ほっとミュージアム 談話室
[ホームへもどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 発言サイズは画像も含めて130KBまで、URLは20個までです。
  • その他[留意事項]を良くお読みの上ご利用ください
  • 新規紹介用 でワード検索すると、フォーマット発言が開きます

  •   [No.12076] 【全国】鉄道関係企画展 19年11月以降 投稿者:かずや  投稿日:2019/11/04(Mon) 22:33:22  

    おじゃまします。

    11月以降開催の内容をまとめて直してみました。
    ご紹介やコメントをいただいた皆さんに、感謝致します。

                      かずや:渡辺 和也

    注:紹介件数が多くなったため、2つに分割します。
      北海道〜神奈川、富山〜福岡
    ------------------------------------------------------------------------
    【北海道】
    ・釧路市立博物館
     写真展「太平洋石炭販売輸送 臨港線」
     11月2日(土)〜2020年1月12日(日)
    https://www.city.kushiro.lg.jp/museum/kikaku/2019/coaltrain.html

    【秋田】
    ・小坂町立総合博物館「郷土館」
    企画展 時代を越えて走り抜けた110年 小坂鉄道の歴史展
    10月4日(金)〜12月19日(木)
    https://www.town.kosaka.akita.jp/kanko_rekishi/sogohakubutsukan/goriyoannai/792.html

    【千葉】
    ・館山市立博物館
     館山駅開業100周年記念展「鉄道がまちにやってきた」
     同時開催:市制施行80周年記念展「館山の昭和と平成」
     7月6日(土)〜11月24日(日)
    https://www.city.tateyama.chiba.jp/hakubutukan/page100114.html

    ・船橋市郷土資料館
     企画展「船橋と新京成」
     11月1日(金)〜12月15日(日)
    https://www.city.funabashi.lg.jp/shisetsu/bunka/0001/0005/0003/p073468.html

    【東京】
    ・府中市郷土の森博物館
     でんしゃであそぼう!! 武蔵府中鉄道模型博2019
     11月2日(土)〜11月17日(日)
    http://www.fuchu-cpf.or.jp/museum/event/1003901.html

    ・昭和女子大学光葉博物館
     秋の特別展「羽化する渋谷 ―渋谷駅135年の時系列模型から見る2020年」
     10月15日(火)〜12月14日(土)
    https://museum.swu.ac.jp/schedule

    ・立川市歴史民俗資料館
     企画展「立川てんしゃば物語〜立川駅と立川の近代化〜」
     10月22日(火)〜12月15日(日)
    https://www.city.tachikawa.lg.jp/shogaigakushu/kosodate/kyoiku/iinkai/shiryokan/rekishiminzoku/oshirase.html

    ・ニコンミュージアム
     企画展「鉄道の記録 1969-1976 名古屋レール・アーカイブス」
     10月1日(火)〜12月26日(木)
    https://www.nikon.co.jp/corporate/museum/events/index.htm#railway

    ・江東区中川船番所資料館
     特別展「路面電車と江東」
     10月9日(水)〜20年2月16日(日)
    https://www.kcf.or.jp/nakagawa/kikaku/detail/?id=44

    ・森アーツセンターギャラリー&スカイギャラリー
     特別展「天空ノ鉄道物語」
     12月3日(火)〜2020年3月22日(日)
    https://macg.roppongihills.com/jp/news/2019/06/3229/index.html
    http://www.tentetsuten.com/

    【神奈川】
    ・箱根町郷土資料館
     秋の企画展 100周年記念 箱根登山鉄道の歩み
     9月14日(土)〜11月24日(日)
    http://www.town.hakone.kanagawa.jp/index.cfm/6,17223,14,99,html


      [No.12075] 【奈良】博:第71回 正倉院展 行きました 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/11/04(Mon) 22:11:08  

     奈良国立博物館で開催中の恒例の正倉院展に今年も行きました。ここ数年は、ほぼ夜間の延長時に入館していましたが、今年は家族の予定が合わず、休日の昼間に行くことになってしまいました。さぞ、混んでいるだろうなぁと館のサイトで確認しますと、現在45分待ちの表示がありましたが、実際には20分ぐらい並んで入れました。もっとも、館内は大混みでしたが。いつものように奈良の街の中は外国人で一杯でしたが、意外に館内は日本人ばかりな感じでしたね。
     
     展示は、象牙のものさしである紅牙撥鏤尺・緑牙撥鏤尺から入ります。小さいがしっかり花鳥のデザインの入った逸品です。もちろん初見ではないが、きらびやかなものではないので、見直した感じでしたね。
     今回、初見に近かったのは、金銀飾りの琴・金銀平文琴で、琴は他の宝物にも有名なものがあるので…これは、それほど大きくないものの金銀装飾が鮮やかで、貼るのではなく貼った金銀を研ぎ出す方法で線描されたものなので、うなずけます。描かれた楽人も細やかでしたね。
     鳥毛立女屏風の六面。これを並べられるメインスペースはここしかないでしょう、という場所。広い場所なので前後して眺めきることができます。メイン展示物の最前列を制限して並ばせる必要はなかったようです。6面の天平美女は、樹下に佇むことは同じだが、向きも顔立ちも服装も違うのです。女性の服にヤマドリの毛が植わっていたと言い、そのために宝物の名があるのですが、肌の彩色以外は素になってしまっているので、元の想像がつきません。今度復元品展もあるようですので、毛の植わったこの屏風、見てみたいですね。
     後半では、衣類で、袈裟付木蘭染羅衣。鑑真像が着ているものに似ているので「袈裟」と名付けられたが、用途の判らない上衣。非常に保存状態が良く、「羅」という織物の折り方が良く判る品でした。地味だがこれを見られたのは収穫。
     今回展は、金属やガラスのきらびやかなものは少なかったのですが、また、いくつか知ることができた回でした。正倉院展、毎年行き続けてもう50年近くなるんですけれどね…
     
     今年の正倉院展は、11/14(木)まで無休で、金土日祝は8時までの夜間開館があります。

                        明日香 光二/馬場 英明


      [No.12074] 【兵庫】竹中大工道具館/木組 分解してみました 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/11/04(Mon) 00:07:54  

     新神戸駅近くの竹中大工道具館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=26で開催中の展示を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆開館35周年記念巡回展「木組 分解してみました」〜12/15(日)
       月曜休館(祝日の場合は翌日)
       入館料金:一般500円 高大生300円 中学生以下無料 65歳以上の方200円

     「木と木を」隙間なく「組み合わせる」ことで、木材は最も力強くかつ美しく表現することができる木組の精神。いろいろな木組を分解して見えづらい木組の技術や美意識をみる。接着したり、金物で接合するのではない木組の技を、見るだけではなくハンズオンや体験型イベントで実際に組んでみることで体感できる。

    1. 継手仕口ってなに?:木造建築には欠かせない木組から、基本のカタチを紹介
       腰掛け鎌継ぎ  台輪留め
    2. 木組はどのように変わってきたのでしょうか?
       杉丸太の捻子組 円覚寺舎利殿組物原寸模型
    3. 西洋の木組はどんなもの? 、三次元の曲面どうしを組み合わせるフランス建築の木組
       フランス式架台  フランス式庇
    4. 繊細なる木組 :熟練の技術を必要とする組子と指物に着目し、日本屈指の職人による作品を展示
       組子細工 梻嵌装長方箱 指物  指物:<水組>と<石畳千枚組接>
    5. 橋をつくる木組:木によるアーチ構造錦帯橋の1/2.5模型
    6. 不思議な木組たち:立体木組パズル
       木組パズル129本組  木組パズル 市松組
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12068] 【広島】県立美術館/印象派への旅 海運王の夢 バレル・コレクション[11/2(土)〜 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/11/01(Fri) 00:01:23  

     縮景園隣の広島県立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=34&c=3で11/2(土)から開催される展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「印象派への旅 海運王の夢 バレル・コレクション」11/2(土)〜令和2年1/26(日)
        年末年始(12/25(水)〜1/1(水))のみ休館
        開館時間:午前9時〜午後5時(金曜は7時まで、入場は閉館30分前まで)
                      (11/2は午前10時開場)
        入館料金:一般1400円 高大生1000円 小中生600円
              身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳及び戦傷病者手帳の所持者と介助者1名は半額
              県美×現美×ひろ美 相互割引あり
     英国随一の港湾都市・グラスゴー出身の海運王ウィリアム・バレル(1861〜1958)。9000点を超えるコレクションを形成した、彼の旧蔵品を中心に、バルビゾン派や印象派などのフランス絵画、その影響を受けたスコットランドやオランダの画家たちによる名品、写実主義から印象派への流れをクールベやドガ、ゴッホらの傑作を通じて辿る。
       ウジェ−ヌ・ブーダン《ドーヴィル、波止場》1891年
       エドガー・ドガ《リハーサル》1874年頃
       ピエール・オーギュスト・ルノワール《画家の庭》1903年頃
       マテイス・マリス《蝶》1874年
       フィンセント・ファン・ゴッホ《アレクサンダー・リードの肖像》1887年
       エドゥアール・マネ《シャンパングラスのバラ》1882年
       フランソワ・ボンヴァン《スピネットを弾く女》1862年
       ポール・セザンヌ《倒れた果物かご》1877年
       ウジェーヌ・ブーダン《トゥルーヴィルの海岸の皇后ウジェニー》1863年
       ギュスターヴ・クールベ《マドモワゼル・オーブ・ドゥ・ラ・オルド》1865年
       アンリ・ル・シダネル《月明かりの入り江》1928年 など

    講演会:11/10(日)地階講堂にて、午後1時30分〜3時(開場1時、先着200名、事前申込不要)無料
    「バレル・コレクションにおけるレアリスムと印象派―フランス近代美術のコレクターをめぐって−」山下寿水氏(学芸員)

    記念シンポジウム:1/12(日)、午後1時30分〜3時30分(開場1時、先着200名、事前申込不要)無料
    「印象派をめぐる都市の夢 グラスゴー、パリ、ハーグ」 
      古谷可由氏(ひろしま美術館学芸部長)川口佳子氏(長崎県美術館学芸員)山下寿水氏(学芸員)

    美術講座:地階講堂にて、午後1時30分〜3時(開場1時、先着200名、事前申込不要)無料
    12/21(土)「夢のコレクション―オランダ、スコットランドの画家たち」山下寿水氏(学芸員)
    1/11(金) 「フランス近代絵画の旅―コローからセザンヌへ」森万由子氏(学芸員)

    学芸員によるギャラリートーク:11/15、29、12/6、20、1/10、24(金)
    午前11時〜、午後6時〜、3階会場入口付近に集合

    ロビーコンサート:12/22(日)正午〜 1階ロビーにて、事前申込不要、無料
    「音で巡る印象派」木村紗綾氏(ヴァイオリン)

    謎解きゲーム「Message from Glasgow」11/2(土)〜12/24(火)参加費(キット代):500円
    キット販売場所:1階総合受付

    託児サービス(有料)11/16(土) (1)午前10時〜 (2)正午〜 (3)午後2時〜
    受付:3階ロビーにて、 料金1,000円(託児2時間、保険含む)
     要電話予約 (082-221-6246)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12067] 【京都】国立近代美術館/円山応挙から近代京都画壇へ[11/2(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/11/01(Fri) 00:00:28  

     岡崎公園の京都国立近代美術館 http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=21で11/2(土)から開催される特別展を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「円山応挙から近代京都画壇へ」前期:11/2(土)〜11/24(日)
                    後期:11/26(火)〜12/15(日)
        月曜休館(祝日の場合は翌日)
        開館時間:午前9時30分〜午後5時(金土は午後8時まで、入館は閉館の30分前まで)
        入館料金:一般1500円 大学生1100円 高校生600円 中学生以下は無料。
             心身に障がいのある方と付添者1名は無料(要証明)。

     18世紀の京都において、実物写生の精神に基づいた写生画を切り開いた円山応挙は、爆発的な人気を博し、円山派を形成した。応挙の写生画に蕪村の瀟洒な情趣を加味した画風を確立した四条派の祖・呉春。応挙、呉春を源泉とする円山・四条派は、塩川文麟、森寛斎、幸野楳嶺等を経て、近代京都画壇を牽引した竹内栖鳳、山元春挙、上村松園等を輩出した。本展では、応挙、呉春から近代へいたる系譜を追い、京都画壇の様相の一端を明らかにする。
    [通期展示]
      重要文化財 円山応挙《郭子儀図》天明8(1788)年、兵庫・大乗寺蔵 
                《松に孔雀図》寛政7(1795)年、兵庫・大乗寺蔵 
                《山水図》天明7(1787)年、兵庫・大乗寺蔵 
            円山応瑞《蓮池図》、兵庫・大乗寺蔵 
    [前期展示]
            菊池芳文《小雨ふる吉野》大正3(1914)年 東京国立近代美術館蔵
      重要文化財 円山応挙《写生図巻(乙巻)》明和7―安永元(1770〜72)年、株式会社千總蔵
            上村松園《娘深雪》大正3(1914)年
    [後期展示]
      重要文化財 円山応挙《保津川図》寛政7(1795)年、株式会社千總蔵
      重要文化財 円山応挙《写生図巻(甲巻)》明和8―安永元(1771〜72)年、兵庫・大乗寺蔵 
      重要文化財 円山応挙《牡丹孔雀図》明和8(1771)年、京都・相国寺蔵
            長沢芦雪《薔薇蝶狗子図》寛政後期(1794〜99)頃、愛知県美術館蔵
            呉春《山中採薬図》公益財団法人阪急文化財団 逸翁美術館蔵
            岸竹堂《猛虎図》明治23(1890)年、兵庫・大乗寺蔵 など
           
    講演会:1階講堂にて、午後2時〜3時30分、定員先着100名(当日午前11時より1階受付にて、1人1枚整理券配布)入館料のみ
    11/2(土)「近代京都画壇―美術と産業―」並木誠士氏(京都工芸繊維大学教授、同美術工芸資料館館長)
    11/9(土)「京都画壇と千總―岸竹堂を中心に―」加藤結理子氏(千總文化研究所所長)
    11/30(土)「空を描く」山岨眞應氏(大乗寺副住職)

    担当学芸員による解説 11/15(金)12/6(金)午後6時〜 平井啓修氏(研究員)
         先着20名(当日午後5時より1階受付にて1人1枚整理券配布)

    ファミリープログラム「びじゅつかんで いきものさがし」11/17(日)午前8時30分〜9時30分
    対象:小学生以下の子どもと保護者 定員先着50組(1組につき最大3名)
     事前申込制・先着順(館サイトへ) 参加費:子ども無料、大人は入館券要

    日本博関連イベント
    VRと日本画技法体験プロジェクト:12/1(日)
    (1)午前10〜12時、(2)午後1時30分〜3時30分 要入館券
      東京藝術大学大学院美術研究科 文化財保存学保存修復日本画研究室 1階講堂にて
      対象:日本画を初めて見る方、外国人の方などを対象にした入門的な内容(小学生以上)
      英語・中国語・韓国語の通訳付き
      定員:各回20名(事前申込制・先着順)館サイトへ
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12066] 【兵庫】大阪青山歴史文学博物館/天皇の書−宸翰[11/1(金)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/10/31(Thu) 23:59:31  

     能勢電鉄一の鳥居下車の、大阪青山歴史文学博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=117で明日11/1(金)から開催される展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆所蔵品展「天皇の書 ー宸翰 SHINKANー 」11/1(金)〜11/30(土)
       月火休館
       入館料金:一般300円 65歳以上250円 高大生200円 中学生以下無料

    「宸翰(しんかん)」と呼ばれ、帝王ならではの独特の風韻を持つ、天皇の直筆の書は、気品で他の追随を許さない。新天皇のご即位をお祝いし、中世から近代にいたる当館屈指の宸翰コレクションを展示。
      光厳天皇宸翰消息 (重要美術品)
      後醍醐天皇宸翰消息(重要文化財)
      孝明天皇宸翰和歌懐紙
      後水尾天皇宸翰和歌賛『後水尾天皇画像』
      伏見天皇宸翰『源氏物語抜書』
      大正天皇宸翰『仁智明達』
      特別展示 国宝「土左日記」11/1(金)〜16(土)

    展示解説:11/6(水)20(水)午後2時より
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12064] 【東京】上野の森美術館/ゴッホ展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/10/31(Thu) 23:57:54  

     上野公園の上野の森美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=139で開催中の展覧会を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「ゴッホ展」〜令和2年1/13 (月・祝)

         12/31(火)1/1(水・祝)のみ休館
         開館時間:午前9時30分〜午後5時(金土は8時まで、入館は閉館30分前まで)
         入館料金:一般1800円 大学・専門学校・高校生1600円 小中生1000円
             障がい者手帳をお持ちの方と付添者1名は無料(要障がい者手帳)
     明るい色彩と、勢いのある筆遣いのフィンセント・ファン・ゴッホ(1853ー90)の代表作のほとんどは、晩年のわずか数年に描かれたもの。ゴッホの絵画のルーツであるハーグ派や彼に大きな影響を与えた印象派のさまざまな出会いを通じてゴッホが後期印象派を代表する画家になるまでを紹介。
      アントン・マウフェ《4頭の引き馬》《雪の中の羊飼いと羊の群れ》
      マティス・マリス《出会い(仔やぎ)》
      クロード・モネ《クールブヴォワのセーヌ河岸》《花咲く林檎の樹》
      ポール・セザンヌ《オワーズ河岸の風景》
      カミーユ・ピサロ《ライ麦畑、グラット=コックの丘、ポントワーズ》
      フィンセント・ファン・ゴッホ《パリの屋根》《ブリュット=ファンの風車》《タンギー爺さんの肖像》
      《アニエールのヴォワイエ・ダルジャンソン公園の入り口》《サント=マリー=ド=ラメールの風景》
      《サン=レミの療養院の庭》《糸杉》《麦畑》《オリーヴを摘む人々》《薔薇》など
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12062] 【東京】宮内庁三の丸尚蔵館/大礼―慶祝のかたち 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/10/31(Thu) 00:14:06  

     皇居内の宮内庁三の丸尚蔵館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=1で開催中の展示を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆第85回展覧会「大礼―慶祝のかたち」第2期:11/2(土)〜12/8(日)
             第3期:12/14(土)〜令和2年1/19(日)
         月・金休館(祝日の場合は翌日)展示替え12/9〜12/13休館、
              年末年始(12/28〜1/3)
         午前9時〜午後3時45分(入館は3時30分まで)
     
     御即位に関する一連の儀式をまとめて大礼と呼び、大正4年(1915)と昭和3年(1928)に行われた大礼に際しては,儀式の調度や祝賀の献上品などの美術品が皇室に伝えられた。本展では館蔵の、慶祝の品々の中から、当時の美術の特質や時代の様子を伝える作品、御即位にちなむ鳳凰や菊,桐などの吉祥のモチーフが表された作品を紹介。
     大正度の大礼は近代、国家的行事として行われた初めての大礼。昭和度の大礼は関東大震災の復興に重なり、帝都復興の様子は献上の屏風にも描かれた。また、外国との交際が一層深まり各国から贈進品がもたらされたことも大きな特色。皇室においても大礼記念の美術品の製作を作家に依頼されたことも注目される。本展を通じて,大礼を慶祝する伝統的な美のかたちに親しみ、御即位を寿ぐ機会にする。
    <第2期>満洲大連窯業工場《菊桐鳳凰文ガラス花瓶》 昭和3年(1928)南満洲鉄道株式会社より献上
    御木本幸吉 《瑞鳳扇》 昭和3年(1928) 三重県より献上
    <第3期>平福百穂 《玉柏》 昭和3年(1928) 香淳皇后より昭和天皇へ御贈進
    大島如雲 《菊折枝置物》 昭和3年(1928) 昭和天皇より香淳皇后へ御贈進 など
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12061] 【東京】国立西洋美術館/ハプスブルク展 600年にわたる帝国コレクションの歴史 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/10/31(Thu) 00:13:00  

     上野公園の国立西洋美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=128
    で開催中の特別展を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆日本・オーストリア友好150周年記念
    「ハプスブルク展 600年にわたる帝国コレクションの歴史」〜令和2年1/26(日)
       月曜休館(祝日の場合は翌日)12/28(土)〜1/1(水・祝)
       開館時間:午前9時30分〜午後5時30分(11/30を除く金土は8時まで、入館は閉館の30分前まで)
       当日:一般1700円 大学生1100円 高校生700円 中学生以下は無料。
          心身に障害のある方および付添者1名は無料(要障害者手帳提示)

     13世紀後半にオーストリアに進出後、広大な帝国を築き上げたハプスブルク家。15世紀以降は神聖ローマ皇帝の位を独占し、16-17世紀にはスペイン・ハプスブルクがアジアやアフリカ、南アメリカにも領土を有し「日の沈むことのない帝国」となった。神聖ローマ帝国の解体後は、オーストリア帝国を統治し、数世紀にわたって広大な領土と多様な民族を支配し続けた欧州随一の名門で、世界屈指のコレクションを築いたことでも知られる。その主要部分は、オーストリア=ハンガリー二重帝国「最後の皇帝」ことフランツ・ヨーゼフ1世が1891年に開館したウィーン美術史美術館の礎となった。本展では、同館の絵画、版画、工芸品、タペストリー、武具などのコレクションを紹介し、ハプスブルク家の人々や、当時の宮廷生活の紹介も行い、時代ごとに収集の特色も解説。
      ディエゴ・ベラスケス《青いドレスの王女マルガリータ・テレサ》1659年
      マリー・ルイーズ・エリザベト・ヴィジェ=ルブラン《フランス王妃マリー・アントワネットの肖像》1778年
      マルティン・ファン・メイテンス(子)《皇妃マリア・テレジアの肖像》1745年-50年頃
      ヨーゼフ・ハインツ(父)《神聖ローマ皇帝ルドルフ2世の肖像》1592年頃   など

    講演会:講堂(地下2階)にて、午後2〜3時30分
      定員各回先着130名、要入館券、当日12時よりインフォメーションにて1人1枚聴講券配付。
    11/30(土)「世界支配者はなぜ美術品を蒐集したのか―芸術コレクションにみるハプスブルク家の横顔」
            山之内克子氏(神戸市外国語大学教授)
    1/11(土)「ハプスブルク家のコレクション―神聖ローマ皇帝ルドルフ2世を中心に」
            中田明日佳氏(国立西洋美術館主任研究員)

    スライドトーク:講堂(地下2階)にて、午後6時〜30分
      定員各回先着130名、要入館券、直接講堂へ(開場は開演の30分前)
    11/8(金)12/6(金)1/17(金)解説者:今野佳苗氏(本展覧会アシスタント)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12060] 【近現代史社会】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/10/30(Wed) 21:56:05  

     新たな近現代史や社会問題の展示を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて、ご訪問にご利用ください。

    【北海道】
    美幌博物館・美幌農業館
     ☆企画展「交通安全ポスター作文展」11/1(金)〜11/24(日)
     ☆ロビー展「小さなごみも見逃さない!マイクロプラスチックを探せ!」11/16(金)〜令和2年3/31(火)


    【青森】
    青森県立三沢航空科学館,☆「ゼロ戦21型・十和田湖旧日本陸軍機展示」〜令和2年3/31(火)

    【福島】
    三春町歴史民俗資料館,☆秋季特別展「武士の時代の終わりー三春藩から三春県へ」〜12/1(日)

    【埼玉】
    八潮市立資料館,☆開館30周年記念第43回企画展「田中四一郎―自治の権化と呼ばれた男」〜12/22(日)

    【千葉】
    松戸市戸定歴史館,☆企画展「1867年万博使節団の明治〜サムライたちの選択」〜12/22(日) 
    国立歴史民俗博物館,☆「ハワイ:日本人移民の150年と憧れの島のなりたち」〜 12/26(木)
    八千代市立郷土博物館,☆企画展「戦争の記憶〜太平洋戦争と八千代・房総〜」 〜11/24(日)
    袖ケ浦市郷土博物館,☆企画展II「幕末維新の袖ケ浦ーおらがの慶応4年ー」〜12/15(日)

    【東京】
    昭和館,☆開館20周年記念写真展「昭和の世相〜写真が語る戦中・戦後〜」〜12/15(日)
    国立新美術館,☆「ここから4―障害・表現・共生を考える5日間」12/4(水)〜12/8(日)
    在日韓人歴史資料館,☆ミニ企画「踏みにじられた独立運動家 尹奉吉」〜12/27(金)


    【神奈川】
    神奈川県立公文書館
     ☆令和元年度ミニ展示・ハーデー翁没後100年記念「もうひとつの金河奇勝ものがたり」〜令和2年3/31(火)
    西田幾多郎記念哲学館,☆企画展「京都大学の西田幾多郎」〜令和2年3/22(日)


    【滋賀】
    東近江市近江商人博物館・中路融人記念館,☆「近江商人の里の女子教育ー下田歌子から塚本さとへー」〜12/1(日)

    【大阪】
    大阪大谷大学博物館
     ☆2019年度秋季特別展「教育におけるユニバーサルデザイン(UD)
       −使える!わかる!つながる!−」〜11/19(火)<期間中の土曜日は午後も開館>
    パナソニックミュージアム
     ☆松下幸之助歴史館企画展「伝える情熱<3部作>」
      第3部「給料袋が運んだ理念―従業員一人ひとりに伝えたこと―」〜11/23(土)
     ☆ものづくりイズム館企画展「スポーツとパナソニック〜最高のプレーを、最新のソリューションで。〜」〜令和2年1/18(土)

    【福岡】
    福岡アジア美術館,☆「平和祈念展 in 福岡〜みらいへ伝える体験者の記憶〜」11/21(木)〜11/26(火)

    【佐賀】
    佐野常民記念館,☆今上天皇御即位記念企画展「菊と簪 昭憲皇太后、有栖川宮と佐野常民」〜11/17(日)
    有田町歴史民俗資料館・有田焼参考館,☆令和元年度企画展「わがまちアリタの平成史」11/9(土)〜12/15(日)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                      明日香 光二/馬場 英明


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 暗証キー

    - Web Forum -
    - Antispam Version -