ほっとミュージアム 談話室
[ホームへもどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 発言サイズは画像も含めて130KBまで、URLは20個までです。
  • その他[留意事項]を良くお読みの上ご利用ください
  • 新規紹介用 でワード検索すると、フォーマット発言が開きます

  •   [No.11699] 【東京】静嘉堂文庫美術館/日本刀の華 備前刀展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/04/29(Mon) 21:29:13  

     二子玉川の静嘉堂文庫美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=206では、日本刀の展示をすると共に、曜変天目茶碗の一つを展示中です。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「日本刀の華 備前刀展」〜6/2(日)
        月曜休館(祝日は開館)5/7(火)休館
        開館時間:午前10時〜午後4時30分(入館は4時まで)
        入館料金:一般1000円 高大生700円 中学生以下無料
     上質な原料や水運の利に恵まれ、平安時代より優れた刀工を輩出し、圧倒的な生産量を誇り、今日「刀剣王国」と称される備前。「腰反(こしぞ)り」の力強い姿と、杢目(もくめ)を主体とした精緻な地鉄(ぢがね)に、「丁子乱(ちょうじみだ)れ」と呼ばれる変化に富んだ刃文が特徴とされ、鎌倉武士や戦国武将たちに用いられた。静嘉堂の蔵刀を中心に、重要文化財4振、重要美術品11振を含む在銘作約30振を精選し、「古備前(こびぜん)」と呼ばれる初期の刀工群から、一文字・長船・畠田・吉井・鵜飼など各流派による作風の展開をたどり、江戸幕府の御用をつとめた後藤家歴代とその門流(脇後藤)による刀装具を展示。さらに国宝「曜変天目(「稲葉天目」)」を特別出品。

    講演会:午後1時30分〜 地階講堂にて 定員120名、無料、当日開館時より整理券配布(1名につき1枚
     5/26(日)「静嘉堂の備前刀について」吉川永一氏(日本刀剣保存会 幹事)
     5/5(日)河野元昭館長のおしゃべりトーク「浦上玉堂―酒仙画家 饒舌館長 口演す」

    職方実演会「日本刀にたずさわる職方の技」5/18(土) 午前10時〜12時、午後1時〜4時30分 地階講堂にて
     実演:水野美行氏(日本刀鞘師)、小澤茂範氏(刀匠)、川上陽一郎氏(研師)
     当日受付、300円(入館料別)。

    静嘉堂コンサート 「100万人のクラシックライブ」
     5/11日(土)午後2時〜 地下講堂にて 参加料円(入館料別途必要) 予約制

    列品解説

    展示内容・作品につい:担当学芸員(展示室または講堂にて)
    午前11時〜:6/1(土)
    午後2時〜 :5/9(木)・5/23(木)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11698] 【奈良】国立博物館/藤田美術館展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/04/29(Mon) 21:27:30  

     奈良国立博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=29&c=2で開催中の展覧会を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆特別展「国宝の殿堂 藤田美術館展 曜変天目茶碗と仏教美術のきらめき」〜6/9(日)
        月曜(祝日は開館)と5/7(火)休館 
        開館時間:午前9時30分〜午後5時(金曜日は午後7時まで、入館は閉館の30分前まで)
        入館料金:一般1500円
    高大生1000円 小中生500円
             障害者手帳をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料
     国宝9件、重要文化財53件を含む世界屈指の日本・東洋美術のコレクションを所蔵する大阪の藤田美術館は、明治期に活躍した実業家・藤田傳三郎(ふじたでんざぶろう)(1841〜1912)とその息子平太郎、徳次郎兄弟の二代3人によって収集された美術工芸品を公開するため、昭和29年(1954)に開館した。 茶道具、水墨画、墨蹟、能装束、絵巻、仏像、仏画、経典、仏教工芸、考古資料など数多くの仏教美術が数多く含まれるので、2022年春のリニューアルオープンに向けて現在休館中の同館の名品を紹介。近代以降散逸の危機にあった文化財を収集しコレクションを築いた藤田傳三郎らの功績にも光を当てる。
       重要文化財 交趾大亀香合  1合 陶製 中国・明(17世紀)
       国宝 曜変天目茶碗  1口 陶製 中国・南宋(12〜13世紀)
       国宝 柴門新月図  1幅 紙本墨画 室町時代 応永12年(1405)前期展示(〜5/12)
       国宝 深窓秘抄  1巻 紙本墨書 平安時代(11世紀)
       国宝 紫式部日記絵詞  1巻 紙本著色 鎌倉時代(13世紀)後期展示(5/14〜6/9)
       国宝 玄奘三蔵絵 紙本著色 鎌倉時代(14世紀)巻第1・2:前期展示(〜5/12)、巻第3・4:後期展示(5/14〜6/9)
       国宝 両部大経感得図 藤原宗弘筆 2幀 絹本著色 平安時代 保延2年(1136)  前期展示(〜5/12)
       重要文化財 地蔵菩薩立像 快慶作 1躯 木造 彩色 截金 鎌倉時代(13世紀) 
       仏像彩画円柱 木造 彩色 鎌倉時代(13〜14世紀) 8本
       国宝 花蝶蒔絵挾軾 1基 木製 漆塗 蒔絵 平安時代(9世紀)後期展示(5/14〜6/9)
       国宝 仏功徳蒔絵経箱 1合 木製 漆塗 蒔絵 平安時代(11世紀)前期展示(〜5/12)
       国宝 大般若経(薬師寺経) 巻第五百(巻頭)紙本墨書 奈良時代(8世紀)
       重要文化財 伎楽面 酔胡従 1面 脱活乾漆造 彩色 奈良時代(8世紀)後期展示(5/14〜6/9)
       重要文化財 埴製枕 1個 埴製 古墳時代(4世紀)など

    公開講座:午後1時30分〜3時(開場1時)定員各194名、講堂にて。12時から講堂前にて、入場整理券(1人につき1枚)配布
     5/11(土)「国宝 曜変天目茶碗の謎にせまる」小林 仁氏(大阪市立東洋陶磁美術館学芸課長代理)
     5/25(土)「藤田美術館の仏教美術コレクション」岩井 共二氏(学芸部情報サービス室長)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11697] 【東京】サントリー美術館/左脳と右脳でたのしむ日本の美 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/04/29(Mon) 21:26:11  

     六本木のサントリー美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=48で開催中の展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆サントリー芸術財団50周年「nendo × Suntory Museum of Art
     information or inspiration? 左脳と右脳でたのしむ日本の美」〜6/2(日)
         会期中無休
         開館時間:午前10時〜午後6時(金・土と〜5/5(日・祝)は8時まで、入館は閉館の30分前まで)
                    5/25(土)は六本木アートナイトのため24時まで開館
         入館料金:一般1300円 高大生1000円 中学生以下無料
              障害者手帳をお持ちの方と介護の方1名無料
     作品の背景や製作過程、作者の意図や想いを知る左脳的なアプローチによる感動、理由もなく、心が揺さぶられる右脳的な感じ方による感動、双方で、日本の美術をたのしんでみる展覧会。サントリー美術館が所蔵する作品約3000件の中から27点を選定し、「information」と「inspiration」の2つの展示空間の狭間に作品を配置。
       赤楽茶碗 銘 熟柿 本阿弥光悦 江戸時代前期 17世紀前半
       菊蒔絵煙草盆 江戸時代後期 19世紀
       薩摩切子 藍色被船形鉢 江戸時代後期 19世紀中頃
       藍色ちろり 江戸時代中期 18世紀 など
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11696] 【長野】八ヶ岳美術館/間島秀徳 投稿者:   投稿日:2019/04/21(Sun) 22:02:27  

    こんにちは

     今日見てきたのは八ヶ岳美術館の「間島秀徳 アース・ダイビング」でした。

     最初にチラシを見たときはビデオインスタレーションかと思いました。実は日本画であり、日本画だけれどもタイトルは"Kinesis...."と英語で付けられています。

     巨大な画面に山や海が描かれているようですが、ほとんど抽象のように見え、あまりタイトルに意味はないように感じられたので、途中からタイトルを見るのはやめました。

     展示室の両側にこれが並ぶと空間を染め上げるような感じで、空間として考えると優れた作品だと思いました。ある意味インスタレーションです。
     


      [No.11695] 【長野】これからの展覧会 投稿者:   投稿日:2019/04/21(Sun) 21:13:43  

    こんにちは

     長野県内の展覧会チラシをいくつか入手したので、まとめて紹介します。

    間島秀徳 アース・ダイビング
      八ヶ岳美術館 4/6〜6/30

    メイメイアート 3
      茅野市美術館 4/25〜5/12

    自然を見つめて 
      諏訪市美術館 2/23〜5/6

    原田泰治と行く花を見る旅
      諏訪市原田泰治美術館 4/18〜8/4

    色彩を観る
      サンリツ服部美術館 4/12〜2020/3/8

    日本・中国絵画展 画家たちの技と表現
      サンリツ服部美術館 4/12〜6/30

    アールヌーヴォーのガラス展 バラに捧ぐ
      北澤美術館 4/4〜2020/3/10

    千田泰広展
      安曇野市豊科近代美術館 4/27〜6/2

    面白すぎる!! 北斎漫画の世界III
      北斎館 3/30〜6/9

    天使とキューピッド
      ペイネ美術館 3/1〜7/10

    しーん。|山極満博
      小海町高原美術館 4/6〜6/2

    以下は場所として未紹介です。

    安曇野まつかわ みつはしちかこ展
      松川村多目的交流センターすずの音ホール 5/1〜5/12

    星野富弘 花の詩画展
      富士見パノラマリゾート 5/2〜6/16

    触れる美術展2019
      ギャラリー82 4/14〜5/2


      [No.11694] 【長野】信濃デッサン館 閉館 投稿者:   投稿日:2019/04/21(Sun) 20:48:37  

    こんにちは

     関連ですが、2018年3月15日から休館していた上田市の信濃デッサン館は所蔵品を県に寄贈し、閉館となりました。

    https://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20190327/KT190326FTI090018000.php


      [No.11693] 【長野】東山魁夷館 再開日決定 投稿者:   投稿日:2019/04/21(Sun) 20:43:38  

    こんにちは

    チラシを入手しましたが、長野県信濃美術館東山魁夷館は2019年10月5日の再開が決まったそうです。

    観覧料は大人500円(20人以上の団体400円)、大学生300円(団体200円)、高校生以下無料と書かれていて、これが再開時の料金だと思います。


      [No.11692] 【長野】旧木沢小学校 投稿者:   投稿日:2019/04/14(Sun) 23:04:39  
    【長野】旧木沢小学校 (画像サイズ: 461×346 102kB)

    こんにちは

     いわゆる「遠山郷」から1つ追加します。

    ==================================================================
    施 設 名:旧木沢小学校
    ふりがな:きゅうきざわしょうがっこう
    英文表記:
    分野 :歴史、民俗、科学・産業
    郵便番号:
    都道府県:長野県
    市区町村:飯田市
    所在地:南信濃木沢
    電話番号:0260-34-1071(遠山郷観光協会の番号)
    FAX:  
    URL:http://tohyamago.com/osusume/kizawa/
    公共交通:JR飯田駅、中央高速バス飯田駅前停留所から信南交通バス遠山郷線「かぐらの湯」行きで「木沢」下車 (所要1時間10分くらい、1日2,3本)
    道路案内:中央自動車道 飯田I.C.から1時間くらい
    三遠南信自動車道 天竜峡I.C.から1時間くらい
    開館時間:
    休 館 日:年中無休
    入館料金(常設時):無料だが、維持のため\100の寄付をお願い
    展示内容:昭和年間初期の木造校舎を保存している。
         当時の学校関連
         南アルプス関連(ジオパーク、エコパーク)
         霜月祭り関連
         遠山森林鉄道関連
         ほか
    観覧時間:30分くらい
    その他(販売・友の会など):
    報 告 者:Quita/北村尚巳2019.4.14訪問)
    ==================================================================

     校舎そのものの保存が主と言えます。いろいろなものが校舎や体育館に展示してあったのですが、ちょっと雑多すぎて全然整理されていません。ジオパーク、エコパークについてちゃんと整理して紹介してくれると非常に良かったと思います。

     森林鉄道はここから少し北に行った「梨元ていしゃば」に一部が復元されています。

     いわゆる秘境と言われているところであり、現在はまだ非常に不便なところですが、三遠南信自動車道が程野I.C.まで開通すると、飯田市中心部との所要時間は劇的に短縮されるはずです。程野から南信濃地区の中心地である和田(「かぐらの湯」のあるところ)までの国道152号線はかっては「酷道」なんて言われましたが、もうそうとは言えなくなっていました。


      [No.11691] 【全国】鉄道関係企画展 19年04月以降 その2 投稿者:かずや  投稿日:2019/04/10(Wed) 00:34:48  

    おじゃまします。下記、追加致します。

               かずや:渡辺 和也
    --------------------------------------------------------------------------
    【北海道】
    ・浦幌町立博物館
     上厚内駅回顧展
     3月2日(土)〜4月21日(日)
    https://www.urahoro.jp/oshirase/catetemp2_oshirase30/2019-0304-1235-105.html

    【秋田】
    ・秋田県立図書館
     平成31年度第1回特別展示 秋田県立博物館出張展示「平成最後のあきたミニ鉄道展」
     4月1日(月)〜5月27日(月)
    https://www.apl.pref.akita.jp/exhibitions/ehon-room/special

    【千葉】
    ・八千代市郷土博物館
     第1回企画展「鉄道と歩む八千代」
     4月27日(土)〜6月16日(日)
    http://www.city.yachiyo.chiba.jp/600508/page100077.html

    【富山】
    ・富山市郷土博物館
     企画展 街の中心 富山駅(仮称)
    2020年2月22日〜4月19日
    注:来年開催のため、アドレス省略(同館HPに記載あり)

    以上です。


      [No.11690] 【ほっとミュージアム】4月改訂されました 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/04/07(Sun) 20:26:15  

     桜の満開と、本当に暖かい日々がやってきました。新学期の季節です。最近は、桜の満開は入学式を待ってくれませんね。

     さて、今回は遅くなりまして申し訳ございませんでしたが、3月末までに談話室にアップされた情報をもとに、三ッ木さんにデータ編集を、ほりうちさんにサイト作成を担当して頂き、データベース「ほっとミュージアム」の改訂をしています。

     新年度とて、今年度内に行われる大規模な海外招来の展覧会や、年間計画もかなり取り入れることができました。春には、仏教美術や、若々しい絵本や童話の展覧会などが多くラインナップされています。

     また、今改定の情報には間に合っていませんが、新元号の発表に合わせ、これから「時代・元号の変革」や「万葉集」に関する展示がどんどん飛び込んできそうな気がします。

     出かけやすくなってきたこの時期、大きな連休内の小さな娯楽に、旅の目的地での情報探しに、どうぞ ご利用頂き、ミュージアムのご感想やデータにお気づきの点など、この談話室へ書き込んでください。

                本談話室の管理人 明日香 光二/馬場 英明


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 暗証キー

    - Web Forum -
    - Antispam Version -