ほっとミュージアム 談話室
[ホームへもどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 発言サイズは画像も含めて130KBまで、URLは20個までです。
  • その他[留意事項]を良くお読みの上ご利用ください
  • 新規紹介用 でワード検索すると、フォーマット発言が開きます

  •   [No.11525] 【群馬】アーツ前橋/アジアの木版画運動 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/05(Tue) 00:05:54  

     アーツ前橋http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=10&c=3
    で開催されている版画の展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「闇に刻む光 アジアの木版画運動1930s−2010s」〜3/24(日)
         水曜休館
         午前11時〜午後7時(入館は6時30分まで)
         入館料金:一般500円 学生・65歳以上300円 高校生以下無料
                トワイライト割(5時以降)300円
     身近な安い材料で簡単に作ることが出来、白と黒だけで新聞など、印刷してもインパクトを与えることが出来る木版画は、通常の美術作品よりも民主的メディアと言える。そこで、20世紀初頭から現在まで、民主化運動や労働運動、反グローバリズム運動など、連帯を求めるアジア近代化の闘いのなかで重要な役割を果たした。
      スハルジャ・ブジャナディ《農民のための土地》「人民日報」1964年10月25日号
      タリン・バディ(インドネシア)《泉を守れ》2009年
      ホン・ソンダム《五月-25 大同世-1》1984年
      レオニーリョ・オルテガ・ドロリコン(フィリピン)《農園のなかで》2014年
      バンクロック・スゥラップ(マレーシア)《民衆の祝祭》2017年 など

    学芸員によるギャラリーツアー:2/9(土)3/10(日)午後1〜2時 地下ギャラリーにて、申込不要、総合案内前
    ロビーライブ:Vol.19「沖縄民謡&サーフ」3/9(土)午後2〜3時 Maico 交流スペースにて
    トーク:3/16(土)午後2〜3時、スタジオにて。40名、要事前申込
    「転換期の文化と運動 戦後初期の版画」ジャスティン・ジェスティ氏(ワシントン大学教授)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明 


      [No.11524] 【北海道】釧路芸術館/ピカソ×版画 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/05(Tue) 00:05:13  

     北海道立釧路芸術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=01&c=67で開催中の展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「ピカソ×版画 荒井記念美術館コレクション」〜3/10(日)
        月曜休館(祝日の場合は翌日)
        入館料金:一般 800円(700円) 高大生 400円(300円) 小中生 100円(50円)
                 ※( )内は親子料金、リピーター、10名以上の団体料金。
     20世紀にキュビズムをはじめ同時代の作家達に大きな影響を与えた巨匠ピカソは、生涯にわたって約2000点におよぶ版画作品を制作。自在な線描や大胆な構図、連作形式が生み出されるなどピカソの魅力があふれる。国内有数のピカソ版画コレクションで知られる荒井記念美術館の所蔵品から100点の作品を紹介。
       女の顔 1905.01 エッチング
       貧しい人々 1905 エッチング
       男の胸像 1905.02 ドライポイント
       二人のサルタンバンク 1905.03 ドライポイント
       バルザック『知られざる傑作』より 画架の前の禿げた画家 1927 エッチング
       オウィディウス『変身物語』より ケンタウロスのネッソスを殺すヘラクレ 1930.09.20 エッチング
       ジャクリーヌの横顔 1957.05.24 リトグラフ
       帽子を被った女 1962 リノカット
       仕事をする画家 1963.11.01 アクアチント、ドライポイント、ビュラン
       モデルと画家 1963.11.10 エッチング、ビュラン、アクアチント    など

    ミュージアムセミナー「名画は語る」午前11時〜約60分、アートホール、無料
    2/14(木)「信貴山縁起絵巻−平安時代の絵巻物と信仰の表現」熊谷麻美氏(学芸員)
    2/28(木)歌川国芳「源頼光館土蜘作妖怪図−江戸後期の奇想とあそび」新明英仁氏(市立小樽美術館長)
    3/7(木)ムンク「叫び−19世紀末北欧美術のなかで見る」中村聖司氏(学芸主幹)

    ギャラリーツアー(作品解説)午後2時〜 約30分
    2/16(土)「ピカソ版画の技法について」釧路版画協会会員
    3/2(土)「ピカソのテーマや作風について」中村聖司氏(学芸主幹)

    コンサート「明日ハ晴レカナ、曇リカナ〜武満徹 SONGS〜」3/3(日)午後2時〜約60分
     アートホールにて、無料
     柳生たみ氏(ソプラノ)雪田理菜子氏(ピアノ)

    ワークショップ「きがるにチャレンジ!楽しい版画たいけん」(事前申込制、各回10名)
    3/9(土)午前の部:10〜12時、午後の部:1時30分〜3時30分
      マシオン恵美香氏、川端槇子氏(釧路版画協会会員)
      対象:小学生以下は保護者同伴
     2/16(火)から電話(0154-23-2381)か、2階事務室へ(火〜日曜の午前9時〜午後5時受付)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11523] 【兵庫】神戸ゆかりの美術館/小松益喜の中国・ロシア風景 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/03(Sun) 23:41:28  

     ファッション美術館に併設の、神戸ゆかりの美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=5では神戸と、外国風景の素描を中心にした展示を開催中です。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「神戸ゆかりの芸術家たち 素描コレクション展2」
     特集「小松益喜の中国・ロシア風景」 前期:〜2/11(月・祝)
                         後期:2/14(木)〜4/7(日)
         月曜(祝日は開館)と祝日の翌日、2/13(水)休館
         入館料金:一般200円 大学生・65歳以上100円 高校生以下無料
     阪神・淡路大震災(1995)で被災した小松益喜(1904〜2002)のアトリエから救出された作品群が神戸市へ寄贈され、2016年、その中から神戸市の姉妹都市であるラトヴィア・リガ市のスケッチを特集展示した。今回は1936年に訪れた大連、1938年3月に小磯良平・中村鉄と訪ねた台湾、そして。1969年11〜12月に、まだ旅行に制限のあった旧ソ連・モスクワ、レニングラードを訪れて描いた風景。
     神戸に住んだことのある神原浩の中米風景、関口俊吾・菅原洸人のフランス風景など、神戸の街並みや海の記憶を反映する作品など。1年ぶりに、復元されたアカデミー・バー壁画も公開。
     小松益喜《大連の教会》1936
           《大連風景》1936 《美濃町裏通り》1936(前期展示)
           《大連の小さな家々》1936 《冬枯れの風景》1936(後期展示)
           《台湾行船中にて》1938 《椰子の葉のある風景》1938(前期展示)
           《台北にて》1938 《噴水のある学校》1938(後期展示)
           《レニングラード風景》1969 《キエフ新プーシキン通り》1969(前期展示)
           《カテリーナ宮殿》1969 《モスクの見える風景 土管の橋》1969(後期展示)
           《リガの古き街並》1975 《三兄弟の門》1975(前期展示)
           《リガの倉庫街》1975 《イマンタの教会》1975(後期展示)       
     神原浩 《暗雲 クリストバル沖合》1954
     関口俊吾《パリ、エスカルゴ》1983
     菅原洸人《朝のディエップ港》1980年代
     西村功 《ポートアイランドと神戸》1990年
     金山平三《港》1956〜64年頃
     伊藤慶之助《僧院ケサリアニ》1968年頃  など

    ギャラリーツアー:2/16(土)3/2(土)3/16(土)午後1時30分〜約30分
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

     2/2(土)に訪れた隣の館、というか併設館。実はこちらが主目的でした。ゆったりと外国を描いた風景画を眺める。時間的に、学芸員さんのギャラリーツアーにも参加することが出来ました。
     神戸に長く住んだ小松益喜が、戦前の大連や、戦後のラトヴィア・リガを描いたのは、神戸に似た洋館に惹かれたから、と言うことには納得。私も大好きな風情です。さらにその雰囲気を按司合わせてくれたのは、菅原洸人《朝のディエップ港》(フランス、ノルマンディー)。倉庫街で曲がりくねった港の湾口にもやった海が見える風景…もう、ここは風景の現場のようにたたずみました。

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11522] 【静岡】富士川・切り絵の森美術館 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/03(Sun) 23:40:25  

    ==================================================================
    施 設 名:富士川・切り絵の森美術館
    ふりがな:ふじかわきりえのもりびじゅつかん
    英文表記:FUJIKAWA KIRIE ART MUSEUM  
    分野 :美術(切り絵)
    郵便番号:409-2522
    都道府県:山梨県
    市区町村:南巨摩郡身延町  富士川クラフトパーク内
    所在地:下山1597番地
    電話番号:0556-62-4500  
    FAX:  
    URL:https://www.kirienomori.jp/modules/art_museum/index.php?content_id=3
    公共交通:JR身延線下部温泉駅よりタクシー利用で約5分
    道路案内:中央自動車道甲府南インター下車、国道140号線(笛吹ライン)を経由して約50分
     中央自動車道双葉ジャンクションより中部横断自動車道六郷インター下車約15分
     中央自動車道河口湖インター下車、国道139号線を経由して約60分
     新東名高速道路新清水インター下車、国道52号線経由約50分
    開館時間:午前9時30分〜午後5時30分(10〜3月は午前10時〜午後5時、入館は閉館30分前まで)
    休 館 日:水曜日(祝日は開館、翌日休館) 年末年始
    入館料金(常設時):一般500円 小中生200円
    展示内容:日本の著名な作家による代表作品や、スイスをはじめとする海外の作家による作品、さらには国際切り絵コンクールにおける入賞・入選作品など
    観覧時間:
    その他(販売・友の会など):
    報 告 者:明日香 光二/馬場 英明
    ==================================================================
                        明日香 光二/馬場 英明


      [No.11521] 【兵庫】神戸ファッション美術館/切り絵アート展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/03(Sun) 23:39:46  

     ポートライナー・アイランドセンターの神戸ファッション美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=1では、切り絵アート展を開催中です。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「息を呑む繊細美 切り絵アート展」〜3/24(日)
        月曜休館(祝日の場合は翌日)
        入館料金: 一般1000円 大学生・65歳以上500円 高校生以下無料
     紙をはさみやナイフで切って人物や風景などを表現する「切り絵」だが、平面的、モノトーンのイメージから解き放たれ、現代作家たちの自由な発想で個性的な作品を紹介。
      倪瑞良(にいみずよし) 「薔薇色の季節」(1999年) 
      林敬三 「七人の侍」(2009年) 
      柳沢京子 「抒情する蛍」(1992年) 
      辰己雅章 「赤ずきん」(2009年) 
      関口コオ 「ひまわり」(1982年) 
      福井利佐 「carpIV 2016」(2016年) 
      百鬼丸 「武田信玄」(2014年) 
      井出文蔵 「一寸法師」(2004年) 
      筑紫ゆうな 「無題」(2012年) 
      蒼山日菜 「Voltaire(ヴォルテール)」(2009年)  
      酒井敦美 「春の羽根」(2016年)など

    ワークショップ 「親子で、神戸ポートタワーを切り絵で作ろう」3/2(土)午後2〜4時30分
     4F第1セミナー室 切り絵作家 民井達也氏
     定員:親子20組(子どもは8歳以上、事前申し込み、先着順)
     参加費1人1000円(材料費、保険料含む) ※要入館券
     申込方法:親子の(1)名前(2)年齢(3)住所(4)連絡先を明記し、
     メール(workshop@fashionmuseum.or.jp)か電話(078-858-0050)で申し込み
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

     2/2(土)に訪れています。仕事が一段落し、久しぶりに1日休める休日になりましたので、ほっと一息ミュージアム鑑賞。
     広い意味ではトレンドかも知れませんが、服飾文化のファッションではない企画展は珍しい。
     会場に入った途端の 百鬼丸「中国怪奇物語」で、展覧会サブタイトルの「息をのむ繊細美」の意味が分かりました。人の表情や細かい動きも、細い線を切り残すことで表現してしまう技。「切り絵」というと藤城清治のメルヘン、素朴、という感じの美しさだけを考えていましたから。
     次に表れた倪瑞良の女性美の作品群は、ミュシャか、ギュスターブ・モローの作品を彷彿とさせて、細密で美しい!
     蒼山日菜の 「Voltaire(ヴォルテール)」などという作品は、アルファベット筆記体を数十行も一連に切り抜いた驚異的なもの。
     林敬三の“彫紙”と称する、色紙を重ねて切り込み、色・模様を利用する手法も、うならせるものでした。
     今回、私は目新しく見ましたが、常設展示館は静岡県にあるとのことで、ここでは未紹介ですので、データをあげておきます。

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11520] Re: 【石川】永井豪記念館 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/03(Sun) 23:38:27  

     Quitaさん、こんにちは。
    >永井豪が輪島出身というのはこの旅のために調べていて初めて知りました。
     私も、知りませんでした。

     石ノ森章太郎の宮城県や、手塚治虫が関西の人であったり、藤子・F・不二雄が富山県の人だったり…と言うのはかなりイメージがあるのですが、この人には地域性は感じませんでした。昨今は、必ずしも作家名を名乗らずとも、自治体名だけで「まんが記念館」だったり「まんが美術館」だったりしても、実質そちらの出身者のものが中心になっていることが多いと感じます。
    >永井豪というと、最たるものはハレンチ学園だと思うけど
    そうですかね(^o^) 私にはデビルマンですね。「かっこいいもの」のほうが憧れがあったからでしょうか。こちらも反体制的な気はしますが。

     なにか、地域と結びついて地域おこしになるものであればより良いな、と思います。

                          明日香 光二/馬場 英明


      [No.11519] Re: 【石川】輪島キリコ会館 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/03(Sun) 23:37:53  

    Quitaさん、引き続き。

    ここも未訪問です。キリコって、能登地方の「絵はがき」でしか見たことがありません。
    「切子燈籠」は基本的には、能登各地の盆祭りに使われるもののようですね。
    それぞれの夜のまつりを、日時を合わせて訪れるのはハードルが高そうですが、
    能登各地の街巡りと合わせると、感興のわくものになりそうです。

                明日香 光二/馬場 英明


      [No.11518] Re: 【石川】輪島漆芸美術館 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/03(Sun) 23:36:53  

    Quitaさん、こんにちは。

    遅いレスポンスですみません。

    輪島と言えば輪島塗、逆に日本で塗り物と言えば代表は輪島塗で、ここに漆芸美術館があるのは相応しいことと言えます。中心地として「アジアの漆芸」が展示されるのは意義あると思います。

    私は、のと鉄道が廃止されて以来、舳倉島へ行くための足場として泊まった以外訪れていません。
    海の景色、街並み散策、漆器やさん巡りをしながら美術館へ立ち寄るのが良いのでしょう。そんな街歩きを再びしてみたいと思います。
                明日香 光二/馬場 英明


      [No.11517] 【近現代史社会】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/02(Sat) 19:00:02  

     近現代史や社会問題の新しい展示を紹介します。ほっとミュージアムに紹介済みのものに加えて訪問にご利用ください。

    【青森】
    八戸市南郷歴史民俗資料館,☆企画展「南郷と戦争展」〜3/24(日)
    青森県立三沢航空科学館,☆「ゼロ戦21型・十和田湖旧日本陸軍機展示」〜3/31(日)

    【千葉】
    松戸市戸定歴史館,☆通常展2 「プリンス・トクガワ 華麗なる人脈」(仮称)〜6/16(日)

    【東京】
    植村冒険館,☆メモリアル展「山頂に残された旗」2/1(金)〜4/16(火) 
    練馬区立石神井公園ふるさと文化館,☆特別展「激動の幕末 in練馬」〜 3/17(日)

    【神奈川】
    神奈川県立金沢文庫,☆明治150年協賛事業 特別展「伊藤博文と金沢」〜3/10(日)
    神奈川県立公文書館,☆神奈川県立公文書館25周年記念展示「公文書を考える」〜3/31(日)
    鎌倉歴史文化交流館,☆春季企画展「鎌倉Disaster 災害と復興」〜5/18(日)

    【新潟】
    新潟市歴史博物館(みなとぴあ)
     ☆みなとぴあ歴史発見プロジェクト企画展 「旧新潟税関庁舎と史跡展」〜3/17(日)
    池田記念美術館
     ☆2020年東京オリンピック・パラリンピック開催記念展
        「秩父宮記念スポーツ博物館所蔵品と新潟県ゆかりの選手たち」〜3/24(日)
    【石川】
    西田幾多郎記念哲学館
     ☆「哲学する本棚「旅」」〜3/10(日)
     ☆企画展「西田幾多郎の恩師 北条時敬」〜3/24(日)

    【京都】
    大丸ミュージアムKYOTO,☆写真展「天皇皇后両陛下―ともに歩まれた60年」4/17(水)〜4/30(火・休)
    舞鶴引揚記念館,☆平成30年度企画展「新収蔵品展 伝えゆく記憶」〜4/14(日)

    【大阪】
    大丸ミュージアム・梅田,☆写真展「天皇皇后両陛下―ともに歩まれた60年」2/16(土)〜3/4(月)
    大阪企業家ミュージアム
     ☆特別展示「食足世平の実現に生涯をかけた企業家 日清食品創業者 安藤百福」〜2/20(水)
    大阪国際平和センター(ピースおおさか),☆特別展「未来に託す戦世(いくさゆ)の記憶」〜2/14(木)
    舳松人権歴史館,☆企画展「わ〜、こんなん夢みたい!−すまい・しごとにみる同和対策事業−」〜3/31(日)
    堺市立平和と人権資料館(フェニックス・ミュージアム)
     ☆企画展「未来をみつめる瞳から 〜SDGs〈持続可能な開発目標〉を目指す社会へ〜」〜3/30(土)

    【奈良】
    水平社博物館
     ☆第19回企画展 「いつか みていた みらい 〜時を越えるおもい」 (アートで人権II) 〜4/7(日)

    【広島】
    国立広島原爆死没者追悼平和祈念館
     ☆企画展「流燈 広島市女原爆追憶の記 最も多くの犠牲を出した女学校の記録」〜12/29(日)

    【徳島】
    鳴門市ドイツ館,☆企画展「板東収容所捕虜の文化活動」〜2/24(日)

    【高知】
    いの町紙の博物館(土佐和紙伝統産業会館)
     ☆「高知の産業発展に尽くしてきた電車展III」3/2(土)〜3/31(日)

    【福岡】
    北九州市立自然史・歴史博物館(いのちのたび博物館)
     ☆歴史系特別展 冬の特別展「世界遺産のまち 北九州と明治日本の産業革命遺産」〜2/11(月・祝)
    福岡市博物館,☆「明治を想う」〜3/3(日)
    直方市石炭記念館,☆企画展示 国史跡指定「筑豊石炭鉱業組合直方会議所物語」〜3/3(日)
    飯塚市歴史資料館,☆「筑豊炭田遺跡群」国史跡指定記念「目尾炭坑展(しゃかのおたんこう)」〜3/12(火)
    田川市石炭・歴史博物館,☆「掘ったバイ筑豊2018」〜2/11(月・祝)

    【佐賀】
    小城市立歴史資料館
     ☆明治維新150年・テーマ展「もゆるおもひに 祗園太郎が生きた幕末」〜3/24(日)
    海上自衛隊佐世保史料館
     ☆特別企画展 佐世保鎮守府開庁130周年「佐世保鎮守府からみた海軍艦艇の歴史」〜10/31(木)

    【熊本】
    水俣市立水俣病資料館
     ☆企画展「ストックホルムからジュネーブへ〜水銀汚染のない世界へ〜
       坂本しのぶのあしあと」〜5/6(月・振)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                      明日香 光二/馬場 英明


      [No.11516] 【歴史】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/02(Sat) 18:58:33  

     歴史の新しい展示を紹介します。ほっとミュージアムに紹介済みのものに加えて訪問にご利用ください。

    【岩手】
    歴史公園 えさし藤原の里,☆えさし郷土文化館企画展「古文書あれこれ」〜3/3(日)

    【千葉】
    千葉県立関宿城博物館,☆コーナー展「武家の諸道具」3/12(火)〜5/6(月・振)
    茂原市立美術館・郷土資料館,☆郷土資料館展示「鶴枝の豪農高橋家の人々」〜3/17(日)

    【東京】
    日本銀行金融研究所貨幣博物館,☆企画展「江戸の宝くじ「富」 一攫千金、庶民の夢」〜2/24(日)

    【富山】
    射水市新湊博物館
     ☆「十二支展」〜2/24(日)
     ☆「重要文化財修理展」3/1(金)〜4/14(日)

    【石川】
    前田土佐守家資料館,☆企画展「お金が要る!」2/2(土)〜4/21(日)

    【福井】
    福井県立一乗谷朝倉氏遺跡資料館
     ☆第4回特別公開展「戦国城下町一乗谷のくらし〜守り伝える文化財〜」〜4/23(火)
    福井県立歴史博物館,☆ギャラリー展「指定文化財巡り(仮題)」 2/28(木)〜5/19(日)
    福井市立郷土歴史博物館,☆春季特別展 「大安禅寺の名宝」3/21(木・祝)〜5/6(月・振)

    【山梨】
    山梨県立博物館,☆企画展「県都甲府の500年」3/16(土) 〜 5/13(月)

    【長野】
    茅野市神長官守矢史料館,☆企画展「亥年の古文書」 〜2/11(月・祝)

    【静岡】
    浜松文芸館
     ☆企画展「三方原物語 今に伝える三方原の歴史と文化〜三方原の戦いから三方原の夜明け〜」〜2/10(日)

    【愛知】
    安城市歴史博物館,☆企画展「江戸の愉しみ−安城の相撲・芝居−」2/2(土) 〜3/24(日)

    【三重】
    神宮徴古館農業館,☆「伊勢の神道と学問−林崎文庫−」〜7/10(水)
    松阪市立歴史民俗資料館
     ☆開館40周年記念特別企画「松坂城1588-2018 〜天下人も認めた武将 氏郷の城〜」〜2/17(日)
    大黒屋光太夫記念館,☆冬の展示「光太夫の書いたロシア文字」〜3/17(日)

    【京都】
    京都市歴史資料館,☆企画展「和本のひろがり」2/8(金)〜4/23(火)
    龍谷大学 龍谷ミュージアム,☆春季企画展「因幡堂 平等寺(仮題)」4/20(土)〜6/9(日)
    平等院ミュージアム鳳翔館 ,☆「館蔵品展2019」〜3/15(金)

    【大阪】
    中之島香雪美術館
     ☆特別展「明恵の夢と高山寺」朝日新聞創刊140周年記念 3/21(木・祝)〜5/6(月・振)
    大阪城天守閣
     ☆テーマ展「戦国の世の祈り」3/21(木・祝)〜5/19(日)
     ☆3階 企画展示 「大坂城を描いた絵画」〜3/18(月)
     ☆4階 企画展示 「戦国『名人』劇場」〜3/19(火)
     ☆「“大坂幕府”構想について記した小堀遠州書状初公開」〜3/19(火)

    【福岡】
    福岡市博物館,☆新収蔵品展「ふくおかの歴史とくらし」〜2/17(日)
    九州歴史資料館,☆企画展「歴史の宝石箱ダイジェスト版」〜3/17(日)

    【熊本】
    熊本市立熊本博物館,☆リニューアルオープン記念展「記憶を未来につなぐ博物館」〜4/7(日)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                      明日香 光二/馬場 英明


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 暗証キー

    - Web Forum -
    - Antispam Version -