ほっとミュージアム 談話室
[ホームへもどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 発言サイズは画像も含めて130KBまで、URLは20個までです。
  • その他[留意事項]を良くお読みの上ご利用ください
  • 新規紹介用 でワード検索すると、フォーマット発言が開きます

  •   [No.11911] 【兵庫】龍野歴史文化資料館/西宮山古墳の御宝  投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/09/05(Thu) 00:10:34  

     たつの市立龍野歴史文化資料館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=152で開催中の展示を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「はじめての里帰り 西宮山古墳の御宝」〜10/27(日)
        月曜休館(祝日の場合は翌日と翌々日)
        入館料金:一般200円 65歳以上100円 学生100円
             「関西文化の日」のため9/23(月・祝)は無料
     西宮山古墳(龍野町日山)は全長35m、6世紀中頃に築かれた前方後円墳で、昭和29年に龍野高校の運動場拡張に伴う発掘調査で、高校生も加わった発掘作業で横穴式石室から出土した遺物は、京都国立博物館が収蔵した。鏡や装飾付き須恵器、金製品、馬具、装身具、武器などの、揖保川流域の古墳を代表する豊富な出土品をはじめて一括公開。
       金の耳飾り
       須恵器の装飾人形「力士と行司」
       装飾付き須恵器
       ガラス製丸玉   など
       
    展示解説9/14(土)「黄泉の国ー姥塚古墳と西宮山古墳ー」午後2時〜

    ミュージアムトーク:9/21(土)午後2時〜 申込不要
     「西宮山古墳の出土品」古谷 毅 氏(京都国立博物館学芸部主任研究員)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11910] 【長野】県立歴史館/戦国 小笠原三代[9/7(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/09/05(Thu) 00:07:30  

     千曲市 科野の里歴史公園の長野県立歴史館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=20&c=118で9/7(土)から開催される展覧会を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆開館25周年記念 秋季企画展「戦国 小笠原三代ー長時・貞慶・秀政−」9/7(土)〜10/14(月・祝)
        月曜休館(祝日の場合は翌日)
        入館料金:本展のみ 一般300円 大学生150円
         常設展との共通券 一般500円 大学生250円
           障がい者手帳などの交付を受けている人と介護者は無料
     松本藩主を二度務めた小笠原秀政(1569-1615)の生誕450年目に当たる。戦国から近世へと時代が変わり武田家は滅び、追放された小笠原家は大名家として繁栄し、しかも礼法「小笠原流」は今日まで脈々と息づく。この名家は、激動のさなかにいかにして生き抜くか、「武」の側面だけでなく、一族間のネットワークの構築、膨大な故実を結集した「知」という観点から読みとく。没落した守護家を再興させ地位を磐石のものとした「小笠原家」の実像に迫る。

    講演会・講座:会場は講堂にて、午後1時30分〜3時(受付0時30分から、先着220名)

    館長講演会9/14(土)「塩尻峠の合戦ー長崎と信玄の運命を決した戦いー」笹本正治氏(館長、信州大学名誉教授)
    開館25周年記念講演会10/13(日)「小笠原氏の軌跡ー小笠原は将軍になれたのかー」
                      本郷和人氏(東京大学史料編纂所教授)午前11時から整理券配布
    講座「小笠原氏の武と知」連続講座:村石正行氏(専門主事・学芸員)
    第1講座9/21(土)「小笠原長時のネットワーク 信濃から京都・越後・会津へ」
    第2講座9/28(土)「小笠原家を中興した貞慶 信長・秀吉・家康との係わりから」
    第3講座10/5(土)「飯田藩・松本藩時代の小笠原秀正 信長と家康の孫婿として」
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11909] 【兵庫】姫路市書写の里・美術工芸館/兵庫県工芸美術作家協会[9/7(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/09/05(Thu) 00:06:24  

     姫路市書写の里・美術工芸館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=40で、9/7(土)から開催される展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆開館25周年・特別展示「兵庫県工芸美術作家協会 姫路展」9/7(土)〜9/29(日)
        月曜休館(祝日の場合は翌日)
        入館料金:一般300円 高大生200円 小中生50円
           身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた方と介護者1名
           姫路市内在住の65歳以上の方は無料

     兵庫県工芸美術作家協会が例年神戸市において開催する陶芸、染織、ガラス、皮革、漆芸、人形の、会員および公募展。2019年6月に神戸市で開催された本展を姫路市でも巡回展として開催。
     第57回 兵庫県工芸美術作家協会会員大賞 西島玲(染織)「空」
     第57回 神戸新聞社大賞 清水昌義(陶芸)「葡萄文皿」
     第57回 N氏賞 鍛治ゆうこ(陶芸)「飛らり」  など

    七輪陶芸教室「我盃(わがはい)と耳皿(みみざら)を作る」9/23(月・祝) 午前10時〜午後4時
    川西幹雄氏(陶芸作家)2,000円、定員10人 竹林工房・芝生広場にて
    9/12(木)までに往復はがきか応募専用サイトで申し込み。応募多数の時は抽選。


    出品作家によるギャラリートーク:午後2〜3時
     9/15(日)山本和子氏(染織作家)
     9/22(日)市野元和氏(陶芸作家)

    呈茶席「出品作家の茶碗でお茶をいただく」9/15(日)午前10時〜午後4時 茶室「交流庵」にて
     茶道裏千家淡交会西播磨青年部 茶券代500円(主菓子付)当日先着100席
    兵庫県工芸美術作家協会姫路展/出品作家によるギャラリートーク

    珈琲サロン「器と織を楽しむ」9/22(日)午前10時〜午後4時
     喫茶代300円(小さなお菓子付)茶室「交流庵」にて、当日先着50杯
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11908] 【福島】県立博物館/どうぶつの考古学[9/7(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/09/05(Thu) 00:05:32  

     会津若松市の福島県立博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=07&c=5で9/7(土)から始まる展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆秋の企画展「あにまるず ANIMAL × Zoo ―どうぶつの考古学―」9/7(土)〜11/17(日)
        月曜休館(祝日の場合は翌日、9/24(火)は開館)
        入館料金:一般・大学生700円 高校生以下無料
     人は動物の命をもらいながら、憧れや恐れも抱いて生き、時代によって地域によってそのような人と動物との関係は変化し、動物とのかかわりを示す様々なカタチの考古資料が全国から見つかる。本展では縄文時代から古墳時代の動物造形品や角や骨でつくった道具、アクセサリー等を集め、大昔のモノにこめられた意味や人と動物の関係を探る。
       彫刻されたシカの角 青森県寺下遺跡 縄文時代
       イノシシの顔の付いた縄文土器 東京都多聞寺前遺跡 縄文時代
       イルカの顎の骨で作った腰飾り 千葉県有吉南貝塚 縄文時代
       貝製の腕輪 茨城県広畑貝塚 縄文時代
       はにわのムササビ 千葉県南羽鳥正福寺遺跡 古墳時代
       鳥を冠するはにわ人 埼玉県岩鼻古墳群 古墳時代
       土器になったクマ 岩手県野原III遺跡 弥生時代
       人面装飾付き縄文土器 埼玉県西原大塚遺跡  など

    講演会(申込不要、無料)講堂にて

    9/14(土)「同位体人類学−ふくしま縄文人の食にせまる」米田穣 氏(東京大学総合博物館教授)午後1時30分〜3時30分
    10/12(土)「はにわの鳥から考える鳥と人とのつながり」賀来孝代氏((有)毛野文化財研究所 調査研究員)午後1時30分〜3時

    縄文笛コンサート(申込不要、参加無料)9/29(日)講堂にて、午後1時30分〜2時30分

    企画展記念×けんぱく映画会(申込不要、参加無料)10/20(日)講堂にて、午後1時30分〜3時30分
    「縄文にハマる人々」(山岡信貴 監督作品)

    ミニ講演会&実演(申込不要、参加無料)11/3(日・祝)講堂・中庭にて、午後1時30分〜3時
    「会津の空に鷹が舞う〜鷹狩りの歴史と鷹匠の技」みちのく愛鷹(はしたか)の会

    体験(要企画展チケット、申込不要)
    国史跡「清戸廹横穴」3次元クラウドデータアーカイブ VR体験
    11/1(金)〜11/10(日)午前9時30分〜午後5時(最終入場は4時30分)企画展示室 特設ブース

    展示解説会:9/7(土)21(土)10/6(日)22(火・祝)27(日)11/17(日)午後1時30分〜2時30分
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11907] 【兵庫】伊丹市美・工芸センター/ルート・ブリュック 蝶の軌跡[9/7(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/09/05(Thu) 00:04:11  

     みやのまえ文化の郷の伊丹市立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=84と伊丹市立工芸センターhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=86で共催の展覧会が9/7(土)から開催されます。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「ルート・ブリュック 蝶の軌跡」9/7(土)〜10/20(日)
       伊丹市立美術館・伊丹市立工芸センター
       月曜休館(祝日の場合は翌日)
       開館時間:午前10時〜午後6時(入館は5時30分まで)
       入 館 料:一般800円 高大生450円 小中生150円
       兵庫県内の小中学生はココロンカード提示にて無料
       4市1町(伊丹市・川西市・宝塚市・三田市・猪名川町)の高齢者割引有(平日は60歳以上、土日祝は65歳以上)
     ルート・ブリュック(Rut Bryk, 1916-99)はフィンランドの名窯アラビアで、初期の愛らしい陶板から膨大なピースを組み合わせた晩年の迫力あるモザイク壁画まで、幅広い作品を手がけた。本展は、約200点のセラミックやテキスタイルなどの多彩な仕事を日本で初めて網羅し、初期と後期でドラマティックに変わる作品の謎、伝統技術に裏打ちされた細やかな凹凸による動きなど、実物の作品を見る。
     《ライオンに化けたロバ》1957年
     《ヴェネチアの宮殿・リアルト橋》1953年
     《蝶》1957年
     《スイスタモ》1969年
     《都市》1958年
     《黄金の深淵》1969年

    ☆「鳴く虫と郷町」9/13(金)〜9/22(日)
     関連企画:Vari Cafe(ヴァリ・カフェ)
        9/21(土)正午〜午後8時(カフェのみ夜間開館 / 展覧会は6時まで)
      : 9/22(日)午前11時〜午後5時:伊丹郷町館 旧石橋家住宅1階(美術館隣接)

    ☆特別講座「色で学ぶハーブのパワー」9/22(日)午後5時〜(約50分)
    受講料2500円、要予約・定員先着15名(美術館072-772-7447まで申込)

    ☆上映会「ルート・ブリュック 蝶の軌跡」9/14(土)16(月祝)21(土)29(日)10/12(土)
       午前11時〜 午後4時に1時間毎開始、約60分/ 12:00〜 / 13:00〜 / 14:00〜 / 15:00〜 / 16:00〜
        1階講座室にて、申込不要(要当日観覧券)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11906] 【岐阜】県現代陶芸美術館/華めく洋食器 大倉陶園 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/09/04(Wed) 00:09:08  

     多治見市の岐阜県現代陶芸美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=21&c=27では、洋食器の展覧会が開催されています。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「華めく洋食器 大倉陶園100年の歴史と文化」〜11/4(月・振)
        月曜休館(祝日の場合は翌日)
        入館料金:一般900円 大学生700円 高校生以下無料
             障がい者手帳をお持ちの方と付添者1名無料
    大正8(1919)年に創設された大倉陶園は、日本を代表する洋食器メーカーとしてフランスのセーヴルやドイツのマイセンなど西洋の名窯にも比肩する高い品質の磁器を生み出した。その洋食器は、皇室をはじめ数多くの文化人や財界人、老舗ホテルやレストランでも供され、日本の洋風文化の一翼を担った。大倉陶園創立100周年の節目に開催される本展は、草創期から現在までの作品を通じ、その優れたデザインや品質を紹介するとともに、日本の洋食器文化における同園の役割を探る。創業当時など戦前の様子を伝える貴重な資料も展示。
     《貴賓用特別食器揃(満州国皇帝溥儀を迎えるに際し製作)》 昭和10(1935)年
     《鸚鵡》 昭和3(1928)年
     《色蒔デミタス碗皿》 昭和10-20(1935-1945)年
     《白磁金彩デミタスセット》 昭和4(1929)年
     《色蒔煙草セット》 大正15(1926)年
     《一本のバラ プレート》平成2(1990)年 など

    令和改元記念事業 コレクション展 「やきもののひかり」〜11/4(月・振)
    「コレクション・ハイライト」〜11/4(月・振)

    講演会:9/15(日)午後2〜3時30分、無料、プロジェクトルームにて
            要事前申込(電話 0572-28-3100・メール momca2019event@gmail.com)
    「富士屋ホテルと大倉陶園」北村雅之氏(富士屋ホテル総料理長)

    喫茶+解説「大倉陶園のうつわで楽しむティータイム」11/2(土)
    (1)午前11時〜正午 (2)午後2〜3時
     セラミックパークMINO レストランにて、各回20名 参加費 500円
     要事前申込(電話 0572-28-3100、受付開始:9/7(土))

    ギャラリートーク:当館学芸員による展示解説:9/8(日)10/27(日)午後2〜3時
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11905] 【京都】清水三年坂美術館/帝室技芸員の仕事 彫刻編 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/09/04(Wed) 00:08:08  

     清水三年坂美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=64で開催中の企画展を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆企画展「帝室技芸員の仕事 彫刻編」〜11/17(日)
        月火曜休館(祝日開館)/臨時休館有
        入館料金:大人800円 中高大生500円
     館蔵品のうち、帝室技芸員による作品を一堂に展示するシリーズで、石川光明(1852〜1913)と高村光雲(1852〜1934)の作品を中心に、彫刻分野の帝室技芸員による名品を見る。
     宮内省(現在の宮内庁)が技術と人柄に優れた当代の美術工芸家を選出し「帝室技芸員」に任命する作家の顕彰制度が発足した明治23年(1890)、ふたり同時に第一回帝室技芸員に任命されている。仏師として修業を積み生涯木彫一筋で制作を続けた光雲、牙彫を中心に木彫や彫漆にも取り組んだ光明。異なる姿勢で制作に取り組みともに近代彫刻界の発展に貢献した二人の作品。加えて、竹内久一(1857〜1916)や山崎朝雲(1867〜1954)の人物や動物の描写に発揮された妙技も紹介。
      《法師狸》高村光雲/高28.0cm
      《江口の遊君》高村光雲/径40.5cm
      《寒山拾得図手箱》石川光明/14.5×27.7×37.0cm(部分)
      《雛》石川光明/23.3×17.4cm

    学芸員によるギャラリートーク:9/16(月・祝)11/4(月・振)午前11時〜30分
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11904] 【島根】県立美術館/黄昏の絵画たち[9/4(水)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/09/03(Tue) 22:40:45  

     松江市の宍道湖畔の島根県立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=32&c=0で明日9/4(水)から始まる特別展を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆開館20周年記念展「黄昏の絵画たち 近代絵画に描かれた夕日・夕景」9/4(水)〜11/4(月・振)
         火曜休館(10/22は開館)
         10時〜夕日が沈んでから30分(10ー11月は午後6時30分、入館は閉館30分前まで)
         入館料金     企画展  企画展・コレクション展セット
             一般    1000円   1150円
             大学生    600円   700円
             小中高生   300円    300円
     過ぎ去った時への郷愁を誘い、繰り返す明日を予感させる夕日・夕景は、洋の東西を問わず人々の心を捉えた。
     西洋美術では、モネやルソーなどバルビゾン派の強い逆光表現から印象派の画家たちの光の表現まで、
     日本では、明治期に来日したフォンタネージがバルビゾン派的な逆光表現をもたらし、高橋由一らがその影響を受け、黒田清輝らの外光派の画家の夕景、「朦朧体」と呼ばれた菱田春草らの日本画、大下藤次郎らの水彩画、吉田博や川瀬巴水らの版画表現など、印象的な夕景が多く描かれた。宍道湖畔から眺める夕日が「日本の夕陽百選」にも選ばれている当館の開館20周年を記念して開催する本展で80作家約180点の作品を通じて、近代絵画に描かれた夕日・夕景表現の豊かな世界を紹介。
      ジョン・コンスタブル《ハムステッド・ヒースの木立、日没》1821年(展示期間:9/4-9/9)
      ジャン=フランソワ・ミレー《夕陽》1867年頃(後期展示:10/9-11/4)
      クロード・モネ《睡蓮》1907年(前期展示:9/4-10/7)
      アントニオ・フォンタネージ《沼の落日》1876-78年頃
      クロード・モネ《サン=タドレスの海岸》1864年
      高橋由一《芝浦夕陽》1877年
      和田英作《渡頭の夕暮》1897年
      菱田春草《暮色》1901年(展示期間:9/4-9/16)
      川瀬巴水《東京十二題 木場の夕暮》1920年(前期展示:9/4-10/7)
      萬鉄五郎《太陽の麦畑》1913年頃   など

    記念講演会:9/8(日)午後2〜3時30分(1時30開場)定員190名、当日先着順
    「黄昏と曙:絵画に描かれた太陽と月」藤田治彦氏(神戸芸術工科大学教授/大阪大学名誉教授)

    ギャラリートーク:9/7(土)9/28(土)10/12(土)午後2〜3時、企画展示室
    サンセットギャラリートーク:9/20(金)10/4(金)午後4〜5時、企画展示室

    連続美術講座「黄昏の絵画たち」午後2〜3時30分(1時30開場)定員190名、当日先着順
    〔西洋篇〕9/23(月・祝)
    〔日本篇〕10/19(土)  柳原一徳氏(専門学芸員/本展企画者)

    名画と旅する紅茶:展示作品にちなんだ世界各国の紅茶を楽しめるブース
    9/28(土)9/29(日)午後1〜3時、カフェスペースにて

    夕日色を科学する:光の実験、光に関係する簡単な工作:10/12(土)10時30分〜、午後3時30分〜(30分前開場/90分)
      講義室(各回30名)にて、日野武志氏(出雲科学館 講師)
      小学生以上対象(※小学3年生以下は保護者同伴)

    美術館キネマ(1)父と娘」(2000年/イギリス・オランダ/上映時間8分)美術館ホール(190席)
    マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット監督による、8分間の映像作品。
    邦題は「岸辺のふたり」(原題 Father and Daughter )
     9/16(月・祝)10時30分〜 11時30分〜 午後1時30分〜 午後2時30分〜(各回30分前開場)

    美術館キネマ(2)「風と共に去りぬ」(1939年/アメリカ/日本語吹替/上映時間3時間32分)
     9/22(日)第一部 10時30分〜 第二部 午後1時30分〜(30分前開場)美術館ホール(190席)

    サンセットロビーコンサート:10/13(日)午後4時〜約40分:JazzPopBand B.G.M.
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11903] 【京都】細見美術館/広重・北斎とめぐるNIPPON 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/09/03(Tue) 00:15:31  

     岡崎公園の細見美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=23で開催中の展示を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「レスコヴィッチコレクション 広重・北斎とめぐるNIPPON」〜10/20(日)
        月曜休館(祝日の場合は翌日)
        開館時間:午前10時〜午後6時(9/5(木)は8時まで、入館は閉館30分前まで)
        入館料金:一般1500円 学生1000円
             障がい者の方は、障がい者手帳などの提示で団体料金
            京都国立近代美術館・京都市京セラ美術館と相互優待:双方の観覧券提示で割引料金に
     パリ在住のポーランド人コレクター、ジョルジュ・レスコヴィッチ氏の浮世絵コレクションで注目すべきは、江戸と京をむすぶ中山道を主題とした「木曾街道六拾九次」。そのシリーズ全てが初摺という溪斎英泉、広重による貴重な作品を展観。さまざまな名所絵で昔も今もかわらぬ人気スポットをめぐり、春信や歌麿の美人画、写楽の役者大首絵などの粋な江戸の雰囲気を味わう。

    第1章 レスコヴィッチコレクションを愉しむ
     喜多川歌麿「児戯意乃三笑 恵恩芳子」
     重要美術品 仲安真康 「虎渓三笑」

    第2章 名所絵でめぐるNIPPON
     渓斎英泉「木曾街道六拾九次之内 桶川」
     歌川広重「木曾海道六拾九次之内 洗馬」
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11902] 【栃木】とちぎ蔵の街美術館/栃木の竹工芸家 齋藤文石[9/3(火)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/09/02(Mon) 23:44:45  

     とちぎ蔵の街美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=09&c=8
    で明日9/3(火)から開催される地元の工芸の展示を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆企画展「栃木の竹工芸家 齋藤文石」9/3(火)〜10/20(日)
       月曜休館(祝日の場合は翌日)
       入館料金:一般(高校生以上)500円 中学生以下は無料
          身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳所持者と介護者1名は無料
     1910(明治43)年に現在の栃木県栃木市に生まれた竹工芸家・齋藤文石(1910-1991年)は飯塚琅かん齋(「かん」は王へんに干)に入門し、独立・帰郷すると彫刻家・版画家の鈴木賢二や日本画家・南摩朱鳥らと本市の文化の向上に力を注ぐ。1949年から約20年間、栃木県工芸指導所(現在の栃木県産業技術センター)に勤務し、竹の研究や竹製品の考案、竹の編組技法を後進に伝えた。本展は、齋藤の初期から晩年を約40点の作品と資料から振り返り、師・飯塚琅かん齋とその長兄・二代鳳齋、そして齋藤の教えを受けた竹工芸家・重要無形文化財「竹工芸」保持者、勝城蒼鳳の作品など約20点もあわせて展覧。
      《かけ花籃 銘 華厳》1965年
      《花籃 渦潮》1978年頃
      《花籃 銘 慈光》1943年
      《サービス盆》1955年頃

    竹工芸家によるギャラリートーク:9/14(土)午後2時〜(60分程度)
       大木淑恵氏(竹工芸家)

    竹のワークショップ「竹編みのコースターをつくろう!」:9/28(土)午前10時〜(150分程度)
     佐川素峯氏(竹工芸家)観光館2階多目的ホールにて(栃木市万町4-1)
     小学5年生から一般対象 参加費:1人500円(材料費込み)
     定員10名(9/3から電話申込受付先着順)とちぎ蔵の街美術館(0282-20-8228)へ電話で

    記念対談:10/12(土)午後2時〜(60分程度)
    「竹工芸家・齋藤文石について」勝城蒼凰氏(竹工芸家・重要無形文化財「竹工芸」保持者)
                   諸山正則氏(元東京国立近代美術主任研究員)
                司会:河野エリ氏(学芸員)
     観光館2階多目的ホールにて
     定員60名(9/3から電話申込受付・無料)とちぎ蔵の街美術館(0282-20-8228)へ電話で

    学芸員によるギャラリートーク:9/22、10/20(日)午後2時〜(45分程度)
        10月20日(日曜日)午後2時から(45分程度)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 暗証キー

    - Web Forum -
    - Antispam Version -