ほっとミュージアム 談話室
[ホームへもどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 発言サイズは画像も含めて130KBまで、URLは20個までです。
  • その他[留意事項]を良くお読みの上ご利用ください
  • 新規紹介用 でワード検索すると、フォーマット発言が開きます

  •   [No.11832] 【神奈川】鎌倉文学館/角野栄子の世界 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/08/17(Sat) 21:43:06  

     鎌倉文学館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=14&c=69 で開催中の児童文学の展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆特別展 子どもたちへ、未来へシリーズ9 
    「角野栄子の世界 おばけにゾクゾク魔法でわくわく」 〜9/23(月・祝)
       月曜休館(祝日、8/19(月)は開館)
       開館時間:午前9時〜午後5時
        (かまくら長谷の灯かり夜間特別開館8/19〜8/25は、午後6時30分〜8時30分、入館は閉館30分前まで)
       入館料金:一般500円 小中生100円 
     国際アンデルセン賞作家賞、鎌倉市市民栄誉賞受賞を記念し、角野栄子の作品世界を紹介。「アッチ・コッチ・ソッチの小さなおばけシリーズ」や13歳の魔女のキキの旅立ちからはじまる「魔女の宅急便」シリーズなどわくわくぞくぞくする物語。
     「ルイジンニョ少年 ブラジルをたずねて」1970年
     「ズボン船長さんの話」1981年
     「ナーダという名の少女」2014年
     「トンネルの森1945」2014年
     「おばけのアッチ スパゲッティ・ノックダウン!」2019年  など

    おはなし会:1階講座室にて、定員50名、直接会場へ
     鈴木かゆ氏(演劇集団 円)
      8/23(金)午後7時〜
      9/14(土)午前11時〜
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11831] 【埼玉】さいたま文学館/絵本作家・飯野和好 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/08/17(Sat) 21:42:09  

     桶川のさいたま文学館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=11&c=44
    で行われている絵本の展示を紹介します。
    http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=11&c=44
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆企画展「絵本作家・飯野和好 おっと、とうげのなかまたちでぃ!」〜9/8(日)
       月曜と8/27(火)休館
        入館料金:一般210円 学生100円
             中学生以下、障がい者手帳をお持ちの方と介助者1名は無料
     「ねぎぼうずのあさたろう」や「みずくみに」といったのびやかな画風でチャンバラ時代劇や股旅ものに想を得た、埼玉と縁のある作品の展示を中心に、埼玉出身の絵本作家・飯野和好氏の直筆原画の展示。


    絵本読み語り「おっと、痛快 絵本の読み語りの旅でぃ!〜桶川の宿〜その2」
    8/31(土)午後1時30分〜3時、文学ホール(定員200名)にて、飯野 和好氏
     館に電話(048-789-1515)で申込み(先着順・参加費無料)。 
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11830] 【東京】世田谷文学館/原田治 展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/08/17(Sat) 19:56:22  

     京王線足花公園駅下車の世田谷文学館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=201で開催されている展示を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「原田治 展 「かわいい」の発見」〜9/23(月・祝)
       月曜休館(祝日の場合は翌日)
       入館料金:一般800円 65歳以上、高大生600円
            障害者手帳をお持ちの方400円(介添者1名は無料) 中学生以下無料
            9/16(月・祝)は60歳以上無料
     1970年代後半から90年代にかけて、女子中高生を中心に爆発的な人気を博した「OSAMU GOODS」の生みの親、原田治(1946-2016)。アメリカのコミックやTVアニメ、ポップアートなどから影響を受け、簡潔な描線と爽やかな色彩で描かれたキャラクターたちは、日本の“かわいい”文化に多大な影響を与えた。本展ではイラストレーターとして活動する端緒となった、1970年代「an・an」の仕事をはじめとして、広告・出版・各種グッズなど多分野にわたる作品を中心に、幼少期〜20代前半の初期資料や、エッセイ集『ぼくの美術帖』関連資料も交えて展示。

    活弁付き映画上映会:9/14(土)1階文学サロンにて、午後3時〜、事前申込不要、先着150名
     当日1時より会場前にて入場券販売(1000円、座席の必要な子供は有料)
     『雄呂血(おろち)』1925年(剣戟映画)/阪妻プロ/約80分/サイレント 
      監督:二川文太郎(原田治の祖父) 出演:阪東妻三郎ほか [弁士]澤登翠

    OSAMU GOODS見せびらかし交流会:9/15(日)午前11時〜午後5時、1階ロビーにて、無料
     OSAMU GOODSコレクターの土井章史さん(トムズボックス)による、コレクション“見せびらかし”企画
     秘蔵の一品があれば“見せびらかし”にきて可
     手ぶらで参加可
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11827] 【東京】都現代美術館/あそびのじかん 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/08/17(Sat) 00:19:02  

     江東区の東京都現代美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=158
    で開催されている夏休み展を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「あそびのじかん」〜10/20(日)
       月曜休館(祝日の場合は翌日)
       開館時間:午前10時〜午後6時(8/23、8/30は9時まで、入館は閉館の30分前まで)
       入館料金:一般1200円 大学生・専門学校生・65歳以上850円 中高生600円 小学生以下無料 
          9/16(月・祝)敬老の日は65歳以上の方無料(要年齢証明)
          8/23、8/30(金)の午後5〜9時はサマーナイトミュージアム割引(学生は無料、一般・65歳以上は団体料金)
     「遊んでないで○○しなさい!」と言われ、不真面目で非生産的なものだと思われる一方で、遊びは従来の考えやルールを外れて新しい価値や法則を発見するきっかけにもなる。本展では6組の作家による、こどももおとなも楽しめる作品を紹介します。触ることが出来る作品や、ゲームのような参加型作品で様々な体験をし、遊び心に満ちた作品たちが、そんな束縛をユーモラスにほどく。

    開発好明(かいはつ よしあき)
     本展入り口で、受験競争のプレッシャーを表現した巨大なタンス壁《受験の壁》

    野村和弘(のむら かずひろ)
     《笑う祭壇》は、台座に向かってボタンを投げ、見事のせることができたら「成功」となる参加型の作品。
    ハンバーグ隊:SNSのグループチャットを遊び場に、脈絡のないやり取りの中から∞のキーワードを引き出し、編集したり破壊して作品を展開。
    タノタイガ:作家の顔のお面が壁一面にズラリと並ぶ《タノニマス》に来場者が思い思いにデコレーション。
    TOLTA(トルタ):言葉が書かれたつみきを自由に組み合わせて、奇妙な文章を作って遊べる参加型作品《ポジティブな呪いのつみき》
    うしお:選択肢によってエンディングが複数存在するゲームに着想を得た新作インスタレーションを発表。分

    野村和弘 トークパフォーマンス:9/15(日)
          午後1時〜10分「私の仕事、古さと未熟さについて」
          午後3時〜10分「赤のコルパー」

    TOLTA「この宇宙以外の場所」朗読とパフォーマンスを行います。
     9/28(土)午後3〜4時 定員30名(先着順) 要入館券

    オトナのための遊び講座 「遊び×仕事」(レクチャー)8/23(金)午後7〜8時 定員200名(先着順)手話通訳付
     服部泰宏氏(経営学者)

    オトナのための遊び講座「遊び×美術史」(レクチャー)9/29(日)午後3〜5時 定員200名(先着順)
     中尾拓哉氏(美術評論家)、うしお氏(出品作家)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11826] 【広島】市現代美術館/山口啓介/ある心の風景/フィールド・オブ・ドリームス 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/08/17(Sat) 00:18:18  

     比治山公園の広島市現代美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=34&c=9で開催中の展示を3つ紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆特別展「山口啓介 後ろむきに前に歩く」〜9/4(水)
       月曜休館
       入館料金:一般1000円 大学生700円 高校生・65歳以上500円 中学生以下無料
     方舟を描いた大型の銅版画作品でデビューした美術家 山口啓介(1962-)は花や種子、心臓、人体とモチーフを変化させ、絵画や立体などの作品を生みだした。 一方、東日本大震災が起きた3日後から山口は、後に《震災後ノート》と名付ける「日記」をつけはじめ、今現実の流れに抗して自分の足で歩こうとする山口の意志の現れといえるでしょう。 「人は未来を見ることはできず、見えるのは過去か、今という瞬間だけだから、後ろむきに前に進んでいるようなものだ。」と語る山口は現在、重なる顔をモチーフにした大型絵画の制作に力を注ぐ。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆2019-I コレクション・ハイライト+特集「ある心の風景I―風景と記憶」〜10/6(日)
       月曜休館(祝日の場合は翌日)
       入館料金:一般300円 大学生200円 高校生・65歳以上150円 中学生以下無料
    「コレクション・ハイライト」では、イギリスの作家を中心に、自然との関わりの中で制作を行ってきた作家の作品を展示。
     デニス・オッペンハイム、リチャード・ロング、ロジャー・アックリング、デイヴィッド・ナッシュ、戸谷成雄、甲斐雅之
     特集「ある心の風景I―風景と記憶」では、環境の変化によって変貌する風景の美術家の表現方法を見る。戦前の広島の風景から、ヒロシマ以後の世界を描いた絵画、風景の変化を記録にとどめた写真など。
     失われた風景/山路商、山口長男、上永井正、灰谷正夫、土屋幸夫、駒井哲郎、長谷川潔、浜口陽三
     もう一つの風景/吉田穂高、井上覚造、司修、松本英一郎、大岩オスカール、エイドリアン・バーグ、山本正道、会田誠、福田美蘭、クリスト
     記録された風景/河原温、野村仁、小沢剛、宮本隆司、土田ヒロミ、下道基行、松江泰治、米田知子

    アートナビ・ツアー:毎週土日祝日:午前11時45分〜12時15分および午後2時45分〜3時15分
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆オープン・プログラム夏のオープンラボ:タイルとホコラとツーリズム season6
    《もうひとつの広島(フィールド・オブ・ドリームス)》〜9/29(日)
       月曜休館(祝日の場合は翌日)
       入館無料
     京都市内に点在する路傍祠のリサーチをきっかけに、美術家の谷本研と中村裕太が2014年より展開するプロジェクト「タイルとホコラとツーリズム」は、祠にまつわる土着の信仰や人々の営みに向き合い、観光のまなざしと独自のユーモアを交えて作品を生み出した。
     今回は、比治山のふもとに位置する段原地区でのリサーチを出発点とし、明治期に同地区出身の和田郁次郎(1847-1928)率いる多くの広島県人が、北海道の現・北広島市に開拓移民として入植したことに着目。1984年に広島市内のデパートで開催された「北海道移住100年記念展」を糸口に、当時の記録資料や、現在の北広島市民の手で制作された映像コンテンツなどを交えて、野球場に見立てた会場に展示を構成。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11824] 【兵庫】西宮市大谷記念美術館/イタリア・ボローニャ国際絵本原画展[8/17(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/08/16(Fri) 23:18:15  

     阪神香櫨園の西宮市大谷記念美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=67では、恒例のイタリア・ボローニャ国際絵本原画展が8/17から開催されます。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆2019「イタリア・ボローニャ国際絵本原画展」8/17(土)〜9/23(月・祝)
        水曜休館
        開館時間:午前10時〜午後5時(緊要な7時まで、入館は閉館30分前まで)
        入館料金:一般800円 高大生600円 小中生400円
            西宮市在住65歳以上の方は一般料金の半額(要証明書呈示)
             心身に障がいのある方及び介助者1名は無料(要手帳等呈示)
     イタリア北部の都市ボローニャで、子どものための本の見本市「ボローニャ・チルドレンズ・ブックフェア」で行われる絵本原画のコンクールには、世界各地から多くのイラストレーターが作品を応募。このコンクールでの入選をきっかけに、作家としての一歩を踏み出す人も。本展では、62カ国2901作品の応募作のなかから選ばれた、日本人10名を含む27カ国76作家全ての入選作を展示。
     特別展示では、昨年第9回ボローニャSM出版賞を受賞したクロアチアのヴェンディ・ヴェルニッチの受賞記念絵本「動物園」の原画約20点と、今年のブックフェア会場のパネルやリーフレットのデザインに採用された、ロシアのマーシャ・チトワ(2018年入選者)の原画8点を紹介。
      ガイア・ステッラ(イタリア)「すばらしいオーケストラ」
      ちとせちとせ(日本)「ごちそう」
      チェン・ヨンカイ(台湾)「木」など

    たかいよしかずサイン会:9/8(日)午後2時〜
     当日、ミュージアムショップにて絵本買い上げの方、先着70名(整理券配布)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11811] 【大阪】芸術大学スカイキャンパス/特殊幻視覚 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/08/15(Thu) 20:47:35  

     あべのハルカス24階の大阪芸術大学スカイキャンパスhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=21で開催中の展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「特殊幻視覚アートショー スクリーミング・マッド・ジョージ展」〜9/16(月・祝)
        月曜休館(祝日の場合は翌日)
        開館時間:午前11時〜午後7時(入館は6時30分まで)
        入館料金:一般1000円 大阪芸術大学グループ学生・高校生無料
             障がい者手帳をお持ちの方は付添者1名とともに半額
             中学生以下入場不可(性的・グロテスク・暴力的表現が含まれるため。保護者同伴でも不可)
     1980年代にハリウッド映画界で「特殊メイク」という新技術で活躍した日本人「スクリーミング・マッド・ジョージ」が、サルバトール・ダリに触発され、15歳から62歳まで携わった作品群を集めた展示。
     高校生時代に描いた漫画、デッサン、イラスト、油画に始まり、ニューヨークのSchool of Visual Artsに在籍中の油画大作、錯視技術アナモルフォシス作品、鏡を通して立体になるステレオ絵画。
     「ポルターガイスト2」「エルム街の悪夢4」「ゴーストハンターズ」などのハリウッド映画で制作した特殊メイクのデザイン画やメイキング写真。
     「マリリン・マンソン」「オジー・オズボーン」「コーン」「デュラン・デュラン」他のミュージック・ビデオ/レコードカバー用の特殊メイク写真と「スリップノット」ステージ用マスク
     永井豪氏原作の「デビルマンレディー」を特殊メイクとフォトマニュピレーションでアレンジした写真集からの大判プリント。
     大阪芸術大学の客員教授に就任してから制作を始めた最新アートシリーズ「イリュージョニスティック・シュールレアリズム」作品群など。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11809] 【三重】県総合博物館 MieMu/この男がジブリを支えた。近藤喜文展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/08/15(Thu) 19:53:44  

     津市の三重県総合博物館 MieMuhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=24&c=0では、ジブリの展示を開催中です。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆第24回企画展・開館5周年記念特別展「この男がジブリを支えた。近藤喜文展」〜9/16(月・祝)
          月曜休館
          入館料金:一般1300円 学生800円 小中高生500円
                障害者手帳等をお持ちの方と付添者1名は無料
     高畑勲・宮崎駿両監督から厚く信頼を寄せられていた日本屈指のアニメーター近藤喜文は、「赤毛のアン」「火垂るの墓」などで作画監督やキャラクターデザインをつとめ、唯一の長編監督作品「耳をすませば」は、今もなお多くの人に愛される。本展では、原画やイメージボード、スケッチ等多数展示。

    「千と千尋の神隠し」のカオナシと一緒に写真を撮ろう!
    8/25(日) 午前11時、午後2時から(約30分)3階 学習交流スペース
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11807] 【東京】都立第五福竜丸展示館/なぜ?ベン・シャーンが見た福竜丸 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/08/15(Thu) 19:51:25  

     夢の島の都立第五福竜丸展示館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=159で開催中の特別展を紹介します。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆特別展「なぜ?ベン・シャーンが見た福竜丸−13点のデッサンと漁師たち」〜9/29(日)
       月曜休館
       入館無料
     漁師たちにふりかかる“なぜ”,“なぜ”白い灰は降り落ちる,久保山さんは“なぜ”死んだ
     ビキニ水爆被ばく65年・第五福竜丸展示館リニュー アル・オープン記念特別展第二弾は、アメリカの 画家・ベン・シャーンのラッキー・ドラゴン(福竜丸) の素描作品でたどる漁師たちのものがたり。
     1957年、シャーンは核物理学者ラルフ・ラップの ルポルタージュ『第五福竜丸の航海 The Voyage of The Lucky Dragon』の挿絵として40点の素描を描いた。 第五福竜丸の被ばくと無線長・久保山愛吉の死に 心を寄せたシャーンは1960年代の初めに1年がかりで彩色画の「ラッキードラゴン・シリーズ」11点 を描いた。 本展はデッサン 7点をはじめ13点の作品と福竜丸の漁師の漁具、日用品、作業衣など船での暮らしを彷彿とさせる 資料により、福竜丸のものがたりをたどる。
    <13点のデッサン>
    港、出航、彼らの漁道具、漁、サンゴ礁の怪物、降下物、死んだ彼、病院にて(急性放射能症)、船主写真家(乗組員の火傷の検査)、報道から(久保山の死)、未亡人 、なぜ(彼の墓)<素描作品原画の展示は9/14〜23で、以外は複製画の展示

    <特別展示>
    「水爆はやめろ」ポスター
    「ロバート・オッペンハイマー」ポスター

    <福竜丸の現物資料>
    漁具、漁労日誌、天測日誌、漁労長の手記、日用品、大漁旗布団、作業衣、作業ズボン、長靴、手帳、ノート、マグロのウロコ、サメのひれ、ボンデンのシュロなど
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11806] 【東京】都写真美術館/しなやかな闘い ポーランド女性作家と映像  投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/08/15(Thu) 19:49:24  

     恵比寿の東京都写真美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=183で始まっている映像の展示を紹介します。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「しなやかな闘い ポーランド女性作家と映像 1970年代から現在へ」〜10/14(月・祝)
       月曜休館(祝日の場合は翌日休館)
       料金:一般 500円 学生 400円 中高生・65歳以上 250円
         小学生以下および都内在住・在学の中学生、障害手帳をお持ちの方と介護者は無料
         10/1は都内在住の方は無料
         第3水曜日は65歳以上無料
         8/15(木)〜 8/30(金)の木・金午後5〜9時はサマーナイトミュージアム割引(学生・中高生無料/一般・65歳以上は団体料金)
     日本・ポーランド国交樹立100周年を記念して、東欧の文化大国ポーランドの1970年代以降の美術を、女性作家と映像表現の展覧会を開催。ベルリンの壁崩壊後東側に流れ込んだグローバル経済の波に乗り、EU加盟も果たした21世紀のポーランドで、女性たちによる映像表現の領域で存在感を放つ。本展は、ポーランドの1970年代からの美術の歩みを、その時代背景をふまえながら新たな視点で読み解き、世代を異にする女性アーティストたちが、自身の社会環境で発信する表現方法について、考える。術を、いかに見出してきたかをたどる、きわめて意欲的な展覧会です。
     エヴァ・パルトゥム 《ドローイング TV》 1976年 8ミリフィルム(ヴィデオに変換)、白黒、サイレント (6分1秒)
     ズザンナ・ヤニン 《闘い》2001年 シングルチャンネル・ヴィデオ、カラー、サウンド (9分)
     ヨアンナ・ライコフスカ 《バシャ》 2009年 シングルチャンネル・ヴィデオ、カラー、サウンド (16分) 
     カロル・ラヂシェフスキ 《カロルとナタリアLL》 2011年 写真パネル 
     アンナ・ヨヒメク&ディアナ・レロネク 《ディレクトレシィ(女性館長)》 2017年 シングルチャンネル・ヴィデオ、カラー (7分29秒)

    講演会「ポーランド美術とフェミニズム(仮題)」8/18(日)午後 1時30分〜4時30分(開場 1時15分) 
     1 階ホール(定員190名)にて、無料、当日10時より1階受付にて整理券配布
     アンナ・クテラ氏(出品作家)
     マリカ・クジミチ氏(美術史家、アルトン財団代表)
     アグニエシュカ・レイザヘル氏(lokal_30ディレクター)

    講演会「クリティカル・アート潮流の中で(仮題)8/31(土)午後1時30分〜4時30分(開場 1時15分)
     1 階ホール(定員190名)にて、無料、当日10時より1階受付にて整理券配布
     加須屋明子氏(キュレーター、美術史家、京都市立芸術大学教授)

    担当学芸員によるギャラリートーク
    8/16(金) 午後2時〜 ズザンナ・ヤニン(出品作家)がゲスト
    8/30(金)午後6時〜
    9/6(金)午後2時〜 手話通訳つき
    9/20(金)午後2時〜 手話通訳つき
    10/4(金)午後2時〜
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 暗証キー

    - Web Forum -
    - Antispam Version -