ほっとミュージアム 談話室
[ホームへもどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 発言サイズは画像も含めて130KBまで、URLは20個までです。
  • その他[留意事項]を良くお読みの上ご利用ください
  • 新規紹介用 でワード検索すると、フォーマット発言が開きます

  •   [No.12069] 【大阪】アートエリアB1/鉄道芸術祭Vol.9都市の身体 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/11/03(Sun) 21:49:15  

     この施設が整備されてから、もう10年になるのですが、常設的美術展示施設だとなかなか認識できませんでした。
     現在、展示開催中ですので、紹介しておきます。
    ==================================================================
    施 設 名:アートエリアB1
    ふりがな:あーとえりあびーわん
    英文表記:ART AREA B1  
    分野 :美術 
    郵便番号:530-0005
    都道府県:大阪府
    市区町村:大阪市北区  
    所在地:中之島1-1-1
    電話番号:06-6226-4006   
    FAX:06-6226-7299  
    URL:http://artarea-b1.jp/
    公共交通:京阪電鉄中之島線なにわ橋駅地下1階
    道路案内:
    開館時間:正午〜午後7時
    休 館 日:月曜(祝日の場合は翌日)、年末年始休館
    入館料金(常設時):無料
    展示内容:「文化・芸術・知の創造と交流の場」となることを目指して、大学の知、アートの知、地域の活力(大阪大学+NPO法人ダンスボックス+京阪ホールディングス(株))を集結した多彩な主催事業を展開
    観覧時間:
    その他(販売・友の会など): メールは館サイトのフォームにて
    報 告 者:明日香 光二/馬場 英明
    ==================================================================
    ☆鉄道芸術祭vol.9
    「都市の身体 〜外から眺める私たちの輪郭、遠くから聞こえてくる私の声〜」〜12/29(日)
        月曜休館(祝日の場合は翌日)
        正午〜午後7時(12/14(土)〜12/25(水)は9時まで開館)
        ※12/22(日)午後2時30分〜5時はクロージングイベント開催のため展示観覧不可

     鉄道の創造性に着目した企画展「鉄道芸術祭vol.9」 では、都市と身体の関係性に着目。近代都市計画の要であった鉄道の普及によって、私たちの日常生活や移動環境は大きく向上した一方で、時間厳守やマナーといった行動規範の規定・規制も海だし、私たちの身体感覚にも深く関与してきた。
     本展では、国内外の3組のアーティストが、今日の都市の状況と都市生活者のさまざまなふるまい、それを生み出す身体を独自の視点で捉え直した、作品を創作。
     インドネシア出身のジョンペット・クスウィダナントは、自国の複雑な成り立ちと歴史文化や現代社会への洞察をもとに、群衆と個、姿なき声やメッセージなどに関するインスタレーションを発表。
     小沢裕子は、大阪の在留外国人が多く住むエリアや、文楽・浪曲などの語りをリサーチし、日本人と外国人双方の言葉によるコミュニケーションのあり方などを考察した新作映像作品。
     武田晋一は、鉄道の近代化と同時に派生した外来植物(雑草)の存在に着目し、奈良・東吉野村と大阪・中之島の道行、 都市と地方の移動や運搬の要素をふまえて作品を構成。
     三者三様の“都市の身体”にまつわる世界の内と外からの考察に基づいた表現を通じて、都市部や地方を行き交う人間の身体知について感じ、 考える機会にする。


    関連イベント:

    11/12(火)午後7〜9時、定員50名程度(要事前申込)参加費1,000円
     ラボカフェスペシャル/ハイドン大學「作曲家・野村誠の視点から探るハイドンの魅力」
       ゲスト:野村 誠氏(作曲家)
       カフェマスター久保田テツ(大阪音楽大学 准教授、アートエリアB1運営委員)
     申込先:センチュリー・チケットサービス
           TEL:06-6868-0591(平日午前10時〜午後6時)

    11/13(水) 午後7〜8時30分、定員50名程度(当日先着順/入退場自由/参加無料)
     ラボカフェスペシャルfeaturing鉄道芸術祭「カタコト、空耳、デタラメの歌謡史:聞こえることと歌うこと」
       ゲスト:輪島裕介氏(大阪大学大学院文学研究科 准教授)
       カフェマスター:肥後 楽(大阪大学共創機構社学共創本部21世紀懐徳堂 特任研究員)

    11/23(土・祝)午後2〜4時、定員40名程度(入退場自由/当日先着順/参加無料)
     ラボカフェスペシャルfeaturing鉄道芸術祭 小沢裕子アーティスト・トーク
     「言葉の乗り物たちの集会」
       ゲスト:小沢裕子氏(鉄道芸術祭vol.9参加アーティスト)
           展示作品出演の日本語教師、外国人の方々
       カフェマスター:木ノ下智恵子氏、久保田テツ氏、塚原悠也氏(アートエリアB1運営委員)

    11/27(水) 午後7〜8時30分、定員50名程度(当日先着順/入退場自由/参加無料)
     ラボカフェスペシャルfeaturing鉄道芸術祭
     「外国人と日本人がともに輝ける社会のために〜多文化共創による持続可能な社会開発」
       ゲスト:佐伯康考氏(大阪大学共創機構社学共創本部 助教)
       カフェマスター:沢村有生氏(大阪大学共創機構社学共創本部21世紀懐徳堂 特任研究員)

    12/7(土)午後2〜4時、定員40名程度(入退場自由/当日先着順/参加無料)
     ラボカフェスペシャルfeaturing鉄道芸術祭「アーティストと雑草学者のみちくさ談義」
       ゲスト:武田晋一氏(鉄道芸術祭vol.9参加アーティスト)
           冨永 達氏(京都大学雑草学研究室 教授)
       進行:木ノ下智恵子氏、久保田テツ氏(アートエリアB1運営委員)

    12/22(日)午後3〜5時、参加費1000円(ワンドリンク付)定員80名程度(要事前申込/先着順)
               申込はメール、電話、サイト内「チケット申込フォーム」より
     ラボカフェスペシャルfeaturing鉄道芸術祭 クロージング・トークセッション
     「いとうせいこうとめぐる都市の身体」
       ゲスト:いとうせいこう氏(作家/クリエイター)
           小沢裕子氏(鉄道芸術祭vol.9参加アーティスト)
           武田晋一氏(鉄道芸術祭vol.9参加アーティスト)
       カフェマスター:木ノ下智恵子氏、久保田テツ氏、塚原悠也氏(アートエリアB1運営委員)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                        明日香 光二/馬場 英明


      [No.12068] 【広島】県立美術館/印象派への旅 海運王の夢 バレル・コレクション[11/2(土)〜 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/11/01(Fri) 00:01:23  

     縮景園隣の広島県立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=34&c=3で11/2(土)から開催される展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「印象派への旅 海運王の夢 バレル・コレクション」11/2(土)〜令和2年1/26(日)
        年末年始(12/25(水)〜1/1(水))のみ休館
        開館時間:午前9時〜午後5時(金曜は7時まで、入場は閉館30分前まで)
                      (11/2は午前10時開場)
        入館料金:一般1400円 高大生1000円 小中生600円
              身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳及び戦傷病者手帳の所持者と介助者1名は半額
              県美×現美×ひろ美 相互割引あり
     英国随一の港湾都市・グラスゴー出身の海運王ウィリアム・バレル(1861〜1958)。9000点を超えるコレクションを形成した、彼の旧蔵品を中心に、バルビゾン派や印象派などのフランス絵画、その影響を受けたスコットランドやオランダの画家たちによる名品、写実主義から印象派への流れをクールベやドガ、ゴッホらの傑作を通じて辿る。
       ウジェ−ヌ・ブーダン《ドーヴィル、波止場》1891年
       エドガー・ドガ《リハーサル》1874年頃
       ピエール・オーギュスト・ルノワール《画家の庭》1903年頃
       マテイス・マリス《蝶》1874年
       フィンセント・ファン・ゴッホ《アレクサンダー・リードの肖像》1887年
       エドゥアール・マネ《シャンパングラスのバラ》1882年
       フランソワ・ボンヴァン《スピネットを弾く女》1862年
       ポール・セザンヌ《倒れた果物かご》1877年
       ウジェーヌ・ブーダン《トゥルーヴィルの海岸の皇后ウジェニー》1863年
       ギュスターヴ・クールベ《マドモワゼル・オーブ・ドゥ・ラ・オルド》1865年
       アンリ・ル・シダネル《月明かりの入り江》1928年 など

    講演会:11/10(日)地階講堂にて、午後1時30分〜3時(開場1時、先着200名、事前申込不要)無料
    「バレル・コレクションにおけるレアリスムと印象派―フランス近代美術のコレクターをめぐって−」山下寿水氏(学芸員)

    記念シンポジウム:1/12(日)、午後1時30分〜3時30分(開場1時、先着200名、事前申込不要)無料
    「印象派をめぐる都市の夢 グラスゴー、パリ、ハーグ」 
      古谷可由氏(ひろしま美術館学芸部長)川口佳子氏(長崎県美術館学芸員)山下寿水氏(学芸員)

    美術講座:地階講堂にて、午後1時30分〜3時(開場1時、先着200名、事前申込不要)無料
    12/21(土)「夢のコレクション―オランダ、スコットランドの画家たち」山下寿水氏(学芸員)
    1/11(金) 「フランス近代絵画の旅―コローからセザンヌへ」森万由子氏(学芸員)

    学芸員によるギャラリートーク:11/15、29、12/6、20、1/10、24(金)
    午前11時〜、午後6時〜、3階会場入口付近に集合

    ロビーコンサート:12/22(日)正午〜 1階ロビーにて、事前申込不要、無料
    「音で巡る印象派」木村紗綾氏(ヴァイオリン)

    謎解きゲーム「Message from Glasgow」11/2(土)〜12/24(火)参加費(キット代):500円
    キット販売場所:1階総合受付

    託児サービス(有料)11/16(土) (1)午前10時〜 (2)正午〜 (3)午後2時〜
    受付:3階ロビーにて、 料金1,000円(託児2時間、保険含む)
     要電話予約 (082-221-6246)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12067] 【京都】国立近代美術館/円山応挙から近代京都画壇へ[11/2(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/11/01(Fri) 00:00:28  

     岡崎公園の京都国立近代美術館 http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=21で11/2(土)から開催される特別展を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「円山応挙から近代京都画壇へ」前期:11/2(土)〜11/24(日)
                    後期:11/26(火)〜12/15(日)
        月曜休館(祝日の場合は翌日)
        開館時間:午前9時30分〜午後5時(金土は午後8時まで、入館は閉館の30分前まで)
        入館料金:一般1500円 大学生1100円 高校生600円 中学生以下は無料。
             心身に障がいのある方と付添者1名は無料(要証明)。

     18世紀の京都において、実物写生の精神に基づいた写生画を切り開いた円山応挙は、爆発的な人気を博し、円山派を形成した。応挙の写生画に蕪村の瀟洒な情趣を加味した画風を確立した四条派の祖・呉春。応挙、呉春を源泉とする円山・四条派は、塩川文麟、森寛斎、幸野楳嶺等を経て、近代京都画壇を牽引した竹内栖鳳、山元春挙、上村松園等を輩出した。本展では、応挙、呉春から近代へいたる系譜を追い、京都画壇の様相の一端を明らかにする。
    [通期展示]
      重要文化財 円山応挙《郭子儀図》天明8(1788)年、兵庫・大乗寺蔵 
                《松に孔雀図》寛政7(1795)年、兵庫・大乗寺蔵 
                《山水図》天明7(1787)年、兵庫・大乗寺蔵 
            円山応瑞《蓮池図》、兵庫・大乗寺蔵 
    [前期展示]
            菊池芳文《小雨ふる吉野》大正3(1914)年 東京国立近代美術館蔵
      重要文化財 円山応挙《写生図巻(乙巻)》明和7―安永元(1770〜72)年、株式会社千總蔵
            上村松園《娘深雪》大正3(1914)年
    [後期展示]
      重要文化財 円山応挙《保津川図》寛政7(1795)年、株式会社千總蔵
      重要文化財 円山応挙《写生図巻(甲巻)》明和8―安永元(1771〜72)年、兵庫・大乗寺蔵 
      重要文化財 円山応挙《牡丹孔雀図》明和8(1771)年、京都・相国寺蔵
            長沢芦雪《薔薇蝶狗子図》寛政後期(1794〜99)頃、愛知県美術館蔵
            呉春《山中採薬図》公益財団法人阪急文化財団 逸翁美術館蔵
            岸竹堂《猛虎図》明治23(1890)年、兵庫・大乗寺蔵 など
           
    講演会:1階講堂にて、午後2時〜3時30分、定員先着100名(当日午前11時より1階受付にて、1人1枚整理券配布)入館料のみ
    11/2(土)「近代京都画壇―美術と産業―」並木誠士氏(京都工芸繊維大学教授、同美術工芸資料館館長)
    11/9(土)「京都画壇と千總―岸竹堂を中心に―」加藤結理子氏(千總文化研究所所長)
    11/30(土)「空を描く」山岨眞應氏(大乗寺副住職)

    担当学芸員による解説 11/15(金)12/6(金)午後6時〜 平井啓修氏(研究員)
         先着20名(当日午後5時より1階受付にて1人1枚整理券配布)

    ファミリープログラム「びじゅつかんで いきものさがし」11/17(日)午前8時30分〜9時30分
    対象:小学生以下の子どもと保護者 定員先着50組(1組につき最大3名)
     事前申込制・先着順(館サイトへ) 参加費:子ども無料、大人は入館券要

    日本博関連イベント
    VRと日本画技法体験プロジェクト:12/1(日)
    (1)午前10〜12時、(2)午後1時30分〜3時30分 要入館券
      東京藝術大学大学院美術研究科 文化財保存学保存修復日本画研究室 1階講堂にて
      対象:日本画を初めて見る方、外国人の方などを対象にした入門的な内容(小学生以上)
      英語・中国語・韓国語の通訳付き
      定員:各回20名(事前申込制・先着順)館サイトへ
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12066] 【兵庫】大阪青山歴史文学博物館/天皇の書−宸翰[11/1(金)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/10/31(Thu) 23:59:31  

     能勢電鉄一の鳥居下車の、大阪青山歴史文学博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=117で明日11/1(金)から開催される展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆所蔵品展「天皇の書 ー宸翰 SHINKANー 」11/1(金)〜11/30(土)
       月火休館
       入館料金:一般300円 65歳以上250円 高大生200円 中学生以下無料

    「宸翰(しんかん)」と呼ばれ、帝王ならではの独特の風韻を持つ、天皇の直筆の書は、気品で他の追随を許さない。新天皇のご即位をお祝いし、中世から近代にいたる当館屈指の宸翰コレクションを展示。
      光厳天皇宸翰消息 (重要美術品)
      後醍醐天皇宸翰消息(重要文化財)
      孝明天皇宸翰和歌懐紙
      後水尾天皇宸翰和歌賛『後水尾天皇画像』
      伏見天皇宸翰『源氏物語抜書』
      大正天皇宸翰『仁智明達』
      特別展示 国宝「土左日記」11/1(金)〜16(土)

    展示解説:11/6(水)20(水)午後2時より
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12065] 【奈良】飛鳥資料館/飛鳥−自然と人とー 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/10/31(Thu) 23:58:42  

     明日香村の奈良文化財研究所飛鳥資料館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=29&c=74で開催中の特別展を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆秋期特別展 「飛鳥−自然と人とー」〜12/1(日)
        月曜休館(祝日の場合は翌日) 11/3(日・祝)は無料入館日

        入館料金:一般270円 大学生130円 高校生及び18歳未満、65歳以上は無料(要年齢証明)

     飛鳥の都で、人々は自然とどのように向き合ってきたのでしょう?飛鳥の都は、

     山地と丘陵地が間近にせまり、平坦地は狭く、中心部を横切るように川が流れる飛鳥の自然環境は、その後の日本の都・奈良や京都とは、あきらかに異なるが、100年近く都がおかれてきた。
     1300年が過ぎ去った今も飛鳥に広がる農村景観−山・川・棚田、時代の流れと共に少しずつ姿を変えながらも、いつも人々の暮らしの側にあった自然。本特別展では、飛鳥における自然と人との関わりを、写真コンテストに寄せられた写真と、文化財研究の成果の様々な角度から考える。

    「ふるさと飛鳥を語る」(事前申込不要)11/15(金)午後1時30分〜3時30分、特別展示室にて
     地元のおじいちゃん、おばあちゃんが語る
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12064] 【東京】上野の森美術館/ゴッホ展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/10/31(Thu) 23:57:54  

     上野公園の上野の森美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=139で開催中の展覧会を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「ゴッホ展」〜令和2年1/13 (月・祝)

         12/31(火)1/1(水・祝)のみ休館
         開館時間:午前9時30分〜午後5時(金土は8時まで、入館は閉館30分前まで)
         入館料金:一般1800円 大学・専門学校・高校生1600円 小中生1000円
             障がい者手帳をお持ちの方と付添者1名は無料(要障がい者手帳)
     明るい色彩と、勢いのある筆遣いのフィンセント・ファン・ゴッホ(1853ー90)の代表作のほとんどは、晩年のわずか数年に描かれたもの。ゴッホの絵画のルーツであるハーグ派や彼に大きな影響を与えた印象派のさまざまな出会いを通じてゴッホが後期印象派を代表する画家になるまでを紹介。
      アントン・マウフェ《4頭の引き馬》《雪の中の羊飼いと羊の群れ》
      マティス・マリス《出会い(仔やぎ)》
      クロード・モネ《クールブヴォワのセーヌ河岸》《花咲く林檎の樹》
      ポール・セザンヌ《オワーズ河岸の風景》
      カミーユ・ピサロ《ライ麦畑、グラット=コックの丘、ポントワーズ》
      フィンセント・ファン・ゴッホ《パリの屋根》《ブリュット=ファンの風車》《タンギー爺さんの肖像》
      《アニエールのヴォワイエ・ダルジャンソン公園の入り口》《サント=マリー=ド=ラメールの風景》
      《サン=レミの療養院の庭》《糸杉》《麦畑》《オリーヴを摘む人々》《薔薇》など
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12063] 【東京】国立博物館/人、神、自然−ザ・アール・サーニ・コレクション[11/6(水)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/10/31(Thu) 00:15:17  

     上野公園の東京国立博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=130で開催される、国際的なコレクションの展覧会を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆特別展「人、神、自然−ザ・アール・サーニ・コレクションの名品が語る古代世界−」/東洋館 3室
            11/6(水) 〜 令和2年2/9(日)
        月曜休館(1/13(月・祝)は開館)、12/26(木)〜1/1(水・祝)、1/14(火)休館
        開館時間 午前9時30分〜午後5時(金土は9時まで、入館は閉館の30分前まで)
        入館料金 :一般620円 大学生410円
            総合文化展観覧料および特別展「正倉院の世界」(〜11/24(日))
            特別展「出雲と大和」(令和2年1/15(水)〜3/8(日))で観覧可
            障がい者と介護者1名無料(要障がい者手帳提示)
            高校生以下および満18歳未満,満70歳以上の方は無料(要年齢証明)

     古代の人々が、人をどう表現したか、神々や死後の世界、自然界をどう認識したか。本展は、カタール国の王族であるシェイク・ハマド・ビン・アブドラ・アール・サーニ殿下が収集されたザ・アール・サーニ・コレクションから、世界各地の古代文化が生み出した工芸品117件を紹介。
     第1章「人」各地の古代社会を統治していた王や有力者にまつわる工芸品
      理想化されたファラオの姿「王像頭部」赤碧玉 エジプト 前1473〜前1292年頃
      高貴な女性の立ち姿 人物像「バクトリアの王女」エレクトラム、石、貝 中央アジア 前2300〜前1800年頃
      冥界の太陽を表すギザギザ眉毛「仮面」翡翠、貝 グアテマラ 3〜6 世紀
      抱き合うふたり「飾り板」金、カーネリアン、瑪瑙 中央アジア 前2千年紀中頃
      王室工房が誇る金細工「ブレスレット」金、赤碧玉、ガラスほか エジプト 前1044〜前994年

     第2章「神」各地の古代文化が生み出した神像や精霊像、聖なる儀式に関連する作品
      巨石からこんにちは「浮彫」アラバスタ―、金、貴石、青銅ほか アラビア半島南部 100年頃
      星を見つめる女神? 女性像「スターゲイザー」大理石ほか アナトリア半島西部 前3300〜前2500年頃
      英雄神ヘラクレスとキューピッドたち「瓶」瑪瑙 地中海地域 150年頃
      遺灰を入れた? 「人形容器」金 コロンビア 5〜6 世紀
      宗教儀礼にのぞむミュージシャン「タンバリン奏者像」アラバスタ―、カーネリアン、凍石 メソポタミア 前2500年頃

     第3章「自然」主に動物の形を模した工芸品を展示
      自然界の力強さを体現「アイベックス」青銅 アラビア半島南部 前1千年紀後半
      戦場で威嚇!「鼻飾り」金、ラピスラズリ/ソーダ石ほか ペルー 2〜4世紀
      液体が口から出るユニークな器「リュトン」金、カーネリアン、石 アナトリア半島 前2千年紀前半
      一味違ったゆるい熊 「クマ」金銅 中国 前206〜後25年
      セレブが好んだサルのモティーフ「化粧用壺」水晶 エジプト 前15〜前13世紀頃  など
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12062] 【東京】宮内庁三の丸尚蔵館/大礼―慶祝のかたち 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/10/31(Thu) 00:14:06  

     皇居内の宮内庁三の丸尚蔵館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=1で開催中の展示を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆第85回展覧会「大礼―慶祝のかたち」第2期:11/2(土)〜12/8(日)
             第3期:12/14(土)〜令和2年1/19(日)
         月・金休館(祝日の場合は翌日)展示替え12/9〜12/13休館、
              年末年始(12/28〜1/3)
         午前9時〜午後3時45分(入館は3時30分まで)
     
     御即位に関する一連の儀式をまとめて大礼と呼び、大正4年(1915)と昭和3年(1928)に行われた大礼に際しては,儀式の調度や祝賀の献上品などの美術品が皇室に伝えられた。本展では館蔵の、慶祝の品々の中から、当時の美術の特質や時代の様子を伝える作品、御即位にちなむ鳳凰や菊,桐などの吉祥のモチーフが表された作品を紹介。
     大正度の大礼は近代、国家的行事として行われた初めての大礼。昭和度の大礼は関東大震災の復興に重なり、帝都復興の様子は献上の屏風にも描かれた。また、外国との交際が一層深まり各国から贈進品がもたらされたことも大きな特色。皇室においても大礼記念の美術品の製作を作家に依頼されたことも注目される。本展を通じて,大礼を慶祝する伝統的な美のかたちに親しみ、御即位を寿ぐ機会にする。
    <第2期>満洲大連窯業工場《菊桐鳳凰文ガラス花瓶》 昭和3年(1928)南満洲鉄道株式会社より献上
    御木本幸吉 《瑞鳳扇》 昭和3年(1928) 三重県より献上
    <第3期>平福百穂 《玉柏》 昭和3年(1928) 香淳皇后より昭和天皇へ御贈進
    大島如雲 《菊折枝置物》 昭和3年(1928) 昭和天皇より香淳皇后へ御贈進 など
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12061] 【東京】国立西洋美術館/ハプスブルク展 600年にわたる帝国コレクションの歴史 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/10/31(Thu) 00:13:00  

     上野公園の国立西洋美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=128
    で開催中の特別展を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆日本・オーストリア友好150周年記念
    「ハプスブルク展 600年にわたる帝国コレクションの歴史」〜令和2年1/26(日)
       月曜休館(祝日の場合は翌日)12/28(土)〜1/1(水・祝)
       開館時間:午前9時30分〜午後5時30分(11/30を除く金土は8時まで、入館は閉館の30分前まで)
       当日:一般1700円 大学生1100円 高校生700円 中学生以下は無料。
          心身に障害のある方および付添者1名は無料(要障害者手帳提示)

     13世紀後半にオーストリアに進出後、広大な帝国を築き上げたハプスブルク家。15世紀以降は神聖ローマ皇帝の位を独占し、16-17世紀にはスペイン・ハプスブルクがアジアやアフリカ、南アメリカにも領土を有し「日の沈むことのない帝国」となった。神聖ローマ帝国の解体後は、オーストリア帝国を統治し、数世紀にわたって広大な領土と多様な民族を支配し続けた欧州随一の名門で、世界屈指のコレクションを築いたことでも知られる。その主要部分は、オーストリア=ハンガリー二重帝国「最後の皇帝」ことフランツ・ヨーゼフ1世が1891年に開館したウィーン美術史美術館の礎となった。本展では、同館の絵画、版画、工芸品、タペストリー、武具などのコレクションを紹介し、ハプスブルク家の人々や、当時の宮廷生活の紹介も行い、時代ごとに収集の特色も解説。
      ディエゴ・ベラスケス《青いドレスの王女マルガリータ・テレサ》1659年
      マリー・ルイーズ・エリザベト・ヴィジェ=ルブラン《フランス王妃マリー・アントワネットの肖像》1778年
      マルティン・ファン・メイテンス(子)《皇妃マリア・テレジアの肖像》1745年-50年頃
      ヨーゼフ・ハインツ(父)《神聖ローマ皇帝ルドルフ2世の肖像》1592年頃   など

    講演会:講堂(地下2階)にて、午後2〜3時30分
      定員各回先着130名、要入館券、当日12時よりインフォメーションにて1人1枚聴講券配付。
    11/30(土)「世界支配者はなぜ美術品を蒐集したのか―芸術コレクションにみるハプスブルク家の横顔」
            山之内克子氏(神戸市外国語大学教授)
    1/11(土)「ハプスブルク家のコレクション―神聖ローマ皇帝ルドルフ2世を中心に」
            中田明日佳氏(国立西洋美術館主任研究員)

    スライドトーク:講堂(地下2階)にて、午後6時〜30分
      定員各回先着130名、要入館券、直接講堂へ(開場は開演の30分前)
    11/8(金)12/6(金)1/17(金)解説者:今野佳苗氏(本展覧会アシスタント)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12060] 【近現代史社会】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/10/30(Wed) 21:56:05  

     新たな近現代史や社会問題の展示を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて、ご訪問にご利用ください。

    【北海道】
    美幌博物館・美幌農業館
     ☆企画展「交通安全ポスター作文展」11/1(金)〜11/24(日)
     ☆ロビー展「小さなごみも見逃さない!マイクロプラスチックを探せ!」11/16(金)〜令和2年3/31(火)


    【青森】
    青森県立三沢航空科学館,☆「ゼロ戦21型・十和田湖旧日本陸軍機展示」〜令和2年3/31(火)

    【福島】
    三春町歴史民俗資料館,☆秋季特別展「武士の時代の終わりー三春藩から三春県へ」〜12/1(日)

    【埼玉】
    八潮市立資料館,☆開館30周年記念第43回企画展「田中四一郎―自治の権化と呼ばれた男」〜12/22(日)

    【千葉】
    松戸市戸定歴史館,☆企画展「1867年万博使節団の明治〜サムライたちの選択」〜12/22(日) 
    国立歴史民俗博物館,☆「ハワイ:日本人移民の150年と憧れの島のなりたち」〜 12/26(木)
    八千代市立郷土博物館,☆企画展「戦争の記憶〜太平洋戦争と八千代・房総〜」 〜11/24(日)
    袖ケ浦市郷土博物館,☆企画展II「幕末維新の袖ケ浦ーおらがの慶応4年ー」〜12/15(日)

    【東京】
    昭和館,☆開館20周年記念写真展「昭和の世相〜写真が語る戦中・戦後〜」〜12/15(日)
    国立新美術館,☆「ここから4―障害・表現・共生を考える5日間」12/4(水)〜12/8(日)
    在日韓人歴史資料館,☆ミニ企画「踏みにじられた独立運動家 尹奉吉」〜12/27(金)


    【神奈川】
    神奈川県立公文書館
     ☆令和元年度ミニ展示・ハーデー翁没後100年記念「もうひとつの金河奇勝ものがたり」〜令和2年3/31(火)
    西田幾多郎記念哲学館,☆企画展「京都大学の西田幾多郎」〜令和2年3/22(日)


    【滋賀】
    東近江市近江商人博物館・中路融人記念館,☆「近江商人の里の女子教育ー下田歌子から塚本さとへー」〜12/1(日)

    【大阪】
    大阪大谷大学博物館
     ☆2019年度秋季特別展「教育におけるユニバーサルデザイン(UD)
       −使える!わかる!つながる!−」〜11/19(火)<期間中の土曜日は午後も開館>
    パナソニックミュージアム
     ☆松下幸之助歴史館企画展「伝える情熱<3部作>」
      第3部「給料袋が運んだ理念―従業員一人ひとりに伝えたこと―」〜11/23(土)
     ☆ものづくりイズム館企画展「スポーツとパナソニック〜最高のプレーを、最新のソリューションで。〜」〜令和2年1/18(土)

    【福岡】
    福岡アジア美術館,☆「平和祈念展 in 福岡〜みらいへ伝える体験者の記憶〜」11/21(木)〜11/26(火)

    【佐賀】
    佐野常民記念館,☆今上天皇御即位記念企画展「菊と簪 昭憲皇太后、有栖川宮と佐野常民」〜11/17(日)
    有田町歴史民俗資料館・有田焼参考館,☆令和元年度企画展「わがまちアリタの平成史」11/9(土)〜12/15(日)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                      明日香 光二/馬場 英明


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 暗証キー

    - Web Forum -
    - Antispam Version -