ほっとミュージアム 談話室
[ホームへもどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 発言サイズは画像も含めて130KBまで、URLは20個までです。
  • その他[留意事項]を良くお読みの上ご利用ください
  • 新規紹介用 でワード検索すると、フォーマット発言が開きます

  •   [No.12298] Re: 【東京】都現代美術館/ダムタイプ他 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/02/22(Sat) 21:33:47  

    Quitaさん、こんにちは

     私も東京都現代美術館は、リニューアル後どころか、初めて訪れてからいったい何年行っていないのでしょうか。
     大きい、というか幾つものセクションを持った館だから、私もそのときは全ての展示は見なかったと思います。
     2月8日、本当に久し振りに東京都現代美術館に行ってきました。リニューアル後初めてになります。せっかくだから企画展3つの企画展が別料金というシステムは良いように思います。

    > 企画展示室1Fは「DUMN TYPE|ACVTIONS+REFLECTIONS」です。
    > 「Playback」は16台のレコードプレーヤーから音楽や自然音などが流れているサウンドスケープ作品です。
     生ももちろん楽しみなのでしょうが、音響作品、立体や装置の作品は、美術館でなければ楽しめないアートですから、「見がい」があって好きです。

    >いきなりオノサトトシノブがたくさんありました。戦時中や戦後すぐの絵画も多く展示されていました。
     現代美術の歴史が学べるようなので、それもよろしいかと思います。

                      明日香 光二/馬場 英明


      [No.12297] 【奈良】県立美術館/田中一光 未来を照らすデザイン 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/02/22(Sat) 19:53:26  

     県庁隣の奈良県立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=29&c=4で開催中の展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆特別展「生誕90年 田中一光 未来を照らすデザイン」〜3/15(日)
        2/17(月)2/25(火)休館
        入館料金:一般800円 高大生600円 小中生400円 
         身体障がい者手帳・療育手帳・精神障がい者保健福祉手帳をお持ちの方と介助者1人
         外国人観光客(長期滞在者・留学生を含む)と付添の観光ボランティアガイドは、無料

     2020年に生誕90年を迎える奈良市生まれのグラフィックデザイナー・田中一光は、奈良の歴史と文化に親しんで育ち、京都で学び、大阪、東京と活動の場を移し、その活動は日本のグラフィックデザインの黎明と発展に重なる。
     田中はポスター、エディトリアルなどグラフィックデザインを初め、デザインのディレクションやプロデューサーとしても高い手腕を発揮。田中一光の作品を通じて創作活動の魅力を伝え、デザインの発信する力、創造のエネルギーを感じる。
     また、本展では、衣服デザイナー・三宅一生による「IKKO TANAKA ISSEY MIYAKE」から、田中の代表作でもある2作品「Nihon Buyo」と「写楽二百年」モチーフとした作品を出品。
        JAPAN 1986
        Nihon Buyo 1981
        あやめ草#1 1990
        タイトル不明(赤と白の椿)
        第5回産経観世能#1 1958
        Ikko Tanaka at Cooper Union 1987   など

    特別対談:3/1(日)午後2時〜、レクチャールームにて(1時30分開場・先着順) 定員80名
    「田中一光デザイン室の日々」太田徹也氏(デザイナー・元田中一光デザイン室勤務) 聞き手:学芸員

    学芸員によるギャラリートーク:3/14(土)午後2時〜 

    同時開催:連携展示 1Fギャラリーにて

    「NPO法人文化創造アルカ×奈良女子大学 大和・紀伊半島学研究所 なら学研究センターによる連携展示
      きたまちと奈良女子大学」
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12296] 【島根】県立美術館/柳宗理デザイン 美との対話 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/02/22(Sat) 19:52:02  

     松江市宍道湖畔の島根県立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=32&c=0で開催中の展示を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「柳宗理デザイン 美との対話」〜3/23(月)
         火曜休館
         開館時間:午前10時〜日没後30分(入館は日没時まで)(2月中は入館6時30分まで)
         入館料金:企画展   企画展・コレクション展セット
           一般  1000円   1150円
          大学生   600円   700円
         小中高生   300円    300円
          小中高生の学校教育活動での観覧は無料
          身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と付添者は無料

     民藝運動の指導者を父に持つ柳宗理(1915-2011)は、終戦後に本格的にデザインの仕事を始め、柳工業デザイン研究会を設立し、日本でのプロダクトデザインの発展に重要な役割を果たした。本展では、柳宗理の仕事の全貌に迫り、日本民藝館の館長も務めた柳宗理の蒐集品や、山陰の民藝との深い関わりについても展示。スプーンやフォークなどの生活用品から、高速道路の防音壁のような大型公共構造物まで、宗理の造形的感覚と「手」によって生み出されたデザインの「美」をみる。
      《バタフライスツール 初期型》天童木工 1956年
      《エレファントスツール》コトブキ 1954年
      《レコードプレーヤー》日本コロムビア 1952年
      《松村硬質陶器N型シリーズ》松村硬質陶器 1952年頃
      《黒土瓶》京都五条坂窯 1958年
      《徳利》牛ノ戸窯 1968年
      《キャセロール》出西窯 1960年
      《#1250ステンレス カトラリーシリーズ》佐藤商事 1974年  など

    記念講演会(2)3/8(日)午後2〜3時30分(1時30分開場)ホール(190席)にて、当日先着順
    「柳宗理―その格闘と神話」森仁史氏(山鬼文庫代表、元金沢美術工芸大学柳宗理デザイン研究所所長)

    美術講座:3/15(日)午後2〜3時30分(1時30分開場)講義室(40席)にて、当日先着順
    「柳宗理と山陰」河野克彦氏(専門学芸員、本展企画者)

    ギャラリートーク 担当学芸員による作品解説:3/21(土)午後2時 企画展示室にて

    デザイン演習「手から生まれるデザイン」3/22(日)午後2〜5時、講義室にて、中学生以上対象
                   定員30名(応募多数の場合は抽選) 要事前申込   参加無料
     藤田光一氏(柳工業デザイン研究会デザイナー)
     申込方法に:Eメールで sam@pref.shimane.lg.jpへ
    (1)氏名(ふりがな)・年齢、(2)住所、(3)電話番号を書き、
      05「手から生まれるデザイン」を明記し、3/3(火)締切で、申込多数の場合抽選
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12295] 【長野】松本市美術館/ラウル・デュフィ展ーパリジェンヌが愛したテキスタイル・デザイン 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/02/22(Sat) 19:50:13  

     既にQuitaさんにご感想を頂いた、松本市美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=20&c=17で開催中の展示を紹介しておきます。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆企画展「色彩の画家 ラウル・デュフィ展 
       ーパリジェンヌが愛したテキスタイル・デザインー」〜3/29(日)
           月曜休館(祝日の場合は翌日)
           入館料金:大人1200円 高大生・70歳以上の松本市民800円
                中学生以下無料、障害者手帳携帯者と介助者1名無料

     華やかで明るい色彩と軽妙な筆致の画家ラウル・デュフィ(1877-1953)の作品と、モードの帝王ポール・ポワレら20世紀初頭のオートクチュールのデザイナーたちが好んで用いた絹織物を含む、デュフィのテキスタイル関連作品を一堂に紹介。
    「生きる喜び」に満ちた、陽光があふれる南仏の風景や、音楽や社交界をテーマとした油彩画など作品を描いたデュフィは、そのモチーフをフランス・リヨンの絹織物製造業ビアンキーニ=フェリエ社などに提供し、当時のファッションに多大な影響を与えた。本展は、初期から晩年までの代表的な絵画作品とともに、テキスタイル・デザインの原画や下絵、オリジナルテキスタイル、そして衣装作品を展示。

    《ニースの窓辺》1928年 油彩・キャンバス
    《イヴニング・コート「ペルシア」》 ドレス・デザイン原案:ポール・ポワレ(1911年) 制作:モンジ・ギバン 2007年 絹
    《象と枝葉〔デザイン原画〕》1925年頃 水彩、グワッシュ・紙
    《貝殻と海の馬》1922-24年頃 金銀糸の入った錦
    《ヴァイオリン》1914-20年頃 テキスタイル制作:1989年 毛織物
    ドレス テキスタイル《うろこ》 ドレス・デザイン、制作:モンジ・ギバン2007年 絹
    《イヴニング・コート「ペルシア」》 ドレス・デザイン原案:ポール・ポワレ(1911年) 制作:モンジ・ギバン 2007年 絹
          など

    ミュージアムコンサート「デュフィが愛した旋律とベル・エポックのパリの音楽」
    3/7(土)午後2〜3時、多目的ホールにて、入館券のみ、館へ要申込
      塚本敦子氏(ピアノ)津田裕子氏(ピアノ)倉科有紀氏(ソプラノ)

    ワークショップ「体験!シルクスカーフにパターン染め」
    3/1(日)午前10〜午後3時、市民アトリエにて 料金2000円
    対象:小学生から大人まで(低学年以下は保護者同伴)館へ要申込(定員:20名)
      丸山邦江氏(染織家・中信美術会)

    学芸員によるギャラリートーク:先着20名程度
    2/22(土)3/14(土)午後2時〜

    みんなで楽しく、トークフリーデー:3/20(金・祝)21(土)22(日)の3日間は、気兼ねなく話しながら観覧

    子育てパパ・ママの美術鑑賞日
    託児時間/午前:9時30分〜12時30分、午後:1〜4時
    2/29(土)午後、3/13(金)午前・午後、3/22(日)午前
    当日有効の入館券1枚につき、子ども1名無料、2人目からは有料(1名追加につき100円)
     イベントのみの参加および前売券・招待券・割引券利用の場合は有料(子ども1名につき100円)
    年齢:生後6ヶ月〜未就学児
    申込:先着順、希望日の3日前までに館へ
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12294] 【全国】鉄道関係企画展 20年02月以降 その2 投稿者:かずや  投稿日:2020/02/19(Wed) 22:48:12  

    おじゃまします。下記、追加致します。

               かずや:渡辺 和也
    --------------------------------------------------------------------------
    【神奈川】
    ・川崎市国際交流センター
     川崎市市民ミュージアム復興応援特別展「川崎にまつわる鉄道展」
     2月25日(火)〜3月22日(日)
    https://www.kian.or.jp/kic/evnk19/kawasaki-railway.shtml
     注:会場は川崎市市民ミュージアム(休館中)ではないので、注意。

    【富山】
    ・富山市郷土博物館
     企画展「街の中心 富山駅」
     2月22日(土)〜4月19日(日)
    https://www.city.toyama.toyama.jp/etc/muse/kikakuhaku/kikakuhaku.html
     注:報告済分。詳細が掲載されたので再掲。

    以上です。


      [No.12293] 【東京】ステーションギャラリー/バルセロナ 投稿者:Quita/北村尚巳  投稿日:2020/02/14(Fri) 22:07:21  

    こんにちは

     9日にもう1つ行ったのは東京ステーションギャラリー「奇蹟の芸術都市バルセロナ展」です。

     バルセロナゆかりの芸術家ならピカソやガウディが非常に有名ですが、それはほんの一部でした。バルセロナの都市の発展とその時代の芸術という流れになっていました。初めて聞いた名前だけれども地元では知られた画家だったらしいラモン・カザス、サンティアゴ・ルシニョルが多くの作品がありました。これはなかなか良かったと思います。ここでミケル・ウトリリョ「シュザンヌ・ヴァラドン」なんていう作品もあります。モーリス・ユトリロの父としてミケル・ウトリリョの名前は聞いたことがありますが、この人の作品は初めてでした。
     バルセロナにあったカフェ「四五匹の猫」はピカソが最初に注目されたところであり、ここでピカソも何点かあります。
     「前衛美術の勃興、そして内戦へ」と題された最後のパートでミロ、ダリなども出てきます。しかし、ダリはまだ後の有名な作品のような作風にはまだなっていません。


      [No.12292] 【東京】浮世絵太田記念美術館/肉筆浮世絵名品展―歌麿・北斎・応為 行きました 投稿者:Quita/北村尚巳  投稿日:2020/02/14(Fri) 22:02:33  

    こんにちは

     8日に一泊した後の9日に行ったところです。

     太田記念美術館の「肉筆浮世絵名品展 歌麿・北斎・応為」は9日が最終日だったので非常に混んでいました。以前にあった入館の時にスリッパに履き替えるのはどうやらやめたようです。

     チラシに大きく載っている葛飾応為(北斎の娘)による「吉原格子先の図」は浮世絵と言うよりもっと新しい作品のように見えます。確かに良いのですが、応為はこれ一点だけでした(そもそも作品そのものが少ない)。菱川師宣、勝川春章、鳥居清長なども良いです。一番多くの作品があったのは展覧会タイトルには付いていない広重でした。


      [No.12291] 【東京】都現代美術館/ダムタイプ他 投稿者:Quita/北村尚巳  投稿日:2020/02/14(Fri) 21:51:45  

    こんにちは

     2月8日、本当に久し振りに東京都現代美術館に行ってきました。リニューアル後初めてになります。せっかくだから企画展3つとコレクション展を全部見てきました。
     3つの企画展は別料金となっていて、2つまたは3つのセットだと割引、どれも同じくらいの料金のため2つは任意に選べる、どれもコレクション展も観覧可能という料金システムになっていました。

     企画展示室1Fは「DUMN TYPE|ACVTIONS+REFLECTIONS」です。ダムタイプと言ったら日本のメディアアートの先駆けのようなクリエーターチームですね。
     「Playback」は16台のレコードプレーヤーから音楽や自然音などが流れているサウンドスケープ作品です。「MEMORANDUM OR VOYAGE」は巨大なスクリーンによる映像作品です。ダーウィンのビーグル号航海記の軌跡を描いた作品もあり、一部はパフォーマンス作品の記録です。「pH」は二項対立をテーマにしたパフォーマンス作品の舞台装置、「LOVE/DEATH/MONEY/LIFE」はタイトルの言葉が流れていく別の映像作品ですが、一体のように展示されていました。
     なかなか良かったと思うのですが、パフォーマンス作品は実際に生で見てみたいと思います。

     企画展示室3Fは「ミナ・ペルホネン/皆川明 つづく」です。最初何の展覧会なのかよくわかりませんでした。全く詳しくないけれどミナ・ペルホネンは皆川明デザインによるファッションブランドでした。服も展示されていましたし、それを着ている日常の映像もありました。服以外の家具、食器といったものもありました。偶然の出会いでしたが、それなりにおもしろいと思いました。

     企画展示室地階は「仮の声、新しい影」です。これもタイトルから何の展覧会なのかよくわかりません。実際はTHE COPY TRAVELERS、PUGMENT、三宅砂織、吉増剛造プロジェクト、鈴木ヒラクの5組のアーティストの小規模な個展の集合体のような感じでした。一応、「世界の残響を聞きながらそれを増幅させる」という統一テーマで選ばれているようです。コピー機を使っていろいろなものを平面に固定するTHE COPY TRAVELERSが一番良かったように思います。

     コレクション展は改装中に今まで手薄だった時代のコレクションを増やしたから、それを主に展示しているようです。いきなりオノサトトシノブがたくさんありました。戦時中や戦後すぐの絵画も多く展示されていました。浜田知明の「初年兵哀歌」もそれに含まれるでしょう。最近の作品では豊嶋康子「隠蔽工作」はキャンバスの裏に木彫作品を配置するという人を食ったような作品です。

     この日は島唄関係の集まりが主目的だったので、8日はここだけです。


      [No.12290] 【東京】静嘉堂文庫美術館/磁州窯と宋のやきもの 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/02/11(Tue) 22:23:22  

     二子玉川の静嘉堂文庫美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=208で開催中の陶磁器の展示を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「鉅鹿」発見100年「磁州窯と宋のやきもの」〜3/15(日)
       月曜休館(祝日の場合は翌日)
       入館料金:一般1000円 高大生および障害者手帳をお持ちの方と同伴者1名700円 中学生以下無料

     中国宋代(960〜1279)の陶磁器「宋磁」は中国の工芸文化のひとつのピークを示す。宋磁を代表する鉅鹿(きょろく)遺跡と磁州窯の陶器の再発見からおよそ100年にあたる。
    河北省南部の磁州窯は五代(10世紀)以降現代まで日用の器物を大量に生産した民窯で、白化粧や黒釉の技法を基本に、独特の「掻落し」と呼ばれる彫刻的な文様表現、鉄絵や紅緑彩(赤絵)、三彩や翡翠釉などを用いた装飾性豊かな陶器を生み出した。また同様の製品は華北地域一帯に生産地が広がった。本展では館蔵の磁州窯とその周辺の陶磁器を紹介し、あわせて国宝「曜変天目(稲葉天目)」をはじめとする宋磁の名品を展示。
      「白地黒掻落牡丹文如意頭形枕」 磁州窯 北宋時代(12世紀) 
      「黒釉線彫蓮唐草文瓶」 磁州窯系 金〜元時代(13〜14世紀) 
      「白地鉄絵牡丹文吐魯瓶」 磁州窯系 金時代(13世紀) 
      「三彩白地掻落束蓮文枕」 磁州窯系 金時代(12〜13世紀) 
      「白地紅緑彩牡丹文碗」 磁州窯系 金時代(12〜13世紀) 
      「翡翠釉白地鉄絵菊花文双耳香炉」 磁州窯系 元〜明時代(14世紀) 
      重要文化財「白磁刻花蓮花文輪花鉢」 定窯 北宋〜金時代(12世紀) 
      「青磁刻花花喰鳥文枕」 耀州窯 北宋時代(11〜12世紀) 
      「青磁鼎形香炉」 南宋官窯 南宋時代(12〜13世紀) 
      国宝「曜変天目」 建窯 南宋時代(12〜13世紀) など

    講演会:地階講堂にて、午後1時30分開演、定員120名、入館券のみ、開館時より整理券配布(1名様につき1枚)
    2/22(土)「磁州窯と磁州窯系諸窯、そしてその影響の軌跡」守屋雅史氏(神戸松蔭女子学院大学教授)

    静嘉堂コンサート「100万人のクラシックライブ」地階講堂にて、定員100名
    3/7(土)午後2時開演(予定)参加費1000円(入館料別)事前申し込み制
    〜ヴァイオリンとピアノの二重奏をあなたに〜
    予約方法:メール:mousikomi@seikado.or.jp
     またはTEL: 03-3700-2250にて、名前・連絡先・参加人数を明示し、
     当日窓口で予約番号を告げ、1000円を支払い

    列品解説:担当学芸員(展示室または講堂にて)。
      午前11時〜:2/29(土)
      午後2時〜:2/13(木)、3/12(木)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12289] 【神奈川】鎌倉歴史文化交流館/中国陶磁〜青磁・白磁への憧れ〜 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/02/11(Tue) 22:21:25  

     鎌倉歴史文化交流館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=14&c=78で開催中の陶磁器の展示を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆企画展「中国陶磁〜青磁・白磁への憧れ〜」〜4/25(土)
       日祝日休館
       入館料金:一般300円 小中生100円
          鎌倉市内の小中生、市内の65歳以上の方、障がい者手帳等所持方と付添1名は無料(要手帳提示)
     中世、有数の都市として発展した鎌倉では、中国大陸や朝鮮半島からさまざまな文物、特に青磁や白磁・緑釉陶器、絵画・彫刻・漆製品などは「唐物」と呼ばれ、当時のひとびとに広く珍重された。鎌倉市内の鶴岡八幡宮や寺々に美しい青磁の花瓶や香炉が伝えられ、発掘調査でも多くの舶来品が発見されている。中世の鎌倉に中国などから大量に流入した舶来品のうち、市内出土品のほか市内寺社に蔵された貴重な伝世品を展示し、足利氏などの鎌倉武士が居た、ゆかりの地域に由来する品々も展覧。


    学芸員による列品解説(ギャラリートーク):毎週土曜日午前11時から
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 暗証キー

    - Web Forum -
    - Antispam Version -