ほっとミュージアム 談話室
[ホームへもどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 発言サイズは画像も含めて130KBまで、URLは20個までです。
  • その他[留意事項]を良くお読みの上ご利用ください
  • 新規紹介用 でワード検索すると、フォーマット発言が開きます

  •   [No.11549] 【兵庫】西脇市岡之山美術館/横尾忠則 西脇幻想 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/10(Sun) 11:16:32  

     「日本へそ公園」の西脇市岡之山美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=110では、横尾忠則の特別展を開催中です。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「横尾忠則 西脇幻想展 光るまち・光る記憶」前期:〜2/11(月・祝)
                       後期:2/20(水)〜3/24(日)
         月曜休館(祝日の場合は翌日)展示替え期間2/12(火)〜2/19(火)
         入館料金:大人500円 65歳以上400円 高大生300円 小中生200円
     横尾忠則(1936〜)の故郷西脇の過去と現在と未来についての思いをもとに描いた新作を含む展覧会。故郷西脇をイメージした紙漉き作品、Y字路作品シリーズの発想の原点となった西脇市上本町の椿坂Y字路の家屋を黒一色で塗り込めた立体作品をもとに描いた絵画等、本展のために新作を数多く制作。きらめく夢、光る記憶のまちへの関心から生まれた絵画、当時の資料等を紹介し、西脇からはじまった横尾芸術の秘密とエッセンスに迫る。
       《次の瞬間》2018年
       《原郷》2018年
       《フィクション》2018年
       《G.M.》2018年
       《加古川の清流と奇岩を取り込んだ水辺の遊び、タイドプールを作る》1981年
       《消防隊進入口II》2018年 など
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11548] 【兵庫】丹波市立植野記念美術館/川端謹次展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/10(Sun) 11:14:28  

     氷上の丹波市立植野記念美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=135では、地元の洋画作家の展示が開催されています。 
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆作品受贈記念 生誕110年「川端謹次展(後期展)」〜3/17(日) 
       月曜休館(祝日は開館)
       入館料金:一般600円 高大生300円 小中生150円 (ココロンカード利用可)

     現在の丹波市柏原町柏原に生まれた川端謹次は1909年(明治42年)東京美術学校で藤島武二に西洋画を学び、仙台陸軍幼年学校、兵庫県立長田高校、関西大学や神戸女子短期大学などで美術を教えながら制作を続け、光風会展や日展に出品し、1998年(平成10年)に89歳で亡くなった。「光と空気と水」をモチーフに、外光のもとで、特に空気感と水のきらめきを一貫して追求。
     ほとんどの作品が保管されていた自宅アトリエが、阪神淡路大震災で倒壊して、それを機に平成12年に神戸市へ172点、当館へは50点の作品が寄贈され、2017年(平成29年)には小品を中心に遺族の手許に残っていた油彩画153点、スケッチ類、画巻、版木類などが当館へ寄贈された。この度は比較的大型の作品を中心に後期展として紹介。
       映画館ABC 1952(昭和27)年
       六甲連山 1960(昭和35)年
       白樺残雪 1966(昭和41)年
       天橋立の雪 1966(昭和41)年
       須磨の浜小屋 1967(昭和42)年 
       アザミ 1977(昭和52)年
       五月の入船山 1981(昭和56)年 
       黄昏時 1987(昭和62)年 
       ひまわり 1990(平成2)年 など
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11547] 【香川】高松市美術館/やなぎみわ展 神話機械 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/09(Sat) 22:35:30  

     高松市美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=37&c=4
    で行われている現代美術の展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆特別展 高松市美術館開館30周年記念「やなぎみわ展 神話機械」〜3/24(日)
       月曜休館(祝日の場合は翌日)
       午前9時30分〜午後7時(但し日曜は5時閉館:入室は閉館30分前まで)
       入館料金:一般1000円 大学生500円 高校生以下無料
            身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳所持者は入場無料
     1990年代から現在に至るまで、現代美術、演劇界でも活躍してきた美術家やなぎみわ(1967〜)の、最新作を含めた10年ぶりの個展。
     初期には《マイ・グランドマザーズ》など一連の写真作品で高い評価を受けたやなぎみわは、2010年には本格的に演劇プロジェクトを始め、大正期の日本を舞台に新興芸術運動の揺籃を描いた『1924』三部作が評判を呼び、また2014年台湾で製造したステージ・トレーラーをステージの母体に2016年から日本各地を巡礼する野外劇を企画。
     本展では、やなぎのこれまでの代表的なシリーズや舞台の仕事を紹介するほか、2016年から日本神話と桃をテーマに福島の果樹園で取り組んできた『古事記』を題材にした写真シリーズ《女神と男神が桃の木の下で別れる》を、日本で初めてまとめて紹介。また、本展に向け2017年には、やなぎと京都・高松・前橋・福島の大学等5校が連携協力する「モバイル・シアター・プロジェクト」を立ち上げ、美術と機械工学と舞台芸術がクロスオーバーする展示空間には、4機のマシンによる新たな神話世界を生み出す。
     《女神と男神が桃の木の下で別れる:川中島》2016年
     《神話機械・スケッチ》2018年
     《次の階を探してI》1996年
     《My Grandmothers : MINEKO》 2002年
     《My Grandmothers : YUKA》 2000年
     《Untitled I》2004年

    やなぎみわトークショー:3/9(土)午後2〜3時30分(1時30分開場)
      1階講堂にて、無料、予約不要 先着80名

    やなぎみわワークショップ「機械と朗読」:3/10(日曜日)
    午後1時30分〜4時  1階講堂にて、500円、中学生以上先着15名
    電話にて申込み

    エントランス・ミニコンサート「Five Women Musicians」
    2/23(土)午後1時30分〜2時 1階エントランスホール 無料
    西浦弘美(ヴァイオリン)、中村怜子(トランペット)、高橋愛美(ホルン)、眞砂美輪(トロンボーン)、大山まゆみ( ピアノ)
     
    ギャラリートーク:学芸員 2/16(土)午後2時〜
      ボランティアcivi 会期中の毎日曜日・祝日 午後2時〜
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                      参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11546] 【愛知】県陶磁美術館 /共演!世界のやきもの 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/09(Sat) 22:33:29  

     瀬戸市の愛知県陶磁美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=23&c=44で行われている展示を紹介します。
     
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆開館40周年記念企画展 愛知県陶磁美術館の受贈外国陶磁コレクション選
     「共演!世界のやきもの」〜3/24(日)
        月曜休館(祝日の場合は翌日)
        入館料金:一般600円 高大生500円 中学生以下無料
     館蔵品全体の8割以上を占める寄贈品のうち、外国陶磁コレクションは約2,200件を数える。本展では中国陶磁を中心に、韓国・東南アジア・南アジア・西アジア・ヨーロッパ・中南米の作品約120件を、空間的にも年代的にも幅広く、原始古代から近代までの多種多様な作品をとりあげ、かたちやデザインなど小テーマごとにまとめ、一堂に展示。
       三彩武官俑 中国 鞏義窯 唐時代(8世紀)
       青花鳳凰文梅瓶 中国 景徳鎮窯 明時代・萬暦年代(1573〜1620)
       鉄沙龍文壺 韓国 朝鮮時代(17世紀後半)
       赤色土器鹿型瓶 イラン 紀元前1200〜1000年
       風景文ヴェース フランス エミール・ガレ 1877〜1884年頃

    学芸員によるギャラリートーク
    日時:2/10(日)、2/24(日)、3/10(日)午後1時30分から1時間程度
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                      参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11545] 【大阪】府立弥生文化博物館/弥生時代の高地性集落とは 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/09(Sat) 18:58:37  

     和泉市信太山の大阪府立弥生文化博物館http://www.kanku-city.or.jp/yayoi/で開催中の、考古学の展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ☆平成30年度冬季企画展「弥生時代の高地性集落とは−大阪における特徴と性質−」〜3/31(日)
        月曜休館(祝日の場合は翌日)
        入館料金:一般430円 65歳以上・高大生330円
             中学生以下、障がい者手帳をお持ちの方と介助者1名無料
     コメ作りに便利な平地を離れ、高台に成立したムラゆえ軍事的な機能が推測され「倭国大乱」と結びつける意見が多い高地性集落。ただし、年代や出土遺物の分析や弥生時代の戦いの内容の検討から、高地性集落の用語や意味付けが再検討されている。
    本展では、大阪府内の高地性集落にスポットをあて、検証する。
     (1)弥生時代の武器は実際に使われた? 成合遺跡出土 石鏃
     (2)山でタコを獲る? 観音寺山遺跡出土 マダコ壺・イイダコ壺
     (3)弥生戦士の魂? 美園遺跡・苽生堂遺跡出土 石剣
     (4)高地性集落は戦いに備えたムラ? 観音寺山遺跡出土 石鏃・石槍
     (5)高台のムラの生活は?    

    学芸員による展示解説:2/23(土)3/9(土) 3/30(土)午前11時〜約1時間
    考古学セミナー:午後2〜4時、ホールにて、定員170名、開館時より整理券配布、入館料のみ
    第2回2/23(土)「和泉市の高地性集落と池上曽根遺跡」上田裕人氏(和泉市教育委員会文化財振興課主事)
    第3回3/9(土)「弥生時代における戦いの本質と高地性集落」藤原哲氏(大阪市教育委員会文化財保護課学芸員)
    第4回3/30(土)「高地性集落からみた弥生社会」若林邦彦氏(同志社大学歴史資料館教授)

    平成30年度弥生フェスティバル 連続講演会「弥生の拠点集落とその周辺」
     午後2時30分〜4時、ホールにて、定員170名、開館時より整理券配布、入館料のみ
    3/21(木・祝)「大和の弥生ムラ」藤田三郎氏(田原本町埋蔵文化財センター センター長)
    3/22(金)「摂津の弥生ムラ」森田克行氏(高槻市立今城塚古代歴史館 特別館長)
    3/26(火)「河内の弥生ムラ」三好孝一氏(大阪府文化財センター調査課長)
    3/27(水)「和泉の弥生ムラ」黒崎 直氏(館長)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11544] 【京都】国立博/中国近代絵画の巨匠 斉白石 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/09(Sat) 18:57:30  

     東山七条の京都国立博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=61で開催されている水墨画の展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆日中平和友好条約締結40周年記念特別企画
     「中国近代絵画の巨匠 斉白石」前期:〜2/24(日)
              後期:2/26(火)〜3/17(日)
        月曜休館(祝日の場合は翌日)
        入館料金:一般520円 大学生260円
             高校生以下および満18歳未満、満70歳以上の方は無料
             障がい者と介護者1名は無料(要手帳提示)
             天皇陛下御在位30年を記念して2/24(日)は無料
     日中平和友好条約締結40周年を記念し、中国・北京画院が所蔵する、中国近代水墨画を代表する画家・斉白石(1864〜1957)の名品を展示。斉は故郷の湖南省湘潭の大工仕事で培った華やかな色彩と力強い墨線で、素朴な描写の中にかわいらしさとユーモアがあふれる作品を制作し、晩年に「人民芸術家」の称号を授かる。中国で最も古く、規模の大きな美術アカデミーである北京画院の初代名誉館長でもあった斉白石の作品の魅力を堪能する。
      工虫画册(第一図)
      穀穂蝗虫図
      雁来紅八哥図(以上、前期展示)
      老当益壮図
      篆書 四言聯
      葫蘆小鶏図 など(以上、後期展示)

    土曜講座:平成知新館 講堂にて、午後1時30分〜3時、定員200名、入館券要、当日正午より1階ロビーにて整理券配布
    2/23(土)「木匠から巨匠へ:斉白石の人生と芸術」呂暁氏(北京画院理論研究部主任)
    3/9(土)「斉白石の絵画における現代性」呉孟晋氏(主任研究員)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11543] 【京都】国際マンガミュージアム /こうの史代の「漫符図譜」 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/09(Sat) 18:56:30  

     四条河原町に近い京都国際マンガミュージアムhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=48で開催中の展示を紹介します。
     
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「ギガタウン イン テラタウン 戯画×京都 こうの史代の「漫符図譜」
     『この世界の片隅に』から10年」〜4/2(火)
        水曜休館
        本展のみの入館無料
     こうの史代の「ギガタウン 漫符図譜」を紹介する展示。マンガ独特の表現記号である「漫符」を、京都が誇る国宝「鳥獣人物戯画」のキャラクターを現代風にアレンジして解説。ひとつの漫符を1ページの4コママンガで紹介する「ギガタウン 漫符図譜」の原画を一堂に公開し、よく知られた10の漫符を取り上げてそれらの歴史や古今東西の使用例を紹介。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11542] 【東京】畠山記念館/光悦と光琳ー琳派の美 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/09(Sat) 17:01:18  

     港区白金台の畠山記念館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=60で開催中の展示を紹介します。
     
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆冬季展「光悦と光琳ー琳派の美」〜3/17(日)
        月曜休館(祝日の場合は翌日)と2/15(金)休館
        入館料金:一般700円 高大生500円 中学生以下無料(ただし、保護者の同伴が必要です)
             障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名は100円引
     琳派の祖とされる本阿弥光悦(1558〜1637)と、尾形光琳(1658〜1716)の二人はアートディレクターの一面も持ち合わせ、二人の近似性に着目して独自の美の世界を展示。さらに光悦と協同制作を行った俵屋宗達(生没年不詳)と光琳の弟・尾形乾山(1663〜1743)の絵画や工芸品も紹介。
      紅葵花蒔絵硯箱 尾形光琳作 江戸時代(2/16〜3/17)
      赤楽茶碗 銘 雪峯 本阿弥光悦作 江戸時代
      金銀泥四季草花下絵古今集和歌巻 本阿弥光悦書 俵屋宗達下絵 江戸時代(全3期で巻き替え)
      扇面月兎画賛 本阿弥光悦筆 江戸時代(〜2/14)
      蓮池水禽図 俵屋宗達筆 江戸時代(〜2/14)
      躑躅図 尾形光琳筆 江戸時代(2/16〜3/17)
      八橋図団扇 尾形光琳筆 江戸時代(〜2/14)
      色絵絵替り土器皿 尾形乾山作 江戸時代 など

    お抹茶:500円(干菓子付き)午前10時〜午後4時 展示室にて随時
    列品解説:学芸員 約60分 事前申込不要
      2/16(土)、3/2(土) 午後2時より 
      2/7(木)、2/21(木) 、3/7(木) 午前10時30分より
    ミニトーク
    :主要作品解説 学芸員 約20分 事前申込不要
      2/17(日)、3/3(日)午後3時より
      2/13(水)、2/27(水)、3/6(水) 午前11時より


    茶室「沙那庵」「翠庵」「明月軒」特別公開:2/24(日)午前10時30分〜午後3時30分(当日受付にて整理券配布)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11541] 【東京】タイムドーム明石/お酒と遺跡 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/09(Sat) 16:59:36  

     築地のタイムドーム明石 (中央区立郷土天文館)http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=43で開催中の展示を紹介します。
     
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆企画展「お酒と遺跡〜中央区の出土遺物から〜」〜3/24(日)
       月曜休館(祝日の場合は翌日)
       午前10時〜午後7時(土日祝は5時、入館は閉館30分前まで)
       入館無料
     発掘すると徳利や盃が必ず出土する、江戸時代の遺跡から、酒に関する遺物を紹介。火事や日常生活の中で壊れたり使い捨てられたものの他、酒問屋跡も発掘されている。本展では主に区内の武家地や町人地、牢屋跡などから出土した徳利や盃等の酒器を展示し、酒をめぐる江戸時代の文化を紹介。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11540] 【滋賀】県立安土城考古博物館/近江の考古学黎明期 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/09(Sat) 12:41:31  

     滋賀県立安土城考古博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=25&c=22で開催中の展覧会を紹介します。
     
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆第59回企画展「近江の考古学黎明期−近江風土記の丘50周年キックオフ企画―」〜4/7(日)
         月曜休館(祝日の場合には翌日)
         入館料金:大人500円 高大生300円
              小中生、県内高齢者、障害のある方は無料
     近江風土記の丘が昭和45年(1970)に開設された、近江の考古学黎明期とも言えるこの時期に地元の郷土史家たちが採集した遺物や、高度経済成長の頃の発掘調査による出土資料などを展示し、滋賀県における考古学と埋蔵文化財行政の歩みをたどる。
    (1)プロローグ
       雲根志
       長浜市山階遺跡出土両頭石斧
    (2)近代の発掘・発見史
       県指定 米原市山津照神社古墳出土資料
       大津市南滋賀廃寺出土資料
       彦根市屋中寺廃寺出土資料
       近江八幡市安土城跡出土資料
       大正6年の古墳発掘届(写し)
    (3)戦後考古学の幕開け
       近江八幡市安土(弁天島)遺跡出土資料
       大津市石山貝塚出土資料
    (4)高度経済成長による大規模発掘の始まり
       重文 野洲市大岩山遺跡出土銅鐸
       重文 栗東市新開古墳出土資料
       大津市近江国府跡出土資料
       県指定 近江八幡市大中の湖南遺跡出土資料
    (5)エピローグ
       近江八幡市観音寺城跡出土資料 など

    講座:NPSセミナールームにて 午後1時30分〜3時(受付は1時〜)定員140名(当日先着順)参加費200円
    2/11(月・祝)「近江の考古学黎明期」田井中洋介氏(学芸課長)
    2/16(土)第1回「安土城跡」木戸雅寿氏(滋賀県教育委員会)
    2/23(土)第2回「紫香楽宮関連遺跡群」鈴木良章氏(甲賀市教育委員会)
    3/2(土)第3回「近江大津宮関連遺跡群」宮崎幹也氏(米原市)
    3/23(土)第4回「鴨稲荷山古墳」白井忠雄氏(高島歴史民俗資料館)
    3/30(土)第5回「石山貝塚」福西貴彦氏(学芸員)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 暗証キー

    - Web Forum -
    - Antispam Version -