(土)午後1時30分〜2時 1階エントランスホール 無料
    西浦弘美(ヴァイオリン)、中村怜子(トランペット)、高橋愛美(ホルン)、眞砂美輪(トロンボーン)、大山まゆみ( ピアノ)
     
    ギャラリートーク:学芸員 2/16(土)午後2時〜
      ボランティアcivi 会期中の毎日曜日・祝日 午後2時〜
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                      参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 暗証キー

    - Web Forum -
    - Antispam Version -