ほっとミュージアム 談話室
[ホームへもどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 発言サイズは画像も含めて130KBまで、URLは20個までです。
  • その他[留意事項]を良くお読みの上ご利用ください
  • 新規紹介用 でワード検索すると、フォーマット発言が開きます

  •   [No.11951] 【兵庫】明石市立文化博物館/城と明石の400年 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/09/19(Thu) 00:00:45  

     明石市立文化博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=58で開催中の展示を紹介します。 
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆明石市制施行100周年記念 特別企画展「城と明石の400年ー明石藩の世界VIIー」〜10/20(日)
        月曜休館(祝日は開館)
        午前9時30分〜午後6時30分(入館は6時まで)
        入館料金:大人500円 高大生400円 中学生以下無料
             10/13(日)は開館記念日のため観覧料無料
          65歳以上の方、身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳の提示者(介護者も)は半額
     江戸時代初期1619年の明石城築城で城下町が整備され、藩領の村々では農業用水などが整備され、豊かな経済活動とくらしが展開した。幕末維新の動乱期を経て、明治中期には旧武家町に鉄道が開通し、明石海峡に面したこの地が発展を続ける。本展では400年の歴史を伝える古文書や絵図・地図に加えて、初代明石藩主小笠原忠政(忠真)所用の甲冑や、旧明石藩士ゆかりの甲冑・刀などを展示し、城とともに大きく発展した明石の400年を見る。
       徳川家康感状(横河家文書)
       大坂冬の陣平子主膳持槍(横河家資料)
       金地漆研出鞘脇差(旧明石藩士黒田家資料)
       繰半月前立兜・獅子牡丹唐草仏二枚胴(旧明石藩士黒田家資料) など

    はじめての古文書講座 ※要申込み
    10/14(月・祝)午後1時30分〜 加納 亜由子氏(明石市文化振興課)
    2階大会議室にて、定員40名

    往復はがきに、イベント名、参加者全員の氏名、代表者の郵便番号・住所・電話番号、参加人数
    記入し、館まで(1通につき5名まで、応募者多数の場合は抽選)10/7(月)必着
    〒673-0846 明石市上ノ丸2丁目13番1号 明石市立文化博物館

    ギャラリートーク:9/22(日)10/12(土)午前11時〜、午後2時〜
        加藤 明恵氏(神戸大学大学院人文学研究科特命助教)
        加納 亜由子氏(明石市文化振興課)

    築城400周年記念明石城シンポジウム 「明石城を探る」 当日自由参加、無料
       10/5(土)午後1時30分〜4時30分、あかし市民広場(明石駅から徒歩1分「パピオスあかし」2階)にて
      山上 雅弘氏(城郭談話会)「城郭史から見た明石城」
      本岡 勇一氏(城郭研究家)「城絵図からよみがえった明石城」
    コーディネーター:宮本 博氏(明石市文化振興課)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11950] 【兵庫】神戸ファッション美術館|神戸ゆかりの美術館/千住博展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/09/18(Wed) 23:55:56  

     六甲アイランドの神戸ファッション美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=1と神戸ゆかりの美術館 http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=5が共催で行っている特別展を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆特別展「高野山金剛峯寺 襖絵完成記念 千住博展」〜11/4(月・振)
        月曜休館(祝日の場合は翌日)
        入館料金:一般1300円 大学生・65歳以上650円 高校生以下無料
           小磯記念美術館の当日入館券(半券)をお持ちの方は割引

     高野山開創1200年を迎えた2015年から約3年をかけて、世界遺産・高野山金剛峯寺に千住博によって制作された襖絵は、総延長17メートルの障壁画《断崖図》、25メートルの《瀧図》からなり画家自身が画業40余年の集大成として位置付ける渾身の大作。本展では、奉納に先駆けて、初期の作品からブラックライトの光によって表情を変える《龍神》などの代表作をあわせて、2会場で一堂に展覧し、日本画の新しい可能性に挑み続けてきた、千住博の世界観を見る。
      「断崖図」2018年 
      「瀧図」2018年
      「龍神I・II」2015年
      「フォーリングカラー」2005年
      「宙」1994年
      「三春の瀧桜」2013年 など
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11949] 【広島】市現代美術館/インポッシブル・アーキテクチャー 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/09/18(Wed) 23:54:55  

     比治山公園の広島市現代美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=34&c=9
    で開催中の特別展を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆特別展「インポッシブル・アーキテクチャー もうひとつの建築史」9/18(水)〜12/8(日)
         月曜休館(祝日の場合は翌日)
         入館料金:一般1200円 大学生900円 高校生・65歳以上600円 中学生以下無料
              11/3(文化の日)は全館無料
     未来に向けて夢想した建築、技術的には可能でも社会的な制約で実施できなかった建築、実現よりも既存の制度に対して批評精神を打ちだした提案など、いわゆるアンビルト/未完の建築には、作者の夢や思考がより直接的に表現されている。本展は、20世紀以降の国外、国内のアンビルトの建築に焦点をあてる。ここでの「インポッシブル」という言葉は、単に建築構想の「不可能」を意味せず、逆説的にも建築における極限の可能性や豊穣な潜在力が浮かび上がらせる。約40人の建築家・美術家による「インポッシブル・アーキテクチャー」を、図面、模型、関連資料などを通して読み解く。


    映像制作・監督:長倉威彦 CG:アンドレ・ザルジッキ、長倉威彦、ダン・ブリック、マーク・シッチ
     《ウラジーミル・タトリン、第3インターナショナル記念塔》CG映像 1998
    ヤーコフ・チェルニホフ『建築ファンタジー 101のカラー・コンポジション、101の建築小図』より挿図 1933 
    村田豊《ソビエト青少年スポーツ施設》模型写真 1972頃 
    黒川紀章《東京計画1961―Helix計画》模型 1961 
    藤本壮介《べトンハラ・ウォーターフロント・センター設計競技1等案》周辺図 CG画像 2012
    ザハ・ハディド・アーキテクツ+設計JV《新国立競技場》構造用風洞実験模型、高さ75mのプラン(1:300)
    会田誠《シン日本橋》クレヨン、アクリル絵具、紙 2018-2019  など

    「インポッシブル」ってどういうこと?
    インポッシブル・アーキテクチャーを楽しく学ぶ3つのプログラム・シリーズ

    [その1]「インポッシブル」ってなに? 10/13(日)午後2〜4時
       地下1階ミュージアムスタジオにて、定員120名、入館券のみ、当日10時より整理券配布
    [対談] 建築の不可能性と可能性とは?
     五十嵐太郎氏(本展監修者、東北大学教授)×浅子佳英氏(建築家、デザイナー)

    [その2]なんて素敵な「インポッシブル」!10/20(日)午後2〜3時30分
       地下1階ミュージアムスタジオにて、定員100名、入館券のみ、当日10時より整理券配布
    [講演会]紙上&夢想の建築にみるロマン─ロシア・アヴァンギャルドの建築からメタボリズム、そしてザハ・ハディドまで。
          本田晃子氏(岡山大学社会文化科学研究科准教授)

    [その3]建たないんだったら、つくっちゃおう。(1)11/9(土)(2)11/10(日)午後1〜3時
       2階講座室にて、定員各回15名、参加費500円、小学4年生以上対象(大人も歓迎)、要事前申込、応募者多数の場合は抽選
    [ワークショップ]「もし実際に建ったとしたら?」を想像して工作してみよう!


    [申込方法]
    館サイトの応募フォーム、または往復はがきに、参加希望の回((1)または(2))、参加希望者の氏名(1通につき3名まで)、年齢、住所、電話番号を明記し
    〒732-0815 広島市南区比治山公園1-1 広島市現代美術館「インポッシブル・アーキテクチャー展ワークショップ」係
    10/16(水)必着

    学芸員によるギャラリートーク:9/21(土)11/23(土・祝)午後2〜3時
    アートナビ・ツアー:毎週土日祝 午前11時〜30分 および 午後2時〜30分(対談、講演会、トーク開催時は除く)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11948] 【京都】寿恵更紗ミュージアム/ロッキー山脈と更紗展[9/19(木)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/09/18(Wed) 22:38:52  

     向日市の寿恵更紗ミュージアムhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=133で明日9/19(木)から開催される展示を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「ロッキー山脈と更紗展」9/19(木)〜11/17(日)
        月曜休館(祝日であっても)
        入館料金:一般500円 大学・専門生100円 高校生以下、障害者手帳をご提示の方 無料
     飛行機から眼下に広がるカナダの壮大な景観に感動し、日本の伝統美である着物に外国の異文化を取り入れて作品にし表現した。作品に登場する花や植物たちもまた、青木寿恵が実際にロッキー山脈に登り自分の目で見て感じた様をスケッチに描いたもので、これらはまさに作者の精神性が表れた作品シリーズとなった。本展では着物作品のほかにも、額装、タペストリーなど、和洋の更紗が融合する様々な作品を一堂に。  
      落葉/重要無形文化財結城紬
      カナダの秋/重要無形文化財結城紬
      ナイアガラ/重要無形文化財結城紬  など
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11947] 【東京】台東区立朝倉彫塑館/朝倉彫塑館の白と黒 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/09/18(Wed) 00:07:45  

     日暮里の台東区立朝倉彫塑館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=126
    で開催中の特別展を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆特別展「朝倉彫塑館の白と黒」〜12/15(日)
        月・木曜休館(祝日の場合は翌日)
        入館料金:一般500円 小中高生250円
     建物、庭園、彫刻作品をはじめとする収蔵品および建築について「対比」をキーワードに色と素材と質感の対比を紹介。

     コンクリート造と木造
     白と黒
     打ちっぱなしとタイル
     板目と丸太
     木と擬木
     竹と丸太
     磨き丸太と絞り丸太
     銘木と変木
     赤と緑
     黒土壁と赤土壁
     わら壁と瑪瑙壁
     貝壁と瑪瑙壁
     中庭と屋上庭園
     石膏原型とブロンズ 
     鑑賞と実用 
     光と影   など
     
    スペシャリスト・トーク:11/4(月・振)午後2時〜(30分程度)アトリエにて、予約不要、入館者対象
    保存修復工事を担当した職人さんから当館内壁の特色 解説:今井啓之氏(左官職人)


    ギャラリートーク:担当学芸員が特別展の見どころを解説
    9/18(水)10/5(土)10/16(水)11/2(土)11/20(水)12/7(土)午後2時〜(30分程度)
     アトリエにて 予約不要、入館者対象
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11946] 【大阪】逸翁美術館/ゴシュン―池田で復活 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/09/18(Wed) 00:06:49  

     阪急池田の逸翁美術館 http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=86で開催中の展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆2019展示IV 池田市制施行80周年記念 
     「ゴシュン 画家「呉春」―池田で復活(リボーン)!」〜12/8(日)
         月曜休館(祝日の場合は翌日)10/21(月)〜25(金)は展示替え休館
         入館料金:一般 700円 高大生 500円 中学生以下無料 シニア(65歳以上)500円

     江戸後期、四条派の祖となった画家「呉春」(1752〜1811)は、京都で金座の役人の家に生まれ松村月渓と名乗り、蕪村の勧めから、池田に移り住んだ。「呉服の里」と呼ばれた池田で新春を過ごす事を喜び「呉春」と改名し京都に戻ってからは円山応挙と親交を結び、四条派の画家達に慕われて多くの優品を遺した。池田の地で復活し、さらに豊かに育まれた、呉春の画業の変遷を追いかける。
     寒林落日図
    平家物語大原小鹿詞図
    十二か月京都風物句図巻
    蕉葉雷神図(円山応挙・呉春合作)
    桜花游鯉図
    白梅図屏風(重要文化財)※後期10/26〜12/8展示

    呉春の魅力に迫る、フレッシュ対決講座

    10/12(土)ギャラリートークvsトーク ―大学院生と美術館館長 午後2〜3時、展示室にて
    仁方越洪輝氏(京都大学大学院 美学美術史学専修) 
    仙海義之氏(公益財団法人阪急文化財団 理事・館長) 

    11/17(日)池田文庫多目的室にて、午後2〜3時30分、午前10時より逸翁美術館にて座席券配付(先着50名)入館券のみ
    「呉春作品をめぐる絵画vs文学 ―イメージ×テキストのシナジー」
            馬渕美帆氏(神戸市外国語大学 教授) 
           安永拓世氏(東京文化財研究所) 
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11945] 【京都】野村美術館/茶碗の世界 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/09/18(Wed) 00:05:05  

     京都・東山の野村美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=27 で開催中の展示を紹介します。 
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆2019年秋季特別展「見て、知って、楽しむ 茶碗の世界」前期:〜10/14(月・祝)
                             後期:10/16(水)〜12/1(日)
          月曜休館(祝日の場合は翌日)
          入館料金:大人800円 高大生300円 中学生以下無料
     茶を飲むための茶碗は、16世紀に茶の湯が確立する頃には天目類が多く使用され、多様化した産地によって、茶人達は中国製のものを「唐物」、朝鮮半島製のものを「高麗物」、日本製のものを「和物」と呼び、さらにた「和物」は主として産地により分類され、仁清や乾山など名工の作品はその人物名で呼ばれた。本展では年代や産地によって様々な特徴・魅力を持つ茶碗を選りすぐり展示。
      灰被天目(前期展示)
      彫三島茶碗 銘 池水(前期展示)
      長次郎作赤楽茶碗  銘 獅子(前期展示)
      仁清 金筋茶碗(前期展示)
      薩摩荒磯絵茶碗(前期展示)
      陳元贇 染付山水絵茶碗(後期展示)
      御本立鶴茶碗(後期展示)
      高取茶碗 銘 香久山(後期展示)
      鼠志野茶碗 銘 横雲(後期展示)

    2019年秋季 地階併設展
    「啜茶時光 豊増一雄茶茗陶展」10/16(水)〜10/20(日)
    「大森礼二 茶陶展 桃山を思ふ」10/22(火)〜10/27(日)
    「唐津 安永頼山茶陶展」10/29(火)〜11/4(月・振)
    「杉本貞光 わびさびに思いを」11/6(水)〜11/17(日)
    「影向 村田浩一郎 茶土完(土と完は1字)展」11/19(火)〜11/24(日)
    「森の奥、フランス人陶芸家二人展」11/26(火)〜12/1(日)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11944] 【和歌山】県立近代美術館/美術「大正」とその前後[9/18(水)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/09/17(Tue) 22:57:54  

     和歌山城下の和歌山県立近代美術館で、明日9/18(水)から開催される展示を紹介します。
    http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=30&c=1
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「時代の転換と美術 「大正」とその前後」9/18(水)〜10/20(日)
        月曜休館(祝日の場合は翌日)
        入館料金:一般510円 大学生300円 消費税率変更に伴い10/1より:一般520円
             高校生以下、65歳以上の方、障害者、県内に在学中の外国人留学生は無料
            *第4土曜(9/28)は「紀陽文化財団の日」として大学生無料
     和歌山県ゆかりの人物を軸に、大正時代に活躍した作家やグループに関わる連続展覧会。その館蔵コレクションの中から洋画と版画を中心とした作品を、同時期の社会と人に関わるテーマを通して紹介。
     1912年7月から1926年12月までの14年あまりの大正時代の前後は、大逆事件、第一次世界大戦、本格的な政党内閣の成立、関東大震災、普通選挙法と治安維持法の公布、満州事変など、国際的にも国内的にも時代の転換点と言えるような出来事が続いた。美術作品は当時の大きな出来事や、社会的、文化的な流行などが、その表現やテーマに影響を与えることはしばしばあり、作品からは当時の人や社会のあり方、またそれらが変化する様子を読み取ることもできる。元号が改められた本年、美術作品を通しておよそ100年前を振り返り、近代から現代に至る時代のつながりと変化を、改めて見つめ直す。
      高村光太郎《佐藤春夫像》1914年
      田中恭吉《バラの刺》1914年
      岸田劉生《黒き帽子の自画像》1914年
      萬鉄五郎《大東京遠望》1929年
      古賀春江《海水浴》1922年
      佐伯祐三《自画像》1919年頃
      石井伯亭《東京十二景》「柳ばし」1910年 など

    フロアレクチャー(学芸員による展示解説)9/22(日)10/6(日)午後2時から 

    こども美術館部「かわるがわるかわるとわかる」(小学生対象の作品鑑賞会)
    10/5(土)午前11時〜正午
       2日前までに電話(073-436-8690)かメール(bijutsukanbu@gmail.com)で要申込

    だれでも美術館部(みんなでお話しをしながら作品を楽しむ鑑賞会)
    10/5(土)午後2時から
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11943] 【京都】美術館「えき」KYOTO/ショーン・タンの世界展[9/21(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/09/17(Tue) 00:03:43  

     美術館「えき」KYOTOhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=72
    で、今週末9/21(土)から開催される展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「ショーン・タンの世界展 どこでもないどこかへ」9/21(土)〜10/14(日)
        会期中無休
        開館時間:午前10時〜午後8時(入館は閉館30分前まで)
        入館料金:一般900円 高大生700円 小中生500円
             障害者手帳を提示の方と同伴者1名は各200円引き
     オーストラリアの作家、ショーン・タン(1974〜)は2006年に発表した、移民をテーマにした『アライバル』が、文字のないグラフィック・ノベルとして大きな反響を呼んだ。本展は最初の絵本『ロスト・シング』から最新作まで、原画・習作やスケッチ、映像作品、立体作品まで彼の奇妙で懐かしい世界を紹介。
      『アライバル』より 2004〜2006年
      『ロスト・シング』より 1999年
      『エリック』より 2007年
      いたずらがきをするやつ 2011年
      『内なる町から来た話』2017年

    ギャラリー・トーク
    9/21(土)岸本 佐知子氏(翻訳家)午前11時30分〜、午後2時30分〜
    10/5(土)junaida氏(画家)午後2時〜
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11942] 【香川】県立ミュージアム/日本建築の自画像[9/21(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/09/17(Tue) 00:01:50  

     高松市の香川県立ミュージアムhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=37&c=0で今週末9/21(土)から開催される展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆瀬戸内国際芸術祭2019プロジェクト
     「日本建築の自画像 探求者たちの もの語り」9/21(土)〜12/15(日)
         月曜休館(祝日の場合は翌日)
         開館時間:午前10時〜午後5時(9/22・10/13・11/3・土曜は午後8時まで、入館は閉館の30分前まで)
         入館料金:一般1200円 高校生以下、65歳以上、身体障害者手帳等をお持ちの方は無料

     『日本建築』とは、何なのか?そもそも、何が『日本的』なのか? 本展では『日本建築』というイメージを、建築史家・建築家・地域の人々、という三つの視点による複数のまなざし=『自画像』として紹介。設計図・写真に加え、建築模型や動画を用いた立体的な展示構成から、『日本建築』を取り巻く時代背景や思想にも注目し、瀬戸内や沖縄などの地域からみえる『日本』のありようにも目配して、改めて『日本建築』とは何か、を問いかける。
      第一の自画像:アイデンティティを求めて 生み出された歴史   
        首里城正殿 琉球芸術調査写真(鎌倉芳太郎撮影)
      第二の自画像:建築家たちの日本 伝統からの創造
        香川県庁舎旧本館 写真 撮影:市川靖史
      第三の自画像:つむぎ出された日本 地域、風土、コミュニティ      
        女木島北浦集落 写真(1957年)

    講演会:10/6(日)地下1階講堂にて、午後1時30分〜 定員230名、要事前申込
    「建築の自画像 丹下健三に至るまで」藤森照信氏(東京大学名誉教授、東京都江戸東京博物館館長)

    シンポジウム:地下1階講堂にて、午後1〜4時、定員230名、要事前申込
    10/20(日)「瀬戸内建築の魅力を語る」 秋元雄史氏(東京藝術大学大学美術館館長)
                      宮畑周平氏(瀬戸内編集デザイン研究所代表)
                      松隈 洋氏(建築史家 京都工芸繊維大学教授)

    11/17(日)「大江 宏の建築を語る」 富永 讓氏(建築家・法政大学名誉教授)
                     種田元晴氏(文化学園大学助教)
                     石井翔大氏(法政大学教務助手)

    学芸講座「建築展 連続講座 全9回」9/21(土)〜12/7(土)全9回 定員70名、要事前申込
    【以上の申込方法】
    電話、はがき、ファックス、インターネットによる電子申請(香川電子自治体システム)で申込

    申込先 〒760-0030 高松市玉藻町5番5号 香川県立ミュージアム学芸課
    (はがき・ファックスの場合、お名前、電話番号、希望する講演会・ 講座名を記入)
      電話:087-822-0247(学芸課) FAX:087-822-0049
     「かがわ電子自治体システム」https://s-kantan.com/pref-kagawa-u/
       
    ミュージアム・トーク:会期中のすべての開館日に開催(午前10時30分〜・午後1時30分〜)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 暗証キー

    - Web Forum -
    - Antispam Version -