ほっとミュージアム 談話室
[ホームへもどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 発言サイズは画像も含めて130KBまで、URLは20個までです。
  • その他[留意事項]を良くお読みの上ご利用ください
  • 新規紹介用 でワード検索すると、フォーマット発言が開きます

  •   [No.11971] 【岡山】県立美術館/熊谷守一/太田三郎[9/28(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/09/27(Fri) 19:22:17  

     岡山城下の岡山県立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=33&c=0で明日9/28(土)から開催される展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「熊谷守一 いのちを見つめて」9/28(土)〜11/4(月・振)
       月曜休館(祝日の場合は翌日)
       開館時間:午前9時〜午後5時(9/28は10時開館、10/25は7時まで開館、入館は閉館30分前まで)
       入館料金:一般1200円、65歳以上1000円 大学生800円 高校生以下無料(要証明)

    岐阜県出身の画家・熊谷守一(1880-1977)は、東京美術学校(現 東京藝術大学)で学んだが生涯にわたり、身のまわりの動植物や風景を独自の表現で描いた。晩年の「モリカズ様式」は、はっきりとした輪郭線で縁取られた簡素な形態と色面を特徴とする。本展では守一が好んだ花や虫、鳥や猫などをモティーフとした作品を中心に、油彩画をはじめ、水墨画や書、素描も交えた約150点を紹介。
      《薔薇》1971年
      《童子遊魚の図》1961年
      《畳の裸婦》1962年
      《鬼百合に揚羽蝶》1959年
      《稚魚》1958年
      《夕映》1970年
      《うさぎ》1962年  など

    記念講演会:9/28(土)2階ホールにて、午後2時〜3時30分、当日先着210名・無料
    「熊谷守一 いのちへのまなざし」福井淳子氏(熊谷守一研究者)

    美術館講座:10/6(日)地下1階講義室にて、午後2時〜3時30分、当日先着70名・無料
    「熊谷守一の見つめ方−その感覚と色彩」三井麻央氏(学芸員)

    フロアレクチャー:地下1階展示室、午後2時から、先着70名・無料
     10/12(土)27(日)11/3(日)三井麻央氏(学芸員)

    ワークショップ「へたも絵のうち 見つめるデッサン」10/13(日)午後2時〜3時30分、定員20名、要申込
    COCHAE氏(デザイナー)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「太田三郎−此処にいます」9/28(土)〜11/4(月・振)
       月曜休館(祝日の場合は翌日)
       開館時間:午前9時〜午後5時(9/28は10時開館、10/25は7時まで開館、入館は閉館30分前まで)
       入館料金:一般350円、65歳以上170円 大学生250円 高校生以下無料(要証明)
        同時開催「熊谷守一 いのちを見つめて」の観覧券で入場可
     津山市に住む美術家太田三郎(1950-)は東京在住中の84年に、郵便切手と消印を用いた作品を手がけ、郵便局で毎日、切手に押印を依頼する作業から、多彩な作品を生み出した。その後独自のデザインによる切手の制作を始め、92年から発表する《Seed Project》では、生命や種子の関係について、94年から発表する《Post War》では、過去の戦争について、様々な想像を喚起する作品を制作。本展は1985年から現在まで制作を継続している《Date Stamps》を冒頭に紹介し、『切手と消印』『戦争』『大災害』『生命』の4章を踏まえて近作と新作を発表。

    太田三郎氏による展覧会解説:9/29(日)午後1時30分〜2時30分
    太田三郎氏と柳沢秀行氏(大原美術館学芸課長)による対談:10/19(土)2階展示室にて、午後1時30分〜3時
    美術館講座「太田三郎作品を見る」廣瀬就久氏(主任学芸員)11/2(土)講義室と2階展示室にて、午後2〜3時30分
    学芸員による展覧会解説:廣瀬就久氏(主任学芸員)2階展示室、10/25(金)午後6時〜30分
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11970] 【鹿児島】霧島アートの森/青木野枝 投稿者:   投稿日:2019/09/25(Wed) 22:09:33  
    【鹿児島】霧島アートの森/青木野枝 (画像サイズ: 692×519 112kB)

    こんにちは

     久し振りに遠くまで行ってきたのは9月15日の鹿児島・霧島アートの森です。

     現在、「霧と山 青木野枝」が開かれています。展示室内のフラッシュを使わない写真撮影可でした。

     ここは、入館料を払う前からメインゲートのの草間彌生「シャングリラの華」他が見られます。

     アートホール(屋内展示室)が青木野枝です。数えてみると全部で16点の作品がありますが、「霧と山」「立山/霧島」「曇天」の3つに分かれています。
     「霧と山」はこの人の象徴のような鉄の作品です。作品リストに載っている作者の言葉はほとんど詩です。「立山/霧島」は石鹸を積み重ねた作品だが、何を指しているのでしょう。「曇天」は表面が石膏でできた白い作品で、確かに曇天のように見えます。

     野外展示場に行くと、ジョナサン・ボロフスキー(アメリカ)「男と女」が目立っています。野外展示場については以前にアップしたので詳しくは書きません。でも、また来て良かったと思います。しかし、アートホールの所蔵品にはオノ・ヨーコ、アニッシュ・カプーア、ジェームズ・タレル、ドナルド・ジャッド、ニキ・ド・サンファル、宮島達男といった現代の定番的な人も多くあり、今度来るときは企画展のないときに来てみたいと思っています。


      [No.11969] 【静岡】浜松市美術館/奇跡の写実絵画[9/28(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/09/24(Tue) 00:21:29  

     浜松市美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=22&c=18
    で、今週末9/28(土)より開催される展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  
    ☆「―奇跡の写実絵画―スーパーリアルワールド展」9/28(土)〜12/15(日)
        月曜休館(祝日の場合は翌日)
        午前9時30分〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
            ただし、9/28(土)は開会式のため、午前10時
        入館料金:一般1200円 高大・専門生800円 小中生600円 70歳以上600円
             障害者手帳等をお持ちの方及びその介護者1名は無料。

     キャンバスに広がる現実のように精巧な写実絵画。本展では、画壇と産業界それぞれの分野で活躍する浜松出身の作家、石黒賢一郎(1967〜)と斎藤雅緒(1947〜)の写実表現約180点。石黒は細密表現を用いた空想現実を描く画家。斎藤は高度成長期にエアーブラシなどを用いた作品で産業界を支えたイラストレーター。多彩な魅力にあふれた驚異の作品が繰りなす「スーパーリアルワールド」を、楽しむ。
      石黒賢一郎《真○○・マ○・イ○○○○○○》2010〜2011年 
           《MARI-03》2011年
      斎藤雅緒《黄バラの花々》2004年
          《ヤマハオートバイDOHC750》1977年 など

    ギャラリートーク
     作家によるギャラリートーク:9/28(土)午前10時30分〜11時30分 石黒賢一郎氏
                   10/20(日)午後2時〜30分 斎藤雅緒氏
     石黒賢一郎氏と須田悦弘氏(リアル彫刻作家)によるギャラリートークショー
       11/3(日・祝)午後2〜3時 開始1時間前よりお楽しみイベントあり(特典付き)
     学芸員による:10/6(日)12/1(日)午後2時〜30分

    講演会:2階講座室にて、午後2〜3時30分、定員50名程度先着順、入館料のみ
    10/13(日)「絵本とスーパーイラストレーション」天野誠氏(株式会社フレーベル館元アンパンマン室長)
    11/17(日)「リアル絵画が生み出す世界とは」石黒賢一郎氏
            お楽しみイベント「ロボット2号との撮影会」11/17(日)終日撮影OK

    ワークショップ:2階講座室にて、定員20名程度、メールにて要申込、要入館料
      申込方法:メールにて(1)ワークショップ名(2)氏名(3)住所(4)電話番号(5)年齢を明記して美術館へ

    10/27(日)「ミニミニたんけん隊 リアルワールドの世界をたのしもう」浜松学院大学造形ゼミ学生による
             午前10〜11時30分、午後1時30分〜3時
          3歳〜小学校低学年、絵本から飛び出した野菜や果物たちの形や色をたのしむ
          9/28(土)午前9時〜先着順にて受付

    11/2(土)「やってみようシルバーポイント」石黒賢一郎氏 午後1時30分〜3時30分
          銀の芯で細密な絵を描く(材料費500円)10/1(火)午前9時〜先着順にて受付

    11/10(日)「オリジナルペットボトルを作ってみよう」伊藤園デザイン制作室デザイナー
             午後1時30分〜3時30分、3歳〜成人、材料費無料 10/1(火)午前9時〜先着順にて受付
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11968] 【奈良】県立美術館/吉川観方−日本文化へのまなざし[9/28(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/09/24(Tue) 00:20:14  

     奈良県庁隣の奈良県立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=29&c=4で、今週末9/28(土)より開催される展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆開館300回記念特別展/生誕125年・没後40年「吉川観方−日本文化へのまなざし」9/28(土)〜11/17(日)
       月曜休館(祝日の場合は翌日)
       入館料金:一般800円 高大生600円 小中生400円 
         身体障がい者手帳・療育手帳・精神障がい者保健福祉手帳をお持ちの方と介助者1人無料
         外国人観光客(長期滞在者・留学生を含む)と付添の観光ボランティアガイド無料
     吉川観方(本名 賢次郎 1894−1979)は今日、絵画や染織などの美術工芸品収集したことで知られ、画家として優れた作品を残し、風俗史研究家として活躍した。はじめ画家を志した観方は、京都市立絵画専門学校(現・京都市立芸術大学)で日本画を学び、木版画の制作にも携わるが、次第に風俗史の研究や美術品の収集に没頭し、映画や舞台、祭礼などの時代考証や収集品の展示に力を注ぐ。本展では、観方や交流のあった画家たちの作品を展示し、観方と日本画との関わりにも注目して活動を振り返り、《伝淀殿画像》など観方コレクションの名品もあわせて展示。観方が守り伝えようとした日本文化の魅力を改めて見つめ直す。
      吉川観方《入相告ぐる頃》大正7年(1918)
          《伊東マンショの像(天正遣欧使節)》昭和28年(1948)頃
          《朝霧・夕霧》昭和23年(1948)
          《加茂川舞妓夕涼図》大正3年(1914)頃
      《伝 淀殿画像》桃山〜江戸時代初期

    同時開催・連携展示「春日大社 春日若宮おん祭」

    講座・対談:レクチャールームにて、午後2時〜(1時30分開場)先着80席
    10/27(日)「吉川観方と観方コレクション」島田康寛氏(美術史家・美術評論家)
                        宮崎隆旨氏(元 奈良県立美術館館長)
    10/13(日)「吉川観方と日本画」学芸員 
    11/10(日)「春日若宮おん祭」藤岡信宏氏(春日大社禰宜/総務部長)

    ギャラリートーク:10/5(土)19(土)11/16(土)いずれも2時〜 

    実技講座:11/3(日)午後2時〜 レクチャールーム(要予約)予約方法は館サイトにて
    「扮装写生会 天平風俗を描こう!」 南城守氏(絹谷幸二天空美術館顧問・美術家)
     協力: 五十嵐公子氏(日本メークアップアーチスト学院) 
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11967] 【奈良】県立万葉文化館/棟方志功の福光時代[9/28(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/09/24(Tue) 00:19:33  

     明日香村の奈良県立万葉文化館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=29&c=75で今週末9/28(土)から開催される展示を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆特別展「棟方志功の福光時代ー信仰と美の出会いー」9/28(土)〜11/17(日)
          月曜休館(祝日の場合は平日)
          入館料金:一般1200円 高大生500円 小中生300円

     青森市生まれでゴッホに憧れて油絵描きを志したものの版画家となった棟方志功(1903―1975)は、民藝運動の指導者たちとの出会いから、日本の版画独自の作風を模索し、昭和11(1936)年、飛躍的な成長を遂げ、数々の名品を世に残す。終戦間際の昭和20年4月、一家で富山県福光町(現・南砺市)に疎開し、棟方42歳から48歳までの最も充実した時期を過ごした。棟方のその福光時代に焦点を当て、《火の願ひ板画柵》や《運命頌板画柵》、奇跡的に戦火を逃れた《釈迦十大弟子》などの板画作品を主軸とし、この時代に花開いた倭画や書の名品、書簡等の資料、包装紙や装画本等のデザインまで含めて、棟方志功の藝業(げいごう)を多角的に紹介。棟方と長きの友人であった桜井市出身の文芸評論家 保田與重郎(1910―1981)に関係する作品も併せて出品。色紙や短冊、手紙の最後の保田の歌を棟方が板画にした《火玄火頌(かぎろいしょう:火と玄は1字)》や、保田與重郎と棟方志功の記紀万葉歌碑の原書なども紹介。

    (1)特別講演会:10/19(土)企画展示室にて、先着150名、無料・申込不要
     「交遊から探る棟方志功の福光時代」石井頼子 氏(棟方志功研究家・棟方志功の初孫)

    (2)合唱コンサート〈棟方志功の世界〉10/20(日)午後2時開演、先着200名、無料・申込不要
     ソプラノ:中川令子氏 お話:石井頼子 氏 ピアノ:中川知美氏
     女声コーラス高田ハーモニー 混声合唱団コーロ・クオーレ
      棟方志功の作詞した曲と共に、作品の魅力を紹介。

    (3)学芸員によるギャラリートーク:9/29(日)午後2時〜
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11966] 【全国】鉄道関係企画展 19年09月以降 その3 投稿者:かずや  投稿日:2019/09/24(Tue) 00:02:09  

    おじゃまします。下記、追加致します。

               かずや:渡辺 和也
    --------------------------------------------------------------------------
    【東京】
    ・八王子市郷土資料館
     中央線開業130周年記念 企画展「八王子と鉄道」
     9月14日(土)〜10月14日(月・祝)
    https://www.city.hachioji.tokyo.jp/kankobunka/003/005/p005312.html

    ・立川市歴史民俗資料館
     企画展「立川てんしゃば物語〜立川駅と立川の近代化〜」
     10月22日(火)〜12月15日(日)
     写真展「立川駅前の移り変わり―駅舎と周辺の風景―」
     9月14日(土)〜10月14日(月・祝)
    https://www.city.tachikawa.lg.jp/shogaigakushu/kosodate/kyoiku/iinkai/shiryokan/rekishiminzoku/oshirase.html

    以上です。


      [No.11965] 【兵庫】西脇市岡之山美術館/星とアート 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/09/22(Sun) 00:08:32  

     日本へそ公園http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=111の西脇市岡之山美術館で開催中の展示を紹介します。 
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「ART&STAR 星とアート展−星を忘れない。天空のイメージ−」〜12/1(日)
         月曜日(祝日の場合は翌日)と祝日の翌日
         入館料金:大人310円 高大生210円 小中生110円 障がい者割引あり

     夜空に輝く星の姿は地上とからみあう風景と深く関わり、古来から人々の想像力を刺激した。とりわけ夜空に輝く星座のかたちには、神話、物語、伝説の登場人物、聖獣と聖なるものの形象が投影された。本展は、天空の星を作品のテーマに据えた多彩な作品を一堂に紹介。幸村真佐男による天体の軌跡の写真、国文学者勝俣隆による星の神話をめぐるドローイング、星、天使、妖精たちの世界を描く寺門孝之、デリケートな感覚で月と風景を描く増田妃早子、星空と生活風景との結びつきを取り上げた中山明日香、天体と風景、星と自然とのきずなを深く意識した片山みやびの表現を通じて、星とイメージをめぐる人間の想像力とアートの魅力に迫る。
      片山みやび《残響》2019年
      増田妃早子《プレヤデス(こいぬ座)》2001年
      勝俣隆《天孫降臨神話における天宇受売命像・猿田毘古神像・天の八衝の復元と、相互の位置関係》2019年
      幸村真佐男《(Suntrail)シリーズより》2017年
      寺門孝之《星》1997年
      中山明日香《eruption》2018年 など

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11964] 【群馬】高崎市美術館/詩をかたどる、詩をきざむ 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/09/22(Sun) 00:07:17  

     高崎市美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=10&c=11で開催中の展示を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「詩をかたどる、詩をきざむ―祈りの庭へ。」〜11/24(日)+旧井上房一郎邸
       月曜(祝日の場合は翌日)と祝日の翌日休館
        高崎市美術館(山中現・丸尾康弘・木村繁之の作品を展示)
              午前10時〜午後6時(金曜は8時まで、入館は閉館30分前まで)
        旧井上房一郎邸(深井隆の作品を展示)午前10時〜午後6時(入館は午後5時30分まで)
       入館料金:一般600円 高大生300円(旧井上房一郎邸含む)
       10/28(月)は群馬県民の日につき無料
       リピーター割引:2回目以降半券提示で割引
       身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳所持者と付添者1名
        65歳以上の方、中学生以下は無料

     絵や彫刻の垣根を越えて、夢や詩を託すことから出発した作家たちの「詩」「絵」「彫刻」。
     木彫作家であり絵や版画も制作する深井隆(1951年高崎市出身)、丸尾康弘(1956年熊本県出身)と、木版画家であり立体も制作する山中現(1954年福島県出身)、木村繁之(1957年愛媛県出身)。1950年代に生まれ、それぞれ木彫を、木版画を選び、今なお「かたどる」「きざむ」身振りを決して見失わなかった作家たち。主に木をめぐる4人の仕事に交差する詩の世界から、古くから物をかたどり、きざんできた日本人が近代彫刻や木版画に祈りの世界をみつめ、詩をかたどり、詩をきざむ心を紹介。
      深井隆《山の上に立つ人と橋》(2019年)
      山中現《影について》(2009年)
      丸尾康弘《森の声》(2018年)
      木村繁之《ことり》(2015年)など

    アーティストクロストーク:11/24(日)午後2時〜 定員80名
     深井隆氏(彫刻家)×山中現氏(木版画家)

    アーティストワークショップ
    「木をきざむ」10/22(火・祝)午後1〜3時、、
     丸尾康弘氏(彫刻家)定員:20名 対象:小学生〜大人(小学3年生以下は保護者同伴)
     

    「木のはやい年賀状」11/17(日)午後1〜4時 
     山中現氏(木版画家) 定員20名 対象:小学生〜大人(小学3年生以下は保護者同伴)
     
    「高崎ひとがたり」10/20(日)午後2時〜
     丸尾康弘氏(彫刻家)×関口将夫氏(画家・詩人)
     トーク終了後、美術館敷地内旧井上房一郎邸庭園で、講師と参加者の交流イベント「茶話」
      コーヒーサービス:丸尾康弘、難波多輝子(アーティスト、丸尾康弘夫人)

    以上のイベントはすべて高崎市南公民館にて実施、無料(美術館展示は有料)
       いずれも予約先着順、高崎市美術館にて電話受付027-324-6125

    学芸員によるギャラリートーク:10/12(土)26(土)11/9(土)午後2時〜、申込不要

    深井隆と学芸員によるクロストーク:11/23(土・祝)午後2時〜、申込不要
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11963] 【兵庫】姫路文学館/文豪川端康成と美のコレクション展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/09/22(Sun) 00:04:14  

     姫路文学館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=42で姫路市立美術館と併せて開催されている展覧会を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆姫路市制施行130周年記念・神戸新聞播磨製作センター完成記念
     「生誕120年 文豪川端康成と美のコレクション展 古今東西の名画、文豪たちの書ー幽遠を見つめる眼」
             〜11/4(月・振)
        月曜休館(祝日の場合は翌日)
        2館分観覧料:一般1400円 高大生600円 小中生300円(1館分の観覧券はなし)

     多彩な美術品を収集していたことで知られるノーベル賞作家・川端康成(1899〜1972)のコレクションは、国宝に指定される浦上玉堂の《凍雲篩雪図》と池大雅・与謝蕪村の《十便十宜図》をはじめ、土偶や仏像などの古美術から東山魁夷・古賀春江・草間彌生といった近現代日本美術、ロダン・ピカソといった西洋美術にまで至る幅広いもの。また、川端作品を彩った書籍装丁や挿絵原画などの数多くの東山作品も含まれる。この美術作品を展示し、審美眼に迫る。
     1899(明治32)年に大阪に生まれ、名作『伊豆の踊子』や『雪国』で知られる川端康成は、菊池寛や、横光利一らと交わりながら、幽玄なる日本の美意識を追求した作品を発表し、1868(昭和43)年には日本人で初めてノーベル文学賞を受賞した。文学館会場では、その作品を紹介するとともに直筆原稿や書幅、初恋の人・伊藤初代宛の未投函書簡などを展示し、収集された古典資料、および川端が愛した国宝・浦上玉堂の《凍雲篩雪図》を公開し、日本の伝統美へのまなざしも紹介。川端が所持した、夏目漱石・太宰治・谷崎潤一郎・三島由紀夫らの書幅や書簡を展示し、近代日本を代表する文豪たちの交流を紹介。
    [文豪が愛した空間]国宝 浦上玉堂《凍雲篩雪図》10/29(火)〜11/4(月・振)他は複製展示
    [文豪・川端康成]ノーベル賞賞状1968年 川端康成「雪国抄」
    [文豪たちの息づかい]武者小路実篤《伊香保風景》昭和20年代 夏目漱石《五言絶句》1914年
    [川端の見つめた伝統]良寛《恁慶》江戸時代 与謝野晶子《源氏物語礼賛》1939年
    [川端コレクションと播磨]岸田劉生《童女像》1923年

    川端康成日曜講座:午後2〜3時30分、開場は1時30分、無料、北館3階講堂、参加無料、定員150人・先着順
    (2)9/29(日)「川端康成、その初恋の秘密」森本穫 氏(川端康成学会特任理事)
    (5)11/3(日・祝)「川端康成と横光利一」黒田大河 氏(大阪樟蔭女子大学教授)

    展示解説会:学芸員:11/2(土)午後2時〜 北館3階講堂にて、無料(定員150人・先着順)

    ミュージアム朗読会+演奏会「川端文学と四重奏のしらべ」10/5(土)午前11時〜 午後2時〜(内容同じ)
     朗読:土方淳子 氏  演奏:カルテットPoco a Poco  企画展示室にて、入館券のみ
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11962] 【兵庫】姫路市立美術館/文豪川端康成と美のコレクション展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/09/22(Sun) 00:03:17  

     姫路市立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=41で姫路文学館と併せて開催されている展覧会を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆姫路市制施行130周年記念・神戸新聞播磨製作センター完成記念
     「生誕120年 文豪川端康成と美のコレクション展 古今東西の名画、文豪たちの書ー幽遠を見つめる眼」
             〜11/4(月・振)
        月曜休館(祝日の場合は翌日)
        2館分観覧料:一般1400円 高大生600円 小中生300円(1館分の観覧券はなし)

     多彩な美術品を収集していたことで知られるノーベル賞作家・川端康成(1899〜1972)のコレクションは、国宝に指定される浦上玉堂の《凍雲篩雪図》と池大雅・与謝蕪村の《十便十宜図》をはじめ、土偶や仏像などの古美術から東山魁夷・古賀春江・草間彌生といった近現代日本美術、ロダン・ピカソといった西洋美術にまで至る幅広いもの。また、川端作品を彩った書籍装丁や挿絵原画などの数多くの東山作品も含まれる。この美術作品を展示し、審美眼に迫る。
    [川端と古美術]国宝 池大雅《十便図》土偶「女子」縄文時代晩期 など
    [川端文学と装丁画]東山魁夷『古都』1973年 小林古径《双鶴図》1952年
    [川端と近現代工芸]北大路魯山人《赤絵牡丹筒向付》 富本憲吉《色絵灰皿》
    [川端と近現代絵画]草間彌生《不知火》1955年 古賀春江《そこに在る》1933年
    [川端と西洋美術]ピエール・ウジェーヌ・クレラン《雪の中の詩人》1969年 など

    川端康成日曜講座:午後2〜3時30分、開場は1時30分、無料、美術館2階講堂、定員80人・先着順
    (1)9/22(日)「川端康成 その人とふるさと」今井瞳良氏(茨木市立川端康成文学館学芸員)
    (3)10/20(日)「国宝《十便十宜図》と国宝《凍雲篩雪図》」守安収 氏(岡山県立美術館館長)
    (4)10/27(日)「東山魁夷芸術の魅力」松浦千栄子 氏(長野県信濃美術館東山魁夷館学芸員)

    こどもギャラリーツアー:学芸員:9/28(土)10/19(土)午前11時〜
     小中生と保護者対象
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 暗証キー

    - Web Forum -
    - Antispam Version -