ほっとミュージアム 談話室
[ホームへもどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 発言サイズは画像も含めて130KBまで、URLは20個までです。
  • その他[留意事項]を良くお読みの上ご利用ください
  • 新規紹介用 でワード検索すると、フォーマット発言が開きます

  •   [No.12348] 【京都】市歴史資料館/光秀と京−信長,義昭,そして町の人びと− 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/03/28(Sat) 20:16:07  

     丸太町寺町の京都市歴史資料館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=13で開催中の特別展を紹介します。京都市考古資料館との共催です。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆特別展「光秀と京−信長,義昭,そして町の人びと−」〜4/5(日)
         月曜・祝日休館
         入館無料
     
     明智光秀は、天正10年(1582)年の本能寺の変とそれに続く山崎の戦いが有名だが、室町幕府第15代将軍足利義昭にしたがって入京(1568)、織田信長のもとでは京都奉行(1573〜75頃)を勤め、京都の政治に深く関与し、公家・寺社・町の人々と交流している。文献史料を中心に光秀および光秀を取り巻く人々について,光秀が活躍した前後の京都の様子についての展示し、明智光秀と京都を紐解く。
      一乗院覚慶書状(足利義昭書状)「和田家文書」より 
      織田信長奉行衆連署状「立入家文書」より 
      『太閤記図譜』明智光秀池田城攻 山本家典籍  
      『都名所図会』巻第1(本能寺)  など
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12347] 【京都】市考古資料館/光秀と京〜入京から本能寺の変〜 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/03/28(Sat) 20:15:03  

     堀川今出川の京都市考古資料館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=12で開催中の特別展を紹介します。京都市歴史資料館との共催です。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆特別展示「光秀と京〜入京から本能寺の変〜」〜6/21(日)
         月曜休館(祝日の場合は翌日)
         入館無料

     明智光秀が活躍した信長の入京から本能寺の変頃の、関連遺跡の発掘成果を写真パネルや遺物で紹介。戦国時代の末期から安土桃山時代前半、天下統一間近い京都の様子を見る。当時本能寺の変に遭遇したと思われる土器・瓦類などの本能寺跡の発掘調査出土品を多数展示
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12346] 【京都】府京都文化博物館/京都祇園祭[3/24(火)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/03/23(Mon) 23:53:49  

     三条高倉の京都府京都文化博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=45では、明日3/24からまさに京都文化の華、疫病退散の祭りに関する展示が開催されます。充分な管理のもと、開催されると思いますので、どうぞ体調やマナーを守りつつ、静かに鑑賞してください。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
    ☆京都新聞創刊140記念/京都文化力プロジェクト2016ー2020
     特別展「京都祇園祭―町衆の情熱・山鉾の風流―」前期:3/24(火)〜4/19(日)
                            後期:4/21(火)〜5/17(日)
        月曜休館(ただし5/4(月・祝)は開館)5/7(木)休館
        開室時間:午前10時〜午後6時(金曜は7時30分まで、入室は30分前まで)
        入館料金:一般1500円 高大生1100円 小中生500円
             障害者手帳等を提示の方と付き添い1人無料
     
     日本の政治経済の中心として千年栄えた都・京都は、日本文化の発信源として国際社会とも向き合い、その精神を支えてきたのが祇園祭。都市の災厄を飲み込み、都に住まう人々に安寧を与え、町衆のエネルギーになり、山鉾巡行に結実していった。本展では、山鉾の舶来の希少な懸装品や装飾品を紹介し、祇園祭の全貌を示し、山鉾の物語や歴史、装飾美の技術と芸術の粋を集めて紹介。

    序章 描かれた山鉾巡行
     江戸時代の祇園祭の全体像を描いた屏風祇園祭礼図屏風 17世紀後半
     幕末に祇園祭に登場した全ての山鉾が描かれた絵巻祇園祭礼絵巻 冷泉為恭 筆 嘉永元年(1848)
    第一章 記録される祇園祭と山鉾巡行
     大屋根が据えられる前の北観音山の姿を示した図面 北観音山古絵図 京都市登録文化財 江戸時代中期
     祇園祭の様子を紹介した江戸時代の観光案内書『都名所図会』『都名所図会』安永9年(1780)
    第二章 山鉾を彩る〜飾金具の競演〜
     浄妙山の御神体人形がまとった室町時代の鎧黒韋威肩白胴丸 大袖喉輪付 重要文化財 室町時代
     菊花を細く透し彫りした伯牙山の角飾金具
       角飾金具 菊唐草透し彫り文様 重要有形民俗文化財 嘉永6年(1853)
    第三章 山鉾を彩る〜懸装品の美〜
     16世紀のベルギーで織られ日本に伝わった鶏鉾の見送 鶏鉾飾毛綴鶏鉾飾毛綴 重要文化財 16世紀
     保昌山の前面を飾る懸装品の下絵 蘇武牧羊図 屏風(円山応挙筆)京都市指定文化財 安永2年(1773)
    第四章 神格化される祇園祭の山鉾
     祇園祭山鉾町に伝わる現存最古の衣装  綾地締切蝶牡丹文様片身替 小袖 重要文化財 天正17年(1589)
     郭巨山の御神体人形である郭巨像がまとっていた衣裳 郭巨様御神体衣裳 寛永18年(1641)
    第五章 近代化と祇園祭の山鉾
     蟷螂山に搭載されていたかまきり(旧)京都市指定文化財 19世紀中頃
     十六弁の菊花があしらわれた菊水鉾の鉾頭 見送 白綴地墨画孟宗竹藪林図(竹内栖鳳筆)昭和27年(1952)
    終章 そして新しい時代へ
     鷹山の人形の詳細図 見送 白綴地墨画孟宗竹藪林図(竹内栖鳳筆)
     御神体人形図 天保2年(1831)    など

    「郭巨山」「橋弁慶山」実物展示 3/24(火)〜4/5(日)

    新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、3月中のイベントは中止

    ワークショップ「キミだけの山鉾模型をつくろう!」5/9(土)午後1〜3時、3階やすらぎコーナー
    小学3年生〜6年生 先着20名(要事前申込、本展入場券〔半券〕要)

    ギャラリートーク:4/3、10、17、24(金)午後6時〜30分程度
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12345] 【広島】海の見える杜美術館/美人画のラプソディ 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/03/21(Sat) 23:52:45  

     廿日市市の海の見える杜美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=34&c=66で開催中の展示を紹介します。本日開催中を確認しましたが、どうぞ体調やマナーを守りつつ、静かに美術鑑賞をお楽しみください。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「美人画のラプソディ―近代の女性表現―妖しく・愛しく・美しく」〜5/31(日)
        月曜休館(但し5/4(月・祝)は開館)5/7(木)休館
        入館料金:一般1000円 高大生500円

     近代には労働に携わる姿や日々の暮らしの何気ないひとこまを描いた美人画が増える。美人画の名手上村松園(1875〜1949)をはじめ、同時代に活躍した池田蕉園(1886〜1917)や島成園(1892〜1970)、木谷千種(1895〜1947)とその門下生、また妖艶な女性美を追究した増原宗一(1893〜1927)や、様々な社会に生きる人間を描こうとした千種掃雲(1873〜1944)など個性的な画家たちの作品を収集した館蔵の美人画を一挙に公開。
     明治から昭和初期にかけての女性像を描いた作品を一部に他館所蔵品を交えて「四季風物と美人画」「女の暮らしと人生」「女の装い プラス・マイナス」「少女と美人画」という構成で展観。
    第1章 四季風物と美人画
     渡辺幾春《春秋美人》大正時代
     鰭崎英朋《春秋観花図屏風》1904年(明治37)
    上村松園《紅葉可里》昭和時代初期
    第2章 女の暮らしと人生
      三露千萩《編み物》1929年(昭和4)
    千種掃雲 《ほゝづきの女》1911年(明治44)
    第3章 女の装い プラス・マイナス
      三木翠山《茗苑》1936年(昭和11)
    増原宗一《夏の宵》1926年(大正15)
    第4章 少女と美人画
      岡本大更 松村梅叟 合作 《金魚》大正時代
    秦テルヲ《遊戯》1912年(明治45)
     大林千萬樹《ゐねむり》1916年(大正5)   など

    泉屋博古館分館長 野地耕一郎氏によるギャラリートーク:4/4(土)午後2時〜 1時間程度
       電話かメール info@umam.jp で要申込

    学芸員によるギャラリートーク:4/25(土)5/30(土)午後1時30分〜 40分程度
    学芸員によるスライドレクチャー:5/2(土)午後1時30分〜 1時間程度、定員約20名
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12344] 【愛知】豊田市美術館/久門 剛史/光について 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/03/21(Sat) 23:51:14  

     豊田市美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=23&c=63
    で開催中の展示を紹介します。本日開催中を確認しましたが、どうぞ体調やマナーを守りつつ、静かに美術鑑賞をお楽しみください。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
    ☆「久門 剛史−らせんの練習」〜6/21(日) 
       月曜休館(5/4(月・祝)は開館)
       入館料金:一般1000円 高大生800円 中学生以下無料
          障がい者手帳をお持ちの方(介添え者1名)
          豊田市内在住又は在学の高校生、及び豊田市内在住の75歳以上は無料(要証明)
     久門剛史(1981年京都府生まれ)は、身の回りの現象や特定の場所がもつ記憶、歴史的事象を採取し、それらを音や光、立体などの断片をもちいて観る者の身体感覚を静かに、強く揺さぶる空間を創り出し、美術館の4つの展示室を使い、新作インスタレーションを展開。真上から見て円であると認識していたものが、視点を変えて彫刻的に見たとき、はじめて螺旋だと気づく、そうした観る人それぞれの時間と空間の発見や新しい知覚の拡張につながる体験を、螺旋構造の豊田市美術館の建築空間の中で実感する展観。
      劇場作品『らせんの練習』2019年
      風 2017年 サウンド、木、ガラス、電球、アルミ、モーター、照明機材、他
      Pause 2016年 サウンド、スポットライト、電球、木材、アクリル、鐘、アルミ、ジョーゼット、ムーブメント、他
      crossfades #3 2015年 紙、アルミニウム、ルーペ、真鍮、ムーブメント、他、サイズ可変

    【久門剛史による期間限定の特別展示】5/12(火)〜6/21(日)(月曜休館)午前11時〜午後4時
    会場:茶室・童子苑(美術館敷地内)無料、要靴下、入場制限を行う場合あり。

    3/28のアーティストとギャラリーツアーは中止

    対談:久門剛史×野村仁氏(美術家)
    5/2(土)午後2〜3時30分 講堂にて、定員172名、無料

    担当学芸員によるギャラリーツアー:4/18(土)5/30(土)午後3時〜

    作品ガイドボランティアによるギャラリーツアー
      木曜日を除く毎日午後2時(土日、祝日は午前11時〜、午後2時〜)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆開館25周年記念コレクション展「VISION Part 1 光について / 光をともして」〜6/21(日)
      入館料金:一般300円 高大生200円
         障がい者手帳をお持ちの方(介護者1名)
         豊田市内在住又は在学の高校生及び豊田市内在住の75歳以上は無料(要証明)

     身近な街中や遠く宇宙の光と、わたしたちそれぞれの内なる光とが照応するような作品を紹介。
      奈良美智《Dream Time》1988年
      横山奈美《LOVE》2018年
      玉山拓郎《Eclipse Dance (Detail)》2019年
      村瀬恭子《Flowery Planet》2009年
      村岡三郎《熔断−17,500mm x 1,380℃》1995年
      野村仁《赤道上の太陽》1989年
      マリオ・メルツ《明晰と不分明/不分明と明晰》1988年

    ☆コレクション「電気の時代」〜6/21(日)
     20世紀初頭に「家電」のデザインをてがけたペーター・ベーレンスから現代美術まで、この100年間の電気と光についてのテーマ展示。
      アンゼルム・キーファー《重い水》1987年
      ヤノベケンジ《ラディエーションスーツ・アトム》1996年
      ペーター・ベーレンス《電気湯沸かし器》デザイン:1909年、製作:1909-1932年(AEG社)
      ウィーン工房、ヨーゼフ・ホフマン《サナトリウム・プルカースドルフの待合室の壁面照明器具》制作年:1904-1905年(ウィーン工房)
      牧野 義雄《チェルシー・エンバンクメント》1909/1910年
      田中 敦子《Work 1963 B》1963年
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12343] 【兵庫】香雪美術館/龍と鳳凰 伝説の霊獣 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/03/21(Sat) 00:16:19  

     阪急御影の香雪美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=3
    で開催中の展示を紹介します。本日開催中を確認しましたが、どうぞ体調やマナーを守りつつ、静かに歴史探究をお楽しみください。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  
    ☆「龍と鳳凰 伝説の霊獣」〜5/6(水・振)
       月曜休館(5/4(月・祝)は開館)
       入館料金:一般700円 高大生450円 中学生以下無料

     水中・地中にすみ、雷雲や嵐を呼び、水を制する力を持ち、縁起の良い幸運の象徴として、中国では皇帝の象徴とされた龍。梧桐にすみ、竹の実を食べ、理想的な君主が出現した際に出現するといわれる瑞烏・鳳凰。瑞祥・吉祥のシンボルともされ、東アジア全域で様々な美術品のモチーフに取り入れられた伝説上の霊獣神獣・龍と鳳凰を表現した作品を村山龍平の収集品の中から紹介。
       景徳鎮窯 赤絵鳳凰牡丹唐草文茶碗 中国・明時代
       交趾蓮唐草文香炉 中国・明〜清時代
       景徳鎮画家 色絵団龍花卉文水指 中国・明〜清時代
       日月桐竹鳳凰孔雀図屏風 江戸時代
       鉄鳶頭形兜 江戸時代
       桐鳳凰図小柄 江戸時代
       不動明王八大童子像 室町時代 など

    4/5(日)開催予定の講演会は中止

    毎週土曜日、午後2時からギャラリートークも当面の間中止。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12342] 【岐阜】土岐市美濃陶磁歴史館/土岐明智氏と妻木氏 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/03/21(Sat) 00:14:12  

     土岐市美濃陶磁歴史館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=21&c=58で開催中の展示を紹介します。本日開催中を確認しましたが、どうぞ体調やマナーを守りつつ、静かに歴史探究をお楽しみください。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  
    ☆特別展「〜光秀の源流〜 土岐明智氏と妻木氏」〜5/31(日)
       月曜、祝日の翌日(3/21、4/30、5/3〜6は開館)休館
       入場料金:一般200円 大学生100円 高校生以下無料
            障がい者手帳をお持ちの方 一般100円、大学生50円

     鎌倉時代、美濃国土岐郡に土着し「桔梗一揆」と呼ばれた強力な土岐氏の武士団は形成し、室町時代に足利氏を支えるほどの繁栄を極め、その一派に土岐明智氏、その末裔が明治維新まで群馬県沼田藩を治め貴重な古文書群「土岐家文書」が伝える。
     南北朝時代に土岐郡妻木郷を拠点に活躍し、足利尊氏や弟直義から出された文書など、土岐明智氏の繁栄を伝える「土岐家文書」が500年ぶりに土岐市へと里帰りし、故郷において初公開。
     NHK大河ドラマ『麒麟がくる』の主人公明智光秀は、土岐明智氏あるいは妻木氏の出身といわれ、妻や伯父が妻木氏、さらには「妻木」と名乗った妹が信長の側室だったとされるなど、光秀と妻木氏はとくに深い関係があった。本展では、土岐明智氏と妻木氏の菩提寺・崇禅寺に残る位牌、近年の発掘調査で明らかになった土岐明智氏の居館とみられる遺跡の出土品など、古文書や妻木に残る文化財などから明智光秀のルーツともいえる土岐明智氏と妻木氏の歴史をたどる。
     足利直義奥上署判下文(土岐家文書) 暦応2(1339)年
     妻木家頼所用具足(妻木八幡神社所蔵)  など

    担当学芸員による展示解説:5/3(日)午後2時〜

    3/28(土)に予定された講演会は中止
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12341] 【滋賀】大津市歴史博物館/江戸時代の琵琶湖水運 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/03/21(Sat) 00:13:29  

     大津市役所近くの大津市歴史博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=25&c=1で開催中の展示を紹介します。本日開催中を確認しましたが、どうぞ体調やマナーを守りつつ、静かに歴史探究をお楽しみください。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆重要文化財「大津百艘船関係資料」指定記念企画展(第81回企画展)
     「江戸時代の琵琶湖水運−大津百艘船の航跡−」〜4/12(日)
        月曜休館
         入館料金:一般600円(480円) 高大生300円(240円) 小中生200円(160円)
            ( )内は15名以上の団体、大津市内在住の65歳以上の方、
           大津市内在住の障がい者・介護保険の要介護者・要支援者割引(要証明)

     天正14〜15年(1586〜87)、豊臣秀吉は、坂本にあった城を大津に移して物資輸送の拠点とし、さらに大津城主の船持仲間「大津百艘船」を組織した。大津百艘船には、大津経由の物資と人の輸送を独占権が与えられ琵琶湖水運の中心的役割を担うので、琵琶湖水運をめぐる多くの文書や争論記録が残された。本展は「大津百艘船関係資料」1237点が重要文化財に指定されたことを記念して、古文書・歴史資料一堂に展示し、江戸時代の琵琶湖水運の歴史を紹介。
     京極高次高札(重要文化財 文禄4年〔1595〕)
     大津百艘船万留帳(重要文化財 江戸時代)
     矢橋小舟入り航路絵図(江戸時代)
     大津町古絵図(大津市指定文化財 江戸時代)
     琵琶湖眺望真景図(江戸時代)
     京極高次家臣連書状(重要文化財 慶長5年〔1600〕)
     大津御用米会所要用帳(江戸時代)
     丸子船模型(本館蔵)
     大津湖岸絵葉書(明治末 個人蔵)
    れきはく講座(講演会)要申込、締切有り(3月は中止)
    4/4(土) 「江戸時代の石山寺と旅行者−紀行文と古文書にみるー」青柳周一氏(滋賀大学経済学部教授)
    4/11(土) 「幕末における京都・大津間の物資流通」樋爪修氏(元大津市歴史博物館館長)

    展示解説(ギャラリートーク)(3月分は中止)午後2時〜30分程度
    4/8(水) 「重要文化財 大津百艘船をひもとく」高橋大樹氏(本館学芸員)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12340] 【島根】松江歴史館/松江市につたわる指定文化財 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/03/18(Wed) 22:19:40  

     松江歴史館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=32&c=15で開催中の展示を紹介します。静かに歴史をお楽しみください。本日現在開館を確認しています。ただし、講演会などのイベントは3月中は中止とされています。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
    ☆企画展「松江市につたわる指定文化財」後期:3/20(金)〜4/12(日) 
         3/19(木)休館
         開館時間:午前8時30分〜午後5時(4月から)6時30分まで(受付は閉館30分前まで)
         入館料金:大人500円 高大・専門学校生400円 小中学生250円

     古代出雲文化発祥の地であり、近世城下町文化が繁栄した松江市制130周年を記念し、松江市に伝わる指定文化財(有形文化財)国宝2件を含む国、県、市の指定が計247件、登録文化財が計39件所在(2019年12月5日現在)する中から38件(86点)を展観し、、文化財保護、保存、継承の取り組みについて紹介。
     県指定 両界曼荼羅図 室町時代 至徳3年(1386) 迎接寺(島根県立古代出雲歴史博物館寄託)
     重文 阿弥陀如来立像 鎌倉時代(13世紀) 善光寺
     県指定 小太刀 額銘 長光(附:銀荘葵紋散毛抜太刀拵)鎌倉時代中期(拵は江戸時代末期)
     重文 平所遺跡埴輪窯跡出土品 古墳時代(5−6世紀) 島根県立八雲立つ風土記の丘
     重文 出雲国玉作跡出土品 古墳時代(6世紀) 玉作湯神社   など
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12339] 【広島】ウッドワン美術館/シャガールと春の名画 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/03/18(Wed) 22:18:26  

     廿日市市のウッドワン美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=34&c=65
    で開催中の展示を紹介します。本日現在開館を確認しています。宴会を伴う花見は制限されている昨今ですが、人語でなく美術との対話で心安らげてください。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆春季展「シャガールと春の名画―お花見気分で美術さんぽ―」〜5/24(日)
        月曜休館(ただし5/4は開館)
        入館料金:一般1200円 高大生600円 
     春にちなんだ4つのテーマー「恋人たちの世界」「旅に出よう」「季節を告げる花鳥」「お花見しましょう」―を設けて、コレクションの中から約100点を紹介。
     「恋人たちの世界」のテーマで、色彩の魔術師マルク・シャガール(1887-1985)が手がけたカラー・リトグラフの傑作挿画集『ダフニスとクロエ』を展覧し、『「アラビアン・ナイト」からの四つの物語』と、その工程版画を特別公開。
     「旅に出よう」のテーマでは、様々な国や地域が描かれた風景画を紹介。
        藤島武二《カサ・ディ・ヴェッティ(ポンペイの遺跡)》
     四季を彩る花鳥画:中島千波《醍醐の桜》
     春の行楽を描いた美人画:上村松園《桜可里》大正中期
      など、新しい季節に合う日本画をあわせて展覧。
        
    ☆「お弁当インスタグラマーnancyさんの前衛弁当展」〜5/24(日)
        無料、新館ロビーにて
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 暗証キー

    - Web Forum -
    - Antispam Version -