ほっとミュージアム 談話室
[ホームへもどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 発言サイズは画像も含めて130KBまで、URLは20個までです。
  • その他[留意事項]を良くお読みの上ご利用ください
  • 新規紹介用 でワード検索すると、フォーマット発言が開きます

  •   [No.10940] 【東京】静嘉堂文庫美術館/あこがれの明清絵画 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/11/24(Fri) 22:36:27  

     二子玉川の静嘉堂文庫美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=207では、中国絵画の展示を開催中です。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「あこがれの明清絵画〜日本が愛した中国絵画の名品たち〜」〜12/17(日)
        月曜休館
        入館料金:一般1000円 高大生700円 中学生以下無料
             リピーター割引:会期中に本展示の入館券を提示で2回目以降は200円引き
     江戸時代以降の日本でも多くの画家たちの憧れの的であった中国・明清時代(1368〜1912)の、静嘉堂の絵画コレクションから、日本の画家に多大な影響を与えた沈南蘋(しんなんぴん)の代表作をはじめ名品を精選し展示。
     重要文化財 李士達「秋景山水図」明時代・万暦40年(1618)
     重要文化財 藍瑛「秋景山水図」明時代・崇禎11年(1638)
     重要文化財 谷文晁「藍瑛筆 秋景山水図模本」江戸時代(18〜19世紀)
     張瑞図「草書五言律詩」明〜清時代(17世紀) など

    講演会
    午前11時より地下講堂にて 定員120名(当日午前10時より整理券配布 1名につき1枚)
    11/25(土)対談「明末清初の書−連綿趣味の魅力を語る」高木聖雨氏(大東文化大学教授)・富田淳氏(東京国立博物館学芸企画部部長)

    クリスマスコンサート:12/13(水)
     午後1時30分開演(午後1時開場)地下講堂(定員100名、事前予約制)

    列品解説:館長 河野元昭
    12/2(土)午前11時〜  
       12/7(木)・12/14(木)午後2時〜
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.10933] 【京都】立命館大学国際平和ミュージアム/儀間比呂志版画展―沖縄への思い― 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/11/15(Wed) 22:17:48  

     立命館大学国際平和ミュージアムhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=0
    では、沖縄の平和を願う版画展を開催中です。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆開館25周年記念 2017年秋季特別展「儀間比呂志版画展―沖縄への思い―」前期:〜11/26(日)
                                後期:11/28(火)〜12/23(土・祝)
          月曜と11/24(金)休館
          入館料金:大人400円 中高生300円 小学生200円
               立命館で学ぶ人、働く人は無料
     1923年沖縄生まれ1940年から北マリアナ諸島テニアン島で過ごし、1943年に帰郷後出征した儀間比呂志氏。横須賀で敗戦を迎えたが米軍政下の沖縄へは戻らず、大阪に居住し1946年から6年間、大阪市美術研究所で油絵を研修後、上野誠に学び、木版画の制作を始めた。1956年以後定期的に沖縄で個展を開催。沖縄への取材を重ね、人々の暮らしや祭の姿など故郷沖縄の風景を作品にした。木版画に専念した1970年以降、住民の証言記録に接し、沖縄戦を描くようになり、2017年4月に亡くなるまで沖縄への思いを伝え続けた。本展では、奥田豊氏の旧蔵コレクション68点を紹介し、沖縄返還から45年を迎えた本年に、沖縄戦と戦後の沖縄が直面する課題を考える。
       儀間比呂志「尽忠報国」1979年頃
            「アリランの歌」1991年頃
            「赤いソテツの実より」1975年頃
            「那覇の市場」1977年頃  など
    関連企画

    公開シンポジウム「沖縄戦の後を生きる」12/2(土) 午後1時〜4時20分、無料・申込不要
      立命館大学衣笠キャンパス、平井嘉一郎記念図書館カンファレンスルーム
      パネリスト:冨山 一郎氏(同志社大学 グローバルスタディーズ研究科 教授)
            謝花 直美氏(沖縄タイムス 編集委員)
            森 亜紀子(同志社大学 日本学術振興会特別研究員)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.10928] 【愛知】豊田市美術館/ジャコメッティ展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/11/15(Wed) 22:09:06  

     豊田市美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=23&c=64では、近代彫刻作家の展示を開催中です。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆企画展「ジャコメッティ展」〜12/24(日)
        月曜休館
        入館料金:一般1400円 高大生1100円 中学生以下無料
           障がい者手帳をお持ちの方(介添え者1名)、
           豊田市内在住又は在学の高校生、及び豊田市内在住の75歳以上は無料[要証明]
     ぎりぎりまで切りつめられ、引き伸ばされた立像により、戦後の彫刻史に確立したアルベルト・ジャコメッティ(1901-1966年)はスイス生まれ、パリに移住し、アフリカやオセアニアなどのプリミティヴな造形やキュビスム的彫刻への傾倒を経て、シュルレアリスム時代には象徴的作品を手がける。1930年代後半に「見えるものを見えるままに」造形することの困難に向き合いながら、人間存在の根源に肉薄する立像や胸像を制作し、ドローイングや油彩画に取り組んだ。ジャコメッティと深い親交を結び、葛藤するジャコメッティの日々を記録した日本人哲学者・矢内原伊作を描いたドローイングや、全9点から成る壮観の「ヴェネツィアの女」、実現しなかった「チェース・マンハッタン銀行のプロジェクト」のために制作され、現在マーグ財団美術館の庭園を飾る大きな三体の彫像など、ジャコメッティの創作の神髄を見る。

    講演会:11/23(木・祝)午後2時〜(開場:午後1時30分〜)
      講堂にて、定員172名(先着順、聴講無料)
    「出現性について」松浦寿夫氏(東京外国語大学教授)

    学芸員によるギャラリートーク:11/26(日)12/10(日)午後2時〜

    作品ガイドボランティアによるギャラリーツアー
    木曜日を除く毎日午後2時〜(土日は午前11時〜、午後2時〜)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.10925] 【東京】国立西洋美術館/北斎とジャポニスム 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/11/14(Tue) 23:25:51  

     上野公園の国立西洋美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=127では、北斎が西洋に与えた影響の展示を開催中です。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「北斎とジャポニスム―HOKUSAIが西洋に与えた衝撃」〜平成30年1/28(日)
         月曜休館(1/8(月)は開館)12/28(木)〜1/1(月)、1/9(火)休館
         午前9時30分〜午後5時30分(金土は8時まで(11/18を除く)入館は閉館の30分前まで)
         入館料金:一般1600円 大学生1200円 高校生800円 中学生以下は無料。
               1/2(火)〜8(月)は高校生無料。
               心身に障害のある方および付添者1名は無料(要手帳提示)
     19世紀後半、西洋で新しい表現を求める芸術家たちを日本の美術が魅了した“ジャポニスム”現象のなかでも最も注目されたのが、天才浮世絵師・葛飾北斎(1760-1849)。モネやドガら印象派の画家をはじめとして欧米の全域で、絵画、版画、彫刻、ポスター、装飾工芸などあらゆる分野に影響を与えた。
     モネ、ドガ、セザンヌ、ゴーガンなど西洋の名作約220点と、北斎の錦絵約40点、版本約70点の計約110点を比較て展示。異文化との出会いによって生み出された西洋美術で、西洋の芸術家の眼を通して北斎の新たな魅力も感じる。
      葛飾北斎 《富嶽三十六景 東海道程ヶ谷》1830-33(天保元-4)年頃 横大判錦絵
      葛飾北斎『北斎漫画』十一編(部分) 刊年不詳
      クロード・モネ《陽を浴びるポプラ並木》1891年 油彩、カンヴァス
      エドガー・ドガ《踊り子たち、ピンクと緑》1894年 パステル、紙(ボード裏打)など

    講演会:12/2(土)午後2〜3時30分、講堂(地下2階)定員:先着130名(要観覧券)
      当日正午より、館内インフォメーションにて、入館者1人1枚聴講券配付
    「北斎が西洋に与えた衝撃」馬渕明子氏(館長、本展監修者)

    スライドトーク:11/17(金)12/1(金)12/15(金)1/5(金)午後6時〜(約30 分、会場は開演30分前)
     講堂(地下2階)にて  神津有希氏(東京大学大学院)定員:各回先着130名(要観覧券)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.10924] 【兵庫】県立美術館/エルミタージュ美術館展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/11/14(Tue) 23:24:59  

     阪神岩屋の兵庫県立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=27では、西洋美術館の名品展を開催中です。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「大エルミタージュ美術館展 オールドマスター 西洋絵画の巨匠たち」〜平成30年1/14(日)
        月曜休館(1/8(月・祝)は開館、1/9(火)は休館)、
              年末年始(12/31(日)1/1(月・祝))休館
        午前10時〜午後6時(金・土曜日は8時まで(12/29、30をのぞく)入場は閉館30分前まで)
        入館料金:一般1600円 大学生1200円 70歳以上800円  高校生以下無料
          障がいのある方(要証明、70歳以上を除く)は半額、介護者1名無料
     女帝エカテリーナ2世が礎を築いたエルミタージュ美術館の膨大なコレクションの中から16世紀ルネサンス、17・18世紀バロック、ロココの時代に活躍した、「昔日の巨匠」を意味する「オールドマスター」の絵画85点を紹介。

    ウィギリウス・エリクセン《戴冠式のローブを着たエカテリーナ2世の肖像》1760年代 油彩・カンヴァス

    1 イタリア:ルネサンスからバロックへ
     カナレット(本名ジョヴァンニ・アントニオ・カナル)《ヴェネツィアのフォンダメンタ・ヌオーヴェから見た、サン・クリストーフォロ島、サン・ミケーレ島、ムラーノ島の眺め》 1724-1725年 油彩・カンヴァス
     ティツィアーノ・ヴェチェッリオ《羽飾りのある帽子をかぶった若い女性の肖像》1538年 油彩・カンヴァス
     ポンペオ・ジローラモ・バトーニ《聖家族》1777年 油彩・カンヴァス
     グイド・レーニの工房《エウロパの掠奪》1632-1635年 油彩・カンヴァス

    2 フランドル:バロック的豊穣の時代
     ピーテル・ブリューゲル(2世)《スケートをする人たちと鳥罠のある冬景色》1615-1620年頃 油彩・板
     フランス・スネイデルス《鳥のコンサート》1630年代-1640年代 油彩・カンヴァス
     ペーテル・パウル・ルーベンスと工房《田園風景》1638−1640年頃 油彩・カンヴァス
     アンソニー・ヴァン・ダイク《王妃ヘンリエッタ・マリアの2人の侍女:カーク夫人アン・キリグルーとおそらくはストレンジ男爵夫人シャーロット》1630年代末 油彩・カンヴァス
     ヤーコプ・ヨルダーンス《クレオパトラの饗宴》1653年 油彩・カンヴァス

    3 オランダ:市民絵画の黄金時代
     レンブラント・ハルメンスゾーン・ファン・レイン《運命を悟るハマン》1660年代前半 油彩・カンヴァス
     フランス・ハルス《手袋を持つ男の肖像》1640年頃 油彩・カンヴァス
     ピーテル・デ・ホーホ《女主人とバケツを持つ女中》1661-1663年頃 油彩・カンヴァス
     ヤン・ダーフィッツゾーン・デ・ヘーム《果物と花》1655年 油彩・カンヴァス

    4 スペイン:神と聖人の世紀
     フセペ・デ・リベーラ《聖ヒエロニムスと天使》1626年 油彩・カンヴァス
     フランシスコ・デ・スルバラン《聖母マリアの少女時代》1660年頃 油彩・カンヴァス
     バルトロメ・エステバン・ムリーリョ《幼子イエスと洗礼者聖ヨハネ》1660年頃 油彩・カンヴァス

    5 フランス:古典主義的バロックからロココへ
     ニコラ・プッサン《エジプトの聖家族》1657年 油彩・カンヴァス
     ジャン=バティスト・シメオン・シャルダン《食前の祈り》1744年 油彩・カンヴァス
     ジャン=オノレ・フラゴナールとマルグリット・ジェラール《盗まれた接吻》1780年代末 油彩・カンヴァス
     クロード・ロラン(本名クロード・ジュレ)《港》1630年代末-1640年代 油彩・カンヴァス
     ユベール・ロベール《運河のある建築風景》1783年 油彩・カンヴァス

    6 ドイツ・イギリス:美術大国の狭間で
     ルカス・クラーナハ《林檎の木の下の聖母子》1530年頃 油彩・カンヴァス
     トマス・ゲインズバラ《青い服を着た婦人の肖像》1770年代末-1780年代初め 油彩・カンヴァス

    西洋美術史特別講座:ミュージアムホールにて 午後2時より(約90分)入館券のみ
    11/25(土)フランドル・オランダ「専門画家の登場と絵画の黄金時代―ネーデルラントのバロック美術」
        平川佳世氏(京都大学大学院教授)
    12/10(日)フランス「日常のデザイン化−18世紀ロココ絵画をめぐって」
         島本浣氏(京都精華大学教授)12月10日(日)

    おやこ解説会:12/2(土)午後1時30分より(約30分)
    レクチャールームにて 無料 要事前申込(定員20組、先着順)
    こどものイベント係 Tel.078-262-0908

    学芸員による解説会:11/18(土)、12/16(土)
      午後4時より(約45分)レクチャールームにて 無料(定員100名)

    ミュージアム・ボランティアによる解説会:毎週日曜日 午前11時より(約15分)
      レクチャールームにて 無料(定員100名)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.10920] 【東京】都美術館/ゴッホ展 巡りゆく日本の夢 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/11/13(Mon) 23:51:24  

     上野公園の東京都美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=128で開催中の特別展を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆特別展「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」〜平成30年1/8(月・祝)
      月曜、12/31(日)1/1(月・祝)休館(1/8(月・祝)は開室)
      午前9時30分〜午後5時30分(入室は閉室の30分前まで)
      入館料金:一般1600円 大・専門学校生1300円  高校生 800円 65歳以上1000円
            中学生以下は無料
            身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳
              ・被爆者健康手帳をお持ちの方と付添者1名は無料

     パリ時代からアルル時代前半にかけて、浮世絵や日本に関する文献を集めるなど、日本に高い関心を寄せていたフィンセント・ファン・ゴッホ(1853-1890)。一方、ゴッホの死後、日本の芸術家や知識人が、この画家に憧れ、墓のあるオーヴェール=シュル=オワーズを巡礼していた本展では、ファン・ゴッホの油彩画やデッサン約40点、同時代の画家の作品や浮世絵など約50点に加え、関連資料を通して、ファン・ゴッホと日本の相互関係を探る。
      フィンセント・ファン・ゴッホ《種まく人》1888年
                     《花魁(溪斎英泉による)》1887年
                     《アイリスの咲くアルル風景》1888年
                     《寝室》1888年
                     《タラスコンの乗合馬車》1888年
                     《ポプラ林の中の二人》1890年
                     《カフェ・ル・タンブランのアゴスティーナ・セガトーリ》1887年
      溪斎英泉《雲龍打掛の花魁》1820〜1830年代(文政後期〜天保前期)
      佐伯祐三《オーヴェールの教会》1924年
      前田寛治《ゴッホの墓》1923年    など
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.10919] 【兵庫】神戸市立博物館/ボストン美術館の至宝展 東西の名品 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/11/13(Mon) 23:50:47  

     三宮の神戸市立博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=23で開催されている名品展を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆特別展「ボストン美術館の至宝展 東西の名品、珠玉のコレクション」 〜平成30年2/4(日)
       月曜、12/29(金)〜1/1(月・祝)、1/9(火)休館(1/8(月・祝)は開館)
       午前9時30分〜午後5時30分(土曜は7時まで、11/24、12/22、1/26(金)は9時まで、
                  入館はそれぞれ閉館の30分前まで)
       入館料金:一般1500円 大学生1100円 高校生900円 小中 600円
         65歳以上で「神戸市すこやかカード(老人福祉手帳)」持参の方は半額。
         障がいのある方は障がい者手帳などの提示で無料。
         小中学生で「のびのびパスポート」をお持ちの方は提示により無料。
     世界屈指の美の殿堂、ボストン美術館の主要なコレクションからえりすぐった珠玉の80点を、約40年ぶりに公開。1876年に開館し、国や州の財政的援助を受けずに素晴らしいコレクションの形成に寄与したコレクターやスポンサーの活動にも光を当てる。古代エジプト美術、中国美術、日本美術、フランス絵画、アメリカ絵画、版画・写真、現代美術と、東西の名品の数々を堪能する。
     I 古代エジプト美術
        《ツタンカーメン王頭部》エジプト、新王国時代、第18王朝、紀元前1336-1327年
     II 中国美術
        陳容《九龍図巻(部分)》南宋・淳祐4年(1244)
     III 日本美術
        英一蝶《涅槃図》正徳3年(1713)
        曾我蕭白《風仙図屏風》宝暦14年/明和元年(1764)頃
     IV フランス絵画
        フィンセント・ファン・ゴッホ《郵便配達人 ジョゼフ・ルーラン》1888年
        フィンセント・ファン・ゴッホ《子守唄、ゆりかごを揺らすオーギュスティーヌ・ルーラン夫人》1889年
        クロード・モネ《睡蓮》1905年
        エドガー・ドガ《腕を組んだバレエの踊り子》1872年頃
     V アメリカ絵画
        ジョン・シンガー・サージェント《フィスク・ウォレン夫人(グレッチェン・オズグッド)と娘レイチェル》1903年
     VI 版画・写真
        ウィンスロー・ホーマー《八点鐘》1887年
        エドワード・ホッパー《機関車》1923年
     VII 現代美術
        アンディ・ウォーホル《ジャッキー》1964年頃 シルクスクリーン

    記念講演会:地階講堂にて、午後2〜3時30分、定員160名(当日先着順)
             本展観覧券要、当日午後1時時から講堂前で入場整理券を配布。)
    (2)11/18(土) 「ファン・ゴッホによるルーラン夫妻の肖像画について」大橋 菜都子氏(東京都美術館 学芸員)
    (3)12/16(土) 「皇帝の絵画 ボストン美術館所蔵の中国名画」板倉 聖哲氏(東京大学東洋文化研究所 教授)
    (4)1/13(土) 「コレクターとコレクション―ボストン美術館の日本・中国美術」石沢 俊氏(学芸員)

    イブニング・レクチャー(学芸員による展覧会の見どころ解説) 土曜日午後5時〜30分
       地階講堂にて、定員160名(当日先着順)本展観覧券要

    ジュニアミュージアム講座
    (1)1/14(日)午前10時〜12時
      「涅槃図にジャンプイン!!〜英一蝶の涅槃図の不思議な絵の世界に飛び込んで楽しんじゃおう〜」
     小学4年生〜中学生対象、地階考古学習室にて、定員20名(応募多数の場合は抽選)
     参加費:500円(参加する子供の入館料は無料。付添の保護者は団体料金)
     申し込み方法
      往復はがきに、希望イベント名、参加希望者全員のお名前、年齢、電話番号、返信用のあて名を記入し
      〒650−0034 神戸市中央区京町24番地 神戸市立博物館子供プログラム係 12/17(日)消印有効

    親子鑑賞会:12/3(日) 午前の部:10時30分〜12時 午後の部:2〜3時30分
     小中学生の子供とその保護者対象、地階講堂にて、
     定員:各回先着50名(当日受付)
     本展観覧券要、各回30分前から講堂前で整理券を配布。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.10911] 【全国】鉄道関係企画展 17年11月以降 その2 投稿者:かずや  投稿日:2017/11/12(Sun) 17:02:18  

    おじゃまします。下記、追加致します。

               かずや:渡辺 和也
    ---------------------------------------------------------------------------
    【東京】
    ・白根記念渋谷区郷土博物館・文学館
     特別展「渋谷駅の形成と大山街道」
     10月28日(土)〜18年1月21日(日)
    http://www.city.shibuya.tokyo.jp/edu/koza/12kyodo/tenrankaishousai.html#15

    ・東京ステーションギャラリー
     鉄道絵画発→ピカソ行 コレクションのドア、ひらきます
     12月16日(土)〜18年2月12日(月・祝)
    http://www.ejrcf.or.jp/gallery/exhibition/201712_picasso.html

    【神奈川】
    ・神奈川県立図書館
     企画展示「浮世絵にみる文明開化 鉄道開通と明治のにぎわい」
     11月10日(金)〜18年2月7日(水)
    http://www.klnet.pref.kanagawa.jp/yokohama/information/tenji171110.htm

    【広島】  
    ・安芸高田市歴史民俗博物館
     秋季企画展「さよなら 三江線」
     10月21日(土)〜12月10日(日)
    http://www.akitakata.jp/ja/hakubutsukan/topics/w146/

    以上です。


      [No.10908] 【山口】下関市立歴史博物館/龍馬がみた下関 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/11/12(Sun) 00:29:12  

     幕末維新にゆかりの長府の下関市立歴史博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=35&c=4では、坂本龍馬の特別展が開催中です。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆特別展 坂本龍馬没後150年記念「龍馬がみた下関」〜12/10(日)
         月曜休館
         入館料金:一般500円  大学生等 300円
                18歳以下、高等学校・中等教育学校・特別支援学校に在学の生徒
                70歳以上の方(要年齢証明)
                障がい者手帳をお持ちの方 は無料
            光庭に同じく建立された群像「時代を拓く」の1周年を記念し11/19(日)は特別展「龍馬がみた下関」無料
                (常設展示は有料)

    土佐出身だが、全国各地に活動の場を広げた坂本龍馬は、下関で「薩長盟約」の締結に向けた周旋、高杉晋作とともに戦った「小倉口の戦い」など、幕末史に深く刻まれた事件、事象の当事者として知られる。下関を拠点とした新規事業を計画、実行した龍馬の経済活動を支える重要な地であったと推察され、愛妻お龍と新婚生活を送った龍馬の日常を垣間見ることができる。本展は下関の人々との交流を中心に、龍馬の足跡を紹介し、龍馬と下関の深い関わりを再認識する。
      坂本龍馬書状 渋谷彦介宛 慶応元年閏5月5日
      坂本龍馬書状 家族宛 慶応元年9月7日
      高杉晋作詩書扇面(坂本龍馬に贈ったもの)
      西郷隆盛所用赤間関硯(三吉慎蔵が贈ったもの)
      下関戦図 溝渕広之丞・坂本龍馬作
      崎陽新聞(吉村荘右衛門筆)
      坂本龍馬書状 三吉慎蔵宛 慶応2年8月16日
      坂本龍馬書状 お龍宛 慶応3年5月28日
      坂本龍馬筆 新政府綱領八策  など
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.10907] 【京都】舞鶴引揚記念館/引き揚げ援護局 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/11/12(Sun) 00:27:40  

     赤レンガパーク内にある舞鶴引揚記念館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=116
    で開催中の特別展を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆平成29年度第3回企画展「祖国の玄関口 引揚援護局」〜12/20(日)
          11/16(木)休館
          入館料金:大人300円 小〜大学生150円 
     昭和21年11月に、引揚者の帰国手続きをおこなう公的機関として発足した舞鶴地方引揚援護局では、手続きだけでなく、病気の診療から就職相談まで、引揚者を手厚く支援した。引揚援護局の知られざる一面を紹介。
       引揚者に配られた手続きパンフレット
       引揚証明書
       援護局内で引揚者に配られた理髪券  など
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 暗証キー

    - Web Forum -
    - Antispam Version -