ほっとミュージアム 談話室
[ホームへもどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 発言サイズは画像も含めて130KBまで、URLは20個までです。
  • その他[留意事項]を良くお読みの上ご利用ください
  • 新規紹介用 でワード検索すると、フォーマット発言が開きます

  •   [No.12246] Re: 【岐阜】世界淡水魚園水族館/ブラジル・パンタナール大湿原 アマゾンを超える水の楽園 〜第2章 残された森〜 投稿者:Quita/北村尚巳  投稿日:2020/01/19(Sun) 23:29:05  

    こんにちは

    > 「金神社」はやはり、岐阜市を代表する神社ですか。
    > なかなかインパクトのある社名で、人気がありそうですね。

     岐阜市を代表する神社というと、どちらかというと伊奈波神社の方が上でしょうね。ここが初詣客数が岐阜県一のはずです。

     ちょっと調べたら伊奈波神社と金神社の祭神は夫婦だと書かれていました。

     


      [No.12245] Re: 【鳥取】砂の美術館 投稿者:Quita/北村尚巳  投稿日:2020/01/19(Sun) 23:11:08  

    こんにちは。


    > たしかに。鳥取と言えば砂ですから、ここが入っていないのも変な感じですが、野外(ですよね?)だから、ちょっと遠慮があったか。もちろん、野外メインの館もこのデータベースに多数はいっています。

     ここ、実は最初は野外でスタートしたのですが、現在は3F建ての屋内展示館が主となっています。


      [No.12244] 【大阪】今東光記念館/平泉 中尊寺 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/01/18(Sat) 23:33:30  

     八尾市の今東光記念館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=131
    で開催中の展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆第9回秋季企画展「平泉 中尊寺」〜3/8(日)
        月曜休館(祝日の場合は開館)
        入館無料

     豪快な人柄と歯に衣着せぬ物言いから毒舌和尚と呼ばれた今東光は、昭和40年(1965)年、67歳の時天台宗東北大本山中尊寺貫主を拝命し、僧侶として中尊寺の復興に力を尽くし、また蝦夷に心を寄せた別の一面を紹介。また昭和42年、淡交新社から刊行された 直筆原稿『平泉中尊寺』−直筆原稿を初公開!
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12243] 【静岡】資生堂アートハウス/春を詠う、春に詠う 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/01/18(Sat) 23:32:30  

     掛川市の資生堂アートハウスhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=22&c=78で開催中の展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「春を詠う、春に詠う−詩歌と愉しむ美術 日本画・洋画・工芸−」〜4/12(日)
        月曜休館(祝日でも休館)
        入館無料
     収蔵品の中から春にちなんだ作品を選び、日本画、洋画、工芸、現代美術を取り混ぜた展覧会。
     日本画を始め、日本人による洋画、また、漆芸や陶芸、人形などの工芸品からも春にちなんだ作品を選び、さらには、春に題材を採った詩歌(和歌、俳句、漢詩、現代詩)を併せて紹介。美術と文学が共に詠う、春爛漫の気分に満ちた空間の中で、訪れた新しい季節に思いを巡ら、観る悦びと読む悦びを満喫する。
        上村松篁 「春静」 1978年
        奥村土牛 「猫」 1974年
        牛島憲之 「花曇る」 1981年
        鹿児島寿蔵 「梅花粧」 1962年
        田村耕一 「青磁椿壺」 1982年 など

    「桜花のもてなし」〜2/16(日)ロビーにて
       京都「花政」による、桜の生け込み

    「学芸員によるギャラリートーク」2/28(金)3/28(土)午後2時30分〜
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12242] 【兵庫】伊丹市立美術館/浅野竹二 版を奏でる[1/18(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/01/18(Sat) 23:31:20  

     みやのまえ文化の郷の、伊丹市立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=85で本日から始まっている展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆コレクション2「浅野竹二 版を奏でる」1/18(土)〜3/1(日)
       月曜休館(祝日の場合は翌日)
       入館料金:一般500円 高大生250円 小中生100円
            兵庫県内の小中学生はココロンカード提示にて無料
            4市1町(伊丹市・川西市・宝塚市・三田市・猪名川町)の高齢者割引有
                       (平日は60歳以上、土日祝は65歳以上)

     自画、自刻、自摺りにこだわり独自の世界を貫いた木版画家で、京都生まれの浅野竹二(1900-1999)。生活のため写実的な名所絵版画を制作する一方、自由な表現を模索し「自由版画」の個展も開催。ベン・シャーンの助言もあり、独自のスタイルを確立。大胆にデフォルメされた、簡潔でユーモラスなフォルム、動物たちや人生の哀歓を感じさせる人物など、庶民の暮らしを愛し、生きとし生けるものに温かい眼差しを注ぎ続けた浅野竹二の芸術世界を、創作版画の変遷とともにたどる。
     《露店の女》1965年 木版,和紙
     《夜のサキソホン》1981年 木版,和紙
     《走る馬》1979年 木版,和紙
     《舟にのる鳥》1986年 木版,和紙  など

    ギャラリー・トーク:担当学芸員:2/1(土)午後2時〜約40分 申込不要
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12241] 【東京】アーティゾン美術館/開館記念展 見えてくる光景[1/18(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/01/18(Sat) 23:30:23  

     東京・京橋に本日開館したアーティゾン美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=32(旧・ブリヂストン美術館)の開館記念展を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆開館記念展「見えてくる光景 コレクションの現在地」1/18(土)〜3/31(火)
       月曜休館(祝日の場合は翌日)
       開館時間:午前10時〜午後6時(金曜は8時まで(3/20を除く) 入館は閉館の30分前まで)
       入館料:基本は日時指定の予約制
           一般:ウェブ予約チケット1100円 当日チケット1500円
           大学生・専門学校生・高校生 ウェブ予約で無料(入館時に学生証か生徒手帳要提示)
                 ウェブ予約なしの場合は「当日チケット」(一般)
           中学生以下無料(予約不要、10名以上は要予約)
           障がい者手帳をお持ちの方と付添1名(無料 要予約)
            *ウェブ予約チケット:各入館時間枠の終了10分前まで販売
            *当日チケット:ウェブ予約チケットが完売していない場合のみ販売

     休館中も途切れることなく収集活動を続けてきた石橋財団コレクションは、65年以上で約2,800点となり、古代から21世紀までにわたる創造の軌跡を、選りすぐりの206点によって、過去と未来をつなげ、人間の歴史を編んでいく営みを紹介。

    第1部「アートをひろげる」1870年代のマネの作品から2000年代のスーラージュまでの約140年間の作品を紹介
     エドゥアール・マネ《自画像》1878-79年
     ポール・セザンヌ《サント=ヴィクトワール山とシャトー・ノワール》1904-06年頃
     ピエール=オーギュスト・ルノワール《すわるジョルジェット・シャルパンティエ嬢》1876年
     メアリー・カサット《日光浴(浴後)》1901年(新収蔵作品)
     ヴァシリー・カンディンスキー《自らが輝く》1924年(新収蔵作品)
     ジャクソン・ポロック《ナンバー 2、1951》1951年
     コンスタンティン・ブランクーシ《ポガニー嬢 II》1925年(2006年鋳造)(新収蔵作品)

    第2部「アートをさぐる」7つの視点からアートを掘りさげる
     01装飾 アンリ・マティス《石膏のある静物》1927年
     02古典 安井曾太郎《水浴裸婦》1914年
     03原始 ポール・ゴーガン《ポン=タヴェン付近の風景》1888年
     04異界 古賀春江《素朴な月夜》1929年
     05聖俗 《洛中洛外図屏風》江戸時代(新収蔵作品)
     06記録 ベルト・モリゾ《バルコニーの女と子ども》1872年(新収蔵作品)
     07幸福 青木繁《わだつみのいろこの宮》1907年 重要文化財  など

    土曜講座「アートの現場」3階レクチャールームにて、午後2〜3時30分(12時から整理券配布、定員になり次第、受付終了)無料
    1/25「アートと人のための空間」米谷ひろし氏(デザイナー、有限会社トネリコ代表、多摩美術大学教授)
    2/1「意識の発火 デザインからデザインまで」廣村正彰氏(グラフィックデザイナー、廣村デザイン事務所代表)
    2/8「ホモ・ピクトル・ムジカーリス — 描き音楽するヒト」
           岩田誠氏(メディカルクリニック柿の木坂院長、東京女子医科大学名誉教授)

    学芸員によるギャラリートーク:6階展示室入口集合、申込不要
     混雑状況により、3階レクチャールームでの講座に変更になる場合、または中止する場合あり
     毎月 第1金曜日午後6時30分〜7時30分  第3金曜日午後3時30分〜4時30分
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12240] Re: 【鳥取】砂の美術館 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/01/18(Sat) 23:23:22  

    Quitaさん、こんにちは。

    > 1月4日に行った所ですが、今まで出ていないことがわかりました。
    > 施 設 名:砂の美術館

    たしかに。鳥取と言えば砂ですから、ここが入っていないのも変な感じですが、野外(ですよね?)だから、ちょっと遠慮があったか。もちろん、野外メインの館もこのデータベースに多数はいっています。

    >  2006年から砂で世界旅行シリーズになっていて
    それよりも歴史は古いわけで、見逃されていた期間が長かった。

    >  バスの利用はちょっと注意が必要です。
    交通機関ですが、鳥取市内はたしかに、バスのルートや料金に注意が必要です。似たような区間でも、利用の仕方により、運賃の格差があったように思います。
    私の鳥取での用事はもっぱら、旧国府町の因幡万葉歴史館とその周辺に限られているのですが。

                        明日香 光二/馬場 英明


      [No.12239] Re: 【岐阜】世界淡水魚園水族館/ブラジル・パンタナール大湿原 アマゾンを超える水の楽園 〜第2章 残された森〜 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/01/18(Sat) 21:58:32  

    >  1月1日は都合で初詣に行けなかったので、2日この後、岐阜市でどこかお参りに行こうとして、金神社に行っています。
    「金神社」はやはり、岐阜市を代表する神社ですか。
    なかなかインパクトのある社名で、人気がありそうですね。

    「こがね」と言えば、宮城県の「黄金山神社」を連想し、大仏鍍金に役だったことを思い出しました。
    毎年念頭に書いているように、我が家の初詣は毎年、大仏殿です。

                        明日香 光二/馬場 英明


      [No.12238] 【鳥取】砂の美術館 投稿者:Quita/北村尚巳  投稿日:2020/01/15(Wed) 22:52:17  
    【鳥取】砂の美術館 (画像サイズ: 554×416 107kB)

    こんにちは

    1月4日に行った所ですが、今まで出ていないことがわかりました。
    一応、彫刻ということでここへつなげます。

    ==================================================================
    施 設 名:砂の美術館
    ふりがな:すなのびじゅつかん
    英文表記:The Sand Museum
    分野 :美術(砂像専門)
    郵便番号:689-0105
    都道府県:鳥取県
    市区町村:鳥取市
    所在地:福部町湯山2083-17
    電話番号:0857-20-2231
    FAX:0857-20-2231
    URL:http://www.sand-museumn.jp
    公共交通:鳥取駅からバス「鳥取砂丘」行きで「砂の美術館」下車
         鳥取駅、鳥取空港から周遊バス「ループ麒麟獅子」で「砂の美術館」下車
         *鳥取駅バスターミナル0番乗り場前側のバスがすべて利用可能
          0番乗り場後側の「くる梨」は行かない
    道路案内:大阪から中国道佐用JCT経由鳥取ICまで約2時間30分
         岡山から中国道津山IC経由国道53号で約2時間30分
         無料駐車場あり
    開館時間:8:00-18:00 (土曜日は20:00まで、入館は閉館30分前まで)
    休 館 日:展示替え期間のみ(2020/1/6から休館中、4/18再開予定)
    入館料金(常設時):一般\600(\500) 小中高生\300(\200) (内は20名以上の団体)
    展示内容:砂像専門。恒久的な展示はなく、1年ごとにテーマを設けて展示を行う。
    観覧時間:30分程度
    その他(販売・友の会など):ミュージアムショップあり
    報 告 者:Quita/北村 尚巳(2020/1/4訪問)
    ==================================================================

     1月5日までの展示は「砂で世界旅行 南アジア編」でした。最初はガンジーの巨大な像で、他にインド、パキスタン、アフガニスタン他の建造物や歴史をテーマにした像がありました。砂像の制作方法も紹介されていましたが、糊で固めたりはしていないそうで、それであれだけの精巧な像を作るのは驚くべきことです。
     2006年から砂で世界旅行シリーズになっていて、次回の4月18日からは「チェコとスロバキア編」だそうです。

     バスの利用はちょっと注意が必要です。駅の正面である北口を出てバスターミナルに向かうと、最初にある乗り場に鳥取砂丘行きと観光周遊バスが集約されているのはよく考えられていると思います。しかし、通常の路線バスは片道\380で所要約20分に対して、ループ麒麟獅子は1乗車¥300,一日乗車券\600と安いのですが、行きは約25分、帰りは約50分と帰りの時間が非常に長くなります。ただ、その次に賀露(鳥取港)に行きたい場合はループ麒麟獅子がちょうど結んでくれます。
     おそらく、鳥取市で行きたいところが砂丘周辺だけの場合や、他が仁風閣、鳥取城、県立博物館などの場合は通常の路線バス、賀露方面に行きたい場合や時間がかかってもいい場合はループ麒麟獅子がおすすめというところです。


    =


      [No.12237] Re: 【岐阜】世界淡水魚園水族館/ブラジル・パンタナール大湿原 アマゾンを超える水の楽園 〜第2章 残された森〜 投稿者:Quita/北村尚巳  投稿日:2020/01/15(Wed) 22:38:58  

    こんにちは

    > >  1月2日、今年最初に行ったところはここでした。
    > いや、本当に「ミュージアムに初もうで」だったわけですね。

     1月1日は都合で初詣に行けなかったので、2日この後、岐阜市でどこかお参りに行こうとして、金神社に行っています。


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 暗証キー

    - Web Forum -
    - Antispam Version -