ほっとミュージアム 談話室
[ホームへもどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 発言サイズは画像も含めて130KBまで、URLは20個までです。
  • その他[留意事項]を良くお読みの上ご利用ください
  • 新規紹介用 でワード検索すると、フォーマット発言が開きます

  •   [No.11868] 【京都】美術館「えき」KYOTO/動物パラダイス 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/08/29(Thu) 23:47:37  

     美術館「えき」KYOTO http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=72
    で始まった展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「京都市美術館所蔵品展 動物パラダイス」〜9/16(月・祝)
        開館時間:午前10時〜午後8時(入館は閉館30分前)
        入館料金:一般900円 高大生700円 小中生500円
            「障害者手帳」提示者と同伴者1名は各200円引き
    2020年3月21日のリニューアルオープンに向け、現在再整備工事中である京都市美術館の所蔵品から選りすぐりの名品を紹介。第3回展では、竹内栖鳳、(六代)清水六兵衞、山口華楊、木島櫻谷、今尾景年、皆川月華らが表現した愛らしい動物たちの日本画、洋画、工芸作品を楽しむ。
      (五代)清水六兵衞(六和)《染付馬花瓶》1921年
      竹内浩一《幻花》2004年
      上村松篁《水魚二題》1929年
      皆川月華《彩海彩魚之図》1935年
      金島桂華《画室の客》1954年
      池田栄廣《洋猫》1935年 など

    ギャラリー・トーク:午後2時から約30分、事前申し込み不要
    8/31(土) 竹内浩一氏(日本画家)
    9/1(日) 坂本英房氏(京都市動物園 副園長)
    9/7(土) 山田 諭氏(京都市美術館 学芸課長)
    9/14(土) 中谷至宏氏(京都市美術館 学芸課担当係長)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11867] 【兵庫】芦屋市立美術博物館/こども と おとな ーこれ、なににみえる? 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/08/29(Thu) 00:42:07  

     芦屋市立美術博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=76で開催中の企画展を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆コレクション展「こども と おとなーこれ、なににみえる?」〜9/23(月・祝)
        月曜休館
        入館料金:一般500円 高大生300円 中学生以下無料
             高齢者(65歳以上)および
             身体障がい者手帳・精神障がい者保健福祉手帳・療育手帳をお持ちの方と介護者は半額
            9/1(日)は観覧無料
     ちょっと変わった方法や素材で作られた作品、身近なモチーフから想像で描いたものまで独創的に表現した美術作品をみて何を感じるか。館蔵の近現代の絵画・立体作品を、なにで(素材)・どうやって(技法)・どんなふうに(表現)といったテーマを鑑賞のポイントとして紹介。
    [なにで(素材)]松谷武判《作品・62》1962年 樹脂系接着剤、合成樹脂系絵具、布
             中川佳宣《果実あつめ》1990年 ミクストメディア
    [どうやって(技法)]瑛九《散歩(瑛九フォトデッサン集「真昼の夢」》1951年 ゼラチン・シルバープリント
             三島喜美代《Package-88-a》1988年 陶
    [どんなふうに(表現)]元永定正《あかのうえ》1986年 シルクスクリーン
             上山二郎《静物(吸取紙)》1923年 油彩、布 など

    ワークシート、こども向け解説キャプション、感想コーナーを用意
     会期中の毎週水曜日は「トークフリーデー」(会話を楽しむ美術の時間)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11866] 【千葉】松戸市立博物館/こどもミュージアム−おとなも楽しい歴史体験− 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/08/29(Thu) 00:37:39  

     松戸市立博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=12&c=31で開催中の企画展を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆企画展「こどもミュージアム−おとなも楽しい歴史体験−」〜9/16(月・祝)
        月曜休館(祝日の場合は翌日)
     こどもたちが松戸の歴史を楽しくまなぶ。縄文土器や江戸時代の絵、昭和時代の写真、80年前のくらしの道具や着物のホンモノを見るだけではなく、さわってみたり、土器のレプリカパズルなどであそぶことができたのしく歴史にふれあう。
      土器パズルに挑戦!
      着物をきてみよう!
      升を使ってはかってみよう!
      江戸時代のパズルにちょうせん!
      松戸の昭和時代の写真クイズ!
      蚊帳に入ってみよう!
      本物の土器をさわってみよう!
      縄文人の服を着てみよう!
      縄文人の服を着て写真撮影してみよう!

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11865] Re: 【三重】海の博物館 たずねました 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/08/29(Thu) 00:10:35  

    Quitaさん、こんにちは

    そうなんですよ。建物も、建築家の自信作、とのことでしたが5棟もあるとは知りませんでしたし、広い敷地に点在しているのは、何だか伊勢神宮の摂社を思い起こしました。
    民俗的な展示内容は、ばらつきはあると思いますが、資料的にまとまっているもの、わくわくするものがあります。全部見る、というより、興味をひいたところを見て、気になったらまた訪れたらよい施設かと思います。

    今回はなんせ暑さでぐだってしまいましたが、近くの漁港も眺めて帰ることができたらと思っている次第です。

                        明日香 光二/馬場 英明


      [No.11864] Re: 【三重】海の博物館 たずねました 投稿者:   投稿日:2019/08/28(Wed) 19:32:30  

    こんにちは

     ここですが、5月初めに志摩を中心の旅行に行ったときに候補に考えていましたが、今回は果たせませんでした。なかなか良い所みたいですね。


      [No.11863] 【東京】国立新美術館/話しているのは誰? 現代美術に潜む文学[8/28(水)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/08/27(Tue) 23:25:26  

     六本木の国立新美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=71で明日8/28(水)から開催される展覧会を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「話しているのは誰? 現代美術に潜む文学」8/28(水)〜11/11(月)
       火曜休館(10/22(火・祝)は開館、10/23(水)は休館)
       開館時間 :午前10時〜午後6時
        (金土は、8・9月は9時まで、10・11月は8時まで、入場は閉館の30分前まで)
       入館料金:一般1000円(一般)、500円(大学生)
          高校生・18歳未満(要証明)は入場無料
          障害者手帳を持参の方(付添者1名を含む)は無料
          11/3(日・祝)は「文化の日」につき、入場無料。
     1950年代から1980年代生まれの日本の現代美術家6名によるグループ展。映像や写真を用いたインスタレーションなど、表現方法が多岐にわたるが、作品のうちに文学の要素が色濃く反映されており、書物の形態をとる文学作品だけを示すのではないが、日本の現代美術における文学のさまざまな表れ方を経験する。
     山城知佳子 《チンビン・ウェスタン『家族の表象』》 2019年 4KHDヴィデオ、カラー、サウンド
     小林エリカ 《わたしのトーチ》 2019年 Cプリント 54.9×36.7cm(各、47点組) 作
     北島敬三 《ツィルカール村 アルメニア共和国》(「USSR 1991」シリーズより)1991/2019年 顔料印刷
     ミヤギフトシ 《From the Palace on the Hill #2》(「物語るには明るい部屋が必要で」より) 2019年 デジタルCプリント
     田村友一郎 《Sky Eyes》 2019年 ミクストメディア 作家蔵
     豊嶋康子 《正方形余白手裏剣》 2018年 シナベニヤ、リンシードオイル、油絵具 91.0×91.0×2.7cm

    アーティストトーク:3階講堂(定員260名:先着順、申込不要)
    9/14(土)午後6〜8時(5時30分開場)
      植本一子(写真家)、長島有里枝(写真家)、ミヤギフトシ(本展出品作家)
    9/22(日)午後2〜4時(1時30分開場)
      倉石信乃(詩人・評論家、明治大学教授)、橋本一径(表象文化論、早稲田大学教授)、北島敬三(本展出品作家) 10/20(日)午後2〜4時(1時30分開場)
      林道郎(美術史家・批評家、上智大学教授)、松浦寿夫(画家・批評家、武蔵野美術大学教授)、豊嶋康子(本展出品作家)
    10/22(火・祝)時間未定  田村友一郎(本展出品作家)ほか
    10/26(土)午後5〜7時(4時30分開場)
      西加奈子(作家)、山崎ナオコーラ(作家)、小林エリカ(本展出品作家)

    ギャラリートーク:企画展示室1E(申込不要)
    9/15(日)午後2〜3時 豊嶋康子(本展出品作家)
    9/21(土)午後2〜3時 小林エリカ(本展出品作家)
    10/5(土)午後4〜5時 小原真史(映像作家・キュレーター)、北島敬三(本展出品作家)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11862] 【大阪】高島屋大阪店グランドホール/日本画家・山口蓬春 没後50年[8/28(水)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/08/27(Tue) 23:24:31  

     難波の高島屋大阪店グランドホールhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=61で開催される展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「日本画家・山口蓬春 没後50年―大正、昭和を彩ったモダニズムの軌跡」8/28(水)〜9/9(月)
        開館時間:午前10時〜午後8時(8/30・31は8時30分まで、入館は閉館30分前まで)
        入館料金:一般800円 高大生600円 中学生以下無料
     北海道松前町に生まれ、東京美術学校(現・東京藝術大学)で西洋画科から日本画科に転じ、やまと絵の第一人者として活躍した山口蓬春。その伝統的な日本画に西欧的なモダニズムを加えた作風は「新日本画」として一世を風靡し、つねに新しい時代の感覚を投影することで独自の世界を築いた。没後50年の節目を迎えるのを前に初期から1971年(昭和46)に77歳で没するまでの代表作をそろえる。
     《南嶋薄暮》1940年(昭和15年)
     《洩るゝ陽》1961年(昭和36年)
     《まり藻と花》1955年(昭和30年)
     《新冬》1962年(昭和37年)
     《佐与利》1951年(昭和26年) など
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11861] 【大阪】国立国際美術館/ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道[8/27(火)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/08/27(Tue) 00:09:47  

     中之島の国立国際美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=37
    では、8/27(火)から世紀末ウィーンの美術展を開催されます。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆日本・オーストリア外交樹立150周年記念
    「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」8/27(火)〜12/8(日)
        月曜休館(祝日の場合は翌日)
        午前10時〜午後5時(8、9月中の金土は9時まで、10〜12月中の金土は8時まで、入場は閉館の30分前まで)
        入館料金:一般1600円 大学生1200円 高校生800円(9月中の日祝日は高校生無料(要証明))
             中学生以下無料(要証明)
             心身に障がいのある方とその付添者1名無料(要証明)
     19世紀末ウィーン、絵画や建築、デザインなどの領域を超えて新しい芸術を求めた、装飾的な煌びやかな文化「世紀末芸術」。画家グスタフ・クリムト、エゴン・シーレ、建築家オットー・ヴァーグナー、アドルフ・ロースなど各階を代表する芸術家たちが登場し、黄金時代を迎えたウィーンの文化を「近代化(モダニズム)の過程」という視点から紐解く展覧会。
      グスタフ・クリムト《エミーリエ・フレーゲの肖像》1902年
     《エミーリエ・フレーゲのドレス(再製作)》2008年(オリジナル:1909年)
      オットー・ヴァーグナー《カール・ルエーガー市長の椅子》1904年
      グスタフ・クリムト《パラス・アテナ》1898年
      エゴン・シーレ《自画像》1911年
      フリッツィ・ベルガー《ファッション ウィーン工房ポストカードNo.788》1912年 など

    記念講演会:8/27(火)B1階 講堂にて、午後2時〜約90分、入館券のみ、先着130名
               当日午後1時から整理券配布、1時30分に開場
    「ウィーン・ミュージアムとそのコレクション」ウルズラ・シュトルク氏(ウィーン・ミュージアム副館長)

    プレミアムフライデー企画;学芸員による見どころ解説
    8/30、9/27(金)午後6時〜/B1階 講堂、入館券のみ、先着130名、当日5時30分に開場
      福元崇志氏(国立国際美術館研究員)

    学芸員による見どころ解説
    10/19、11/16(土)午後2時〜/B1階 講堂、入館券のみ、先着130名、当日1時30分に開場
      福元崇志氏(国立国際美術館研究員)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆コレクション特集展示「ジャコメッティとII」8/27(火)〜12/8(日)

     本展では、ジャコメッティの生きた時代を越えて、20世紀終盤から今日までの、新しい表現を中心に展覧。私たちが生きる時代により近い文脈に、ジャコメッティ作品《ヤナイハラ I》と《男》を再配置し、コレクションの多面性をみる。優れたコレクションの1点は作品は、コレクション全体を新たな光で照らし、これまで見えなかった側面や、作品どうしのつながりに気づかせる。ジャコメッティについて既存の歴史に新たな視点をもたらす作品、作品作りにおける「協働」の面白みを見せてくれる作品、「ポートレート」表現の今日的展開などを紹介。
     アルベルト・ジャコメッティ《ヤナイハラ I》1960-61年
     アルベルト・ジャコメッティ《男》1956年
     饒加恩(ジャオ・チアエン)《レム睡眠》2011年
     オノデラユキ《古着のポートレート No.45》1997年
     加藤泉《無題》2006年 
     加藤翼《言葉が通じない》2014年
     テリーサ・ハバード/アレクサンダー・ビルヒラー《フローラ》2017年  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11860] 【京都】芸術センター/二つの部屋、三つのケース[8/27(火)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/08/26(Mon) 23:29:21  

     四条烏丸に近い京都芸術センターhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=47で、8/27(火)から始まる展覧会を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「二つの部屋、三つのケース」8/27(火)〜9/29(日)
        9/6(金)、9/17(火)〜19(木)は展示替えのため休館
        入館無料
     京都芸術センターで提示される作品は、展覧会・パフォーマンスが行われている空間、その瞬間、そこに居合わせた人たちが存在する/関わることによって生成される場を一つの作品としてみることもできる。
     本展では、展覧会という形式をとりつつ、三組のアーティストが、京都芸術センターの特徴的な北・南ギャラリーという二つの部屋を同時につかいながらそれぞれ作りだす三つの時間・場を提示。

    ケース1:立ち会う 関川航平「散歩られ」8/27(火)〜9/5(木)
     散歩をしているあなたが過ぎ去っている周辺の景色のどこかに目が留まれば、風景の中の何かは散歩するあなたによって散歩られているのか。

    ケース2:選択する、決定する 山中suplex「二つの部屋、三つのケース」9/7(土)〜9/16(月・祝)
     ギャラリー北と南を、山中suplexに見立て、STORAGE [倉庫]とWORKSHOP [工房]の機能を持たせ、二つの空間を使用した三回のワークショップを行い、山中suplexメンバーとワークショップ参加者とで作る三つの"ケース"を提示。

    ケース3:演じる タカハシ 'タカカーン' セイジ「京都レクリエーションセンター 〜施設のための試演〜」
        9/20(金)〜9/29(日)
     施設のための試演を行い、ときには「やってみたかったことをやってみるための時間」があり、日々の終わりに「試演会議」を開き「残せなさ」「残らなさ」を「残したさを伴って伝え続けてもらうこと」を行う。

    山中suplex 「二つの部屋、三つのケース」ワークショップ(応募はサイトのフォームより)
    ●「展示する」ワークショップ
    9/8(日)午後1〜5時 定員5名 「展示」することをテーマにしたワークショップ。

    ●「罠を仕掛ける」ワークショップ
    9/12(木)午前11時〜午後3時 定員5名 山中suplexメンバー、小西由悟による罠をテーマにしたワークショップ。

    ●「整理整頓」ワークショップ
    9/15(日)午後1〜5時 定員5名 
      倉庫(ギャラリー南)に作品だけを残して、工房(ギャラリー北)に資材を運ぶ整理整頓ワークショップ。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11859] 【京都】京都文化博物館/百花繚乱 ニッポン×ビジュツ展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/08/26(Mon) 23:28:35  

     三条高倉の京都府京都文化博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=44
    では、日本美術のテーマを設定した展覧会が始まりました。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆ICOM京都大会開催記念 東京富士美術館所蔵「百花繚乱 ニッポン×ビジュツ展」〜9/29(日)
        月曜休館(祝日の場合は開館、ただし9/2は臨時開館))
        開室時間:午前10時〜午後6時(金曜日は7時30分まで、入室は30分前まで)
        入館料金:一般1200円 高大生800円 小中生400円
             障害者手帳等を提示の方と付添者1人は無料
     東京富士美術館が所蔵する3万点のコレクションの中から、日本美術の名品を展観。日本文化の豊穣な芸術世界のエッセンスをわかりやすく楽しむために、日本美術を特色づけるキーワードを通し、ニッポンのビジュツを俯瞰的に横断し
    、刀剣を実際に手に持つようなスタイルで鑑賞できる刃文鑑賞特設ケースや、江戸時代に室内で灯明をあてて金屏風を鑑賞した様子を、VR技術を元にシュミレーション体験。
    [キモカワ×日本美術 “Kawaii” Japan]
      伊藤若冲《象図》寛政2年(1790)
      歌川国芳《みかけハこハゐがとんだいゝ人だ》弘化4ー嘉永5(1847-52)年
      歌川国芳《相馬の古内裏》弘化2ー3(1845ー46)年
    [サムライ×日本美術 Samurai Japan]
      刀 銘 和泉守藤原兼定作(之定) 美濃 室町時代中後期 16世紀 
    [デザイン×日本美術 “Rimpa”Design Japan」
      鈴木其一《風神雷神図襖》雷神 江戸時代後期 19世紀
      鈴木其一《風神雷神図襖》風神 江戸時代後期 19世紀
      琳派《波濤図屏風》江戸時代中期 18世紀
    [黄金の国×日本美術 Gold Japan]
      狩野派《洛中洛外図屏風》江戸時代前期 17世紀
      順姫所用《竹雀紋竪三引両紋牡丹唐草蒔絵女乗物》江戸時代中期 18世紀
    [四季×日本美術 Four Seasons Japan」
      葛飾北斎《富嶽三十六景 凱風快晴》天保1ー3(1830ー32)年頃
      狩野派《吉野山竜田川図屏風》より吉野山図 江戸時代前期 17世紀 
    [富士山×日本美術 Mt.Fuji Japan]
      作者不詳《武蔵野図屏風》 江戸時代前期 17世紀   など
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 暗証キー

    - Web Forum -
    - Antispam Version -