ほっとミュージアム 談話室
[ホームへもどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 発言サイズは画像も含めて130KBまで、URLは20個までです。
  • その他[留意事項]を良くお読みの上ご利用ください
  • 新規紹介用 でワード検索すると、フォーマット発言が開きます

  •   [No.11732] 【全国】鉄道関係企画展 19年06月以降 投稿者:かずや  投稿日:2019/06/02(Sun) 16:22:24  

    おじゃまします。

    6月以降開催の内容をまとめて直してみました。
    ご紹介やコメントをいただいた皆さんに、感謝致します。

                      かずや:渡辺 和也

    注:6月までの開催分のうち、6月2日(日)までに終了する
      ものは除いてあります。
    ------------------------------------------------------------------------
    【北海道】
    ・名寄市北国博物館
    企画展「名寄駅舎と名寄本線」
    5月17日(金)〜6月9日(日)
    http://www.city.nayoro.lg.jp/section/museum/prkeql000001xzym.html

    ・釧路市立博物館
     私の博物館「石炭列車写真展」 (仮)
     11月2日(土)〜2020年1月12日(日)
    https://www.city.kushiro.lg.jp/museum/kikaku/year-schedule.html

    【埼玉】
    ・飯能市立博物館
     西武線吾野延伸90年・秩父線開通50年記念ミニ展示
      8月上旬〜9月上旬
    https://www.city.hanno.lg.jp/article/detail/3586/

    【千葉】
    ・八千代市郷土博物館
     第1回企画展「鉄道と歩む八千代」
     4月27日(土)〜6月16日(日)
    http://www.city.yachiyo.chiba.jp/600508/page100077.html

    【長野】
    ・安曇野ちひろ美術館
     5月17日(金)〜7月16日(火)
     ちひろ美術館コレクション展 列車でいこう!
    https://chihiro.jp/azumino/exhibitions/24226/

    【富山】
    ・富山市郷土博物館
     企画展 街の中心 富山駅(仮称)
    2020年2月22日〜4月19日
    http://www.city.toyama.toyama.jp/etc/muse/nenkan/nenkanhaku.html

    【岐阜】
    ・岐阜県博物館
     マイミュージアムギャラリー 第3回展示「鉄道模型で見る昭和から平成、そして未来へ」
     8月3日(土)〜9月1日(日)
    http://www.gifu-kenpaku.jp/mymg/3103/

    【愛知】
    ・豊田市近代の産業とくらし発見館
     ミニ企画展「開業40周年 名鉄豊田線」
     7月13日(土)〜9月1日(日)
    http://www.toyota-hakken.com/exhi_info_schedule31.html

    【滋賀】
    ・大津市歴史博物館
     第155回ミニ企画展「江若鉄道 −思い出の品々−」
     10月1日(火)〜12月1日(日)
    http://www.rekihaku.otsu.shiga.jp/event/minikikaku.html#MINIKIKAKU155

    【鳥取】
    ・米子市立山陰歴史館
     企画展「米子鉄道管理局70年」(仮称)
    2020年2月9日(日)〜3月22日(日)
    http://yonagobunka.net/p/yonagobunka/rekishi/news/2/

    【山口】
    ・下関市立歴史博物館
     赤間関市誕生130年記念特別展「下関の鉄道物語」
     7月20日(土)〜9月23日(月・祝)
    http://www.shimohaku.jp/blog190210161452.html

    【福岡】
    ・九州歴史資料館
     パネル展「福岡鉄道遺産ものがたり7−筑豊地区編−」
     9月18日(水)〜12月上旬
    http://www.fsg.pref.fukuoka.jp/kyureki/_common/pdf/exhibitionplan_2019.pdf

    以上です。


      [No.11731] 【兵庫】香雪美術館/羅漢さん 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/05/31(Fri) 23:53:12  

     阪急御影の香雪美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=3では、仏教美術の展示を開催中です
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「羅漢さん 仏教を護(まも)る聖者たち」〜7/15(月・祝)
        月曜休館(7/15は開館)
        入館料金:一般700円 高大生450円 中学生以下無料
     羅漢は、正しくは「阿羅漢」といい、修業によって最高段階に達し、悟りを開いた人のことで、釈迦の教えを護り伝える役割を担う。インドから中国へ、日本には8世紀に伝わり、鎌倉時代以降に彫刻・絵画が盛んにつくられ、信仰された。コレクションを形成した村山龍平の収集品の中から、羅漢図を中心に、関連作品や羅漢を供養、讃嘆する場面に描かれた工芸品なども展示。

     十六羅漢図 絹本着色 南北朝〜室町時代(14世紀)
     黒漆燭台 江戸時代(16〜19世紀)
     明恵 夢記 紙本墨書 鎌倉時代
     釈迦三尊十六善神像 絹本着色 鎌倉時代(13世紀)
     青磁鳳凰耳付杓立 磁器 明時代(15世紀)など
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11730] 【新潟】市美術館/インポッシブル・アーキテクチャー 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/05/31(Fri) 23:52:28  

     新潟市美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=15&c=2
    では、ちょっと変わった建築の展示を開催中です。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「インポッシブル・アーキテクチャー もうひとつの建築史」〜7/15(月・祝)
         月曜休館(祝日は開館)
         入館料金:一般1000円 高大生800円
     完成に至らなかった構想や、あえて提案に留めた刺激的なアイディアなど、いわゆるアンビルト/未完の建築には、作者の夢や思考がより直接的に表現されている。
     20世紀以降の国外、国内のアンビルトの建築に焦点をあて、それらを仮に「インポッシブル・アーキテクチャー」と称し、建築の不可能性に焦点をあてて、逆説的にも建築における極限の可能性や豊穣な潜在力が浮かび上がらせるー約40人の建築家・美術家による「インポッシブル・アーキテクチャー」の図面、模型、関連資料などを通して、未だ見ぬ新たな建築の姿を展望。
     藤本壮介《べトンハラ・ウォーターフロント・センター設計競技1等案》CG画像、2012年
     会田 誠《シン日本橋》
     マーク・フォスター・ゲージ《グッゲンハイム・ヘルシンキ美術館》CG映像、2014年  など
     ヤーコフ・チェルニホフ、書籍『建築ファンタジー 101のカラー・コンポジション、101の建築小図』より挿図、1933年
     ウラジーミル・タトリン「第三インターナショナル記念塔」(1919-20年)コンピューター・グラフィックス、1998年

    シリーズレクチャー:各日とも午後2時〜(約90分)当日先着順(80名)
    6/22(土)「アンビルト概説−ロシアを中心に」前山裕司氏(館長)
    7/14(日)「父・村田豊の建築」村田あが氏(村田豊長女、跡見学園女子大学教授)

    みどころ解説「なぜ建物は建たなかったのか」午後2時〜(約60分)
    7/7(日)藤井素彦氏(学芸員)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11727] 【兵庫】神戸ファッション美術館/伝説のファッションデザイナー 鳥丸軍雪展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/05/05(Sun) 00:21:52  

    六甲アイランドの神戸ファッション美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=1で開催中の展示を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「伝説のファッションデザイナー 鳥丸軍雪展」〜6/23(日)
         月曜休館(祝日は開館)、5/7(火)休館
         入館料金:一般1000円 大学生・65歳以上500円 高校生以下無料
     英国オートクチュール界に大きなインパクトを与えてきた伝説的なトップデザイナー鳥丸軍雪(とりまる・ぐんゆき)。パリでピエール・カルダンのアシスタントデザイナーを務め、流れるような優雅なひだを生む手法(ドレープ)や、独創的な布のカットを生み出し、鳥丸は「ドレープの魔術師」「絹の彫刻家」と呼ばれた。英国王室のダイアナ元皇太子妃やスウェーデン王国のシルビア王妃、黒柳徹子ら多くの著名人の衣装を手掛けた。本展では、プリーツやドレープを駆使した代表作を中心に、デザイン画など約80点を紹介。
       ドレープ イブニングドレス(1976年) 
       プリーツ ミニドレス(2018年、オリジナルは1988年)
       ダイアナ妃のためのドレス イブニングドレス(鳥丸本人が制作したレプリカ1996年、オリジナルは1986年)     ダイアナ妃のためのデザイン画(複製画、1986年) 
       黒柳徹子氏のためのドレス 舞台衣装 イブニングドレス」(2015年、個人蔵)など

    ☆併催:コレクション展示
    「5つの時代衣装展−華麗なるロココから優美なベル・エポックまで−」〜6/23(日)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11726] 【京都】国際マンガミュージアム/竹宮惠子 カレイドスコープ 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/05/04(Sat) 22:48:49  

     烏丸御池の京都国際マンガミュージアムhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=49で開催中の展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「竹宮惠子 カレイドスコープ 50th Anniversary」〜9/8(日)
      水曜日、6/11、13休館(7/11〜8/27は無休)
      本展だけは無料
     「風と木の詩」「地球へ・・・」などで知られ、京都精華大学国際マンガ研究センターのセンター長もつとめるマンガ家・竹宮惠子の画業50周年を振り返る展覧会。他館では出展されていない原画の新規出展あり。
      肉筆原稿120点、精巧な複製原画(原画ダッシュ)カラーイラスト150点
      「風と木の詩」の構想スケッチが描かれたクロッキーノート
      連載当時に発売されたLP、竹宮惠子愛用品、フィギュアなど


    スペシャル対談 西炯子×竹宮惠子:7/20(土)午後2〜4時 1階 多目的映像ホールにて
    定員200名 ※先着順 往復はがきで申込

    竹宮惠子ファン大感謝祭:9/8(日)午後2〜4時 1階 多目的映像ホールにて
    定員200名 申し込み方法は6/20(木)に館サイトにてお知らせ
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11725] 【兵庫】西宮市大谷記念美術館/四条派への道 呉春を中心として 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/05/04(Sat) 22:22:06  

     阪神香櫨園の西宮市大谷記念美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=67
    で開催されている展覧会を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「四条派への道 呉春を中心として」〜5/12(日)
         水曜休館
         入館料金:一般800円 高大生600円 小中生400円
     呉春やその門弟たちが京都四条通り周辺に居住していた「四条派」の作品を呉春を中心に紹介。与謝蕪村に学んで始まった呉春の画業は、池田に居住して独自の発展を遂げ、京都に戻って円山応挙の影響で新たな境地に達する。同時期の円山派の絵師、源王奇(王へんに奇)、山口素絢、吉村孝敬の作品、呉春の三人の弟子、松村景文、岡本豊彦、柴田義董の作品により、四条派発展の兆し、西山芳園、上田公長らの大坂での活躍で四条派の影響の広がりを検証。
    1.呉春:初期から晩年まで
      「雨林山村連帆図」「芭蕉其角図」「柳鷺群禽図」「牧馬図」
    2.円山派 円山応挙と弟子たち:源王奇(王へんに奇)、山口素絢、吉村孝敬ら
      円山応挙「嵐山春暁図」源王奇「春山残雪山水図」山口素絢「やすらい祭図屏風」
    3.呉春の弟子たち:岡本豊彦、松村景文、柴田義董他
      岡本豊彦「呉春像」松村景文「花鳥図」柴田義董「海神図」
    4.大坂の四条派:西山芳園、長山孔寅、上田公長など
      西山芳園「旭日老松図」長山孔寅「春花双雀図」上田公長「芭蕉涅槃図」など
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
     連休の一日ぐらいは美術館でゆったりしたい…ただし、名だたる有名な西洋画展は行列が必至…と思い、かねてからちょっと心寄せていた展示を見に行きました。連休後の5/12(日)で終了なので、残念ながら5月のお勧めには挙げなかったのですが。
     江戸時代の絵画といえば、浮世絵以外では琳派、若冲、暁斎あたりが現代には人気ですが、京で人気な画風は他にもありました。写実描写、鮮烈な色彩、新奇なデザインというのではなく、和風な自然、田園生活を描いた優しい画風・画題には心落ち着くものがあります。ここの展示の日本画たちはそういった作品群でした。展示室の最初に現れた松村景文の屏風「花鳥図」は本当にほのかなパステルカラーで透明感のあるツル植物の葉が印象的。メイン呉春の唯一の重文「柳鷺群禽図」は水墨に左隻にほのかな水色と黄色の花が点々…というのが上品な雰囲気。
     ほわっと面白かったのは上田公長「芭蕉涅槃図」の2点。この時代、画家たちも俳人をリスペクトしていたので、こうした作品が生まれるのでしょうね。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11724] 【大阪】あべのハルカス美術館/クマのプーさん展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/05/03(Fri) 22:40:28  

     あべのハルカス美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=20で開催中の展覧会を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「クマのプーさん展」〜 6/30(日)
       5/13、20、27(月)のみ休館
       開館時間:火〜金 午前10時〜午後8時 月土日祝10時〜午後6時(入館は閉館30分前)18:00
       入館料金:一般1500円 高大生1100円 小中生500円
     食いしん坊でおっちょこちょい、世界一有名なクマ、『クマのプーさん』は1926年に出版されて以降、50以上の言語に翻訳され、5000万部以上のシリーズ本が出版された。著者A.A.ミルンと挿絵を担当したE.H.シェパードの鉛筆原画とともに、英国・ヴィクトリア&アルバート博物館をはじめ各国から集めた資料により、「プーさん」がどのように生まれ、愛されたかを紹介。

    たまご&ひよこ DAY :マタニティや子育て中の方を対象にした、休館日貸切の特別鑑賞 DAY。
    5/20(月)午前11時〜午後3時
    一般1300円 高大生900円 小中生300円 小学生未満は無料
    参加方法:開始15分前から美術館エントランスにて受付
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11721] 【大阪】グランフロント大阪ナレッジキャピタル/スヌーピーミュージアム展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/05/03(Fri) 10:14:21  

     大阪駅前のグランフロント大阪ナレッジキャピタルhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=42で開催中のキャラクター展を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「スヌーピーミュージアム展」 〜6/16(日)
        会期中無休
        午前10時〜午後8時(火曜は5時まで、入場は閉場の30分前まで)
        入館料金     土休日 平日
              一般 1600円 1400円
             大学生 1300円 1100円
             中高生 1000円  900円
          4歳〜小学生  600円  500円
     2016年から2018年秋までアメリカ・サンタローザのシュルツ美術館世界初の公式サテライトとして、スヌーピーや「ピーナッツ」の魅力を広く紹介した東京・六本木のスヌーピーミュージアムで開かれた5回の展覧会を凝縮した、2年半の間に展示された、シュルツ美術館の貴重な原画作品やスケッチ、ヴィンテージグッズなどから、選りすぐりの約200点を大阪で展示。約50年間新聞連載されたコミック「ピーナッツ」の魅力、登場するスヌーピーやチャーリー・ブラウン、ウッドストックなどの個性豊かな仲間たちを紹介。
      第1章「もういちど、はじめましてスヌーピー。」
      第2章「ピーナッツ・ギャング・オールスターズ!」
      第3章「恋ってすばらしい。」
      第4章「ともだちは、みんな、ここにいる。」 
      第5章「愛しのピーナッツ。」
      ヴィンテージグッズ
       1960年代 おもちゃのピアノ、1969年 フィギュア、1967年頃 ポケット人形
       1969〜82年 枕、1968〜72年 木製オルゴール、1982年 貯金箱(ジャンクフード・シリーズ)など

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11720] 【京都】国立博物館/国宝 一遍聖絵と時宗の名宝 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/05/03(Fri) 10:10:46  

     東山七条の京都国立博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=62
    では鎌倉仏教の祖の一人、一遍上人の展示を開催中です。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆特別展 時宗二祖上人七百年御遠忌記念
     「国宝 一遍聖絵と時宗の名宝」 前期:〜 5/12(日)
                後期:5/14(火)〜6/9(日)
       月曜休館(祝日は開館、5/7(火)休館)
       開館時間:午前9時30分〜午後6時(金土は8時まで、入館は閉館30分前まで)
       入館料金:一般1500円 大学生1200円 高校生900円 中学生以下無料
             障害者手帳等を提示の方と介護者1名無料
     踊り念仏で知られる一遍(1239〜89)が鎌倉時代に開いた時宗。一遍は念仏往生を説いて全国を行脚(遊行)して念仏札を配り(賦算)、布教につとめたが、教団として整備し発展させたのが二祖の真教(1237〜1319)。本展では、全国各地を遍歴した一遍の生涯を描いた国宝「一遍聖絵」(清浄光寺(遊行寺)蔵)をはじめ、真教の足跡もつづられた「遊行上人縁起絵」、一遍や真教ら歴代祖師の肖像画や肖像彫刻など、時宗の名宝の全貌を紹介。「一遍聖絵」を12巻全巻公開し、事前調査によって発見された作品など、新たな研究成果も紹介。
     1章 浄土教から時宗へ
      重文 阿弥陀如来立像 京都・知恩院 
      重文 二河白道図 島根・萬福寺(前期展示) 
     2章 時宗の教え 一遍から真教へ
      遊行上人縁起絵断簡 奈良・大和文華館(前期展示)
      重文 真教上人書状 寿阿弥陀仏宛(遊行歴代他阿弥陀仏書状類のうち) 京都・長楽寺(後期展示)
     3章 国宝 一遍聖絵の世界
      国宝 一遍聖絵 円伊筆 神奈川・清浄光寺(遊行寺)
     4章 歴代上人と遊行 時宗の広まり
      重文 真教上人坐像 神奈川・蓮台寺
      重文 一鎮上人坐像 康俊作 京都・長楽寺
     5章 時宗の道場とその名宝
      毘沙門天立像 京都・極楽寺
      国宝 洛中洛外図屏風(舟木本)右隻 岩佐又兵衛筆 東京国立博物館(5/28〜6/9展示) など


    記念講演会:平成知新館 講堂にて、午後1時30分〜3時、定員200名、入館券のみ
          正午より平成知新館1Fグランドロビーにて整理券を配布(定員にて配布終了)
    5/11(土)「国宝 一遍聖絵─旅と風景、その魅力と謎─」井並 林太郎氏(研究員)
    5/18(土)「時宗のみほとけ─阿弥陀と祖師像を中心に─」淺湫 毅氏(連携協力室長)
    5/25(土)「一遍聖絵に見る聖性と熊野信仰」遠山 元浩 氏(遊行寺宝物館長)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11719] 【全国】鉄道関係企画展 19年05月以降 投稿者:かずや  投稿日:2019/05/02(Thu) 23:36:52  

    おじゃまします。

    5月以降開催の内容をまとめて直してみました。
    ご紹介やコメントをいただいた皆さんに、感謝致します。

                      かずや:渡辺 和也
    ------------------------------------------------------------------------
    【北海道】
    ・名寄市北国博物館
    企画展「名寄駅舎と名寄本線」
    5月17日(金)〜6月9日(日)
    http://www.city.nayoro.lg.jp/section/museum/prkeql0000016xqx.html

    【秋田】
    ・秋田県立図書館
     平成31年度第1回特別展示 秋田県立博物館出張展示「平成最後のあきたミニ鉄道展」
     4月1日(月)〜5月27日(月)
    https://www.apl.pref.akita.jp/exhibitions/ehon-room/special

    【岩手】
    ・「釜石の鉄道展 つながるリアス〜三陸の鉄道アーカイブ〜」
     第2期開催期間 4月27日(土)〜5月27日(月)
      会場:釜石市郷土資料館
    http://www.city.kamaishi.iwate.jp/tanoshimu/bunka/detail/1225895_2462.html

    【埼玉】
    ・飯能市立博物館
     西武線吾野延伸90年・秩父線開通50年記念ミニ展示
      8月上旬〜9月上旬
    https://www.city.hanno.lg.jp/article/detail/3586/

    【千葉】
    ・千葉県立中央博物館
     平成30年度春の展示 明治150年記念事業
     千葉の鉄道物語  線路が拓いた「観る・住む・運ぶ」
     2月23日(土)〜6月2日(日)
    http://www2.chiba-muse.or.jp/www/NATURAL/contents/1544315794850/index.html

    ・八千代市郷土博物館
     第1回企画展「鉄道と歩む八千代」
     4月27日(土)〜6月16日(日)
    http://www.city.yachiyo.chiba.jp/600508/page100077.html

    【東京】
    ・世田谷区文化生活情報センター 生活工房
     祝!世田谷線開業50周年「世田谷線にのって展」
     4月27日(土)〜5月26日(日)
    http://www.setagaya-ldc.net/program/446/

    ・山崎記念中野区立歴史民俗資料館
     JR中野駅開業130周年記念特別展「中野駅と街の移り変わり」
     4月2日(火)〜6月2日(日)
    https://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/nakano/d026967.html

    【富山】
    ・富山市郷土博物館
     企画展 街の中心 富山駅(仮称)
    2020年2月22日〜4月19日
    注:来年開催のため、アドレス省略(同館HPに記載あり)

    【岐阜】
    ・岐阜県博物館
     マイミュージアムギャラリー 第3回展示「鉄道模型で見る昭和から平成、そして未来へ」
     8月3日(土)〜9月1日(日)
    http://www.gifu-kenpaku.jp/mymg/3103/

    【静岡】
    ・ふじのくに地球環境史ミュージアム
     ミドルヤード展示
     公文書でたどる静岡県の昭和〜鉄道シリーズ1「清水港線」〜
     3月12日(火)〜5月19日(日)
    https://www.fujimu100.jp/exhibition/middleyard/3975/

    【愛知】
    ・豊田市近代の産業とくらし発見館
     ミニ企画展「開業40周年 名鉄豊田線」
     7月13日(土)〜9月1日(日)
    http://www.toyota-hakken.com/exhi_info_schedule31.html

    【滋賀】
    ・大津市歴史博物館
     第155回ミニ企画展「江若鉄道 −思い出の品々−」
     10月1日(火)〜12月1日(日)
    http://www.rekihaku.otsu.shiga.jp/event/minikikaku.html#MINIKIKAKU155

    【山口】
    ・下関市立歴史博物館
     赤間関市誕生130年記念特別展「下関の鉄道物語」
     7月20日(土)〜9月23日(月・祝)
    http://www.shimohaku.jp/blog190210161452.html

    以上です。


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 暗証キー

    - Web Forum -
    - Antispam Version -