ほっとミュージアム 談話室
[ホームへもどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 発言サイズは画像も含めて130KBまで、URLは20個までです。
  • その他[留意事項]を良くお読みの上ご利用ください
  • 新規紹介用 でワード検索すると、フォーマット発言が開きます

  •   [No.11917] 【東京】都美術館/コートールド美術館展[9/10(火)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/09/09(Mon) 23:09:59  

     上野公園の東京都美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=129
    で明日9/10(火)から開催される印象派の展覧会を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆特別展「コートールド美術館展 魅惑の印象派」9/10(火)〜12/15(日)
         月曜休室(祝日の場合は翌日)
         午前9時30分〜午後5時30分(金曜と11/2(土)は8時まで、入室は閉室の30分前まで)
         入館料金:一般1600円 大学・専門学校生1300円 高校生 800円 65歳以上1000円
              中学生以下は無料
            身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳
              をお持ちの方と付添者1名は無料(要証明)
     ロンドンのコートールド美術館のコレクションから、印象派・ポスト印象派の作品を紹介します。実業家サミュエル・コートールドが収集したコレクションを核にロンドン大学に1932年にコートールド美術研究所が設立され、同所の展示施設として設置。本展覧会では、その研究機関としての側面にも注目し、美術史研究や、科学調査の成果を取り入れ、作品を読み解く。
     マネ、最晩年の傑作《フォリー=ベルジェールのバー》やルノワールの《桟敷席》やセザンヌ《カード遊びをする人々》ゴーガン《テ・レリオア》など選りすぐりの絵画・彫刻約60点を展示。
      フィンセント・ファン・ゴッホ《花咲く桃の木々》1889年
      アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック《ジャヌ・アヴリル、ムーラン・ルージュの入口にて》1892年頃
      ポール・セザンヌ《大きな松のあるサント=ヴィクトワール山》1887年頃
      ポール・ゴーガン《ネヴァーモア》1897年
      クロード・モネ《アンティーブ》1888年  など

    記念講演会:美術館 講堂(交流棟 ロビー階/定員225名)にて、午後2〜3時30分(開場1時30分)
          入館券のみ、当日1時より講堂前で整理券を配布し、定員になり次第、受付を終了
    9/10(火)「サミュエル・コートールド:そのコレクションとビジョン」
        エルンスト・ヴェーゲリン氏(コートールド美術館 館長)
    11/4(月・振)「マネの《フォリー=ベルジェールのバー》はなぜ傑作なのか」三浦篤氏(東京大学 教授)
    11/30(土)「セザンヌの思想と芸術」永井隆則氏(京都工芸繊維大学 准教授)

    イブニング・レクチャー:大橋菜都子氏(本展担当学芸員)
    10/4(金)11/1(金)午後6時30分〜7時、美術館 講堂にて(交流棟 ロビー階/定員225名)
          入館券のみ、開始時間の20分前より講堂前で整理券を配布し、定員になり次第、受付を終了
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11916] 【大阪】芸術大学博物館/衣と生活―ナニヌノ展[9/9(月)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/09/08(Sun) 23:45:01  

     河南町の大阪芸術大学博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=175で、9/9(月)から開催される作品展を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆工芸学科テキスタイル・染織コース作品展×大阪芸術大学所蔵品展 「衣と生活―ナニヌノ展」9/9(月)〜9/27(金)
       日祝日休館
       午前11時〜午後6時
       大阪芸術大学 回廊ギャラリー、展示ホール(芸術情報センター1階) にて
     繊維に関するさまざまな技法を学び、 習得した技術を用いて作品づくりに取り組んでいるテキスタイル・染織コースの学生たちが毎年開催している作品展。
     回廊ギャラリーでは、型染め、ろう染め、織りなどの多彩な技法を用いた作品を、そして会期後半の9月19日(木)からは展示ホールでオリジナリティあふれる自由な作品を、 さらにそれらの、 学生たちが学びの中で生み出した作品だけではなく、大学が所蔵する19世紀の織物など歴史的な資料もあわせて紹介。
      工芸学科テキスタイル・染織コース学生の作品 約50点
      19世紀の織物見本帳など、大阪芸術大学所蔵の染織資料 約10点
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11914] 【全国】鉄道関係企画展 19年09月以降 その2 投稿者:かずや  投稿日:2019/09/06(Fri) 22:54:09  

    おじゃまします。下記、追加致します。

               かずや:渡辺 和也
    --------------------------------------------------------------------------
    【東京】
    ・ニコンミュージアム
     企画展「鉄道の記録 1969-1976 名古屋レール・アーカイブス」
     10月1日(火)〜12月26日(木)
    https://www.nikon.co.jp/corporate/museum/events/index.htm#railway

    【神奈川】
    ・箱根町郷土資料館
     秋の企画展 100周年記念 箱根登山鉄道の歩み
     9月14日(土)〜11月24日(日)
    http://www.town.hakone.kanagawa.jp/index.cfm/11,17599,c,html/17599/12-13.pdf

    【静岡】
    ・ふじのくに地球環境史ミュージアム
     ミドルヤード展示 公文書でたどる静岡県の昭和〜鉄道シリーズ2「二俣線」〜
     7月30日(火曜日)〜9月29日(日曜日)
    https://www.fujimu100.jp/exhibition/middleyard/4435/

    以上です。


      [No.11912] 【京都】泉屋博古館/文化財よ永遠に[9/6(金)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/09/05(Thu) 21:06:45  

     京都東山の泉屋博古館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=35で開催中の特別展を紹介します。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆住友財団修復助成30周年記念「文化財よ、永遠に」〜10/14(月・祝)
       月曜休館(祝日の場合は翌日)
       入館料金:一般600円 高大生400円 中学生以下無料
            障がい者手帳提示者と付添人1名無料
     材質上、朽ち果てる宿命である美術工芸品や歴史資料。そのような文化財に出会えるのは、守り伝える篤い意志と古来培われた修復技術による。文化財維持・修復事業への助成につとめて30年の住友財団の、累計千件におよぶ助成対象のうち、戦乱や天災を越え積層した古代から近世にいたる彫刻、絵画、文書など古都ゆかりの名品をあつめ、修復の物語とともにそのかけがえのない価値を再考。
      国宝 山水屏風 鎌倉時代・13世紀 京都・神護寺【展示:9/6〜9/23】
      国宝 明月記 藤原定家 鎌倉時代・13世紀 京都・冷泉家時雨亭文庫
          巻47 【展示:9/6〜9/23】 巻48 【展示:9/25〜10/14】
      大日如来坐像 平安時代・12世紀 京都・浄瑠璃寺
      重要文化財 中巌円月坐像 南北朝時代・14世紀 京都・霊源院
      重要文化財 是害房絵巻 南北朝時代・14世紀 泉屋博古館
      重要美術品 仏涅槃図 土佐行広 室町時代・宝徳3年(1451)頃 京都・興聖寺
      京都市指定文化財 唐獅子図 狩野山楽 江戸・元和7年(1621)頃 京都・養源院
      鯉魚図 葛蛇玉 江戸時代・18世紀 滋賀・曹源寺【展示:9/25〜10/14】
      猛虎図 伝 李公麟 朝鮮王朝時代・16世紀 京都・正伝寺
      重要文化財 水月観音像 徐九方 朝鮮 高麗時代・至治3年(1323)泉屋博古館【展示:9/6〜9/23】

    講演会:講堂にて、定員100名、当日午前10時より整理券配布
    9/16(月・祝)「木の文化財を救う―木の埴輪から元寇の沈没船の保存まで」今津節生氏(奈良大学文学部長・教授 文化財保存科学)午後1時30分〜3時
    9/28(土)「仏像の文化財修理」隂山 修氏(公益財団法人美術院 国宝修理所所長)午後1時30分〜2時30分

    列品解説:午後2時より展示室にて学芸員
    9/15(日)実方葉子氏「ICOM京都大会開催記念特別版」
    9/29(日)実方葉子氏「書画を中心に」
    10/9(水)竹嶋康平氏「仏像を中心に」

    青銅器館 列品解説 :午後2時より展示室にて学芸員
    9/22(日)山本 尭氏「中国青銅器の時代」

    ワークショップ:9/6(金)9時より受付、要予約。(電話075-771-6411)
    彫刻修理 9/21(土)午前10時30分〜、午後2時〜 (1時間程度)
    「仏像修復、基本の木」 公益財団法人美術院 国宝修理所
      対象:小学4年生以上(各回定員20名)

    絵画修理 トーク&ワーク 
    10/5(土)午前10時30分〜12時
    「装こう師―国宝のお医者さんにかけ軸の修理を学ぼう」国宝修理装潢師連盟
      対象:小学4年生〜中学生(定員12名)
    10/5(土)午後2〜4時
    「装潢師のお仕事―国宝絵画の修理現場から」
      対象:高校生以上、一般(定員12名)

    全国4会場で同時期開催(各会場で異なる作品約30件を展示)
    泉屋博古館分館(東京・六本木):9/10(火)〜10/27(日)
    東京国立博物館(東京・上野):10/1(金)〜12/1(日)
    九州国立博物館(福岡・太宰府):9/10(火)〜11/4(月・振)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11910] 【長野】県立歴史館/戦国 小笠原三代[9/7(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/09/05(Thu) 00:07:30  

     千曲市 科野の里歴史公園の長野県立歴史館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=20&c=118で9/7(土)から開催される展覧会を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆開館25周年記念 秋季企画展「戦国 小笠原三代ー長時・貞慶・秀政−」9/7(土)〜10/14(月・祝)
        月曜休館(祝日の場合は翌日)
        入館料金:本展のみ 一般300円 大学生150円
         常設展との共通券 一般500円 大学生250円
           障がい者手帳などの交付を受けている人と介護者は無料
     松本藩主を二度務めた小笠原秀政(1569-1615)の生誕450年目に当たる。戦国から近世へと時代が変わり武田家は滅び、追放された小笠原家は大名家として繁栄し、しかも礼法「小笠原流」は今日まで脈々と息づく。この名家は、激動のさなかにいかにして生き抜くか、「武」の側面だけでなく、一族間のネットワークの構築、膨大な故実を結集した「知」という観点から読みとく。没落した守護家を再興させ地位を磐石のものとした「小笠原家」の実像に迫る。

    講演会・講座:会場は講堂にて、午後1時30分〜3時(受付0時30分から、先着220名)

    館長講演会9/14(土)「塩尻峠の合戦ー長崎と信玄の運命を決した戦いー」笹本正治氏(館長、信州大学名誉教授)
    開館25周年記念講演会10/13(日)「小笠原氏の軌跡ー小笠原は将軍になれたのかー」
                      本郷和人氏(東京大学史料編纂所教授)午前11時から整理券配布
    講座「小笠原氏の武と知」連続講座:村石正行氏(専門主事・学芸員)
    第1講座9/21(土)「小笠原長時のネットワーク 信濃から京都・越後・会津へ」
    第2講座9/28(土)「小笠原家を中興した貞慶 信長・秀吉・家康との係わりから」
    第3講座10/5(土)「飯田藩・松本藩時代の小笠原秀正 信長と家康の孫婿として」
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11909] 【兵庫】姫路市書写の里・美術工芸館/兵庫県工芸美術作家協会[9/7(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/09/05(Thu) 00:06:24  

     姫路市書写の里・美術工芸館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=40で、9/7(土)から開催される展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆開館25周年・特別展示「兵庫県工芸美術作家協会 姫路展」9/7(土)〜9/29(日)
        月曜休館(祝日の場合は翌日)
        入館料金:一般300円 高大生200円 小中生50円
           身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた方と介護者1名
           姫路市内在住の65歳以上の方は無料

     兵庫県工芸美術作家協会が例年神戸市において開催する陶芸、染織、ガラス、皮革、漆芸、人形の、会員および公募展。2019年6月に神戸市で開催された本展を姫路市でも巡回展として開催。
     第57回 兵庫県工芸美術作家協会会員大賞 西島玲(染織)「空」
     第57回 神戸新聞社大賞 清水昌義(陶芸)「葡萄文皿」
     第57回 N氏賞 鍛治ゆうこ(陶芸)「飛らり」  など

    七輪陶芸教室「我盃(わがはい)と耳皿(みみざら)を作る」9/23(月・祝) 午前10時〜午後4時
    川西幹雄氏(陶芸作家)2,000円、定員10人 竹林工房・芝生広場にて
    9/12(木)までに往復はがきか応募専用サイトで申し込み。応募多数の時は抽選。


    出品作家によるギャラリートーク:午後2〜3時
     9/15(日)山本和子氏(染織作家)
     9/22(日)市野元和氏(陶芸作家)

    呈茶席「出品作家の茶碗でお茶をいただく」9/15(日)午前10時〜午後4時 茶室「交流庵」にて
     茶道裏千家淡交会西播磨青年部 茶券代500円(主菓子付)当日先着100席
    兵庫県工芸美術作家協会姫路展/出品作家によるギャラリートーク

    珈琲サロン「器と織を楽しむ」9/22(日)午前10時〜午後4時
     喫茶代300円(小さなお菓子付)茶室「交流庵」にて、当日先着50杯
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11902] 【栃木】とちぎ蔵の街美術館/栃木の竹工芸家 齋藤文石[9/3(火)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/09/02(Mon) 23:44:45  

     とちぎ蔵の街美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=09&c=8
    で明日9/3(火)から開催される地元の工芸の展示を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆企画展「栃木の竹工芸家 齋藤文石」9/3(火)〜10/20(日)
       月曜休館(祝日の場合は翌日)
       入館料金:一般(高校生以上)500円 中学生以下は無料
          身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳所持者と介護者1名は無料
     1910(明治43)年に現在の栃木県栃木市に生まれた竹工芸家・齋藤文石(1910-1991年)は飯塚琅かん齋(「かん」は王へんに干)に入門し、独立・帰郷すると彫刻家・版画家の鈴木賢二や日本画家・南摩朱鳥らと本市の文化の向上に力を注ぐ。1949年から約20年間、栃木県工芸指導所(現在の栃木県産業技術センター)に勤務し、竹の研究や竹製品の考案、竹の編組技法を後進に伝えた。本展は、齋藤の初期から晩年を約40点の作品と資料から振り返り、師・飯塚琅かん齋とその長兄・二代鳳齋、そして齋藤の教えを受けた竹工芸家・重要無形文化財「竹工芸」保持者、勝城蒼鳳の作品など約20点もあわせて展覧。
      《かけ花籃 銘 華厳》1965年
      《花籃 渦潮》1978年頃
      《花籃 銘 慈光》1943年
      《サービス盆》1955年頃

    竹工芸家によるギャラリートーク:9/14(土)午後2時〜(60分程度)
       大木淑恵氏(竹工芸家)

    竹のワークショップ「竹編みのコースターをつくろう!」:9/28(土)午前10時〜(150分程度)
     佐川素峯氏(竹工芸家)観光館2階多目的ホールにて(栃木市万町4-1)
     小学5年生から一般対象 参加費:1人500円(材料費込み)
     定員10名(9/3から電話申込受付先着順)とちぎ蔵の街美術館(0282-20-8228)へ電話で

    記念対談:10/12(土)午後2時〜(60分程度)
    「竹工芸家・齋藤文石について」勝城蒼凰氏(竹工芸家・重要無形文化財「竹工芸」保持者)
                   諸山正則氏(元東京国立近代美術主任研究員)
                司会:河野エリ氏(学芸員)
     観光館2階多目的ホールにて
     定員60名(9/3から電話申込受付・無料)とちぎ蔵の街美術館(0282-20-8228)へ電話で

    学芸員によるギャラリートーク:9/22、10/20(日)午後2時〜(45分程度)
        10月20日(日曜日)午後2時から(45分程度)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11901] 【ほっとミュージアム】9月改訂されました 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/09/02(Mon) 22:35:35  

     長い雨が通り過ぎると、すっかり秋の気配が漂ってきました。
     8月末までに談話室にアップされた情報をもとに、三ッ木さんにデータ編集を、ほりうちさんにサイト作成を担当して頂き、データベース「ほっとミュージアム」の改訂をしています。
     秋口に、詩などの文学、地域の歴史、浮世絵などをじっくり楽しもうという展示が増えています。
     8月に調べた新しい館や館データの修正も多数くわえておりますので、どうぞ秋の散策計画にご利用ください。また、ご訪問のあとはミュージアムのご感想やデータ変更にお気づきの点など、この談話室へ書き込んでください。

                  本談話室の管理人 明日香 光二/馬場 英明


      [No.11900] 【大阪】ピースおおさか:ポーランド第二次大戦博物館展 見ました 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/09/02(Mon) 22:16:19  

     9/1(日)に、森ノ宮、大阪城公園内にあるピースおおさかで始まった 特別展「ポーランド・グダンスク市 第二次世界大戦博物館展 POLAND FIRST TO FIGHT 第二次世界大戦勃発の地・ポーランドの戦い」を見ました。
     ピースおおさかは、近年のリニューアルで、「戦争」「平和」の展示を「大阪大空襲」だけに絞ったのですが…企画展では幅広く扱うのを止めておられないな、と感じました。

     第二次世界大戦は、当たり前ですが太平洋戦争部分だけでは無く、ヨーロッパでの戦いも大きいです。当時のドイツ・ソ連の拡大主義がヨーロッパでの戦いを呼んだ、そしてポーランドがその犠牲になったことがよくわかります。本展は、ポーランドにある同館が作成した展示パネルだけの展示で、実物などは無いのですが、日本語版が大きく特製されており、日本周辺のみでなく、こちらの戦争の実態を知り、考えることができました。ポーランド軍の軍人が主にイギリスに亡命して、そこから連合軍で戦っていたことなど。しかし、疑問が残ったのは、開戦したドイツ・ソ連が「ポーランド分割」をどのように正当化していたかということ。現代から見れば、民族間の人権を無視した行いであったことには違いないのですが。

                   明日香 光二/馬場 英明


      [No.11898] 【大阪】高島屋大阪店:日本画家・山口蓬春 見ました 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/09/01(Sun) 23:00:06  

     9/1(日)に難波の高島屋大阪店グランドホールで開催されている「日本画家・山口蓬春 没後50年―大正、昭和を彩ったモダニズムの軌跡」を見てきました。
     百貨店の展覧会は久しぶりで、買い物のついでに楽しまれる展示ってどんなんなだろう?と見直しました。

     私が見たかったのは、日本画らしからぬ明るいパステル調の色使い、画題も日本画伝統の「花鳥画」という感じとは違う画伯の作品は文句なく楽しい感じだからです。神奈川県の葉山に山口蓬春記念館があることを、このサイト作成以来存じてはいますが、作品をまとまって見たことはありませんでした。
     もともと、東京美術学校の西洋画科でスタートした方なんですね。色も水彩画的なものあり、赤や黄よりも、緑や水色が印象的な涼しげな色使いが多く、「秋二題」という村の風景を描いた作品は日本画とは思えない遠近法や俯瞰的な建物の構図が面白かったりしました。チラシのメイン作品になっている《望郷》はシロクマを描くことがこれも依嘱ですよね。

     実は、山口蓬春という名は、私も親しんでいる画家ではなかったので、やはり親しまれるように高島屋側もかんがえているんだろうな、と感じました。
                    明日香 光二/馬場 英明


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 暗証キー

    - Web Forum -
    - Antispam Version -