ほっとミュージアム 談話室
[ホームへもどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 発言サイズは画像も含めて130KBまで、URLは20個までです。
  • その他[留意事項]を良くお読みの上ご利用ください
  • 新規紹介用 でワード検索すると、フォーマット発言が開きます

  •   [No.11705] 【日本画書】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/05/02(Thu) 22:43:21  

     日本画や書道の新しい展示を紹介します。ほっとミュージアムに紹介済みのものに加えて訪問にご利用ください。

    【北海道】
    北海道立近代美術館
     ☆近美コレクション「風雅の人 蠣崎波響 展」
    「ざわめきの中へ 謎めくコレクションの打明け話」前期:〜5/26(日)
                                   後期:6/8(土)〜7/28(日)

    【群馬】
    群馬の森 群馬県立歴史博物館,☆2019年度特別収蔵品展「日本画の美」2020年1/4(土)〜2/24(月・祝)
    高崎市タワー美術館
     ☆収蔵作品展「四季の彩り 季節をめぐる表現」〜6/16(日)
     ☆企画展「江戸の遊び絵づくし」6/29(土)〜9/1(日)
     ☆企画展「日本画そぞろ歩き」9/14(土)〜11/10(日)
     ☆企画展「トップランナーIII坂本幸重・井田昌明・若山卓・須藤和之」11/23(土・祝)〜2020年1/13(月・祝)
     ☆企画展「暁斎×暁翠」2020年1/25(土)〜3/22(日)
    高崎シティギャラリー
     ☆第1展示室 第19回「群馬水墨画協会展」5/3(金・祝)〜5/8(水)
     ☆全展示室 第84回「高崎市民美術展覧会 書道」 (前期)5/19(日)〜5/23(木)
     ☆第6展示室「華画装IIIー花と俳画と表装とー」5/31(金)〜6/4(火)
     ☆第1展示室・予備室 公募第31回「日本水墨画振興展」6/7(金)〜6/12(水)
     ☆第2展示室「南北墨画会群馬支部〜楠墨会20周年記念展」6/7(金)〜6/12(水)
     ☆第2展示室 第28回「現代水墨?墨会水墨画展」6/28(金)〜7/3(水)
     ☆第6展示室「公文書写合同成果発表会」6/29(土)〜7/1(月)

    【埼玉】
    埼玉県立近代美術館
     ☆MOMASコレクション第1期「山水から風景へ」〜7/21(日)
     ☆MOMASコレクション第3期「近代日本画における中国」10/26(土)〜2020年2/2(日)

    【千葉】
    成田山書道美術館,☆「筆とるひと−近現代日本の書のひろがり−」〜6/23(日)

    【東京】
    佐藤美術館
     ☆「日本画の多様性〜佐藤美術館収蔵品展〜」5/14(火)〜6/16(日)
     ☆「多摩美術大学大学院日本画研究領域二年次生展」8/20(火)〜9/1(日)

    【京都】
    相國寺承天閣美術館
     ☆「言祝ぎの美−寺宝でつづる吉祥」I期:〜6/23(日)
              II期:7/6(土)〜9/16(月・祝)
    橋本関雪記念館,☆「白沙村荘 春季展2019」〜5/12(日)
    細見美術館,☆「美の饗宴 若冲と祈りの美」〜6/16(日)
    千總ギャラリー,☆「日本を寿ぐ」〜 6/23(日)
    二条城築城400年記念展示・収蔵館
     ☆世界遺産登録25周年記念 原画公開 平成31年度第1期
      「梅と牡丹の障壁画 〜廊下を彩る花たち〜」〜6/16(日)

    【兵庫】
    尼信博物館(尼信会館)
     ☆3階展示室「山本添山 書道・篆刻展」7/13(土)〜8/18(日)   
     ☆1階展示室「日本画3人展 (岸律子・齋藤靖子・大林一夫)」10/5(土)〜11/10(日) 

    【島根】
    島根県立美術館,☆開館20周年記念展「堀江友聲−京に挑んだ出雲の絵師」〜6/3(月)

    【福岡】
    北九州市立小倉城庭園,☆「〜かわいい?そうでもない?いや、やっぱり可愛い!ねこ尽くし」〜6/23(日)
    福岡市美術館
     ☆第26回「江墨会水墨画展」6/18(火)〜6/23(日)ギャラリーE
     ☆「福井書道塾発表会“そして”」6/25(火)〜6/30(日)ギャラリーB、C
    田川市美術館,☆企画展「ヘタでもホンモノ 秀島踏波展」6/14(金)〜7/21(日)書
    福岡県求菩提資料館,☆2019 春の企画展「中国画家 盧秋 作品展」〜5/26(日)墨彩画
    太宰府天満宮宝物殿,☆「受け継がれる名筆−青山杉雨・高木聖鶴・高木聖雨 書展」〜9/29(日)

    【佐賀】
    佐賀大学美術館,☆特別展「佐賀の近代日本画」5/1(水)〜6/23(日)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                      明日香 光二/馬場 英明


      [No.11704] 【日本洋画】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/05/02(Thu) 22:21:50  

     日本人作家の洋画の新しい展示を紹介します。ほっとミュージアムに紹介済みのものに加えて訪問にご利用ください。

    【北海道】
    北海道立近代美術館
     ☆生誕100年「歿後20年 相原求一朗の軌跡」〜5/26(日)
     ☆アートギャラリー北海道「拝啓、藤田嗣治 様
        ―フランク・シャーマンと藤田、戦後の交友をめぐって―」前期:〜5/26(日)
                               後期:6/8(土)〜7/28(日)
    北海道立三岸好太郎美術館,☆所蔵品展「道化に魅せられて」〜7/4(日)

    【群馬】
    大川美術館,☆「松本竣介展― 4つのテーマ ―Vol.3 松本竣介 子どもの時間」〜6/16(日)
    群馬県立館林美術館,☆企画展示「熊谷守一 いのちを見つめて」〜6/23(日)

    【埼玉】
    埼玉県立近代美術館
     ☆企画展「森田恒友展」2019年2/1(土)〜3/22(日)洋画
     ☆MOMASコレクション第4期「春陽会−旗揚げのころ」2020年2/8 (土)〜4/19(日)

    【兵庫】
    神戸市立小磯記念美術館
     ☆「小磯良平作品選I−小磯芸術の流れ−」5/18(土)〜6/30(日)
     ☆特別展「夏休み特別企画 神戸の暮らしを“デザイン”する−小磯良平とグラフィックアート−」
     「小磯良平作品選II 特集:座る〜小磯のプライベート空間〜」7/13(土)〜9/1(日)
     ☆コレクション企画展示「絵画の“まなざし”を感じて」
     「小磯良平作品選III 特集:挿絵原画「古都」【川端康成・著】」9/14(土)〜11/10(日)
     ☆特別展「黄昏(たそがれ)の絵画たち−近代絵画に描かれた夕日・夕景−」11/16(土)〜2020年1/26(日)
     「小磯良平作品選IV -油彩-」11/16(土)〜2020年1/26(日)
     ☆「人形(ひと)を描く−小磯良平と西洋人形−」
     「新聞連載小説 挿絵原画展−「適齢期」(四)【白川渥・著】−」 
     「小磯良平作品選V−油彩−」2020年2/6(木)〜4/5(日)

    尼信博物館(尼信会館)
     ☆1階展示室 第75回記念「関西水彩画会選抜展」〜5/26(日) 
     ☆1階展示室「洋画五人展  スクランブル〜 都会 〜 
    (太井潤一・橋雅子・疋田正樹・松井美保子・松木美子)6/1(土)〜7/7(日)
     ☆3階展示室「上江洲茂夫展」6/1(土)〜7/7(日) 
     ☆1階展示室「児島真澄 油彩画展」7/13(土)〜8/18(日) 
     ☆1階展示室「洋画4人展(山中芳子・二川道夫・森田幹弘・嶋村和代)」8/24(土)〜9/29(日) 
    三木市立堀光美術館,☆「三木市美術協会 洋画部会展」5/19(日)〜6/2(日) 

    【鳥取】
    因幡万葉歴史館,☆開館25周年記念特別展 「安野光雅が描く 心のふるさと明日香 奈良」〜6/9(日)

    【福岡】
    久留米市美術館
     ☆没後50年「坂本繁二郎展」〜6/9(日)
     ☆「熊谷守一 いのちを見つめて」11/16(土)〜2020年1/13(月・祝)
    田川市美術館,☆コレクションコラボ「是澤清一展 ≪微睡≫」〜5/12(日)洋画

    【熊本】
    坂本善三美術館,☆「パリの街角から 坂本善三が見たヨーロッパ」〜 5/12(日)
    芦北町立星野富弘美術館,☆第12回「星野富弘美術館詩画公募展入賞作品展」〜5/12(日)
    つなぎ美術館,☆「境野一之没後30年特別企画展 ある画家と珈琲店」〜7/15(月・祝)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                      明日香 光二/馬場 英明


      [No.11703] 【洋画】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/05/02(Thu) 22:16:06  

     これから見られる外国絵画の新しい展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに紹介済みのものに加えて訪問にご利用下さい。

    【福島】
    いわき市立美術館
     ☆パナソニック汐留美術館蔵「ジョルジュ・ルオー展」9/14(土)〜10/27(日)

    【群馬】
    群馬の森 群馬県立近代美術館
     ☆「西洋近代美術にみる 神話の世界(仮称)」2020年2/8(土)〜3/22(日) 
    高崎市美術館,☆企画展「マルク・シャガール」2020年2/1(土)〜3/29(日)
    群馬県立館林美術館,☆企画展示「ピカソ《ゲルニカ》の世界展(仮称)」10/5(土)〜12/8(日)

    【埼玉】
    埼玉県立近代美術館
     ☆MOMASコレクション第1期「セレクション:ウジェーヌ・ドラクロワから新印象主義へ」〜7/21(日)
     ☆MOMASコレクション第2期「セレクション:モネとかピカソとか」7/27(土)〜10/20 (日)
     ☆MOMASコレクション第3期「セレクション:ドニとかフジタと」10/26(土)〜2020年2/2(日)
     ☆企画展「ニューヨーク・アートシーン −ロスコ、ウォーホルから草間彌生、バスキアまで
       滋賀県立近代美術館コレクションを中心に」11/14 (木・県民の日)〜2019年1/19(日)
     ☆MOMASコレクション第4期「セレクション:シャガールとか佐伯祐三とか」2020年2/8 (土)〜4/19(日)
     
    【大阪】
    東大阪市民美術センター,☆特別展「〜愛する風景に暮らす画家〜ブライアン・ウィリアムズ」5/15(水)〜 6/16(日)

    【岡山】
    岡山県立美術館,☆「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」〜6/16(日)

    【福岡】
    福岡市美術館,☆特別展「ギュスターヴ・モロー展 サロメと宿命の女たち」10/1(火)〜11/24(日)
    久留米市美術館
     ☆「ラファエル前派の軌跡−ターナー、ラスキンからロセッティ、バーン=ジョーンズ、モリスまで」6/20(木)〜9/8(日)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                      明日香 光二/馬場 英明


      [No.11702] 【ほっとミュージアム】5月改訂されました 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/05/02(Thu) 10:37:09  

     改元翌日、慶事にふさわしく関西は爽やかな五月晴れです。大型連休も後半となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。
     元号代わりでもありますが、月替わりで4月末までに談話室にアップされた情報をもとに、三ッ木さんにデータ編集を、ほりうちさんにサイト作成を担当して頂き、データベース「ほっとミュージアム」の改訂をしています。
     これまでにも全国各館で開催中の特別展・企画展を各館のページで紹介しておりますが、新たに連休以後の新しい展覧会の情報を加えております。
     初夏にふさわしい日本画や季節行事の展示ほか、新元号や元号そのものの歴史、慶びの美術作品などの展示が盛んです。
     連休後半のちょっとしたお出かけに、どうぞ ご利用頂き、ミュージアムのご感想やデータにお気づきの点など、この談話室へ書き込んでください。

                  本談話室の管理人 明日香 光二/馬場 英明


      [No.11701] 【京都】府京都文化博物館/太田喜二郎と藤井厚二 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/04/29(Mon) 23:02:44  

     三条高倉の京都府京都文化博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=44で、総合展示室内で開催中の展示を紹介します。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「太田喜二郎と藤井厚二ー日本の光を追い求めた画家と建築家ー」〜6/23(日)
       月曜休館(祝日の場合は翌日)
       午前10時〜午後6時(金曜日は7時30分まで、入室は閉館30分前まで)
       入館料金:一般500円 大学生400円 高校生以下無料
     近代京都の洋画家で、東京美術学校を卒業後、ベルギーに留学し、明るい光を印象派風の点描で描く技法を身につけた太田喜二郎と、近代京都の建築家で、東京帝国大学を卒業、西洋の技術を取り入れて日本の気候風土にあう住宅を追究した藤井厚二。本展は、絵画と建築というジャンルの異なる二人について、京都帝国大学(現・京都大学)建築学科での交流を通じ紹介。太田は自邸の設計を藤井に任せ、また二人は茶事などを通じて交流を深る、太田と藤井の仕事を、新発見の資料などを踏まえて、絵画と建築をクロスさせた新たな視点から紹介。
      太田喜二郎「樹陰」1911年
      太田喜二郎「帰農」1915年
      藤井厚二設計「聴竹居」重要文化財 1928年 写真:古川泰造
      藤井厚二設計「太田邸新画室(アトリエ)」1924年竣工 1931年増改築 写真:古川泰造

    シンポジウム「太田喜二郎と藤井厚二」6/2(日)午後2〜5時、別館ホール(定員170名)にて
           要事前申込み(館サイトより)先着順
    パネリスト:石田潤一郎氏(武庫川女子大学客員教授/京都工芸繊維大学名誉教授)
          中谷至宏氏(京都市美術館)、松隈章氏(竹中工務店)、山田真規子氏(目黒区美術館)、
          植田彩芳子氏(学芸員)

    ぶんぱく京都講座「太田喜二郎の画業と生涯」:6/16(日)別館2階講義室(定員40名)参加費500円、
       要事前申込み(館サイトより)
    【講 座】午後1時30分〜3時
    【特別解説】午後3時30分〜4時(希望者向け、展示室での特別解説)
     植田彩芳子氏(学芸員)

    学芸員によるギャラリー・トーク:5/24(金)6/7(金)6/14(金)午後6時〜30分程度
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11700] 【京都】府京都文化博物館/美を競う 肉筆浮世絵の世界 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/04/29(Mon) 23:00:57  

     三条高倉の京都府京都文化博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=44で行われている浮世絵の展示を紹介します。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「美を競う 肉筆浮世絵の世界」〜6/9(日)
       月曜休館(祝日の場合は翌日)
       午前10時〜午後6時(金曜日は7時30分まで、入室は閉館30分前まで)
       入館料金:一般1300円 高大生1000円 小中生500円
            障害者手帳等を提示者と付き添い1人は無料
     量産される錦絵の版画と違い、浮世絵師が絹本・紙本に直接描く一点物の肉筆浮世絵。絵師の手によって華麗な衣装の文様まで精緻に描かれた、濃密で、優美な浮世絵の世界有数の肉筆浮世絵コレクションを擁する、岐阜県高山市の光ミュージアム所蔵の珠玉の名品を大規模公開。
      祇園井特「紐を結ぶ女」
      溪斎英泉「立ち美人」
      葛飾北斎「日・龍・月」
      西川照信「奈良春日若宮社祭礼絵巻」など

    講演会:5/12(日)3Fフィルムシアターにて、午前10時30分〜正午 定員170名、入館券のみ、館サイトより申込み
    「肉筆美人画の夢うつつ」中山喜一朗氏(福岡市美術館副館長)

    学芸員によるギャラリートーク:5/17(金)5/31(金)午後6時から30分程度
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.11699] 【東京】静嘉堂文庫美術館/日本刀の華 備前刀展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/04/29(Mon) 21:29:13  

     二子玉川の静嘉堂文庫美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=206では、日本刀の展示をすると共に、曜変天目茶碗の一つを展示中です。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「日本刀の華 備前刀展」〜6/2(日)
        月曜休館(祝日は開館)5/7(火)休館
        開館時間:午前10時〜午後4時30分(入館は4時まで)
        入館料金:一般1000円 高大生700円 中学生以下無料
     上質な原料や水運の利に恵まれ、平安時代より優れた刀工を輩出し、圧倒的な生産量を誇り、今日「刀剣王国」と称される備前。「腰反(こしぞ)り」の力強い姿と、杢目(もくめ)を主体とした精緻な地鉄(ぢがね)に、「丁子乱(ちょうじみだ)れ」と呼ばれる変化に富んだ刃文が特徴とされ、鎌倉武士や戦国武将たちに用いられた。静嘉堂の蔵刀を中心に、重要文化財4振、重要美術品11振を含む在銘作約30振を精選し、「古備前(こびぜん)」と呼ばれる初期の刀工群から、一文字・長船・畠田・吉井・鵜飼など各流派による作風の展開をたどり、江戸幕府の御用をつとめた後藤家歴代とその門流(脇後藤)による刀装具を展示。さらに国宝「曜変天目(「稲葉天目」)」を特別出品。

    講演会:午後1時30分〜 地階講堂にて 定員120名、無料、当日開館時より整理券配布(1名につき1枚
     5/26(日)「静嘉堂の備前刀について」吉川永一氏(日本刀剣保存会 幹事)
     5/5(日)河野元昭館長のおしゃべりトーク「浦上玉堂―酒仙画家 饒舌館長 口演す」

    職方実演会「日本刀にたずさわる職方の技」5/18(土) 午前10時〜12時、午後1時〜4時30分 地階講堂にて
     実演:水野美行氏(日本刀鞘師)、小澤茂範氏(刀匠)、川上陽一郎氏(研師)
     当日受付、300円(入館料別)。

    静嘉堂コンサート 「100万人のクラシックライブ」
     5/11日(土)午後2時〜 地下講堂にて 参加料円(入館料別途必要) 予約制

    列品解説

    展示内容・作品につい:担当学芸員(展示室または講堂にて)
    午前11時〜:6/1(土)
    午後2時〜 :5/9(木)・5/23(木)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11698] 【奈良】国立博物館/藤田美術館展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/04/29(Mon) 21:27:30  

     奈良国立博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=29&c=2で開催中の展覧会を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆特別展「国宝の殿堂 藤田美術館展 曜変天目茶碗と仏教美術のきらめき」〜6/9(日)
        月曜(祝日は開館)と5/7(火)休館 
        開館時間:午前9時30分〜午後5時(金曜日は午後7時まで、入館は閉館の30分前まで)
        入館料金:一般1500円
    高大生1000円 小中生500円
             障害者手帳をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料
     国宝9件、重要文化財53件を含む世界屈指の日本・東洋美術のコレクションを所蔵する大阪の藤田美術館は、明治期に活躍した実業家・藤田傳三郎(ふじたでんざぶろう)(1841〜1912)とその息子平太郎、徳次郎兄弟の二代3人によって収集された美術工芸品を公開するため、昭和29年(1954)に開館した。 茶道具、水墨画、墨蹟、能装束、絵巻、仏像、仏画、経典、仏教工芸、考古資料など数多くの仏教美術が数多く含まれるので、2022年春のリニューアルオープンに向けて現在休館中の同館の名品を紹介。近代以降散逸の危機にあった文化財を収集しコレクションを築いた藤田傳三郎らの功績にも光を当てる。
       重要文化財 交趾大亀香合  1合 陶製 中国・明(17世紀)
       国宝 曜変天目茶碗  1口 陶製 中国・南宋(12〜13世紀)
       国宝 柴門新月図  1幅 紙本墨画 室町時代 応永12年(1405)前期展示(〜5/12)
       国宝 深窓秘抄  1巻 紙本墨書 平安時代(11世紀)
       国宝 紫式部日記絵詞  1巻 紙本著色 鎌倉時代(13世紀)後期展示(5/14〜6/9)
       国宝 玄奘三蔵絵 紙本著色 鎌倉時代(14世紀)巻第1・2:前期展示(〜5/12)、巻第3・4:後期展示(5/14〜6/9)
       国宝 両部大経感得図 藤原宗弘筆 2幀 絹本著色 平安時代 保延2年(1136)  前期展示(〜5/12)
       重要文化財 地蔵菩薩立像 快慶作 1躯 木造 彩色 截金 鎌倉時代(13世紀) 
       仏像彩画円柱 木造 彩色 鎌倉時代(13〜14世紀) 8本
       国宝 花蝶蒔絵挾軾 1基 木製 漆塗 蒔絵 平安時代(9世紀)後期展示(5/14〜6/9)
       国宝 仏功徳蒔絵経箱 1合 木製 漆塗 蒔絵 平安時代(11世紀)前期展示(〜5/12)
       国宝 大般若経(薬師寺経) 巻第五百(巻頭)紙本墨書 奈良時代(8世紀)
       重要文化財 伎楽面 酔胡従 1面 脱活乾漆造 彩色 奈良時代(8世紀)後期展示(5/14〜6/9)
       重要文化財 埴製枕 1個 埴製 古墳時代(4世紀)など

    公開講座:午後1時30分〜3時(開場1時)定員各194名、講堂にて。12時から講堂前にて、入場整理券(1人につき1枚)配布
     5/11(土)「国宝 曜変天目茶碗の謎にせまる」小林 仁氏(大阪市立東洋陶磁美術館学芸課長代理)
     5/25(土)「藤田美術館の仏教美術コレクション」岩井 共二氏(学芸部情報サービス室長)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11697] 【東京】サントリー美術館/左脳と右脳でたのしむ日本の美 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/04/29(Mon) 21:26:11  

     六本木のサントリー美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=48で開催中の展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆サントリー芸術財団50周年「nendo × Suntory Museum of Art
     information or inspiration? 左脳と右脳でたのしむ日本の美」〜6/2(日)
         会期中無休
         開館時間:午前10時〜午後6時(金・土と〜5/5(日・祝)は8時まで、入館は閉館の30分前まで)
                    5/25(土)は六本木アートナイトのため24時まで開館
         入館料金:一般1300円 高大生1000円 中学生以下無料
              障害者手帳をお持ちの方と介護の方1名無料
     作品の背景や製作過程、作者の意図や想いを知る左脳的なアプローチによる感動、理由もなく、心が揺さぶられる右脳的な感じ方による感動、双方で、日本の美術をたのしんでみる展覧会。サントリー美術館が所蔵する作品約3000件の中から27点を選定し、「information」と「inspiration」の2つの展示空間の狭間に作品を配置。
       赤楽茶碗 銘 熟柿 本阿弥光悦 江戸時代前期 17世紀前半
       菊蒔絵煙草盆 江戸時代後期 19世紀
       薩摩切子 藍色被船形鉢 江戸時代後期 19世紀中頃
       藍色ちろり 江戸時代中期 18世紀 など
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.11696] 【長野】八ヶ岳美術館/間島秀徳 投稿者:   投稿日:2019/04/21(Sun) 22:02:27  

    こんにちは

     今日見てきたのは八ヶ岳美術館の「間島秀徳 アース・ダイビング」でした。

     最初にチラシを見たときはビデオインスタレーションかと思いました。実は日本画であり、日本画だけれどもタイトルは"Kinesis...."と英語で付けられています。

     巨大な画面に山や海が描かれているようですが、ほとんど抽象のように見え、あまりタイトルに意味はないように感じられたので、途中からタイトルを見るのはやめました。

     展示室の両側にこれが並ぶと空間を染め上げるような感じで、空間として考えると優れた作品だと思いました。ある意味インスタレーションです。
     


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 暗証キー

    - Web Forum -
    - Antispam Version -