ほっとミュージアム 談話室
[ホームへもどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 発言サイズは画像も含めて130KBまで、URLは20個までです。
  • その他[留意事項]を良くお読みの上ご利用ください
  • 新規紹介用 でワード検索すると、フォーマット発言が開きます

  •   [No.12218] 【愛知】豊田市美術館/岡崎乾二郎 視覚のカイソウ 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/01/04(Sat) 23:58:30  

     豊田市美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=23&c=63で開催中の展示を紹介します。正月は5日から開館です。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「岡崎乾二郎 視覚のカイソウ」〜2/24(月・振)
        月曜休館(祝日の場合は翌日)
        入館料金:一般1300円 高大生900円 中学生以下無料
             障がい者手帳をお持ちの方と介添者1名)
             豊田市内在住又は在学の高校生、及び豊田市内在住の75歳以上は無料 [要証明]

     レリーフ〈あかさかみつけ〉シリーズ以来、彫刻、絵画、映像、メディア・アート、建築からテキスタイル作品、舞台美術、絵本、タイル、支持体(画板)ロボットとの協働によるドローイングまで、あらゆるジャンルにおいて最前線で制作を続けてきた造形作家、岡崎乾二郎(1955 年〜)。また、長期的な修景保存活動や教育活動、展覧会のキュレーションや多分野の批評など、旺盛な活動を展開。岡崎は、この世界は決して一元的なものではなく、相容れない固有性をもった世界が個性を保ったまま交通することから豊かな創造性が生まれるのだという考えてきた。岡崎の作品を前に回想することで、私たちの感覚が絶えず刷新されていく体験を実感する。

    担当学芸員によるギャラリートーク:1/5(日)1/26(日)2/16(日)午後2時より
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12217] 【兵庫】芦屋市谷崎潤一郎記念館/文豪inエンターテイメント 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/01/04(Sat) 23:57:43  

     芦屋市谷崎潤一郎記念館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=79で開催中の展示を紹介します。正月は5日から開館です。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆ 2019年度 冬の特設展「潤一郎、The show time!!〜文豪inエンターテイメント〜」〜3/8(日)
       月曜休館(祝日の場合は翌日)
       入館料金:一般300円 高大生200円 中学生以下無料
            65歳以上、身体障害者手帳・精神障害者保健福祉手帳・療育手帳をお持ちの方と介護者1名半額


      若い頃、映画の脚本を執筆していた文豪・谷崎潤一郎は、映画界とも繋がりが深く、数多くの作品が映画化され、演劇・歌舞伎等をはじめ、舞台芸術・芸能への作品の翻案も多い。「エンターテイメント」の世界と谷崎作品そして谷崎自身との関わりに焦点をあてる。

    関連講座:2/15(土)午後2〜3時、講義室にて、受講料1000円(入館料込み)
    「潤一郎、The show time!!〜文豪inエンターテイメント〜」井上勝博氏(学芸員)
    定員先着30名(要申込)TEL0797-23-5852 FAX0797-38-3244 メール:ashiya-tanizakikan@shopro.co.jp
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12216] 【奈良】大和文華館/新春を迎えて―梅と桜の美術―[1/5(日)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/01/04(Sat) 23:56:30  

     あやめ池の大和文華館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=29&c=7で1/5(日)から開催される吉祥の新春展を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆特別企画展「新春を迎えて―梅と桜の美術―」1/5(日)〜2/16(日)
        月曜休館(祝日の場合は翌日)
        入館料金:一般 630円 高大生 420円 中学生以下無料
            「障がい者手帳」をお持ちの方とご同伴者1名2割引

     新しい一年を迎える早春の花の代表・梅は、愛らしい花を咲かせ清らかな香りで高潔な人物の象徴として美術作品にも深い関わりがあり、一方桜は、春爛漫の華やかな季節を象徴する。桜の名所として名高い「吉野図屏風」(春日大社蔵)と、都市の賑わいを彩る桜が描かれた「東山名所図屏風」(個人蔵)を特別展示。展示場の周囲を囲む文華苑の梅が咲き始めも楽しめる。
    【特別出陳】
      吉野図屏風 江戸時代 春日大社蔵
      東山名所図屏風 江戸時代 個人蔵
    【梅を愛でる―清澄と高潔―】
      松梅佳処図 室町時代
      重要文化財 花鳥図屏風 雪村周継筆 室町時代
      四君子図 山本梅逸筆 江戸時代 天保十年(1839)
      織部梅文皿 桃山―江戸時代
      色絵松竹梅文大壺 江戸時代
      色絵梅文大壺 江戸時代
      螺鈿蒔絵梅文合子 尾形光琳・乾山合作
      原羊遊斎模造 江戸時代
    【桜を愛でる―清浄と華麗―】
      国宝 寝覚物語絵巻(第一段) 平安時代
      春日宮曼荼羅 南北朝時代
      源氏物語図帖 伝土佐光吉筆 江戸時代
      源氏物語図屏風 伝岩佐又兵衛筆 江戸時代
      花卉図扇面 江戸時代
      蒔絵枝垂桜柳文棗 嵯峨棗 江戸時代
      色絵桜文徳利 有田(古九谷様式) 江戸時代 など

    特別講演、日曜美術講座:午後2時から講堂にて
    1/26(日)「描かれた歌枕―『吉野図屏風』の源流を辿る」井戸美里氏(京都工芸繊維大学講師)
    2/9(日)「宮曼荼羅から読み解く、中世の人々の桜イメージ」古川攝一氏(学芸部係長) 

    列品解説:毎週土曜日午後2時から展示場にて(学芸部による)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12215] 【愛知】おかざき世界子ども美術博物館/中山みどり フェルトアートのどうぶつたち展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/01/03(Fri) 23:12:34  

     おかざき世界子ども美術博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=23&c=38で開催中の展示を紹介します。正月は4日から開館です。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「中山みどり フェルトアートのどうぶつたち展」〜3/1(日)
        月曜(祝日は開館)と祝日の翌日休館
        入館料金:一般500円 小中生100円
             各種障がい者手帳所持者と付添者1名は無料(各種手帳を提示)

     中山みどり氏は、実家で飼っていた愛犬への思いから羊毛から針1本で犬や猫の作品を作り始めた。一作、一作、飼い主の心に寄り添い、フェルトで、リアルでかわいい愛犬愛猫作品を作り全国で個展やワークショップを開催。
     本展では、犬や猫などの動物作品、オーダーメイド作品を中心に約200点の作品を展示し、アトリエの再現や、羊毛を触れる体験コーナーも設けた。

    小さな犬・猫を作ろう!2/29 (土) 午後1〜3時  
    2階視聴覚室にて、定員20名 小中学生対象 (低学年は保護者同伴)
    申込:1/15 (水) 午前10時から電話 (0564-53-3511) で
    申込時に、犬猫種を選び、当日似せたい犬・猫の写真を持参      
    参加費:2000円 ( 材料費含む )


    絵本の読み聞かせ:エントランスホールにて
    1/12 (日) 午前11時〜/午後1時30分〜 本宿小親子読書さくらの会
    1/13 (月・祝) 午後1時30分〜/午後2時30分〜 美合小読み聞かせボランティアこあらグループ
    1/18 (日) 午後1時30分〜/午後2時30分〜 附属岡崎小読み聞かせクラブ
    2/16 (日) 午後1時30分〜/午後2時30分〜 愛宕ハッピースマイルズ
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12214] 【東京】21_21 DESIGN SIGHT/○秘展 めったに見られないデザイナー達の原画 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/01/03(Fri) 22:59:12  

     六本木の21_21 DESIGN SIGHThttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=74で開催中の展示を紹介します。正月は4日から開館です。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆企画展「○秘展 めったに見られないデザイナー達の原画」田川欣哉ディレクション:〜3/8(日)
          (本当は、○の中に秘)
        火曜休館(祝日は開館)
        入館料金:一般1200円 大学生800円 高校生500円 中学生以下無料

     すぐれたプロダクトの選定やデザイン展の開催を通して、日本のデザインに貢献してきた日本デザインコミッティーに所属する幅広い世代のメンバーたちが、そのデザインの過程において生み出してきたスケッチ、図面、模型の数々を紹介。会場では、メンバーたちの個性や世代、分野によって異なる「原画」を中心に、それらが描き出されるところを収めた映像や、新旧メンバーの著書を通して、デザイナーたちの思考プロセスを垣間見る、

     日本デザインコミッティー メンバー
       深澤直人(プロダクトデザイナー)/原 研哉(グラフィックデザイナー)
       平野敬子(デザイナー)/伊藤隆道(造形家)/柏木 博(デザイン評論家)
       川上元美(デザイナー)/喜多俊之(プロダクトデザイナー)/北川原 温(建築家)
       小泉 誠(家具デザイナー)/隈 研吾(建築家)/黒川雅之(建築家/プロダクトデザイナー)
       松本哲夫(建築家/インテリアデザイナー)/松永 真(グラフィックデザイナー)
       面出 薫(照明デザイナー)/三谷龍二(木工作家)/永井一史(アートディレクター)
       永井一正(グラフィックデザイナー)/内藤 廣(建築家)/新見 隆(キュレーター)
       佐藤 卓(グラフィックデザイナー)/柴田文江(プロダクトデザイナー)
       須藤玲子(テキスタイルデザイナー)/鈴木康広(アーティスト)
       田川欣哉(デザインエンジニア)/田中俊行(空間デザイナー)/山中俊治(デザインエンジニア)

    ギャラリートーク/原画解説:1/11(土)午後3〜4時30分、原研哉氏
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12213] 【東京】文化庁 国立近現代建築資料館/吉田鉄郎の近代 モダニズムと伝統の架け橋 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/01/03(Fri) 22:58:27  

     湯島の文化庁 国立近現代建築資料館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=126で開催中の展示を紹介します。正月は4日から開館です。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「吉田鉄郎の近代 モダニズムと伝統の架け橋」〜2/11(火・祝)
        残り会期中休館なし
        入場方法
         [展覧会のみ閲覧](平日のみ利用可能)湯島地方合同庁舎正門より入館(入館無料)
         [都立旧岩崎邸庭園より入館]旧岩崎邸庭園の入園料(一般)400円

     吉田鉄郎(1894—1956)は東京中央郵便局(1931)や大阪中央郵便局(1939)などの「逓信省の建築家」として日本近代建築の名作を残したが、そのころ「近代」を空間的に建築的に表現するには、モダニズムを模倣するのでも、土着の伝統と折衷するのでもなく、モダニズムと伝統との間に橋を架けわたすことであった。本展では、吉田の住宅作品に現れる思想と手法を明らかにし、住宅と逓信省関係の建築の他にコンペ作品や記念碑などにも着目し、彼がドイツ語で刊行した『日本の住宅』(1935)などの著作や、ブルーノ・タウトらの外国人建築家との交流にも光を当てる。

    ギャラリートーク4(追加開催) 1/25(土)午後1時30分〜3時30分
    「ヴァスムート社保管資料と吉田鉄郎のドイツ語三部作」
        エルンスト・J・ヴァスムート氏 × マンフレッド・シュパイデル氏
        モデレーター:川向 正人氏(当館主任建築資料調査官、東京理科大学名誉教授)

    当日、40席ほど、開館時刻に着席のこと。整理券などは無し(椅子は背もたれや座布団のない丸椅子(スツール))
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12212] 【ほっとミュージアム】1月改訂されています 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/01/03(Fri) 22:21:35  

    お正月をいかがお過ごしでしょうか。

    昨年末までに談話室にアップされた情報をもとに、三ッ木さんにデータ編集を、ほりうちさんにサイト作成を担当して頂き、今年最初の改訂をしています。
    迎春ムードを残して、明日4日、5日ぐらいから新春開館のミュージアムが多いかと思います。

    正月から、干支の人形、招福の日本画や浮世絵版画、地域の太古を掘り下げる考古学の展示などが多くはじまっています。ひな人形の展示も始まっています。
    ただ、開館がまだのところもありますし、昨年の災害で関東地方にも休館が継続中の館、3月ぐらいまで冬季休館や改修のための長期休館もありますので、ほっとミュージアムサイトをご利用いただいた上で、各館のオリジナルサイトへもお訪ねいただき、確認してからご訪問ください。

    訪問されたミュージアムや展覧会のご感想やデータにお気づきの点など、今年も、この談話室へよろしくお願いいたします。


                本談話室の管理人 明日香 光二/馬場 英明


      [No.12211] 【全国】鉄道関係企画展 20年01月以降 投稿者:かずや  投稿日:2020/01/03(Fri) 18:18:01  

    おじゃまします。
    今年もよろしくお願い致します。

    1月以降開催の内容をまとめて直してみました。
    ご紹介やコメントをいただいた皆さんに、感謝致します。

                      かずや:渡辺 和也
    --------------------------------------------------------------------------
    【北海道】
    ・釧路市立博物館
     写真展「太平洋石炭販売輸送 臨港線」
     19年11月2日(土)〜1月12日(日)
    https://www.city.kushiro.lg.jp/museum/kikaku/2019/coaltrain.html

    【岩手】
    ・釜石市立鉄の歴史館
     企画展「鐵の鉄道展」
     19年11月23日(土・祝)〜1月13日(月・祝)
    http://www.city.kamaishi.iwate.jp/tanoshimu/spot/detail/1233296_2452.html

    【山形】
    ・上山市立図書館
     企画展「羽島金三郎の仕事」
     〜1月31日(金)
    https://www.kaminoyama-lib.jp/events.html
     注:上山出身の鉄道技師、羽島金三郎の仕事の資料などの展示。

    【埼玉】
    ・埼玉県立文書館
     重要文化財埼玉県行政文書公開「鉄道の埼玉―明治から現代へ―」
     1月14日(火)〜3月8日(日)
    http://www.monjo.spec.ed.jp/?page_id=21

    【千葉】
    ・成田空港 空と大地の歴史館
     第17回企画展示 富里にも鉄道があった〜幻の軽便鉄道〜
     19年11月13日(水)〜2月末(予定)
    https://www.rekishidensho.jp/s_exhibition/2019/11/post-12.html

    【東京】
    ・江東区中川船番所資料館
     特別展「路面電車と江東」
     19年10月9日(水)〜2月16日(日)
    https://www.kcf.or.jp/nakagawa/kikaku/detail/?id=44

    ・森アーツセンターギャラリー&スカイギャラリー
     特別展「天空ノ鉄道物語」
     19年12月3日(火)〜3月22日(日)
    http://www.tentetsuten.com/

    【新潟】
    ・直江津学びの交流館
     「開業5周年えちごトキめき鉄道・北陸新幹線コレクション」
     1月17日(金)〜3月17日(火)
    https://www.city.joetsu.niigata.jp/uploaded/life/140667_199630_misc.pdf
    https://www.city.joetsu.niigata.jp/soshiki/n-tosyo/r21gyouji.html

    【富山】
    ・富山市郷土博物館
     企画展 街の中心 富山駅(仮称)
     2月22日(土)〜4月19日(日)
    http://www.city.toyama.toyama.jp/etc/muse/nenkan/nenkanhaku.html

    【静岡】
    ・磐田市立中央図書館
     歴史文書館企画展「鉄道と磐田 −駅・東西路と南北路の交差ー」
     1月11日(土)〜1月19日(日)
    https://www.lib-iwata-shizuoka.jp/event/4344/
     注:磐田市歴史文書館での展示は、19年11月5日(火)〜12月20日(金)で終了..

    【福岡】
    ・直方市石炭記念館
    令和二年新春企画展 遠藤伸治コレクション
     「鉄道記念乗車券の世界」
     1月23日(木)〜3月8日(日)
    http://yumenity.jp/sekitan/index.html

    以上です。


      [No.12210] 【京都】高島屋グランドホール/没後220年 京都の若冲[1/4(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/01/03(Fri) 11:11:20  

     京都高島屋グランドホールhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=81
    で、明日1/4(土)から開催される展覧会を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆没後220年「京都の若冲とゆかりの寺−いのちの輝き−」1/4(土)〜1/20(月)
        午前10時〜午後8時(入館は7時30分まで)
              最終日20(月)は午後5時まで(入館は4時30分まで)
        入場料金:一般1000円 高大生800円 中学生以下無料
             トワイライトサービス:午後6時からは半額
     奇想の画家 伊藤若冲が生涯を過ごした「京都」に伝わる名品の数々を、若冲に関わる名刹や細見美術館等の所蔵品により展覧。 緻密に描き込まれたディテール、微笑ましいユーモラスな表情など優しくも生命力に溢れる作品と、若冲派と呼ばれる弟子たちの作品も紹介。
    〈魅せられ愛でる〉
      「雪中雄鶏図」「鼠婚礼図」「糸瓜群虫図」細見美術館蔵
    〈守り伝える〉
      「牡丹百合図」慈照寺蔵 「竹虎図」鹿苑寺蔵 「芦花翡翠図」大光明寺蔵
    〈憧れ挑む〉 
      「蟹図」処冲筆 宝蔵寺蔵
      「南瓜雄鶏図」白歳筆宝蔵寺蔵
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12209] 【京都】国立近代美術館/イタリア現代陶芸の巨匠 ニーノ・カルーソ[1/4(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/01/03(Fri) 11:10:32  

     岡崎公園の京都国立近代美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=22で明日1/4(土)から開催される展覧会を紹介します
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「記憶と空間の造形 イタリア現代陶芸の巨匠 ニーノ・カルーソ」1/4(土)〜2/16(日)
        月曜休館(祝日の場合は翌日)
        開館時間:午前9時30分〜午後5時(金土は8時まで、入館は閉館の30分前まで)
        入館料金:一般1000円 大学生500円
             金土の5時以降夜間割引:一般800円 大学生400円
             高校生・18歳未満は無料
             心身に障がいのある方と付添者1名は無料(要証明)

     神話性、象徴性を制作におけるテーマの一つとして制作するイタリア現代陶芸を代表する作家ニーノ・カルーソ(1928–2017)。初期は、それらを自己の故郷シチリアの記憶と結びつけていたが、次第に古代ローマの遺跡等を思わせる壁面や柱、門などの形態制作を通じて、古代と現代を結ぶ空間の構築へと向かう。本展は、ニーノ・カルーソの偉業を約90点の代表作ならびに数々のデザインワークやスケッチなどの資料を通じて紹介。

    講演会:1/11(土)午後2〜3時30分 1階講堂にて 定員:先着100名(当日午前11時より1階受付にて整理券配布)要入館券
    「父 ニーノ・カルーソ」アンドレア・カルーソ氏(彫刻家)*通訳付き

    ギャラリートーク:1/24(金)2/7(金) 午後6〜7時 定員:各日先着20名
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 暗証キー

    - Web Forum -
    - Antispam Version -