ほっとミュージアム 談話室
[ホームへもどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 発言サイズは画像も含めて130KBまで、URLは20個までです。
  • その他[留意事項]を良くお読みの上ご利用ください
  • 新規紹介用 でワード検索すると、フォーマット発言が開きます

  •   [No.10560] 【長崎】県美術館/アートたけし展[3/10(金)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/03/09(Thu) 22:40:02  

     出島近くの長崎県美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=42&c=17
    で明日3/10(金)から開催される展覧会の紹介をします。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「アートたけし展」3/10(金)〜4/16(日)
        3/13(月)、4/10(月)休館
        入館料金:一般1200円 高大生・70歳以上900円 小中生700円

     芸人として、鋭い切り口で時評を語るビートたけし。俳優、映画監督・北野武としてもマルチな才能を持つビートたけし。
    本人の発案により展覧会の開催が決定。版画や絵画、コラージュ作品など約100点を初公開。目的も狙いもメッセージもなく、作品タイトルもなく、たけしの子どものような視点から浮かぶ風景の数々、不思議な人物、車、ちょっとエッチな作品も…!? ユーモア溢れる作品を展示。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                          明日香 光二/馬場 英明


      [No.10558] 【東京】国立新美術館/ミュシャ展 [3/8(水)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/03/07(Tue) 22:51:46  

     六本木の国立新美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=72では、3/8(水)から、ミュシャの大きな展覧会が開催されます。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆国立新美術館開館10周年 チェコ文化年事業 「ミュシャ展」 3/8(水)〜6/5(月)
         火曜日休館(ただし、5/2(火)は開館)
         開館時間:午前10時〜午後6時(金曜と4/29(土)〜5/7(日)は8時まで、入場は閉館の30分前まで)
         入館料金:一般1600円 大学生1200円 高校生800円
              中学生以下および障害者手帳を持参者(付添者1名を含む)は無料
              3/18(土)19(日)20(月・祝)は高校生無料(要学生証提示)
     アール・ヌーヴォーを代表する芸術家の一人、アルフォンス・ミュシャ(チェコ語発音ムハ、1860-1939)は、オーストリア=ハンガリー帝国領モラヴィア(現チェコ)に生まれ、27歳でパリに渡って活躍し、50歳で故郷に戻り、晩年の17年間を捧げた画家渾身の作品《スラヴ叙事詩》(1911-1928年)を制作。
     本展はこの、スラヴ民族の苦難と栄光の歴史を映し出す壮大なスペクタクル作品《スラヴ叙事詩》をチェコ国外では世界で初めて、全20点まとめて公開。パリで活躍したミュシャが《スラヴ叙事詩》を描くに至るまでの足跡を約100点の作品を通じて辿りつつ、これら幻の最高傑作の全貌を一挙、紹介。
      《自画像》1888年 鉛筆/紙
      《ジスモンダ》1895年 リトグラフ/紙
      《蛇のブレスレットと指輪》1899年 金、エナメル、オパール、ダイヤモンド
      《四つの花「カーネーション」「ユリ」「バラ」「アイリス」》1897年 リトグラフ/紙
      《四芸術「詩」「ダンス」「絵画」「音楽」》1898年 リトグラフ/紙
      《スラヴの連帯》1910-11年 油彩/カンヴァス
      《1900年パリ万国博覧会「ボスニア・ヘルツェゴヴィナ館」壁画の下絵》1899-1900年 墨/紙
      《自力II 犠牲と勇気 プラハ市民会館壁画(下絵)》1911年 油彩/カンヴァス
      《ヒヤシンス姫》1911年 リトグラフ/紙
      《第6回ソコル祭》1912年 リトグラフ/紙
      《スラヴ叙事詩「原故郷のスラヴ民族」》1912年 油彩、テンペラ/カンヴァス
      《スラヴ叙事詩「スラヴ式典礼の導入」》1912年 油彩、テンペラ/カンヴァス
      《スラヴ叙事詩「東ローマ皇帝として戴冠するセルビア皇帝ステファン・ドゥシャン」》1923年 油彩、テンペラ/カンヴァス
      《スラヴ叙事詩「スラヴ菩提樹の下でおこなわれるオムラディナ会の誓い」》1926年(未完成) 油彩、テンペラ/カンヴァス
      《スラヴ叙事詩「スラヴ民族の神格化」》1926年 油彩、テンペラ/カンヴァス  など

    記念講演会:3/8(水)3階講堂にて、午後2〜3時30分(1時30分開場)定員260名(先着順)入館料のみ
    「ミュシャとムハ、アール・ヌーヴォーから《スラヴ叙事詩》への道」
         ヴラスタ・チハーコヴァー(美術評論家・ミュシャ展共同監修者)

    「チェコビーズで楽しむビーズ織り講座」4/22(土)30(日)午後2時30分〜4時、3階研修室Aにて
      佐古孝子氏(ビーズ織り作家、「サコタカコ創作ビーズ織り」
      対象:中学生以上、未経験者も歓迎 定員各回とも30名(事前申込制) 入館券のみ
    応募方法:往復はがきに
     往信:参加希望日、希望人数(1グループ2人まで)、代表者の住所・電話番号、参加希望者全員の氏名・年齢
     返信:返信先の郵便番号、住所、氏名
     応募先〒104-8011 東京都中央区築地5-3-2 朝日新聞社 文化事業部内「ビーズ織り講座担当」宛て
     3/21(火)消印有効 、はがき1枚で1グループ2人まで、どちらかの回のみ、応募多数の場合は抽選

    「チェコアニメ上映会」3階講堂にて、5/5(金・祝)6(土)7(日)午前11時〜正午、:午後2〜3時
     日本語字幕付き、定員260名(先着順、入替制) 入館券のみ
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                          明日香 光二/馬場 英明


      [No.10553] Re: 【長野】北斎館/風景絵画の世界 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/03/07(Tue) 21:01:57  

    Quitaさん、こんにちは

    > 「北斎絵画の新たな展開」の後半として「風景絵画の世界」が展示されています。
    >第三章「葛飾北斎肉筆名作選」です。ここに来ると、この美術館の中心はこちらだと感じます。

    展覧会タイトルが、風景「版画」ではなく、風景「絵画」なのがミソ、ですね。
    「鳥瞰図」も興味があるのですが、南画や水墨画風ではない、遠近感のある実写風の絵だとしたら、まさに近代への橋渡しのようですね。
     この展示は両方含まれていますが、浮世絵の大家の展覧会を「版画」の範疇に入れるか「日本画」の範疇に入れるか難しいところではあります。

                     明日香 光二/馬場 英明


      [No.10547] 【長野】北斎館/風景絵画の世界 投稿者:   投稿日:2017/03/05(Sun) 22:16:51  

    こんにちは

     3月4日、小布施の北斎館にリニューアル後初めて行っています。

     「北斎絵画の新たな展開」の後半として「風景絵画の世界」が展示されています。

     第一章「風景画の世界」は「冨嶽三十六景」や「諸国瀧廻り」といった有名な作品の一部があるのですが、やや刷りが今ひとつのように感じるものもありました。

     第二章「鳥瞰図の世界」の後、第三章「葛飾北斎肉筆名作選」です。ここに来ると、この美術館の中心はこちらだと感じます。以前にも書いたことがありますが、肉筆画はいわゆる浮世絵ではない、近代以降の日本画に近いように感じます。


      [No.10542] 【茨城】水戸芸術館現代美術ギャラリー/藤森照信展[3/11(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/03/05(Sun) 15:58:25  

     水戸芸術館現代美術ギャラリーhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=08&c=2では、3/11(土)から、建築と路上観察の展示が開催されます。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「藤森照信展―自然を生かした建築と路上観察」3/11(土)〜5/14(日)
         月曜休館(3/20(月・祝)は開館、翌3/21(火)休館)
         入館料金:一般800 円
                中学生以下・65歳以上・障害者手帳をお持ちの方と付添者1名無料
     近代建築史・都市史研究の第一人者として多くの業績を残した1946年生まれの藤森照信は、45歳で神長官守矢史料館(長野県茅野市、1991年)を設計して以来約25年に40余の独創的な建築作品を創り続けてきた。屋根にタンポポやニラが植えられた住宅、皮付きの木材を柱にした鳥の巣箱のような茶室など、懐かしさを持つ、きわめて独創的な建築を創る。
     本展では藤森が取り組んできた「自然素材をどう現代建築に生かすか」「植物をどう建築に取り込むか」というテーマから、代表的な建築をスケッチ、模型や写真で紹介し、建築の屋根・壁・左官等の素材見本、家具などを展示し、建築家・藤森照信の仕事を紹介。
      《草屋根》 《銅屋根》 ラ コリーナ近江八幡(たねや総合販売場)
      《栗百本》 ラ コリーナ近江八幡(カステラショップ)
      《多治見市モザイクタイルミュージアム》
      《高過庵》    など

    水戸路上観察学会総会:3/11(土)みと文化交流プラザ6階(茨城県水戸市五軒町1-2-12)にて
      午後1時30分〜3時(開場1時)定員200名(先着順・予約不要)無料

    水戸路上観察 街なか展示:3/18(土)〜5/14(日)路上観察で撮影された写真を水戸市中心市街地に展示

    「たねや農藝」のお話 「農はアート!」3/18(土)ギャラリー内ワークショップ室にて
      午後2〜3時(開場1時30分) 定員30名(先着順・予約不要)無料
      「たねや農藝」スタッフ

    フジの茶事―せん茶会:3/19(日)4/2(日)16(日)5/7(日)14(日) 午後1時30分〜、3時〜
     亭主:境 貞晴(茶道裏千家)
     定員:各席5名(当日9時30分よりチケットカウンターにて販売)参加費:500円

    講演会:4/8(土)ギャラリー内ワークショップ室にて
      午後2〜3時(開場1時30分) 定員30名(先着順・予約不要)無料
    「誰も知らないモザイクタイルの故郷のお話」各務寛治氏(多治見市モザイクタイルミュージアム館長)

    藤森照信 講演会:4/9(日)水戸芸術館会議場にて
      午後2〜4時(開場1時30分) 定員80名(先着順・予約不要)無料

    美術の教育プログラム[展覧会+カフェ]3/11(土) 〜4/9(日)
     期間中、高校生または15歳〜18歳の方 は無料で何度でも現代美術ギャラリーの展覧会が見られる
     年齢または学籍がわかる身分証明書をチケットカウンターに提示

    ウィークエンド・ギャラリートーク:3/25(土)〜5/14(日)の土日午後2時30分〜約40分(4/8(土)9(日)は関連企画実施のため中止)
     市民ボランティアCACギャラリートーカー
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                          明日香 光二/馬場 英明


      [No.10541] Re: 【東京】郷さくら美術館 東京 /第5回 郷さくら美術館 桜花賞展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/03/05(Sun) 00:35:00  

    郷さくら美術館 東京 さん、こんにちは。

    >2017年3月4日(土)より第5回 郷さくら美術館 桜花賞展を開催いたします。
     いよいよ、桜花賞展はじまりましたね。
     本当に、ここのところ暖かさを感じ、三月に入り、一気に春らしくなってきました。今年も、開花は早まりそうな感じですね。
     自然の中に融け込む桜、浮かび上がる華やかな桜、散り輝く桜、その美しさ自体が日本的な桜を賞でたいと思います。

                   明日香 光二/馬場 英明


      [No.10538] 【大阪】日本民芸館/菓子木型の世界[3/4(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/03/03(Fri) 23:29:19  

     吹田万博公園の大阪日本民芸館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=91で3/4(土)から開催される展覧会を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆春季特別展「菓子木型の世界−美をかたどる−」3/4(土)〜7/17(月・祝)
        水曜休館(5/3(水・祝)は開館)
        入館料金:一般700円 高大生450円 小中生100円

     年中行事や冠婚葬祭の供え物や贈答品として重宝された落雁に代表される干菓子や四季折々の生菓子などの和菓子を作るために用いられる道具のひとつ「菓子木型」。その意匠は、梅や蓮、菊などの季節の風物から鶴亀や鯛、宝船などの吉祥文様まで多彩で、職人はそのひとつひとつに幸せへの願いを込めた。
     本特別展では、菓子木型約220点を中心に、膳や盆、箪笥などの木漆工品を展示。

    記念講演会:6/4(日)午後2〜3時30分(1時30分開場)国立民族学博物館・第5セミナー室にて、定員100名(要予約)
                                    聴講料:300円(別途入館料要)
    「近代の工芸と『模様』―富本憲吉と柳宗悦を中心に―」土田眞紀氏(帝塚山大学講師)

    呈茶:6/4(日)午前11時〜午後4時30分、館・渡り廊下にて
       料金500円(お抹茶とお菓子)別途入館料要、予約不要。

    菓子木型を使った和菓子の実演:福寿堂(大阪府豊中市) 中西造氏  
    6/4(日)午後1、2、3、4時〜20分、第四展示室にて、無料(別途入館料要、予約不要)  

    みんげいゼミ:4/16(日)午後2〜3時30分(1時30分開場)
    「菓子木型っておもしろい」中山圭子氏(株式会社虎屋 虎屋文庫専門職)
     会議室にて、定員20名(要予約)聴講料300円(別途入館料要)

    はじめての「民藝」第一回:6/25(日)午後2〜3時30分(1時30分開場)
     小野絢子氏(学芸員)
     会議室にて、定員20名(要予約)聴講料300円(別途入館料要)

    みんげい市(陶磁器・木工品・染織品などの展示即売)◇
     5/13(土)14(日)午前10時〜午後5時 館正面入口前・中庭 入場無料

    漆器ワークショップ「お盆を漆絵と蒔絵で彩ってみよう」7/9(日) 
     午前の部:午前10時〜12時30分(9時45分開場)午後の部:午後2〜4時30分(1時30分開場)
     柴田道雄氏(漆工)
     会議室にて、定員:各回15名(要予約)参加費1800円(別途入館料要)
               (天然の漆かぶれを避けるため、代わりにカシュ―塗料を使用)
    ギャラリートーク(学芸員による展示解説)午後2時〜30分
         3/18(土)、3/26(日)、4/8(土)、4/23(日)、
         5/6(土)、5/28(日)、6/10(土)、6/18(日)、 7/1(土)、7/16(日)  

    ミニ企画「菓子型を使ってみよう」:ギャラリートークと同日開催。
         午後2時30分〜3時30分(受付随時。一回につき15分程度)
     館・渡り廊下にて、 定員10名程度 無料(別途入館料要、予約不要) 
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                          明日香 光二/馬場 英明


      [No.10534] 【ほっとミュージアム】3月改訂されました 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/03/03(Fri) 21:08:28  

     しっとりとした雨とともに暖かさもつれてきてくれているようです。
     奈良でのお水取り−お松明行事もはじまり、春本番の入口に来ていることを感じます。
     2月末までに談話室にアップされた情報をもとに、三ッ木さんにデータ編集を、ほりうちさんにサイト作成を担当して頂き、ポータルサイト「ほっとミュージアム」が改訂されています。
     本日、まさに ひなまつりですが、まだ雛祭り展の追加も入れています。旧暦の節句まで、まだまだ展示が続くところも多いので、どうぞ、春の風情をお楽しみ下さい。
     また、日本の伝統文化や、外国文化と触れあったころの歴史の展示なども盛んです。どうぞ、豊かな文化・芸術の世界を味わって下さい。

     その際、訪問されたミュージアムや展覧会のご感想やデータにお気づきの点など、この談話室へ、お寄せいただくと大変喜ばしく存じます。どうぞよろしくお願いいたします。

                    本談話室の管理人 明日香 光二/馬場 英明


      [No.10533] 【東京】町田市立国際版画美術館/吉例浮世絵大公開! 江戸ノスタルジア[3/11(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/02/28(Tue) 23:35:35  

     町田市立国際版画美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=307 で3/11(土)から開催される、浮世絵の展示を紹介します。 
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「吉例浮世絵大公開! 江戸ノスタルジア」3/11(土)〜4/9(日)
         月曜休館(祝日の場合は翌日)
         午前10時〜午後5時(土日祝は5時30分まで、入館は閉館30分前まで)
         入館料金:一般600円 高大生・65歳以上300円 中学生以下 無料
                 初日3/11(土)は入場無料
               身体障がい者手帳、愛の手帳(療育手帳)または精神障がい者
                   保健福祉手帳をお持ちの方と付添の方1名は半額
     明治の幕開けにより「江戸」は「東京」になったが、旧幕府時代を批判した新政府の態度や社会の変化には戸惑いも感じ、明治22年(1889)には旧幕臣による「江戸開府三百年祭」が開催され、江戸への郷愁も高まっていた。
     関連して、明治22年前後の浮世絵には「江戸」を題材にした例が多くみられ、自身も旧幕府軍として戦った経験のある楊洲周延(ようしゅうちかのぶ)は、代表作『千代田之大奥』などで、かつては描くことのできなかった大奥や江戸城の様子を描く。明治を代表する浮世絵師、月岡芳年(つきおかよしとし)は、『風俗三十二相』シリーズで、江戸美人の姿に追憶を込めた。本展では「明治時代に描かれた江戸」という視点から、江戸時代について、また時代の変わり目に生きた明治の人びとについて考える。
     楊洲周延「風俗三十二相 うるささう 寛政年間 処女之風俗」 明治21年(1888) 木版
     楊洲周延「江戸風俗 朧春花之夜桜」 明治22年(1889) 木版
     楊洲周延「千代田大奥御花見」明治27年(1894)
     水野年方「三十六佳撰 卯月 延享頃婦人」 明治27年(1894) 木版
     豊原国周「葵艸松の裏苑 第十四帙 家茂公御配偶和宮」明治12年(1879) など
     月岡芳年「新形三十六怪撰 四ツ谷怪談」 明治25年(1892) 木版

    館長によるスペシャルトーク:3/26(日)
    学芸員によるギャラリートーク:3/12(日)、4/8(土)
     いずれも午後2時〜45分程度


    美術館で語り合おう トークフリーデー:会期中水・土曜日
    「鑑賞のための静けさ」よりも作品をめぐる会話を楽しむ、小さなお子さま連れの方も可。

    ☆同時開催 ミニ企画展 「シリーズ現代の作家 追悼・木村利三郎」〜4/9(日)入場無料
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                          明日香 光二/馬場 英明


      [No.10531] 【兵庫】あまらぶアートラボ A-Lab. /小出麻代「うまれくるもの」[3/10(金)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/02/28(Tue) 23:33:34  

     尼崎市のアートスペース、あまらぶアートラボ A-Lab.http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=55で3/10(金)から開催される展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆A-Lab Exhibition Vol.7 「まちの中の時間」プロジェクト
      小出麻代「うまれくるもの」 3/10(金)〜4/9(日)
         火曜休館
         開館時間:(月・水〜金)午前11時〜午後7時 
                (土・日・祝) 午前10時〜午後6時
         入館無料
     関西を拠点に活動し、日常で目にした現象や、自身の記憶、体験を軸としたインスタレーションを制作する美術家・小出麻代(1983-)の展示。タイトルである「うまれくるもの」は1年間、尼崎の街をリサーチする中で目にした光景や、資料、他者の話から思い描いた、過去と未来の街の表情を丁寧に見つめることで、立ち現われる街の姿を表し、様々な「うまれくるもの」に触れ、想像を巡らせ、新たな認識を生み出す。本展は2015年に開催されたあまらぶアートラボA‐Labのオープニング展覧会「まちの中の時間」をキックオフイベントとする一連のプロジェクトによるもの。

    アーティストトーク:午後3〜4時、定員30名、申込不要、直接会場へ
    3/11(土)対談「うまれくる言葉」を交わして
          野口卓海氏(美術批評/詩人)×小出麻代氏
    4/8(土)対談「うまれくる場所」をめぐって
          大槻晃実氏(芦屋市立美術博物館学芸員)×小出麻代氏
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                          明日香 光二/馬場 英明


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 暗証キー

    - Web Forum -
    - Antispam Version -