過去ログ [ 0017 ]

過去ログ:
ワード検索:
条件: 表示:  

  [No.11332] 【北海道】モヨロ貝塚館 投稿者:Quita/北村尚巳  投稿日:2018/08/24(Fri) 23:12:53
【北海道】モヨロ貝塚館 (画像サイズ: 461×346 61kB)

【北海道】モヨロ貝塚館

こんにちは

 今回、最後に行ったところです。

 記録を見たら2003年に行っていたとわかりましたが、その時はかなり素朴な展示館だったと思います。

 しかし、現在は完全に新築され、近代的な博物館になっていました。モヨロ貝塚の発見と調査、モヨロ人の住居の再現、モヨロ人の生活、墓といった、規模はそれほど大きくないが、充実した内容だったと思います。

 網走駅からは徒歩25分で、バス路線には「モヨロ入口」停留所を経由するものがあります。網走バスターミナルからだと徒歩10分で行けます。女満別空港から行くと、網走駅前経由バスターミナルまで行きます。


  [No.11331] 【北海道】北方民族博物館/アラスカ 投稿者:Quita/北村尚巳  投稿日:2018/08/24(Fri) 22:40:46

こんにちは

 後半は網走まで足を伸ばしています。

 最初、久し振りに道立北方民族博物館に行っています。

 常設展は非常に優れた内容だと思っています。しかし、現在開かれている特別展「「North to the Future 日本人が出会ったアラスカ」は、タイトル通り、日本人とアラスカの関わりについての展示なのですが、規模も小さく、ロビーでのミニ企画展といった感じです。少なくとも特別展料金\450の価値があるとは思いませんでした。


  [No.11330] 【北海道】チェアーズ・ギャラリー 投稿者:Quita/北村尚巳  投稿日:2018/08/24(Fri) 22:31:33
【北海道】チェアーズ・ギャラリー (画像サイズ: 485×364 93kB)

こんにちは

 ここは行っていません。データベースには独立したところのように書かれていますが、倉庫を改装した「蔵囲夢」という施設群の中にあります。隣にデザインギャラリーもあります。
 蔵囲夢のメインは大雪地ビール館であると言え、ここへ行きたい人はギャラリーの名前より「大雪地ビール館」を目指した方が良いと思います。

 URLは以下が良いです。
http://potato.hokkai.net/~ada/gallery/kuraimu.html

 目の前に「宮下11丁目」バス停はありますが、旭川駅からだとすぐ次ですし、1日3本くらいしかありません。


  [No.11329] Re: 【北海道】三浦綾子文学記念館 投稿者:Quita/北村尚巳  投稿日:2018/08/24(Fri) 21:59:31

こんにちは

名前が違っていました。「三浦綾子記念文学館」です。


  [No.11328] 【北海道】三浦綾子文学記念館 投稿者:Quita/北村尚巳  投稿日:2018/08/23(Thu) 23:14:36
【北海道】三浦綾子文学記念館 (画像サイズ: 461×346 94kB)

こんにちは

 珍しく文学関連のところに行っています。

 1Fは三浦綾子の生涯や原稿、三浦綾子の言葉などがありました。2Fは企画展で夫妻の大切にしていたものがいろいろ展示されていました。小学生時代のものや、婚約記念で取り交わした聖書。夫妻が将棋やカラオケが好きだったというのは初めて知りました。

 またミニ企画展のような形で三井ヤスシ個展「氷点の町旭川を描く」が開かれていました。2Fの回廊にイラストが展示してあります。

 場所は「氷点」にも出てくる外国樹種見本林の入口です。記念館入口の横には夫妻が口述筆記を行った書斎を分館として移築する工事が行われていました。夫妻の家をそのままの場所で維持するのも全部を移築するのも資金が足らないため、書斎だけを移築することになったそうです。

 ここへのバス路線を書くなら以下になります。
旭川駅下車 1条7丁目停留所11番乗り場からバス14,39,40,41,43,443、12番乗り場から80,81に乗り神楽4条8丁目下車


  [No.11327] 【北海道】川村カ子トアイヌ記念館 投稿者:Quita/北村尚巳  投稿日:2018/08/23(Thu) 23:02:11
【北海道】川村カ子トアイヌ記念館 (画像サイズ: 461×346 78kB)

こんにちは

 続いて今回行ったところについて書きます。

 今回ここへ行くのが主目的と言って良いです。

==================================================================
施 設 名:川村カ子トアイヌ記念館
ふりがな:かわむらかねとあいぬきねんかん
英文表記:Kawamura Kaneto Ainu Memorial Hall
分野 :歴史、民俗
郵便番号:070−0825
都道府県:北海道
市区町村:旭川市
所在地:北門町11丁目
電話番号:0166-51-2461
FAX:0166-52-6518
URL:http://kaneto-ainu-museuum.org
公共交通:JR旭川駅下車 1条8丁目停留所から24番「イオンモール旭川西」または23番「緑町25丁目」に乗り「アイヌ記念館前」下車
道路案内:
開館時間:9:00〜17:00
休 館 日:無休
入館料金(常設時):大人\500(\450) 中高生\400(\350) 小学生\300(\250)
   *()内は20人以上の団体
   有料の体験プログラムあり
展示内容:旭川・近文周辺を中心としたアイヌの生活、文化、芸術
     三信鉄道
観覧時間:30分程度
その他(販売・友の会など): E-mail:kotankorkur@yahoo.co.jp
別棟のミュージアムショップと、復元したチセ(家)あり
報 告 者:Quita/北村尚巳(2018/8/12訪問)
==================================================================

 ここは大正年間からある最古のアイヌ民族博物館です。上川アイヌの名家自身が運営しています。手作りの部分も残した展示になっています。館長(川村カ子トの息子)自身による解説も読み応えのあるものでした。
 内容の"三信鉄道"というのは、川村カ子トは測量技師でもあり、JR飯田線の一部になった三信鉄道の建設に関わっています。


  [No.11309] 【東京】帝京大学総合博物館 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/08/16(Thu) 19:34:46

==================================================================
施 設 名:帝京大学総合博物館
ふりがな:ていきょうだいがくそうごうはくぶつかん
英文表記:TEIKYO UNIVERSITY MUSEUM  
分野 :歴史 民俗 科学・産業 
郵便番号:192-0395 
都道府県:東京都
市区町村:八王子市  
所在地:大塚359 帝京大学八王子キャンパス ソラティオスクエアB1
電話番号:042-678-3675  
FAX:042-690-8231  
URL:https://www.teikyo-u.ac.jp/introduction/tum/
公共交通:京王線 高幡不動駅から京王バス1番のりば
      「帝京大学構内」行きに乗車(直行11分、各停13分)、終点「帝京大学構内」下車
     京王線 聖蹟桜ヶ丘駅から京王バス2番のりば
      「帝京大学構内」行きに乗車(直行15分、各停17分)、終点「帝京大学構内」下車
     多摩モノレール 大塚・帝京大学駅から徒歩15分
道路案内:一般来場者用駐車場なし、公共交通機関を利用のこと
開館時間:午前9時〜午後5時(入館は4時30分まで)
休 館 日:日祝日、その他大学の定める休日
入館料金(常設時):無料
展示内容:帝京大学のあゆみ、多摩地域の自然環境、上っ原遺跡や竜ヶ峰遺跡、大塚日向遺跡など旧石器時代から近代・現代の大学構内の遺跡発掘調査成果、江戸時代における大塚地域の歴史。大学の学術研究成果をもとにした企画展示。
観覧時間:
その他(販売・友の会など):
報 告 者:明日香 光二/馬場 英明
==================================================================
☆企画展・医真菌研究センター創設35周年記念「カビ展―医真菌学研究への誘い―」〜10/5(金)
   日曜と8/18(土)25(土)9/1(土)8(土)24(月・振)休館
   8/19(日)と9/16(日)は臨時開館(午前10時〜午後4時)
 広い意味のカビ(酵母やキノコを含む)をあらわす医学用語で「真菌」と呼び、その種類は約10万種以上、未知のものを合わせると150万種にも及ぶと考えられる。人類は真菌の有機物の分解能力を利用して発酵食品やペニシリンなどの医薬品開発にも活用してきた。しかし、真菌が原因となる「みずむし」や命にかかわる重い感染症などもあり、これらの病気に関する研究・学問領域は「医真菌学」と呼ばれる。帝京大学医真菌研究センターが基礎研究を中心に研究を行ってきた。本展は、真菌の生態や、帝京大学医真菌研究センターの創設以来35年のあゆみと最新の研究活動を通して、奥深い医真菌学研究の世界を紹介。
第1部 カビ(真菌)の世界
第2部 カビが原因の病気の克服を目指す研究所

最新研究講座 カビと闘う研究者たち!土曜日、午前10時30分〜11時45分、博物館セミナー室にて
       40名先着順、博物館窓口、電話、館サイト内の申し込みフォームより申し込み


9/15(土)「病原真菌と真菌症―カビが原因の病気にせまる―」
       槇村浩一氏(帝京大学医療共通教育研究センター教授)
9/22(土)「遺伝子工学と水虫」山田剛氏(帝京大学医真菌研究センター准教授)
9/29(土)「カイコを利用して新しい食品や薬をつくる」
       関水和久氏(帝京大学医真菌研究センター所長)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                    明日香 光二/馬場 英明


  [No.11308] 【神奈川】原鉄道模型博物館 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/08/16(Thu) 19:33:22

==================================================================
施 設 名:原鉄道模型博物館
ふりがな:はらてつどうもけいはくぶつかん
英文表記:HARA Model Railway Museum  
分野 :科学・産業 
郵便番号:220-0011
都道府県:神奈川県
市区町村:横浜市西区  
所在地:高島1-1-2 横浜三井ビルディング2階
電話番号:045-640-6699  
FAX:  
URL:http://hara-mrm.com/
公共交通:JR横浜駅から徒歩5分
     みなとみらい線「新高島駅」から徒歩2分
道路案内:横浜三井ビルディング 地下1階「三井のリパーク」利用に優待サービス(割引)あり(午前10時〜午後5時)
開館時間:午前10時〜午後5時(入館は4時30分まで)
休 館 日:火曜日(祝日は開館、翌日休館)
入館料金(常設時):大人1000円 中高生700円 小児(4歳以上)500円
    障がい者手帳をお持ちの方と付添者1名は上記料金から300円割引
展示内容:原信太郎(1919−2014)がが製作・所蔵した世界一ともいわれる鉄道模型と、鉄道関係コレクションを公開。一般公開されている室内施設としては世界最大級のジオラマに、一番ゲージ(縮尺約1/32)。世界中の車両が、架線から電気をとり、鉄のレールを鉄の車輪で走行するので、レールのつなぎ目の音がゴトンゴトンと鳴る、本物と同じサウンドに注目。
観覧時間:
その他(販売・友の会など):年間パス「原鉄プレミアムカード」
    (大人5,000円 中学・高校生3,500円 小人(4歳以上)2,500円)
報 告 者:明日香 光二/馬場 英明
==================================================================
☆「きかんしゃトーマス スペシャルギャラリー」〜8/29(水)
8/29(水)まで無休、8/30(木)・31(金)は臨時休業

              参考:館のチラシ・パンフとホームページより
 
                    明日香 光二/馬場 英明


  [No.11307] 【神奈川】真鶴町立遠藤貝類博物館 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/08/16(Thu) 19:32:40

 このたび巡った館で手に入れたパンフレットより。夏休みに利用できそうなのでデータを掲げておきます。
==================================================================
施 設 名:真鶴町立遠藤貝類博物館
ふりがな:まなづるちょうりつえんどうかいるいはくぶつかん
英文表記:Endo Shell Museum  
分野 :科学・産業 
郵便番号:259-0201 
都道府県:神奈川県
市区町村:足柄下郡真鶴町  
所在地:真鶴1175番地
電話番号:0465-68-2111  
FAX:0465-68-2111  
URL:https://www.endo-shellmuseum.jp/
公共交通:JR真鶴駅からバス「三ツ石・ケープ真鶴行き」で終点下車
道路案内:JR真鶴駅から4km(約10分)
開館時間:午前9時30分〜午後4時30分(入館は4時まで)
休 館 日:木曜
入館料金(常設時):大人300円 小中高生150円 真鶴・湯河原町民無料
展示内容:真鶴町の貝類研究家 遠藤晴雄氏が生涯をかけて収集した4,500種50,000点のうちから常設展示。真鶴半島の海岸で見つかるものから、日本各地、世界の海からのコレクション。
観覧時間:
その他(販売・友の会など):
報 告 者:明日香 光二/馬場 英明
==================================================================
            参考:館のチラシ・パンフとホームページより
 
                    明日香 光二/馬場 英明


  [No.11304] 【神奈川】箱根ラリック美術館に行きました 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/08/15(Wed) 22:51:02

 8/14に続いて行ったのは、箱根ラリック美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=14&c=112。ポーラ美術館から、施設巡りバスで、この館前にも行け、コンパクトに回れます。
 こちらも、館の入口から、森のような庭園を歩いて本館へ行く、というしつらえ。
 
 展示は、細かなデザインを施した装飾品にはじまり、屋敷の内装や、扉や、噴水といった建築装飾、香水瓶の一台コレクション、2階で花器やオブジェのガラス作品が並び、最後に特別展と、なかなか趣きふかかったと思います。

データに以下のものを加えて下さい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
箱根ラリック美術館

公共交通  小田原駅東口、箱根湯本駅より箱根登山バス「湖尻・桃源台」行きで『仙石案内所前』下車すぐ
        施設巡りバス「ラリック美術館前」下車すぐ
入館料金
(常設時)  一般1500円 高大生・シニア(65歳以上)1300円 小中生800円
  近隣の館や観光施設との相互割引、セット券
  箱根フリーパスなどの券での割引、各種割引券、インターネット割引券などが多数有効なので、要確認
観覧時間 約60分
その他        別棟でオリエント急行の内装を見学し、デザートセット付きの「ル・トラン」は一人2100円、要45分。 
(販売・友の会等)  カフェ・レストラン リス 、ミュージアムショップあり。
            メール info@hakone-meissen.com 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「オパールとオパルセント 魔性の光に魅せられて」〜12/2(日)
     年中無休
      一般1500円 高大生・シニア(65歳以上)1300円 小中生800円
 10月の誕生石で、光によって七色に煌めくオパールは、古代から幸運を呼ぶパワーがあると信じられ、文豪シェークスピアも『十二夜』で“宝石の女王”と呼んだが、19世紀の小説によって“不運をもたらす石”とされ、その色彩を「心を惑わす魔性の光」とされてしまった。ラリックは迷信をものともせず、独創的なデザインでオパールを個性的な色彩表現に使った。ガラス工芸でも、ラリックはオパールの色彩をガラス表現で追求し、ガラスの色がオパールのように変化するオパルセントガラスをつくりだした。ラリックのオパールジュエリー作品、オパルセントガラス作品、オパールの原石も展示。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
             参考:館のチラシとホームページ、8/14の訪問

                    明日香 光二/馬場 英明


| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 |


- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー