ほっとミュージアム 談話室
[ホームへもどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 発言サイズは画像も含めて130KBまで、URLは20個までです。
  • その他[留意事項]を良くお読みの上ご利用ください
  • 新規紹介用 でワード検索すると、フォーマット発言が開きます

  •   [No.11266] 【奈良】県立万葉文化館/『天上の虹』にみる創造の世界 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/07/19(Thu) 00:10:02  

     明日香村の奈良県立万葉文化館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=29&c=75で開催中の展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「マンガで語る古代大和―学術と創造の融合
       ―『天上の虹』にみる創造の世界」〜9/30(日)
          月曜休館(祝日の場合は翌日)
          入館料金:一般 1000円、高大生500円 中学生以下無料
     本展では、マンガ作品と文学・歴史学・考古学の成果を有機的に結びつけ、現代に創造された「古代大和」のひとつのイメージを学術と創造の融合を目的として辿る。長年の調査研究のもと描かれ、2015年ついに完結となった里中満智子氏の『天上の虹』〈全23巻〉より、冒頭の大化の改新から我が国の古代最大の内乱とされる壬申の乱までの1巻から7巻を中心とした原稿と、関連する資料の一部を併せて紹介。
      里中満智子氏『天上の虹』1巻〜7巻より原稿 約160点
      学術資料として『万葉集』『日本書紀』といった古典籍や、
            文学・歴史学・考古学の成果を写真資料として併せて紹介。

    特別講演会:7/29(日)午後2時〜(1時30分受付開始)
     里中満智子 氏 先着250名 申込不要・参加無料

    関連講演会:8/11(土・祝)午後2時〜 先着150名 申込不要・参加無料
    「『天上の虹』と万葉集―有間皇子・う野讃良皇女・額田王―」村瀬憲夫 氏(近畿大学名誉教授)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11265] 【京都】工芸繊維大学 美術工芸資料館/華やかなフランス・ポスター 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/07/19(Thu) 00:08:45  

     地下鉄松ヶ崎の京都工芸繊維大学 美術工芸資料館(アート&デザインフォーラム)http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=27
    で行われているポスターの展覧会を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「華やかなフランス・ポスター ベル・エポックを中心に」〜8/11(土・祝)
       日祝休館(ただし8/11(土・祝)は開館)
       入館無料
     京都高等工芸学校開校時より、フランスのポスターはデザイン教育の重要な資料として収集・活用され、400点を超えるフランス・ポスターのコレクションが美術工芸資料館の核となっている。
     19世紀末から20世紀前半にかけてのフランスは卓越した多色石版技術でジュール・シェレを始め、トゥールーズ=ロートレックやミュシャ、カッサンドルからサヴィニャックまで名だたるデザイナーたちを輩出した。ポスターはパリの風物詩であり、パリの風俗を色鮮やかに伝える証言でもある。本展では、19世紀末のアール・ヌーヴォーから1920年代のアール・デコまでのベル・エポックのポスターを中心に、商品や観劇、博覧会や戦争といった時代の諸相を切り取った鏡としてのポスターを紹介する。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11264] Re: 【岐阜】県現代陶芸美術館/驚異の超絶技巧!明治工芸から現代アートへ[6/30(土)〜] 投稿者:   投稿日:2018/07/17(Tue) 21:13:21  

    こんにちは

     7月14日に岐阜県多治見市の岐阜県現代陶芸美術館の「驚異の超絶技巧!」を見てきました。

     文字通りの超絶技巧の工芸でした。

     プロローグ的な展示の後、並河靖之と濤川惣助の"2人のナミカワ"による七宝に始まり、陶磁、漆工、金工、木彫...といったものが続きます。陶磁や金工他の優れた作品はまだ見る機会が多くありますが、珍しいのは牙彫、自在、刺繍絵画といったものでした。安藤緑山による牙彫はこれが牛の角から作られたとは信じられないものです。自在は可動式フィギュアの走りといったもので、基本的には余技だけれども、これを余技で作れるのは相当の技量です。

     今回の展覧会の素晴らしいのは、明治年間からの超絶技巧作品だけでなく、最近の作品があることです。前原冬樹は一木から皿とサンマを掘り出したりする超絶的な木彫であり、大竹亮峯の作品は自在を継ぐものです。青山悟は刺繍絵画を継ぐと言って良いですが、蓄光染料を使って暗いところで光る作品としているのは、古くからの技術と現代の技術の素晴らしい融合です。


      [No.11263] 【和歌山】県立近代美術館/なつやすみの美術館8 タイムトラベル 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/07/16(Mon) 09:04:42  

     和歌山城下の和歌山県立近代美術館http://www.momaw.jp/では、夏休み向け展覧会が開催中です。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆なつやすみの美術館8「タイムトラベル」〜9/2(日)
          月曜日(7/16は開館し、翌17日に休館)
          入館料金:一般510円 大学生300円  ( )内は20名以上の団体料金
                 高校生以下、65歳以上、障害者の方、
                 県内に在学中の外国人留学生は無料、
                 毎月第4土曜日(7/28と8/25)は「紀陽文化財団の日」として大学生無料
     実際には実現しない、過ぎ去った時間へ、そしてまだ来ない時間への旅だが、作品を通して時間の旅に出ることができる。いろいろな作品の中に重なる、宇宙の時間、歴史の時間、自然の時間、人間の時間、時間そのもの、制作の時間、死後の時間、遺る時間、ちょっと先の時間を見つける。時間のあり方を探し、時間について考え、作品と時間との関係を読み解く。
       川口 軌外《顔》1918(大正7)油彩、板
       吹田 文明
《銀河の創世》1982(昭和57)木版、紙   
       吉田 政次
《ミニとデモの時代 No.1》1968(昭和43)木版、紙

    ワークショップ「2000年後の和歌山を発掘しよう!」7/29(日)午後1〜4時
    柴川敏之氏 (美術家・就実短期大学教授)
    申込:
和歌山県民文化会館『アート・ワークショップ』係 073-436-1331まで
    主催:和歌山県・一般財団法人 和歌山県文化振興財団

    ギャラリートーク(学芸員による展示解説):9/2(日)午後2時〜

    だれでも美術館部(だれでも参加できる作品鑑賞会)8/11(土・祝)19(日)午後2時〜

    こども美術館部(隔月開催の小学生対象鑑賞会)8/25(土)「バック・トゥ・ザ・???」
     午前11時〜45分(10時20分〜11時まで受付、同伴保護者は要観覧券)

    たまごせんせいとわくわくアートツアー(和歌山大学美術館部の学生による鑑賞ガイド)
    8/14(火)〜18(土)、21(火)〜23(木)午前11時〜、午後1時30分、3時(約45分間)

    同時開催「コレクション展2018-夏秋 特集 鈴木昭男 音と場の探求」
          滋賀県立近代美術館所蔵 院展の画家たちIII 8/4(土)〜10/21(日)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11262] 【愛知】メナード美術館/え!からはじまる、ストーリー 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/07/16(Mon) 08:33:07  

     小牧市のメナード美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=23&c=93
    で開催中の夏休み向け展覧会を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆なつやすみ所蔵企画展「美術←→物語 え!からはじまる、ストーリー。」前期:〜8/5(日) 
                                        後期:8/7(火)〜9/24(月・休)

        月曜休館(但し7/16、9/17・24は開館)、7/17・9/18(火)
        入館料金:一般 900円 (700円) 高大生 600円 (500円) 小中生 300円 (250円)
              ※( )内は20名以上の団体料金
               ※障害者手帳をお持ちの方および同行者1名は無料       
               *宿題割引:夏休みの美術の宿題に取り組む学生は半額に
               *グループ割引:8/10(金)〜8/16(木)は4名以上で団体料金
     物語には、読めば情景が鮮明に脳裏に浮かび、絵画は、画中で展開される物語を想像させる、切っても切れない縁にある美術と物語。聖書やギリシア神話、オペラなどに触れた画家は、浮かんだイメージを多くの絵画に残し、文筆家たちはイメージを装幀や挿画、情景描写など文学的表現に活かそうとした。美術と文学のふたつの出会いによって生まれた新たな物語を当館のコレクションの「え(絵)」に探す。

    I ものがたりをエガク・いろどる。
        マルク・シャガール《アラビアン・ナイト》前後期合わせて全12点展示
        岸田劉生《麗子坐像》(前期) 《林檎を持てる麗子》(後期) .
       ジェームズ・アンソール《オルガンに向かうアンソール》1933.
        マックス・エルンスト《無題》1941 油彩、紙(グワッシュで彩色した板に貼付)
    II 詩・いろ・かたち。
        マルク・シャガール《神々の大地で》前後期合わせて全10点展示
        ジョルジュ・ルオー《悪の華 1936-38》前後期合わせて全12点展示 .
       高村光太郎《鯰》1931..
    III 今様ものがたり。
        舟越桂《絵巻物 ピノッキオ》1931. 
        瀧下和之《桃太郎図ノ番外》全14点
        絵本『どんぶらこ。』原画 2014 板、アクリル絵具  など


    I なつやすみSP メナード美術館で《桃太郎図ノ番外》の番外!「瀧下先生とつくる桃太郎図!」先着30名
    出品作家・瀧下氏と展覧会を鑑賞後、画家直筆のパネルをもとに自分だけの「桃太郎」の一場面を作る
     8/4(土)午後1時30分〜3時30分 瀧下和之氏(画家)
     メナード美術館 展示室 および 小牧中部公民館4階(当館西隣)
    対象:小中学生(小学生は保護者同伴)
    参加費:500円(入館料を含む)

     「作品展示」8/5(日)〜8/12(日)小牧中部公民館1階、美術館 アネックス・ホール(別館)入場無料
    こまき市民文化財団にて受付。TEL 0568-71-9700  FAX 0568-77-8207 へ
     参加者氏名(よみがな)・年齢・住所・電話番号

    「みんなのつくった鬼で鬼ヶ島をいっぱいにしよう!」アネックス・ホール(別館)

    II 詩作体験教室「”え!から詩集”を綴ろう」8/19(日)午後2〜4時、入館券のみ 申込先着25名(未就学児不可)
    村田仁氏(詩人)  美術館 展示室 および アネックス・ホール(別館)

    TEL・FAX・E-mail・当館受付のいずれかで(1)〜(3)を記入し、申込み(1件の申込は4名まで)
    (1)イベント名 (2)代表者氏名、電話番号 (3)参加者氏名(よみがな)小中学生は保護者名を明記
    申込先:メナード美術館イベント係
    TEL 0568-75-5787  FAX 0568-77-0626  E-mail museum@menard.co.jp

    III 学芸員によるギャラリー・トーク:午後2時〜(約20分)
                        8/18(土) いっしょに作品を読みときましょう
                        9/8(土) 展覧会についてお話します

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11261] 【大阪】 あべのハルカス美術館/チームラボ 学ぶ!未来の遊園地 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/07/16(Mon) 01:41:12  

     あべのハルカス美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=20 で開催中の夏休み向け展覧会を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「チームラボ 学ぶ!未来の遊園地」〜9/2(日)
        7/23(月)30(月)8/6(月)休館
        入館料金:大人1400円 中高生1000円 子ども(3歳〜小学生)600円
     共同的で創造的な人間になることをテーマにした教育的なプロジェクト「学ぶ!未来の遊園地」。プログラマ、エンジニア、CGアニメーター、数学者、建築家などデジタル領域のさまざまな分野のスペシャリストから構成されるウルトラテクノロジスト集団、チームラボによる、創造性を培う新感覚の体験アートイベントです。
      「すべって育てる!フルーツ畑」
      「グラフィティネイチャー−山と谷」
      「小人が住まう奏でる壁」
      「まだ かみさまが いたるところにいたころの ものがたり」
      「小人が住まうテーブル」
      「巨大!つながるブロックのまち」
      「花と共に生きる動物達」  など
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11260] 【大阪】文化館・天保山 /木梨憲武展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/07/16(Mon) 01:40:34  

     大阪文化館・天保山http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=6で開催中の展覧会を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「木梨憲武展 Timing−瞬間の光り−」〜9/2(日)
        会期中無休
        入館料金:一般1500円 高大生1300円 小中生500円
     今年6月、自らも得意とするストリートカルチャーの発信地、イギリス・ロンドンでの開催して披露した新作を中心に、絵画、ドローイング、映像、オブジェなど、表現方法に縛られない約130点の作品を展示。
       《REACH OUT》2018年
       《感謝》2013年
       《フェアリーズ》2015年
       《チュウ》1999年  など
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11259] 【兵庫】県立美術館/いもとようこの世界 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/07/16(Mon) 01:04:15  

     阪神岩屋の兵庫県立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=27で開催されている絵本原画展を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆絵本原画展「いもとようこの世界」〜9/2(日)
         月曜休館(7/16(月・祝)は開館、翌日休館)
         入館料金:一般1000円 高大生800円 小中生500円
     「日本の名作シリーズ」や「世界の名作シリーズ」「あかちゃんのためのえほんシリーズ」、NHK教育テレビ「いないいないばあっ!」の童謡アニメなど、誰もが一度は見たことのある、貼り絵に着色する独自の手法で、繊細で柔和な着色。全作品の中からオリジナル原画314点を展示。

    サイン会:7/16、28、29、8/4、5、11、12、9/1、2 午前11時から、各回先着100名
       (会場で作家著作本を購入の先着100名に整理券配布)

    読売テレビアナウンサーによる絵本読み聞かせ:8/5(日)午後1時〜30分、ミュージアムホールにて
       当日10時より整理券配布
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11258] 【徳島】県立近代美術館/佐野洋子の世界展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/07/16(Mon) 01:02:33  

     文化の森の徳島県立近代美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=36&c=1で開催中の絵本原画展を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆愛されて40年 『100万回生きたねこ』 「佐野洋子の世界展」〜9/2(日)
        月曜休館(7/16(月・祝)、8/13(月)は開館、7/17(火)休館)
        入館料金:一般1000円 高校生500円 小中生300円
              身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳提示者と介助者1名は無料
     ファンタジーの中に人間への鋭い観察と洞察を込めた深みのある世界で、絵本の世界に独自の存在感を放ち、『100万回生きたねこ』は、40年以上読み継がれている絵本作家・佐野洋子(1938-2010年)。本展では代表的な絵本の原画や版画作品など約130点で、佐野洋子のユニークで豊かな世界を紹介。
      『空とライオン』講談社 1982年
      『すーちゃんとねこ』こぐま社 1973年
      『わたしのぼうし』ポプラ社 1976年
      『あっちの女 こっちの猫』講談社 1999年

    美術館でおはなし会:県立図書館の司書:2Fロビーにて
     幼児から小学3年生程度対象、定員こども30名(保護者同伴可)、申込不要当日先着順

    ワークショップ「ねこの絵本をつくろう」7/29(日)午後1時30分〜3時30分(受付1時から)3Fアトリエにて
     幼児は保護者同伴、定員20名程度、申込不要当日先着順

    ワークショップ「ねこに変身しよう」8/19(日)午前9時30分〜午後3時30分(随時受付)
     2Fロビーにて、幼児は保護者同伴、申込不要、随時受付、所要時間の目安30分

    こども鑑賞クラブ「佐野洋子さんの世界」
     9/1(土)午後2時〜45分、2Fロビーに集合、小学生対象(保護者同伴可)、申込不要参加無料
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11257] 【滋賀】佐川美術館/生誕110年 田中一村展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/07/16(Mon) 00:28:22  

     守山市の佐川美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=25&c=31では、孤高の画家・田中一村の展示が開催中です。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「生誕110年 田中一村展」〜9/17(月・祝)
        月曜休館(8/13は開館、祝日の場合は翌日)
        入館料金:一般1000円 高大生600円 中学生以下無料(要保護者同伴)
     栃木に生まれた田中一村(1908-1977)は幼少期より南画を描き、1926年に東京美術学校へ入学後、2ヶ月で退学。以後、特定の師につかず、独学で画家人生を歩み、千葉で20年間ひたすら写生に没頭。奄美大島へ渡り亜熱帯の植物や鳥などを題材にした日本画を描き、独自の画業を追い求めるが、生前それらの作品を発表する機会もなく無名のままこの世を去る。孤高の画家・田中一村の幼少期から青年期にかけての南画、新しい日本画への模索、そして琳派を彷彿とさせる奄美の情景を描いた作品まで、各時代の代表作を含む150点以上の作品により、創作の軌跡と一村芸術の真髄に迫る。
      《桃果図》、《富貴昌図》、《菊水図》 1928年 
      《桐葉に尾長》 制作年不詳 
      《秋色》 1938年 
      《秋晴》 1948年8月
      《忍冬に尾長》 1956年頃 
      《初夏の海に赤翡翠》 1962年頃
      《枇榔樹の森に崑崙花》 1960年代
      《アダンの海辺》(〜8/19までの展示) など


    記念講演会:8/19(日)午後2時〜 ( 開場1時〜)樂吉左衞門館ロビーにて、定員100名(先着順)入館料のみ
      松尾知子氏(千葉市美術館上席学芸員)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 暗証キー

    - Web Forum -
    - Antispam Version -