ほっとミュージアム 談話室
[ホームへもどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 発言サイズは画像も含めて130KBまで、URLは20個までです。
  • その他[留意事項]を良くお読みの上ご利用ください
  • 新規紹介用 でワード検索すると、フォーマット発言が開きます

  •   [No.10673] 【現代美術】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/06/01(Thu) 00:31:38  

      自由な造形や映像などの現代美術の新しい展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに紹介済みのものに加えて、訪問にご利用下さい。

    【東京】
    トーキョーワンダーサイト本郷
     ☆TWS-Emerging 2017【第1期】
        270黒石美奈子「静かなのにうるさい」
        271黒田恭章「contextile」
        272神 祥子「まばたき/あらわれ」6/10(土)〜7/9(日)
     ☆TWS-Emerging 2017【第2期】
        273山内祥太「恐怖の回り道」
        274伊藤夏実「無数の、動くものと 動かないものとの境界線と 力の中心」
        275鹿野洋平「すべてはよその声」7/22(土)〜8/20(日)
     ☆TWS-Emerging 2017【第3期】
        276渡部仁美「その場にいるような風景画−風景の中の猫−」
        277林 菜穂「見ている人を 見ている人」
        278石井佑果「秘すればフラワー」9/2(土)〜10/1(日)

    【神奈川】
    横浜市民ギャラリーあざみ野,☆あざみ野コンテンポラリーvol.8「渡辺豪展(仮題)」10/7(土)〜10/29(日)映像

    【兵庫】
    あまらぶアートラボ A-Lab.,☆新鋭アーティスト発信プロジェクト「A-Lab Artist Gate2017」〜7/17(月・祝)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   明日香 光二/馬塲 英明


      [No.10671] 【版画彫刻】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/06/01(Thu) 00:30:24  

      版画や彫刻の新しい展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに紹介済みのものに加えて、訪問にご利用下さい。

    【東京】
    上野の森美術館,☆「浅尾水香子 個展」6/20(火)〜6/26(月)木彫
    すみだ北斎美術館,☆開館記念展III「てくてく東海道−北斎と旅する五十三次−」 〜6/11(日)
    平櫛田中彫刻美術館
     ☆平成29年度 冬季展示「民藝運動の作家たち」11/15(水)〜平成30年2/4(日)(平成30年2/5(月)臨時休館)
    GAS MUSEUM がす資料館
     ☆第一回企画展「繙(ひもと)かれた作品たち 初お目見えコレクション展」〜7/2(日)

    【京都】
    京都dddギャラリー
    ☆第212回企画展「仲條正義 IN&OUT,あるいは飲&嘔吐」〜6/24(土)

    【兵庫】
    神戸ファッション美術館
     ☆「今森光彦 自然と暮らす切り紙の世界―里山のアトリエで生まれる命たち」7/13(木)〜10/9(月・祝)
    横尾忠則現代美術館
     ☆兵庫県政150周年記念先行事業
    開館5周年記念展「横尾忠則 HANGA JUNGLE」9/9(土)〜12/24(日)
    姫路市立美術館,☆「永井一正ポスター展」11/12(日)〜12/24(日)

    【島根】
    出雲市立出雲文化伝承館,☆生誕120年「大野明山 木彫展−明山と郷土の木彫ー」6/3(土)〜7/9(日) 
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   明日香 光二/馬塲 英明


      [No.10667] 【日本画書】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/06/01(Thu) 00:28:00  

      日本画や書道の新しい展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに紹介済みのものに加えて、訪問にご利用下さい。

    【東京】
    講談社野間記念館,☆「竹内栖鳳と京都画壇展 京の美意識が拓く、近代日本画の境地。」〜7/17(月・祝)

    【神奈川】
    鎌倉市鏑木清方記念美術館
     ☆特別展『續こしかたの記』刊行50周年記念「名品でたどる、清方のあゆみ」〜7/2(日)
    鎌倉・吉兆庵美術館,☆「絵手紙を愛した歌人 清水比庵展」〜7/2(日)<タイトル追加>

    【愛知】
    徳川美術館
     ☆企画展「江戸の生きもの図鑑 みつめる科学の眼」6/2(金)〜7/9(日)名古屋市蓬左文庫と併催
    名古屋市蓬左文庫
     ☆企画展「江戸の生きもの図鑑 みつめる科学の眼」6/2(金)〜7/9(日)徳川美術館と併催

    【兵庫】
    三木美術館,☆「松岡映丘 やまと絵の世界」11/22(水)〜平成30年2/18(日)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   明日香 光二/馬塲 英明


      [No.10665] 【洋画】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/06/01(Thu) 00:26:42  

     外国絵画の新しい展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに紹介済みのものに加えて、訪問にご利用下さい。

    【兵庫】
    神戸市立博物館
     ☆「ボストン美術館の至宝展 東西の名品、珠玉のコレクション」10/28(土)〜平成30年2/4(日)
    兵庫県立美術館,☆「怖い絵展」7/22(土)〜9/18(月・祝)
    姫路市立美術館,☆「ユトリロ回顧展」〜7/2(日)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   明日香 光二/馬塲 英明


      [No.10664] 【京都】八幡市立松花堂庭園・美術館/異国へのあこがれ 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/05/31(Wed) 00:01:33  

     八幡市立松花堂庭園・美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=127では、海を越えてもたらされる中国文化へのあこがれを表す美術品を展示しています。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆平成29年初夏展「異国へのあこがれ」〜7/2(日)
         月曜休館
         入館料金:一般400円 学生300円 高校生以下無料
               〈庭園共通券〉一般760円 学生570円
     松花堂昭乗(1584〜1639)をはじめ、江戸時代の文化をリードした人たちも、異国に対するあこがれを抱き、多く中国の人物や風物、そして、そこから生み出される情感まで、多様な時代の文化を紡いだ。
     例えば、安倍仲麻呂の歌を書した紙に、中国風の紙(唐紙)が用いられた昭乗の書「百人一首色紙帖」、日本でも有名な詩人のひとり、中国北宋時代の蘇軾(1036〜1101)を描いた2種類の像など。
        海北友松画、龍室宗章賛「自浄其意図」
        「蜀棧道図」
        「蘇文忠公像写」
        松花堂昭乗書「劉禹錫像賛「陋室銘」」
        大倉笠山筆「赤壁山水図」   など

    ミニトーク:6/30(金)午後4時より(約30分) 入館料のみ
    「江戸の中国趣味」 影山 純夫氏(学芸顧問、神戸大学名誉教授)  
    要申込:来館または電話・FAXにて、定員になり次第、締切

    学芸員による展覧会みどころ解説 <ギャラリートーク>
        6/3(土)17(土)24(土)午後2時より  申込不要
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                          明日香 光二/馬場 英明


      [No.10660] Re: 【京都】国立博物館/海北友松 投稿者:   投稿日:2017/05/23(Tue) 22:33:04  

    こんにちは

     ということで、5月20日に海北友松展に行って来ました。思いがけず今年2度目の京都国立博物館です。

     茅野発の夜行バスで20日の早朝京都着なので、開館時間まで4時間近くあります。朝食後に一度北へ回って建仁寺(まだ拝観時間前)、六波羅蜜寺に行って8時30分頃に京都国立博物館入口に着きました。開館1時間前なのに既に行列ができていました。でも、前にも感じたけれども京都国立博物館の人は大混雑に対応するのは慣れているようです。

     海北友松は私も初めて聞く名前でした。最初の頃は狩野派みたいなところもありますが、ある時期からの簡素なスタイルが特徴的だと感じました。

     その後、ゆかりのある建仁寺に戻っても良いのですが、他の所に行きたくなってやめました。


      [No.10654] 【全国】鉄道関係企画展 17年05月以降 その2 投稿者:かずや  投稿日:2017/05/14(Sun) 13:08:59  

    おじゃまします。下記、追加致します。

    お詫び。
    前回の[No.10644]のタイトルですが、下記に訂正させていただきます。
    失礼致しました。
    Re:【全国】鉄道関係企画展 17年04月以降→【全国】鉄道関係企画展 17年05月以降

                           かずや:渡辺 和也
    ---------------------------------------------------------------------------
    【群馬】
    ・嬬恋郷土資料館
     企画展「草軽電鉄と嬬恋村」
     3月17日(金)〜10月29日(日)
     注:8月22日(火)〜8月31日(木)は展示替えのため休止。
    http://www.vill.tsumagoi.gunma.jp/shiryo_kan/20170306kusakarudenntetutotumagoimura.html

    【神奈川】
    ・神奈川県立図書館
     本館多目的ルーム前展示「豆相人車・熱海軽便鉄道と文学」
     4月8日(土)〜6月7日(水)
    http://www.klnet.pref.kanagawa.jp/yokohama/information/tamokumaetenji170408.htm

    【岡山】
    ・岡山県立図書館
     展示「寝台列車」
     4月18日(火)〜6月18日(日)
    http://www.libnet.pref.okayama.jp/event/tenji/image/2017/shizen/20170418sleeper-train.htm

    ・岡山シティミュージアム
     小企画 「岡山と鉄道」(仮称)
     9月15日(金)〜11月26日(日)
    http://www.city.okayama.jp/okayama-city-museum/tenji/tenji_index.html

    以上です。


      [No.10653] 【京都】府京都文化博物館/いつだって猫展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/05/09(Tue) 23:20:52  

     三条高倉の京都府京都文化博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=39では、猫の美術の展示が開催中です。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「いつだって猫展」〜6/11(日)
         月曜休館 
         午前10時〜午後6時(金曜は7時30分まで、入場は閉室の30分前まで)
         入館料金:一般1300円 高大生1000円 小中生500円
     古くから日本人の生活に寄り添い、多くの物語や絵に描かれ表され、特に江戸時代後期に訪れた「猫ブーム」。
     本展では、特に猫をモチーフとした浮世絵や招き猫の世界を中心に、人々を熱狂させた古き良き「猫ブーム」の諸相を紹介する。猫が人々にもたらした生活の恩恵と苦闘、猫とともに歩んだ昔の人々の生き方と歴史が様々に込められた猫の姿を見る。
       歌川広重『浮世画譜』三編 嘉永〜安政期(1848〜1860)頃刊
       歌川国芳 荷宝蔵壁のむだ書 嘉永元年(1848) 
       歌川国芳 猫の当字 かつを 天保14年(1843) 
       歌川国芳 たとゑ尽の内 嘉永5年(1852) 
       猫鼠十六むさし 明治時代    など
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                          明日香 光二/馬場 英明


      [No.10650] 【兵庫】姫路市立美術館/ユトリロ回顧展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/05/08(Mon) 23:45:53  

     姫路城下の姫路市立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=40では、フランス絵画の展示が開催中です。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「ユトリロ回顧展」〜7/2(日)
       月曜休館
       入館料金:一般1200円 高大生600円  小中生200円
            療育手帳、精神障害者保健福祉手帳または身体障害者手帳をお持ちの方及び介護者1名は、
             手帳提示で常設展は免除、企画展は半額
     モンマルトルの裏町を描いた画家として、日本で最も人気のある画家モーリス・ユトリロ。その代表作、母シュザンヌ・ヴァラドンと、ユトリロの友人であり、母ヴァラドンの夫であった画家アンドレ・ユッテルの日本初公開作品も含めた回顧展を開催。
     1883年パリ生まれのユトリロは、アルコール依存症の治療のため描いた絵画にすばらしい才能を発揮し、1909年にサロン・ドートンヌに初出品。この頃、白を基調とした作品で白の時代と呼ばれ、名声を得る。1928年にはレジオン・ドヌール勲章を受け、55年にはパリ名誉市民となりましたが、まもなく旅先のホテルで急死。まさにユトリロの画業と人生を辿る大回顧展。
      《ノルヴァン通り、モンマルトル》 1912-1914年頃
      《パリのサン=セヴラン教会》1910-12年頃
      《可愛い聖体拝受者》、トルシー=アン=ヴァロワの教会(エヌ県) 1912年頃
      《サン=メダール教会とムフタール通り》1913年
      《モンマニーの3本の通り(ヴァル=ドワーズ県)》1908年頃
      《アングレームのサン=ピエール大聖堂(シャラント県)》1935年  など

    解説会:5/13(土)午後2時〜 2階講堂、学芸員による、先着100人

    ギャラリートーク:6/10(土)先着20人

    子どもギャラリーツアー:5/20(土)
     小学1〜3年生と保護者:午前10時20分〜11時
     小学4〜6年生と保護者:午前11時30分〜午後0時10分  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                          明日香 光二/馬場 英明


      [No.10649] 【長崎】県美術館/愛の軌跡 マリー・ローランサン展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/05/08(Mon) 23:45:12  

     出島近くの長崎県美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=42&c=17では、女流画家の展示を開催中です。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「愛の軌跡 マリー・ローランサン展」〜6/18(日)
        5/22(月)、6/12(月)休館
        開館時間:午前10時〜午後8時(入館は7時30分まで)
        入館料金:一般1200円 高大生・70歳以上900円 小中生700円
               障害者手帳保持者及び介護者1名は前売料金(各200円引き)

     フランスの女性画家マリー・ローランサン(1883-1956)は、グレーとパステルカラーの組み合わせにより、夢見るような少女や憂いを帯びた女性たちの姿を抒情的に描いた。20世紀初頭のパリで、画家ピカソや恋人となる詩人のアポリネールらとの出会いを通じて自らの作風を模索したローランサンは、二つの世界大戦を経験した激動の時代を生き抜く中で、彼女は独自の詩情豊かな世界を確立する。マリー・ローランサン美術館の油彩から素描、版画、装飾関係の仕事まで約100点の優品により、初期から晩年までの画業をたどる。
      《花瓶の花》1906−07年頃
      《自画像》1905年頃
      《ニルス・フォン・ダルデル》1913年
      《お城の生活》1925年
      《らっぱをもって》1929年
      《鳩と花》1935年頃
      《音楽》1944年頃 
      《三人の若い女》1953年頃 など

    学芸員によるギャラリートーク(展示解説):5/20(土)6/10(土)午後2時30分〜

    母の日の親子鑑賞会:5/13(土)、14(日) (1)午前10時30分〜 (2)午後1時30分〜 約40分
    対象:子ども(小学4年生以上)と大人の1組  定員5組程度先着
     (開始30分前からカフェ前「橋の回廊」で受付)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                          明日香 光二/馬場 英明


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 暗証キー

    - Web Forum -
    - Antispam Version -