ほっとミュージアム 談話室
[ホームへもどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 発言サイズは画像も含めて130KBまで、URLは20個までです。
  • その他[留意事項]を良くお読みの上ご利用ください
  • 新規紹介用 でワード検索すると、フォーマット発言が開きます

  •   [No.11321] 【千葉】国立歴史民俗博物館/ニッポンおみやげ博物誌 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/08/21(Tue) 21:26:26  

     佐倉市の国立歴史民俗博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=12&c=43では、近現代の「おみやげ」をとりあげた展示を開催中です。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆企画展示「ニッポンおみやげ博物誌」〜9/17(月・祝)
       月曜休館(祝日の場合は開館)
       入館料金:一般830円 高大生450円 中学生以下無料
            毎週土曜日は高校生は無料(要証明)
            障がい者手帳等保持者は手帳提示により、介護者と共に無料
     本展は、近世から近・現代にかけての「おみやげ」という贈答文化とその背景となる旅と観光の様相を館蔵資料を通して紹介。
     現代において日常的なやりとりの一つとなった「おみやげ」が生まれる場所とその特質、おみやげと旅を経験する人々との関係、そして旅の果てにたどりつくおみやげの行方に注目。「おみやげ」のコレクションを通して、日本人における人とモノと物語のつながりも問い直す。
    【第1章】 アーリーモダンのおみやげ
      東都名所・浅草観世音 歌川広重 和泉屋市兵衛版
      山本店前図 歌川国芳 画
    【第2章】観光地のブランド化とおみやげへの波及
      漫画絵巻「富士登山勝地漫画」
      赤福餅
      絵葉書 日本の名城
    【第3章】現代におけるおみやげの諸相

      鮭咥え熊(アイヌ工芸品)
      赤べこ
    【第4章】 旅の文化の多様化とおみやげの展開
      ご当地名物を使ったレトルトカレー (メカジキカレー、馬くて生姜ねえ!!カレー、津軽の桃 ピンクカレー)
      ティキ像 フランス領ポリネシア・マルケサス諸島
      フェティッシュ  コンゴ民主共和国(個人蔵)
    【第5章】 おみやげからコレクションへ
      懐溜諸屑 など

    ギャラリートーク
    8/23(木)午後3〜4時 川村 清志氏 (民俗研究系)
    8/30(木)午後1〜2時 川村 清志氏 (民俗研究系)
    9/2(日)
    午後1〜2時 川村 清志氏 (民俗研究系)
    9/9(日)
    午後1〜2時 柴崎 茂光氏 (民俗研究系)
    9/15(土)午後1〜2時 川村 清志氏 (民俗研究系)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11320] 【京都】国立近代美術館/バウハウスへの応答 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/08/20(Mon) 21:54:55  

     岡崎公園の京都国立近代美術館
    http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=20では、コレクション展とともに、近代工芸の展示を開催中です。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「バウハウスへの応答」〜10/8(月・祝)
        月曜休館(祝日の場合は翌日)
        午前9時30分〜午後5時(金、土は午後9時まで開館、入館は閉館の30分前まで)
        入館料金:一般430円 大学生130円
             高校生以下、18歳未満および65歳以上、
             心身に障がいのある方と付添者1名は無料
     1919年、今からほぼ100年前に、ドイツのヴァイマールに設立された先進的な総合芸術学校バウハウスでは初代校長ヴァルター・グロピウスの「バウハウス宣言(Bauhaus-Manifest)」により、あらゆる造形活動を手仕事の訓練と習得を通して統合し、新たな時代・世界に相応しい建築さらには社会の創造を目指した。本展ではバウハウスの教育理念とカリキュラム、特に工房教育と予備課程が、日本とインドという異なる歴史・文化背景をもつ地域で、どのように受容され展開したのかに注目し、その足跡を辿る。また本展のために、二組のアーティスト、スウェーデンのマルメを拠点に活動するルカ・フライそしてロンドンを拠点とするオトリス・グループが、バウハウスと日本とインドをめぐる作品を新たに制作。
      レナ・ベルグナー《拡大、異なる平面が消えてゆくように》1927年
      「紙の立体的材料練習」(川喜田煉七郎・武井勝規「構成教育体系」(1934年)より)
      マルガレータ・ライヒャルト《クレーの造形教育、予備課程、流通についての研究、四角、円、三角》1926年
      パウル・クレー《教育的スケッチブック》1925年
      エーリッヒ・コンゼミュラー《素材研究、構成・強度の習作(丸天井構造)ヨーゼフ・アルバースの予備課程》など

    講演会:9/22(土)午後5〜6時30分、1階講堂にて、先着100名(4時より1階受付にて整理券配布)
    「シャンティ二ケタンから建築とデザインを考え、学び、作る」佐藤研吾氏(In Field Studio/歓藍社)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11319] 【東京】江戸東京たてもの園/東京150年―都市とたてもの、ひと 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/08/20(Mon) 21:52:47  

     小金井公園の江戸東京たてもの園http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=311では、東京150年の建築の展示を開催中です。 
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「東京150年―都市とたてもの、ひと」〜2019年1/20(日)
       月曜日(祝日の場合は翌日、ただし10/1(月)は開園)
       開園時間:午前9時30分〜午後5時30分(10/1から4時30分まで、入園は閉園30分前まで)
     東京誕生150年を記念し、江戸東京たてもの園の本館にあたる江戸東京博物館(両国)の企画展「東京150年」と連動して開催。東京に建てられた様々な建造物を通して東京の変遷を紹介し、都市の景観や暮らしの変化を概観。失われた建造物や近現代建築の特徴と魅力をとりあげ、都市東京の150年において、建築が果たした役割を明らかにする。
      東京海運橋第一国立銀行の全図 并近円の市中一覧の図 歌川虎重/画 1876年(明治9)
      鹿鳴館の持送り
      絵葉書「帝国劇場三階上り口」
      東京案内パンフレット「帝国ホテル」
      空からみた国立代々木屋内総合競技場(オリンピック東京大会記念絵葉書セット)
      パンフレット「世界一の東京タワー」など

    対談:9/8(土)午後2時〜、ビジターセンターにて
    「東京たてもの列伝」(仮題)藤森 照信氏(江戸東京博物館館長)
                  米山 勇氏(江戸東京博物館研究員)
      定員:80名申込方法:事前申込制(申込多数の場合は抽選)参加費:無料
      申込方法:往復はがきに  8/31(金)消印有効、1通1名

    講演会:11/10(土)午後2時〜、ビジターセンターにて
    「東京−150年の空間人類学」陣内 秀信氏(法政大学特任教授)
      定員:80名申込方法:事前申込制(申込多数の場合は抽選)参加費:無料
      申込方法:往復はがきに  11/2(金)消印有効、1通1名
    往復はがき記入
      (1)氏名(ふりがな)(2)年齢 (3)郵便番号・住所 (4)電話番号を記入し下記まで
    〒184-0005 東京都小金井市桜町 3-7-1 江戸東京たてもの園「対談」係もしくは「講演会」係

    ミュージアムトーク:8/25(土)10/27(土)午後2時30分〜 米山勇氏(江戸東京博物館研究員)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11318] 【神奈川】横浜開港資料館/戊辰の横浜 開港都市の明治元年 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/08/20(Mon) 21:50:44  

     日本大通の横浜開港資料館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=14&c=13では、横浜市歴史博物館と共催で、明治維新150年の展示を開催中です。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆平成30年度第2回企画展示 明治150年記念企画展「戊辰の横浜 開港都市の明治元年」〜10/28(日)
        月曜休館
        入館料金:一般200円 小中生100円 10/7・8は無料 
     今年は「戊辰」の年、慶応4年/明治元年(1868)から150周年、激動のこの一年、横浜の開港場と市域の村々では何が起こったか、横浜市歴史博物館と横浜開港資料館が連携してその実態に迫る。
     明治元年(1868)1月、鳥羽・伏見の戦いで旧幕府軍は敗北し3月、東海道を進んできた薩長の兵士が横浜にあらわれるが外国軍が駐屯する開港場では戦闘は発生せず、4月、横浜は新政府軍に接収された。その後、戦火は奥羽に広がり、諸藩は横浜港でも武器を調達し、戦争で負傷した新政府軍の兵士は横浜の病院に送られた。戦場にならなかった横浜だが、戊辰戦争と深い関係を持つ。本展では開港都市横浜の激動の一年を、古写真・錦絵・古文書・イラストなど多様な歴史資料から紹介。
     横浜の関門を守る外国兵『イラストレイテッド・ロンドン・ニュース』1868年8月1日付
     関寛斎「奥羽出張病院日記」慶応4年(1868)、陸別町関寛斎資料館蔵
     アーネスト・サトウ旧蔵写真アルバム など

    講座:講堂にて、各回500円、定員80名当日先着順
    第4回:9/15(土)「戊辰戦争と三井」村 和明 氏(東京大学准教授)
    第5回:10/6(土)「戊辰の横浜 開港都市の明治元年」吉崎 雅規氏(横浜開港資料館調査研究員)
    第6回:10/13(土)「戊辰戦争期の海軍と港湾−横浜・横須賀・浦賀−」神谷 大介 氏(東海大学非常勤講師)

    展示担当者による展示解説:8/24(金)午後6時〜 9/22(土)10/20(土)午後4時〜 30分程度
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11317] 【神奈川】横浜市歴史博物館/戊辰の横浜 名もなき民の慶応四年 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/08/20(Mon) 21:49:48  

     都筑区の横浜市歴史博物館では、明治維新150年記念の展覧会を横浜開港資料館と共催で開催中です。
    http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=14&c=41
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆明治150年記念企画展「戊辰の横浜 名もなき民の慶応四年」 〜9/9 (日)
      月曜休館
           企画展のみ   常設セット
      入館料金:一般 500円   700円
          高大生 200円   300円
          小中生 100円   100円
          毎週土曜日、小中高生は無料
     今年は「戊辰」の年、慶応4年/明治元年(1868)から150周年、激動のこの一年、横浜の開港場と市域の村々では何が起こったか、横浜市歴史博物館と横浜開港資料館が連携してその実態に迫る。
     本会場では、戊辰戦争時に横浜市域の村々や藩で何が起こったか実態を探る。戊辰戦争の時、横浜市域では戦闘は起こらないが横浜の村々が、特に慶応4年(1868)の3月〜5月にかけて、新政府軍や旧幕府勢力とさまざまな関係を有したこと、市域に陣屋を持つ唯一の藩・武州金沢藩の動きがわかった。
      新政府軍の行列を描いた「大総督東下之図」
      月岡芳年「東叡山文珠楼焼討之図」
      江川太郎左衛門英武「御親征官軍通行につき兵食・人馬継立世話向命令沙汰書」 など

    講演会(事前申込):9/2(日)午後2〜3時30分、講堂にて、500円、申込み館サイトで8/22(水)午後5時まで
    「戊辰戦争と横浜開港場」保谷 徹氏(東京大学史料編纂所所長)

    講座:講堂にて、午後2〜3時30分、講堂にて、500円、当日先着順、定員80名
    8/26(日) 「明治天皇の東幸と神奈川県域の人々」椿田有希子氏(早稲田大学文学学術院非常勤講師)

    展示担当者による展示解説:9/1(土)8(土)午後2時〜 45分程度

    横浜シティガイド協会主催「戊辰の横浜を歩く」
    第1回:9/5(水)「村々の幕末維新コース」 ミニ講座講師:小林紀子氏
    第2回:9/28(金)「開港都市の1868年コース」 ミニ講座講師:吉崎雅規氏
     申込・問合:横浜シティガイド協会:045-228-7678(平日午前10〜午後4時)、Fax:045-228-7693
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11316] 【大阪】国立国際美術館/プーシキン美術館展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/08/16(Thu) 21:37:02  

     中之島の国立国際美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=37
    ではフランス絵画の展示を開催中です。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「プーシキン美術館展─旅するフランス風景画」〜10/14(日)
        月曜休館(祝日の場合は翌日)
        開館時間:午前10時〜午後5時(金土は9時まで、入館は閉館30分前まで)
        入館料金:一般1500円 大学生1200円 高校生600円 中学生以下無料
           心身に障がいがある方と付添者1名は無料
     モスクワのプーシキン美術館所蔵の17世紀から20世紀の風景画65点を展覧。神話の物語や古代への憧憬、あるいは身近な自然や大都市パリ、想像の世界まで、描かれた時代と場所を軸にフランス近代風景画の流れを紹介。モネの《草上の昼食》は、初来日。金土の夜間開館中は本展の展示室内で撮影OK。
    毎週金曜・土曜の夜間開館中(17:00〜21:00)は、写真の撮影が可能(一部は著作権により撮影不可)
      クロード・モネ 《草上の昼食》1866年
               《エウロペの掠奪》1655年
      アンドレ・ドラン 《港に並ぶヨット》1905年
      ポール・セザンヌ 《サント=ヴィクトワール山の平野、ヴァルクロからの眺め》1882-85年 
      ギュスターヴ・クールベ《山の小屋》1874年頃
      アンリ・ルソー《馬を襲うジャガー》1910年  など
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11315] 【愛知】名古屋市美術館/至上の印象派展 ビュールレ・コレクション 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/08/16(Thu) 21:35:05  

     大須観音の名古屋市美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=23&c=17では、印象派絵画の展示が開催中です。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆名古屋市美術館開館30周年記念「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」〜9/24(月・振)
       月曜休館(祝日の場合は翌日)
       開館時間午前9時30分〜午後5時(毎週金曜日は8時までl入場は閉館30分前まで
       入館料金:一般1500円 大学生1000円 高校生800円 中学生以下無料 
              8/31(金)までの休館日を除く平日は、高校生無料(要学生証提示)
             身体等に障害のある方は、手帳の提示により本人と付添者2名まで半額
             名古屋市交通局「一日乗車券」「ドニチエコきっぷ」を当日利用の来館者は100円割引。
     印象派とポスト印象派が充実したスイス、チューリヒのビュールレ・コレクションにはモネ、ルノワール、セザンヌ、ファン・ゴッホなどの代表作が揃う。本展は印象派を中心、コレクションから精選された64点、約半数が日本初公開。中でも4 メートルを超えるモネの《睡蓮》の大作は、今回初めてスイス以外で展示。
      クロード・モネ《睡蓮の池、緑の反映》1920-26年
      フィンセント・ファン・ゴッホ《花咲くマロニエの枝》1890年
      クロード・モネ《ジヴェルニーのモネの庭》1895年
      ポール・セザンヌ《扇子を持つセザンヌ夫人の肖像》1878-88年
      ピエール=オーギュスト・ルノワール《夏の帽子》1893年
      ポール・ゴーギャン《贈りもの》1902年
      カミーユ・ピサロ《ルーヴシエンヌの雪道》1870年頃
      エドガー・ドガ《14歳の小さな踊り子》1880-81年(ワックスによる原作)1932-36年(ブロンズによる鋳造)など

    作品解説会 (事前申込制)(2) 9/15(土) 午後2〜3時30分(9/1必着)
       深谷克典(名古屋市美術館副館長)

    名古屋市電子申請サービスまたは往復はがきにて。
    往復はがきは、郵便番号・住所・氏名・電話番号・聴講希望日(1 つまで)・聴講人数(2 名まで)を記入し
    〒460-0008 名古屋市中区栄2 -17-25 名古屋市美術館「講演会/解説会」係まで。応募者多数の場合は抽選。
    2 階講堂にて、定員180名、入館券のみ
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11314] 【神奈川】横浜美術館/モネ それからの100年 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/08/16(Thu) 21:33:39  

     みなとみらいの横浜美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=14&c=5では、印象派のモネとその影響を受けた画家達の展示を開催中です。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「モネ それからの100年」 〜 9/24(月・振)
       木曜休館
       開館時間:午前10時〜午後6時
        (8/17(金)24(金)31(金)9/14(金)15(土)21(金)22(土)は8時30分まで、入館は閉館の30分前まで)
       入館料金:一般1600円 高大生1200円 中学生600円  小学生以下無料
               65歳以上は1500円(要証明)
               毎週土曜日は高校生以下無料(要生徒手帳、学生証)
               障がい者手帳をお持ちの方と介護者1名は無料
     印象派を代表する画家クロード・モネが、画業の集大成《睡蓮》大装飾画の制作に着手して約100年。響きあう色、ゆらめく光や大気の一瞬をとらえる眼差し、モネの絵画の特質・独創性は、現代の作家たちにも、引き継がれる。本展では、モネの初期から晩年までの絵画25点と、後世代の26作家による絵画・版画・写真・映像66点を一堂に展覧し、両者の時代を超えた結びつきを浮き彫りにする。
    1 新しい絵画へ 立ちあがる色彩と筆触
       クロード・モネ《ヴィレの風景》 1883年
       中西夏之《G/Z 夏至・橋の上 To May VII》1992年
    2 形なきものへの眼差し 光、大気、水
       クロード・モネ《セーヌ河の日没、冬》 1880年
       モーリス・ルイス《ワイン》1958年
    3 モネへのオマージュ さまざまな「引用」のかたち
       ロイ・リキテンスタイン《日本の橋のある睡蓮》 1992年
       福田美蘭《モネの睡蓮》2002年 
    4 フレームを越えて 拡張するイメージと空間
       クロード・モネ《睡蓮、水草の反映》 1914-17年
       サム・フランシス《Simplicity(SEP80-68》1980年  など

    学芸員によるギャラリートーク:8/31(金)午後2時〜30分 9/15(土)午後6時30分〜7時 事前申込不要
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11313] 【群馬】ハラ ミュージアム アーク/うごくとまる/動と静 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/08/16(Thu) 19:44:28  

     伊香保グリーン牧場に接するハラ ミュージアム アークhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=10&c=27
    で行われている展示の紹介をします。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆現代美術ギャラリー「うごくとまる」〜9/30(日)
     20世紀半ばに、廃材や身近なものを組み合わせて機械的な動きを取り入れたジャン・ティンゲリーはやがてキネティック・アート(動く芸術)の巨匠と言われた。人間の知覚のメカニズムを探求して、「うごく」ことと対極の「とまる」ことをテーマに制作するティンゲリー以降の作家たちのさまざまな表現を見る。
      出品作家:泉太郎、大平実、草間彌生、ジャン・ティンゲリー、ジョージ・リッキー
           ジョナサン・ポロフスキー、シンディー・シャーマン、束芋、ナム ジュン パイク
           ピョートル・コワルスキー、ヘスス ラファエル ソト、最上壽之、
           柳幸典、ロバート・ラウシェンバーグなど
    ワークショップ:アートうちわをつくろう!8/18(土)19(日)参加費540円(入館料と別)

    ☆特別展示室 観海庵「動と静」〜9/30(日)
     昔から、絵画や彫刻などそれ自体は動かない造形物に、《動》を表現して力や速さを表現したり、動かないからこそ《静》を強調したり、さまざまな可能性を追求してきた。筆致や画面の構図から《動と静》に注目して原六郎コレクションの古美術作品(狩野派、雪村、住吉広行の絵画表現他、筆文字(本阿弥光悦)など)を鑑賞。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                        明日香 光二/馬場 英明


      [No.11312] 【京都】舞鶴引揚記念館/シベリア虜囚〜佐藤清の回想画展〜 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/08/16(Thu) 19:43:14  

     東舞鶴の舞鶴引揚記念館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=117で開催中の特別展を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆グランドオープン&開館30周年特別企画第2弾
    「シベリア虜囚〜抑留体験者・佐藤清の回想画展〜」〜9/9(日)
        会期中無休
        入館料金:一般300円 小〜大学生150円(市内在住・在学者は無料)
             身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、
                戦傷病者手帳、被爆者健康手帳をお持ちの方は半額
     自身の抑留体験を油彩画や繊細なペン画で記録し、記念館の回想絵画収集にも奔走し、平成26年7月に亡くなった佐藤清氏の作品展。
      『零下40度』『生き残りし者』『ねむり』『赤鼻と鬼瓦所長』など
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                        明日香 光二/馬場 英明


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 暗証キー

    - Web Forum -
    - Antispam Version -