ほっとミュージアム 談話室
[ホームへもどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 発言サイズは画像も含めて130KBまで、URLは20個までです。
  • その他[留意事項]を良くお読みの上ご利用ください
  • 新規紹介用 でワード検索すると、フォーマット発言が開きます

  •   [No.12696] 【茨城】笠間日動美術館/異国の景色[1/2(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/02(Sat) 00:35:41  

     笠間日動美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=08&c=23で新春から開催される展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「異国の景色」1/2(土)〜3/7(日)
        月曜休館(但し1月11日は開館、1月12日は休館)
        入館料金:大人1000円 65歳以上800円 高大生700円 中学生以下無料
             障害者手帳をお持ちの方と同伴者1名は半額
     
     本展では、パリの街並みに向き合い制作を続けた佐伯祐三をはじめ、海外に学び各々の表現を探究した画家たちの作品を展示し、画家の眼を通して描かれた異国の風景、人々、そして旅情あふれる思い出の品々に、感動をみつける。

     佐伯祐三《パリの街角》1927年 
     奥谷 博《モン・サン=ミッシェル》1968年
     藪野健《ある日 ソル広場》1984年
     松井ヨシアキ《セーヌ》2003年
     田村 能里子《陽炎人》1984年
     城戸義郎《巡礼の道》
     小木曽 誠《フィレンツェ》2010年 など

    ☆同時開催 写真公募展2021【わたしが見つけた異国】1/2(土)〜3/7(日)

    ギャラリートーク:1/9(土)2/13(土)3/6(土)午後2時〜(約30分)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12695] 【愛知】杉本美術館/城のある風景 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/02(Sat) 00:34:57  

     美浜町の杉本美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=23&c=127
    で開催中の展示を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「城のある風景」〜4/20(火)
        〜1/1 毎週水曜日(ただし、祝日の場合は開館、翌日休館)毎月第2火曜日
        入館料金:大人900円 高校生400円 小中生300円
             障害者手帳をご提示の場合、入館料金半額
     
     人生のほとんどを名古屋で過ごした杉本健吉にとって、名古屋市民としても画家としても、名古屋城は特別な存在で、の頃から晩年に至るまで、名古屋城を望み、描いてきた。戦災で焼ける前の名古屋城も、再建された名古屋城も描いています。
     若い頃には観光ポスターの図案の依頼をうけ、犬山城もよく描いた。
     杉本は、祖父の代まで石工を家業とし、子供の頃から城の石垣に関心を持ち、杉本が晩年になって描いた名古屋城の絵でも、石垣が丹念に描かれる。ヨーロッパでは周りを城壁で囲った城郭都市、杉本はその石の城に関心を持って絵にした。
     各地の城の写生を通じて、生涯にわたる杉本健吉の画業を楽しむ。

      名古屋城 日本ライン ローテンブルク要塞 ディエッペ城跡
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12694] 【福岡】九州国立博物館/国宝 初音の調度 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/02(Sat) 00:34:09  

     太宰府市の九州国立博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=40&c=66
    で新春から公開されている展示の紹介です。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆新春特別公開「国宝 初音の調度」〜1/24(日)
       月曜休館(祝日の場合は翌日)新年も開館
       入館料金:大人700円 大学生350円
       開館時間:午前9時30分〜午後5時(毎週金曜・土曜日の夜間開館は実施しない)

     徳川三代将軍家光の長女である千代姫の尾張徳川家二代光友への婚礼調度である国宝「初音の調度」(徳川美術館所蔵)。
     「初音」という名称は、この調度を飾る文様が、『源氏物語』「初音」帖に題材を得ていることに由来し、金銀を贅沢に使い、高度な蒔絵技術を尽くして制作された豪華な調度。
     この国宝「初音の調度」のうち、貝桶、昆布箱、楊枝箱の三件を展示し、婚礼行列を描いた絵巻や大揃いの婚礼調度も合わせて紹介。
     国宝 初音蒔絵貝桶 江戸時代・寛永16年(1639)
     国宝 初音蒔絵昆布箱 江戸時代・寛永16年(1639)
     国宝 初音蒔絵楊枝箱 江戸時代・寛永16年(1639)

    ミュージアムトーク:1/13(水)午後3時〜30分【先着17名】4階スーパーハイビジョンシアター
    「国宝 初音の調度について」川畑憲子氏(企画課特別展室長)

    ☆開館15周年記念特集展示「織物に魅せられてー加賀前田家伝来の名物裂ー」〜1/24(日)

     室町時代以降、茶人に蒐集され愛され名物と極められた舶来の美しい染織品「名物裂」(めいぶつぎれ)。
     加賀・前田家第3代の前田利常(1593−1658)は、文化政策に力を入れ、百万石で名高い加賀文化の礎を築いた人物で、茶事に通じた、茶の湯を彩る裂も積極的に蒐集した。館蔵の前田家旧蔵の裂帖は、利常が長崎・平戸などで集めた裂を貼り合わせたもので、墨跡の表具に用いる印金や金襴など絢爛とした格式高い織物が数多く納められる。この裂帖の修理完了にあたり、前田家に伝わった織物を中心に、名物裂の粋を集めた展示。

    第1章 織物に魅せられて
     有栖川錦 15〜16世紀 京都国立博物館所蔵

    第2章 鴻池家の家宝・裂箪笥き
     鴻池家伝来裂箪笥 13〜17世紀 個人蔵

    第3章 書画を彩る裂
     前田家伝来名物裂帖より 14〜16世紀 九州国立博物館所蔵
     盤龍文様金襴 12〜13世紀 個人蔵

    特集展示ミュージアムトーク【先着17名】 担当学芸員:桑原有寿子氏
    1/5日(火)午後3時〜「のぞいてみよう!織物の世界」
    文化交流展示室内スーパーハイビジョンシアターにて
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12693] 【福岡】三菱地所アルティアム/編みものけものみち 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/02(Sat) 00:33:25  

     福岡・天神の三菱地所アルティアムhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=40&c=29
    で開催中の展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「編みものけものみち 三國万里子展」〜1/31(日)
          〜1/1 のみ休館
          入館料金:一般400円  学生300円
               高校生以下、障がい者等とその介護者1名は無料
           会場内の混雑・密集を避けるため人数制限あり

     数々の手芸本を出版し、編みものキット店「Miknits」を展開する、ニットデザイナー三國万里子の展覧会。
     三國万里子の作品の魅力は、図柄の見立ての面白さ、サイズ感や着心地の良さ、編み飽きないための工夫、「見る」ことからもからバランス良く生み出されているから。豊かな物語が始まりそうな情景が込められた作品もある。
    本展では、三國万里子のニット作品や愛用道具、ニットとともに楽しむ洋服やアクセサリーのコレクション、そして貴重な所蔵書籍や資料なども展示。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12692] 【熊本】市現代美術館/ムーミン展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/02(Sat) 00:32:48  

     熊本市現代美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=43&c=4で開催中の展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「ムーミン展 THE ART AND THE STORY」〜1/11(月・祝)
         〜1/1 火曜休館
         入館:一般1300円(1100円) シニア(65歳以上)1000円(800円) 学生(高校生以上)800円(600円)
          中学生以下無料
         ( )内は、各種障害者手帳(身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、被爆者健康手帳等。
          付き添いの方1名も適用)、電車・バス1日乗車券等、JAF会員証、緑のじゅうたんサポーター証

     フィンランドを代表する芸術家、トーべ・ヤンソン(1914〜2001年)が生みだした「ムーミン」シリーズを、小説や絵本の代表的な場面を原画で楽しめるほか、風刺雑誌の挿絵、企業広告やグッズ、フィギュア、また舞台に至るまで、知られざるムーミンとなかまたちの魅力を紹介。フィンランド・タンペレ市にあるムーミン美術館とムーミンキャラクターズ社が所蔵する作品を中心にムーミンの多彩な表情に迫る。また、2019年の日本フィンランド外交関係樹立100周年を記念し、浮世絵とトーベ作品の比較展示、来日した際のスケッチや写真、日本の翻訳者との交流を示す資料をとおして、トーベと日本の関わりにも光を当てる。

    【ムーミンの小説、絵本から様々なシーンを原画やスケッチで紹介】
    トーベ・ヤンソン 《「ムーミン谷の夏まつり」挿絵》1954年 インク・紙
            《「ムーミン谷の冬」挿絵》1957年頃 インク・紙
            《スナフキン スケッチ》制作年不詳 インク・紙

    【ムーミンキャラクターズ社所蔵の貴重なコレクション】
    トーベ・ヤンソン 《イースターカード 原画》1950年代 グワッシュ、インク・紙 ムーミンキャラクターズ社
            《「フォーレニングス銀行」広告》1956年 印刷 ムーミンキャラクターズ社
            《スウェーデンの日刊紙「スヴェンスカ・ダーグブラーデット」広告》1957年 印刷 ムーミンキャラクターズ社
    トーベ・ヤンソン、ラルス・ヤンソン《「スウェーデンの環境保全キャンペーンのポスター」》1970年代 印刷 ムーミンキャラクターズ社

    【日本とフィンランドの記念のコーナー】
    トーベ・ヤンソン《「ムーミンパパ 海へいく」挿絵》1965年 インク・紙
    歌川広重《名所江戸百景 大はしあたけの夕立》安政4年(1857)大判錦絵 西楽堂(「復刻アダチ版」を展示)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12691] 【島根】県立石見美術館/大下藤次郎と水絵の系譜 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/01(Fri) 23:10:07  

     益田市の島根県立石見美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=32&c=33で開催中の企画展を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆企画展「生誕150年 大下藤次郎と水絵の系譜」前期:〜1/25(月)
                           後期:1/27(水)〜2/20(土)
           〜1/1、毎週火曜休館
          入館料金:企画展   企画展・コレクション展セット
              一般 1000円    1150円
             大学生 600円    700円
            小中高生 300円    300円
            各種障がい者手帳をお持ちの方およびその介助者(1名様まで)は入場無料
     本展は、日本における水彩画の地位を確立し、明治期を代表する水彩画家として活躍した大下藤次郎(1870〜1911)の生涯と画業を振り返る。水彩画の普及に人生を捧げた大下が、その著書や講習会などを通じて伝えようとした水彩画表現の魅力に迫るとともに、大下が自らの道を歩む過程で出会った人々、水彩画を愛した仲間達の作品も紹介。
      大下藤次郎《猪苗代》1907年 水彩、紙(前期展示)
           《秋の雲》1904年 水彩、紙 (前期展示)
      吉田ふじを《少女と網を持つ少年》1902年頃(前期展示)
      三宅克己《ニューヘヴンの雪》1898年 水彩、紙(前期展示)

      丸山晩霞《高原の秋草》1895〜98年 水彩、紙 

      大下藤次郎《檜原湖の秋》1907年 水彩、紙(後期展示)
          《紫陽花》1904年 水彩、紙(後期展示)
      アルフレッド・ウィリアム・パーソンズ《日光の小堂》1892年 水彩、紙(後期展示)
      石井柏亭《病児》1904年 水彩、紙 (後期展示)

    記念講演会:午後2〜3時30分、講義室(当日先着25名/聴講無料)申込不要、参加無料
    1/16(土)「山を描いた水彩画家たちー大下藤次郎を中心に」斎藤郁夫氏(山口県立美術館 学芸参与)
    2/7(日)「修復のはなし」尾形純氏(画家・修復家)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12690] 【島根】松江歴史館/出雲国を彩るかざり 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/01(Fri) 23:04:11  

     松江歴史館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=32&c=15で開催中の展示を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆企画展「出雲国を彩るかざり」〜2/7(日)
       1/21(木)のみ休館
       入館料金:大人500円 小中生250円
        [基本展示とのセット券]大人800円 小中生400円
     
    「神々の地」出雲国に存在する多くの社寺には祭礼や神楽など特色ある伝統行事が残り、古代には装身具や出雲特有の須恵器、近世には武家や庶民それぞれ特有のしつらえや意匠、調度品など「かざり」の文化が生まれた。松江をはじめとした出雲地方の年中行事やさまざまな風習に残る「かざり」を紹介。

    折り紙で飾りづくり:折り紙で創る色々な飾り。玄関ホールにて、展示期間中随時 参加自由、無料
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12689] 【島根】小泉八雲記念館/小泉八雲、妖怪へのまなざし 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/01(Fri) 23:02:04  

     松江市の小泉八雲記念館
    http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=32&c=14で開催中の展示を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆小泉八雲 生誕170年/来日・来松130年記念企画展「小泉八雲、妖怪へのまなざし」〜6/6(日)
           無休
           入館料金:大人410円 小中生200円
              小泉八雲記念館・小泉八雲旧居2館共通券 大人560円 小中生280円
              障がい者手帳、療育手帳などの所持者及び介護者1名は無料
       松江・境港・三次3館連携企画「もののけ怪道にあそぶ。」(3館周遊パスポート3/31まで)開催中

     人生で70話を超える世界の怪談を採集・再話したことで知られる小泉八雲。八雲の妖怪文化への関心は少年時代に、アイルランド時代で乳母から妖精譚や怪談話を聞き、恐怖体験をした。ニューオーリンズ、マルティニークそして日本と多神教世界の民衆が紡いだ文化に底流する妖怪や妖精の世界は、常に八雲にとって魅力的なテーマであり。人生を通して共通する八雲のまなざしは、超自然の世界に光をあてることに注がれた。
     八雲が再話した作品の多くに、一次資料が富山大学附属図書館のヘルン文庫に残されており、八雲の再話作品創作を知るための大きな手掛かりとなる。八雲の没後発見された遺稿の中に、『狂歌百物語』(1853年)の中から八雲自身が選んだ14種の日本の妖怪たちを描いた自筆のイラストがあり、長男の一雄の手によって『小泉八雲秘稿画本妖魔詩話』として出版された。
     本展では、八雲の再話作品の中から、特に原典が確認できる江戸・明治初期の和装本(富山大学附属図書館所蔵)による約20話の比較展示、妖怪文化が花開いた江戸期の妖怪絵巻(湯本豪一記念日本妖怪博物館〔三次もののけミュージアム〕所蔵)、『妖魔詩話』より八雲の解説・イラストと『狂歌百物語』の比較展示、QRコードによる八雲作品の読み取り、さらには、妖怪漫画家水木しげるによるイラスト(水木プロダクション所蔵)などを展示。八雲の怪談創作の舞台裏をひも解く。

    原話となった底本が存在していた小泉八雲の再話文学
    ろくろ首
    【八雲の作品】「ろくろ首」……『怪談』1904年
    【原話】「轆轤首悕念却報福話」……『怪物輿論』巻之四、十返舎一九著画、1803(享和3)年、京都:勝村治右衛門
    果心居士の話
    【八雲の作品】「果心居士の話」……『日本雑記』1901年
    【原話】「果心居士 黄昏草」……『夜窓鬼談』下巻、石川鴻斎編著、1893(明治26)年、東京:東陽堂
    おしどり
    【八雲の作品】「おしどり」……『怪談』1904年
    【原話】「魚虫禽獣」第三十……『古今著聞集』巻二十、橘成季著、1770(明和7)年、大阪:柏原屋清右衛門

    八雲が愛した妖怪たち
    ウミボウズ
    【八雲の作品】「ウミボウズ」……「化けものの歌」『天の川縁起』1905年/『小泉八雲秘稿画本 妖魔詩話』1934年
    【原典】「海坊主」……『狂歌百物語』中編、天明老人編纂、竜斎閑人正澄画、1853(嘉永6)年、出版社不明

    セツが支えた怪談創作:セツは怪談好きな夫のために、「お化け行燈」と呼ばれる紙製玩具や、「獏の手鏡」など、いかにも八雲が喜びそうなものを買い集めて八雲に提供した。
    「お化け行燈」 セツ愛用「獏の手鏡」

    ☆文豪とアルケミスト パネル展「小泉八雲と怪奇文学作家たち」〜1/31(日)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12688] 【京都】嵯峨嵐山文華館/悲運の画家たち 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/01(Fri) 23:01:21  

     京都・嵯峨嵐山文華館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=95
    では、近所の福田美術館と共同して展示を開催中です。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「悲運の画家たち」〜1/11(月・祝) 「福田美術館」と二館共同の企画展
        入館料金:一般・大学生1300円 高校生700円 小中生400円 障がい者と介添人1名500円
       両館共通券:一般・大学生2000円 高校生1000円 小中生550円 障がい者と介添人1名1000円

    第二会場 「忘却にも負けず」
     人生の悲劇に見舞われた岸田劉生ら近代画家の作品に加え、かつては高く評価されていたにも関わらず、現在一般的にはあまり知られていないという悲運に見舞われた画家たちにフォーカス。岸駒や、五姓田芳柳、山元春挙など、個性溢れる画家の秀作を見る。
      山元春挙「成道出山之図」 山本梅逸「花鳥図」 木村武山「天女散華」
      西村五雲「高原之鷺」 岸田劉生「村娘之図」 山内信一「春光」 など
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12687] 【京都】福田美術館/悲運の画家たち 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/01(Fri) 23:00:39  

     京都・嵐山の福田美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=105
    では、近所の嵯峨嵐山文華館と共同して展示を開催中です。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「悲運の画家たち」〜1/11(月・祝) 「嵯峨嵐山文華館」と二館共同の企画展
        〜1/1、火曜休館
        入館料金:一般・大学生900円 高校生500円 小中生300円 障がい者と介添人1名700円
       両館共通券:一般・大学生2000円 高校生1000円 小中生550円 障がい者と介添人1名1000円

    第一会場「逆境にも負けず」
     悲運の人生を創作の糧に変え、素晴らしい作品を生み出す画家が、日本にも沢山いる。家族を失った苦しみ、病気や怪我といった逆境にも負けず画業に専念した画家たちの作品や、絵に描かれた悲劇の主人公たち…しかし、決して暗く重苦しい作品ではなく吸い込まれるような色彩や神に入る筆致など、美しい輝きを放つものばかり。
    〈第1章〉悲運の近代画家たち
        市電にひかれて左足を切断した速水御舟、電車にはねられて命を落とした木島櫻谷、
        最愛の女性を亡くした後も生涯制作に励んだ竹久夢二など
        赤子を由比ヶ浜に沈められた《静御前》(上村松園筆)
        大火事から逃げ惑う人々を描いた《久松町の大火図》(小林清親筆)など、悲劇のドラマを描いた作品
        速水御舟、川端龍子らの額装作品
        芸術の都のフランス・パリで幼少期から飲酒におぼれたユトリロの作品
    〈第2章〉悲運の近世画家たち
        父親とともに流罪になった深江芦舟、毒殺説がある長沢芦雪、流罪ののち切腹した渡辺崋山など
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 暗証キー

    - Web Forum -
    - Antispam Version -