ほっとミュージアム 談話室
[ホームへもどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 発言サイズは画像も含めて130KBまで、URLは20個までです。
  • その他[留意事項]を良くお読みの上ご利用ください
  • 新規紹介用 でワード検索すると、フォーマット発言が開きます

  •   [No.11249] 【奈良】国立博物館/糸のみほとけ[7/14(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/07/08(Sun) 22:24:03  

     奈良公園の奈良国立博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=29&c=2で、今週末から開催される夏の特別展を紹介します。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆修理完成記念特別展「糸のみほとけー国宝 綴織當麻曼荼羅と繍仏ー」7/14(土)〜8/26(日)
         月曜休館(7/16・8/13は開館)
         開館時間:午前9時30分〜午後6時(金土と8/5(日)〜15(水)は7時まで、入館は閉館の30分前まで)
         入館料金:一般1500円 高大生1000円 小中生500円
              障害者手帳をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料
              7/28(土)29(日)は子ども無料。小・中学生無料、同伴の保護者は団体料金
     織物や刺繍による仏像には日本での長い歴史があり、古代の本尊クラスがある。聖徳太子が往生した世界を刺繍で表した天寿国繍帳(てんじゅこくしゅうちょう)(国宝、奈良・中宮寺蔵)や綴織當麻曼荼羅(つづれおりたいままんだら)(国宝、奈良・當麻寺蔵)や刺繍釈迦如来説法図(ししゅうしゃかにょらいせっぽうず)(国宝、奈良博蔵)などが代表で、糸を縫い、織る行為は故人の追善につながっていた。中世以降に、故人のものらしい髪を縫い込んだものもある。本展は綴織當麻曼荼羅の修理完成を記念し、天寿国繍帳、綴織當麻曼荼羅、刺繍釈迦如来説法図の国宝3点が一堂に会する企画。
    国宝 天寿国繍帳 奈良・中宮寺 紫羅地・紫平絹地 飛鳥時代(7世紀)
    重要文化財 幡足裂 前期展示(7/14〜8/5)(法隆寺献納宝物) 縬地 飛鳥時代(7世紀)
    重要文化財 幡足裂 後期展示(8/7〜8/26)(法隆寺献納宝物) 縬地 飛鳥時代(7世紀)
    国宝 綴織當麻曼荼羅 奈良・當麻寺 綴織 中国・唐または奈良時代(8世紀)
    綴織當麻曼荼羅 部分復元模造 京都・川島織物セルコン 綴織 現代 平成30年(2018)
    刺繍霊鷲山釈迦如来説法図 英国・大英博物館 白平絹地・麻地 中国・唐(8世紀)
    国宝 刺繍釈迦如来説法図 白平絹地 奈良時代または中国・唐(8世紀)
    重要文化財 刺繍阿弥陀三尊像 石川・西念寺 平絹地 平安〜鎌倉時代(12〜13世紀)
    重要文化財 刺繍大日如来像 平絹地 鎌倉時代(13〜14世紀)
    刺繍釈迦三尊像 山梨・久遠寺 平絹地 鎌倉〜南北朝時代(14世紀)
    重要文化財 刺繍九条袈裟貼屏風 京都・知恩院 羅地・綾地 平絹地 中国・南宋〜元(13世紀)
    中将姫坐像 奈良・當麻寺 木造 彩色 室町時代 永禄元年(1558)
    重要文化財 刺繍阿弥陀三尊来迎図 後期展示(8/7〜8/26)平絹地 鎌倉時代(13〜14世紀)
    重要文化財 刺繍釈迦阿弥陀二尊像 前期展示(7/14〜8/5)平絹地 鎌倉時代(13〜14世紀)
    刺繍當麻曼荼羅 京都・真正極楽寺 平絹地 部分刺繍 彩絵江戸時代 明和4年(1767)
    重要文化財 刺繍阿弥陀名号 福島・阿弥陀寺 平絹地 鎌倉〜南北朝時代(13〜14世紀)

    公開講座:講堂にて、午後1時30分〜3時(開場1時)要入館券
        定員各194名、12時から講堂前にて、入場整理券(1人様につき1枚)配付

    7/21(土)「国宝綴織當麻曼荼羅ーその図様と意義」大西磨希子氏(佛教大学教授)
    8/4(土)「繍仏の世界ー刺繍釈迦如来説法図(奈良国立博物館蔵)を中心に」内藤栄氏(学芸部長)
    8/11(土)「飛鳥から奈良時代における刺繍と金糸の技法の変遷」沢田むつ代氏 (東京国立博物館客員研究員)

    綴織実演:7/22(日)午前10時〜午後4時(午前10時・午後1時・3時から解説あり)展示室
    親子向けワークショップ「織ってみよう!糸のみほとけ」:7/29(日)
      (1)午前10時〜12時 (2)午後1時30分〜3時30分
       小中学生(保護者同伴)定員:各回18組 入館料のみ、館サイトにて申込み
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11248] Re: 【長野】北澤美術館/花のジャポニスム 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/07/08(Sun) 17:54:21  

    Quitaさん、こんにちは

    >6月30日に、北澤美術館の「花のジャポニスム - ガレ、ド-ム、ラリックに咲く日本の花 -」を見てきました。
    >ここはリニューアル以来、1年間の企画展が常態化しています。
    そうですか、かつてはもう少し短いサイクルでしたね。常設展示を、大きく入れ替える、という感じに見ても良いのでしょう。

    > ドームやラリックもありますが、ガレが中心となっていました。花をテーマとしているので、ヨーロッパの花とは違う日本の花の特徴を出しています。
     日本が近代化するために西洋の文化を求めていた時代、ヨーロッパで日本文化がもてはやされていたことに不思議さを感じますが、それは「自然を大切にする日本文化」であると思います。対極的なものを互いに求めていたことがアートに表わされていますね。 

    > ここは現在、よくある専用の音声案内機に変えて、館内の無線LANを使ってスマートホンで解説が聞けるようになっています。隣のサンリツ服部美術館も似たようなシステムの案内を使っています。岡谷市のイルフ童画館は「ポケットキュレーター」というアプリでやっていたと思います。

    かつて、私も博物館で音声ガイドシステムに関わったこともありますが、自分が使う側になると、けっこう面倒くさくて使わないものなんです。また、端末を有料で貸し出し、となるとますます遠のきます。使い慣れた、自分の持ち物で聞けるようにする、というのは、比較的良い方法だと思います。

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11247] Re: 【長野】上田市美術館/篠田桃紅 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/07/08(Sun) 17:50:37  

    Quitaさん、こんにちは

    >7月1日に上田市美術館の「篠田桃紅 とどめ得ぬもの 墨のいろ 心のかたち展」に行ってきました。
    > 作品の出展は大部分が岐阜現代美術財団、およびその母体の鍋屋バイテック会社であり、事実上は岐阜現代美術館の移動展
    そうですよね。岐阜が地盤の作家さんですから、Quitaさんは作品自体、よく見られているのでは。

    > 最初は書でしたが、それは一部だけで、ほとんどは「墨による抽象画」でした。字が書いてあるように見えるものもあり、まったくの抽象もあります。
    私は、一度、関市篠田桃紅美術空間で見たことはありますが、書というより、墨による美術なんでしょうね。独特で面白いとは思います。

    > 本人の意思が「タイトルに惑わされずに見て欲しい」ということで、展示作品には番号だけでタイトル他のキャプションがありません。それで、作品リストに載っているタイトルも見ないことにしました。

    「現代美術は、考えないで見たままを感じてほしい」というような言われ方をよくしますが、私は、美術作品には「回答」として、作家自身が感じたところの「タイトル」は示してほしいと思っています。やっぱり、見る方が諦めてしまうところもありますので。
                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11246] 【静岡】池田20世紀美術館/六田知弘写真展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/07/08(Sun) 17:48:10  

     伊東市の池田20世紀美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=22&c=45で開催中の写真展を紹介します。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆六田知弘写真展「壁−ヒミツノアリカ」〜10/9(火)
         水曜日(7、8月は開館)
         入館料:一般1000円 高校生700円 小中生500円
    「自然や宇宙と人間との根源的なつながり」を遠くに探りながら、仏像や古美術品を対象に撮影。に染みこんだ人々の記憶のかさなり。その向こう側にほのかに見え隠れする宇宙のゆらめき。隠された秘密のありかをさがしてカメラ片手に境界線上を浮遊する。
    ギャラリートーク:8/4(土) 午後2〜3時
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11245] 【千葉】ホキ美術館/SPARK あの時君は若かった 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/07/08(Sun) 17:45:50  

     千葉市あすみが丘のホキ美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=12&c=8で開催中の展覧会を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「SPARK あの時君は若かった」〜11/18(日)
        火曜休館(祝日の場合翌日、8/14(火)は開館、8/22(水)休館)
        入館料金:一般1800円 高大生・65歳以上1300円 中学生900円
             小学生以下無料(ただし、保護者1人につき2人まで)
     1998年に森本草介《横になるポーズ》からホキ美術館のコレクションが始まった頃、すなわち写実画家が若かった頃にインスピレーションを受けた作品や、写実絵画へ進むきっかけとなったエポックメイキングな作品と現在の作品を展示し、作風の進化、深化をたどる。青木 敏郎《模写 フェルメール「デルフトの展望」》1978年 作家蔵
      青木 敏郎《模写 フェルメール「デルフトの展望」》1978年 作家蔵
      青木 敏郎《白デルフトと染付の焼物の静物》2012年
      小尾 修《模写 レンブラント「自画像」》2011年 作家蔵
      小尾 修《Kay》2012年
      塩谷 亮《模写 ヴェロッキオ工房「キリストの洗礼(部分)」》2009年
      塩谷 亮《17才のシモーネ》2014年
      五味 文彦《隣人の囁き》1991年
      五味 文彦《ホワイト・スクエアー・コンポジション》2014年
      石黒 賢一郎《VISTA DE NAJERA》2005年
      石黒 賢一郎《INJECTION DEVICE(3rd Lot)》2017年
      山本 大貴《symptome》2007年
      三重野 慶《信じてる》2016年
      大矢英雄《春の風の理由》2000年
      廣戸絵美《廊下》2010年  など
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11244] 【佐賀】県立佐賀城本丸歴史館/肥前さが幕末維新の『人』 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/07/08(Sun) 17:44:23  

     佐賀県立佐賀城本丸歴史館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=41&c=4で開催中の展示を紹介します。
     
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆特別展「肥前さが幕末維新の『人』ー佐賀の人づくりが近代日本を支えたー」〜9/9(日)
        入館無料
     佐賀藩10代藩主鍋島直正の人づくりへの思いを出発点に、幕末佐賀藩の人材養成の環境、そこから巣立って近代国家制度の設計に携わった大隈重信、佐野常民、大木喬任、副島種臣、江藤新平、そして、日本初の女子帝大生であり、「リケジョ」の先駆けである黒田チカや、現代でも各分野のパイオニアと称えられる志田林三郎、辰野金吾を取り上げ、現物資料からその足跡を紹介。子どもたちが楽しみながら佐賀の歴史について学べる体験型アミューズメントスペース「こどもいしんラボ」がリニューアルオープン。入口では東芝グループ製アンドロイド「地平(ちひら)アイこ」さんが新たな衣装とトークでお客様を出迎え。
        大隈重信筆村岡氏送別詩
        致遠館の瓦
        弘道館蔵書
        数理時習
        征韓論之図
        学制々定ノ伺大木喬任草案
        クレランド金メダル

    こども着付体験:8/4(土)、9/1(土)午後1時30分〜3時
    第164回歴史館ゼミナール:7/14(土)午後1時30分〜3時、外御書院一之間・二之間にて
    「幕末佐賀藩の人づくりと近代日本」芳野貴典氏(本館学芸員)

    本丸こどもガイド体験〜好きな偉人を学んで伝えよう!〜:7/16(月・祝)、7/21(土)、7/28(土)詳細館サイトにて
    こどもいしんワークショップ1:8/4(土)、8/5(日)
       午前10時〜11時、午後1時30分〜2時30分、3時30分〜4時30分
    こどもいしんワークショップ2:8/18(土)、8/19(日)午前10〜11時30分、午後1時30分〜4時
    夏休みイベント〜ゆかたでドキドキ!佐賀城の夏!〜:7/28(土)〜8/19(日)
      風鈴飾り・うちわ絵展示(期間中毎日)
      夜の本丸探検隊(7/28(土)〜7/30(月))
      オリジナルうちわ作り(7/29(日))
      蒸気車実走ショー(8/13(月)〜8/15(水))
    その他:詳細は決まり次第、再度プレスリリースします
    開館14周年記念イベント:8/1(水):カノン砲による祝砲やクイズイベント、先着で記念品(うちわ)プレゼントなど
    特別展記念講演会:8/25(土)3〜4時30分、外御書院一之間・二之間にて
       植松三十里氏(小説かちがらす〜幕末を読みきった男〜著者)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11243] 【全国】鉄道関係企画展 18年07月以降 その2 投稿者:かずや  投稿日:2018/07/08(Sun) 17:20:52  

    おじゃまします。下記、修正致します。

               かずや:渡辺 和也
    ---------------------------------------------------------------------------
    【千葉】
    ・習志野市総合教育センター
     小企画展「津田沼鉄道連隊」
     6月4日(月)〜9月28日(金)[予定]
    http://www.nkc.city.narashino.chiba.jp/nkc/gallery/tetsuren.pdf
    注:再掲。平日のみ開館に注意。日程修正。

    【兵庫】
    ・太子町立歴史資料館
     特別公開「鉄道のおもいで」
     7月12日(木)〜9月9日(日)
    http://www.town.hyogo-taishi.lg.jp/soshikikarasagasu/rekisisiryo/planningexhibition/1506234255346.html
    注:再掲。同展示用ページを掲載。

    以上です。


      [No.11242] 【全国】鉄道関係企画展 18年07月以降 投稿者:かずや  投稿日:2018/07/05(Thu) 00:01:11  

    おじゃまします。

    7月以降開催の内容をまとめて直してみました。
    ご紹介やコメントをいただいた皆さんに、感謝致します。

                      かずや:渡辺 和也
    注:7月までの開催分のうち、7月1日(日)までに終了した
      ものは除いてあります。
    ---------------------------------------------------------------------------
    【北海道】
    ・恵庭市郷土資料館
     企画展「恵庭の交通史」
     6月30日(土)〜9月2日(日)
    http://www.city.eniwa.hokkaido.jp/www/contents/1370241130634/index.html

    ・木田金次郎美術館
     写真展「33年前ー岩内線最後の日」
     9月29日(土)〜10月28日(日)
    http://www.kidakinjiro.com/year.html#e

    【秋田】
    ・秋田県立博物館
     特別展 あきた大鉄道展 HE-30系
      第1会場(秋田県立博物館) 平成30年7月14日(土)〜8月26日(日)
      第2会場(秋田県立美術館) 平成30年8月3日(土)〜8月26日(日)
     注:開催場所、期間、開館時間等注意。
    https://www.akihaku.jp/kikakuten/2018/2railway/railway180714.htm

    ・大仙市アーカイブズ
     企画展示「大仙市の近代と人びと」
       ・後期: ふるさとの近代化と人びと 
        (1)鉄道と人びと―盛曲線から秋田新幹線へ―
        (2)写真と人びと―切り取られた近代―
     9月4日(火)〜12月1日(土)

     くらしの歴史館展示室
      モノから見る近代―酒造・鉄道・近代教育を中心に―
     10月20日(土)〜11月18日(日)
    http://www.city.daisen.akita.jp/docs/2018032800039/

    【茨城】
    ・真壁伝承館歴史資料館
     第11回企画展「追憶の筑波鉄道 〜鉄道から自転車道へ〜」
     2月3日(土)〜9月2日(日)
    http://www.city.sakuragawa.lg.jp/page/page002212.html
     注:9月まで会期延長

    【栃木】
    ・芳賀町総合情報館
     企画展 旅と鉄道とLRT(仮称)
     9月8日(土)〜10月21日(日)
     注:アドレス確認中

    【埼玉】
    ・狭山市立博物館
     企画展 ぼくらの狭山を走れ!鉄道展
     6月30日(土)〜9月2日(日)
    http://sayama-city-museum.com/exhibition/

    【千葉】
    ・習志野市総合教育センター
     小企画展「津田沼鉄道連隊」
     6月4日(月)〜9月28日(金)
    http://www.nkc.city.narashino.chiba.jp/nkc/gallery/tetsuren.pdf

    ・千葉県立中央博物館
     平成30年度春の展示 明治150年記念事業
     千葉の鉄道物語  線路が拓いた「観る・住む・運ぶ」
     19年2月23日(土)〜6月2日(日)
    http://www2.chiba-muse.or.jp/www/NATURAL/contents/1522043857065/index.html

    【東京】
    ・多摩六都科学館
     鉄道展2018 たまろくステーション -駅からみえる まち・ひと・技術-
    7月21日(土)〜9月2日(日)
    https://www.tamarokuto.or.jp/event/index.html?c=event&info=1696&day=2018-07-21

    ・板橋区立郷土資料館
     特別展 都営三田線開業50周年記念 いたばし大交通展
     〜江戸時代の街道から鉄道まで〜
     10月13日(土)〜12月9日(日)
    http://itabashi-kyoudo-museum.jp/special/

    【神奈川】
    ・東芝未来科学館
     夏休み特別イベント2018『東芝鉄道物語〜inかわさき』
     7月21日(土)〜8月15日(水)
    http://toshiba-mirai-kagakukan.jp/exhibition/special_exhibition/011/index_j.htm

    【福井】
    ・福井県立こども歴史文化館
     南正時鉄道写真展〜蒸気機関車から新幹線まで〜
     7月1日(日)〜9月9日(日)
    http://info.pref.fukui.jp/koreki/event/detail.php?id=953

    【京都】
    ・ふるさとミュージアム山城(京都府立山城郷土資料館)
     夏の企画展「明治150年関連展示 鉄道の開設と南山城の近代」
     7月7日(土)〜8月19日(日)
    http://www1.kyoto-be.ne.jp/yamasiro-m/office.html

    【兵庫】
    ・太子町立歴史資料館
     特別公開「鉄道のおもいで」
     7月12日(木)〜9月9日(日)
    http://www.town.hyogo-taishi.lg.jp/soshikikarasagasu/rekisisiryo/planningexhibition/1426576980734.html

    【福岡】
    ・九州歴史資料館
     パネル展「福岡鉄道遺産ものがたり6 平成筑豊鉄道編」
     12月11日(火)〜19年3月上旬
    http://www.fsg.pref.fukuoka.jp/kyureki/_common/pdf/exhibitionplan_2018.pdf

    以上です。


      [No.11241] 【東京】国立博物館/縄文―1万年の美の鼓動 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/07/04(Wed) 23:56:38  

     上野公園の東京国立博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=129では、縄文土器・土偶の展示を開催中です。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆特別展「縄文―1万年の美の鼓動」〜9/2(日)
         月曜休館(7/16(月・祝)、8/13(月)は開館)、7/17(火)休館
         開館時間:午前9時30分〜午後5時(金土は9時まで、7/16は6時まで、入館は閉館の30分前まで)
         入館料金:一般1600円 大学生1200円 高校生900円 中学生以下無料
                障がい者と介護者1名は無料(要障がい者手帳など提示)
                「ミケランジェロと理想の身体」(〜9/24(月・休)、国立西洋美術館)
                「没後50年 藤田嗣治展」(7/31(火)〜10/8(月・祝)、東京都美術館)の観覧券(半券可)提示で
                  本展100円割引(相互割引)
     約1万3000年前に始まった縄文時代。狩猟や漁撈、採集を行う縄文時代人が、日々の暮らしで作り出した道具を、「縄文の美」をテーマに、日本列島の多様な地域で育まれた優品を一堂に集め、技や思いに迫る。史上初、縄文時代の国宝6件すべてが終結。

    第1章 暮らしの美
      重要文化財 木製編籠(あみかご)縄文ポシェット 青森県青森市 三内丸山遺跡出土
      重要文化財 土製耳飾  東京都調布市 下布田遺跡出土
    第2章 美のうねり
      重要文化財 片口付深鉢形土器 埼玉県ふじみ野市 上福岡貝塚出土
      重要文化財 深鉢形土器 群馬県渋川市 道訓前遺跡出土
    第3章 美の競演
      彩陶(さいとう)鉢 中国、甘粛省あるいは青海省出土
      無文壺 イラク、テル・タヤ出土
    第4章 縄文美の最たるもの
      国宝 火焰(かえん)型土器 新潟県十日町市 笹山遺跡出土
      国宝 土偶 縄文のビーナス 長野県茅野市 棚畑遺跡出土(7/31(火)〜9/2(日)展示)
    第5章 祈りの美、祈りの形
      重要文化財 遮光器(しゃこうき) 土偶 青森県つがる市木造亀ヶ岡出土
      重要文化財 人形装飾付有孔鍔付(ゆうこうつばつき)土器  山梨県南アルプス市 鋳物師屋遺跡出土
    第6章 新たにつむがれる美
      岩偶(がんぐう) 岩手県岩泉町袰綿出土
      深鉢形土器(ふかばちがたどき) 長野県伊那市宮ノ前出土
    国宝 土偶 合掌土偶 青森県八戸市 風張I遺跡出土
    国宝 土偶 仮面の女神 長野県茅野市 中ノ原遺跡出土(7/31(火)〜9/2(日)展示)
    国宝 土偶 中空土偶 北海道函館市 著保内遺跡出土
    国宝 土偶 縄文の女神 山形県舟形町 西ノ前遺跡出土   など

    「トーハク×びじゅチューン!なりきり日本美術館」&
     特別展「縄文」関連企画びじゅチューン!ライブinトーハク 教えて!縄文土器先生
     平成館 大講堂にて 8/4(土) (1) 開演午前11時30分、(2) 開演 午後2時30分(開場は開演の30分前)
     要申込
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11240] 【大阪】リバティおおさか/絵図と被差別民 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/07/04(Wed) 23:55:13  

     JR芦原橋の大阪人権博物館(リバティおおさか)http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=14では、人権に関わる地図の展示を開催中です。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆第73回特別展「絵図と被差別民−都市大坂のコスモロジー」〜8/30(木)
         日〜火休館
         水〜金曜:午前10時〜午後4時(入館は3時30分まで)
         土曜日:午後1時〜5時(入館は4時30分まで)
         入館料金:大人500円 高大生、65歳以上300円 小中生200円 

      町絵図など江戸時代に描かれた絵図(古地図)には、古文書にはない豊富な情報が盛り込まれ、 まさに時代の証人である。
     一方、絵図には、江戸時代の身分制度を明確に反映し、平民の居住空間とは一定の距離をおいた被差別民の共同体が描かれ、城下町大坂の場合もまた、「かわた」「長吏」「三昧聖」といった共同体につい て、「穢多」「非人」「隠坊」などといった差別的な名称が刻印されている。
     絵図そのものに むき合うことで新たな歴史的事実を明らかにすることこそが、部落問題の歴史研究のみならず、差別克服のための有効な手段。本展 では、被差別民の記載についても歴史上の事実として、そのまま展示公開し、 それぞれの絵図の解説文においてその意味を説明。

    学芸員による展示解説:8/4(土)午後2時〜
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 暗証キー

    - Web Forum -
    - Antispam Version -