ほっとミュージアム 談話室
[ホームへもどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 発言サイズは画像も含めて130KBまで、URLは20個までです。
  • その他[留意事項]を良くお読みの上ご利用ください
  • 新規紹介用 でワード検索すると、フォーマット発言が開きます

  •   [No.11961] 【兵庫】白鹿記念酒造博物館/名場面 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/09/22(Sun) 00:01:22  

     西宮市の酒ミュージアム(白鹿記念酒造博物館)http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=65で開催中の展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆秋季特別展「名場面」〜11/25(月)
        火曜休館(10/22(火・祝)開館、23(水)は休館)
        入館料金:一般500円 小中生250円
              (10/16(水)は「記念館」展示替えのため「酒蔵館」のみ開館)
     歴史上の人物にまつわる逸話や、日本や中国で古くから伝わる物語は、歌舞伎や演劇などあらゆる作品で取り上げられてきました。本展では、逸話や物語の名場面を描いた作品を紹介し、名場面の表現ぶりを見る。
        「龍虎図」勝部如春斎
        「汝陽逢麹車」菅楯彦
        「鉢木」小林清親
        歌舞伎十八番之内「勧進帳」落合芳幾      

    ☆酒資料室「酒蔵館築150周年記念 明治の酒蔵」〜11/25(月)
    ☆酒蔵館小ホール写真展「皇室と酒蔵」〜11/25(月)

    西宮酒ぐらルネサンス:10/5(土)6(日)酒蔵館入館無料
     酒蔵館にてNagisa Art Dance Co.によるダンスイベント
          甲南大学文化会JAZZ研究会による演奏  など
     酒蔵館築150周年記念「明治の酒蔵」スペシャルガイドツアー:午後1時30分〜2時30分
       (記念館は一般300円 小中生200円)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11960] 【愛媛】坂の上の雲ミュージアム/『坂の上の雲』にみる俳句 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/09/21(Sat) 20:42:59  

     松山市の坂の上の雲ミュージアムhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=38&c=5で開催中の企画展を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆第13回企画展「これがあ、し、の空じゃ。 ー『坂の上の雲』にみる俳句ー」〜令和2年2/13(木)
        月曜休館(祝日の場合は翌日)
        入館料金:一般400円 高校生・65歳以上200円 中学生以下無料 
    小説『坂の上の雲』に登場する伊予松山生まれの三人の主人公のひとり・正岡子規も同時代の若者と同様、東京への憧れを抱き東京大学予備門にすすむ。しだいに文芸に魅了され、創作や研究に没頭するが、不治の病である肺結核を患い、病に苦しみながらも生きることや表現すること、「俳句復興の松明になる」ことを決意。
    「病牀六尺、これが我世界である。しかも此六尺の病牀が余には広過ぎるのである。」(『病牀六尺』明治35年5月5日)本展示では、子規の「たたかい」を、病床六尺の世界を中心にたどる。
      子規画「床の間写生図」
      子規旧蔵「一本足の蛙の置物」と「ガラス製のカップ」
      子規が批評を入れた句会稿「はれの日」
      子規俳句短冊「猩臙脂に何まぜて見むほたんかな」
      子規作「蕪村寺再建縁起」(『ほとゝぎす』4巻4号より)
      子規自画像  など
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11959] 【東京】山本有三記念館/山本有三 翻訳ものの世界 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/09/21(Sat) 20:41:51  

     三鷹市山本有三記念館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=288で開催中の展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆企画展「山本有三 翻訳ものの世界」令和2年3/8(日)
       月曜休館(休日の場合は開館し、休日を除く翌日・翌々日が休館)
       入館料金:一般300円
            中学生以下、障害者手帳持参の方と介助者無料
     山本有三が、東京帝国大学を卒業後、新派三角同盟一座の座付き役者として活動したが
    、役者に対する作者の無力を感じた作家としての雌伏期に、手掛けたストリンドベリ、シュニッツラーといった外国文学の翻訳から、どのような要素を吸収し、有三らしさを確立するに至ったかを探る。『死の舞踏』(大正5年)『情婦殺し』(大正15年)といった若き日の翻訳作品や「心に太陽を持て」の原稿、有三の芸術感がうかがえる随筆の初出誌等様々な資料をたのしむ。

    ガイドボランティア:土日祝の午後1〜4時、事前予約不要

    秋の朗読会:11/3(日・祝)午後6〜7時30分、定員35名、要入館券、要申込
      瀬戸口 郁氏(文学座)
    申込方法:往復ハガキに(1)参加者氏名(2名まで)(2)代表者の住所・電話番号
     (3)何を見て応募したか (4)返信用ハガキに宛先  を記入して、 
      山本有三記念館「朗読会係」 10/11(金)必着、1人1応募のみ、応募多数の場合抽選
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11958] 【宮城】仙台文学館/斎藤茂吉―そのひとすぢの道 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/09/21(Sat) 20:41:01  

    仙台文学館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=04&c=4で開催中の特別展を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆特別展「斎藤茂吉―そのひとすぢの道」前期:〜10/22(火)
                  後期:10/25(金)〜11/24(日)
        月曜休館(祝日は開館)9/24(火)9/26(木)10/23(水)10/24(木)11/5(火)休館
        入館料金:一般800円 高校生460円 小中生230円(各種割引あり)

    かがやけるひとすぢの道みち遙はるけくてかうかうと風かぜは吹ふきゆきにけり(『あらたま』)

     明治15年、現在の山形県上山市に生まれた斎藤茂吉は、上京後、精神科医師・院長のかたわら短歌に励み、70歳で死去するまで短歌1万7千余首・歌集17冊を残して近代短歌を文学の一ジャンルと認識させた。また膨大な研究書、随筆、エッセイなど独特の魅力ある散文を書き、書にも優れ、絵も描いた、傑出した歌人というだけでなく、総合的な「文人」として、日本近代文学に屹立する。性格、言動が個性的でおかしみをも生む、その文学と生涯を見渡して、あらためて斎藤茂吉の魅力に触れる。

    講演会:10/14(月・祝)午後1〜2時30分、2階講習室、要入館券半券
    「どくとるマンボウ家のてんやわんや」斎藤由香氏(北杜夫氏長女・エッセイスト)
    定員100名(抽選)、9/28(土)必着

    申込方法:往復はがきに、イベント名・氏名・電話番号を明記して仙台文学館へ郵送。はがき1枚につき1名、1イベントの申し込み。

    学芸員による展示解説:10/6(日)11/4(月・振)各日午前11時〜正午
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11957] 【高知】県立文学館/言葉のチカラ、声の魔法展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/09/21(Sat) 20:39:53  

     高知城下の高知県立文学館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=39&c=3で開催中の展示を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆企画展「言葉のチカラ、声の魔法展」〜11/17(日)
        会期中無休
        入館料金:一般500円 高校生以下無料
             身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、戦傷病者手帳および被爆者健康手帳
              をお持ちの方と介護者1名、高知県・市長寿手帳をお持ちの方無料

     言葉は文学に欠かせないものですが、「本を読む」ことはただ文字情報だけを取り入れているのではなく、文章から発生する言葉の響き・パワー・温度といった“言葉の生命力”に触れている。本展では「言葉」をテーマに、「声」「音」「デザイン」といったさまざまな角度から「言葉の力」を検証する。
    [言葉を楽しもう!]読書の歴史、読書の効能、高知の文豪のカッコイイ文章などを紹介。
    [ひろがる文学表現]言葉をあやつりイマジネーションを広げる、タイポグラフィー、回文、点字、手話
    [表現のプロフェッショナル!声優のお仕事]高知県出身の島本須美さん、小野大輔さんによる匠の仕事

    クイズイベント:9/22(日)23(月・祝)11/17(日)午前9時〜午後4時申込不要

    朗読の会「魔法のひとときをあなたに」10/19 (土) 午後2〜4時 1Fホールにて、申込不要、無料

    まんさいコラボイベント!11/2(土)3(日)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11956] 【東京】中村屋サロン美術館/荻原守衛展 彫刻家への道 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/09/21(Sat) 20:39:02  

     新宿の中村屋サロン美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=104で開催中の展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆生誕140年・中村屋サロン美術館開館5周年記念
      「荻原守衛展 彫刻家への道」前期:〜10/29(火)
                後期:11/1(金)〜12/8(日)
          火曜休館(10/22(火・祝)29(火・開館記念日)は開館 )
          開館時間:午前10時30分〜午後7時(入館は6時40分まで)
          入館料金:300円 高校生以下無料(高校生は学生証)
               障がい者手帳呈示者および同伴者1名は無料
               リピート割引(会期中に当企画展の半券を提示すると入館料から100円割引)
     日本近代美術史に名を刻む「中村屋サロン」の中心人物、「日本近代彫刻の父」とも呼ばれた荻原守衛。荻原は少年のころ、信州安曇野の中村屋創業者・相馬愛蔵宅にあった長尾杢太郎の《亀戸風景》を目にして画家を目指した。パリのサロンで出会ったロダンの《考える人》に感銘を受け彫刻家への道を歩み、後の中村屋サロンを形成する芸術家たちと交流を深めた。石膏原型が日本近代彫刻として初めて重要文化財に指定された、絶作「女」を生み出すまでの荻原の軌跡を、 師事したロダンや親交を結んだ芸術家たちの作品と共に展示し、荻原芸術の真髄に迫る。
     荻原守衛《坑夫》1907年
           《病める児》1910年頃
           《人体デッサン》ニューヨーク時代
           《北條寅吉像》1909年
       オーギュスト・ロダン《「影」の頭部》
                 《考える人》1860年
       斎藤与里《法々華経》1909年
       戸張孤雁《猫》1909年
       高村光太郎《腕》1918年
       柳敬助《荻原守衛肖像》1910年頃 など
    ギャラリートーク:10/12(土)11/9(土)午後2時〜50分

    荻原守衛生誕140年企画記念公園(食事つき)12/1(日)午前10時〜午後1時30分頃
    「荻原守衛と日本近代彫刻(仮称)」古田亮氏(東京藝術大学大学美術館准教授)
     新宿中村屋Granna(新宿中村屋ビル8F)定員24名(応募者多数の場合抽選)参加費3000円(入館券付き)
     申込方法:住所、氏名、電話番号、参加人数(1枚で2名まで)をハガキに記入して
      〒160-0022 新宿区新宿3-36-13新宿中村屋ビル3階 中村屋サロン美術館 荻原守衛展講演受付係
         TEL03-5362-7508
      締切10/31(木)消印有効 抽選結果は11/7(木)までにハガキを発送
         当選後のキャンセル連絡は11/25(月)までに
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11955] 【愛知】名古屋市博物館/治水・震災・伊勢湾台風[9/21(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/09/20(Fri) 20:19:12  

     桜山の名古屋市博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=23&c=28
    で明日9/21(土)から開催される特別展を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆特別展 伊勢湾台風60年事業「特別展 治水・震災・伊勢湾台風」9月21日(土曜)から11月4日(月曜・休日)
          月曜休館(祝日の場合は翌日)
          入館料金:一般300円 常設との共通料金400円 大学生以下と市内在住の65歳以上無料(要証明)
                   高大生・市内在住の65歳以上の方が常設展に入場される際は、別途料金が必要
               障害のある方は手帳、難病患者の方は受給者証の提示により本人と介護者2人無料     
               名古屋市交通局のドニチエコきっぷ・一日乗車券を利用して来館された方は50円割引。   
     伊勢湾台風から60年の節目を迎え、濃尾平野では、歴史上どのような災害が起きたか、どのように災害と向き合ってきたか。本展では、災害に関わる社会の動き、特に「開発と環境」「被災者支援の担い手」という2つの要素を軸に、濃尾平野を襲った歴史災害に迫る。 
       謎の巨大絵図から尾張藩の水害対策を探る。  玉野川筋上川内禿地絵図面 文化10年(1813) 
       サムライジャーナリストの水害ルポ。高力猿猴庵『安永洪水図』安永8年(1779)
       南海トラフ地震発生!その時尾張藩はどう動いた?《宮の津に旅人津波を懼る図》『安政見聞録』安政3年(1856)
       近代日本が直面した最初の大水害 明治廿四年十月廿八日大地震図 明治24年(1891)など

    シンポジウム「災害と文化財・地域文化」 9/21(土) 地下1階講堂にて、午後1時30分〜3時(開場1時)
           当日9時30分より整理券を展覧会会場入口で先着順に配布(1名につき1枚)定員220名、無料

    シンポジウム「災害史を学ぶ」9/28(土)1階展示説明室にて、午後1時30分〜3時(開場1時)当日先着100名、無料
       名古屋市図書館司書・名古屋市博物館学芸員

    連続講座:鈴木雅氏(学芸員)1階展示説明室にて、午後1時30分〜2時30分(開場1時)当日先着100名、無料
    (1)9/23(月・祝)「伊勢湾台風」 
    (2)10/19(土)「江戸時代の治水」 
    (3)11/3(日・祝)「転換期の震災」

    防災ワークショップ「非常時に役立つ!「紙食器」作り&牛乳パックDEホイッスル!」
     10/14(月・祝)午前10時〜午後3時 随時受付・実施 1階展示説明室  参加無料

    起震車がやってくる:10/14(月・祝)午前9時30分〜正午 定員50組(1組4名程度まで)
     博物館駐車場にて(天候等により中止になる場合あり)参加無料、9時30分より会場にて整理券配布
     (未就学児の参加には保護者の同伴が必要)

    防災クイズラリー: 会期中(9/21〜11/4)1階特別展示室 入館料のみ

    放水訓練体験:10/14(月・祝)午前10時〜正午 博物館庭園付近にて(天候等により中止になる場合あり)無料
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11954] 【東京】三鷹市美術ギャラリー/太宰治 辻音楽師の美学[9/21(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/09/20(Fri) 20:18:00  

     JR三鷹駅直結の三鷹市美術ギャラリーhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=284で、明日9/21(土)から開催される展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆太宰治生誕110年特別展「辻音楽師の美学」9/21(土)〜10/20(日)
       月曜休館(9/23、10/14は開館、9/24(火)25(水)、10/15(火)16日(水) 休館)
       入館料金:一般500円
            「東京・ミュージアムぐるっとパス2019」
            中学生以下、障害者手帳をお持ちの方と介助者は無料

     明治42(1909)年6月19日に青森県北津軽郡金木村(現五所川原市金木町)に生まれ、昭和14(1939)年9月から昭和23(1948)年6月に亡くなるまでの、疎開期間を除いた約7年半を<三鷹村(町)下連雀一一三>で暮らした太宰治(本名・津島修治)。生涯の作品の大半が自宅の書斎や駅周辺の仕事部屋で書かれ、三鷹が舞台になった作品も多く、太宰にとって三鷹が、妻子と過ごした地であると同時に、作家として創作の地であったことを物語る。本展では、自らを〈辻音楽師〉と称した太宰の信念とその生きざまに迫る。
     太宰研究の第一人者である山内祥史氏の蒐集資料や、太宰治と文豪たちとの関係性を見る自筆資料、三鷹ゆかりの写真家・田村茂によって撮影された肖像写真全作品等を見る。

    関連記念講演会:10/5(土)三鷹ネットワーク大学(三鷹駅前協同ビル3階)午後2〜3時30分(1時30分開場)
    「太宰史に刻まれた文豪との日々 ―佐藤春夫・川端康成・志賀直哉―」安藤 宏氏(本展監修、東京大学教授)
    定員100人 往復はがきで申込(9/26(木)必着、応募者多数の場合は抽選)要入館券(半券可)
    申込方法:往復はがきに、氏名、住所、電話番号、返信用はがきに宛先をご記入の上、
         〒181-0013 東京都三鷹市下連雀2-12-27 三鷹市山本有三記念館
        「太宰治生誕110年記念講演会係」宛(1人1通のみ。はがき1枚につき1名)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11953] 【熊本】市現代美術館/きっかけは「彫刻」[9/21(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/09/20(Fri) 20:16:29  

     熊本市現代美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=43&c=4で明日9/21(土)から開催される展覧会を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆2019年度国立美術館巡回展「東京国立近代美術館所蔵品展
     きっかけは「彫刻」。―近代から現代までの日本の彫刻と立体造形」9/21(土)〜11/24(日)
       火曜休館(10/22(火祝)は開館し、翌日休館)
       午前10時〜午後8時(展覧会入場は7時30分まで)
       入館料金【企画展・CAMKコレクション展との共通観覧料】
          一般:1,000(800)円 シニア(65歳以上):800(600)円  学生(高校生以上): 500(400)円
          中学生以下: 無料
           ( )内は20名以上の団体
            /各種障害者手帳(身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、被爆者健康手帳等)と付添者1名
            電車・バス1日乗車券、JAF会員証、緑のじゅうたんサポーター証
          10/12(土)は開館記念日のため無料。

     本展は「彫刻」という概念が誕生した明治期から、ロダンの影響、大正期から昭和初期の多様な展開、戦後の現代美術からの立体造形、近代日本彫刻史を踏まえ発展した現代彫刻までを、東京国立近代美術館のコレクションより、各時代を象徴する代表作から通観。近代日本に発生した「彫刻」という概念が、各時代を代表する作家達にどのような刺激を与え創造を促したのか、作家達は「彫刻」をどう解釈し、重きを置いて立体制作したのかを探る。
      高村光太郎 《手》1918頃
            《鯰》1926
      橋本平八 《幼児表情》1931
      平櫛田中 《鏡獅子試作頭》1938
      村岡三郎 《1954年7月》1954
      舟越保武 《原の城》1971
      赤瀬川原平 《患者の予言(ガラスの卵)》1962/94  など

    《 同時開催 》CAMKコレクション展 vol.6
    「きっかけは「彫刻」。―現代日本の彫刻と立体造形」9/21(土)〜11/24(日)
     
     館蔵の彫刻・立体作品群は、幕末から明治期の生人形を例外として、制作年が1990年以降のものがほとんどの、木材やブロンズ、ファブリックや鉄、FRPをはじめ多様な素材や新しい技術を用いて制作されたもの、活躍する女性作家のものなどを展示。

      草間彌生 《私の犬のリンリン》2009
      ひびのこづえ《白いフェルトの服(穴、三日月、トゲ、アコーディオン、うろこ)》1991
            《動物の頭(くま、さる、さい、ぞう、うま)》2009
      安本亀八 《相撲生人形》1890
      高嶺格 《God Bless America》2002
      吉野辰海 《大首》1992
      舟越桂 《不思議な話》1993
      藤本高廣 ZUBE 《ハンドル君》2010
      青木豊 《untitled》2009

    東京国立近代美術館学芸員による特別講演会:9/21(土)ホームギャラリーにて、午後2〜3時30分、無料
       大谷省吾氏(東京国立近代美術館美術課長)
    ギャラリー・ツアー:9/29、10/6、11/3、11/24(日)午後3時〜40分 予約不要
    プレママ+ファミリーツアー:9/28(土)午前10時30分〜11時10分 0〜6歳の子どもと妊娠中の方 と家族や友人
      定員7組(要電話予約)
    プレミアムナイトツアー:担当学芸員による:11/1(金)午後7時30分〜9時 ホームギャラリー集合
      定員40名事前申し込み、入館券のみ
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11952] 【岡山】井原市立田中美術館/没後40年 平櫛田中[9/20(金)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/09/20(Fri) 00:00:25  

     井原市立田中美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=33&c=48
    で9/20(金)から開催される展示を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆開館50周年記念特別展「没後40年 平櫛田中 美の軌跡」9/20(金)〜11/10(日)
       月曜休館(祝日の場合は翌日)
       開館時間:午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
            9/20は、午前10時40分頃から開館

       入館料金:一般800円 高校生以下無料
            11/3は開館50周年記念で無料公開日
     日本近代彫刻史に大きな足跡を残した井原市出身の彫刻家・平櫛田中。明治30年(1897)に上京した平櫛田中は、高村光雲門下の彫刻家たちと交流を深め、岡倉天心の感化も受けながら、独自の芸術を模索。大正3年(1914)の再興第1回日本美術院展覧会に参加し以後、院展彫刻部(のち彫塑部)の主力作家として、《転生》や《鏡獅子》などの代表作を発表。西洋彫塑の影響を受けた初期の写実的な作風から、日本東洋の古美術に学んだ木彫の世界を開拓。平櫛田中の没後40年、井原市立田中美術館の開館50周年という節目の年に木彫作品を中心に、ブロンズや石膏原型など、国内にある代表的な作品約80点を一堂に。
       唱歌君が代 1901年
       降魔 1922年
       馬郎婦菩薩像 1935年

    記念講演会:10/5(土)午後1時30分〜3時、井原市民会館 鏡獅子の間(申込・聴講料不要)
    「平櫛田中の生涯と芸術の魅力」藤井明氏(小平市平櫛田中彫刻美術館学芸員)

    ギャラリートーク「平櫛田中を知る」10/19(土)11/2(土)2〜3時
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 暗証キー

    - Web Forum -
    - Antispam Version -