ほっとミュージアム 談話室
[ホームへもどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 発言サイズは画像も含めて130KBまで、URLは20個までです。
  • その他[留意事項]を良くお読みの上ご利用ください
  • 新規紹介用 でワード検索すると、フォーマット発言が開きます

  •   [No.12706] 【群馬】県立日本絹の里/群馬県作家協会展〜絹によせる伝統文化〜 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/02(Sat) 21:49:41  

     高崎市の群馬県立日本絹の里http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=10&c=9で開催中の展示を紹介します。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆第95回特別展「群馬県作家協会展〜絹によせる伝統文化〜」〜2/1(月)
       〜1/5 火曜日(祝休日は開館、翌日休館)
        <1/3は臨時開館>
       入館料金:一般200円 高大生100円
       中学生以下及び身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と介護者1名無料

     古くから養蚕が盛んに行われた群馬県の染織 業や養蚕用具、養蚕の神様など、絹文化に関係する数多くの文化。本展では、絹文化と創造の魅 力を未来へと伝えるため活動している群馬県作家協会会員11名の作品を紹介。

    ギャラリートーク:1/10(日)飯出袈裟市氏(木工芸作家)、田中正子氏(江戸小紋染色作家)
                午前11時〜30分、午後1時30分〜2時
    実演
    1/9(土)
     青木岳男(竹工芸作家)束編による「菓子器」:午前10時〜30分、11時〜30分
     高田年三(木工芸作家)ヒノキ材を特殊な鉋で波型に削り込み加工:午後1時30分〜2時30分
    1/11(月・祝)
     青木岳男(竹工芸作家)束編による「菓子器」:午前10時〜30分、11時〜30分、午後1時30分〜2時30分
    1/24(日)
     小見佐市(編み組工芸作家)やまぶどうの樹皮を使った「花結び」:午前10時〜30分、11時〜30分、午後1時30分〜2時30分

    無料体験「繭のミニブローチ作り」1/21(木)27(水)午前10時〜正午、午後1時30分〜3時30分
     定員:各回10名、小学校3年生以下は保護者同伴)当日30分前より受付

    お年玉福引き:1/3(日)午前9時30分〜午後5時
     群馬県作家協会の皆さんが制作した工芸品や絹製品、当館オリジナルグッズ等
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12705] 【静岡】磐田市香りの博物館/倉本聰 点描画展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/02(Sat) 21:48:46  

     磐田市豊田町の磐田市香りの博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=22&c=70で開催中の展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「倉本聰 点描画展 〜森のささやき・樹の香り〜」〜1/17(日)
       〜1/2 月曜(祝日の場合は開館し翌日休館)休館
       入館料金:一般800円 学生(高校生以上)200円 小中生100円

     数多くの名作を世に送り続けてきた脚本家・倉本聰が富良野のアトリエや旅先で、一本一本にドラマを見出して十数年に渡り描き続けてきた「樹」、それらの点描画の中から約60点を厳選して紹介。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12704] 【栃木】益子陶芸美術館/益子を彩る陶芸家たち 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/02(Sat) 21:47:53  

     益子陶芸美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=09&c=37で開催中の展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆企画展 日本遺産認定記念
     「益子を彩る陶芸家たち〜コレクションにみる個人作家の系譜〜」 〜2/28(日)
         〜1/1、月曜日(祝休日の場合は翌日)休館
         入館料金:一般・高大生600円 65歳以上300円(要証明)小中生300円
                身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳の交付を受けられた方と介護者1名無料

     東日本屈指の窯業地「かさましこ」(茨城県笠間市と栃木県益子町)が令和2年に認定されたことを記念し、本展では当館のコレクションを通じて、20世紀後半以降に益子を拠点とした個人作家の系譜を辿る。益子の自由な気風を求めて各地から集まり、多種多様に作風を開花させ、一時代を築いた作家、濱田庄司、島岡達三、加守田章二、木村一郎、合田好道、小滝悦郎、佐久間藤太郎、瀬戸浩、高内秀剛、田村耕一、長倉翠子、濱田晋作、廣崎裕哉、村田元、吉川水城らの陶業を中心に紹介。
      濱田庄司《塩釉色差水指》
      島岡達三《地釉象嵌草花文壺》 1996年
      木村一郎《辰砂絵角壺》 1977年
      加守田章二《壺》 1979年
      小滝悦郎《線条文花生》
      廣崎裕哉《牙白瓷瓶子》 2001年

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12703] 【山梨】県立考古博物館/新年干支展/笛吹市の出土品 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/02(Sat) 21:46:57  

     甲府市の山梨県立考古博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=19&c=3
    で開催中の展示を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「新年干支展─丑(ウシ)─」1/2(土)〜1/24(日)
       月曜と1/12(火)〜1/17(日)休館(但し1/11(月・祝)は開館)
       入館料金:一般・大学生220円 高校生以下、65歳以上は無料

     丑は十二支の2番目で、牛は古来より食用(牛肉・牛乳)や田畑を耕したり荷物を運ぶ労働力(役牛)として、生活に密接に関わる。本展では、山梨県内の遺跡から出土したウシに関連する考古資料を紹介し、古代より続くヒトとウシとの繋がりについて考える。
      百々遺跡(南アルプス市)出土・獣歯(ウシの歯)
      鰍沢河岸跡(南巨摩郡富士川町)出土・泥めんこ(ウシ形)

    ☆冬季企画展「笛吹市の出土品I─縄文前期文化の華花鳥山遺跡─」〜1/24(日)

     石和町・御坂町・一宮町・八代町・境川村・春日居町の合併により平成16年に誕生した笛吹市内の、旧石器時代から縄文時代中期までの遺跡から出土した資料を取り上げ、縄文時代前期後葉の諸磯式が生成された状況を解説し、甲府盆地北東部地域の歴史における笛吹市の位置づけを考える。
      深鉢形土器 花鳥山遺跡(笛吹市)出土
      釈迦堂遺跡出土品、桂野遺跡出土品など
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12702] 【兵庫】陶芸美術館/ひょうごゆかりの古陶磁 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/02(Sat) 21:46:02  

     丹波篠山市の兵庫陶芸美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=135で開催中の展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆特別展「ひょうごゆかりの古陶磁−丹波焼・三田焼・王地山焼−」〜2/21(日)
         〜1/1、毎週月曜日(祝祭日は開館、翌日休館)休館  
         開館時間:午前10時〜午後6時(入館は閉館の30分前まで)
         入館料金:一般600円 大学生500円 夜間(5時以後)は半額
     丹波焼をはじめとする兵庫県内の古陶磁や国内外の現代陶芸の作品など、多岐にわたる館蔵品から近年、新たに収蔵品に加わった古陶磁の作品を中心に紹介。
      丹波 《壺》 室町時代中期
      三田《青磁桜花文銚子》江戸時代後期
      三田《青磁騎牛帰家香炉》江戸時代後期
      王地山《染付山水図獣耳植木鉢》天保2年
      王地山《染付宝尽文茶入》江戸時代後期 など

    ☆2020年度著名作家招聘事業×テーマ展 「植松永次展−土と火」〜2/21(日)

     2006年より開催の「著名作家招聘事業」で、土と火を素材としながら、彫刻にも陶芸にも括りきれない独創的な作風により、現代美術の領域からも注目を集めている神戸市生まれの作家・植松永次氏(1949- )を迎える。
     1970年代初め頃、油絵やドローイングを学び、自然の材質に惹かれ、より根源的な造形を求めるうちに大地とじかに繋がる「土」という素材に魅力を感じ、自ずと生まれ出ずるかたちをテーマに制作を始めた。1975年に信楽町に創作活動を深め、1981年より野焼きを始め、1982年に伊賀市で制作。いつも印象的な言葉が添えられる植松氏の創造の世界から、「土で表現すること」の意味を再考。
      《痕跡の入れもの》 1975
      《子供の好きな時間》 1987
      《収穫》 1988
      《土塁》 1988
      《空から》 1998
      《ひょうたん》 1993
      《森のダンス》 2016  など

    学芸員によるギャラリートーク:1/17(日)2/14(日)2/21(日)午前11時〜
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12701] 【兵庫】丹波篠山市立歴史美術館/伝統の継承 丹波篠山の狂言 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/02(Sat) 21:45:07  

     丹波篠山市立歴史美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=127
    で開催中の展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆新春企画展「伝統の継承 丹波篠山の狂言」〜3/21(日)
       〜1/1 毎週月曜日(祝祭日は開館、翌日休館)休館
       入館料金   歴史美術館 4館共通券
           大 人  300円  600円
           高大生  200円  300円
           小中生  100円  150円    
            4館(篠山城大書院、歴史美術館、青山歴史村、武家屋敷安間家史料館)
           丹波篠山市内の小中学生
           ・身体障がい者手帳、療育手帳、精神障害者保険福祉手帳の交付を受けている方は無料

     江戸時代から能・狂言(合わせて「能楽」)が盛んであった丹波篠山では、現在も毎年、元旦に「翁」の元朝能が、春には篠山春日能が開催され、伝統芸能を伝える。
    「能楽」は、昭和32年(1957)に重要無形文化財に指定され、令和2年、重要無形文化財「能楽」の保持者として、丹波篠山市在住の大蔵流狂言方 山口耕道氏が認定されたことを記念して、狂言装束や面、扇等を展示し、丹波篠山で継承されてきた伝統芸能への関心を深める。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12700] 【滋賀】市立長浜城歴史博物館(長浜城)/竹生島弁才天   投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/02(Sat) 21:44:05  

     市立長浜城歴史博物館(長浜城)http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=25&c=13で開催中の展示を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆長浜城歴史博物館×大阪歴史博物館 姉妹城連携事業「豊臣家ゆかりの“天女の島”」関連
     企画展「竹生島弁才天―仏から神へ、その信仰の展開―」〜1/17(日)
         〜1/2のみ休館
         入館料金:一般410円 小中生160円
              長浜市・米原市の小・中学生は無料

     奈良時代に開かれ平安時代に弁才天が安置され、現代まで弁才天信仰の中心地として、天皇家や戦国大名をはじめ、多くの信仰を集めてきた琵琶湖の竹生島。竹生島宝厳寺に伝わる仏像や仏画、古文書などの宝物や建造物が語る信仰の歴史。「唐門」(国宝)は、大坂城に架けられていた「極楽橋」を移築したものと考えられ、豊臣大坂城唯一の遺構として知られる。「唐門」を含む建造物の修理完成を記念し、仏教美術を中心とする宝物で竹生島を中心とする弁才天信仰の歴史を振り返り、弁才天の尊格の実態も紹介。

    第1章 弁才天信仰の展開
     妙音天像 1幅 絹本著色 室町時代16世紀 竹生島宝厳寺蔵
     県内最古級の宇賀弁才天(うがべんざいてん)像 1軀 木造 彩色 玉眼 鎌倉-南北朝時代14世紀 MIHO MUSEUM蔵
    第2章 竹生島弁才天
     国内最古の竹生島弁才天の図像 別尊雑記(べっそんざっき) 巻44 1巻 重要文化財 紙本白描 平安時代12世紀 仁和寺蔵
     日吉山王垂迹神曼荼羅 1幅 滋賀県指定有形文化財 絹本著色 鎌倉-南北朝時代14世紀 正源寺蔵
    第3章 湖北に息づく弁才天信仰
     笑窪が素敵な弁才天像 弁才天坐像 1軀 木造 彩色 彫眼 江戸時代18-19世紀 赤分寺蔵
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12699] 【福井】県立一乗谷朝倉氏遺跡資料館/重要文化財は語る 城下町をまもる 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/02(Sat) 09:15:35  

     福井市の福井県立一乗谷朝倉氏遺跡資料館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=18&c=6で開催中の展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆第4回特別公開展「重要文化財は語る 城下町をまもる」〜3/31(水)
       〜1/2 と1/20(水)休館
       入館料金:一般100円 高校生以下と70歳以上は無料(証明書必要)
             身体障害者手帳、精神障害者福祉手帳、療育手帳をお持ちの方はと介護者1名は無料
            復原町並との共通券あります(250円)

     一乗谷の谷幅が最も狭まる2か所の地点に設けられた上・下城戸の発掘調査の成果を、重要文化財の出土品から紹介。上城戸外濠跡で発見の朝倉氏の重臣託美氏の名前が書かれた木簡や、下城戸外濠跡に廃棄されたカワラケ、下城戸近くの町屋地区から密集して出土した越前焼大甕、井戸内で発見の越前焼壺や釣瓶などを一堂に紹介。

    展示解説(定員40名、事前申込不要、当日先着順)1/16(土)2/20(土)3/20(土)午後2時〜30分講堂にて
    ふるさとの日公開講座(定員40名、要事前申込、先着順)午後2〜3時30分講堂にて
    「戦国時代のおでかけスタイル〜朝倉氏の場合〜」宮永一美氏(学芸員)

    ☆テーマ展「よみがえる幻の宝刀 朝倉長光〜朝倉氏の清水寺信仰〜」 〜 2/16(火)

     朝倉氏は初代孝景の時代から、京都清水寺の千手観音をあつく信仰しており、その信仰を象徴するのが、鎌倉後期の長船派刀工・長光の作で、失われた幻の宝刀「朝倉長光」。朝倉氏滅亡後、豊臣秀吉の手にわたり、豊臣家滅亡とともに行方不明となり、形状や刃文が詳細に写された刀絵図により復元され刀匠森國清廣氏によって「朝倉長光」の写しが完成した。本展では、朝倉家の宝刀「朝倉長光」写しを初公開。

      朝倉長光写し[初公開]
      清水寺成就坊宛朝倉義景書状
      赤羽刀
      脇指(銘・越前一乗住兼則)
      安波賀春日神社参詣図
      出土刀装具
      朝倉始末記など 

    ギャラリートーク:1/17(日)(定員40名、要事前申込、先着順)午後2〜3時30分、講堂にて
    「朝倉長光」写し製作秘話  森國清廣氏(刀匠)

    学芸員による展示解説(事前申込不要、当日先着順)1/16(土)午後2〜3時30分、講堂にて
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12698] 【福井】県立歴史博物館/越前・若狭 願いの形[1/3(日)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/02(Sat) 09:14:53  

     福井市の福井県立歴史博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=18&c=0で1/3から開催される企画展を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆企画展「越前・若狭 願いの形」1/3〜2/14(日)
       1/13(水)27(水)2/10(水)休館
       入館料金:一般100円 高校生以下・70歳以上の方無料

     令和3年の2月7日(「ふるさとの日」)は、嶺北地域(敦賀を除く旧越前国)と嶺南地域(旧若狭国と越前敦賀)がひとつとなり、現在の「福井県」が成立してから140年目。嶺北と嶺南は関連ながら独自の歴史と文化を積み上げ、多彩な文化財が伝えられる。本展では、嶺南・嶺北の人々の「願い」がこもる品々を中心に、両地方の魅力と多様さを紹介。
       青い目の人形(オーラ・ジョンソン)(おおい町立本郷小学校所蔵)  
       木造八百比丘尼坐像 小浜市指定文化財 (小浜市 神明神社所蔵) など

    展示説明会(要申込・定員20名) 2/6(土)2/7(日)午前11時  
     
    ☆写真展「「福井駅前」メモリアル〜明治から令和へ〜」1/3〜2/28(日)
       1/13(水)27(水)2/10(水)24(水)休館

    ふくい歴博講座:1/16(土)午後2〜3時30分 1F 講堂にて
    「山川登美子の父 幕末の小浜藩士 山川貞蔵」有馬香織氏(学芸員) 
      無料・事前受付(電話申込、先着順)・定員80名・筆記用具持参
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12697] 【岐阜】市歴史博物館/昔のくらし/大河ドラマ館 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/02(Sat) 09:14:13  

     岐阜市歴史博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=21&c=0で開催中の展示と大河ドラマ館を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆企画展「ちょっと昔の道具たち」〜3/7(日)
      ※「麒麟がくる 岐阜 大河ドラマ館」開催中は、年中無休
      入館料金:一般(高校生以上) 310円  小中生 150円 90円
        本館・分館共通:一般(高校生以上) 520円 小中生260円
         岐阜市内の70歳以上の方
         身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳の交付を受けている方、及びその介護の方1名
         家庭の日(毎月第3日曜日)に入館する中学生以下の方
         家庭の日(毎月第3日曜日)に入館する中学生以下の方に同伴する家族(高校生以上)の方(特別展を除きます)
         市内の小中学生の方(特別展を除きます)
           無料

     今年度も150〜40年くらい前の「ちょっと昔」を「まちかど」「家のなか」の2コーナーで、昔の道具を一堂に集めて展示します。道具が使われていた場面を映画のセットのように再現し、生活の中で道具がどのように使われていたのか、また、現在の道具が、昔はどんなものだったか、道具のうつりかわりを具体的に紹介。

    ☆「麒麟がくる 岐阜 大河ドラマ館」〜2/14(日)
       無休
       入館料金:大人(高校生以上) 600円 小中学生 300円
          交通機関、近隣観光施設、他地域の大河ドラマ館との組合せ券や相互割引が多数あり

    1ドラマシアター
     光秀、道三、信長の美濃三傑にスポットを当て、出演者のインタビューとメイキング映像
    2美濃三傑 麒麟がくるの世界
     登場人物の紹介、相関図、エピソードなどを紹介し、ドラマに登場する衣装や小道具などを展示
     斎藤道三、帰蝶、織田信長の衣装、初回放送で使われたサンゴの珠、道三の槍
     織田軍を迎え撃つ斎藤軍を再現した稲葉山城城下オープンセットの大型ジオラマ
    3ようこそ 稲葉山城へ
     山頂からの鳥瞰ジオラマと新たに制作した信長公居館コンテンツと連動した映像を投影
    4もっと知りたい 体験! 戦国時代
     当時の楽市の再現、ドラマの世界を体感できるコンテンツなど
    5体感 信長の間
     ドラマに登場する岐阜城の広間セットを再現、写真撮影が可能
    6麒麟がくる 制作の舞台裏
     4Kで撮影されたドラマを彩った衣装の制作過程や時代考証への思いを紹介
    7歴史博物館収蔵品展示
     戦国時代の稲葉山城(岐阜城)や、土岐氏、斎藤氏、織田氏と岐阜の関わりを伝えるルイス・フロイス像、南蛮屏風等を展示
    8再見! 麒麟がくる
     次回予告や出演者の等身大パネル
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 暗証キー

    - Web Forum -
    - Antispam Version -