ほっとミュージアム 談話室
[ホームへもどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 発言サイズは画像も含めて130KBまで、URLは20個までです。
  • その他[留意事項]を良くお読みの上ご利用ください
  • 新規紹介用 でワード検索すると、フォーマット発言が開きます

  •   [No.11636] 【京都】大丸ミュージアムKYOTO/ヨシダ ナギ 写真展[3/13(水)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/24(Sun) 19:01:55  

     大丸ミュージアムKYOTOhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=77では、民族の美を表現する写真展が3/13(水)から開催されます。
     
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「ヨシダ ナギ 写真展[HEROES 2019]」3/13(水)〜4/2(火)
        会期中無休
        入館時間:午前10時〜午後8時(最終日は5時まで、入館は閉館30分前まで)
        入館料金:一般・高大生500円
             障がい者手帳(身体障がい者手帳、精神障がい者保健福祉手帳、療育手帳、小児慢性疾患手帳、
             被爆者健康手帳)、特定疾患医療受給者証を提示者、介添の同伴者1名無料
     アフリカ人への強烈な憧れを幼少期から抱き、2009年より単身アフリカに渡り、世界中の少数民族を求めて命懸けの撮影の日々を過ごすヨシダナギ(1986〜)。ブラジルの秘境アマゾンのエナウェネ・ナウエ族、南太平洋の最後の楽園パプアニューギニアのオモ・マサライ族、フリ族、アサロ族など、少数民族の集大成となる新刊写真集「HEROES」の発売記念写真展を開催。今展では最新作、北アフリカの砂漠の民ベルベル人も初公開。ヨシダナギがその足で出向き、その目で切り取った、地球上に今なお現存するヒーローたちの姿を見る。
    「Berber5」ベルベル(モロッコ)
    「3 KAYAPO」 カヤポ族(ブラジル)
    「Maria Clara」 ヤナワナ族(ブラジル)
    「ポン・デ・スリ」 スリ族(エチオピア)
    「Knight Of The Dead」 オモ・マサライ族(パプアニューギニア)

    トークショー&サイン会: 3/16(土)17(日)各参加券共、会期初日より先着順にて希望の回を選ぶ(なくなり次第終了)
     トークショー:各日午後1時〜(約1時間)
      グッズコーナーにて税込3000円以上お買いあげの方先着200名(各日100名)に参加券
     サイン会:各日午後2時30分〜、午後3時30分〜、午後4時30分〜、午後5時30分〜
      関連グッズ購入先着480名(各回60名)にサイン会参加券
      開催場所「大丸京都店西側 日本生命四条ビル2階 特設会場
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11635] 【石川】金沢卯辰山工芸工房/研修者作品展[3/12(火)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/24(Sun) 19:00:18  

     金沢卯辰山工芸工房http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=17&c=32で3/12(火)から開催される展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「金沢卯辰山工芸工房研修者作品展」3/12(火)〜3/17(日)
        午前10時〜午後6時(最終日は5時まで)
        入館無料
     平成元年に金沢市制100周年記念事業で、創造的なもの作りを通して時代の変化に対応できる工芸家の育成をめざし設立された当工房で、伝統的な工芸から素材の可能性を探るものまで幅広く活動する5つの工房・25名の研修者の作品を展示。
      【陶芸】堀貴春、楊玉女亭(「おんなへん」に「てい」)田中陽子、林沙也加、張多然、釣光穂
      【漆芸】池田晃将、藤原愛、中田真裕、鵜飼康平、吉田まゆ
      【染】新城すみれ、長友由紀、三尾瑠璃、府王皮(「おうへん」に「かわ」)杏、井上藍
      【金工】仲村葵、奥澤華、谷口史、織田隼生、柳井千恵子
      【ガラス】米津真理奈、菅野有紀子、富永一真、藤原彩葉
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11634] 【京都】細見美術館/石本藤雄展 マリメッコの花から陶の実へ[3/9(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/24(Sun) 18:59:00  

     京都・岡崎公園の細見美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=22では、3/9(土)より、館蔵の琳派美術と現代の作品を協調させる展示が開催されます。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「石本藤雄展 マリメッコの花から陶の実へ−琳派との対話−」3/9(土)〜4/21(日)
         月曜休館
         入館料金:一般1300円 学生900円(800円)
              ( )内は20名以上の団体料金
              障がい者の方は、障がい者手帳などのご提示で団体料金にご優待
     フィンランドの「マリメッコ」のテキスタイルデザイナーとして活躍したのち、フィンランドの老舗陶器メーカー「アラビア」のアート部門で現在も陶芸家として活動する石本藤雄。
     本展では、石本が生み出したマリメッコデザインの中から厳選したファブリックのインスタレーションや、デザインの基となった原画を展観し、近年手掛けた陶の作品を紹介。細見コレクションの「琳派」の作品との競演し、石本と、京都で育まれ、身のまわりを美しく飾る意匠を生み出した琳派との時空を超えた出会いを楽しむ。
      石本藤雄 Onni(オンニ/幸せ)(1975)
           Puutarhakutsut(プウタルハクツト/ガーデンパーティ)(1989)最新の陶の作品
           オオイヌノフグリ(2018)
           ヤマモモ(2017)
           ストライプ(2017)
           紅白花(2017)
           ヘチマ(2017)
           鈴木其一 水辺家鴨図屏風 江戸後期
           中村芳中 立葵図扇面 江戸後期 
           鈴木其一 糸瓜に朝顔図 江戸後期 
           池田遥邨 四季草花流水図屏風  など
    「石本藤雄展」特別展示(茶室 古香庵にて 細見美術館3階)3/9(土)〜3/24(日)午前11時〜午後5時
    ギャラリートーク:3/9(土) 午前10時15分〜

    Onni(オン二)茶会3/16(土)会場:茶室 古香庵にて 事前申込み制、有料
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11633] 【京都】美術館「えき」KYOTO/久保 修 切り絵の世界[3/9(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/24(Sun) 18:57:47  

     美術館「えき」KYOTOhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=70で3/9(土)から開催される展示を紹介します。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「久保 修 切り絵の世界−紙のジャポニスム−」3/9(土)〜4/7(日)
         会期中無休
         開館時間:午前10時〜午後8時(入館は閉館30分前まで)
         入館料金:一般800円 高大生600円 小中生400円
              障害者手帳ご提示の方と同伴者1名無料
     大学建築科在学中に切り絵に出会い、独学で始めた切り絵画家、久保 修くぼ しゅう(1951年―山口県美祢市生まれ)は様々な素材を使い表現するミクストメディア(混合技法)と呼ばれる独自の技法を築きあげ、質感や立体感、遠近感を感じさせ、線の太さによって光と影を表現。描いた絵を和紙と重ねてアートナイフで切り抜くが、残った黒い線が全てつながっているのが大きな特徴。旅行記の新聞連載や郵便ふるさと切手、年賀はがき、飲料缶などで作品が使われ、2010年には文化庁文化交流使としてニューヨークを拠点に活動、また国際交流基金主催事業などで継続的に日本文化を紹介。本展では季節の食材や京都の風景を切り取った作品など、約100点の切り絵を紹介。
      「アスパラガス」「甘鯛」「東茶屋街情景」「ハス畑の風景」「通り雨」「順風」 など

    久保 修 ギャラリー・トーク:3/9(土)10(日)24(日)25(月)午前11時・午後1時30分・3時〜
      3/23(土)午後1時30分・3時〜 約30分
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11632] 【京都】高島屋グランドホール/横山大観記念館史跡・名勝指定記念展[3/6(水)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/24(Sun) 18:56:28  

     京都高島屋グランドホールで3/6(水)http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=78から開催される展示を紹介します。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆横山大観記念館史跡・名勝指定記念展「画業と暮らしと交流−大観邸−」3/6(水)〜3/18(月)
       休館日なし
       開館時間:午前10時〜午後8時(最終日は5時まで、入館は閉館30分前まで)
       入館料金:一般800円 高大生600円 中学生以下無料
     東京・上野池之端(台東区)に明治41年(1908年)から居住し、木造2階建ての数寄屋風日本家屋を自分のデザインで建てた近代日本画壇の巨匠・横山大観画伯。ここで生涯の創作活動と文化交流を続け、平成29年(2017年)に旧宅及び庭園が国の史跡および名勝に指定され、ここに大観の作品やコレクションの一部を公開しているのが横山大観記念館。館が所有する絵画をはじめ、画具や写生帖、愛蔵の品々、文化人との芸術交流の軌跡など、普段は一度に見ることができないコレクションを一挙公開して大観邸を生き生きと蘇らせる。
      横山大観《霊峰飛鶴》昭和28年(1953年)
          《四時山水》昭和22年(1947年)
          《或る日の太平洋》昭和27年(1952年)
      五代清水六兵衞作、横山大観絵付《青華酒壜》昭和初期
      岡倉天心《横山大観宛書簡》明治39年(1906年)7月17日
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11631] 【滋賀】大津市歴史博物館/フェノロサの愛した寺 法明院[3/2(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/24(Sun) 18:55:25  

     大津市役所近くの大津市歴史博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=25&c=1では、この近所の名刹について、3/2(土)から展示が始まります。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ☆第78回企画展「フェノロサの愛した寺 法明院―三井寺北院の名刹―」3/2(土)〜4/14(日)
        月曜、3/22(金)休館
        入館料金:一般600円(480円)高大生300円(240円)小中生200円(160円)
          ※( )内は15名以上の団体、大津市内在住の65歳以上の方、
          大津市内在住の障がい者・介護保険の要介護者・要支援者の方の割引料金(要証明)。
     明治時代、アメリカから来日し、日本美術の普及に努めたアーネスト・E・フェノロサが愛し、イギリスで亡くなる時に帰りたいと願った場所が三井寺の北、長等山の中腹に位置する法明院。この寺は、園城寺(三井寺)の僧房の一つとして、享保8年(1723)、義瑞性慶(1667-1737)に開かれ、「園城の律院」と称され、学問の寺として栄えた。堂内には、近世文人画の巨匠・池大雅、円山応挙、鶴沢派の三代目・鶴沢探索らによる障壁画が数多く残される。日本美術に傾倒したフェノロサやウィリアム・S・ビゲローらは、この寺に葬られた。本展では、フェノロサやビゲローにゆかりの法明院の絵画や彫刻、古文書、聖経など様々な宝物を展示し、その歴史を紹介。
      義瑞性慶坐像 江戸時代(18世紀) 
      法明院境内之図 2通 享保8年(1723) 
      義瑞大和尚遺誡 1巻 元文2年(1737) 
      仏涅槃図 1幅 宝永4年(1707) 
      大津市指定 山水図 円山応挙筆 7面 明和2年頃(1765) 
      紙本著色群鶴図 鶴沢探索筆 壁貼付4面・襖8面・腰高障子2面 明和2年頃(1765)
      フェノロサ肖像写真 明治時代(19世紀)
      ビゲロー肖像写真 明治時代(19世紀)
      フェノロサとビゲロー関係史料 一括 明治時代(19世紀)
      遺品贈呈目録 1通 明治23年(1890) 
      フェノロサ墓碑銘草稿 1紙 明治42年(1909) など

    れきはく講座(講演会):有料、要申込
    3/16(土)「現地見学会 フェノロサ・ビゲローのお墓参り」鯨井 清隆氏(学芸員)
    3/23(土)「『法明院障壁画』を考える」五十嵐 公一 氏(大阪芸術大学教授)
    3/30(土)「フェノロサ ―社会進化論と美術と仏教」佐藤 道信 氏(東京藝術大学教授)
    4/6(土)
    「法明院を愛したフェノロサとビゲロー」井上 瞳 氏(愛知学院大学准教授)
    4/13(土)「フェノロサの愛した日本美術 ―『東洋美術史綱』を読む」大久保 美春 氏(比較文化研究者)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11630] 【広島】海の見える杜美術館/幸若舞曲と絵画[3/2(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/24(Sun) 18:53:55  

     廿日市市の海の見える杜美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=34&c=65で、3/2(土)から開催される展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆春期特別展「幸若舞曲と絵画 武将が愛した英雄たち」3/2(土)〜5/12(日)
        月曜休館(4/29、5/6は開館)5/7(火)休館
        入館料金:一般1000円 高大生500円 中学生以下無料
         *障がい者手帳などをお持ちの方は半額。介添えの方は1名無料
         タクシー来館特典:タクシーでご来館の方、タクシー1台につき1名入館無料(タクシー領収書を受付に提示)

     幸若舞曲は、源平合戦に取材した物語や、源義経を主人公とした義経物、曽我兄弟の仇討ちの顛末を伝える曽我物など、武士の活躍を題材にした演目で、戦国武将たちに愛された芸能のひとつ。桶狭間の戦いを前にした織田信長が、幸若舞曲「敦盛」の一節を舞ったことが有名。江戸時代初期、17世紀には、この幸若舞曲を主題とする絵巻や絵本、屏風などが、大名などに求められ、金や鮮やかな色彩で彩られた豪華な作例が多数残される。本展覧会は、当館所蔵の《舞の本絵本》(全47冊)を軸に桃山時代から江戸時代の作例を展示し、幸若舞曲を主題とする絵画をまとめて紹介。
     《舞の本絵本》全47冊 江戸時代 17世紀
     山本元休筆《大職冠図屏風》 六曲一双 江戸時代 17世紀 
     《銀地烏帽子折物語絵巻屏風》 六曲一双 桃山時代 16世紀末 
     土佐光吉筆《曽我物語図屏風》 六曲一双 桃山時代 16世紀 
     狩野春雪筆《夜討曽我絵巻》 9巻のうち巻1 江戸時代 17世紀
     《天狗の内裏絵巻》2巻 江戸時代 17世紀
     《平家物語扇面画帖》 2帖 江戸時代 17世紀
     《源平盛衰記絵本》 50冊 江戸時代 17世紀  など

    公開シンポジウム「『舞の本』と華麗なる江戸絵巻・絵本の世界」(要事前申込、先着順)
    4/13(土) 午後1時30分〜5時 別館講堂にて、定員100名、無料
    申込方法:Eメールまたは往復はがき(1通につき2名まで)
    「幸若展シンポジウム参加希望」(1)参加人数(2)参加希望者全員の氏名(3)代表者の住所
    (4)代表者の電話番号を明記し、4/5(金)締切、定員に達すれば締切
     往復はがきの場合は、返信宛先に代表者の住所氏名を記入
     メールアドレス: info@umam.jp
     はがき宛先:〒739-0481 広島県廿日市市大野亀ヶ岡10701 海の見える杜美術館 幸若展シンポジウム事務局宛
    学芸員によるスライドレクチャー:5/3(金・祝)午後1時30分〜2時30分、入館料のみ、申込不要、定員20名
    学芸員によるギャラリートーク:3/23(土)4/20(土)5/4(土)午後2時〜(30分程度)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11629] 【神奈川】横浜市民ギャラリー/昭和後期の現代美術[3/1(金)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/24(Sun) 18:52:23  

     桜木町の横浜市民ギャラリーhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=14&c=10では、3/1(金)から現代美術のコレクション展が始まります。
     
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆横浜市民ギャラリーコレクション展2019「昭和後期の現代美術 ―1964〜1989―」3/1(金)〜3/17(日)
         会期中無休
         午前10時〜午後6時(入館は5時30分まで)
         入館無料
     1964年の開館以来、横浜市民ギャラリーは、1989年の横浜美術館開館まで市内の美術施設として中心的な役割を果たしてきたので、所蔵作品にも当時の横浜の美術シーンが反映されている。1989年は昭和の最終年なので、その背景には「昭和」が深く関わり、現代美術を紹介する年次企画展「今日の作家展」の出品作家の作品を中心におよそ50点を展示し、横浜を舞台に発表された当時─昭和後半期の表現を考察。
     池田龍雄《連作BRAHMANより V章 点生》1981年 油彩、アクリル、紙 
     斎藤義重《ボウパンC・青》1971年 合成樹脂、アルミ板 
     中林忠良《転位’88-地-iI(横浜A)》1988年  エッチング、アクアチント
     高松次郎《青の線と面》1983年 ガッシュ、紙
     村上善男《R気団 76-7》1976年 アクリル、コラージュ、キャンバス
     若江漢字《Winter》1990年 ステンシル
     岡本太郎《まひる》1963年  油彩、キャンバス
     菅木志雄《Spreading Wood ’86》1986年 木、自然石

    特集展示「吉仲太造、その表現」
     昭和後期を舞台に実験的な制作を続けた吉仲太造(1928-1985)の全収蔵作品を展示し、表現や時代性を掘り下げ。
     吉仲太造《死の売り声(釘A)》1963年 新聞紙、釘、綿、白土顔料、パネル
         《夜》1974年 シルクスクリーン、油彩、キャンバス

    関連イベント(いずれも参加無料、申込不要)
    講演:3/3(日)午後2時30分〜4時 4階アトリエにて
    「1964年から:現代美術と横浜市民ギャラリー 吉仲太造を中心に」光田由里氏(美術評論家)

    学芸員によるギャラリートーク:3/10(日)午後2時〜30分
    鑑賞サポーターによるトーク:3/9(土)、3/16(土)午後2時〜
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11628] 【東京】中村屋サロン美術館/及川聡子 展「光ノ萌」[3/2(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/24(Sun) 18:50:28  

     新宿の中村屋サロン美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=103では新進芸術家紹介の展示を3/2(土)から開催されます。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆企画展示 中村屋サロン アーティストリレー第2回
     及川聡子 展「光ノ萌(ヒカリノキザシ)」3/2(土)〜4/7(日)
        火曜休館
        開館時間:午前10時30分〜午後7時(入館は6時40分まで)
        入館料金:300円、高校生以下および障がい者とその同伴者1名は証明書呈示で無料
              リピート割引有り(会期中に当企画展の半券を呈示で100円割引)
     明治末から昭和初期にかけて新宿中村屋で形成された芸術家・文化人達のつながり「中村屋サロン」を、アーティストの紹介によるリレーという形で今に表し、新進芸術家に発表の場を提供。
     日本画家 及川聡子によって、湯気や煙を題材にした「水焔(すいえん)、香焔(こうえん)」シリーズから、近年より始めた人物画である「聴くひと」シリーズを展開。
      《Incarnation》 2018年
      《香焔−時間》2015年
      《水焔−透目》2017年
      《聴くひと−夢》2018年
      《寄り添う》2018年

    ワークショップ「消しゴムで描く」3/19(火)午後1時30分〜4時、要入館料+材料費300円
      講師 及川聡子氏  館サイトにて申込み
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11627] 【大阪】山王美術館/フランス近代名画選[3/1(金)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/24(Sun) 18:49:01  

     山王美術館で、3月1日http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=16から開催される展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆10周年記念展「コレクションでつづる フランス近代名画選」3/1(金)〜7/31(水)
        土日休館(月〜金曜日の祝日は開館)
        午前11時〜午後5時(入館は4時30分まで)
        入館料金:一般1000円 高大生500円 小中生500円(保護者同伴に限り2名様まで無料)
     印象派以降、象徴主義、ナビ派、フォーヴィスムと、さまざまな主義や美学のもと、多様に展開した19世紀から20世紀にかけてのフランス美術。ルネサンスからはじまる西洋絵画の価値観が大きく変革し、同時代に活躍した、ミレー、ルノワール、モネ、ボナール、ヴラマンクなどの画家たちにより、西洋絵画史に多彩かつ豊かな実りがもたらされた。館蔵のフランス近代名画の数々を一堂に展示。
      ピエール=オーギュスト・ルノワール≪果物をもった横たわる裸婦≫1888年
                       ≪裸婦≫1918年  
      ジャン=フランソワ・ミレー≪鶏に餌をやる女≫1851-53年、山王美術館蔵
      クロード・モネ≪オシュデ家の子ども達≫1880年代初頭
      オディロン・ルドン≪アポロンの二輪車と大蛇≫1905年
      ピエール・ボナール≪クリシー大通りまたはパリ街景≫1900年
      モーリス・ド・ヴラマンク≪マルヌ川のヨット≫1908年頃
      モイーズ・キスリング≪二人の少女≫1941年
      藤田嗣治≪椅子に座る婦人像≫1925年  など
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 暗証キー

    - Web Forum -
    - Antispam Version -