ほっとミュージアム 談話室
[ホームへもどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 発言サイズは画像も含めて130KBまで、URLは20個までです。
  • その他[留意事項]を良くお読みの上ご利用ください
  • 新規紹介用 でワード検索すると、フォーマット発言が開きます

  •   [No.11575] 【茨城】県近代美術館/名品展 ザ・ベスト 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/18(Mon) 00:07:39  

     水戸市の茨城県近代美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=08&c=1では収蔵品名品展を開催中です。 月曜も開館しています。 
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆開館30周年記念 茨城県近代美術館名品展
      「ザ・ベスト モネ、ルノワール、大観から靉嘔まで」〜3/24(日)
         残り開催期間休館無し(梅まつり期間のため)
         入館料金:一般600円 満70歳以上300円 高大生360円 小中生240円
               障害者手帳・指定難病特定医療費受給者証等を持参の方は無料
               2/20(水)、3/20(水)は満70歳以上の方は無料
               土曜日は高校生以下無料(春休み期間は除く)
     2018年10月,開館30周年を迎え、収集してきたコレクション約4000点の中から、選りすぐりの名品約100点を一堂に展示。いた 水戸出身の横山大観が北茨城の五浦で完成させた代表作「流燈」をはじめ、牛久に暮らした小川芋銭の日本画、中村彝や佐伯祐三らの油彩画、彼らに影響を与えたモネやルノワールなど西洋の印象派絵画、他に版画、水彩画、彫刻など。会場では,“名品ツアー”と銘打ち、館のキャラクター「きんびー」が作品の見どころを解説。
      オーギュスト・ルノワール「マドモワゼル・フランソワ」1917年
      クロード・モネ「ポール=ドモワの洞窟」1886年
      カミーユ・ピサロ「グラット=コックの丘からの眺め、ポントワーズ」1878年
      横山大観「流燈」1909年
      小川芋銭「〈河童百図〉因指月」1937年
      中村彝「カルピスの包み紙のある静物」1923年
      小出楢重「毛糸の束」1926年  
      小堀 進「霞ヶ浦」1954年
      鏑木清方「花ざかり」1938年
      藤田嗣治「横たわる裸婦」1927年
      舟越保武「原の城」1971年 など

    “きんびー”といっしょにめぐる名品ツアー:2/22(金)3/1(金)9(土)15(金)23(土)午後2時〜
      定員50名(事前申込不要、要企画展チケット)ボランティアによる

    担当学芸員によるギャラリートーク:2/24(日)午後2時〜 永松左知氏(副主任学芸員)

    当館コレクションを築いてきた元学芸員による講演会:午後2時〜、申込不要、地階講堂定員250名
    (1)3/2(土)「開館30周年にちなんで 開館前史とコレクションを巡る物語」 藤本陽子(元企画課長)
    (2)3/10(日)「中村彝―西洋美術への憧憬」 舟木力英氏(元つくば美術館分館長)

    美術館アカデミー:午後2〜3時30分、申込不要、地階講堂定員250名
    「近代フランス絵画の革新と伝統―クールベとモネ」 松原哲哉氏(常磐大学人間科学部准教授)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11574] 【神奈川】鎌倉歴史文化交流館/鎌倉Disaster 災害と復興 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/18(Mon) 00:06:36  

     鎌倉歴史文化交流館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=14&c=78
    で開催中の展示を紹介します。月曜日も開館です。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆春季企画展「鎌倉Disaster 災害と復興」〜5/18(土)
       日祝日休館
       入館料金:一般300円 小中生100円
             鎌倉市内の小・中学生と、市内の65歳以上の方、
             障がい者手帳等の交付を受けた方と付添1名は無料(要手帳提示)

     大正12年(1923)9月1日の大正関東地震は、発生から昨年で95年が経過したが、鎌倉は震源域に近く、激震や津波で全域がほぼ壊滅した。中世の一時期政権都市であった鎌倉は『吾妻鏡』文治4年(1188)の火災、建久2年(1191)以降地震に関する記述が散見するなど、くり返し災害や戦乱に遭遇し、その都度復興されてきた。文献史料や発掘調査の事例などで、過去の火災や地震の痕跡が確認されている。本展では、市内の発掘調査で得られた中世鎌倉の災害痕跡を紹介し、あわせて近代に発生した大地震の写真や被災資料などを展覧して、当地における災害痕跡や被災状況等を辿る。
     鎌倉時代の地震の痕跡と思われる遺構の写真
       (長谷小路周辺遺跡・名越ヶ谷遺跡・若宮大路周辺遺跡群・無量寺跡・天神山城遺跡
     鎌倉時代の火災痕跡ほかの写真
      (米町遺跡・今小路西遺跡・国指定史跡東勝寺跡・国指定史跡永福寺跡・国指定史跡建長寺境内)
     大正関東地震の津波到達推定位置と被災状況古写真
     日蓮聖人註画讃 江戸時代 当館
     鎌倉時代の災害痕跡から.今小路遺跡出土品
                     永福寺跡出土品
                     仏法寺跡出土柿経
     大正関東地震関係 寺社からの被災状況等報告書
                  .義援金など寄附者に関する資料
     大正関東地震の被災物品
     大正・昭和初期に使われた写真機
     地震の被害状況などを撮ったガラス乾板   など

    学芸員による列品解説(ギャラリートーク):毎週土曜日午前11時〜
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11573] 【愛知】豊橋市美術博物館/美術のみかた 自由自在 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/16(Sat) 23:04:01  

     豊橋市美術博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=23&c=36ではじまった特別展の紹介をします。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆平成30年度独立行政法人国立美術館巡回展
     「国立国際美術館コレクション 美術のみかた 自由自在」〜3/24(日)
         月曜休館 
         入館料金:一般・大学生1000円 小中高生400円
                身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と介助者は無料

     1977年に万博記念公園に開館し、現在の中之島に移転した国立国際美術館の方向性は、戦後日本美術と世界美術とのかかわりを明らかにするため、現代美術に影響を与えた19世紀の美術から現在の新しい表現まで、約8000点のコレクションを形成する。その国立国際美術館コレクションから、現代美術の祖ともいうべきポール・セザンヌ、パブロ・ピカソを皮切りに、マルセル・デュシャン、アルベルト・ジャコメッティ、アンディー・ウォーホル、ゲルハルト・リヒター、イリヤ・カバコフ、リチャード・タトル、草間彌生、高松次郎、奈良美智など45作家・55点を紹介。「みること」をテーマに、平面・ 立体・インスタレーション・映像などの幅広い表現を「イメージと物質」「表層と深層」「可視と不可視」という3つの切り口から自由自在にみる。
      ロレンヌ・ラックス《アイルランドの少女たち》2005年
      ポール・セザンヌ《宴の準備》1890年頃
      ゲルハルト・リヒター《フィレンツェ》2000年
      奈良美智《長い長い長い夜》1995年
      落合多武《猫彫刻》2007年
      下道基行《サイパン、アメリカ『torii』より》2006−12年

    キュレーター・トーク:3/2(土)午後2時〜 福元崇志氏(国立国際美術館研究員)           

    親子鑑賞会:3/9(土)・21(木・祝)午後2〜3時 小学生以上(各日定員10名/要予約=電話受付)

    ワークショップ「描く目が見る美術」3/16(土)午後2〜4時、定員10名、要予約=電話受付
     青木陵子氏(本展出品作家)入館料のみ
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11572] 【東京】森美術館/六本木クロッシング2019展:つないでみる 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/16(Sat) 23:02:59  

     六本木の森美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=66
    で開催中の現代美術展を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆森美術館15周年記念展「六本木クロッシング2019展:つないでみる」〜 5/26(日)
         会期中無休
         開館時間:午前10時〜午後10時(火曜は7時まで、但し、4/30(火)は10時、5/25(土)は翌朝午前6時まで
                             入館は閉館30分前まで)
         入館料金:一般1800円 65歳以上1500円 高大生1200円 4歳〜中学生600円
     3年に一度開催する、日本の現代アートシーンの定点観測的な展覧会第6回目の開催。森美術館の3人のキュレーター(椿 玲子、徳山拓一、熊倉晴子)で共同キュレーションを行い、1970-80年代生まれを中心とした日本のアーティスト25組を紹介。
     今回は現代の表現を通して見えてくる「つながり」に注目。情報通信技術が加速度的に進化し、便利になる一方で、意見や認識の同調や共感を助長し、逆説的に閉鎖的なコミュニティを生み出すなどの「分断」が顕在化している。こうして対極のものを接続、異質なものを融合、本来備わる繋がりを可視化するなど、アーティストたちは作品を通じてさまざまな「つながり」を提示し、「分断」と向き合うためのヒントとなるかもしれない。一定条件の範囲内で、一部の作品およびエリアでの写真・動画撮影が可能

      飯川雄大《デコレータークラブ―ピンクの猫の小林さん―》 2017年 木材、蛍光塗料
      目《景体》のためのドローイング 2019年
      平川紀道 《datum》2018年 DLPプロジェクター、コンピューター、スピーカー
      林 千歩 《人工的な恋人と本当の愛―Artificial Lover & True Love―》2016/2019年 ミクスト・メディア・インスタレーション
      竹川宣彰 《猫オリンピック:開会式》2017年 陶製人形、木、鉄、陶製タイル
      榎本耕一《脳の居場所》2017年 油彩、キャンバス
      青野文昭 《なおす・代用・合体・侵入・連置「震災後東松島で収集した車の復元」2013》2013年 収集物、家具、合板、アクリル系絵具、ほか
      万代洋輔《無題》(「蓋の穴」シリーズより)2016年Cプリント  など

    まちと美術館のプログラム「アート・キャンプ for under 22 Vol.2」第3回 ワークショップ「アーティストと出会う:監視するファッション」
      3/9(土)午前10時〜午後6時 館サイトより申込、〜 3/8(金)
     
    まちと美術館のプログラム「アート・キャンプ for under 22 Vol.2」第3回 ワークショップ「アーティストと出会う:監視するファッション」(2日目)
      3/10(日)午後1時30分〜6時30分 館サイトより申込、〜 3/8(金)

    まちと美術館のプログラム「六本木アートカレッジ スペシャル1DAY」プログラム 「会社としてのアーティスト・コレクティブ」
      3/21(木・祝)午後2時40分 〜3時40分  館サイトより申込、〜 3/20(水)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11571] 【大阪】市立美術館/フェルメール展 [2/16(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/16(Sat) 00:12:21  

     いよいよ2/16(土)から天王寺公園の大阪市立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=10で、最大のフェルメール展が開催されます。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「フェルメール展」 2/16(土)〜5/12(日)
        2/18・25、3/4・11・18(月)休館 以後無休
        入館料金:一般1800円 高大生1500円
              中学生以下、障がい者手帳などをお持ちの方(介護者1名を含む)は無料(要証明)。

     現存する作品がわずか35点の17世紀のオランダ絵画の黄金期を代表する画家、ヨハネス・フェルメール(1632−1675)の6作品が集結。宗教画から風俗画へ作風を転換する移行期にあたる「取り持ち女」が日本初公開となるほか、フェルメールの足跡をたどり、ハブリエル・メツー、ピーテル・デ・ホーホ、ヤン・ステーンらの作品を含む45点を展示し、17世紀オランダ絵画の広がりと独創性を紹介。
      ヨハネス・フェルメール ≪取り持ち女≫ 1656年 油彩・カンヴァス
                    ≪恋文≫ 1669-1670年頃 油彩・カンヴァス 
                    ≪マルタとマリアの家のキリスト≫ 1654-1655年頃 油彩・カンヴァス
                    ≪手紙を書く婦人と召使い≫ 1670-1671年頃 油彩・カンヴァス
                    ≪手紙を書く女≫ 1665年頃 油彩・カンヴァス
                    ≪リュートを調弦する女≫ 1662-1663年頃 油彩・カンヴァス
      ヘラルト・ダウ ≪本を読む老女≫ 1631-1632年頃 油彩・板
      ピーテル・デ・ホーホ ≪人の居る裏庭≫ 1663-1665年頃 油彩・カンヴァス
      ハブリエル・メツー ≪手紙を読む女≫ 1664-1666年頃 油彩・板 
      ヤン・ステーン ≪家族の情景≫ 1665-1675年頃 油彩・板
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11570] 【兵庫】あまらぶアートラボ A-Lab/「街と、その不確かな壁」と…。[2/16(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/16(Sat) 00:08:16  

     尼崎のあまらぶアートラボ A-Labhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=56で.2/16(土)からはじまる展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆A-Lab Exhibition Vol.17「街と、その不確かな壁 と…。」2/16(土)〜3/31(日)
        火曜休館
        開館時間:午前11時〜午後7時(土日祝は6時まで) 
        入館無料 
     川田知志、迎英里子による2人展を開催。
     今回のタイトルの「街と、その不確かな壁」は 1980年に雑誌「文學界」に発表された村上春樹さんの小説で僕と影、ことば、古い夢などをモチーフにしながら展開される物語で、本展では、2人にこの小説と向き合うことも含め、作品にアプローチ。
     壁面にフレスコ画を描く川田は市内の元「履物屋」「小学校」「結婚式場」で数日ずつ滞在制作し、空間に漂う記憶などをなぞった作品をA-Labで再構成します。  迎は生活の中にある身近な社会の構造を自身の言葉で解釈し、装置を制作し、自らの身体を使って動かす。
     何かを守る存在にも、別け隔てて邪魔する存在にもなる「壁」が作り出す空間の記憶。2人の作品を通じて、普段は意識をしていない“存在”を感じる。

    パフォーマンス:迎英里子による、本展覧会で制作したシステムを”動かす”パフォーマンスを開催
    2/16(土)午後1時30分〜、4時〜  2/24(日)午前11時〜

    トーク:2/24(日)午後2〜3時30分、先着30名、申し込み不要
    出展作家と服部浩之氏(キュレーター)のアーティストトーク
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11569] 【大阪】阪急うめだギャラリー/片岡鶴太郎展 顔[2/16(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/16(Sat) 00:06:49  

     阪急うめだギャラリーhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=41で明日2/16(土)からはじまる展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆画業25周年・芸能生活45周年記念「片岡鶴太郎展 顔 -faces-」2/16(土)〜3/4(月)
         午前10時〜午後8時(金土は9時まで、入館は閉館30分前まで)
         入館料金 :一般800円 学生 600円
     芸人、俳優、ボクサー、画家、書家、そしてヨーギー、さまざまな「顔」をもちながら画業25周年、芸能生活45周年を迎える片岡鶴太郎の新作を中心に展示。日本の顔である「富士山」をメインビジュアルに、エンターテインメント性のある展示をし、画家としての原点である椿作品だけで「椿の回廊」を構成。
       《赤富士》2018年
       《鯉不二》2018年
       《こぼれ椿》2014年
       《雪椿》2008年
       《黒福招き猫》2017年
       《白福招き猫》2017年
       《千年の恋 源氏物語》2002年
       《感謝の薔薇》2016年  など
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11568] 【大阪】府立近つ飛鳥博物館/歴史発掘おおさか2017-2018 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/15(Fri) 00:05:58  

     河南町の大阪府立近つ飛鳥博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=173で開催中の展示を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆平成30年度冬季企画展「歴史発掘おおさか2017-2018―大阪府発掘最新情報―」〜3/17(日)
         月曜休館
         入館料金:一般430円 65歳以上・高校・大学生330円
                中学生以下・障がい者手帳をお持ちの方(介助者含む)無料
     大阪府に旧石器時代から近代まで地下に眠り、毎年、多くの発掘調査で出土した資料が一堂に会し、出土品から遺跡を身近に感じ、当時の生活や社会について探ることで、私たちの街、大阪の魅力を再発見する。
     旧石器時代 瓜破北遺跡(大阪市) 後期旧石器時代のナイフ形石器
     縄文時代 西福井遺跡(茨木市)  火葬骨を納めた3500年前の墓
     弥生時代 中野遺跡(四條畷市)  方形周溝墓の可能性のある溝
     古墳時代 ニサンザイ古墳(堺市) 全国初!大王墓の濠に架かる木橋を確認
     古代 吹田操車場遺跡(吹田市)  平安時代初期の貴人の邸宅か?
     中世 上清滝遺跡・清滝街道(四條畷市)  中世の街道と銅鏡のまつり
     近世 大深町遺跡(大阪市)  大坂七墓のひとつ、梅田墓
     近代 禁野本町遺跡(枚方市)   土塁が物語る陸軍弾薬庫  など

    講演会:地階ホールにて、午後1時30分〜3時、定員200名、当日10時より入場整理券配布
    2/3(日)「枚方市船橋遺跡出土木簡を読む」 舘野和己氏 (館長)
    3/17(日)「渡来人の集落と古墳−5世紀を中心に」 森本 徹氏(副館長兼学芸課長)


    おおさかを掘る−最新発掘調査の成果−(調査成果報告会)2/17(日)
      地階ホールにて、午後1〜4時、定員200名、当日10時より入場整理券配布
    報告1「北摂弥生集落の絵画土器―茨木市中河原遺跡」高村勇士氏(茨木市教育委員会)
    報告2「法王道鏡の寺―八尾市由義寺跡」樋口 薫 氏(公益財団法人八尾市文化財調査研究会)
    報告3「三好長慶の山城―大東市飯盛城跡」李 聖子 氏(大東市教育委員会)

    学芸員による展示解説:午後2時〜30分、特別展示室にて
     2/24(日)3/3(日)3/16(土)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11567] 【奈良】文化財研究所飛鳥資料館/飛鳥の考古学2018 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/15(Fri) 00:05:25  

     明日香村の奈良文化財研究所飛鳥資料館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=29&c=74で開催されている展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆冬期企画展「飛鳥の考古学2018」〜3/17(日)
       月曜休館(祝日の場合は翌日)
       入館料金:一般270円 大学生130円
        高校生及び18歳未満、65歳以上無料(要年齢証明)
          2/24(日)は無料入館日
     近年でも発掘調査が盛んな飛鳥中枢部では、小山田遺跡(小山田古墳)で石舞台古墳に匹敵する横穴式石室の痕跡を調査。飛鳥寺西方遺跡でみつかった飛鳥時代の石組溝や建物跡で、「槻木の広場」推定地における土地利用の具体的状況がわかる。山田寺の西で行われた山田道の調査では、古墳時代後期に造られた池を確認。飛鳥寺北部域での大量の軒瓦など飛鳥寺に投入された物的資源の膨大さを示す。
     飛鳥の周辺部では、1987年に検出された四条1号墳の再調査、与楽古墳群にある与楽イモリ1号墳で見つかった渡来系氏族の痕跡。本展では、これらの遺跡を中心に、2017年度に飛鳥藤原地域で行われた発掘調査の成果を紹介し、近年、調査分析の進展がみられた石神遺跡などから出土した多数の土器も展示。
     四条遺跡  小山田遺跡  与楽イモリ1号墳   山田道
     飛鳥寺西方遺跡   飛鳥寺北方  石神遺跡  坂田寺跡
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11566] 【東京】サントリー美術館/河鍋暁斎 その手に描けぬものなし 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/15(Fri) 00:04:41  

     六本木のサントリー美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=49では、江戸時代の画師の展示を開催中です。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「河鍋暁斎 その手に描けぬものなし」〜3/31(日)
          火曜休館(3/26(火)は6時まで開館)
          午前10時〜午後6時(金土と3/20(水)は8時まで、入館は閉館の30分前まで)
          入館料金:一般1300円 高大生1000円 中学生以下無料
                 障害者手帳をお持ちの方と介護者1名無料
                 ◇100円割引
                    ウェブサイト限定割引券提示
                    スマートフォンサイトの割引券画面提示
                    あとろ割:国立新美術館、森美術館の企画展チケット提示
     7歳で浮世絵師・歌川国芳のもとで絵を学び始め、駿河台狩野派の前村洞和や、洞和の師・狩野洞白陳信に入門し戯画などで人気を博した河鍋暁斎(1831〜89)。風刺画によって暁斎は「反骨の人」というイメージで語られるが、その高い絵画技術と狩野派の精神に支えられて作品と真摯に向かい合った暁斎の姿がうかがえる。
    本展では「狩野派絵師」としての活動と先人達の作品と真摯に向き合い、幕末・明治の動乱期に独自の道を切り開いた暁斎の足跡を展望。
        枯木寒鴉図 明治14年(1881)(〜3/4 展示)
        毘沙門天像 嘉永元年(1848)(〜3/4 展示)
        虎図 19世紀 東京・正行院
        九相図  明治3年(1870)以前
        鳥獣戯画 猫又と狸 19世紀(3/6〜3/31 展示)
        鷹に追われる風神図  明治19年(1886)
        閻魔・奪衣婆図 明治12〜22年(1879〜89)(3/6〜3/31 展示)
        幽霊図 慶応4〜明治3年(1868〜70)頃
        惺々狂斎画帖(二) 明治3年(1870)以前
        達磨図 明治18年(1885)
        野見宿禰と当麻蹶速図 明治7年(1874) など

    点茶席(お抹茶と季節の和菓子)2/21(木) 28(木) 3/7(木) 21(木) 午後1、2、3時
    1,000円(入館料別)1日限定50名(点茶券は当日時より3階受付にて販売(1人2枚まで)

    学芸員によるギャラリートーク:2/22(金)午後6時30分〜7時30分 展示室にて、定員30名先着順
     午後5時より3階受付にて整理券配布

    見どころトーク(スライドを使った学芸員による解説):2/17(日)3/17(日)
      午前11時〜、午後2時〜、約30分、6階ホール、定員80名

    フレンドリートーク:毎週土曜、午前11時〜、午後1時〜、3時〜 1階レクチャールームにて定員30名

    体験型ミニレクチャー「はじめてひらく美のとびら」シリーズ 掛軸の巻
     2/22(日)3/3(日)10(日)24(日) 午前11時〜、午後1時〜、3時〜、
     6階ホール、定員40名先着順、当日整理券配布
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 暗証キー

    - Web Forum -
    - Antispam Version -