ほっとミュージアム 談話室
[ホームへもどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 発言サイズは画像も含めて130KBまで、URLは20個までです。
  • その他[留意事項]を良くお読みの上ご利用ください
  • 新規紹介用 でワード検索すると、フォーマット発言が開きます

  •   [No.12093] 【東京】国立新美術館/カルティエ、時の結晶 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/11/09(Sat) 19:19:59  

     六本木の国立新美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=72で開催中の工芸の展示を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆企画展「カルティエ、時の結晶」〜12/16(月)
        火曜休館
        開館時間:午前10時〜午後6時(金土曜は8時まで、入場は閉館の30分前まで)
        入館料金:一般1600円 大学生1200円 高校生800円 
             中学生以下、障碍者手帳持参者と付添1名は無料

     奇跡的に見出された宝石と、世界各地の文化や自然物から着想を得たデザインが、卓越した職人技術によって結実したカルティエの宝飾を、「時間」をテーマに「序章」に続く「色と素材のトランスフォーメーション」「フォルムとデザイン」「ユニヴァーサルな好奇心」という3つの章で、カルティエの革新的なデザインの世界を探求。会場構成は新素材研究所/杉本博司+榊田倫之がる展示空間を創出し、新たな鑑賞体験を提示。

    序章 時の間 ミステリークロック、プリズムクロック
    《大型の「ポルティコ」ミステリークロック》カルティエ パリ、 1923年
        イエローゴールド、プラチナ、ロッククリスタル、オニキス、ブラックエナメル、珊瑚、ダイヤモンド
    《台座付きポケットウォッチ》カルティエ、 2016年
        ホワイトゴールド、スティール、サファイア、半透明ブラックエナメル(ポケットウォッチ)
    第1章 色と素材のトランスフォーメーション
    《ネックレス》カルティエ、 2010年
        プラチナ、彫刻を施した珪化木、ブラウンダイヤモンド、オニキス、真珠、グレーカラーの真珠、エメラルド、ダイヤモンド
    《「ヒンドゥ」ネックレス》カルティエ パリ、特注品、 1936 年( 1963 年に改造)
        プラチナ、ホワイトゴールド、計146.9カラットのブリオレットカット サファイア 13個、計93.25カラットの葉型に彫刻を施したサファイア 2個、エメラルド、サファイア、ルビー、ダイヤモンド
    《ネックレス》カルティエ、 2016年
    第2章 フォルムとデザイン
    《ヘア オーナメント》カルティエ パリ、 1902年プラチナ、ダイヤモンド
    《ブレスレット》カルティエ、 2018年ホワイトゴールド、ダイヤモンド
    《ネックレス》カルティエ ロンドン、特注品、 1932年
        プラチナ、 143.23 カラットのクッションシェイプ エメラルド1個、ダイヤモンド
    《ネックレス》カルティエ、 2017年プラチナ、 98.81カラットのカボションカット ルベライト 1個、オニキス、ダイヤモンド
    第3章 ユニヴァーサルな好奇心
    《ブレスレット》カルティエ ニューヨーク、 1925年プラチナ、ルビー、エメラルド、オニキス、ダイヤモンド
    《パンテールパターン ウォッチ》カルティエ パリ、 1914年
        プラチナ、ピンクゴールド、オニキス、ダイヤモンド、モアレストラップ
    《ブレスレット》カルティエ、 2014年ホワイトゴールド、オニキス、エメラルド 1個、ダイヤモンド
    《ネックレス》カルティエ、 2018年
        ホワイトゴールド、計199.02カラットのアフガニスタン産バロックシェイプ エメラルド 22個、スピネル、ガーネット、オニキス、トルコ石、ダイヤモンド
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12092] 【愛知】名古屋市美術館/カラヴァッジョ展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/11/09(Sat) 18:49:41  

     大須観音の名古屋市美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=23&c=17で開催中の展覧会を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「カラヴァッジョ展」〜12/15(日)
        月曜休館
        開館時間:午前9時30分〜午後5時(金曜は8時まで、入館は閉館30分前まで)
        入館料金:一般1600円 高大生1000円 中学生以下無料
           障害のある方、難病患者の方は手帳の提示により本人と付添者2名まで半額
           名古屋市交通局の「ドニチエコきっぷ」「一日乗車券」を当日利用者は100円割引

     16世紀末、ミケランジェロ・メリージ(1571-1610)、通称カラヴァッジョは、光と闇の効果を活かした表現で、宗教や神話の世界を描いて知られ、、同時代および後世の画家たちに多大な影響を与え、まもなくレンブラントやラ・トゥールが登場する下地を用意した。本展は、カラヴァッジョの作品約10点(帰属作品を含む)と、その追随者ら同時代の画家たちの作品約30点を展示。
     ハートフォードの画家/ミケランジェロ・メリー ジ・ダ・カラヴァッジョ(?)《花瓶の花、果物および野菜》 1605–06年頃 より前
     ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ《リュート弾き》1596–97年頃  
       《メドゥーサの盾(第一ヴァージョン)》1596–98年頃
       《法悦のマグダラのマリア》1606年
       《聖アガピトゥスの殉教》1606–09年頃
     アンニーバレ・カラッチ《笑う若者の頭部》1580年代
     ジョヴァンニ・バリオーネ《聖ペテロの悔悛》 1606年
     ジュゼッペ・チェーザリ 通称カヴァリエーレ・ダルピーノ《裸の男たちに助けられて急流を渡る ディアナとニンフたち》1621–22年
     アンティヴェドゥート・グラマティカ《宝飾品を身につけた若い女性の半身像》
       《清純の寓意》 1620年頃
     オラツィオ・ボルジャンニ《自画像》 1607–10年頃
     グイド・レーニ《ルクレティア》
     トンマーゾ・サリーニ《羊に乗る子どもと婦人》
     17世紀前半の不詳画家《聖トマスの不信(カラヴァッジョ作品からの模写)》 1610頃–66年  など

    記念講演会:11/10(日)午後2〜3時30分
    「カラヴァッジョと斬首」宮下規久朗氏(神戸大学教授)
    展覧会解説:11/23(土・祝)午後2〜3時30分、保崎裕徳氏(学芸係長)
     以上、2階講堂にて、定員180名、先着順午後1時30分に開場し、定員に達し次第終了、要入館券

    ボランティアによるギャラリートーク:11/13(水)14(木)15(金)19(火)20(水)21(木)26(火)27(水)
     午前10時30分〜、午後1時30分〜、約60分
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12091] 【東京】オペラシティアートギャラリー/カミーユ・アンロ 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/11/08(Fri) 00:05:57  

     新宿初台の東京オペラシティアートギャラリーhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=94で開催中の展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「カミーユ・アンロ|蛇を踏む」〜12/15(日)
        月曜休館(祝日の場合は翌日)
        開館時間:午前11時〜午後7時(金土は8時まで、入場は閉館30分前まで)
        入場料金:一般1200円 高大生800円 中学生以下無料
            障害者手帳をお持ちの方および付添1名は無料。
     1978年フランス生まれで映像、彫刻、ドローイング、インスタレーションなどさまざまなメディアを駆使して「知」と「創造」の新しい地平を探求するカミーユ・アンロ。文学、哲学、人類学、デジタル化された現代の情報化社会をはじめ、世界のあらゆるものに開かれ、咀嚼し、理解して秩序と混沌の両義性をもった作品へとおおらかに昇華させるのが、アンロの最大の魅力。
     日本においてアンロの作品は映像を中心に紹介され、本展は、大型のインスタレーション作品を含めた展示で、いけばなに触発された作品は、草月流の全面的な協力によって会場で制作。

     〈革命家でありながら、花を愛することは可能か〉2011- ミクストメディア
     《源氏物語 紫式部》2014 ミクストメディア
     《矛盾したメッセージを送る》2018 水彩、紙
     《どれにしよう》2019 インク、紙
     《偉大なる疲労》2013 ヴィデオ 13分
     《青い狐》2014 ミクストメディア


    キュレーター・トーク:野村しのぶ氏、11/16(土)23(土・祝)午後4〜5時30分 
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                     参考:館のチラシとホームページ
       
                        明日香 光二/馬場 英明


      [No.12090] 【奈良】歴史に憩う橿原市博物館/ならの史跡に行こう(飛鳥ー江戸時代) 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/11/08(Fri) 00:03:52  

     新沢千塚にある歴史に憩う橿原市博物館で開催中の展示を紹介します。唐古・鍵考古学ミュージアムhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=29&c=43との連携特別展です。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆連携特別展「ならの史跡に行こう(飛鳥ー江戸時代)」〜12/15(日)
       月曜休館
       入館料金:大人300円 高大生200円 小中生100円
        橿原市内在住または市内学校に通学する小中学生は毎週土曜無料
        11/10(日)は「千塚KoFunフェスタ2019」 
        11/16(土)17(日)は「関西文化の日」
        12/3(火)〜8(日)は「歴史に憩う橿原市博物館メモリアルウィーク」のため無料
     本展は、記念物100年展参加事業・第54回全国史跡整備市町村協議会大会開催記念事業として、奈良県の史跡をテーマにその魅力を紹介。当館では飛鳥時代〜江戸時代の史跡を展示し、奈良県の歴史の奥深さを楽しむ。
     (飛鳥時代)本薬師寺、藤原宮跡、牽午子塚古墳
           川原寺跡、川原寺裏山遺跡、マルコ山古墳
     (奈良時代)大安寺旧境内、宮滝遺跡
     (江戸時代)郡山城跡

    講演会「シルクの杜」教室3(橿原市川西町855-1 博物館東隣)
       定員70名(先着順)午前10時〜11時30分(午前9時開場)無料
    11/9(土)「古代の都に行こう」松井 一晃氏(当市教育委員会事務局文化財課 統括調整員兼学芸係長)
    11/23(土・祝)「キトラ・高松塚古墳壁画の統一的理解」泉 武 氏(高松塚壁画館 学芸員)
    12/1(日)「古代寺院の特質と魅力」大西 貴夫 氏(奈良県立橿原考古学研究所 指導研究員)
    12/7(土)「大和における近世城郭の成立‐「大和三城」の成立と変遷を中心に」
              十文字 健 氏(大和郡山市都市計画課 文化財保存活用係 主任)
     講演会終了後、博物館にて学芸員が特別展の解説を行う

    ワークショップ「カラー拓本にチャレンジ!」
     毎週土日祝日の10時・午後2時より1時間程度(先着15名)
     費用300円(入館料別)当日申込
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                     参考:館のチラシとホームページ
       
                        明日香 光二/馬場 英明


      [No.12089] 【奈良】唐古・鍵考古学ミュージアム/ならの史跡に行こう(縄文−古墳時代) 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/11/08(Fri) 00:03:04  

     唐古・鍵考古学ミュージアムhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=29&c=71で開催中の展示を紹介します。歴史に憩う橿原市博物館との連携特別展です。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆令和元年度秋季企画展「ならの史跡に行こう(縄文−古墳時代)」〜12/1(日)
       月曜休館

     全国1,823件の国指定「史跡」のうち、奈良県には全国最多118件(うち特別史跡10件含む)あり、田原本町では1999年に、弥生時代の大集落である唐古・鍵遺跡の中心部が国の史跡に指定された。本展では、県内にある縄文時代から古墳時代の史跡を取りあげ、出土遺物を紹介する。
    (縄文時代) 大川遺跡(山添村)縄文土器、石器
    (縄文・弥生時代) 宮滝遺跡(吉野町)縄文土器、弥生土器、石器
    (古墳時代)纒向遺跡(桜井市)仮面、鎌柄、木製盾(複製)
          佐味田宝塚古墳(河合町)銅鏡片、車輪石片
          赤土山古墳(天理市)形象埴輪、滑石製・緑色凝灰岩製玉類
          巣山古墳(広陵町)水鳥形埴輪
          ナガレ山古墳(河合町)滑石製玉類、土製小型模造品
          乙女山古墳(河合町)円筒埴輪、小型丸底壷
          宮山古墳(御所市)船形陶質土器

    関連講演会:午後3時〜4時30分、1階 視聴覚室
    11/9(土)「ヤマトの夜明け〜縄文時代の奈良」平岩欣太 氏(橿原市教育委員会事務局)
    11/23(土)「ヤマト国形成と倭国の成立と確立」岸本直文 氏(大阪市立大学)
    12/1(日)「5世紀のヤマト」坂靖 氏(奈良県)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                     参考:館のチラシとホームページ
       
                        明日香 光二/馬場 英明


      [No.12088] 【奈良】桜井市立埋蔵文化財センター/王権の地、桜井 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/11/08(Fri) 00:01:48  

     三輪の桜井市立埋蔵文化財センターhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=29&c=48で開催中の特別展を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆特別展「王権の地、桜井」〜12/8(日)
         月火曜休館(祝日の場合は開館)
         開館時間:午前9時〜午後4時30分(入館は4時まで)
         入館料金:一般400円 小中生200円

     奈良盆地の東南部に位置する桜井市で、特に3〜4世紀の古墳時代前期に関して、出現期の纒向石塚古墳・勝山古墳、矢塚古墳などの纒向古墳群や、箸墓古墳・桜井茶臼山古墳・メスリ山古墳などの古墳時代前期の大型前方後円墳や、3世紀代に最大の掘立柱建物が見つかった纒向遺跡があり、これらの古墳や掘立柱建物は王権を示し、桜井の地がヤマト王権成立の地であると考えられる。
     また市内には第10代崇神天皇の磯城瑞籬宮をはじめに、第32代崇峻天皇の倉梯宮までの12代にわたる天皇の宮跡伝承地があり、特に第21代雄略天皇の泊瀬朝倉宮伝承地付近にある脇本遺跡の発掘調査で、5世紀代の掘立柱建物や壕状遺構が見つかり、宮跡の可能性が注目されている。奈良県立橿原考古学研究所附属博物館との共同企画で、桜井市、博物館、橿原考古学研究所所蔵遺物を合わせて陳列し、「王権の地、桜井」を知る。

    関連講演会「王権の地、桜井を語る 〜纒向遺跡と脇本遺跡〜」
    11/24(日)桜井市立図書館第1研修室にて、午後1時30分〜4時(開場は1時)定員270名(要申込)入場無料
     「脇本遺跡の調査とその成果」北井利幸氏(奈良県立橿原考古学研究所附属博物館)
     「雄略天皇の泊瀬朝倉宮を考える」前園実知雄氏(奈良芸術短期大学教授)

    申込方法
    往復ハガキに聴講希望日・住所・氏名・連絡先を明記の上、
    〒633-0074 奈良県桜井市大字芝58番地の2
    公益財団法人桜井市文化財協会「特別展関連講演会」係まで(ハガキ1枚につき1名)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                     参考:館のチラシとホームページ
       
                        明日香 光二/馬場 英明


      [No.12087] 【京都】美術館「えき」KYOTO/西洋近代美術にみる 神話の世界 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/11/08(Fri) 00:01:01  

     美術館「えき」KYOTOhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=73 で開催中の展示を紹介します。 
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「西洋近代美術にみる 神話の世界」〜11/17(日)
       会期中無休
       開館時間:午前10時〜午後8時(入館は閉館30分前まで)
       入館料金:一般1000円(800円) 高大生800円(600円) 小中学生600円(400円)
         ( )内は「障害者手帳」をご提示者と同伴者1名の料金

     ギリシャ・ローマ神話は、ルネサンス期以降、古典を教養としていた宮廷人や君主たちに愛され、宮殿や邸宅を飾る美術品の主題として人気を誇り、近代市民社会でも生きつづける。18世紀後半からは遺跡発掘の成果によって古代ギリシャ・ローマを考古学的興味の基に表現する作品が数多く制作され、神話は歴史や聖書と並んで最も正統な主題の一つとして、前衛美術が興隆する19世紀末以降もインスピレーションの源となった。本展では、18世紀半ばから20世紀にかけての作家を取り上げ、ギリシャ・ローマ神話や古典古代を主題とする作品を展覧。

    序章 いにしえなるものへの憧れ
     ジョヴァンニ=バッティスタ・ピラネージ『ローマの古代遺跡』1756年刊行 エッチング・紙
     不詳 《赤絵手人物文ピュクシス》前5−前4世紀(ギリシャ、アッティカ地方) 陶器
     リュシッポスの作品による《ヘラクレス・エピトラペジオス(卓上の ヘラクレス)》1−2世紀(ローマ時代)大理石

    第I章 甘美なる夢の古代
     ジョン・フラクスマン『神統紀、仕事と日々とヘシオドスの 生きた時代』1817年刊行 スティップル・ラインエングレーヴィング・紙
     エドワード・コーリー・バーン=ジョーンズ『フラワー・ブック』1882−98年(1905年刊行)リトグラフ(一部手彩色)・紙
     マックス・クリンガー『オヴィディウスの「変身譚」の犠牲者の救済』1879年

    第II章 伝統から幻想へ
     ジャン=オーギュスト=ドミニク・アングル《ユピテルとテティス》1807−25年頃 油彩・カンヴァス
     ジャン=バティスト・カミーユ・コロー《愛の秘密》1855−56年 油彩・カンヴァス
     オノレ・ドーミエ『古代史』1841−43年 リトグラフ・紙
     ジャン=フランソワ・ミレー 《眠れるニンフとサテュロス》1846−47年 油彩・カンヴァス

    第III章 楽園の記憶
     ピエール=オーギュスト・ルノワール《水のなかの裸婦》1888年 油彩・カンヴァス
     ラウル・デュフィ《アンフィトリテ(海の女神)》1936年 油彩・カンヴァス
     マリー・ローランサン《三美神》1921年 油彩・カンヴァス

    第IV章 象徴と精神世界
     パブロ・ピカソ『ヴォラールのための連作集』1930−37年(1950年刊行)エッチング・紙
     ジョルジオ・デ・キリコ《オレステスとピュラデス》1921年 リトグラフ・紙
     ポール・デルヴォー《水のニンフ(セイレン)》1937年 油彩・カンヴァス  など
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                     参考:館のチラシとホームページ
       
                        明日香 光二/馬場 英明


      [No.12086] 【奈良】香芝市二上山博物館/聖徳太子と古代王家 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/11/07(Thu) 00:05:41  

     香芝市二上山博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=29&c=65で開催中の特別展を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆令和元年度特別展「聖徳太子と古代王家〜片岡・広瀬地域の開発〜」〜12/8(日)
        月曜休館(祝日の場合が翌日)
        入館料金:一般350円 高大生250円 小中生150円

     奈良盆地北西部を流れる大和川以南に位置する片岡・広瀬地域は、河内から大和へ至る西の玄関口として『古事記』や『日本書紀』の記述され、竹内街道や大坂道、竜田越などが通るが水路では 大和川を利用して、隋使裴世清が来日するなど、外交使節を迎える重要な場所でもあった。
    本展では、聖徳太子が生きた時代“7世紀”を中心に焦点をあて、奈良盆地北西部における弥生時代から奈良時代までの文化財を一堂に展示し、古代王家による片岡・広瀬地域の開発について展観。
        法隆寺釈迦三尊像光背銘・拓本
        古新羅系軒丸瓦
        尼寺南廃寺単弁蓮華文軒丸瓦
        尼寺北廃寺塔心礎上面出土品 など

    ミニシンポジウム「発掘担当者に聞く、聖徳太子関連遺跡!」11/10(日)午後1〜4時(開場正午〜)
     基調講演(1)「尼寺廃寺跡と周辺の遺跡」 西垣 遼氏(香芝市教育委員会生涯学習課学芸員)
     基調講演(2)「西安寺・片岡王寺と聖徳太子」 岡島永昌氏(王寺町地域交流課文化資源活用係長)
     基調講演(3)「中宮寺の発掘調査成果」荒木浩司氏(斑鳩町教育委員会生涯学習課文化財係長)
     シンポジウムテーマ「古代寺院からみた奈良盆地北西部の古代王家」
       司会・進行 松田真一氏(館長)
    講演会:午後2〜3時30分(開場1時)
    12/7(土)「古代大坂越えの道 〜大和と河内を結ぶ交通の要衝〜」近江俊秀氏(文化庁文化財部記念物課主任調査官)
    以上の会場 ふたかみ文化センター1F 市民ホール 定員300名(先着順)

    ギャラリートーク:11/16(土)17(日)午前10時〜、午後2時〜
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12085] 【大阪】人権博物館(リバティおおさか)/江戸を科学する−火縄銃・甲冑・医術・忍術 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/11/07(Thu) 00:04:18  

     大阪環状線芦原橋の大阪人権博物館(リバティおおさか)http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=13で開催中の企画展を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆企画展「江戸を科学する−火縄銃・甲冑・医術・忍術」〜12/14(土)
        日〜火曜休館
        開館時間:水木金午前10時〜午後4時、土曜午後1〜5時
        入館料金:一般900円 高大生・65歳以上600円 小中生400円 障がい者と付添・引率無料
     江戸時代は封建社会で文明(西洋)から立ち遅れていたと思われるが、整骨医でもある澤田氏は、前近代の被差別民を含めた職人技や武術、医術の中に、すでに西洋に匹敵する技や科学があることに気付く。武具に使われた革や鉄砲、和時計、医術器具、捕鯨道具、地震探知機まで多岐にわたる科学・医術や歴史を見る、江戸の科学に迫る。
       捕鯨用大火縄銃
       家康公を狙撃した馬上用火縄銃
       鉄砲鍛冶がつくった自転車
       地震予知機
       総革製の忍者鎧
       鉄砲鍛冶が作った江戸時代唯一の金属製望遠鏡
       息討器 真田幸村発明「目潰し」
       江戸時代最大の砲弾 打ち上げ花火
       大名時計 和時計 など

    講演・実演「あなたも真田幸村や忍者になれる!」あっと驚く実演、江戸時代の科学が目の前に
      リバティホールにて、参加費900円、企画展見学可
    第2弾江戸時代の科学・医術:11/17(日)午後2時〜
    第3弾これが忍者だ!12/8(日)午後2時〜
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12084] 【長野】軽井沢千住博美術館/千住博 水の記憶展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/11/06(Wed) 00:14:33  

     軽井沢千住博美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=20&c=154で開催中の展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「千住博 水の記憶展−水墨画1500年の源流に挑んだ新作水墨画シリーズ−」〜12/25(水)
       火曜休館(祝日は開館)
       入館料金:一般1200円 高大生800円 中学生以下・障がい者無料
     昨年還暦を迎え、高野山金剛峯寺襖絵完成記念『千住博展』が全国を巡回する中、千住博が20点の水墨画「水の記憶」を生み出した初めてのお披露目。
     中国の唐の時代に生まれた水墨画が持つ、墨によって表す濃淡の効果により、千住博は本シリーズで大気として表現する。代表作として知られる「ウォーターフォール」は、水の性質を活かし、水で溶いた胡粉を画面に流すことで画面上に滝を再現した。近年制作された「崖」シリーズ、新作「水の記憶」も、大気という水の集合体を墨という素材を通じて、雲として再現したもの。ほかにも、現在全国の美術館を巡回中の「高野山金剛峯寺襖絵完成記念『千住博展』」で紹介する襖絵制作の取材先・空海ゆかりの室戸岬で着想を得た新作「海と空」や、東京藝術大学在学中の初期作品から現在に至る主要作を展示、千住絵画の魅力とその歴史を振り返る。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 暗証キー

    - Web Forum -
    - Antispam Version -