ほっとミュージアム 談話室
[ホームへもどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 発言サイズは画像も含めて130KBまで、URLは20個までです。
  • その他[留意事項]を良くお読みの上ご利用ください
  • 新規紹介用 でワード検索すると、フォーマット発言が開きます

  •   [No.11562] 【京都】茶道資料館/旅する茶道具[後期:2/28(木)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/13(Wed) 23:46:53  

     堀川寺之内の茶道資料館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=10で開催中の展示を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆2019年新春展「旅する茶道具」後期:2/28(木)〜 3/31(日)
    (併設展「歳寒三友−新春を寿ぐ松竹梅−」)
        〜2/27と月曜休館
        入館料金:一般700円 大学生400円 中高生300円 小学生以下無料
     茶箱や旅箪笥、旅茶碗など持ち運びできる茶道具は、日常と異なる空間で茶を味わうために欠かせないもの。本展では、茶箱や茶弁当など携行する茶道具をはじめ、荷い茶屋や、江戸と京をつないだ御茶壺道中に関する諸資料、それらの場面を描いた絵画資料などを展示し、旅とともに人々が喫茶に親しんだ様子を展示。また、裏千家の歴代家元が旅先で造った茶碗など、旅に関連した茶道具も紹介。
      黒漆塗松竹梅蒔絵茶弁当
      キンマ鳥獣文茶箱
      黒漆塗紋蒔絵茶弁当
      赤茶碗 仙叟手造 元禄三年
      雑器盆 裏千家11代玄々斎直書
      鼈甲茶杓一双 銘抜天  など

    呈茶:入館者に無料の呈茶があり、抹茶と和菓子を提供 (午前10時〜午後4時)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11561] 【兵庫】たつの市立埋蔵文化財センター/中世のみほとけといのり 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/13(Wed) 23:45:55  

     播磨新宮のたつの市立埋蔵文化財センターhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=155で開催中の展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆特別展「中世のみほとけといのり」〜3/8(金)
       火曜と2/28(木、館内整理日)休館
       入館料金:高校生以上200円、小中学生100円(ココロンカード提示で無料)

     たつの市新宮町の白山神社に伝わる、焼き物の三尊仏(せん仏)と同じ型で作られたものが西播磨で多く見つかっており、最近石川県や岩手県でも確認されている。経塚と考えられていた佐用町の石積遺構が仏塔である可能性が見られるなど、新たな発見が。本展では、このような西播磨における中世の仏教関連の遺物や遺跡などを紹介し、当時の人々の信仰のあり方を探る。
       豊田城跡のせん仏(岩手県奥州市)
       光顕寺のせん仏(石川県)
       山吹山経塚の経筒(たつの市小宅神社)など

    講演会:3/2(土)午後2〜3時30分、定員40名(当日受付順)1時30分から受付開始、無料
    「播磨の経塚−経筒と埋納品が語る世界−」森内秀造氏(元兵庫県立考古博物館)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11560] 【岡山】県立美術館/小圃千浦 カリフォルニアに生きる 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/12(Tue) 23:44:35  

     岡山城下の岡山県立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=33&c=0では、米国へ渡った画家の展示を開催中です。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆岡山の美術 特別展示 岡山の作家☆再発見VIII
      「小圃千浦 カリフォルニアに生きる」〜3/10(日)
         月曜休館
         午前9時〜午後5時(2/22(金)は7時まで、入館は閉館30分前まで)
         入館料金:一般350円、65歳以上170円 大学生250円 高校生以下無料
     井原市に生まれ、1903年に渡米し、サンフランシスコでは『ジャパン』誌の挿絵画家を勤めた小圃千浦(1885−1975)は、28年には日本で木版画集《世界風景連作》を出版し、32年にカリフォルニア大学バークレー校美術科の講師になる。太平洋戦争中に収容所で小圃は美術学校を開設し収容者に活力を与えた。戦後の54年にはアメリカの市民権を得て、75年に同国で死去。日本画、水墨画、水彩画、木版画そして素描など、幅広い内容の約140点から、東洋と西洋が混在する小圃作品の魅力を紹介。
       《夕暮れの給水塔》1943年
       《悲しい窮状》1942年
       《北国の娘》1931年  など
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11559] 【茨城】県陶芸美術館/愛のヴィクトリアン・ジュエリー 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/12(Tue) 23:43:31  

     笠間芸術の森の茨城県陶芸美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=08&c=22では、イギリスのジュエリーの展示会を開催中です。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「愛のヴィクトリアン・ジュエリー」〜3/10(日)
         月曜休館
         入館料金:一般720円 満70歳以上360円 高大生510円 小中生260円
               満70歳以上の方、障害者手帳、療育手帳をお持ちの方及び付添者1名無料
               土曜日は高校生以下無料(長期休業日にあたる時を除く)
     19世紀にヴィクトリア女王が在位した時代の英国王室にまつわる宝飾品や著名なコレクションなど、技巧を凝らした金や銀、ダイヤモンドや象牙等の多様な素材によるジュエリーの数々を紹介。併せて、当時のウェディングや、亡き人を偲ぶためのモーニングなどの様々な装いや、アフタヌーンティーの豪奢な銀器によるテーブルセッティング、繊細なアンティーク・レースなど、華麗なる英国文化の粋を紹介。
       ピンクトパーズ&カラーゴールドスウィート 1830年頃 イギリス
       エメラルド&ダイヤモンド ゴールドセット 1830年頃 イギリス
       ターコイズ&ゴールドブローチ 1830年頃 イギリス
       若き日のヴィクトリア女王 1842年頃 F.Xヴィンターハルター工房 イギリス
       リガードパロックペンダント 1820-30年頃 イギリス
       エナメル&サファイア、ダイヤモンドネックレス 1880年頃 イギリス
       シードパールティアラ 19世紀初期 イギリス
       ダイアナ妃のダイヤモンドリング 1985年 フランス

    呈茶会「茶の湯とくらす」2/24(日)
     午前10時〜、10時50分〜、11時40分〜、午後1時〜、1時50分〜、2時40分〜、3時30分〜
     地下1階にて、海老澤宗香氏 定員各回10名(電話にて事前申込・先着順)参加費500円

    ギャラリートーク:3/9(土)午後1時30分から
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11558] 【新潟】市新津美術館/エドワード・ゴーリーの優雅な秘密 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/12(Tue) 23:42:24  

     花と遺跡のふるさと公園にある新潟市新津美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=15&c=10では、絵本の展示を開催中です。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「エドワード・ゴーリーの優雅な秘密」〜3/10(日)
        月曜休館(ただし2/18、3/4は開館)
        入館料金:一般700円 高大生500円 中学生以下無料
               新潟県立植物園・新潟市新津鉄道資料館の入館券提示で2割引
               障がい者手帳・療育手帳をお持ちの方は手帳提示で無料
     不思議な世界観と、モノトーンの緻密な線描の絵本作家エドワード・ゴーリー(Edward Gorey, 1925-2000)。ミステリー小説のような物語と、陰影や背景までもがペンで細かく描かれたイラストで、時に読者を不安な気持ちに陥れるゴーリーの作品。絵本だけでなく、彼自身がテキストとイラストの両方を手がけた「主著(Primary Books)」だけで100 冊を超え、さらに、他著の挿絵、舞台と衣装のデザイン演劇やバレエのポスターなど、多岐にわたる制作活動を行う。本展は、アメリカ各地を巡回した原画展を元に、個人コレクターの収蔵品を加え、貴重な原画・書籍・資料など約350 点を展示。
      :エドワード・ゴーリー『うろんな客』原画、1957年
                  『不幸な子供』原画、1961年
                  『華々しき鼻血』原画、1975年
      エドワード・ゴーリー、エドワード・リア『ジャンブリーズ』原画、1968年
      エドワード・ゴーリー、トマス・スターンズ・エリオット『キャッツ ポッサムおじさんの実用猫百科』原画、1982年
      エドワード・ゴーリー《空飛ぶ猫のいる自画像》複製、制作年不明
      エドワード・ゴーリー『キャッテゴーリー』(No.19)原画、1972年   など

    こどもタイム:会場に音楽が流れ、親子で会話を楽しみながら鑑賞
    会期中の第1・3木曜・日曜日 (2月17、21、3/3・7)午前10時〜午後1時

    絵本の読み聞かせ:3/2(土) 午前11時〜、午後2時〜(各回約30分)
      アトリウムにて、入館料のみ、申込み不要

    美術講座:3/3(日)午後1時30分〜3時、レクチャールーム、申込不要、無料
    「エドワード・ゴーリーの不思議な世界」学芸員

    ミュージアムコンサート「夜の秘密の音楽会」3/9(土)午後5時45分開場、午後6時30分開演
    (企画展観覧は開演前まで)アトリウムにて、バイオリン 庄司愛、佐々木友子
     1000円(企画展観覧料込)

    申込(先着順)3/3(日)までTEL. 025-243-4894(新潟市役所コールセンター午前8時〜午後9時年中無休)。
        先着100名、定員になり次第終了
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11557] 【神奈川】県立金沢文庫/伊藤博文と金沢 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/12(Tue) 23:41:18  

     神奈川県立金沢文庫http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=14&c=35で開催中の特別展を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆明治150年特別展「伊藤博文と金沢」〜3/10(日)
       月曜休館
       入館料金:20歳以上400円 20歳未満・学生250円 中学生以下・障がい者の方は無料
             中学生以下及び教育課程に基づく教育活動での高校生は無料
             障害者手帳/療育手帳/精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と介助者1名は無料
     横浜居留地の外国人にも親しまれた武州金沢は明治の元勲たちの別荘地でもあった。 富岡には三条実美、井上馨、松方正義、大鳥圭介などが別荘を構え、伊藤博文が明治20年に江戸時代から続く旅亭・東屋と夏島別邸において大日本帝国憲法の草案づくりを行った。明治30年、伊藤は洲崎(野島)に金沢別邸(現在の旧伊藤博文金沢別邸)を構え、皇太子時代の大正天皇や皇族、西園寺公望や若槻礼次郎なども訪れた。
     また、伊藤は荒れた金沢文庫の復興に協力し、憲法関係資料を寄贈し、神奈川県立金沢文庫所蔵となった。本展では伊藤博文を軸に明治の元勲たちと金沢との関わりやそのころの金沢の様子を、伊藤博文寄贈の明治憲法関係資料、東屋資料、楠山永雄コレクションなどで紹介。
       書籍 条約類纂(伊藤博文署名)
       版画 名勝美人画武蔵金沢 楠山永雄コレクション
       工芸 伊藤博文書愛蓮図屏風 松本家寄贈
       絵画 富岡御別荘之下画 個人蔵
       郷土資料 「四時総宜之楼」扁額 東屋資料
       古文書 赤坂離宮元会食所を金沢へ曳建図 横浜開港資料館所蔵
       古文書 西園寺公望書状 泥亀永島家寄贈 など

    展示解説:学芸員による、木曜日午前11時から
          ボランティアによる、土日、国民の休日午後2、3時から、
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11553] 【兵庫】兵庫県立美術館/昭和・平成のヒーロー&ピーポー 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/10(Sun) 23:25:36  

     阪神岩屋の兵庫県立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=27で行われている企画展を紹介します。
     
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「Oh!マツリ★ゴト 昭和・平成のヒーロー&ピーポー」〜3/17(日)
        月曜休館(祝日の場合は翌日)
        午前10時〜午後6時(金土は8時まで、入場は閉館30分前まで)
        入館料金:一般1300円 大学生900円 70歳以上650円 高校生以下無料
             障がいのある方(70歳以上を除く)は各当日料金の半額、介護の方1名は無料。
     20世紀のはじめから現代へと至る日本の美術に現れた社会的な関心について、特別な存在(ヒーロー、カリスマ、正義の味方)と無名の人々(公衆、民衆、群集)という対照的な人間のありかたに注目する展示。 本展で注目する特別な存在=「ヒーロー」は、無名の人々の集団=「ピーポー」が直面する困難やその願いを映し出す鏡としての役割を担う。本展では「ヒーロー」や「ピーポー」とは何かという問いに応えようとしてきた昭和と平成の作品を5つのテーマ「集団行為」「奇妙な姿」「特別な場所」「戦争」「日常生活」に沿って見る。4名の作家=会田誠、石川竜一、しりあがり寿、柳瀬安里による本展のための最新作も紹介。
    「集団行為 陶酔と閉塞」
       『ガロ』1964 年 9 月号~1971 年 10 月号(青林堂)
    「奇妙な姿 制服と仮面」
       今和次郎『黄金バット 電気機関車』(蟻友会)
    「特別な場所 聖地と生地」
       『下丸子文化集団叢書II 高島青鐘詩集』
       『観て来た沖縄』nos. 1-7
        金城哲夫 (1938-1976)の本土渡航用パスポート
    「戦争 悲劇と寓話」
      『第十一回国際オリムピック大会水上競技実況放送(女子二百米平泳決勝) 伯林オリムピック・プールより 川西三省』
        (ニュース・レコード 日本放送協会著作権所有 , ポリドールレコード)
      『大東亜戦史 第二部 大詔渙発 鵬の羽博くところ(ハワイ海戦)』
        (編輯 社団法人同盟通信社、製作 帝国蓄音機株式会社)
       千人針(虎柄)
      『ハワイ・マレー沖海戦』(東宝)リーフレット
    「日常生活 私と私たち」
       グリコ・森永事件 怪人二十一面相からの手紙 インク(ワードプロセッサー)・紙
       大阪読売新聞原稿「償いは今日から始まる 二十一面相諸君へ」  など

    映画上映会:2/22(金)23(土)24(日)3/8(金)9(土)10(日) 
     山本嘉次郎監督『ハワイ・マレー沖海戦』1942年
     瀬尾光世監督『桃太郎 海の神兵』1945年
     本多猪四郎監督『ゴジラ』1954年
     ミュージアムホールにて 観覧料:1,000円(展覧会観覧券により500円に割引)。定員250名

    DVD上映会:『月光仮面』や『ウルトラセブン』などのテレビ放映された作品
     3/15(金)16(土)17(日)レクチャールームにて、入館券のみ、定員100名


    学芸員による解説会:2/17(日)小林公氏(学芸員)午後2時〜約90分、レクチャールームにて、定員100名


    ボランティアによるスライド解説:日曜日午前11時〜約15分、レクチャールームにて、定員100名
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11552] 【兵庫】県立歴史博物館/姫路 今むかし 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/10(Sun) 23:22:01  

     姫路城下の兵庫県立歴史博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=38で開催されている展覧会を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「姫路 今むかし partIII」〜3/24(日)
        月曜休館(祝日の場合は翌日)
        入館料金:大人500円 大学生350円 高校生以下無料
             70歳以上と、障がい者および介護者1人は無料

     明治・大正・昭和・平成と続く姫路の今昔の変遷は、過去2度企画を行ったが、古写真を中心とした過去の懐かしい風景との再会は、続編の開催が待ち望まれた。平成の30年余の一つの時代が区切りを迎える中、身近な生活文化を、自分史の中での過去と現在の出会いを満喫する。
      観光の姫路と其附近(戦前の鳥瞰図部分)
      昔の姫路城(姫路城鳥瞰図)
      明治末年の御幸通/古写真
      大正15年の姫路市街全図
      姫路交通自動車双六
      公会堂竣功記念絵葉書(昭和6年)など

    (1)展覧会ガイド:2/24(日)午前11時〜
    (2)歴史の旅(見学会)「姫路城内じっくり見て歩き」3/8(金)午後1〜4時、要事前申込み
      定員30名(参加者が20名に達しない場合は開催しない) 案内:堀田 浩之氏(展示担当者)
     申込方法:館サイトもしくは往復はがきで
     往復はがき(1人につき1枚)〒670-0012 姫路市本町68番地 兵庫県立歴史博物館 事業企画課まで
      (1)講座名(2)住所(3)氏名(ふりがな)(4)年齢(5)電話番号(6)友の会会員の方は会員番号
        応募多数の場合は抽選(結果は申込者全員に通知)
    (3)れきはくアカデミー:3/17(日)地階ホールにて、午後2〜3時30分、先着100名
    「城郭史への招待」堀田 浩之氏(展示担当者)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11551] 【兵庫】赤穂市立有年考古館/東有年・沖田遺跡展/江戸時代の村の風景 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/10(Sun) 23:20:34  

     赤穂市立有年考古館
    http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=106で開催中の展示を紹介します。 
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆企画展「県指定史跡 東有年・沖田遺跡展」〜3/31(日)
       火曜休館(祝日の場合は翌日)
       入館無料
     赤穂市有年地区の県指定史跡のうち、20棟をこえる弥生・古墳時代の建物跡が見つかった東有年・沖田遺跡について紹介。 遺跡の南側でみつかった弥生時代終末期(約1800年前)の大きな溝からは、岡山県や香川県、山陰地方から持ち込まれた土器が多く出土、古墳時代後期(約1500年前)の集落跡からは、日本最古級の土製の馬形(土馬・祭祀用に粘土でつくられた馬)が出土。こうした重要な遺物を中心に、展示・紹介。

    ☆企画展「江戸時代の村の風景−有年村絵図展−」〜4/8(月)
     赤穂市有年地区に残された、村の会所が作成した「村絵図」。山陰や田畑の所有者、河川の堤防や農業用水路の光二、水利権や山林所有権の話し合いを目的に作られ、今では失われた江戸時代の村の風景が克明に描き出されている。本展では、絵図資料や現代のようすとの対比を通じて、江戸時代の村の風景を紹介。
      「原村文書」内絵図資料(赤穂市指定文化財)
       「赤穂郡絵図」(天明7・1787年)
       「原村御普請所絵図」(文化年間)
       「原村洪水絵図」(江戸後期か) ほか
      「楢原村絵図」
      「有年駅御本陣御退場絵図」など
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11550] 【兵庫】横尾忠則現代美術館/横尾忠則 大公開制作劇場 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/10(Sun) 11:17:29  

     王子公園の横尾忠則現代美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=14で開催されている展示を紹介します。
     
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「横尾忠則 大公開制作劇場〜本日、美術館で事件を起こす」〜5/6(月・振)
        月曜休館(祝日の場合は翌日)
        午前10時〜午後6時(金・土は8時まで、入場は閉館の30分前まで)
        入館料金:一般700円 大学生550円 70歳以上350円 高校生以下 無料
             障がいのある方(70歳以上除く)は各観覧料金の半額。介護者1名無料
     1980年代アトリエのなかった横尾が、制作できる場所を求めてやむなくとった手段が公開制作だったが、アトリエが完成した後も様々な場所で公開制作の機会を持つ。2000年以後、公開制作において「Y字路」は一つのフォーマットとして展開し、各地の美術館で開催される個展にあわせて、その土地にちなんだ"ご当地Y字路"が次々と生み出され、横尾自身が仮装して制作するPCPPP(Public Costume Play Performance Painting)も行われる。横尾がこれまでに公開制作で描いてきた作品を、映像・写真などの資料とともに紹介。
     横尾は公開制作を演劇にたとえ、観客と横尾が舞台の上で起こす事件その共犯関係が成り立つ事件の現場を検証することで、横尾の制作に対する姿勢や創造のプロセス、その変遷を辿る。
    《Lisa Lyon in Kobe, July 22, 1984 (No.3)》 1984年 
    《青い沈黙》 1986年 
    《赤い夢》 1989年 蔵
    《猫のいるY字路》 2008年 
    《物語の始まりと終わり》 2011年 
    《N.P》 2012年 作家蔵

    百花繚乱華舞台:3/3(日)午後2時〜
    三代目澤村謙之介、天海翼(若座長)、天海翔、澤村一也 ほか 当館オープンスタジオにて、無料

    キュレーターズ・トーク:3/16(土)、4/20(土)午後2時〜45分 オープンスタジオにて、入館料のみ

    手話通訳付き キュレーターズ・トーク:2/11(月・祝)午前10時〜40分、入館料のみ
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 暗証キー

    - Web Forum -
    - Antispam Version -