ほっとミュージアム 談話室
[ホームへもどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 発言サイズは画像も含めて130KBまで、URLは20個までです。
  • その他[留意事項]を良くお読みの上ご利用ください
  • 新規紹介用 でワード検索すると、フォーマット発言が開きます

  •   [No.11311] 【兵庫】伊丹市立美術館/みんなのレオ・レオーニ展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/08/16(Thu) 19:42:19  

     みやのまえ文化の郷の、伊丹市立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=83では、夏休みの絵本展を開催中です。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「みんなのレオ・レオーニ展」8/11(土・祝)〜9/24(月・振)
        月曜休館(祝日の場合は翌日)
        入館料金:一般800円 高大生450円 小中生150円
             兵庫県内の小中学生はココロンカード提示にて無料
             4市1町(伊丹市・川西市・宝塚市・三田市・猪名川町)の
                 高齢者割引有(平日は60歳以上、土日祝は65歳以上)
     小学校の教科書に掲載されている、赤い色をしたきょうだいたちの中で唯一黒い魚の物語『スイミー』で知られるレオ・レオーニ(1910 – 1999)の創作世界を紹介。グラフィック・デザイナーとして活躍した後『あおくんときいろちゃん』で初めて絵本を描き、その後ねずみの『フレデリック』や、しゃくとりむしの『ひとあしひとあし』など、小さな主人公たちが「自分とは何か」を模索し、自分らしく生きることを学んでいく物語を、水彩、油彩、コラージュなどさまざまな技法を用いて描いた。本展ではヨーロッパとアメリカを移動し続けたレオーニの波乱の生涯と重ね合わせて絵本原画を紹介し・ディレクターとしての仕事、絵画、彫刻など幅広い活動を約200点の作品で紹介。
       絵本『スイミー』の原画(スロヴァキア国立美術館所蔵)5点 1963年
       「せかいいちおおきなうち」1968年
       「アレクサンダとぜんまいねずみ」1969年  など
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                        明日香 光二/馬場 英明


      [No.11310] 【神奈川】県立生命の星・地球博物館/植物誌をつくろう! 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/08/16(Thu) 19:36:41  

     小田原市入生田の神奈川県立生命の星・地球博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=14&c=82で開催されている自然の展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  
    ☆特別展「植物誌をつくろう!
        〜『神奈川県植物誌 2018』のできるまでとこれから〜」〜11/4(日)
         9月からの月曜休館(祝日の場合は翌日)
         午前9時〜午後4時30分(入館は4時まで)
         入館料金:20歳以上65歳未満(学生を除く)720円
              15歳以上20歳未満・学生(中高生を除く)400円
              高校生・65歳以上 200円(要年齢証明)
              中学生以下 無料
              障害者手帳/療育手帳/精神障害者保健福祉手帳の
                   交付を受けている方は無料(要手帳提示)
     『神奈川県植物誌2018』は、1979年から市民調査グループ「神奈川県植物誌調査会」が過去に採集された植物標本をまとめたもの。植物を愛する人々が、毎日でかけ、植物を探し、押し葉標本を集めて博物館に記録を残す活動が始まって40年。最新の調査でわかったことや地域の植物をどのように調べてきたか、その取り組みを紹介。

    ワンポイント展示解説:9/2(日)11/4(日)午前11時〜、午後1時15分〜(15〜30分程度)
      勝山輝男氏 田中徳久氏 大西亘氏(学芸員)

    特別展示関連講座・観察会(要申し込み)
    9/9(日)植物分類講座「ヒユとアカザ」勝山輝男氏(学芸員)実習実験室にて午前10時〜午後3時30分
    10/6(土)「植物図鑑の使い方(樹木編)〜この木なんの樹〜」大西亘氏(学芸員)実習実験室にて午前10時〜午後3時
    10/13(土)「秋の里山の植物」田中徳久氏(学芸員)横浜市(円海山)にて、午前10時〜午後3時

    講演会:第131回サロン・ド・小田原
    9/8(土)午後2〜4時20分講義室および特別展示室(特別展観覧券を配布)申し込み不要
    「『神奈川県植物誌 2018』でわかったこと」 田中徳久氏(学芸員)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                        明日香 光二/馬場 英明


      [No.11309] 【東京】帝京大学総合博物館 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/08/16(Thu) 19:34:46  

    ==================================================================
    施 設 名:帝京大学総合博物館
    ふりがな:ていきょうだいがくそうごうはくぶつかん
    英文表記:TEIKYO UNIVERSITY MUSEUM  
    分野 :歴史 民俗 科学・産業 
    郵便番号:192-0395 
    都道府県:東京都
    市区町村:八王子市  
    所在地:大塚359 帝京大学八王子キャンパス ソラティオスクエアB1
    電話番号:042-678-3675  
    FAX:042-690-8231  
    URL:https://www.teikyo-u.ac.jp/introduction/tum/
    公共交通:京王線 高幡不動駅から京王バス1番のりば
          「帝京大学構内」行きに乗車(直行11分、各停13分)、終点「帝京大学構内」下車
         京王線 聖蹟桜ヶ丘駅から京王バス2番のりば
          「帝京大学構内」行きに乗車(直行15分、各停17分)、終点「帝京大学構内」下車
         多摩モノレール 大塚・帝京大学駅から徒歩15分
    道路案内:一般来場者用駐車場なし、公共交通機関を利用のこと
    開館時間:午前9時〜午後5時(入館は4時30分まで)
    休 館 日:日祝日、その他大学の定める休日
    入館料金(常設時):無料
    展示内容:帝京大学のあゆみ、多摩地域の自然環境、上っ原遺跡や竜ヶ峰遺跡、大塚日向遺跡など旧石器時代から近代・現代の大学構内の遺跡発掘調査成果、江戸時代における大塚地域の歴史。大学の学術研究成果をもとにした企画展示。
    観覧時間:
    その他(販売・友の会など):
    報 告 者:明日香 光二/馬場 英明
    ==================================================================
    ☆企画展・医真菌研究センター創設35周年記念「カビ展―医真菌学研究への誘い―」〜10/5(金)
       日曜と8/18(土)25(土)9/1(土)8(土)24(月・振)休館
       8/19(日)と9/16(日)は臨時開館(午前10時〜午後4時)
     広い意味のカビ(酵母やキノコを含む)をあらわす医学用語で「真菌」と呼び、その種類は約10万種以上、未知のものを合わせると150万種にも及ぶと考えられる。人類は真菌の有機物の分解能力を利用して発酵食品やペニシリンなどの医薬品開発にも活用してきた。しかし、真菌が原因となる「みずむし」や命にかかわる重い感染症などもあり、これらの病気に関する研究・学問領域は「医真菌学」と呼ばれる。帝京大学医真菌研究センターが基礎研究を中心に研究を行ってきた。本展は、真菌の生態や、帝京大学医真菌研究センターの創設以来35年のあゆみと最新の研究活動を通して、奥深い医真菌学研究の世界を紹介。
    第1部 カビ(真菌)の世界
    第2部 カビが原因の病気の克服を目指す研究所

    最新研究講座 カビと闘う研究者たち!土曜日、午前10時30分〜11時45分、博物館セミナー室にて
           40名先着順、博物館窓口、電話、館サイト内の申し込みフォームより申し込み


    9/15(土)「病原真菌と真菌症―カビが原因の病気にせまる―」
           槇村浩一氏(帝京大学医療共通教育研究センター教授)
    9/22(土)「遺伝子工学と水虫」山田剛氏(帝京大学医真菌研究センター准教授)
    9/29(土)「カイコを利用して新しい食品や薬をつくる」
           関水和久氏(帝京大学医真菌研究センター所長)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                        明日香 光二/馬場 英明


      [No.11308] 【神奈川】原鉄道模型博物館 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/08/16(Thu) 19:33:22  

    ==================================================================
    施 設 名:原鉄道模型博物館
    ふりがな:はらてつどうもけいはくぶつかん
    英文表記:HARA Model Railway Museum  
    分野 :科学・産業 
    郵便番号:220-0011
    都道府県:神奈川県
    市区町村:横浜市西区  
    所在地:高島1-1-2 横浜三井ビルディング2階
    電話番号:045-640-6699  
    FAX:  
    URL:http://hara-mrm.com/
    公共交通:JR横浜駅から徒歩5分
         みなとみらい線「新高島駅」から徒歩2分
    道路案内:横浜三井ビルディング 地下1階「三井のリパーク」利用に優待サービス(割引)あり(午前10時〜午後5時)
    開館時間:午前10時〜午後5時(入館は4時30分まで)
    休 館 日:火曜日(祝日は開館、翌日休館)
    入館料金(常設時):大人1000円 中高生700円 小児(4歳以上)500円
        障がい者手帳をお持ちの方と付添者1名は上記料金から300円割引
    展示内容:原信太郎(1919−2014)がが製作・所蔵した世界一ともいわれる鉄道模型と、鉄道関係コレクションを公開。一般公開されている室内施設としては世界最大級のジオラマに、一番ゲージ(縮尺約1/32)。世界中の車両が、架線から電気をとり、鉄のレールを鉄の車輪で走行するので、レールのつなぎ目の音がゴトンゴトンと鳴る、本物と同じサウンドに注目。
    観覧時間:
    その他(販売・友の会など):年間パス「原鉄プレミアムカード」
        (大人5,000円 中学・高校生3,500円 小人(4歳以上)2,500円)
    報 告 者:明日香 光二/馬場 英明
    ==================================================================
    ☆「きかんしゃトーマス スペシャルギャラリー」〜8/29(水)
    8/29(水)まで無休、8/30(木)・31(金)は臨時休業

                  参考:館のチラシ・パンフとホームページより
     
                        明日香 光二/馬場 英明


      [No.11307] 【神奈川】真鶴町立遠藤貝類博物館 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/08/16(Thu) 19:32:40  

     このたび巡った館で手に入れたパンフレットより。夏休みに利用できそうなのでデータを掲げておきます。
    ==================================================================
    施 設 名:真鶴町立遠藤貝類博物館
    ふりがな:まなづるちょうりつえんどうかいるいはくぶつかん
    英文表記:Endo Shell Museum  
    分野 :科学・産業 
    郵便番号:259-0201 
    都道府県:神奈川県
    市区町村:足柄下郡真鶴町  
    所在地:真鶴1175番地
    電話番号:0465-68-2111  
    FAX:0465-68-2111  
    URL:https://www.endo-shellmuseum.jp/
    公共交通:JR真鶴駅からバス「三ツ石・ケープ真鶴行き」で終点下車
    道路案内:JR真鶴駅から4km(約10分)
    開館時間:午前9時30分〜午後4時30分(入館は4時まで)
    休 館 日:木曜
    入館料金(常設時):大人300円 小中高生150円 真鶴・湯河原町民無料
    展示内容:真鶴町の貝類研究家 遠藤晴雄氏が生涯をかけて収集した4,500種50,000点のうちから常設展示。真鶴半島の海岸で見つかるものから、日本各地、世界の海からのコレクション。
    観覧時間:
    その他(販売・友の会など):
    報 告 者:明日香 光二/馬場 英明
    ==================================================================
                参考:館のチラシ・パンフとホームページより
     
                        明日香 光二/馬場 英明


      [No.11306] 【東京】三菱一号館美術館/ショーメ 時空を超える宝飾芸術の世界 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/08/16(Thu) 00:08:24  

     丸の内の三菱一号館美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=26
    で開催中の宝飾の展示を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「ショーメ 時空を超える宝飾芸術の世界 1780年パリに始まるエスプリ」〜9/17(月・祝)
         月曜休館(ただし、8/27,9/10,9/17は開館)
         開館時間:午前10時〜午後6時(8/16と金曜、第2水曜、9/10〜13日は9時まで、入館は閉館の30分前まで)
     パリのヴァンドーム広場で、もっとも長い歴史を誇るショーメは、ナポレオン1世と皇妃ジョゼフィーヌの御用達として、伝統を重んじつつ今も革新性を追求する。本展は、ルーヴル美術館名誉館長アンリ・ロワレット氏監修の下、18世紀後半から現代まで、約240年に及ぶショーメの伝統と歴史を紹介する。ロマン主義、 ジャポニスム、アール・デコの中で洗練された作品―ダイヤモンドのティアラやネックレス等の宝飾品と、未発表の歴史的なデザイン画や写真等約300点を展示。
        ナポリ王妃カロリーヌ・ミュラのバンドー・ティアラ、1810年頃 ゴールド、真珠、ニコロアゲート
        ティアラ「鮮紅色の情熱」2016年「ナチュール ドゥ ショーメ」コレクション
          ホワイトゴールド、ピンクゴールド、レッドスピネル、ロードライトガーネット、 グリーントルマリン、ダイヤモンド
        .「 ロイヒテンベルク」のティアラ、1830-1840年頃 ゴールド、シルバー、エメラルド、ダイヤモンド
        カーネーションのティアラ、1907年 プラチナ、ダイヤモンド
        ミクロモザイクの施された、皇妃マリー=ルイーズの日中用パリュール 1810年 ゴールド、青の溶融ガラス
        戴冠衣装の皇帝ナポレオン1世 フランソワ・ジェラール 1806年 油彩/カンヴァス   など

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11305] 【神奈川】鎌倉歴史文化交流館/発掘!かまくら探偵団 2018 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/08/15(Wed) 23:12:11  

     鎌倉歴史文化交流館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=14&c=76では、発掘された焼き物の展示を開催中です。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆企画展「発掘!かまくら探偵団 2018 〜日本のやきもの編〜」〜9/8(土)
       日祝日休館
       入館料金:一般300円 小中生100円
              鎌倉市内の小・中学生
              市内の65歳以上の方
              障がい者手帳等の交付を受けた方と付き添い1名は無料
     中世都市・鎌倉では、全国からもたらされた数多くの生活用具、なかでも「焼き物」、バラエティに富んだ種類が出土。現在の愛知県や岡山県などでつくられた、渥美焼・常滑焼・瀬戸焼・備前焼(などが、はるばる鎌倉にもやってきた。本展では、鎌倉で発掘された出土品の焼き物を用いて、それらの鑑賞方法や中世考古学の基礎をひもとく。
      渥美焼:平安時代後期から鎌倉時代後期まで、甕や壺、鉢が中心で、濃い灰色、釉薬も素焼きに近い製品がある。
      瀬戸焼:鎌倉時代の製品におろし皿や鉢、壺など簡素なものが中心だが、青磁や白磁など中国から輸入した磁器をまねた作品も。
      常滑焼:中世から現代まで続く日本六古窯の一つ。酸化で赤茶けた色味が特徴。平安時代後期に甕や壺、鉢、皿窓などを焼く。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                            参考:館のチラシ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11304] 【神奈川】箱根ラリック美術館に行きました 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/08/15(Wed) 22:51:02  

     8/14に続いて行ったのは、箱根ラリック美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=14&c=112。ポーラ美術館から、施設巡りバスで、この館前にも行け、コンパクトに回れます。
     こちらも、館の入口から、森のような庭園を歩いて本館へ行く、というしつらえ。
     
     展示は、細かなデザインを施した装飾品にはじまり、屋敷の内装や、扉や、噴水といった建築装飾、香水瓶の一台コレクション、2階で花器やオブジェのガラス作品が並び、最後に特別展と、なかなか趣きふかかったと思います。

    データに以下のものを加えて下さい。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    箱根ラリック美術館

    公共交通  小田原駅東口、箱根湯本駅より箱根登山バス「湖尻・桃源台」行きで『仙石案内所前』下車すぐ
            施設巡りバス「ラリック美術館前」下車すぐ
    入館料金
    (常設時)  一般1500円 高大生・シニア(65歳以上)1300円 小中生800円
      近隣の館や観光施設との相互割引、セット券
      箱根フリーパスなどの券での割引、各種割引券、インターネット割引券などが多数有効なので、要確認
    観覧時間 約60分
    その他        別棟でオリエント急行の内装を見学し、デザートセット付きの「ル・トラン」は一人2100円、要45分。 
    (販売・友の会等)  カフェ・レストラン リス 、ミュージアムショップあり。
                メール info@hakone-meissen.com 
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「オパールとオパルセント 魔性の光に魅せられて」〜12/2(日)
         年中無休
          一般1500円 高大生・シニア(65歳以上)1300円 小中生800円
     10月の誕生石で、光によって七色に煌めくオパールは、古代から幸運を呼ぶパワーがあると信じられ、文豪シェークスピアも『十二夜』で“宝石の女王”と呼んだが、19世紀の小説によって“不運をもたらす石”とされ、その色彩を「心を惑わす魔性の光」とされてしまった。ラリックは迷信をものともせず、独創的なデザインでオパールを個性的な色彩表現に使った。ガラス工芸でも、ラリックはオパールの色彩をガラス表現で追求し、ガラスの色がオパールのように変化するオパルセントガラスをつくりだした。ラリックのオパールジュエリー作品、オパルセントガラス作品、オパールの原石も展示。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                 参考:館のチラシとホームページ、8/14の訪問

                        明日香 光二/馬場 英明


      [No.11303] 【神奈川】ポーラ美術館/ルドン ひらかれた夢 見ました 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/08/15(Wed) 22:49:48  

     8/14には、ポーラ美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=14&c=106
    を訪ねました。
     強羅駅から、基本的には1時間に4本運行されている施設巡りバスで行けるので便利。朝9時から開館なので、宿からでて早くゆっくり楽しめます。総ガラスのエントランスから入り、大きな構えの館です。
     コレクション展の印象派絵画も見応えがありましたが、展示室は企画展が中心。そこに、サブの企画展として増田セバスチャンのインスタレーションもあり、さまざまなバリエーションで美術がみられる、満足できる館です。本日は熱暑の一日でしたからあきらめましたが、「森の遊歩道」も楽しそうでした。

     今回のメインは「ルドン展」。ルドンが受けた影響、与えた影響も交えて、という展示でしたが、自館のコレクションに岐阜県美術館を中心とした日本国内館の所蔵品を集めて、うまく構成されていたと思います。ルドンと言えば、人間の顔に植物や触角や…がくっついたような奇怪な生物…それは「夢」だそうですが…。その幻想あるいは悪夢ような「夢」の部分と、パステルカラーの朦朧とした「神話」世界を見ることができます。前者のほうに影響を受けた日本人は多く、ここでは鴻池朋子、岩明均などのグロテスクな作品が挙げられていますが、水木しげるの「目玉おやじ」もルドンの影響だとか…ふうん… 

    データに以下のものを加えて下さい。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ポーラ美術館
    入館料金
    (常設時)  大人1800円 65歳以上1600円 高大生1300円 小中生700円
     障害者手帳をお持ちの方は付添1名を含めて割引、土曜日は小中学生無料 
      近隣の館や観光施設との相互割引、セット券
      箱根フリーパスなどの券での割引、各種割引券、インターネット割引券などが多数有効なので、要確認

    観覧時間         展示室だけで約90分
    その他           ミュージアムショップ、レストラン・アレイ、カフェ・チューン あり。
    (販売・友の会等)     全長670m、所要時間20分の森の遊歩道「風の遊ぶ散歩道」
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「ルドン 幻想の世紀末から現代へ」 〜12/2(日)
         会期中無休、ただし9/27(木)のみ、企画展示室展示替えのため休室
          大人1800円 65歳以上1600円 高大生1300円 小中生700円
         障害者手帳をお持ちの方は付添1名を含めて割引、土曜日は小中学生無料 

     19世紀末から20世紀初頭にかけてフランスで、印象派の画家たち全く異なる作風の絵画を描いたオディロン・ルドン(1840―1916)。
      本展は、近年の研究をもとに、不気味な怪物たちがうごめく光景や、神秘的なヴィジョンに満ちた幻想的な世界のみに生きた孤高の幻想画家という従来のルドン像を超えて、様々な価値観のなかで探究を続けたルドンの姿を捉えなおし、幻想や神秘の世界を追い求める現代作家との比較をする。
    第1章 夢のなかで ― 「夢」の源泉
      オディロン・ルドン 版画集『夢のなかで』
                  「ブルターニュの風景」
      ロドルフ・ブレスダン「羊を待つ聖家族」
      アルブレヒト・デューラー「聖母子と王冠を捧げる二人の天使」
      ジャン=バティスト=カミーユ・コロー「家路につく牛飼いの少女」
      クロード・モネ「ルーアン大聖堂」
    第2章 水と生命 ― 始原的なかたち
       オディロン・ルドン「ヴィーナスの誕生」
                 『聖アントワーヌの誘惑』
      ギュスターヴ・ドレ 鳥と魚の創造『失楽園』
    第3章 翼と気球 ― 近代性と神話
      オディロン・ルドン「弓を持つケンタウロス」
                「アポロンの戦車」
      フランシスコ・ホセ・デ・ゴヤ・イ・ルシエンテス 飛翔法『妄』
    第4章 ひらかれた夢 ― 花と眼
      オディロン・ルドン「眼をとじて」
                「日本風の花瓶」
      ポール・ゴーガン「異国のエヴァ」
      岡鹿之助「献花」
    第5章 21世紀にひらく夢 ― 受け継がれるルドン
      イケムラレイコ「よるのうみ」
      柄澤齋「鬼火II」
      鴻池朋子「素焼粘土」 など
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                 参考:館のチラシとホームページ、8/14の訪問

                        明日香 光二/馬場 英明


      [No.11302] 【神奈川】箱根芦ノ湖成川美術館 訪ねました 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/08/15(Wed) 22:48:55  

     箱根関所から、元箱根地区へ上がり、この美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=14&c=105を訪れました。
     箱根には、地域の自然・歴史だけでなく、展示品もそれぞれに個性的な美術館が多数あることは知られています。
     ただ、観光客目当てで中身は大したことがないんじゃないか、とか疑ってみたりはするのですが、今回の旅行ではそこは厳選して見るつもりでのぞみました。
     ここ、成川美術館は、コレクションされている範囲が明確で、現代作家の日本画専門ということで、見るジャンルの一つに加えました。元箱根港のすぐ向かいで、大きな門がありびっくり。しかし、そこからエスカレータを乗り継いで、丘の上の方に展示館があるのにはまたびっくり。

     現在の日本画の展示は、戦後の日本画、ということで、穏やかな色調の風景画の大作が中心で、かなり私の好みでした。黒光茂明による「薄月夜」「秋月夜」は琳派を思わせる作品。第4室「師弟のきずな−山本丘人と稗田一穂・毛利武彦−」はちょっと特徴的。稗田一彦は、点描風のくっきりした風景画、毛利武彦はタッチが粗めの筆の跡もある、まるでヴラマンクを思わせる洋画風な作風。

     ところで、展示館正面の展望室?サロン?は芦ノ湖の湖岸がパノラマのように見渡せる、絶景ポイント。そのまま日本画の屏風になりそうな、これも展示のひとつという値打ちですね。

     館データの以下の部分を書き換えてください。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    箱根芦ノ湖成川美術館  

    公共交通:JR/小田急「小田原」駅、箱根登山電車「箱根湯本」駅から「箱根町港」行きバスで
     伊豆箱根バス「成川美術館前」、箱根登山バス「元箱根」下車 
     箱根観光船「元箱根」乗場前/芦ノ湖遊覧船「元箱根」徒歩3分
     ただし、門から展示館までエスカレーターで登頂 
    入館料金
    (常設時)  一般(高校生以上)1300円 高大生900円 小中生600円
           障がい者手帳をお持ちの方と同行者1名は1000円
      近隣の館や観光施設との相互割引、セット券
      箱根フリーパスなどの券での割引、各種割引券、インターネット割引券などが多数有効なので、要確認
    展示内容  東山魁夷、平山郁夫などの現代日本画を展示。収蔵作品は総数1500点 
    年4回展示換えを実施 
     翡翠や象牙など、希少な素材に微細な彫刻を施した中国の彫刻
    観覧時間 約1時間
    その他       ミュージアムショップ、ティーラウンジ「季節風」あり
    (販売・友の会等)展望室からの芦ノ湖の眺望は、小田急のポスターに採用されたもの   
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆開館30周年記念展「戦後日本画の山脈 第3回」〜11/20(火)
       戦後の日本画は、戦前の伝統的な歴史画や花鳥画から脱却した同時代の感情表現を試みる作家が現れ、日本画の世界でも活躍する女性作家たちが多く現れた。現代の日本画を代表する実力作家たちの作品を展示。
    第1&第2室「現役作家の代表作」
     岡信孝「秋月・秋雨」   平松礼二「路・西湖にて」  堀文子「地に還る日」
     黒光茂明「扇面屏風 四季草花」 湯口恵美子「ブルボン・ローズ」
    第3室「物故作家の輝き」
     加山又造「猫」 高山辰男「上弦」 平山郁夫「招提寺盧舎那仏」
    第4室 山本丘人と稗田一穂・毛利武彦
     稗田一穂「富士の見える駅」
     毛利武彦「公園の冬」
     山本丘人「鳥が翔ぶ日」  など


    ☆開館30周年記念展「戦後日本画の山脈 第4回」11/21(水)〜2019年3/14(木)
     現代日本画最高の花鳥画家の1人である・牧進による長さ13メートルに及ぶ椿の大樹を描いた「再喜樹宴」をはじめ、当美術館の収蔵作品の中から屏風の大作を中心に展示。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                        明日香 光二/馬場 英明


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 暗証キー

    - Web Forum -
    - Antispam Version -