ほっとミュージアム 談話室
[ホームへもどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 発言サイズは画像も含めて130KBまで、URLは20個までです。
  • その他[留意事項]を良くお読みの上ご利用ください
  • 新規紹介用 でワード検索すると、フォーマット発言が開きます

  •   [No.11626] 【大阪】絹谷幸二 天空美術館/夢見る力〜空想大劇場〜 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/24(Sun) 00:30:19  

     梅田スカイビルの絹谷幸二 天空美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=43で開催中の展示を紹介します。
     
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆開館2周年記念特別展示「夢見る力〜空想大劇場〜」〜6/10(月)
        火曜休館(祝日の場合は翌日)
        一般1000円 中高大生600円 小学生以下無料
     3D映像『夢無辺』に加え、新たな『平治の乱』をと2本立てで「静」と「動」の世界を公開。
     東京・青山の「こどもの城」のエントランスを飾っていたアフレスコ(壁画古典技法)の傑作『アラベスク』全20面をテーマごとに展示。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11625] 【大阪】司馬遼太郎記念館/『梟の城』――あらためての忍者の世界 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/24(Sun) 00:28:55  

     東大阪市の司馬遼太郎記念館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=157で開催中の展示を紹介します。
     
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆企画展「『梟の城』――あらためての忍者の世界」〜5/6(月・振)
        月曜休館(祝日の場合は翌日)
        入館料金:大人500円 中高生300円 小学生200円
     信長の伊賀攻めで滅ぼされた伊賀忍者の残党で、豊臣秀吉の命を狙う葛籠重蔵、それに絡む男女の忍者など、技能をもって生きる職能集団として忍者を描いた司馬遼太郎の最初の長編小説『梟の城』。
     本展では登場人物や時代背景等の作品の世界を紹介し、自筆原稿、初版本、掲載誌なども展示し、伊賀流忍者博物館所蔵の忍具も展示し、忍者の世界をリアルに表現。
     自筆原稿『梟の城』冒頭部分1枚
     第42回直木賞受賞時の写真(
     各社から出版された『梟の城』13冊(単行本3冊、新書4冊、文庫6冊)
    「作品の跡を訪ねて はじめての長編『梟の城』」(「小説新潮」1964年5月号 写真提供:新潮社)  
    『梟のいる都城』連載第1回「おとぎ峠(一)」(複製パネル、「中外日報」切抜)
     忍具(伊賀流忍者博物館蔵)
      手裏剣(十字手裏剣、六方手裏剣など)
      まきびし(鉄製のものなど)
      苦無(くない:物を破壊する。土を掘る。格闘に使用。様々な用途がある)など10種類
    『梟の城』を執筆した文机(幅81.5cm 奥行55cm 高さ33cm)
     忍者が登場する作品の本と掲載誌(紙)
     『風神の門』(「東京タイムズ」)
     「果心居士の幻術」「最後の伊賀者」(「オール讀物」)
     「伊賀者」(「週刊読売」)
     「伊賀の四鬼」「飛び加藤」(「サンデー毎日」)        など
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11624] Re: 【長野】北野美術館 リニューアルオープン 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/24(Sun) 00:02:15  

    Quitaさん、 こんにちは

    > 長野市の北野美術館は一度、閉館が決まったと信濃毎日新聞に出たのですが、公式サイトでは1/23にリニューアルオープンしたと出ていました。

    Quitaさんからの情報がそのようだったのですが、北野美術館のサイトから本館がいつまでも削除されない(更新もされない)ので、一応、休館中、が建前なのだな、と思っていたのですが、復活したのですね。おめでとうございます。

                     明日香 光二/馬場 英明


      [No.11623] Re: 【大阪】国立国際美:クリスチャン・ボルタンスキー 見ました 投稿者:   投稿日:2019/02/23(Sat) 23:56:15  

    こんにちは

    行く日は1週間遅らせて3月17日で確定しました。


      [No.11622] 【高知】県立文学館/安岡章太郎展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/23(Sat) 23:52:51  

     高知市の高知県立文学館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=39&c=3で開かれている展示を紹介します。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆企画展「安岡章太郎展 ―〈私〉から〈歴史〉へ」〜3/24(日)
        会期中無休
        入館料金:一般500円 長寿者手帳等お持ちの方・高校生以下は無料
             天皇陛下御在位三十年を慶祝して2/24(日)無料
     安岡章太郎(1920〜2013)は、第一次、第二次戦後派に続く〈第三の新人〉と呼ばれ、独自の文学世界を確立したが、1970年代には、過去の歴史にテーマを求め、「流離譚」や「鏡川」など困難な運命に向き合って生きた人々を愛情と親近感を持って描いた。高知に生まれ、しばしば帰郷しながら、ほとんどが県外での生活だったため「私には故郷が無い」と書きつつ。高知に対する望郷の念を持った安岡についても語る。

    クイズ「安岡章太郎さんを知ろう。安岡さんてどんな人?」3/2(土)3(日)24(日)午前10時〜午後4時
    展示解説:毎週土曜日午後1時30分〜(30分程度)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11621] 【静岡】市美術館/起点としての80年代 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/23(Sat) 23:51:12  

     静岡駅直結の静岡市美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=22&c=3では、現代の美術の年代記を開催中です。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「起点としての80年代」〜3/24(日)
        月曜休館(祝日は開館)祝日の翌日休館
        入館料金:一般1100円 高大生・70歳以上700円 中学生以下無料
             障害者手帳等持参者と介助者原則1名は無料
             80年代割引!1980−1989年生まれの方800円!(要身分証提示・他割引併用不可)
             静岡県立美術館「1968年 激動の時代の芸術」展(2/10−3/24)の観覧券(半券可)提示で、本展を団体料金
     1980年代は70年代までのコンセプチュアルで禁欲的な表現から「インスタレーション」や「メディア・アート」など、自由奔放で多様な作品が一気に生まれ「美術」に代えて「アート」という言葉がよく使われるようになった。
     「具体」や「もの派」など70年代までの戦後現代美術の研究は急速に進み、サブカルチャーと共に90年代以降の表現が注目されるなか、80年代の検証はまだこれからでしょう。
     本展は、「メディウムを巡って」「日常とひそやかさ」「関係性」「記憶・アーカイヴ・物語」という4つのキーワードで、19人の作家を紹介して1980年代の日本の美術を見つめる。また静岡の80年代のアートシーンの一端を紹介する「Shizubi Project 7 アーカイヴ/1980年代−静岡」も多目的室で同時開催。
      松井智恵《あの一面の森に箱を置く》
      舟越桂《冬の本》1988
      吉澤美香《無題(テーブル)》《無題(茶だんす)》《無題(掃除機)》《無題(三脚)》
      大竹伸朗《家系図》1986ー88年
      日比野克彦《PRESENT AIRPLANE》1982年
      森村泰昌《肖像(ゴッホ)》1985年 など

    学芸員によるギャラリートーク:3/10(日)午後2時〜
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11620] 【長野】日本浮世絵博物館/浮世絵にみる信州 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/23(Sat) 23:49:45  

     松本市大庭の日本浮世絵博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=20&c=14で開催中の展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「浮世絵にみる信州」〜3/24(日)
        月曜休館(祝日の場合は翌日)
        入館料金:一般1000円 中高大生500円 小学生以下無料
             20名以上の団体、60歳以上、障害者手帳をお持ちの方、JAF会員、松本市歴史の里の半券持参者100円引き
     江戸時代に、善光寺や浅間山などの名所や、信州を舞台にする物語や合戦、木曽街道(中山道)の宿駅を描いた浮世絵木版画が盛んに刊行された。陸路や航路が整備され、人や物の行き来が活発になった江戸時代に、紀行文や名所図会の刊行で特色ある地方の様子が広く伝わり、信州もまた江戸時代の人々が思いを馳せたことを楽しむ。
       歌川広重「善光寺みやけ 木曽のかけはし」 など 
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11619] 【長野】北野美術館 リニューアルオープン 投稿者:   投稿日:2019/02/23(Sat) 23:48:56  

    こんにちは

    長野市の北野美術館は一度、閉館が決まったと信濃毎日新聞に出たのですが、公式サイトでは1/23にリニューアルオープンしたと出ていました。

    http://www.kitano-museum.or.jp/news/renewal/


      [No.11618] 【東京】練馬区立美術館/ラリック・エレガンス[2/24(日)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/23(Sat) 20:00:31  

     西武池袋線中村橋の練馬区立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=258では、ラリックのガラスの展示が明日2/24(日)から始まります。
     
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「ラリック・エレガンス 宝飾とガラスのモダニティ ユニマットコレクション」2/24(日)〜4/21(日)
       月曜休館 
       入館料金:一般 800円 高大生および65〜74歳600円  中学生以下および75歳以上 無料
     ルネ・ラリック(1860〜1945年)は当初、アール・ヌーヴォーの宝飾デザイナーとして1900年のパリ万国博覧会で大きな注目を集め、香水瓶のデザインを足がかりにガラス工芸家としての道を歩む。1932年には旧皇族の朝香宮邸(現在の東京都庭園美術館)のガラス製レリーフ扉やシャンデリアなどを手掛けた。今回は貴重なジュエリーをはじめ、晩年までのガラス工芸を展示し、宝飾とガラスのフィールドにおいて、アール・ヌーヴォー、アール・デコという2つの様式でラリックの優雅な作品世界を楽しむ。
      扇と櫛《落ち葉》1899-1900年頃 獣角、金、エナメル、絹製リボン
      常夜灯《日本のリンゴの木》1920年 透明ガラス、型吹き成型、装飾板はプレス成形、サチネ、ベークライト製照明台付
      花瓶《棘》1913年 透明ガラス、プレス成形、ブルー・バチネ
      香水瓶《アンブル・アンティーク》コティ社 1910年 透明ガラス、型吹き成形、栓はプレス成形、サチネ、バチネ
      テーブル・センター・ピース《火の鳥》1922年 透明ガラス、プレス成形、サチネ、蝶の文様を施したブロンズ製照明台付など

    特別講演会:3/16(土)視聴覚室にて、午後3〜4時30分、中学生以上、70名(要事前申込み3/1(金)必着、抽選)
    「ルネ・ラリック、モダニティとエレガンス」池田まゆみ氏(北澤美術館主席学芸員、美術工芸史家)

    特別コンサート:3/30(土)午後6時30分〜7時40分、ロビーにて(要事前申込み3/15(金)必着、抽選)
     奥村奈々氏(ピアノ)森岡聡氏(ヴァイオリン)費用1500円

    以上、申込方法:往復はがきまたはEメールにて 1通1イベントで2名まで
    (1)イベント名(2)住所(3)氏名(ふりがな)(4)年齢(学年)(5)電話番号 を記入し
    Eメール event-museum@neribun.or.jp、タイトルは(希望イベント)申込、と記載

    ギャラリートーク:4/11(木)午後3時〜 30分程度
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11617] 【京都】府京都文化博物館/北野天満宮 信仰と名宝[2/23(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/23(Sat) 10:06:07  

     三条高倉の京都府京都文化博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=43では、本日2/23(土)から、梅が象徴の北野天満宮の特別展が始まります。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆開館30周年記念・京都文化力プロジェクト2016〜2020
     「北野天満宮 信仰と名宝 ―天神さんの源流―」前期:2/23(土)〜3/17(日)
                                   後期:3/19(火)〜4/14(日)
           :月曜休館
           入館料金:午前10時〜午後6時(金曜は7時30分まで、入館は閉館30分前まで)
           入館料金:一般1400円 高大生1100円 小中生500円
                 北野天満宮の梅苑、宝物殿とのセット券もあり
     であったは、

     全国で1万数千社の天神社(道真公を祀る神社)が存在し、京都の北野天満宮が総本社として知られる、平安時代の政治家・漢学者・漢詩人・歌人菅原道真公。北野天満宮では時代ごとのさまざまな願いを反映し複雑・多様な信仰世界が構築された。
    本展では、北野天満宮が所蔵する神宝を中心に、ゆかりある美術工芸品、歴史資料を一堂に集め、そこから浮かび上がる神社とその信仰のあり方を展観。

    第1章 菅原道真−人として−
    第2章 天満宮創建−北野天神縁起の広がり−
      国宝 北野天神縁起絵巻(承久本)鎌倉時代(13世紀)<前期:第六巻 後期:第八巻・九巻>
      重要文化財 北野天神縁起絵巻 土佐光信筆 室町時代 文亀3年(1503)<前期:上巻・中巻 後期:下巻>
    第3章 北野にみる神と仏
      北野曼荼羅 室町時代(15世紀)
      束帯天神像(根本御影)鎌倉時代(13世紀)<前期>
    第4章 室町時代の北野天満宮
      北野経王堂図扇面 室町時代(16世紀)<前期>
    第5章 祭礼と神事
      北野祭礼図絵巻 江戸時代(17世紀)<前・後期で場面替>
    第6章 天満宮改造−豊臣家と北野天満宮−
      重要文化財 刀(太刀) 銘 于時慶長十二(丁未)十一月日信濃守國広造
       /北野天満天神豊臣秀頼公御造営之時 桃山時代 慶長12年(1607)奉納<前期>
    第7章 神と結ぶ−奉納品の数々−
      重要文化財 海北友松筆 雲龍図屏風 桃山時代(17世紀)北野天満宮蔵<後期>
      重要文化財 太刀 銘安綱 号鬼切丸(別名髭切) 平安時代(11〜12世紀)<後期>
    終章 萬燈祭−永遠の信仰−

    講演会:3/23(土)午前10時30分〜正午、3階フィルムシアターにて、定員170名 入館券のみ
    「北野天満宮のアーカイブズ」藤井讓治氏(京都大学名誉教授)

    シンポジウム:4/2(火)午後1時30分〜4時30分 別館ホールにて、 定員200名 入館券のみ
    「北野天満宮の歴史と信仰」竹居 明男 氏(同志社大学名誉教授)
                     菅野 扶美 氏(共立女子短期大学教授)
                     佐々木 創 氏(京都造形芸術大学非常勤講師)

    「天正・昭和 ふたつの大茶湯−茶道史−」3/30(土)6階和室 参加費1000円(生菓子・呈茶付)要入館券
      1回目 午後1時30分〜3時30分  2回目 午後2時30分〜4時30分  定員各回50名
    (講演 14:30&#12316;15:30 呈茶 16:00&#12316;16:30) 会  場:京都文化博物館 

    水墨画ワークショップ「天神様を描こう」3/10(日)午前10時30分〜正午、3階展示室内やすらぎコーナーにて 
      村田 隆志 氏(大阪国際大学准教授)定員15名、小学生以上対象、入館料のみ
      
    以上のイベントは全て、館サイトの申込フォームより申込
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 暗証キー

    - Web Forum -
    - Antispam Version -