ほっとミュージアム 談話室
[ホームへもどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 発言サイズは画像も含めて130KBまで、URLは20個までです。
  • その他[留意事項]を良くお読みの上ご利用ください
  • 新規紹介用 でワード検索すると、フォーマット発言が開きます

  •   [No.12646] 【日本画書】令和3(2021)年に見られる展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/12/30(Wed) 20:50:38  

     新年から開催の日本画や書道の展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて訪問にご利用下さい。ただし、年末年始の休館、入館の予約制、感染予防対策などには充分ご注意下さい。なお、この発言を令和3(2021)年の毎月の【日本画書】の展覧会案内のベースノートにします。

    【宮城】
    東北歴史博物館
     ☆テーマ展示 第3室「仙台の近世絵画−新春を迎えて−」令和3年1/5(火)〜2/14(日)
    藤田喬平ガラス美術館,☆「佐藤隆春新春特別展2021」〜令和3年1/11(月・祝)会期中無休

    【千葉】
    茂原市立美術館・郷土資料館
     ☆美術収蔵品展「水墨・書 墨の世界展」〜令和3年2/14(日)<12/29〜1/3休館><会期延長>
    成田山書道美術館,☆「今日の書壇 新井光風展」令和3年1/1(金・祝)〜2/21(日)
    一茶双樹記念館,☆新春企画展「吉書のダイナミズム」令和3年1/5(火)〜1/17(日)書道

    【東京】
    ちばぎんひまわりギャラリー,☆「嶋田 彩綜展 書」令和3年2/23(火・祝)〜3/7(日)
    サントリー美術館
     ☆開館60周年記念「ミネアポリス美術館
       日本絵画の名品ーあなたの推し絵師きっといる!ー」令和3年4/14(水)〜6/27(日)
    早稲田大学會津八一記念博物館
     ☆富岡展「山水」〜令和3年1/31(日)<〜1/6休館>
     ☆富岡展「人のかたち」3/1(月)〜4/30(金)
     ☆企画展 松丸東魚篆刻作品等受贈記念「萬象、一刀の中にあり ―篆刻家・松丸東魚の仕事」3/1(月)〜4/30(金)
    東京国立博物館,☆特集「世界と出会った江戸美術」平成館 企画展示室 〜令和3年1/11(月・祝)
    横山大観記念館,☆「大観とその仲間たち」令和3年1/13(水)〜3/28(日)
    大田区立熊谷恒子記念館,☆開館30周年記念展(後期)「恒子とゆかりの書 道ひとすじ」12/26(土)〜令和3年4/4(日)
    大田区立龍子記念館,☆名作展「時代を描く 龍子作品におけるジャーナリズム」〜令和3年3/21(日)
    山種美術館
     ☆特別展「東山魁夷と四季の日本画」〜令和3年1/24(日) <12/28〜1/2は展示替と年末年始休館>
     ☆開館55周年記念特別展「川合玉堂 ―山骸鐺鵑・Δ靴親艝画の巨匠―」令魯ト3年2/6(土)〜4/4(日)
    青梅市立美術館(青梅市立小島善太郎美術館)
     ☆館蔵企画展「長崎莫人展」〜令和3年1/17(日)<12/29〜1/3休館>日本画
    玉堂美術館,☆「玉堂の冬景色と画賛」〜令和3年1/31(日)

    【神奈川】
    そごう美術館,☆「再興第105回院展」令和3年2/6(土)〜3/14(日)
    箱根芦ノ湖成川美術館
     ☆企画展「前本利彦展〜麗しき花鳥画の世界〜」〜3/10(水)
         「松本 勝展〜花の生命をいつくしむ〜」〜3/10(水)
         「収蔵作展〜日本画の煌めき」〜3/10(水)
    【新潟】
    新潟市會津八一記念館
     ☆開館45周年記念 新春企画展「私の好きな八一の書
        〜會津八一記念館ゆかりの作家31人が選ぶ〜」〜令和3年3/28(日)
    【富山】
    富山県水墨美術館,☆「とっておき!水美コレクションでめぐる こころの旅」令和3年2/19(金)〜4月上旬
    富山市佐藤記念美術館,☆企画展「生きとし生けるものを描く」〜令和3年2/14(日)<12/28〜1/4休館>
    高岡市立博物館
     ☆館蔵品展「高岡ゆかりの屏風」〜令和3年1/11(月・祝)<12/29〜1/3休館>
     ☆常設展お宝コーナー「堀川敬周筆、二つの《漁樵図屏風》」〜令和3年1/31(日)
    西田美術館
     ☆ARTBOX-第13回-展「吉田沙織 喪失して尚、混在する。
        mixed with loss.2011-2021」令和3年2/6(土)〜3/7(日)日本画
    【石川】
    石川県立美術館
     ☆企画展「花木にみる 日本美の心」令和3年1/4(月)〜2/7(日)
     ☆前田育徳会尊經閣文庫分館「新春優品選」令和3年1/4(月)〜2/7(日)
     ☆「書をあじわう (近現代書)」令和3年1/4(月)〜2/7(日)
     ☆「優品選 (近現代絵画・彫刻)」令和3年1/4(月)〜2/7(日)

    【山梨】
    平山郁夫シルクロード美術館,☆「平山郁夫 祈りのかたち」令和3年3/6(土)〜6/22(火)会期中無休

    【長野】
    北野美術館,☆名品展2020「雪見の宴」 〜令和3年2/28(日)
    松本市美術館,☆上條信山記念展示室 「作家と展覧会(後編)」〜令和3年3/31(水) 書<12/29〜1/2休館>
    須坂クラシック美術館,☆「遊ぶ筆先−岡信孝米寿展−」〜令和3年2/16(火)

    【岐阜】
    岐阜県美術館,☆「ぎふの日本画 いのちのリレー 〜土屋禮一を中心に〜」〜令和3年2/28(日)<会期訂正>

    【大阪】
    大阪市立美術館
     ☆コレクション展「生誕200年 三輪田米山
        ―大阪中之島美術館山本發次郎コレクション 」令和3年1/9(土)〜2/7(日)
     ☆コレクション展「富士礼賛―近世絵画を中心に― 」令和3年1/9(土)〜2/7(日)
     ☆コレクション展「辛丑年 牛を描く」令和3年1/9(土)〜2/7(日)
     ☆コレクション展「江戸の南画 」令和3年1/9(土)〜2/7(日)
     ☆コレクション展「あちこちの風光明媚」令和3年1/9(土)〜2/7(日)
     ☆コレクション展「宮人たちへの鎮魂歌 ― 隋の石刻」令和3年2/20(土)〜3/21(日)

    【兵庫】
    尼崎市総合文化センター 美術ホール
     ☆「尼崎市児童生徒文化発表会 書道展」令和3年1/20(水)〜1/24(日)

    【鳥取】
    因幡万葉歴史館,☆「鳥取書道代表十人展」令和3年1/27(水)〜2/23(火・祝)
    倉吉博物館・倉吉歴史民俗資料館
     ☆美術所蔵品展 郷土の美術 第1展示室「郷土の日本画」 〜1/17(日)

    【島根】
    今井美術館,☆「渡辺俊明展」令和3年1/12(火)〜 3/26(金)黒彩・詩書画

    【岡山】
    吉備路文学館,☆特別展 「尾上柴舟展 ―詩・歌・書―」〜令和3年3/28(日) <12/28〜1/4休館>
    華鴒大塚美術館,☆「慶雲−ゆく年くる年ー」〜令和3年2/7(日)<12/28〜1/4>

    【広島】
    頼山陽史跡資料館
     ☆特集展「新春屏風名品展」 令和3年1/5(土)〜1/31(日)
     ☆特別展「全国公募 南画精華展」 令和3年3/12(金)〜3/31(水)

    【山口】
    山口県立美術館,☆館蔵品による特別企画<雪舟600年 vol.2>令和3年1/9(土) 〜 3/28(日)

    【愛媛】
    今治市大三島美術館
     ☆今治市大三島美術館・倉敷芸術科学大学 森山知己研究室コラボ展示
      「はじまりの時 森山知己 原田よもぎ 藤原優希 潮嘉子」〜令和3年1/31(日)<〜12/31休館>日本画
    今治市河野美術館
     ☆館蔵品企画展「武家社会の文雅」〜令和3年6/13(日)<12/29〜1/3休館>
        安土桃山から江戸時代の武将や文化人の屏風や絵巻、軸物など
    【高知】
    絵金蔵,☆企画展「幸せギューッとお正月」〜令和3年2月中旬頃
    四万十町立美術館,☆「アンデパンダン展(書道の部)」令和3年1/23(土)〜2/26(金)

    【福岡】
    北九州市立小倉城庭園,☆「杉田廣貴展」〜令和3年1/17(日)書
    甘木歴史資料館
     ☆令和2年度 新春企画展「郷土の日本画家 徳田玉龍 FINAL−霊峰への憧れやまず−」令和3年1/9(土)〜3/14(日)

    【佐賀】
    佐賀県立博物館,☆コレクション展「折れてひろがる―屏風の世界―」〜令和3年2/14(日)

    【熊本】
    八代市立博物館未来の森ミュージアム
     ☆「八代小・中・特別支援学校書写展」令和3年1/20(水)〜1/24(日)
     ☆企画展 第二常設展示室・松井文庫コレクション(1階)「松井文庫IV 屏風絵の世界」〜令和3年1/31(日)

    【沖縄】
    那覇市民ギャラリー
     ☆第43回「沖縄県書作家協会 木筆會 書道展」令和3年2/2(火)〜2/7(日)
     ☆第21回「龍賓沖縄書道会展 学生展」令和3年2/16(火)〜2/21(日)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12645] 【日本洋画】令和3(2021)年に見られる展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/12/30(Wed) 20:50:05  

     新年から開催の日本人作家の洋画の展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて訪問にご利用下さい。ただし、年末年始の休館、入館の予約制、感染予防対策などには充分ご注意下さい。なお、この発言を令和3(2021)年の毎月の【日本洋画】の展覧会案内のベースノートにします。

    【青森】
    青森県立美術館
     ☆企画展 生誕110周年記念「阿部合成展 修羅をこえて「愛」の画家」 〜令和3年1/31(日)<〜1/1休館>

    【茨城】
    笠間日動美術館,☆企画展「異国の景色」令和3年1/2(土)〜3/7(日)

    【群馬】
    大川美術館
     ☆企画展「広島市現代美術館所蔵作品を中心にPart2 70年目の原爆の図」令和3年1/16(土)〜3/14(日)

    【千葉】
    市川市木内ギャラリー,☆「薔薇色のスペイン 桜色のふるさと 2021年 大島 暁 油彩展」令和3年3/16(火)〜3/21(日)
    茂原市立美術館・郷土資料館
     ☆美術収蔵品展「洋画優品展」〜令和3年1/11(月・祝)<会期延長>
     ☆美術収蔵品展「新収蔵品展−森章、石井伝三の洋画、板倉花巻の書を中心に」3/19(金)〜5/17(月)

    【東京】
    ちばぎんひまわりギャラリー
     ☆企画展「小椋 聡子展−金属に込めた一瞬の風景−」 〜令和3年1/24(日) <12/31〜1/4>
     ☆「安井 成子展 アクリル画」令和3年1/26(火)〜2/7(日)
     ☆「山内 麻美展 油彩画・フレスコ画・モザイク画」令和3年2/9(火)〜2/21(日)
     ☆「大金 郁子展 油彩画」令和3年3/9(火)〜3/21(日)
     ☆「茂田 宏子展 油彩画」令和3年4/6(火)〜4/18(日)
    新宿区立佐伯祐三アトリエ記念館
     ☆ミニギャラリー展示「佐伯アトリエができた頃の下落合」令和3年1/5(火)〜3/31(水)
    平和祈念展示資料館
     ☆企画展「宮崎静夫展 ―鎮魂を祈る―」前期:〜令和3年1/11(月・祝)
                     後期:令和3年1/13(水)〜2/21(日)
    早稲田大学會津八一記念博物館
     ☆企画展 受贈記念「コレクター寺田小太郎―難波田龍起、相笠昌義を中心に―」5/17(月)〜7/31(土)
    上野の森美術館
     ☆画業30周年記念「笹倉鉄平 展―心やすらぐ光の情景―」令和3年1/23 (土) 〜2/1 (月)
     ☆第37回「上野の森美術館大賞展絵画大賞受賞者 張媛媛展」令和3年2/12 (金) 〜2/23 (火・祝)
    武蔵野市立吉祥寺美術館,☆「阪本トクロウ|デイリーライブス」令和3年1/9(土)〜2/28(日)洋画

    【神奈川】
    平塚市博物館
      ☆2階 情報コーナー ポスト特別展「よみがえる少年の日々−佐草健ボールペン画展−」〜令和3年2/28(日)
    秦野市立宮永岳彦記念美術館,☆「宮永岳彦と旅にでる」〜令和3年6/27(日) 

    【新潟】
    今泉記念館,☆「油絵 展」 〜令和3年2/28(日)
    トミオカホワイト美術館,☆開館30周年記念「新収蔵品と北海道の風景」〜令和3年3/16(火)

    【山梨】
    韮崎大村美術館,☆韮崎大村美術館収蔵作品展「美を探るII」〜令和3年2/28(日) <12/29〜1/3>
    河口湖ミューズ館・与勇輝館,☆「山下菊二展」〜令和3年9/15(水)洋画

    【長野】
    松本市美術館,☆田村一男記念展示室「旅の情景 −2−」〜令和3年3/31(水) <12/29〜1/2休館>

    【岐阜】
    岐阜県美術館,☆「岸田劉生展 ―写実から、写意へ―」〜令和3年1/17(日)<会期訂正>

    【大阪】
    絹谷幸二 天空美術館,☆特別展示「天空をいろどる いのちのつながり」〜令和3年6/28(月)
    東大阪市民美術センター,☆特別展「クレパス画 名作展」令和3年2/10(水)〜3/14(日)

    【兵庫】
    神戸市立小磯記念美術館
     ☆特別展「至高の小磯良平 大野コレクションのすべて」〜令和3年3/21(日)<12/28〜1/4休館>
    世良美術館,☆B1ギャラリー「世良臣絵・静物と人物」〜令和3年2/26(金)<12/26〜1/6休館>

    【奈良】
    奈良県立図書情報館
     ☆「松田大児さんの絵」令和3年3/9(火)〜3/30(火)
       奈良と種子島を拠点に創作活動を続ける画家・松田大児(まつだたいじ)の作品展
    喜多美術館
     ☆「フジタナオミ展」令和3年1/9(土)〜4/11(日) 
     ☆「光田千代展」令和3年4/16(金)〜7/4(日)
     ☆「赤松加奈展」令和3年7/9(金)〜10/3(日)

    【鳥取】
    倉吉博物館・倉吉歴史民俗資料館
     ☆美術所蔵品展 郷土の美術 第2展示室「米本一郎 雪景色」〜1/17(日)洋画

    【広島】
    国立広島原爆死没者追悼平和祈念館
     ☆企画展「時を超えた兄弟の対話
      ―ヒロシマを描き続けた四國五郎と死の床でつづった直登の日記―」〜令和3年2/28(日)<〜1/17休館> <会期延長>
    蘭島閣美術館,☆「寺内萬治郎の歩み1」〜令和3年5/10(月)<12/29〜1/1休館>
    八千代の丘美術館,☆TOKUBETU企画展「福長弘志 展 −墟ー」〜3/8(月)<12/28〜1/4休館>

    【山口】
    周南市美術博物館,☆「猪熊弦一郎展 いのくまさん」令和3年1/8(金)〜2/23(火・祝)<タイトル確定>

    【徳島】
    徳島県立近代美術館
     ☆所蔵作品展「徳島のコレクション 2020年度 第3期 特集 伊原宇三郎って?」〜令和3年4/11(日)<12/28〜1/4休館>
     ☆「特集 山下菊二101歳!」令和3年2/16(火)〜4/11(日)

    【香川】
    丸亀市猪熊弦一郎現代美術館
     ☆「猪熊弦一郎展 色に注目!ー赤・黄・青から見てみると?ー」 令和3年1/23(土)〜3/7(日)

    【高知】
    香美市立美術館,☆第90回企画展「みづゑの魅力」令和3年2/6(土)〜3/21(日)
    四万十町立美術館,☆「大野一絵画展〜横山コレクションより〜」令和3年3/6(土)〜4/3(土)

    【佐賀】
    佐賀県立美術館,☆OKADA-ROOM Vol.19「或る洋画家の横顔 ―写真と映像資料からみる岡田三郎助―」〜令和3年3/7(日)

    【熊本】
    島田美術館,☆「田上允克 絵画展」令和3年1/6(水)〜1/17(日) 洋画
    坂本善三美術館,☆「祈りの形〜描かれた心〜」〜令和3年3/14(日)<12/29〜1/3休館>
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12644] 【洋画】令和3(2021)年に見られる展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/12/30(Wed) 20:49:23  

     新年から開催の外国絵画の展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて訪問にご利用下さい。ただし、年末年始の休館、入館の予約制、感染予防対策などには充分ご注意下さい。なお、この発言を令和3(2021)年の毎月の【洋画】の展覧会案内のベースノートにします。

    【福島】
    諸橋近代美術館,☆「Shock of Dali ショック・オブ・ダリ 〜サルバドール・ダリと日本の前衛〜」 令和3年4/24(土)〜6/27(日)

    【埼玉】
    朝霞市博物館
     ☆丸沼芸術の森コレクション「朝霞にファン・ゴッホ!
       −日本初公開の水彩画に観るファン・ゴッホの新たな魅力−」令和3年1/16(土)〜1/24(日)
    【東京】
    パナソニック汐留美術館,☆「クールベと海 展― フランス近代 自然へのまなざし」令和3年4/10(土)〜6/13(日)

    【山梨】
    山梨県立美術館,☆特別展「キューガーデン 英国王室が愛した花々」令和3年2/11(木・祝)〜3/28(日)
    南アルプス市立美術館,☆「スペインの巨匠 ジョアン・ミロ展」令和3年1/9(土)〜2/28(日)

    【岐阜】
    岐阜県現代陶芸美術館,☆「アンドリュー・ワイエスと丸沼芸術の森コレクション展」令和3年1/5(火)〜3/14(日)

    【大阪】
    あべのハルカス美術館
     ☆「ヨーロッパの宝石箱 リヒテンシュタイン侯爵家の至宝展」令和3年1/30(土)〜 3/28(日)

    【兵庫】
    竹中大工道具館
     ☆「フィリップ・ワイズベッカーが見た日本―大工道具、たてもの、日常品」令和3年2/13(土)〜5/9(日)洋画
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12643] 【ほっとミュージアム】本年の閉幕に 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/12/30(Wed) 20:45:06  

     世界中で感染症拡大におののき、それに立ち向かってきた1年が幕を閉じようとしています。ミュージアムに関しても、毎年のように地震や水害や火災など様々な災害に遭ってきたことと同様、困難に対処されてきました。しかし、ミュージアム自体も困難に遭ったものの、地域の人々をなぐさめたり、その事実を記録・記憶に留めるなどの役割も果たされてきたことを、誇りにしたいと思います。

     今年は、春から夏にかけて、全国で開館もできない状態が続きましたが、消毒や入館制限をしての密防止、対話型イベントの中止などの対策をした上で、多くの館が再開されました。そして、それぞれの館の役割を果たすべく、開館・運営されてきたと努力を察します。

     年納めと言いますか、既に年末年始の休館に入っておられる館がほとんどです。こんな時世だからこそ、新春には晴れやかに幕開けしたいと、準備を進められたと思います。次発言から、新春あるいは来春開会の展覧会を、ベースノートを新たにして並べます。今季は曜日の並びが絶妙なので、1月3日までが年末年始休館、4日が定期休館、5日から開館という館がほとんどかと存じます。それよりも正月早々に開館の館もある一方、収まらない感染症拡大対策として、首都圏を中心に年始休館を11日あるいは17日まで延ばされている館もあります。「年末年始休館」の日をできるだけ併記しましたが、それを私のほうで記述していない館も、必ず開館日をお確かめになってお訪ねください。

     神社仏閣の“初詣で”と同じく、密を避ければ、ミュージアムへの“初もうで”も気持ちをしずめ、豊かにすることができる行いだと存じます。寒波と、感染対策を万全に、どうぞ静かなお正月をお迎えください。しばらく、新春からの展示を紹介しますが、これにて年末のご挨拶とさせていただきます。

                           本談話室の管理人  明日香 光二/馬場 英明


      [No.12642] 【愛知】ヤマザキマザック美術館:富田菜摘 スクラップ・ワールド 訪ねました 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/12/30(Wed) 20:42:55  

     12/13に古川美術館・爲三郎記念館に続いて訪れたのが、同じ地下鉄東山線の新栄町駅の上にあるヤマザキマザック美術館。こちらは、フランスのバロック・ロココ美術コレクションが好きなので、何度か訪れていますが、今回の「富田菜摘 スクラップ・ワールド」はこの館が扱うものとしては意外なところで、興味がわいたので、再訪となりました。
     金属廃材で恐竜などの動物をつくる…というのは何だか「子ども美術館」っぽいと思っていたのですが、なかなか。今回の展示室は4階となっており、普段はアール・ヌーヴォーのガラスや家具製品が展示されているところなのですが… エントランスでライオンと恐竜に出迎えてもらうと、普段の展示ケースの空白に、廃品動物たちが居るのです!電球やメーターが眼に使えるのは想像がつきますが、金属食器や空き缶、電化製品の本体、部品などが、アンバランスながらアイデアいっぱいに組み合わされています。ゲーム機のコントローラーが、恐竜の爪がある足に使われているのにはうなりました。
     廃品動物と、もうひとつは新聞紙によるハリボテの等身大人物像。経済に関心のあるサラリーマンだったり、ゲーム好きの男の子だったり、時代にあったキャラクター設定がされた人形たちがこれも展示室の空間に居ます。…というわけで、ガレのガラス器なども、見ることができたのですが、今回は結構、特別展に気持ちがいきすぎて、アール・ヌーヴォーとフランス絵画はそぞろになってしまいました。また、なんども訪れることになるでしょう。
     今回の特別展は、1/5から再開、3/14(日)までです。
                             明日香 光二/馬場 英明


      [No.12641] 【愛知】古川美術館:中世彩色写本 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/12/30(Wed) 20:41:57  

     12/13(日)に、ちょっとしたクリスマスの楽しみと思って、名古屋を訪れています。
     その中で初めて訪れた古川美術館。名古屋駅から地下鉄東山線で池下駅下車ほぼすぐ、という便利な場所ですので、ここが初めては自分でも意外。日本画の展示が多い館ですが、キリスト教会で作られた「中世彩色写本」に興味をひかれたので今回訪ねました。
     メインは、洋画家藤森兼明さんの、中世写本の図柄モチーフをバックにした女性肖像画の数々、です。こちらが古川美術館の重要なコレクションの一つで、それぞれ緻密で美しい作品たちです。本展では、中央の展示ケースに小さな、しかし煌びやかな古写本が並べられています。聖書の一部を、絵付きで一般の人が祈祷のために読みやすく本にしたもの。「時祷書」と呼ばれ、15世紀、印刷が普及する前に手書きで写本されたもの。(それをさらに模刻した「ファクシミリ版」もあるが)およそ手書きとは思えぬ細かい文字を整然と書かれるのは神業かと思いますが、それだけに、完成には1冊数年もかかったらしい。また、さすがに感染直前に、ペンのインクが保たず文字がかすれたり、文字を間違えてしまったりしていることも多く、人間らしさも感じられます。さらにそれをちゃんと指摘、解説してくれている学芸員さんのコメント入りが楽しかったです。文字が印刷になった時代でも、着色は手作業だったそうで、こうした書物を手に入れられた貴重さを感じました。また、写本に使われた羊皮紙(もしくは子牛の皮)の製造法や、鉱物や植物を使った絵の具(顔料?)の説明が別室で詳しくあり、興味深いものでした。
     この展示は12月20日に終わっており、もっと早く書けば良かったのですが、また見られる機会もあろうかと、紹介しておきます。
     別館の爲三郎記念館は、このコレクションの、主の館の保存ですが、庭園をのぞめる日本家屋の部屋を、洋風・アジア風様々にしつらえてある部屋もあり、面白かったです。
                            明日香 光二/馬場 英明
      


      [No.12640] 【大阪】国立国際美:ロンドン・ナショナル・ギャラリー展行きました       投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/12/30(Wed) 20:39:55  

     しばらく、年末のさまざまな調整をしていましたので、報告が遅れましたが…今月に訪ねた展覧会をいくつか。

     大阪・中之島の国立国際美術館で行われているロンドン・ナショナル・ギャラリー展に、12月8日に訪れました。
     今年一番の大型海外展だったと思いますし、大阪でも無事開催されてありがたく感じています。
     作品ひとつひとつを見ると、超・有名な作品としてはゴッホの「ひまわり」の一つが含まれており、フェルメールの「ヴァージナルの前に座る若い女性」があり、これらが混み合うことなくゆっくり見られたことは一つ収穫。作品群全体としては、そう華やかではなく、落ち着いてルネサンスから印象派までのヨーロッパ絵画史を概観する内容だったかと思います。ルネサンス、オランダ、スペイン、フランス美術それぞれ黄金期の中に、ヨーロッパ各地からイタリアへ美術を学びにゆく“グランド・ツアー”。
     今回の展覧会で注目したのは、欧州各地の画家が、イタリアで風景画を描くだけでなく、イタリアの画家がイギリスへ行って、イギリスで、イタリアの風景を描くのみならず、イギリスの風景を描いたこと。カナレットの「イートン・カレッジ」がそんな作品で、ヨーロッパ絵画の「聖地」としてのイタリアが広められてゆくことを感じました。

     この展覧会は1月3日から開館、1/31(日) までです。

                        明日香 光二/馬場 英明


      [No.12639] 【三重】Paramita Museum/フランス・モダン・ポスター展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/12/23(Wed) 00:11:21  

     菰野町のParamita Museumhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=24&c=54で開催中の特別展を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「華麗なるベル・エポック フランス・モダン・ポスター展
      京都工芸繊維大学 美術工芸資料館コレクション」〜令和3年1/31(日) 
         休館日:年末年始/12/28(月)〜1/1(金・祝)
         入館料金:一般1000円 高校生500円 中学生以下無料

     近代ポスターの発祥の地、フランス・パリでは、シェレ、ロートレック、ミュシャなどの芸術家が腕を競い、19世紀末から第一次世界大戦勃発までの経済発展を享受するベル・エポックの華やかなポスターが街を彩った。情報伝達の道具であったポスターが芸術の一分野として認められた創成期から、アール・ヌーボ−、アール・デコの作品を中心に約100点を展示し、ポスター芸術の歩みをたどる。

    第1章 近代ポスターの始まり シェレそしてロートレック
     ジュール・シェレ P.L.M.鉄道 オーヴェルニュ 1892
     アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック 『歓楽の女王』ヴィクトール・ジョズ著
    第2章 パリのモダン・ライフ ― 華やかなる我が家
     フィルマン・ブイセ リュのビスケット 1897 
     アドルフ・ムーロン・カッサンドル エトワール・ドュ・ノール(北の星号) 1927
     マニュエル・オラジ 「舞踏宮」1900年パリ万国博 1900
    第3章 眼差しの時代 ― 博覧会とデザイン
     ウジューヌ=サミュエル・グラッセ 「第1回装飾芸術博覧会」プチ・パレ 1904  
     アンリ・グレイ 「第3回仮面舞踏会」オペラ劇場 1893
     フェルディナン・バック 「ロイ・フラー・ショー」フォリィ・ベルジェール座 1892 など
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12638] 【京都】国立博物館/文化財修理の最先端 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/12/22(Tue) 23:22:50  

     東山七条の京都国立博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=63で開催中の企画を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆文化財保存修理所開所40周年記念 特別企画「文化財修理の最先端」〜令和3年1/31(日)
       月曜休館(1/11(月・祝)は開館)12/29(火)〜1/1(金・祝)1/12(火)
       入館料金:一般700円 大学生350円
            高校生以下および満18歳未満、満70歳以上は無料(要年齢証明)。
            障害者手帳等(*)提示者と介護者1名は無料
               (*) 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、戦傷病者手帳、被爆者健康手帳

     京都国立博物館敷地内に併置される文化財保存修理所は、指定文化財を安全に修理することを目的とし、1980年7月に設置され2020年には開所40周年を迎えた。記念して近年の修復成果の中でも新発見をともなう、特に注目される作例を厳選し、展示。

    I 表具の価値―文化財としての表装―
     重文 維摩居士像 伝李公麟筆 1幅
     重文 金字法華経宝塔曼荼羅図 8幅 京都・立本寺
    II 修理がもたらした奇跡―修復で得られた発見―
     重文 兜率天曼荼羅図 1幅 京都・興聖寺
     阿弥陀浄土図 1幅 京都・海住山寺
    III 最新の修復成果―ベストな修理を目指して―
     重文 若狭国鎮守神人絵系図 1巻
     国宝 蓮池水禽図 俵屋宗達筆 1幅
    IV 彫刻の修理
     国宝 五智如来坐像 5躯 京都・安祥寺
     重文 宝誌和尚立像 1躯 京都・西往寺
    V 修理 いまむかし―過去から未来へ―
     重文 浄土曼荼羅図 1面 滋賀・常楽寺
     国宝 十二天像のうち風天および唐櫃 12幅のうち1幅および1合  など

    土曜講座:平成知新館 講堂にて、午後1時30分〜3時 定員:100名 当日正午より平成知新館1階にて整理券配布
    1/23(土)「日本の文化財修理120年」森 道彦氏(京都国立博物館研究員)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12637] 【大阪】堺市立文化館 堺アルフォンス・ミュシャ館/ミュシャとアメリカ 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/12/22(Tue) 23:20:39  

     JR堺市駅直結の、堺市立文化館 堺アルフォンス・ミュシャ館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=65で開催中の企画展を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆企画展「ミュシャとアメリカ」&#12316;令和3年3/7(日)
        月曜休館(休日の場合は開館)、休日の翌日、展示替臨時休館日(1/19・20)、年末年始(12/28〜1/4)
        入館料金:一般510円 高大生310円 小中生100円 
     50歳から約16年かけ画家人生をかけた大連作《スラヴ叙事詩》を制作し、祖国チェコの独立と平和を願ったミュシャ。彼は本作の資金収集に1904年以降たびたび渡米した。ミュシャをパリでデザイナーとして成功させ、また彼の渡米に影響を与えた女優サラ・ベルナールに関連する作品や、《スラヴ叙事詩》の構想を始めるきっかけとなった1900年のパリ万国博覧会に関連する作品、さらにミュシャが渡米していた時期である1900年代の作品など、ミュシャとアメリカに関連する作品を紹介。
       《百合の中の聖母(下絵)》1904年 油彩
       《ハムレット》1899年 リトグラフ
       《レスリー・カーター》1908年 リトグラフ
       《ハーモニー》1908年 油彩   など

    学芸員による作品解説ツアー:12/26(土)午前10時〜30分

    ワークショップ「キッチンリトグラフ」午後2時〜2時間程度、定員 各日20名(申込先着順)
       小学生以上(小学生は要保護者同伴)参加費一人:入館料+300円(材料費)
    アルミホイルやオリーブオイル、コーラなど家庭にある身近なもので「リトグラフ」の仕組みを知り、作品を製作
    (1)令和3年1/9(土)申込締切12/26(土)
    (2)令和3年2/7(日)申込締切1/30(土)

    〒590-0014 堺市堺区田出井町1-2-200 ベルマージュ堺弐番館2F〜4F
    TEL: 072-222-5533 FAX: 072-222-683
    申込方法
    参加希望者名(フリガナ)、年齢、人数(付添の人数も)、住所、電話番号、イベント名、日付を明記して、往復はがき、FAX、またはメール(mucha@sakai-bunshin.com)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 暗証キー

    - Web Forum -
    - Antispam Version -