ほっとミュージアム 談話室
[ホームへもどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 発言サイズは画像も含めて130KBまで、URLは20個までです。
  • その他[留意事項]を良くお読みの上ご利用ください
  • 新規紹介用 でワード検索すると、フォーマット発言が開きます

  •   [No.10541] Re: 【東京】郷さくら美術館 東京 /第5回 郷さくら美術館 桜花賞展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/03/05(Sun) 00:35:00  

    郷さくら美術館 東京 さん、こんにちは。

    >2017年3月4日(土)より第5回 郷さくら美術館 桜花賞展を開催いたします。
     いよいよ、桜花賞展はじまりましたね。
     本当に、ここのところ暖かさを感じ、三月に入り、一気に春らしくなってきました。今年も、開花は早まりそうな感じですね。
     自然の中に融け込む桜、浮かび上がる華やかな桜、散り輝く桜、その美しさ自体が日本的な桜を賞でたいと思います。

                   明日香 光二/馬場 英明


      [No.10531] 【兵庫】あまらぶアートラボ A-Lab. /小出麻代「うまれくるもの」[3/10(金)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/02/28(Tue) 23:33:34  

     尼崎市のアートスペース、あまらぶアートラボ A-Lab.http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=55で3/10(金)から開催される展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆A-Lab Exhibition Vol.7 「まちの中の時間」プロジェクト
      小出麻代「うまれくるもの」 3/10(金)〜4/9(日)
         火曜休館
         開館時間:(月・水〜金)午前11時〜午後7時 
                (土・日・祝) 午前10時〜午後6時
         入館無料
     関西を拠点に活動し、日常で目にした現象や、自身の記憶、体験を軸としたインスタレーションを制作する美術家・小出麻代(1983-)の展示。タイトルである「うまれくるもの」は1年間、尼崎の街をリサーチする中で目にした光景や、資料、他者の話から思い描いた、過去と未来の街の表情を丁寧に見つめることで、立ち現われる街の姿を表し、様々な「うまれくるもの」に触れ、想像を巡らせ、新たな認識を生み出す。本展は2015年に開催されたあまらぶアートラボA‐Labのオープニング展覧会「まちの中の時間」をキックオフイベントとする一連のプロジェクトによるもの。

    アーティストトーク:午後3〜4時、定員30名、申込不要、直接会場へ
    3/11(土)対談「うまれくる言葉」を交わして
          野口卓海氏(美術批評/詩人)×小出麻代氏
    4/8(土)対談「うまれくる場所」をめぐって
          大槻晃実氏(芦屋市立美術博物館学芸員)×小出麻代氏
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                          明日香 光二/馬場 英明


      [No.10527] 【和歌山】田辺市立美術館/生誕110年記念 吉岡堅二展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/02/27(Mon) 23:52:27  

     田辺市立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=30&c=11では、現代の日本画家の回顧展が開催されています。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆生誕110年記念「吉岡堅二展」〜3/26(日)
        月曜休館(3/20は開館)・3/21(火)休館
        入館料金:大人600円 学生及び18歳未満は無料
     吉岡堅二(1906-1990)は日本画家吉岡華堂の次男だが、堅二は一時期彫刻家を目指すものの、1921(大正10)年、15歳のときに、華堂と親交のあった画家、野田九浦に入門して、父と同じ日本画の道を歩み始めた。日本画の伝統的な技法で20歳のときには帝展に初入選し、1930(昭和5)年の帝展では特選を受賞するが、この頃より西洋絵画の手法を取りこみ新しい感覚の日本画を発表して注目される。
     戦後間もなくに、山本丘人、上村松篁らとともに「創造美術」を旗揚げし、以後の「新制作協会日本画部」、「創画会」においても、現代的な日本画の表現を世に問う。1959(昭和34)年から東京藝術大学の教授に就任して後進の指導にあたり、法隆寺金堂壁画の模写にも関わる。多彩な活動で、1990(平成2)年に83歳で亡くなった吉岡堅二の芸術を、初期から晩年までの作品約40点によって振り返る。  《氷原》1940年
      《熱帯植物と蛾》1935年
      《濤》1939年
      《群鶏》1953年
      《黒鳥屏風》1978年  など

    展示解説会:3/4(土)午後2時〜 学芸員による

    記念講演会:3/18(土)午後2時〜 研修室にて、入館料のみ、手話通訳つき
    「吉岡堅二の軌跡」学芸員
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                          明日香 光二/馬場 英明


      [No.10526] 【和歌山】熊野古道なかへち美術館/戦後の日本画 見ました 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/02/27(Mon) 23:51:53  

     2/25(土)に、熊野古道歩きの途中に、熊野古道なかへち美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=30&c=10に立ち寄りました。ここでの企画展を紹介しておきます。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆館蔵品展「戦後の日本画」〜3/26(日)
        月曜休館(3/20は開館)・3/21(火)休館
        入館料金:大人250円 学生及び18歳未満は無料
     田辺市立美術館が収蔵する戦後間もなくの1948(昭和23)年に結成された「創造美術」と、それ以後の「新制作協会日本画部」、「創画会」において活躍し、日本画の現代化を進めてきた画家たちの作品。 「創造美術」を創立した画家の一人である、奥村厚一(1904−1974)の作品や、「創造美術」の活動に参加していった次の世代の画家たち、稗田一穂(1920−)、麻田鷹司(1928−1987)らの作品を特集して展示し、戦後に切り開かれた新しい日本画の表現を紹介。
        奥村厚一《北岬》1972
        麻田鷹司《那智E》1960
              《湖北》1966
        加山又造《黒い烏》1958
        稗田一穂《水影》1962 など

    3/11(土)午後2時より学芸員による展示説明会
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                           参考:館のチラシとホームページ

     一つの空間だけの展示室に配置されたたった12枚の絵画。こういう絵たちも「日本画」と言うんだ…と感じます。
     「日本画」って、庭や山野の花木に、伝統的な日本の鳥を配した「花鳥画」や、中国や日本の理想郷を描く「山水画」、を考えます。が、そうではない、あえて言えば異様な絵画が並びます。
     稗田一穂《からす》など、デザイン画のようだし、《ふさほろほろ鳥》など、こんなに優雅でない鳥を鮮やかな黄色バックに描くんだ。
     《春巡る熊野》は正統派な風景画と」見えるが、屏風《鷹の住む岬》はまるでスター・ウォーズに登場する異星の風景のように、幾何学的に切り立った岩場の図。《荒原》に描かれた岩場はまるでキュビスム。
     麻田鷹司《那智C》《那智E》は、モノクローム版画のように、シンプルに描いた那智の滝の図に、箔を入れて空を輝かせるか、水を輝かせるか、反転させてみる。…まるで、アンディ・ウォーホルの連作のよう。

     この2/25(土)にも学芸員の展示解説会があり、興味深く鑑賞させて頂きました。こうした戦後の日本画を開いたのは、既に戦前に活躍していた画家たち、例えば奥村厚一が戦後に、自信を無くしていた日本画の再興のために新しい試みを肯定したことで、戦後世代の画家たちが育っていったのだと。
     なお、「館蔵」「本館学芸員」とは田辺市立美術館のことで、市町村合併後、この熊野古道なかへち美術館は、田辺市立美術館の分館になっているからです。コレクションの共通化で、この館の展示の幅も広がっているように思います。そして、田辺市立美術館(本館)でも同じ学芸員の企画で、関連展が開催されているとのこと。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                          明日香 光二/馬場 英明


      [No.10523] 【京都】芸術センター/作家のいない展覧会 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/02/26(Sun) 23:18:23  

     四条烏丸の京都芸術センターhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=41では、学芸員が企画した現代美術の展覧会が開催されています。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆キュレータードラフト2017「スポンテイニアス・ビューティー −作家のいない展覧会−」〜3/26(日)
        会期中無休
        入館無料
     そのタイトルが示す通り、特定のアーティストによる作品展示を行わず、キュレーター(企画者)・笹原晃平が「京都」という街を7つのセクションからキュレーション(企画)する新しいタイプの現代美術の展覧会。
     「スポンテイニアス/spontaneous」とは、「なりゆき・自発的」という意味の英語で、「なりゆきの美しさ」街の中で忘れられてしまったもの、捨てられてしまったもの、無くなってしまったもの、消えていってしまったものの中に眠っている美しさに着目してキュレーションを行う。個人の内省や感情ではなく、地域やコミュニティといったより大きな集団から創出される類の美しさを個人的な意図や作家性を極力排除して構成し、一つの「展覧会」という形で見せる。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                          明日香 光二/馬場 英明


      [No.10518] 【三重】式年遷宮記念 神宮美術館/野―歌会始御題によせて― 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/02/24(Fri) 23:18:11  

     式年遷宮記念 神宮美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=24&c=12では、今年の歌会始に関わる美術展示を開催中です。 
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆特別展「野―歌会始御題によせて―」〜3/21(火)
       木曜休館(祝日の場合は、翌日休館)
       入館料金:大人500円、中学生以下100円

     毎年春の嘉例として、和歌を通じて皇室と国民を一つに結ぶ「歌会始」の御題によせた特別展を今回で22回目の開催。
     様々な観点から「野」を捉えた日本画・洋画・書・彫刻・工芸作品を展示し、やすらぎや心地よさを感じる。大家の作品と、新進気鋭の作家の作品など、あわせて約40点で、崇高な精神性と技の冴えをみる。
      児玉希望「枯野」
      富岡鉄斎「大原邨婦圖」
      中村光幸「Field」
      澹擁チ法嵬遏ラ
      奥山峰石「打込象嵌水指 野の花」  など

    講演会:3/11(土)午後1時より、神宮徴古館 別館2階 会議室にて、
    「野 〜私の制作風景より〜」澹擁チヒ 氏(日本藝術院会員) 
    学芸員の展示ガイド(毎週日曜日午後2時)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                          明日香 光二/馬場 英明


      [No.10497] 【北海道】札幌芸術の森/柿崎熙―森の奥底― 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/02/22(Wed) 21:25:06  

     真駒内からバスの札幌芸術の森美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=01&c=25で開催中の、現代美術展を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆札幌美術展「柿崎熙―森の奥底―」〜3/26(日)
         月曜休館(祝日の場合は翌日)
         入館料金:一般700円 高大生350円 小中生150円
              65歳以上560円(要年齢証明)
              障がい者手帳をお持ちの方と付添者1名無料 
     韓国の現代作家と交流した「水脈の肖像展」や、「北海道立体表現展」の中心メンバーとして北海道の現代美術をリードしてきた留萌市生まれの現代美術家・柿崎熙(1946-)

     さまざまなジャンルに積極的に挑戦していた柿海療承,箸覆辰燭里・「

     素材としての木(もく)の探求と、趣味のバードウォッチングで出合った自然の造形への関心から、「林縁から」と題する作品の制作を開始。壁や床にリズミカルに配置された、カツラの木を彫りだしアクリル絵の具で白く塗った、ふしぎなかたちをしたオブジェ。種子が風に舞うように配置された「林縁から」シリーズ。展示室で、森の奥底に誘いこまれてゆくような感覚を味わう。本展では、初期の平面、立体作品のほか、代表作である「林縁から」を中心に約60点を一堂に展示。

    ギャラリー・ツアー:学芸員による:2/25(土)3/4(土) 各回午後2時〜(40分程度)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                     参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


      [No.10484] 【東京】郷さくら美術館 東京 /第5回 郷さくら美術館 桜花賞展 投稿者:郷さくら美術館 東京  《URL》   投稿日:2017/02/21(Tue) 14:53:17  
    【東京】郷さくら美術館 東京 /第5回 郷さくら美術館 桜花賞展 (画像サイズ: 177×250 77kB)

    郷さくら美術館 東京では、2017年3月4日(土)より第5回 郷さくら美術館 桜花賞展を開催いたします。
    「郷さくら美術館 桜花賞」展は、「桜」を描いた現代日本画を多くの方々にご覧頂き、日本画の素晴らしさを再発見してもらうことを目的とした展覧会です。今回もこれからの活躍がますます期待される日本画家30名が、日本美術でおなじみの「桜」という大変難しいモチーフを相手に、それぞれの持ち昧を生かした個性的な素晴らしい桜の絵画に仕上げています。現代日本画家たちの個性を、豊かな桜花の美しさを、どうぞお楽しみください。※出品作家によるアーテイスト・トークの実施も予定しています。詳細につきましては、当館ホームページ内、「関連イベント」でご確認下さい。

    展覧会名:第5回 郷さくら美術館 桜花賞展/同時開催「桜百景vol.9」展
    開催期間:2017年3月4日(土)〜5月28日(日)
    休 館 日 :月曜日(但し3/20、4/3は開館)
    WEBサイト:https://exhibition.localinfo.jp
    開催場所:郷さくら美術館 東京 東京都目黒区上目黒1-7-13 電話:03-3496-1771
    料  金:一般500円/シニア(70歳以上)400円/大高生300円/中学生100円/小学生以下無料
         *障害者手帳をお持ちの方は該当料金の半額


      [No.10477] 【美術教室・総合】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/02/20(Mon) 20:58:45  

     ジャンルをこえた展覧会、普及的な展覧会、公募展などの春からの新しい展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて、訪問にご利用下さい。

    【北海道】
    釧路市立美術館
     ☆第64回「釧路郷土作家展」<書・写真部門>平成29年3/4(土)〜3/12(日)<終期訂正>
    網走市立美術館
     ☆「網走写生研修成果展」〜3/12(日)(札幌大谷大学 芸術学科 日本画専攻の学生)
    アートホール東洲館,☆市民ギャラリー 「深川西高美術部卒業記念展」3/16(木)〜3/31(金)
    美幌博物館・美幌農業館,☆企画展「平成28年度 冬季作品展」〜3/5(日)

    【山形】
    山形県郷土館「文翔館」
     ☆「水彩画展示」3/22(水)〜3/27(月)
     ☆「デイサービス言葉の翼文化祭」3/30(木)〜4/1(土)

    【茨城】
    笠間日動美術館,☆「絵画と着物で織り成す 日本 華やぎの情景」3/18(土)〜5/14(日)
    しもだて美術館,☆「春季所蔵品展」3/11(土)〜3/31(金)

    【埼玉】
    川口市立アートギャラリー・アトリア
     ☆企画展「アートで解明!空気の正体」3/11(土)〜5/14(日)

    【千葉】
    千葉市美術館,☆「CCMAコレクション いま/むかし うらがわ」8/5(土)〜8/27(日)

    【東京】
    上野の森美術館
     ☆第3回「うぶすな美術展」3/2(木)〜3/8(水)
     ☆第2回「実生会展」4/20(木)〜4/24(月)絵画
     ☆「明日をひらく絵画 第35回 上野の森美術館大賞展」4/26(水)〜5/8(月)
     ☆第34回「上野の森美術館大賞展 入賞者展」4/26(水)〜5/8(月)
    目黒雅叙園 百段階段
     ☆「福ねこ at 百段階段展〜和室で楽しむねこアート〜」4/26(水)〜5/14(日)
    長谷川町子美術館,☆収蔵コレクション展「春爛漫」2/25(土)〜4/9(日)
    渋谷区立松濤美術館,☆第35回「渋谷区小中学生絵画展」3/4(土)〜3/12(日)
    武蔵野市立吉祥寺美術館
     ☆第18回「山帰来展」3/2(木)〜3/7(火)
     ☆「アート吉祥寺展」3/9(木)〜3/14(火) 
     ☆25周年「グループ・ファインアート展」3/16(木)〜3/21(火) 
     ☆「武蔵野美術家協会展(武・美・協展)」3/23(木)〜3/28(火) 

    【神奈川】
    そごう美術館
     ☆「絵画の潮流展 明治から昭和の日本画と洋画 エール蔵王 島川記念館所蔵 秘蔵の名品」3/4(土)〜4/9(日)
    神奈川県民ホールギャラリー
     ☆「日本水彩画会 第84回 湘南支部展」3/6(月)〜3/12(日)   
     ☆第8回「芳の会 水彩画展」3/6(月)〜3/12(日)
     ☆第4回「公募かながわ水彩ビエンナーレ展」3/6(月)〜3/12(日)  
     ☆「グループZ展」3/14(火)〜3/19(日)絵画
     ☆第36回「県美展」3/20(月)〜3/26(日)  
     ☆「山口蓬春記念館 日本画・水彩画教室作品展」4/3(月)〜4/9(日)   
     ☆2017年 第40回「神奈美公募展」4/4(火)〜4/9(日)   
     ☆「福原真志 回顧展」4/10(月)〜4/16(日)絵画  
     ☆「桜雅会・のばらの会 新日本画展」4/24(月)〜4/30(日)
     ☆第31回「水の和会展」5/1(月)〜5/7(日) 絵画  
     ☆第9回「彩月会水彩画展」5/1(月)〜5/7(日)
    岩崎博物館(ゲーテ座記念),☆「デッサンの楽しさを探る絵画展」3/8(水)〜3/12(日)
    横浜市民ギャラリー
     ☆第12回「アトリエ・ポルト展」4/4(火)〜4/10(月) 油彩、アクリル
     ☆第49回「主体美術神奈川作家展」4/4(火)〜4/10(月)
     ☆第39回「浜美術連盟 絵画展」4/11(火)〜4/16(日)
     ☆2017「春季JAG展」4/11(火)〜4/16(日)絵画
     ☆第41回「光彩会展」4/18(火)〜4/24(月)
     ☆第34回「現代かながわ美術展」4/18(火)〜4/24(月)
     ☆「点の解展」4/18(火)〜4/24(月)平面作品を主体に、立体作品、インスタレーション
     ☆第59回「二科神奈川支部展」4/26(水)〜5/1(月)

    【新潟】
    新潟県立歴史博物館
     ☆春季企画展「猫と人の200(にゃ〜)年―アートになった猫たち―」4/15(土)〜6/4(日)
    池田記念美術館,☆冬季特別展示「錯覚展−不可能立体の不条理世界−」〜3/27(月)<期間延長>

    【富山】
    松村外次郎記念 庄川美術館,☆「水きらら・人・花 展」〜3/20(月・祝)

    【石川】
    海と渚の博物館,☆うみっこ企画展「うみっこ工作教室活動展」3/11(土)〜3/31(金)

    【山梨】
    西湖いやしの里根場
     ☆匠や企画展「初春のしつらい展 陶芸;佐々木好正 硝子;斎藤ゆう 金工;斎藤美樹」〜3/8(水)
     ☆見晴らし屋 企画展第5回「絵手紙交流展」〜3/23(木)

    【長野】
    サンリツ服部美術館
     ☆服部一郎コレクション 近現代絵画展「静物―花開く表現」3/17(金)〜9/18(月・祝)

    諏訪市美術館
     ☆収蔵作品展「光の表現−日本画、洋画、工芸から−」
      同時開催 平成27年度「新収蔵作品展、修復完了作品展」〜4/23(日)
    東御市梅野記念絵画館・ふれあい館
     ☆市民ギャラリー 第3回「燦々会」3/2(木)〜 3/14(火)
     ☆市民ギャラリー「みまき絵画会」3/16(木)〜3/29(水)

    【愛知】
    碧南市藤井達吉現代美術館,☆第5回「碧南市民アンデパンダン展」3/14(火)〜3/26(日)
    メナード美術館,☆所蔵企画展「花 Beautiful Flowers」4/27(木)〜7/9(日)
    清須市はるひ美術館
     ☆清須市文化協会「清洲絵画クラブ展 第45回春彩の会」2/28(火)〜3/5(日)
     ☆清須市文化協会第12回水彩画クラブ「夢の森作品展」3/7(火)〜3/12(日)
     ☆清須市文化協会 第11回「春日絵画クラブ作品展」 3/21(火)〜3/26(日)
     ☆第1回「いきいき悠々趣味展」3/28(火)〜4/2(日)

    【滋賀】
    ボーダレス・アートミュージアムNO-MA
     ☆キュレーター公募企画展「大いなる日常」〜3/20(月・祝)

    【京都】
    京都芸術センター
     ☆キュレーターズドラフト2017「スポンテイニアス・ビューティー −作家のいない展覧会−」〜3/26(日)
    京都鉄道博物館,☆「鉄道ワンダートリックアート展」〜4/16(日)

    【大阪】
    海岸通ギャラリーCASO
     ☆「“22Hands”ー神戸大学発達科学部 人間表現学科 絵画表現ゼミ展ー」3/14(火)〜3/19(日)
    大阪芸術大学スカイキャンパス
     ☆平成28年度「大阪芸術大学グループ卒業制作選抜展」2/24(金)〜3/5(日)

    【兵庫】
    三木美術館,☆企画展「ふるさとゆかりの美術展」2/22(水)〜5/21(日)
    あまらぶアートラボ A-Lab.
     ☆A-Lab Exhibition Vol.7「小出麻代 うまれくるもの」3/10(金)〜4/9(日)
    明石市立文化博物館
     ☆明石文化芸術創生財団MERIDIAN美術展「明石三人展−次世代を担う新鋭たち−
      中井公美  プーヤ 健 クリストファー  名司生」3/14(火)〜3/20(月・祝)
    西宮市大谷記念美術館
     ☆「コレクションでたどる美の系譜」10/7(土)〜11/26(日) 
     ☆「新収蔵品展」平成30年3/3(土)〜3/25(日) 
    芦屋市谷崎潤一郎記念館
     ☆「白磁上絵付け講座&“ほっこり”書で遊ぶ講座 作品展」3/1(水)〜3/5(日)   
     ☆「しあわせを呼ぶ絵手紙講座 作品展」3/8(水)〜3/12(日)
     ☆「スケッチ講座 作品展」3/15(水)〜3/20(月・祝)  

    【和歌山】
    和歌山県立近代美術館
     ☆コレクション展2017-春 特集「群像ー交錯する声」〜5/7(日)<終期確定>
     ☆コレクション展2017-春「わかやまの名品選」〜5/7(日)

    【鳥取】
    倉吉博物館・倉吉歴史民俗資料館,☆第40回記念「倉吉市創作文華展」3/5(日)〜3/12(日)

    【島根】
    しまね海洋館「アクアス」,☆「第15回ハガキに描こうアクアスの海」作品展示〜4/9(日)

    【岡山】
    倉敷市立美術館,☆「イメージの森へようこそ 素材はいろいろ・形もいろいろ」〜3/5(日)

    【広島】
    尾道市立美術館,☆特別展「招き猫亭コレクション 猫まみれ展」3/18(土)〜5/7(日)

    【徳島】
    相生森林美術館,☆「絵と写真で見る 那賀の情景展」3/4(土)〜4/16(日)

    【愛媛】
    今治市朝倉ふるさと美術古墳館,☆第25回「今治地域交流展」〜3/12(日)

    【巧緻】
    いの町紙の博物館(土佐和紙伝統産業会館)
     ☆第10回「全国土佐和紙はがき絵展」3/1(水)〜3/31(金)

    【長崎】
    長崎市科学館
     ☆春の特別展「服部正志の衝撃!3DアートIII〜魔法の絵画展〜」3/18(土)〜5/7(日)
    長崎県美術館,☆「アートたけし展」3/10(金)〜4/16(日)
    佐世保市博物館島瀬美術センター,☆「させぼ美術現代展2017」2/24(金)〜3/5(日)

    【熊本】
    熊本市現代美術館
     ☆CAMKコレクションvol.5「知っとるね? くまもとのお宝、大公開てばい!」〜3/26(日)
    芦北町立星野富弘美術館,☆「星野富弘と第10回詩画公募展入賞作品展」〜5/7(日)

    【鹿児島】
    三宅美術館,☆「山を描く〜絵画および焼物展〜」〜4/17(月)

    【沖縄】
    那覇市民ギャラリー
     ☆第25回「あけもどろ総合文化祭 美術工芸・写真合同展」2/28(火)〜3/5(日)
     ☆第25回「あけもどろ総合文化祭 書道・生活美術合同展」3/7(火)〜3/12(日)
     ☆第13回「水彩画フェリス展」3/14(火)〜3/19(日)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.10476] 【現代美術】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/02/20(Mon) 20:49:12  

     映像や自由な造形など現代美術の、春からの新しい展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて、訪問にご利用下さい。

    【北海道】
    札幌宮の森美術館,☆企画展「クリストとジャンヌ=クロード展」3/8(水)〜4/2(日)<会期延長>

    【埼玉】
    さいたま市プラザノース,☆「中谷ミチコ展 私は一日歌をうたう。」〜3/6(月)

    【千葉】
    千葉市美術館
     ☆「色で楽しむ現代美術」4/5(水)〜5/28(日)
     ☆「小沢剛展(仮称)」平成30年1/6(土)〜2/25(日)
    市原湖畔美術館,☆「カールステン・ニコライ:Parallax パララックス」3/18(土)〜5/14(日)

    【東京】
    ポーラミュージアムアネックス
     ☆「ポーラ ミュージアム アネックス展2017−感受と創発−」3/3(金)〜3/26(日)
     ☆「ポーラ ミュージアム アネックス展2017−繊細と躍動−」 3/31(金)〜4/23(日)(4/17(月) 休館)
    岡本太郎記念館,☆企画展「TARO賞20年/20人の鬼子たち」3/12(日)〜6/18(日)
    東京オペラシティーアートギャラリー
     ☆「片山正通的百科全書 Life is hard... Let's go shopping.」
       収蔵品展058「ブラック&ホワイト ─ 色いろいろ」
       project N 67「田中 彰」4/8(土)〜6/25(日)
     ☆収蔵品展059「やさしさの気配 Part II(仮題)」
       project N 68「森 洋史」7/8(土)〜9/3(日)
    上野の森美術館
     ☆VOCA展2017「現代美術の展望ー新しい平面の作家たち」3/11(土)〜3/30(木)
    トーキョーワンダーサイト渋谷,☆「ワンダーシード2017」2/25(土)〜3/26(日)

    【神奈川】
    岩崎博物館(ゲーテ座記念)
     ☆第398回企画展「“KAWAII WORLD”―スウェーデンのポップアーティスト、
        マヌエラ・ヴィンティレスキュによる―」4/12(水)〜4/23(日)
    横浜市民ギャラリーあざみ野
     ☆Fellow Art Gallery vol.25山田あこ「ちいさな波展」〜4/16(日)

    【富山】
    西田美術館,☆ART BOX 152 −第9回展−「川越ゆりえ 弱虫博物詩」〜3/11(土)<タイトル追加>

    【山梨】
    中村キース・ヘリング美術館
     ☆開館10周年記念展「キース・ヘリングと日本:Pop to Neo-Japonism」〜平成30年1/8(月)

    【岐阜】
    大垣市スイトピアセンター
     ☆「ミズマクおおがき2017〜大垣の新進美術家たち〜
       稲川江梨・近藤洋平・ヨコヤマ茂未」3/4(土)〜4/9(日)
    みのかも文化の森美濃加茂市民ミュージアム
     ☆現代美術レジデンスプログラム「静かなる森の要請 篠原芳子展」〜3/20(月・祝)

    【愛知】
    豊田市美術館,☆「浅野弥衛 コレクションを中心に」〜4/2(日)

    【京都】
    京都市立芸術大学ギャラリーアクア
     ☆2016年度申請展 西條茜+嶋春香「rhizome」〜3/5(日)
     ☆京都市立芸術大学美術学部同窓会展「1980年代再考のためのアーカイバル・プラクティス」〜3/5(日)

    【広島】
    広島市現代美術館,☆特別展「殿敷侃:逆流の生まれるところ」3/18(土)〜5/21(日)
    ふくやま美術館,☆冬季所蔵品展「森村泰昌 −こうして少年は美術家となった−」〜4/2(日)

    【福岡】
    福岡アジア美術館,☆「アニッシュ・カプーアとインドのカタチ」〜5/9(火)
    三菱地所アルティアム,☆「クエイ兄弟 ―ファントム・ミュージアム―」3/25(土)〜5/7(日)

    【熊本】
    つなぎ美術館,☆収蔵品展「境野一之展 抽象世界へのいざない’17」3/4(土)〜4/16(日)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       明日香 光二/馬場 英明


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 暗証キー

    - Web Forum -
    - Antispam Version -