過去ログ [ 0017 ]

過去ログ:
ワード検索:
条件: 表示:  

  [No.12113] 【愛媛】五百亀記念館 投稿者:Quita/北村尚巳  投稿日:2019/11/11(Mon) 22:39:19

==================================================================
施 設 名:五百亀記念館
ふりがな:いおききねんかん
英文表記:
分野 :美術(彫刻)
郵便番号:793-0023
都道府県:愛媛県
市区町村:西条市
所在地:明屋敷238-2
電話番号:0897-53-1008
FAX:
URL:http://wwwhttps://www.city.saijo.ehime.jp/soshiki/syakaikyoiku/ioki-index.html
公共交通:伊予西条駅から徒歩(約1km)
     せとうちバス「西条市役所前」「八千代巷」下車
道路案内:いよ西条I.C.、いよ小松I.C.、いよ小松北I.C.から西条市内へ。
     西条市役所を目標にすると良い
開館時間:9:00-17:00 (入館は16:45まで)
休 館 日:毎週月曜日・祝日の翌日
     (土・日・祝日をさけて繰りのべ)
     年末年始(12月29日〜1月3日)
     地方祭(10月16日)
入館料金(常設時):無料
展示内容:1F:西条出身の彫刻家・伊藤五百亀の彫刻
     2F:市民ギャラリー、会議室
観覧時間:30分程度
その他(販売・友の会など):
報 告 者:Quita/北村 尚巳(2019/11/3訪問)
==================================================================

 残念ながら老朽化が著しく見える郷土博物館と比べて、こちらは最近の建築です。

 伊藤五百亀の作品は多くが写実的な全身像です。駅前の記念館にある十河信二の像もこの人が作っています。
 現在は11月までの企画展として刀剣も展示していますが、この多くは郷土博物館の方の所蔵品であり、五百亀記念館に移動して展示しているものです。


  [No.12112] 【愛媛】愛媛民藝館 投稿者:Quita/北村尚巳  投稿日:2019/11/11(Mon) 22:17:40
【愛媛】愛媛民藝館 (画像サイズ: 461×346 65kB)

==================================================================
施 設 名:愛媛民藝館
ふりがな:えひめみんげいかん
英文表記:
分野 :歴史、民俗
郵便番号:793-0023
都道府県:愛媛県
市区町村:西条市
所在地:明屋敷238-8
電話番号:0897-56-2110
FAX:
URL:
公共交通:伊予西条駅から徒歩(約1km)
     せとうちバス「西条市役所前」「八千代巷」下車
道路案内:いよ西条I.C.、いよ小松I.C.、いよ小松北I.C.から西条市内へ。
     西条市役所を目標にすると良い
開館時間:9:00-17:00 (入館は16:30まで)
休 館 日:毎週月曜日・祝日の翌日
     年末年始(12月28日〜1月3日)
入館料金(常設時):100円
展示内容:2F展示室 陶磁、染・織 金工・漆器等
観覧時間:30分程度
その他(販売・友の会など):1Fは新作の民芸品の展示即売で、入館料不要
報 告 者:Quita/北村 尚巳(2019/11/3訪問)
==================================================================

 同じ写真をアップしています。写真の右側が愛媛民藝館です。つまり市立の西条郷土博物館と財団法人運営の愛媛民藝館がつながっていて、玄関は1つです。外観も土蔵風の統一デザインです。

 所在地の番地が西条郷土博物館とは違いますので、データベース作成の時はご注意ください。


  [No.12111] 【愛媛】西条郷土博物館 投稿者:Quita/北村尚巳  投稿日:2019/11/11(Mon) 21:53:58
【愛媛】西条郷土博物館 (画像サイズ: 461×346 65kB)

西条市中心部の3館を連続してアップします。

==================================================================
施 設 名:西条市立西条郷土博物館
ふりがな:さいじょうしりつさいじょうきょうどはくぶつかん
英文表記:
分野 :歴史、民俗
郵便番号:793-0023
都道府県:愛媛県
市区町村:西条市
所在地:明屋敷237-1
電話番号:0897-56-3199
FAX:
URL:https://www.city.saijo.ehime.jp/soshiki/syakaikyoiku/hakubutu-index.html
公共交通:伊予西条駅から徒歩(約1km)
     せとうちバス「西条市役所前」「八千代巷」下車
道路案内:いよ西条I.C.、いよ小松I.C.、いよ小松北I.C.から西条市内へ。
     西条市役所を目標にすると良い
開館時間:9:00-17:00 (入館は16:30まで)
休 館 日:毎週月曜日・祝日の翌日
     (土・日・祝日をさけて繰りのべ)
     年末年始(12月29日〜1月3日)
     地方祭(10月16日)
入館料金(常設時):無料
展示内容:郷土の偉人(真鍋嘉一郎、十河信二)
     郷土資料
     市ノ川鉱山
     動物、鉱物
観覧時間:30分程度
その他(販売・友の会など):
報 告 者:Quita/北村 尚巳(2019/11/3訪問)
==================================================================

 場所は西条藩陣屋跡の一部です。西条藩陣屋跡の大部分は西条高校となっています。十河信二はこの前身の旧制西条中学校の出身です。

 写真の左側が西条郷土博物館です。郷土資料の他、動物や鉱物の標本がたくさんありましたが、非常に雑多で、体系的な解説に乏しいと思いました。
 注目は市ノ川鉱山です。別子銅山と知名度は比べものになりませんが、世界的なアンチモン鉱山だったところであり、当時の様子や輝安鉱が展示されていました。(そもそもアンチモンって何と言われそうです。)

 資料によっては最寄りバス停が西条高校前と書かれていますが、せとうちバスの公式サイトの路線図ではこの停留所は現在ないようです。


  [No.12100] Re: 【愛媛】東平歴史資料館 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/11/11(Mon) 14:26:30

Quitaさん、 こんにちは

 四国でも、余り知られていないところへ行かれたのですね。いや、別子銅山は有名だけれども、そんなふうに産業観光化されていることは知りませんでした。
 別子銅山の歴史は、別の新居浜のミュージアムでも展示されているけれども、ここはまさに銅の採掘・精錬が行われていた中心のところだったんですね。

> 公共交通:新居浜駅からせとうちバス「マイントピア別子」行きで終点下車
>      マイントピア別子からガイドツアー利用(通常1日2本)
 これしか公共交通のない、不便なところのようですが、それだけに「遺跡」の感覚は充分でしょう。しかし、廃坑となってから何十年かわかりませんが、その程度で「マチュピチュ」風にまで風化してしまう、廃墟化してしまう早さは凄いですね。

              明日香 光二/馬場 英明


  [No.12073] 【東京】共立女子大学博物館 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/11/03(Sun) 23:18:02

 未紹介の大学博物館、明日も開館ですので紹介しておきます。
==================================================================
施 設 名:共立女子大学博物館
ふりがな:きょうりつじょしだいがくはくぶつかん
英文表記:Kyoritsu Women’s University Museum  
分野 :美術 民俗 
郵便番号:101-0003
都道府県:東京都
市区町村:千代田区  
所在地:一ツ橋2-6-1 2号館B1F
電話番号:03-3237-2665  
FAX:  
URL:https://www.kyoritsu-wu.ac.jp/muse/
公共交通:東京メトロ半蔵門線・都営地下鉄三田線・新宿線 神保町駅下車1b出口から徒歩3分
道路案内:
開館時間:午前10時〜午後5時
休 館 日:土日祝、大学が定める休日および展示入替期間
入館料金(常設時):無料
展示内容:江戸時代から昭和時代初期の女性の小袖・着物類、帯などの日本の染織・服飾資料
 公家・武家・庶民の男性服飾、大名家の婚礼調度類
 イタリアのデザイナー、マリアノ・フォルチュニィのドレスをはじめとする近代ヨーロッパの服飾類や
 アール・ヌーヴォーのガラス器、アメリカンキルトなど
観覧時間:
その他(販売・友の会など):
報 告 者:明日香 光二/馬場 英明
==================================================================
☆「共立女子大学コレクション6」〜11/29(金)
   11/4(月・祝)は開館 11/5(火)休館 以後土日祝は休館
 「和」の世界では18〜20世紀の能装束、「洋」の世界では20世紀に着用されたイヴニングドレスなどの服飾作品を中心に展示。アジアの染織品・工芸品も併せて展示。
   金糸錦織外衣 19世紀
   紅地枝垂桜模様唐織 明治〜大正時代 20世紀
   菊花人物蒔絵螺鈿箪笥 桃山〜江戸時代 17世紀

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12071] 【滋賀】県平和祈念館/『写真週報』に見る戦時下の女性 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/11/03(Sun) 21:53:42

 企画展開催中の展示館を紹介しておきます。
==================================================================
施 設 名:滋賀県平和祈念館
ふりがな:しがけんへいわきねんかん
英文表記:  
分野 :歴史 
郵便番号:527-0157
都道府県:滋賀県
市区町村:東近江市  
所在地:下中野町431番地
電話番号:0749-46-0300   
FAX:0749-46-0350   
URL:https://www.pref.shiga.lg.jp/site/heiwa/heiwamuseum/
公共交通:近江鉄道八日市駅からバスで約20分「愛東支所・診療所前」下車すぐ
道路案内:名神高速 八日市ICから約10分、駐車場約50台無料
開館時間:午前9時30分〜午後5時
休 館 日:月・火曜日(祝日は開館)年末年始(12/28〜1/4)
入館料金(常設時):無料
展示内容:戦争中の滋賀県内のできごと、身近な地域の戦跡や風景の移り変わり、当時の社会の状況。
観覧時間:
その他(販売・友の会など):E-mail:heiwa@pref.shiga.lg.jp
 ふれる・調べる・相談する[収蔵展示・相談カウンター]
 体験する・発信する・交流する[ 地域交流室・研修室] あり
報 告 者:明日香 光二/馬場 英明
==================================================================
☆第24回企画展示「『写真週報』に見る戦時下の女性」〜12/22(日)
    月・火曜休館(祝日の場合は開館)
 戦争中、日本政府が戦争への気運を高め、国民を戦争に駆り立てるために使ったメディアの一つに、イラストを多用しわかりやすく伝えた『写真週報』では、男性の勇ましい兵士の姿だけでなく、労働力不足を補うために勤労動員に従事する女子学生や銃後の暮らしを守る妻、戦場へ向かう従軍看護婦、地域を挙げて兵士を送り出す大日本婦人会など、当時の政府が求めた女性像が写し出されている。本展では、『写真週報』の女性像と比較して滋賀県の戦時下の女性の姿をモノ資料と体験談で紹介。
   
大人のための歴史教室:11/9(土)2階研修室にて、午後2〜3時30分、定員80名(要申し込み、先着順)
「女たちのシベリア抑留−ロシア国立公文書館資料が語る女性のシベリア抑留の事実−」生田美智子氏(大阪大学名誉教授)

映画上映会:11/24(日)2階研修室にて、午後1時30分〜(84分)事前申込み不要
「カメジロー 〜沖縄の青春〜」(84分)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                    明日香 光二/馬場 英明


  [No.12070] 【岡山】総社吉備路文化館 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/11/03(Sun) 21:49:47

 岡山県の新しい文化施設で企画展開催中のものを紹介しておきます。
==================================================================
施 設 名:総社吉備路文化館
ふりがな:そうじゃきびじぶんかかん
英文表記:SOJA KIBIJI BUNKAKAN  
分野 :美術 歴史 民俗
郵便番号:719-1123
都道府県:岡山県
市区町村:総社市 
所在地:上林1252
電話番号:0866-93-2219  
FAX:0866-93-2219    
URL:http://www.city.soja.okayama.jp/bunka/bunka_sport/hakubutu/soja_kibiji_bunkakan.html
公共交通:JR伯備線「総社駅」から車で約15分
道路案内:岡山自動車道 岡山総社ICから約10分
山陽自動車道の倉敷ICから約10分
     備中国分寺南側の「吉備路もてなしの館」そばの駐車場から徒歩で約12分
開館時間:午前9時〜午後5時(入館は4時30分まで)
休 館 日:月曜日、年末年始
入館料金(常設時)無料
展示内容:備中国分寺や鬼ノ城といったこの地域の史跡について説明したパネル展示をはじめ、かな書家で文化勲章受章者の高木聖鶴氏の作品展示室
観覧時間:
その他(販売・友の会など): 県立吉備路郷土館の建物をリニューアル開館
報 告 者:明日香 光二/馬場 英明
==================================================================
☆布下満絵画展「絵を描いて60年あ・し・あ・と」〜11/10(日)

☆総社吉備路文化館 開館5周年記念
 「ザ・コレクション展 後期−新収蔵作品を中心にー」11/16(土)〜令和2年2/2(日)
   満谷国四郎「裸婦」
   高木聖鶴「天離る」
   川端玉章「嵐山之図」など

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                    明日香 光二/馬場 英明


  [No.12069] 【大阪】アートエリアB1/鉄道芸術祭Vol.9都市の身体 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/11/03(Sun) 21:49:15

 この施設が整備されてから、もう10年になるのですが、常設的美術展示施設だとなかなか認識できませんでした。
 現在、展示開催中ですので、紹介しておきます。
==================================================================
施 設 名:アートエリアB1
ふりがな:あーとえりあびーわん
英文表記:ART AREA B1  
分野 :美術 
郵便番号:530-0005
都道府県:大阪府
市区町村:大阪市北区  
所在地:中之島1-1-1
電話番号:06-6226-4006   
FAX:06-6226-7299  
URL:http://artarea-b1.jp/
公共交通:京阪電鉄中之島線なにわ橋駅地下1階
道路案内:
開館時間:正午〜午後7時
休 館 日:月曜(祝日の場合は翌日)、年末年始休館
入館料金(常設時):無料
展示内容:「文化・芸術・知の創造と交流の場」となることを目指して、大学の知、アートの知、地域の活力(大阪大学+NPO法人ダンスボックス+京阪ホールディングス(株))を集結した多彩な主催事業を展開
観覧時間:
その他(販売・友の会など): メールは館サイトのフォームにて
報 告 者:明日香 光二/馬場 英明
==================================================================
☆鉄道芸術祭vol.9
「都市の身体 〜外から眺める私たちの輪郭、遠くから聞こえてくる私の声〜」〜12/29(日)
    月曜休館(祝日の場合は翌日)
    正午〜午後7時(12/14(土)〜12/25(水)は9時まで開館)
    ※12/22(日)午後2時30分〜5時はクロージングイベント開催のため展示観覧不可

 鉄道の創造性に着目した企画展「鉄道芸術祭vol.9」 では、都市と身体の関係性に着目。近代都市計画の要であった鉄道の普及によって、私たちの日常生活や移動環境は大きく向上した一方で、時間厳守やマナーといった行動規範の規定・規制も海だし、私たちの身体感覚にも深く関与してきた。
 本展では、国内外の3組のアーティストが、今日の都市の状況と都市生活者のさまざまなふるまい、それを生み出す身体を独自の視点で捉え直した、作品を創作。
 インドネシア出身のジョンペット・クスウィダナントは、自国の複雑な成り立ちと歴史文化や現代社会への洞察をもとに、群衆と個、姿なき声やメッセージなどに関するインスタレーションを発表。
 小沢裕子は、大阪の在留外国人が多く住むエリアや、文楽・浪曲などの語りをリサーチし、日本人と外国人双方の言葉によるコミュニケーションのあり方などを考察した新作映像作品。
 武田晋一は、鉄道の近代化と同時に派生した外来植物(雑草)の存在に着目し、奈良・東吉野村と大阪・中之島の道行、 都市と地方の移動や運搬の要素をふまえて作品を構成。
 三者三様の“都市の身体”にまつわる世界の内と外からの考察に基づいた表現を通じて、都市部や地方を行き交う人間の身体知について感じ、 考える機会にする。


関連イベント:

11/12(火)午後7〜9時、定員50名程度(要事前申込)参加費1,000円
 ラボカフェスペシャル/ハイドン大學「作曲家・野村誠の視点から探るハイドンの魅力」
   ゲスト:野村 誠氏(作曲家)
   カフェマスター久保田テツ(大阪音楽大学 准教授、アートエリアB1運営委員)
 申込先:センチュリー・チケットサービス
       TEL:06-6868-0591(平日午前10時〜午後6時)

11/13(水) 午後7〜8時30分、定員50名程度(当日先着順/入退場自由/参加無料)
 ラボカフェスペシャルfeaturing鉄道芸術祭「カタコト、空耳、デタラメの歌謡史:聞こえることと歌うこと」
   ゲスト:輪島裕介氏(大阪大学大学院文学研究科 准教授)
   カフェマスター:肥後 楽(大阪大学共創機構社学共創本部21世紀懐徳堂 特任研究員)

11/23(土・祝)午後2〜4時、定員40名程度(入退場自由/当日先着順/参加無料)
 ラボカフェスペシャルfeaturing鉄道芸術祭 小沢裕子アーティスト・トーク
 「言葉の乗り物たちの集会」
   ゲスト:小沢裕子氏(鉄道芸術祭vol.9参加アーティスト)
       展示作品出演の日本語教師、外国人の方々
   カフェマスター:木ノ下智恵子氏、久保田テツ氏、塚原悠也氏(アートエリアB1運営委員)

11/27(水) 午後7〜8時30分、定員50名程度(当日先着順/入退場自由/参加無料)
 ラボカフェスペシャルfeaturing鉄道芸術祭
 「外国人と日本人がともに輝ける社会のために〜多文化共創による持続可能な社会開発」
   ゲスト:佐伯康考氏(大阪大学共創機構社学共創本部 助教)
   カフェマスター:沢村有生氏(大阪大学共創機構社学共創本部21世紀懐徳堂 特任研究員)

12/7(土)午後2〜4時、定員40名程度(入退場自由/当日先着順/参加無料)
 ラボカフェスペシャルfeaturing鉄道芸術祭「アーティストと雑草学者のみちくさ談義」
   ゲスト:武田晋一氏(鉄道芸術祭vol.9参加アーティスト)
       冨永 達氏(京都大学雑草学研究室 教授)
   進行:木ノ下智恵子氏、久保田テツ氏(アートエリアB1運営委員)

12/22(日)午後3〜5時、参加費1000円(ワンドリンク付)定員80名程度(要事前申込/先着順)
           申込はメール、電話、サイト内「チケット申込フォーム」より
 ラボカフェスペシャルfeaturing鉄道芸術祭 クロージング・トークセッション
 「いとうせいこうとめぐる都市の身体」
   ゲスト:いとうせいこう氏(作家/クリエイター)
       小沢裕子氏(鉄道芸術祭vol.9参加アーティスト)
       武田晋一氏(鉄道芸術祭vol.9参加アーティスト)
   カフェマスター:木ノ下智恵子氏、久保田テツ氏、塚原悠也氏(アートエリアB1運営委員)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                    明日香 光二/馬場 英明


  [No.12024] 【大阪】浮世絵美術館/歌川広重 東海道五拾参次展全作品一挙公開 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/10/15(Tue) 00:10:59

 京都浮世絵美術館と関連して大阪にも開館していますので紹介しておきます。                   
==================================================================
施 設 名:大阪浮世絵美術館
ふりがな:おおさかうきよえびじゅつかん
英文表記:Osaka UKIYOE Museum  
分野 :美術 
郵便番号:542-0085
都道府県:大阪府
市区町村:大阪市中央区 
所在地:心斎橋筋2-2-23 不二家心斎橋ビル3F
電話番号:06-4256-1311  
FAX:06-4256-1312  
URL:https://osaka-ukiyoe-museum.com/
公共交通:大阪メトロ「心斎橋」駅 徒歩5分
道路案内:
開館時間:午前10時〜午後7時30分(入館は7時まで)
休 館 日:1/1
入館料金(常設時):大人1000円 学生600円 小学生300円
展示内容:葛飾北斎、歌川広重、二代広重、国芳、国貞、喜多川歌麿、東洲斎写楽の作品を中心に江戸時代の浮世絵版画
観覧時間:
その他(販売・友の会など):エレベータ設備なし
報 告 者:明日香 光二/馬場 英明
==================================================================
☆「歌川広重 保永堂版 東海道五拾参次展全作品一挙公開」〜11/22(金)
    会期中休館日なし
    午前10時〜午後7時30分
    入館料金:大人1000円 中学生以上600円 小学生300円
 1797(寛政9年)江戸・八代洲河岸火消屋敷安藤家に生まれた広重。江戸時代に政情が安定し、享保年間(1716ー36)頃から民衆の旅が盛んになり、文化文政期(1804ー30)に起こった旅ブームに発表した風景画「東海道五拾参次」で人気絵師となる。花鳥画・風景画の多い広重作品の中でも藍色を使った作品が多く「ヒロシゲブルー」と呼ばれ愛され、独特の構図で19世紀ヨーロッパにジャポニスムで人気を博した広重作品。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                    明日香 光二/馬場 英明


  [No.12023] 【京都】ワコールスタディホール京都ギャラリー/タブーの祭礼/若手女性作家グループ展シリーズ 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/10/15(Tue) 00:10:17

 企画展開催中の展示室を企画展とともに紹介しておきます。
==================================================================
施 設 名:ワコールスタディホール京都ギャラリー
ふりがな:わこーるすたでぃほーるきょうとぎゃらりー
英文表記:WACOAL STUDYHALL KYOTO Gallery  
分野 :美術 科学・産業 
郵便番号:601-8411
都道府県:京都府
市区町村:京都市南区  
所在地:西九条北ノ内町6ワコール新京都ビル1、2階
電話番号:075-556-0236  
FAX:  
URL:https://www.wacoal.jp/studyhall/gallery/
公共交通:京都駅八条口より徒歩7分
道路案内:駐車場、駐輪場なし、公共交通機関利用のこと
開館時間:午前10時〜午後8時(土曜は5時30分まで)
休 館 日:日月曜・年末年始・祝日
入館料金(常設時):一般 高大生 小中生
展示内容:作品を通して美を発信。新たな美に触れる
観覧時間:
その他(販売・友の会など):
報 告 者:明日香 光二/馬場 英明
==================================================================
☆「タブーの室礼/Grace of Taboo 西條 茜」〜11/9(土)
    日月祝日休館
    午前10時〜午後8時(土曜は5時30分まで)
    入館無料
 『タブー』をテーマに、16世紀フランスの聖俗が混在する文化的背景から、人体と道具の狭間にあるイメージに着目し、西條が実際に今年春に行ったフランスでのリサーチを元にした陶磁器やドローイングの作品などを発表。
 西條は陶磁器がはるか昔から生活用品や宗教道具などの「道具」に使われたことに着目し、世界各地の文化や歴史に見立てた「架空の道具」をハリボテ構造の陶磁器で作り上げ、時間の経過や用途を想像させ、「物質が持つ時間の概念」や「物質と身体の関係性」を問いかける。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆若手女性作家グループ展シリーズ Ascending Art Annual Vol.3
 「うたう命、うねる心」11/13(水)〜令和2年1/18(土)
    日月祝日休館、12月27日(金)〜1月6日(月)は休館
    午前10時〜午後8時(土曜は5時30分まで)
    入館無料
 若手女性アーティストを中心に紹介するグループ展シリーズ。
 私たちが当たり前に日々を営む平穏な暮らし。しかしあらゆる地球上の生命は、かよわく、はかない存在で環境や社会や家族を通じて互いを編み、それぞれの居場所に安心を結ぶことで、ようやく命をつなぐ。本展では、3名の気鋭アーティストの作品を紹介。
 母なる海にたゆたう鯨のリサーチを通じ、地球規模での命の行方に思いを巡らせるインスタレーション:大小島真木
 人間の心に蠢く感情を架空の虫に擬え、標本のように精密な立体作品を生み出す:川越ゆりえ
 人形劇のような舞台装置に自身の顔や身体の実写映像を合成させた、独特の映像世界を操る:笹岡由梨子
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                    明日香 光二/馬場 英明


| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 |


- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー