ほっとミュージアム 談話室
[ホームへもどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 発言サイズは画像も含めて130KBまで、URLは20個までです。
  • その他[留意事項]を良くお読みの上ご利用ください
  • 新規紹介用 でワード検索すると、フォーマット発言が開きます

  •   [No.12498] 【陶芸ガラス】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/08/25(Tue) 20:20:40  

     初秋から見られる陶芸やガラス工芸の新しい展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて訪問の参考にしてください。また、変更等がないか当該館のオリジナル情報を必ず参照してください。

    【北海道】
    北一ヴェネツィア美術館
     ☆特別企画展「ヴィットリオ・コスタンティーニの世界
         −ガラスの宝石・鳥・昆虫・魚が大集合!−」〜10/12(月)<会期延長>
    【青森】
    寺山修司記念館
     ☆特別企画展 2020 vol.1「オリンピックと寺山修司〜スポーツと芸術が交差するとき〜」〜10/18(日)予定

    【栃木】
    栗田美術館,☆特集陳列「大作で見る伊萬里染付 初期から幕末まで」9/19(土)〜令和3年2/28(日)

    【東京】
    文京ふるさと歴史館,☆ミニ企画展示「音羽通りの陶磁器店 丸八商店」〜9/22(火・祝)

    【新潟】
    駒形十吉記念美術館,☆企画展「白と黒 茶碗の魅力 併設 平山郁夫 古寺巡礼」〜10/4(日)

    【富山】
    富山市ガラス美術館,☆コレクション展2020「内と外」〜12/13(日)

    【石川】
    錦窯展示館,☆企画展「偲槌・週箸諒戸諭廖チ11/29(日)

    【福井】
    福井県陶芸館,☆「窯元応援プロジェクト」〜9/30(水)

    【長野】
    北澤美術館,☆多目的ギャラリー「渡邊徳明ガラス展」〜9/13(日)

    【岐阜】
    土岐市美濃陶磁歴史館,☆企画展「二宮コレクション 初代土岐市長 二宮安徳が描いた夢」9/18(金)〜11/29(日)

    【京都】
    清水三年坂美術館,☆「京薩摩」〜11/8(日)
    美術館「えき」KYOTO
     ☆生誕110年記念「異才 辻晉堂の陶彫」10/31(土)〜11/23(月・祝)
     ☆「デミタスカップの愉しみ」11/28(土)〜12/25(金)

    【大阪】
    湯木美術館
     ☆令和2年 秋季展「国焼茶碗はおもしろい
          −茶人たちが採り上げた各地の茶陶−」前期:8/29(土)〜10/18(日)
                            後期:10/20(火)〜12/13(日)
    【岡山】
    備前市立備前焼ミュージアム
     ☆特集展示「閑谷ゆかりのやきもの」9/30(水)〜11/23(月・祝)
     ☆企画展「備前花入」12/1(火)〜令和3年2/28(日)

    【広島】
    松濤園,☆陶磁器館「やきもの動物園」〜9/28(月)

    【山口】
    山口県立萩美術館・浦上記念館
     ☆「三輪龍氣生展ー行け、熱き陶の想いよ、黄金の翼に乗って。」9/12(土)〜12/20(日)

    【熊本】
    八代市立博物館未来の森ミュージアム
     ☆第一常設展示室(1階)八代焼(2)「動植物文様の八代焼」〜10/4(日)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12497] 【工芸建築】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/08/25(Tue) 20:19:59  

     初秋から見られるファッション、工芸や、インテリア、建築などの新しい展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて訪問の参考にしてください。また、変更等がないか当該館のオリジナル情報を必ず参照してください。

    【富山】
    高岡市万葉歴史館,☆開館30周年記念秋の特別企画展「山口千代子万葉衣装展」9/2(水)〜11/30(月)

    【石川】
    石川県立美術館
     ☆前田育徳会尊經閣文庫分館 特別陳列「前田家の名物裂」9/5(土) 〜10/18(日)
     ☆「優品選I 近現代工芸」9/5(土)〜10/18(日)

    【長野】
    南牧村美術民俗資料館
     ☆芸術家KONMASAによる和紙で作られた光の宇宙絵画、遂に南牧村に上陸「天の川展」〜9/27(日)

    【静岡】
    ふじ・紙のアートミュージアム
     ☆4周年記念 パネル展 「ふじ・紙のアートミュージアムの軌跡」9/11(金)〜10/11(日)
     ☆「紙のアートフェスティバル 特別展」10/20(火)〜12/13(日)
    ミュゼふじえだ 藤枝市郷土博物館・文学館
     ☆博物館特別展「ミニチュアの世界で遊ぼう!DISCOVERY DOLL HOUSE」〜9/27(日)
     ☆文学館特別展「平安の王朝装束展」令和3年2/6(土)〜3/28(日)

    【愛知】
    国際デザインセンター デザインミュージアム
     ☆名古屋市民芸術祭2020主催事業
       「7 GRAPHIC DESIGNERS IN NAGOYA 2020“DESIGN CIRCUIT”」10/21(水)〜10/26(月)
    【滋賀】
    彦根城博物館,☆テーマ展「武家の備え−井伊家伝来の馬具− 」〜9/15(火)

    【京都】
    西陣織会館 西陣織資料室,☆所蔵名品展「西陣伊達家の織物」〜9/24(木)
    京都清宗根付館,☆9月根付特別企画「未来への願い」9/1(火)〜9/30(水)
    千總ギャラリー
     ☆千總本店グランドオープン記念企画「白―はじまりの色―」〜 11/23(月・祝)小袖や婚礼衣装、屏風の図案
    清水三年坂美術館,☆開館20周年記念「村田理如 蒐集の軌跡I」11/21(土)〜令和3年2/7(日)
    美術館「えき」KYOTO, ☆「京の至宝II江里佐代子 截金の世界(仮称)」令和3年1/2(土)〜1/24(日)
    美山かやぶき美術館・郷土資料館,☆「民藝を想う THINK ABOUT MINGEI」〜10/18(日)

    【大阪】
    大丸ミュージアム・梅田,☆「MINIATURE LIFE展2 田中達也 見立ての世界」9/16(水)〜10/5(月)
    阪急うめだギャラリー,☆「斉藤謡子パッチワーク作品展」9/30(水)〜10/5(日)
    大阪日本民芸館
     ☆秋季特別展 大阪万博50周年記念「民藝の軌跡 ―ポストEXPO’70の作家達―」9/5(土)〜12/13(日) 

    【兵庫】
    滴翠美術館,☆滴翠翁没後70年記念「名品展2020」9/15(火)〜12/13(日)

    【奈良】
    名勝大乗院庭園文化館
     ☆名勝大乗院庭園文化館・資料展「奈良の庭と森蘊の業績(再)
     〜旧大乗院庭園、円成寺庭園、浄瑠璃寺庭園等 名勝指定に尽力された森蘊氏を作品を通して紹介〜」9/2(水)〜9/30(水)

    【岡山】
    倉敷民芸館,☆企画展「心おどる型染の世界」〜11/15(日)

    【愛媛】
    今治市朝倉ふるさと美術古墳館,☆日光東照宮奉納作家「渡邉篤子」9/1(火)〜10/29(木)立体工芸

    【高知】
    いの町紙の博物館(土佐和紙伝統産業会館),☆「吉川染工房の仕事と絵金展」〜9/6(日)

    【熊本】
    島田美術館
     ☆「Basketry つかうかご・つかわなくてもかご 2021 Pre Exhibition」9/2(水)〜9/6(日)
     ☆「旅するNyima」9/11(金)〜9/17(木)
        世界各地を旅して出会った古代から近代の装飾品の今昔とインドで誂えた新作秋冬の装い
     ☆「浮融・再 (ふゆう ふたたび)」9/18(金)〜9/26(土) ろうけつ染め
    八代市立博物館未来の森ミュージアム
     ☆第一常設展示室(1階)「肥後鐔の世界I〜象嵌の技〜」〜11/29(日)
     ☆第一常設展示室(1階)「亀蛇の競演」〜9/6(日)
     ☆第一常設展示室(1階)和紙「ペーパークラフト〜切組灯籠〜」〜9/13(日)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12496] 【民俗地誌】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/08/25(Tue) 20:19:22  

     初秋から見られる日本の生活文化や世界の地誌の新しい展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて訪問の参考にしてください。また、変更等がないか当該館のオリジナル情報を必ず参照してください。

    【北海道】
    北海道開拓の村,☆モノ語り資料の展示「玩具『ままごと道具』」〜9/30(水)

    【岩手】
    岩手県立博物館,☆テーマ展「個性派役者勢揃い〜岩手の操り人形〜」 10/3(土)〜11/23(月・祝)

    【山形】
    本間美術館(酒田)
     ☆「子どもたちの成長を祝う 本間美術館のひな祭り」令和3年2/20(土)〜 4/5(月)

    【茨城】
    土浦市立博物館,☆夏季展示「霞ケ浦に育まれた人々のくらし」〜9/27(日)

    【埼玉】
    埼玉県立文書館
     ☆第4弾「生活に役立つ地図ーマイホーム・防災・子育て・レジャーにもー」〜9/6(日)
    春日部市郷土資料館,☆「1960年代の春日部」〜9/13(日)
    埼玉県立川の博物館,☆スロープ展示「ブータンってどんな国?」〜9/13(日)

    【愛知】
    半田市立博物館,☆山車展示「亀崎西組花王車」〜10/25(日)

    【滋賀】
    浅井歴史民俗資料館,☆ 「湖北の太鼓踊り」10/27(火)〜12/8(日)
    滋賀県立琵琶湖博物館,☆日本農業遺産「琵琶湖システム」〜9/30(水)

    【大阪】
    大阪市立住まいのミュージアム,☆所蔵品展「歳時記と祝い事」〜9/6(日)

    【和歌山】
    和歌山県立紀伊風土記の丘,☆春期企画展「紀州の獅子と獅子頭」令和3年3/20(土)〜5/9(日)

    【鳥取】
    米子市立山陰歴史館,☆館蔵品展「絵葉書でお出かけ気分♪」〜9/27(日)

    【山口】
    萩博物館,☆企画展「はぎ博 夏展コレクション」〜9/6(日)

    【高知】
    高知県立歴史民俗資料館,☆新型コロナ終息祈願 コーナー展「疫病退散」〜9/6(日)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12495] 【日本画書】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/08/25(Tue) 20:18:44  

     初秋から見られる日本画や書道の新しい展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて訪問の参考にしてください。また、変更等がないか当該館のオリジナル情報を必ず参照してください。

    【山形】
    山寺芭蕉記念館,☆企画展「館長おすすめセレクション−絵画の美−」9/4(金)〜令和3年2/15(月) 
    本間美術館(酒田)
     ☆「絵画と書でみる墨の世界」10/2(金)〜11/10(火)
     ☆「郷土の画人展−山形が誇る日本画家たち−」令和3年1/9(土)〜2/15(月)

    【茨城】
    茨城県天心記念五浦美術館,☆「現代日本画の歩み 天心記念茨城賞の作家たち(仮称)」令和3年2/6(土)〜3/28(日) 

    【群馬】
    ハラ ミュージアム アーク,☆「競演−永徳・探幽・応挙」〜11/3(火・祝)(特別展示室 観海庵)

    【東京】
    サントリー美術館,☆リニューアル・オープン記念展II「日本美術の裏の裏」9/30(水)〜11/29(日)
    東京都美術館
     ☆「上野アーティストプロジェクト2020<書>(仮称)」11/18(水)〜令和3年1/7(木)
     ☆コレクション展「東京都美術館コレクション展<書>(仮称)」11/18(水)〜令和3年1/7(木)
    郷さくら美術館 東京,☆「花・華ざかり 日本画展」同時開催「桜百景vol.21」9/1(火)〜11/29(日)

    【神奈川】
    岡田美術館,☆没後220年「画遊人・若冲 ―光琳・応挙・蕭白とともに―」10/4(日)〜令和3年3/28(日)

    【福井】
    敦賀市立博物館
     ☆「ふつうの系譜」おかえり展「ふつうの美しさ 京の絵画と敦賀コレクション」前期:〜9/6(日)
             中期:9/8(火)〜10/4(日)
             後期:10/6(火)〜11/8(日)
    【長野】
    飯田市美術博物館
     ☆第22回「春草の山水画 菊慈童」〜9/22(火・祝)
     ☆第23回「春草の山水画 春秋」9/26(土)〜10/25(日)

    【京都】
    美術館「えき」KYOTO,☆「日本画新展2021」令和3年1/29(金)〜2/8(月)

    【愛媛】
    今治市河野美術館,☆第58回「燧洋会書展」9/10(木) 〜9/13(日)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12494] 【日本洋画】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/08/25(Tue) 20:18:01  

     初秋から見られる日本人作家の洋画の新しい展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて訪問の参考にしてください。また、変更等がないか当該館のオリジナル情報を必ず参照してください。

    【山形】
    本間美術館(酒田),☆特別展「日本近代美術展−大正・昭和の洋画家たち−」8/28(金)〜9/29(火)
    出羽桜美術館,☆「〜日本の心を描く〜 斎藤真一「さすらい」展」〜9/27(日)

    【千葉】
    ホキ美術館
     ☆開館10周年・リニューアルオープン記念「森本草介展」〜11/16(月)
     ☆第3回「ホキ美術館大賞展」〜11/16(月)
    市川市芳澤ガーデンギャラリー,☆「寺田 賢明 淡彩スケッチ展」10/14(水)〜10/18(日)

    【富山】
    富山市ガラス美術館,☆特別企画展「木梨憲武展Timing−瞬間の光り−」10/10(土)〜11/23(月・祝)

    【長野】
    飯田市美術博物館,☆コレクション展示「没後30年 須田剋太」〜9/22(火・祝)
    朝日美術館(上條俊介記念館)・朝日村歴史民俗資料館
     ☆令和2年度長野県信濃美術館交流名品展「上條俊介とその時代−長野県信濃美術館所蔵作品を中心に」9/5(土)〜9/27(日)
     ☆「野田直子+2展」10/3(土)〜11/29(日)

    【京都】
    ガーデンミュージアム比叡
     ☆画業35周年記念「渡辺美香子 色鉛筆画&版画展〜こころのままに おだやかに〜」9/1(火)〜9/27(日)

    【大阪】
    大丸ミュージアム・梅田,☆笹倉鉄平「原画展〜絵で楽しむ心の旅〜」9/2(水)〜9/7(月)
    茨木市立川端康成文学館
     ☆「馬場 美芽 個展」11/16(月)〜11/30(月)洋画
     ☆ギャラリー企画「武石 勇 展」令和3年2/15(月)〜3/15(月)

    【兵庫】
    神戸ゆかりの美術館,☆特別展「無言館 遺された絵画からのメッセージ」9/12(土)〜11/29(日)

    【広島】
    八千代の丘美術館,☆企画展「三原捷宏展 ー海との対話ー」9/5(土)〜11/30月)洋画

    【山口】
    香月泰男美術館,☆「香月泰男の表現―人―」9/6(日)〜12/6(日)
    周南市郷土美術資料館・尾崎正章記念館
     ☆常設展「尾崎正章たまて箱(1)制作の秘密」〜9/6(日)
     ☆第2回企画展「尾崎正章と山口一水会の仲間たち展」10/10(土)〜11/23(月・祝)
     ☆常設展「尾崎正章たまて箱(2)一水会にて」10/10(土)〜11/29(日)
     ☆第3回企画展「岩池和代展(仮称)」令和3年1/16(土)〜3/7(日)
     ☆常設展「尾崎正章たまて箱(3)油絵満載」令和3年1/16(土)〜3/7(日)

    【香川】
    丸亀市猪熊弦一郎現代美術館,☆企画展「猪熊弦一郎展 アートはバイタミン」 〜9/22(火・祝)

    【愛媛】
    久万高原町立久万美術館
     ☆2020年度自主企画展「大正・戦前 愛媛の洋画家たち―青春のうごめき(仮称)」9/5(土)〜11/23(月・祝)

    【熊本】
    天草市立天草キリシタン館,☆「天草を描くー鶴田一郎と大西靖子の世界―」〜11/30(月)

    【鹿児島】
    長島美術館
     ☆児玉美術館・三宅美術館・長島美術館 連携企画
     「没後50年海老原喜之助展 油彩、水彩、デッサン…描き続けた日々」9/19(土)〜11/23(月・祝)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12493] 【洋画】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/08/25(Tue) 20:17:09  

     初秋から見られる外国絵画の新しい展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて訪問の参考にしてください。また、変更等がないか当該館のオリジナル情報を必ず参照してください。

    【東京】
    東京国立近代美術館
     ☆「眠り展:アートと生きること ゴヤ、ルーベンスから塩田千春まで」 11/25(水)〜令和3年2/23(火・祝)
    国立新美術館
     ☆「カラヴァッジョ 《キリストの埋葬》展(仮称)」<会期変更・未定>

    【山梨】
    山梨県立美術館,☆特別展「クールベと海 フランス近代 自然へのまなざし」9/11(金)〜11/3(火・祝)<タイトル追加>

    【京都】
    美術館「えき」KYOTO,☆「キスリング展 エコール・ド・パリの巨匠」9/12(土)〜10/25(日)

    【長崎】
    佐世保市博物館島瀬美術センター
     ☆「ロートレックと136人の画家たち ドガ、マネ、ミュシャたちが描いたパリの美しき時代」11/19(木)〜令和3年1/10(日)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12492] 【兵庫】神戸市立小磯記念美術館/パリ、フランス/従軍画家 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/08/16(Sun) 22:40:09  

     六甲アイランドの神戸市立小磯記念美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=2では、館蔵品による企画展示を開催中です。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆コレクション企画展示「パリ、フランスへの憧れ」
     小磯良平作品選II「終戦75年 従軍画家・小磯良平が見たもの」〜9/22(火・祝)
         月曜休館(祝日の場合は翌日)
         入館料金:大人200円 大学生100円 高校生以下無料 
              神戸市内在住で65歳以上の方 無料(要住所・年齢証明)
              障がい者手帳など持参の方 無料
     西洋美術の研究に熱心であった小磯良平は、1928-30年と1960年の2度、パリに長期滞在したが、日本人を魅了した文化・芸術の中心地フランスでの、小磯をはじめ神戸にゆかりのある画家ら10数名の作品を一堂に紹介。
      小磯良平《オーヴェル風景》1960年 水彩、鉛筆・紙
      中西利雄《フランス風景》1929ー30年頃
      林重義《モンマルトル》1930年
      角野判治郎《踊り子C》1928年  
      三木朋太郎《カーニュ風景》1927ー31年頃
      西村功《メトロホームの人たち》1990年 油彩・キャンバス など

     優れた素描力を持つゆえ、日中戦争・太平洋戦争期に軍部からの要請で計4回従軍して描いた小磯の戦前・戦中・戦後期に焦点を当て、初公開の兵士素描を含む作品を展示。
      小磯良平《兵士D》1938-41年頃 コンテ・紙
      小磯良平《翼》(『新女苑』表紙画)1940年頃 油彩・キャンバス
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
     ここしばらく、大阪市内方面へは出入りしていない私ですが、8/12(水)阪神沿線に出張があったので、帰りに立ち寄れる館を探して、小磯記念美術館に立ち寄りました。
     今度は、洋の香りを得られる展示を求めて…館蔵品による展示ですが、この企画もコロナ自粛とは関係なく企画されていたもの。展示パネルによると、オリンピックがフランス語公用語、また次がパリ五輪とのことで、東京オリンピック関連企画にするはずだったとのこと。「従軍画家」も戦後75年で、今年必須の企画だったよう。
     
     さて、小磯良平は戦前・戦後にそれぞれ1回ずつ渡仏。フランスで同道した画家たちの傾向も違っているようです。戦前はパリ中心、明治頃の印象派的風景ではなく、荒々しいフォーヴなタッチでパリの町並みを描くのが流儀だったようです。都会的な活気というか雑さもあらわれます。戦後は、マルケやビュッフェのような、すっきりした線で描かれ、郊外にも目が向くことが多い。日本人、それも神戸付近の人々のフランスへの関心、というものも何となく、感じることができました。

     戦争時期の画。兵士を描いたものも、その時代の人々を描いたものもありましたが、戦時中の小磯の言葉で、「軍を描くことに賛意のあるものも反対するものにも共感できない」というものには、考えるものがありました。「従軍画家」ということも、小磯にとっては、技術を買われただけで軍に協力しているつもりもなく、絵画で反戦を表現するわけでもない、ということでしょう。

                明日香 光二/馬場 英明


      [No.12491] 【奈良】犬養万葉記念館/令和に生きる犬養万葉 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/08/16(Sun) 22:38:15  

     明日香村の南都明日香ふれあいセンター 犬養万葉記念館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=29&c=73
    で開催中の展示を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆特別展「令和に生きる犬養万葉ー『万葉の旅』から56年」〜9/29(火) <タイトル確定>

        水曜休館
        入館無料
     万葉集の歌が歌われた現地を訪れて、その歌や歴史を味わう「万葉風土学」を確立した犬養孝の名著『万葉の旅』全3巻が昭和39年に世の中に出てから、56年が経つ。後に万葉歌の詠われた背景の万葉故地が注目を浴びるようになり、犬養の講演や書物などを通して、「ふるさと」を再認識した人や「万葉の旅」というテーマ旅が定着。新時代「令和」を迎えて、犬養孝博士の『万葉の旅』の全国への取材の旅を振り返る。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
     8/16(日)に、明日香村を訪れました。ここしばらくの熱暑の中、朝から石舞台古墳にも全く人がいない状況でした。コロナだけでなく、この気候の中で人が少ないのは仕方ないか…
     大学時代には、真夏に万葉旅行で、合宿のようだったことを思い出しました。熱暑の中も、山陰や、九州や、北陸や南紀を歩き、その世界にひたっていたことを。
     古代に都であり、万葉集の歌も最も多く集まる奈良・明日香だけでなく、本当に全国の万葉歌どころ(万葉故地と言う)を、昭和30年代に極められ、それを本にするまでの過程…スケッチ入りの自筆ノートがずらっと展示されています。その20年後、30年後に私はご一緒させていただいていたのです。昭和30年代、50〜60年代、そして現在までの「万葉のふるさと」の本当の変遷、そして私の中での変化も感じることが出来ました。
     犬養先生や大勢の仲間とたたずんで万葉歌を歌った山陰の海岸、そして何度も何度も一人でたたずんだ同じ場所。
     「令和」誕生で盛り上がったかに思える『万葉集』ですが、学校で学んだり親しむことが少なくなっているのです。「万葉のふるさと」として旅の定番になるように願っています。

                  明日香 光二/馬場 英明


      [No.12490] 【京都】国立近代美術館/所蔵作品にみる京のくらし 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/08/16(Sun) 20:11:50  

     岡崎公園の京都国立近代美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=22では、所蔵品による京都の季節を感じる展示を開催中です。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆京都国立近代美術館所蔵作品にみる「京(みやこ)のくらし―二十四節気を愉しむ」〜9/22(火・祝)
        月曜休館(祝日の場合は翌日)
        開館時間:午前9時30分〜午後6時(金曜は午後8時まで、入館は閉館の30分前まで)
          *新型コロナウイルス感染拡大防止のため、開館時間は変更となる場合あり
           館内の混雑を避けるため、混雑時には整理券を配布のうえ入館制限を行い、
           整理券の配布は無くなり次第終了)
        入館料金:一般1000円(800円) 大学生:500円(400円)
              ( )内は20名以上の団体および夜間割引(金曜 午後5時以降)
            高校生以下・18歳未満は無料
            心身に障がいのある方と付添者1名は無料(要照明)
     くらしと自然、芸術が密接な関係を築いてきた街・京都で、季節の移ろいを把握する目安の二十四節気に沿って、京都のくらしに息づく自然現象や草花、生物、祭や行事などを、当館コレクションから精選した美術・工芸作品に加え、映像資料によって紹介。一年を通してのくらしと自然そして芸術の豊かな関わりを体感し、現代生活を改めて考えるきっかけとする。

    立夏:福田平八郎「竹」昭和17年、紙本、着色、額
       安藤緑山「竹の子に梅」牙彫置物、大正〜昭和初期、象牙、彫刻・着色
       正阿弥勝義「蓮葉に蛙皿」明治時代、素銅、平象嵌(金)
    夏至:加藤源之助「糺の祠」明治40年、紙、水彩、額
       千種掃雲「下鴨神社夏越神事」不詳、絹本、着色、軸
    小暑:北沢映月「祇園会」昭和11年、絹本、着色、二曲一隻屏風
       不動立山「夕立」昭和5年、絹本、着色、額
       安藤緑山「胡瓜」牙彫置物、大正〜昭和初、象牙、彫刻・着色
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
     忙しさにも一息ついた8/10(月・祝)の午後、安らげる美術展示を求めて、京都へ行きました。もっとも、昨今の気温では、寺社巡りをする気力はありません。

     このテーマでは、京都文化博物館で見るような展示なのですが京近美ではめずらしい。「混雑時には整理券配布」と館サイトにありましたが、それほど人気になる展示ではなかろうと判断、そのとおりでした。

     季節の展示だけれど、中央の階段を上がった展示室入り口は、ちょうど晩夏。北沢映月「祇園会」で迎え。祇園祭が縮小されて寂しい、京都への旅人を慰めるような構成か。山鉾の図ではなく、町家の座敷でくつろぐ人たちを描き、私たちは屏風巡りをして見る景色の感覚です。もっとも、この展示企画自体は、コロナ自粛が相次ぐ前から企画されていたはずですが。

     京都市中だけでなく、郊外の農村風景や季節の植物も多く掛けられ、淡い色彩の中で、(外は猛暑なのに)涼しく、季節巡りをすることができました。私たちの感覚では、一月ぐらい先行する感のある「二十四節季」ですが、その季節感を勉強できました。絵画だけでなく、彫刻・工芸の立体ものも多く並べられていたのですが、なかでも野菜や小動物などを精巧に表現した「牙彫置物」が年間通して並べられ、今回の展示の特徴だったように思います。
     最近NHKーBSで京の山里、花脊の旅館の四季の物語をシリーズで放送されているのが好きなのですが、展示にそんな雰囲気が漂っていました。

                   明日香 光二/馬場 英明


      [No.12489] Re: 【富山】市ガラス美術館/ミクロコスモスほか 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/08/16(Sun) 15:48:38  

    Quitaさん、こんにちは

    うーん私は、富山県では、高岡に親しくて、富山市という町はほとんど散歩したことがありません。比較的最近にできたこの富山市ガラス美術館も含め、富山市内ミュージアム巡りをせねば。北陸新幹線に松井山手駅ができれば、ぐっと近くなるのですが…(それではいつになるやら)

     ガラスの展示物、間違いなくきらびやかで鑑賞の価値あり、というところですが、陶芸のようなガラス作品、「トンボ玉」の閉じ込められた小さな世界しか頭にありませんでした。「小さなガラスを集めたインスタレーション」「グラスアートガーデン」というような単一の展示物ではない展示構成がされていると、なおのこと館として訪ねる価値あり、と思います。

    > 建物は富山市立図書館と一体になった特徴あるもので、隈研吾設計でした。確かにこの人の建築と思うところがあります。新国立競技場よりも西武鉄道の観光列車の内装とイメージが似ています。

     最近は、建築家の名前、個性もずいぶん報道されるようになってきて、ミュージアムを含め、公共建築物そのものが、都市計画の中での展示のようになって、意義あることだなぁと思います。
     専門に興味があるものではないものにとって、かつては建築家って丹下健三、黒川紀章という大家、そして関西人の私にとっては安藤忠雄、という名前ぐらいしか存じあげませんでした。京都駅の原広司、関西空港のレンゾ・ピアノなど最近の特徴ある建築物に設計者名が紐付けられて、またガウディやル・コルビュジェなどが世間的にも大きく取り上げられるようになって、建築が一気に芸術作品になった感じです。新国立競技場はまた、ザハ・ハディドそして隈研吾という、専門家の名前を知らしめてくれたと思います。

                       明日香 光二/馬場 英明  


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 暗証キー

    - Web Forum -
    - Antispam Version -