ほっとミュージアム 談話室
[ホームへもどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 発言サイズは画像も含めて130KBまで、URLは20個までです。
  • その他[留意事項]を良くお読みの上ご利用ください
  • 新規紹介用 でワード検索すると、フォーマット発言が開きます

  •   [No.11731] 【兵庫】香雪美術館/羅漢さん 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/05/31(Fri) 23:53:12  

     阪急御影の香雪美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=3では、仏教美術の展示を開催中です
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「羅漢さん 仏教を護(まも)る聖者たち」〜7/15(月・祝)
        月曜休館(7/15は開館)
        入館料金:一般700円 高大生450円 中学生以下無料
     羅漢は、正しくは「阿羅漢」といい、修業によって最高段階に達し、悟りを開いた人のことで、釈迦の教えを護り伝える役割を担う。インドから中国へ、日本には8世紀に伝わり、鎌倉時代以降に彫刻・絵画が盛んにつくられ、信仰された。コレクションを形成した村山龍平の収集品の中から、羅漢図を中心に、関連作品や羅漢を供養、讃嘆する場面に描かれた工芸品なども展示。

     十六羅漢図 絹本着色 南北朝〜室町時代(14世紀)
     黒漆燭台 江戸時代(16〜19世紀)
     明恵 夢記 紙本墨書 鎌倉時代
     釈迦三尊十六善神像 絹本着色 鎌倉時代(13世紀)
     青磁鳳凰耳付杓立 磁器 明時代(15世紀)など
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11730] 【新潟】市美術館/インポッシブル・アーキテクチャー 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/05/31(Fri) 23:52:28  

     新潟市美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=15&c=2
    では、ちょっと変わった建築の展示を開催中です。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「インポッシブル・アーキテクチャー もうひとつの建築史」〜7/15(月・祝)
         月曜休館(祝日は開館)
         入館料金:一般1000円 高大生800円
     完成に至らなかった構想や、あえて提案に留めた刺激的なアイディアなど、いわゆるアンビルト/未完の建築には、作者の夢や思考がより直接的に表現されている。
     20世紀以降の国外、国内のアンビルトの建築に焦点をあて、それらを仮に「インポッシブル・アーキテクチャー」と称し、建築の不可能性に焦点をあてて、逆説的にも建築における極限の可能性や豊穣な潜在力が浮かび上がらせるー約40人の建築家・美術家による「インポッシブル・アーキテクチャー」の図面、模型、関連資料などを通して、未だ見ぬ新たな建築の姿を展望。
     藤本壮介《べトンハラ・ウォーターフロント・センター設計競技1等案》CG画像、2012年
     会田 誠《シン日本橋》
     マーク・フォスター・ゲージ《グッゲンハイム・ヘルシンキ美術館》CG映像、2014年  など
     ヤーコフ・チェルニホフ、書籍『建築ファンタジー 101のカラー・コンポジション、101の建築小図』より挿図、1933年
     ウラジーミル・タトリン「第三インターナショナル記念塔」(1919-20年)コンピューター・グラフィックス、1998年

    シリーズレクチャー:各日とも午後2時〜(約90分)当日先着順(80名)
    6/22(土)「アンビルト概説−ロシアを中心に」前山裕司氏(館長)
    7/14(日)「父・村田豊の建築」村田あが氏(村田豊長女、跡見学園女子大学教授)

    みどころ解説「なぜ建物は建たなかったのか」午後2時〜(約60分)
    7/7(日)藤井素彦氏(学芸員)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11729] 【長野】北澤美術館/バラに捧ぐ 投稿者:   投稿日:2019/05/25(Sat) 22:16:10  

    こんにちは

     諏訪市の北澤美術館はリニューアルオープン以来、1年間の企画展となっています。2019年度は作家ではなく題材にスポットを当てたものになっています。ただ、実際にバラの作品は一部であり、他も展示されています。新収蔵品もあり、良かったと思います。

     しかし、ここは2Fの近代日本画にももっと注目を当てたいと思います。現在は「北澤コレクション名品展 春」です。東山魁夷や杉山寧といった有名画家の他、平川敏夫「小松原観音春宵」、吉田善彦「岡本の春」、那波田目功一「春」といった作品が非常に良かったと思います。


      [No.11728] 【滋賀】県立陶芸の森陶芸館/陶の花 FLOWERS 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/05/05(Sun) 00:23:05  

     甲賀市信楽の滋賀県立陶芸の森陶芸館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=25&c=33で開催中の展示を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆特別企画「陶の花 FLOWERS」〜6/9(日)
       
       入館料金:一般500円 高大生380円 中学生以下無料
       月曜休館(祝日は開館)、5/7(火)休館
     春から初夏にかけてわたしたちが花に最も親しみを感じる季節に、東洋陶磁で華やかな花をさまざまに意匠化したものを紹介。日本では、明治時代に欧米から導入された最新技術や意匠(デザイン)を用いて、建築用タイルやインテリア用品など陶磁器で制作されたもののうち西洋と東洋の花を融合させた花のモチーフ、現代陶芸における花の表現。
     「花」を入り口にして近世、近代、現代という様々な時代の陶芸表現の世界を探る。
       湖東焼「色絵牡丹図鉢」 江戸時代後期制作
       淡陶社製「和製マジョリカ装飾タイル」 明治〜昭和初期製作
       田嶋悦子「Cornucopia 97-III」1997年制作
       大石早矢香「Pied」2017年制作  など

    同時開催:細川正廣コレクション寄贈記念「近江のやきものの魅力展」

    ギャラリートーク:5/26(日) 午後1時30分〜1時間程度
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11727] 【兵庫】神戸ファッション美術館/伝説のファッションデザイナー 鳥丸軍雪展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/05/05(Sun) 00:21:52  

    六甲アイランドの神戸ファッション美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=1で開催中の展示を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「伝説のファッションデザイナー 鳥丸軍雪展」〜6/23(日)
         月曜休館(祝日は開館)、5/7(火)休館
         入館料金:一般1000円 大学生・65歳以上500円 高校生以下無料
     英国オートクチュール界に大きなインパクトを与えてきた伝説的なトップデザイナー鳥丸軍雪(とりまる・ぐんゆき)。パリでピエール・カルダンのアシスタントデザイナーを務め、流れるような優雅なひだを生む手法(ドレープ)や、独創的な布のカットを生み出し、鳥丸は「ドレープの魔術師」「絹の彫刻家」と呼ばれた。英国王室のダイアナ元皇太子妃やスウェーデン王国のシルビア王妃、黒柳徹子ら多くの著名人の衣装を手掛けた。本展では、プリーツやドレープを駆使した代表作を中心に、デザイン画など約80点を紹介。
       ドレープ イブニングドレス(1976年) 
       プリーツ ミニドレス(2018年、オリジナルは1988年)
       ダイアナ妃のためのドレス イブニングドレス(鳥丸本人が制作したレプリカ1996年、オリジナルは1986年)     ダイアナ妃のためのデザイン画(複製画、1986年) 
       黒柳徹子氏のためのドレス 舞台衣装 イブニングドレス」(2015年、個人蔵)など

    ☆併催:コレクション展示
    「5つの時代衣装展−華麗なるロココから優美なベル・エポックまで−」〜6/23(日)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11726] 【京都】国際マンガミュージアム/竹宮惠子 カレイドスコープ 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/05/04(Sat) 22:48:49  

     烏丸御池の京都国際マンガミュージアムhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=49で開催中の展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「竹宮惠子 カレイドスコープ 50th Anniversary」〜9/8(日)
      水曜日、6/11、13休館(7/11〜8/27は無休)
      本展だけは無料
     「風と木の詩」「地球へ・・・」などで知られ、京都精華大学国際マンガ研究センターのセンター長もつとめるマンガ家・竹宮惠子の画業50周年を振り返る展覧会。他館では出展されていない原画の新規出展あり。
      肉筆原稿120点、精巧な複製原画(原画ダッシュ)カラーイラスト150点
      「風と木の詩」の構想スケッチが描かれたクロッキーノート
      連載当時に発売されたLP、竹宮惠子愛用品、フィギュアなど


    スペシャル対談 西炯子×竹宮惠子:7/20(土)午後2〜4時 1階 多目的映像ホールにて
    定員200名 ※先着順 往復はがきで申込

    竹宮惠子ファン大感謝祭:9/8(日)午後2〜4時 1階 多目的映像ホールにて
    定員200名 申し込み方法は6/20(木)に館サイトにてお知らせ
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11725] 【兵庫】西宮市大谷記念美術館/四条派への道 呉春を中心として 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/05/04(Sat) 22:22:06  

     阪神香櫨園の西宮市大谷記念美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=67
    で開催されている展覧会を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「四条派への道 呉春を中心として」〜5/12(日)
         水曜休館
         入館料金:一般800円 高大生600円 小中生400円
     呉春やその門弟たちが京都四条通り周辺に居住していた「四条派」の作品を呉春を中心に紹介。与謝蕪村に学んで始まった呉春の画業は、池田に居住して独自の発展を遂げ、京都に戻って円山応挙の影響で新たな境地に達する。同時期の円山派の絵師、源王奇(王へんに奇)、山口素絢、吉村孝敬の作品、呉春の三人の弟子、松村景文、岡本豊彦、柴田義董の作品により、四条派発展の兆し、西山芳園、上田公長らの大坂での活躍で四条派の影響の広がりを検証。
    1.呉春:初期から晩年まで
      「雨林山村連帆図」「芭蕉其角図」「柳鷺群禽図」「牧馬図」
    2.円山派 円山応挙と弟子たち:源王奇(王へんに奇)、山口素絢、吉村孝敬ら
      円山応挙「嵐山春暁図」源王奇「春山残雪山水図」山口素絢「やすらい祭図屏風」
    3.呉春の弟子たち:岡本豊彦、松村景文、柴田義董他
      岡本豊彦「呉春像」松村景文「花鳥図」柴田義董「海神図」
    4.大坂の四条派:西山芳園、長山孔寅、上田公長など
      西山芳園「旭日老松図」長山孔寅「春花双雀図」上田公長「芭蕉涅槃図」など
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
     連休の一日ぐらいは美術館でゆったりしたい…ただし、名だたる有名な西洋画展は行列が必至…と思い、かねてからちょっと心寄せていた展示を見に行きました。連休後の5/12(日)で終了なので、残念ながら5月のお勧めには挙げなかったのですが。
     江戸時代の絵画といえば、浮世絵以外では琳派、若冲、暁斎あたりが現代には人気ですが、京で人気な画風は他にもありました。写実描写、鮮烈な色彩、新奇なデザインというのではなく、和風な自然、田園生活を描いた優しい画風・画題には心落ち着くものがあります。ここの展示の日本画たちはそういった作品群でした。展示室の最初に現れた松村景文の屏風「花鳥図」は本当にほのかなパステルカラーで透明感のあるツル植物の葉が印象的。メイン呉春の唯一の重文「柳鷺群禽図」は水墨に左隻にほのかな水色と黄色の花が点々…というのが上品な雰囲気。
     ほわっと面白かったのは上田公長「芭蕉涅槃図」の2点。この時代、画家たちも俳人をリスペクトしていたので、こうした作品が生まれるのでしょうね。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11724] 【大阪】あべのハルカス美術館/クマのプーさん展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/05/03(Fri) 22:40:28  

     あべのハルカス美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=20で開催中の展覧会を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「クマのプーさん展」〜 6/30(日)
       5/13、20、27(月)のみ休館
       開館時間:火〜金 午前10時〜午後8時 月土日祝10時〜午後6時(入館は閉館30分前)18:00
       入館料金:一般1500円 高大生1100円 小中生500円
     食いしん坊でおっちょこちょい、世界一有名なクマ、『クマのプーさん』は1926年に出版されて以降、50以上の言語に翻訳され、5000万部以上のシリーズ本が出版された。著者A.A.ミルンと挿絵を担当したE.H.シェパードの鉛筆原画とともに、英国・ヴィクトリア&アルバート博物館をはじめ各国から集めた資料により、「プーさん」がどのように生まれ、愛されたかを紹介。

    たまご&ひよこ DAY :マタニティや子育て中の方を対象にした、休館日貸切の特別鑑賞 DAY。
    5/20(月)午前11時〜午後3時
    一般1300円 高大生900円 小中生300円 小学生未満は無料
    参加方法:開始15分前から美術館エントランスにて受付
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11723] 【大阪】府立近つ飛鳥博物館/寛弘寺古墳群と紺口県主−古墳時代の地域と王権− 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/05/03(Fri) 22:38:54  

     河南町の大阪府立近つ飛鳥博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=174で開催中の企画展の紹介をします。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆平成31年度春季企画展「寛弘寺古墳群と紺口県主−古墳時代の地域と王権−」〜7/7(日)
       月曜休館(祝日は開館、ただし5/7(火)と5/8(水)は休館)
       入館料金:一般430円 65歳以上・高大生330円
            障がい者手帳をお持ちの方(介助者1名含む)無料
     「記紀」「風土記」の伝承では、「大化の改新」以前に天皇の直轄地の首長、国造(くにのみやつこ)の下の地域首長として 「県主(あがたぬし)」が表現される。大阪府内では、摂津の高槻市・茨木市に三島県主(みしまのあがたぬし)、 河内の八尾市に三野県主(みののあがたぬし)、柏原市に大県主(おおのあがたぬし)、藤井寺市に志貴県主(しきのあがたぬし)、 富田林市に紺口県主(こむくのあがたぬし)、和泉(当時は河内)の国に茅渟県主(ちぬのあがたぬし)の6首長が知られ、神の霊をとどめ、託宣を聞くなど宗教的な性格を帯び、祭祀にかかわった。
     本展では、現在の南河内付近を治めたとされる「紺口県主」の領域と考えられる地域の中で 河南町西部、千早川西側の丘陵上に位置する寛弘寺古墳群を取り上げ、周辺の古墳などとの比較から、古墳時代の地域首長の姿を考える。
       水晶製切子玉(寛弘寺75号墳)衝角付冑(寛弘寺75号墳)
       半円方形帯二神二獣鏡(寛弘寺10号墳)巫女形埴輪(寛弘寺17号墳)勾玉・管玉・石釧(寛弘寺12号墳)

    講演会:地階ホールにて、午後1時30分〜午後3時(入場1時より) 定員200名 整理券は当日10時より受付にて配布
      入館手続きをお済ませの上、整理券をお取りください。

    5/12(日)「三島県主と摂津の古墳」森田 克行氏(高槻市立今城塚古代歴史館 特別館長)
    6/2(日)「群集墳の展開とヤマト王権」右島 和夫氏(群馬県立歴史博物館 館長)
    6/16(日)「紺口県主と「県主」研究の現在」舘野 和己氏(館長)

    土曜講座(オーサカ発 調査研究最前線)
     地階ホールにて、午後2〜午後3時(入場1時より) 定員200名
     参加費200円(当日の入館のリーフレットまたは年間パスポートの提示で無料)
    第122回5/25(土)「百舌鳥・古市古墳群の時代と寛弘寺古墳群」廣瀬 時習氏(総括学芸員)
    第123回6/22(土)「寛弘寺古墳群の後期古墳」森本 徹氏(副館長兼学芸課長)

    現地見学会「三野県主と生駒西麓の古墳」6/1(土)午前10時〜午後4時ごろ 
    定員45名(要事前申込。応募者多数の場合は抽選。)
    参加費300円(資料代・保険代)近鉄大阪線 河内山本駅集合〜近鉄信貴線 服部川駅解散 行程約8km(坂道多い)
    申込方法:往復ハガキにて
     往信ハガキに代表者の住所、氏名、年齢、電話番号
     返信ハガキに 返信用宛名  1通につき3名様まで申込可(必ず参加者全員の名前を記入)
    〒585−0001 南河内郡河南町大字東山299番地 大阪府立近つ飛鳥博物館「現地見学会」係 5/21(火)必着

    学芸員による展示解説:午後2時〜30分
    5/6(月・振) 5/26(日) 6/15(土)6/30(日)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11722] 【奈良】文化財研究所飛鳥資料館/骨ものがたり―環境考古学研究室のお仕事 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/05/03(Fri) 22:37:15  

     明日香村の奈良文化財研究所飛鳥資料館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=29&c=74で開催中の考古学の展示を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆春期特別展「骨ものがたり―環境考古学研究室のお仕事」〜6/30(日)
       月曜休館(祝日は開館、5/7(火)は休館)
       入館料金:一般270円 大学生130円
       高校生及び18歳未満、65歳以上は無料
     遺跡から出土する獣や魚、鳥など色々な動物の骨は、土の中で色が変わっていたり破片になっており、たいてい細かい傷や変形した部分などが見つかる。その痕からは昔の人が動物をさばいた様子や、人々と共に働く動物たちの姿がよみがえり、動物と人の関わり方、そして、かつての人々の暮らしを知る上で重要な情報を持っている。
     奈良文化財研究所の環境考古学研究室が行っている動物の骨に関わる調査研究のうち、東日本大震災の復興調査支援で分析している縄文時代の巨大マグロの骨や、飛鳥時代や奈良時代の遺跡で見つかった骨にスポットを当てて、古代の人々と動物との関わりを紹介。

    イベント1「研究員を展示!」(事前申込不要)研究員が調査する姿を、展示室で間近に見る
    5/10(金)17(金)午後1時30分〜4時 特別展示室(地下)にて

    イベント2「体験!研究員のお仕事」(事前申込制)実物の骨を使った調査研究を体験、午後1時30分〜 講堂にて
    6/9(日)子供向け:小学生以上対象(小学生は保護者同伴)
    6/21(金)大人向け
     各日とも、要事前申込(多数の場合は抽選)、定員20名、参加無料(要入館料)。
     申込方法:E-mailまたは往復はがきに以下の必要項目をご記入の上、「春展イベント参加希望」と明記して、5/26(日)までに申込み(往復はがきの場合は、当日消印有効)。
     (1)参加希望日(2)代表者の氏名・年齢 (3)代表者の郵便番号・住所 (4)代表者の電話番号
     (2)その他の参加者全員の氏名・年齢(1回の申込で2名まで申込可)
        申込締切から、2週間程度で返信が届かない場合は、要連絡
        メール申込の方は、@nabunken.go.jpからのメールを受信可にすること
      〒634-0102 高市郡明日香村奥山601 E-mail:info.shiryokan@nabunken.go.jp
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 暗証キー

    - Web Forum -
    - Antispam Version -