ほっとミュージアム 談話室
[ホームへもどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 発言サイズは画像も含めて130KBまで、URLは20個までです。
  • その他[留意事項]を良くお読みの上ご利用ください
  • 新規紹介用 でワード検索すると、フォーマット発言が開きます

  •   [No.11503] 【日本洋画】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/01(Fri) 00:17:58  

     日本人作家の洋画の新しい展示を紹介します。ほっとミュージアムに紹介済みのものに加えて訪問にご利用ください。

    【北海道】
    釧路湿原美術館,☆企画展「絵と文 挿絵の原画展」〜3/31(日)
    紋別市立博物館,☆特別展「流氷画家 村瀬真治 大回顧展」〜2/24(日)

    【東京】
    東京ステーションギャラリー
     ☆没後90年記念「岸田劉生展」8/31(土)〜10/20(日)
     ☆「坂田一男展(仮称)」12/7(土)〜2020年1/26(日)抽象画

    【神奈川】
    横須賀美術館,☆平成30年度第4期所蔵品展 特集「知られざる詩情の画家 三木弘」〜4/14(日)
    相模原市民ギャラリー,☆第6回「サム・ヤマモト水彩画個展 木々の光と影と命」2/8(金)〜2/11(月・祝)
    町立湯河原美術館,☆収蔵品小企画展「矢部友衛人物画展」〜3/25(月)

    【新潟】
    今泉記念館,☆「藤田嗣治とフランスに魅了された画家たち」 〜2/24(日)
    トミオカホワイト美術館,☆富岡惣一郎「雪国」〜3/17(日)

    【山梨】
    河口湖ミューズ館・与勇輝館,☆「堀木勝富展」 〜3/13(水)洋画

    【長野】
    田淵行男記念館,☆「丸山晩霞 水彩画展」〜2/24(日)

    【静岡】
    ベルナールビュフェ美術館,☆「ベルナール・ビュフェ再考 代表作から見るビュフェの半世紀」〜2019年4月

    【滋賀】
    佐川美術館,☆「木梨憲武展 Timing−瞬間の光り−」4/6(土)〜5/19(日)

    【大阪】
    阪急うめだギャラリー,☆画業25周年・芸能生活45周年記念「片岡鶴太郎展 顔 -faces-」2/16(土)〜3/4(月)
    サクラアートミュージアム
     ☆企画展1「クレパス画コレクション展」〜2/16(金)
     ☆企画展2「創業者佐武林蔵とクレパス誕生」3/19(月)〜4/20(金)
     ☆特別企画「田伏勉 クレパス画展」5/21(月)〜6/9(土)
     ☆企画展3「山本鼎と美術教育」9/10(月)〜10/12(金)
     ☆企画展4「中村善策とクレパス画の描き方」11/12(月)〜12/14(金)

    【兵庫】
    神戸ゆかりの美術館
     ☆「神戸ゆかりの芸術家たち 素描コレクション展2
     特集:小松益喜の中国・ロシア風景」〜4/7(日)

    【鳥取】
    米子市美術館,☆特別企画展「金畑実とゆかりの作家たち」2/16(土)〜3/17(日)

    【熊本】
    芦北町立星野富弘美術館
     ☆「この道を行こう」
      同時開催「冬の展示」〜3/10(日)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                      明日香 光二/馬場 英明


      [No.11502] 【洋画】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/01(Fri) 00:14:15  

     外国絵画の新しい展示を紹介します。ほっとミュージアムに紹介済みのものに加えて訪問にご利用ください。

    【東京】
    三菱一号館美術館,☆ラスキン生誕200年記念「ラファエル前派の軌跡展」3/14(木)〜6/9(日)

    【神奈川】
    ポーラ美術館
     ☆ポーラ美術館×ひろしま美術館 共同企画
     「印象派、記憶への旅」3/23(土)〜7/28(日)

    【大阪】
    山王美術館,☆10周年記念展「コレクションでつづるフランス近代名画展」3/1(金)〜7/31(水)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                      明日香 光二/馬場 英明


      [No.11501] 【兵庫】伊丹市立美術館/カリカチュールがやってきた! 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/01/29(Tue) 00:55:58  

     みやのまえ文化の郷の伊丹市立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=83では、フランスの諷刺画の展示を開催中です。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆collection2「カリカチュールがやってきた!19世紀最高峰の諷刺雑誌」〜2/24(日)
        月曜休館(祝日の場合は翌日)
        入館料金:一般500円 高大生250円 小中生100円
     1830年にパリで画期的な絵入諷刺雑誌「カリカチュール」が創刊され、言論弾圧を発端に起こった七月革命の空気のなか諷刺画家であったフィリポン(1800-62)が主宰となり、自由と平等の精神のもと、七月王政に対し痛烈な批判を繰り広げる。
    「カリカチュール」誌は、ヴィジュアルを重視した出版物の先駆けでもあり、新しい版画技法であるリトグラフをいち早く取り入れるとともに、若手画家を積極的に起用し、質の高い諷刺画を毎号掲載。強力な訴求力を発揮する同誌で、とりわけ時の王ルイ・フィリップの下膨れの顔を洋梨に見立てた姿は、王のアイコンとして圧倒的人気を博した。
     本展では筆頭画家として活躍したグランヴィル(1803-47)はじめ、後半に痛烈な表現で同誌を牽引したドーミエ(1808-79)など創意に富んだ「カリカチュール」誌の主要な諷刺画を紹介し、夢想的な挿絵画家へと転身し、後のシュルレアリスムに大きな影響を与えたグランヴィルの後半生にも注目。
      J.J.グランヴィル《動物界・博物学の部屋 3》カリカチュール第133号(1833年5月23日)
               『生命を与えられた花々』扉絵 1847年刊
      作家不詳《豪勢な鼻のオベリスク》カリカチュール第149号(1833年9月12日)
      シャルル・フィリポン《民衆の紋章、中道の紋章》カリカチュール第30号(1831年5月26日)
      オノレ・ドーミエ《1831年の仮面の数々》カリカチュール第71号(1832年3月8日)など

    ギャラリー・トーク:1/26(土)午後2時〜 (約30分)

    不思議な”キッチン・リトグラフ”
     衣川泰典氏(美術家)
     2/9(土)午後2〜3時、美術館1F講座室
     小学生以上対象(小学3年生以下は保護者同伴)定員20名
     参加費1000 円(観覧料込)電話または館サイトの申込フォームより申込み
     締切2/3(日)* 応募者多数の場合は抽選
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11500] 【京都】国立近代美術館/世紀末ウィーンのグラフィック 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/01/29(Tue) 00:55:13  

     岡崎公園の京都国立近代美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=20で開催中の展示を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「世紀末ウィーンのグラフィック デザインそして生活の刷新にむけて」〜2/24(日)
         月曜休館(祝日の場合は翌日)
         午前9時30分〜午後5時(金、土は8時まで、入館は閉館の30分前まで)
         入館料金:一般1000円 大学生500円
           夜間料金:夜間開館時の5時以降、一般800円 大学生400円)
           高校生・18歳未満は無料、心身に障がいのある方と付添者1名は無料(要証明)
    2/24(日)は天皇陛下御在位30年を記念して無料
     2015年にアパレル会社の創業者、平明暘氏が蒐集した世紀末ウィーンのグラフィック作品コレクションを収蔵した。1897年の分離派結成から1914年の第一次世界大戦勃発までのウィーンでは、グスタフ・クリムトやヨーゼフ・ホフマンらを中心に、新しい時代にふさわしい芸術そしてデザインのあり方が模索され、数多くの素晴らしい成果が生まれた。印刷技術の発達や雑誌メディアの隆盛を背景に、新しい芸術の動向を人々に伝え、社会に浸透させる重要な役割を担ったグラフィック作品。
     本展では、コレクションの全貌を紹介し、同じく平明氏旧蔵のリヒャルト・ルクシュによる石膏彫像と貴重なアドルフ・ロースの家具一式をも加え、世紀末ウィーンの息吹と魅力を伝える。
      ヘルマン・バール(著)/ヨーゼフ・マリア・オルプリヒ(表紙デザイン・挿画) 『分離派』1900年
      キャバレー〈フレーダーマウス〉 上演本第1号、表紙・装丁:カール・オットー・チェシュカ、1907年など

    ギャラリーツアー:1/25(金)、2/8日(金)、2/15(金)午後5時より1時間程度
     本橋仁氏(特定研究員)先着20名 
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11499] 【大阪】逸翁美術館/西洋ちょこっとアンティーク 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/01/29(Tue) 00:54:24  

     池田市の逸翁美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=86で開催中の展示を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆2019展示I「西洋ちょこっとアンティーク―1935年、小林一三の欧米旅行記から」〜3/31(日)
       月曜休館(祝日の場合は翌日)2/25(月)〜3/1(金)は展示替えのため休館
       入館料金:一般 700円 高大生・65歳以上 500円 中学生以下無料

     1910年代、箕面有馬電気軌道(阪急宝塚線)を開業し、宝塚少女歌劇(宝塚歌劇)の公演を始め、宝塚ホテル・阪急百貨店を開き、洋風の生活スタイルを関西にも広めた小林一三。そんな「昭和モダン」の真っ只中、1935年一三は初めて欧米へと外遊し、各国の美術館・博物館を訪れ、また各地で陶磁やガラスの器、扇や手箱などの装飾品に至るまで、多岐にわたる美術工芸品を買い入れた。アール・デコなど同時代のモダンな製品よりも、むしろ歴史や伝統を感じさせるアンティークといえる品物に関心を抱く。本展では、日々の旅行記とともに、外遊記念として持ち帰った品々を展示し、当時、小林一三が抱いていた西洋文化に対する想いをたどる。
      田園風景図 キャンバス、油彩 フランドル、18世紀
      藍絵文字文(IHS)花入 デルフト(オランダ)、19世紀
      色絵人物花果貼付飾壺 ポットシャペル(ドイツ)、19世紀
      色絵金彩人物文内金泥ティーカップ 6客 ロシア
      銀製花車形砂糖入 イギリス、19世紀
      ガラスモール飾煙草箱 フランス など

    研究発表と座談会:3/3(日)(10時30分開場)午前11時〜午後5時、マグノリアホールにて、定員120名
    「1930年代における日本と西洋との美術交流」
     展観説明「小林一三、1935年〜1936年の欧米旅行について」仙海義之氏(館長)
     基調講演「世界大戦のはざまで、1920〜30年代の美術動向と日本」
         岡 泰正氏(神戸市立小磯記念美術館・神戸ゆかりの美術館 館長)
     研究発表「1920〜30年代に渡仏した日本人画家たちの動向 ―荻須高徳を中心に―」
         河合志穂氏(稲沢市荻須記念美術館 学芸員)
     研究発表「美術と産業の境界線 ―近代日本陶磁器における欧州の役割―」前崎伸也氏(京都女子大学 准教授)
         座談会(講演者等による意見の交換)

    ギャラリートーク:2/9(土)・3/23(土)午後2時より 担当学芸員による展示解説
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11498] 【福岡】九州国立博物館/京都・醍醐寺 ―真言密教の宇宙―[1/29(火)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/01/28(Mon) 23:41:24  

     大宰府の九州国立博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=40&c=68では、1/29(火)から京都・醍醐寺の展示が始まります。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆特別展「京都・醍醐寺 ―真言密教の宇宙―」1/29(火)〜3/24(日)
       月曜休館(祝日の場合は翌日
       午前9時30分〜午後5時(金・土は8時、入館は閉館30分前まで)
       入館料金:一般1600円 高大生1000円 小中生 600円
             夜間割引料金:一般1400円 高大生 800円 小中生 400円(金土の5時から)
     天智天皇の流れを汲む聖宝(832〜909)が、東大寺で諸宗を学び、醍醐味の水が湧き出るという笠取山を見出し、草庵を結び、准胝・如意輪の両観音菩薩像を安置したのが醍醐寺の始まり。醍醐天皇をはじめ歴代天皇の帰依を受け、加持祈祷や修法(儀式)などの実践を重視しその効験によって多くの天皇や貴族たちの心をとらえた。真言密教の小野流の根本道場と位置付けられた醍醐寺には、修法の本尊として欠かすことのできない彫刻や絵画、修法に用いる仏具、修法の記録や聖教が蓄積された。
     そして十四代座主の勝覚(1057〜1129)が創建した醍醐寺三宝院を拠点とする三宝院流は、同院の院主は醍醐寺座主を兼ねることも多く、彼らが座主として時の権力者から帰依を受け、寺は繁栄を遂げた。法脈の相承と繁栄の歴史を、文書や書跡からひもとく。
    国宝32件、重文49件を含む、計104件を一挙公開。
       聖宝坐像 吉野右京種久 江戸時代 延宝二年(1674)
       国宝 薬師如来および両脇侍像 平安時代 10世紀
       国宝 大日経開題 空海筆 平安時代 9世紀 〈展示期間〉1/29〜2/24
       国宝 五大尊像 鎌倉時代 12〜13世紀 〈展示期間〉1/29〜2/24
       重要文化財 不動明王坐像 快慶作 鎌倉時代 建仁三年(1203)
       重要文化財 金銅五鈷鈴 鎌倉時代 13世紀
       重要文化財 太元帥明王像 鎌倉時代 14世紀 〈展示期間〉2/26〜3/24
       国宝 三国祖師影  鎌倉時代 14世紀 〈展示期間〉1/29〜2/24
       国宝 天長印信 後醍醐天皇筆 南北朝時代 延元四年(1339) 〈展示期間〉1/29〜2/17
       重要文化財 理趣経 足利尊氏筆 南北朝時代 延文二年(1357) 〈展示期間〉2/26〜3/24
       義演像 江戸時代 17世紀 〈展示期間〉1/29〜2/24
       豊臣秀吉像 江戸時代 18世紀
       金天目および金天目台 安土桃山時代 16世紀 秀吉愛用の金の茶椀
       重要文化財 醍醐花見短冊 安土桃山時代 慶長三年(1598) など

    リレー講座:2/9(土)1階ミュージアムホールにて、午後1時30分〜3時、定員280名 申込不要・無料 
    「醍醐寺展をより楽しむための醍醐味講座」
    (1) 「じっくり味わう醍醐寺の仏画」森實久美子氏(主任研究員)
    (2)「ホットでクールな醍醐寺の彫刻」楠井隆志氏(展示課長)

    トークショー:2/16(土)1階ミュージアムホール にて午後1時〜40分(12時30分開場) 定員280名 申込不要・無料 
    「ニッポンの力」 五郎丸歩氏(ラグビー選手/ヤマハ発動機ジュビロ所属)
              BUTCH氏(ラジオDJ/FM福岡ラジオパーソナリティ)
              森實久美子氏(主任研究員/特別展担当)
           五郎丸歩氏のサイン色紙をプレゼント(先着50枚)トークショー終了後
            (参加券は当日10時からミュージアムホール前で一人1枚配布)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ


      [No.11497] 【愛媛】総合科学博物館/周期表発見150周年 投稿者:   投稿日:2019/01/24(Thu) 21:24:09  

    こんにちは

     今年は国際周期表年(IYPT)なので、どこかの科学館で関連企画展をやらないかと思っているのですが、日本化学会公式サイトに出ているのは今のところ次の1つだけです。

    周期表発見150周年 元素のマトリクス〜星々から生命への贈り物
     愛媛県立総合科学博物館 2/23〜4/7

     愛媛は小川正孝の出身地というのが関連しているようです。多くの人は聞いたことのない人だと思いますが、1908年にまだ発見されていなかった43番元素を発見したと発表し「ニッポニウム」と命名した人です。これそのものは間違いでしたが、後から小川正孝の発見したのは実は43番元素ではなく75番元素であったとわかっています。


      [No.11493] 【大阪】中之島香雪美術館/物語とうたにあそぶ 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/01/07(Mon) 21:30:43  

     大阪市の中之島香雪美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=44で行われている特別展を開催中です。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆中之島香雪美術館 開館記念展
    「珠玉の村山コレクション〜愛し、守り、伝えた〜 V 物語とうたにあそぶ」〜2/11(月・祝)
       月曜休館(祝日の場合は翌火曜日)
       入館料金 一般 900円 高大生500円、小中生200円
     開館記念展の最後は「物語」と「うた」で、村山龍平の収集美術品には、それらが描かれた「やまと絵」も彩りを添えている。龍平は、中世から近代までのやまと絵を丁寧に収集し、明治42年(1909)には、京都帝室博物館でやまと絵を大きく取り上げた「大和絵特別陳列」に所蔵品を3点出品するなど、研究や普及に積極的な姿勢も見られる。明治32年(1899)の『國華』に掲載されて以来の紹介となる「伊勢物語図色紙」や、初公開の「源氏系図」、我々もよく知る浦島物語の絵巻など、村山コレクションの一面を見る。
     池田孤村「赤染衛門百人一首歌意図」(江戸時代、19世紀)
    「小倉百人一首歌かるた」(江戸時代、19世紀)

    「伊勢物語図色紙−第五段 関守」(室町時代、15世紀) 前期:〜1/14
    「伊勢物語図色紙−第二十三段 筒井筒」(室町時代、15世紀) 前期:〜1/14
     岩佐又兵衛「堀江物語絵巻 上巻」(江戸時代、17世紀) 前期:〜1/14

    「伊勢物語図色紙−第四十九段 若草の妹」(室町時代、15世紀) 後期:1/16〜2/11
     岩佐又兵衛「堀江物語絵巻 下巻」(江戸時代、17世紀) 後期:1/16〜2/11

    ギャラリートーク(学芸員による解説):1/20(日) 午後3時30分から1時間程度
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11492] 【東京】石神井公園ふるさと文化館分室/練馬区ゆかりの漫画家[1/12(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/01/06(Sun) 22:38:43  

     練馬区立石神井公園ふるさと文化館分室http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=262で、1/12(土)から開催される展示を紹介します。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆分室 企画展「練馬区ゆかりの漫画家ー1970年を中心に」1/12(土)〜3/30(土)
        月曜休館(祝日の場合は翌日)
        入館無料
     若者文化のエネルギーが強かった1970年前後、練馬区で活躍した漫画家を紹介。手塚治虫が創刊した漫画雑誌月刊「COM」には『火の鳥』が連載され、ライバル誌「ガロ」には白土三平『カムイ伝』が連載された。「週刊少年マガジン」には高森朝雄原作、ちばてつや漫画による『あしたのジョー』、そしてモンキー・パンチの『ルパン三世』。
     練馬区東大泉のアパートに竹宮恵子が転居して少女漫画家が集って「大泉サロン」と呼ばれたり、吉沢やすみの『ど根性ガエル』の連載が始まったのも1970年、この熱気に満ちた1970年前後の時代を振り返る。

    展示解説:学芸員・サポーターによる:1/19(土)2/16(土)3/24(日)午後2時〜45分
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11491] 【京都】龍谷大学 龍谷ミュージアム/仏教美術のいきものがたり[1/9(水)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/01/06(Sun) 22:37:48  

     西本願寺前の龍谷大学 龍谷ミュージアム
    http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=79で1/9(水)から開催される仏教美術の展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆シリーズ展3仏教の思想と文化−インドから日本へ−
     特集展示「仏教美術のいきものがたり」2019年1/9(水)〜2/11(月・祝)2/16(土)〜3/14(日)
           月曜休館(1/14と2/11は開館)1/17(木)休館
           入館料金:一般500円 65歳以上・大学生400円 高校生300円
                中学生以下、障がい者手帳等の交付を受けている方と介護者1名は無料
     今回の特集展示では、“仏教説話に登場する鳥獣”や“ほとけや神が従える鳥獣”、そして“仏教建築に表される鳥獣”を取り上げ、ほとけや神々に寄り添ういきものたちに注目する。また、特別陳列として日本画家・野生司香雪(のうす こうせつ/1885〜1973)による連作絵画「釈尊絵伝」を展示します。画伯は1917年アジャンター石窟壁画の模写事業に参画、後の1936年にはインド初転法輪寺に釈尊一代記の大壁画を完成させた。
       春日鹿曼荼羅 室町時代(1/9〜2/11展示)
       孔雀明王像 室町時代(2/16〜3/24展示)
       普賢菩薩騎象像 室町時代(2/16〜3/24展示)など

    スペシャルトーク:講義室にて、学芸員による、半券可、事前申込不要
     1/26(土)3/9(土)午後1時30分〜2時15分
    ギャラリートーク:展示室にて、学芸員による、事前申込不要
     1/19(土)2/23(土)午後1時30分〜2時15分

    ワークショップ「いきもの」のポストカードを作ろう:要事前申込、無料
     1/27(日)2/17(日)3/3(日)【午前の部】10時30分〜11時 【午後の部】2時〜30分
     未就学児〜小学校低学年対象、要保護者付添い、8組
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 暗証キー

    - Web Forum -
    - Antispam Version -