ほっとミュージアム 談話室
[ホームへもどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 発言サイズは画像も含めて130KBまで、URLは20個までです。
  • その他[留意事項]を良くお読みの上ご利用ください
  • 新規紹介用 でワード検索すると、フォーマット発言が開きます

  •   [No.11000] 【京都】府京都文化博物館/文化財写真とコロタイプ複製のあゆみ 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/12/31(Sun) 23:38:57  

     京都府京都文化博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=43では、京都の文化財を支えた写真技術の展示を開催中です。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆便利堂創業130周年記念
    「至宝をうつす−文化財写真とコロタイプ複製のあゆみ−」〜平成30年1/28(日)
         1/3まで休館、月曜休館(祝日の場合は開館、翌日休館)
          午前10時〜午後6時(金曜日は7時30分まで、入場は閉室の30分前まで)
         入館料金:一般1000円 高大生700円

     わが国の文化財には、古代から長い年月にわたり、貴重な文字資料や優れた絵画作品は臨写や模写など人の手によって写しが作られたものがあるが、近代以降は文化財はカメラによって写されることになる。
     また、明治以降に撮影された写真を原版とする印刷技法・コロタイプは自然な濃淡や階調の表現に優れており、国宝・重要文化財の絵画や書跡などの複製に利用され、文化財を後世に伝える役割を果たした。
     本展は、明治20年(1887)に京都の地で創業し今年で130周年を迎える便利堂が手掛けてきた文化財写真撮影と複製の歴史をたどり、法隆寺金堂壁画や高松塚古墳の撮影の歴史を紹介し、また、便利堂が製作した文化財複製を展示。


    記念講演会(2)1/13(土)午前10時30分〜正午、本館3階フィルムシアター(定員150名)、入館券要
    「文献資料の書写と複製」長村 祥知氏(当館学芸員)
    館サイトより申込

    文化財複製シンポジウム:1/7(日)午後1時30分〜4時 別館ホール(定員100名)入館券要
     基調講演(1)
       「模写・複製の理念と意義−絵画模写をめぐって−」朝賀 浩 氏(文化庁美術学芸課主任文化財調査官)
     基調講演(2)「美の記憶−封印された姿と時間−」村上 隆 氏(京都美術工芸大学副学長)
     座談会:「うつす」文化の未来 −変わるものと変わらないもの−
    パネリスト:朝賀浩氏、村上隆氏、長村祥知氏 司会進行:西村寿美雄氏(株式会社便利堂)
    館サイトより申込

    ギャラリートーク:1/27(土) 午後1時30分から30分程度
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.10999] 【愛知】徳川美術館・名古屋市蓬左文庫/奇才、我が道をゆく−達磨・布袋・一休・・ 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/12/31(Sun) 23:16:07  

     大曽根の徳川美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=23&c=5・名古屋市蓬左文庫http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=23&c=7で新春から開催されるめでたい展覧会を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆企画展「奇才、我が道をゆく−達磨・布袋・一休・・・−」 平成30年1/4 (木) 〜1/28 (日)
         月曜休館(1/8(月)は開館、翌9日(火)は休館)
         入館料金:一般1200円 高大生700円 小中生500円
                毎週土曜日は小中高生入館無料

     大きな袋とお腹に笑顔で、現代にもなじみ深い七福神の一人・布袋は、実は中国の実在の仏僧で、肩に担いだ布袋に施しとして受け取ったものを入れて泊まり歩き、遺言で自分は弥勒菩薩の化身と語ったと伝える。
     布袋のほか許由や巣父・達磨・寒山・拾得など、中国の様々な人物が取り上げられ、彼らの強烈な個性を放ったさまざまな物語を絵画や工芸作品にたどる。また日本でも西行や一休宗純など異彩を放った人々の、さまざまな物語を遺す。絵画作品や工芸品から、奇才とも称することのできる人々の世界に誘う。

    許由巣父図 呉偉筆 中国・明時代15世紀
    重要美術品 蘆葉達磨図 宮本武蔵筆 江戸時代17世紀
    布袋図 狩野元信筆 室町時代
    堆朱居布袋図香合 中国・明時代15世紀
    奈良絵本 大黒舞 江戸時代18世紀
    束帯天神像 益叟福謙賛 室町時代14−15世紀
    狂雲集 (一休宗純詩偈集) 室町時代 文亀3年(1503)

    土曜講座
    「画賛を読み解く」加藤祥平氏(学芸部学芸員) 
    平成30年1/20(土)午後1時30分〜3時(午後1時開場) 600円(入館料は別途)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.10998] 【東京】21_21 DESIGN SIGHT/野生展:飼いならされない感覚と思考 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/12/31(Sun) 22:12:04  

     六本木の21_21 DESIGN SIGHThttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=74で開催中の展覧会を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆企画展「野生展:飼いならされない感覚と思考」 〜平成30年2/4 (日)
       火曜と1/3まで休館   入館料金:一般1100円 大学生800円 高校生500円 中学生以下無料

     人間の文化と生活には欠かせない知性の能力「野生」、ものづくりや表現の歴史においても、度々その例を見いだすことができる。
    理性や合理性ばかりが前面にあらわれる現代においても必要な、現代の表現者たちのもつ野生の魅力に着目し、さまざまな作品や資料を通して、その力を発動させるための「野生の発見方法」を紐解く。
      青木美歌「あなたと私の間に」
      大森克己「和歌山県古座川町2002」
      西村祐介「勢理客の獅子舞」
      西村祐介「ボゼ」
      ステファニー・クエール「Old Boar」
      渡邊拓也「道具と作ることのインスタレーション」
      田島征三「吠える獣」    など
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明 


      [No.10997] 【三重】Paramita Museum/河井ェ次郎展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/12/31(Sun) 22:10:25  

     菰野町のParamita Museumhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=24&c=53で、1月2日から開催される展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆没後50年「河井寛次郎展―過去が咲いてゐる今、未来の蕾で一杯な今―」1/2(火)〜2/25(日)
         会期中無休
         入館料金:一般1000円 大学生800円 高校生500円 中学生以下無料
     島根県安来市に生まれ、東京高等工業学校(現・東京工業大学)窯業科に入学し、雑誌「白樺」を見て感銘を受けたバーナード・リーチと交友を結び、後輩の濱田庄司と出会った河井寛次郎(1890〜1966)。京都市立陶磁器試験所で技師として研讃を積み、1920(大正9)年、京都市五条坂の清水六兵衞の窯を譲り受け、「鐘溪窯」と名づけ住居を構えた。その後1924(大正13)年、濱田庄司を介して柳宗悦と親交を結び、実用を重んじた力強い作品を生み出す。1926(大正15)年に「日本民藝美術館設立趣意書」の起草に参加し、1936(昭和11)年に「日本民藝館」理事に就任。戦後は、実用にとらわれない、自らの内面から湧き出る自由で独創的な造形表現を展開。京都の旧宅であった河井寛次郎記念館所蔵作品を中心に、本邦初公開となる山口大学所蔵作品など陶芸や木彫や書、調度類などを紹介し、寛次郎の仕事の全貌とその深い精神世界を辿る。
    緑釉人形図壺(1923年頃)
     灰釉筒描扁壺(1953年頃)
     流し薬瓶子(1927〜28年)
     繍花六方花瓶(1923年頃)
     竹製棚(1940年頃)

    記念講演会:1/21(日) 午後2時〜 鷺 珠江氏(河井寛次郎記念館・学芸員)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.10996] 【京都】国立博物館/いぬづくし/御所文化を受け継ぐ 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/12/31(Sun) 21:15:01  

     東山七条の京都国立博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=61で、1/2から開館して行われている展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆新春特集展示「いぬづくし─干支を愛でる─」〜平成30年1/21(日)
       月曜(祝日の場合は翌日)、1/1休館
       午前9時30分〜午後5時(金土は8時まで、入館は閉館の30分前まで)
       入館料金:一般520円 大学生260円
           高校生以下および満18歳未満、満70歳以上の方は無料(要年齢証明)。
           障がい者の方と介助者(1名)は無料(要手帳提示)
     猟犬として『播磨国風土記』には麻奈志漏という応神天皇の猟犬の話が出、小型室内愛玩犬として狆がチベット原産で奈良時代には既に日本に伝わっていたという、古くからの犬と人とのかかわりに思いを馳せる。
       花卉鳥獣図巻 国井応文・望月玉泉筆 
       加彩婦女像
       嵯峨人形・犬  など

    ☆特集展示「御所文化を受け継ぐ─近世・近代の有職研究─」〜平成30年1/28(日)
     平安時代に頂点を迎え、応仁の乱などの内戦によって、簡略化へと向かい、世相が落ち着く江戸時代に入って復興した御所を中心とする文化。京都国立博物館が所蔵する御所旧蔵の作品群を中心に、近世・近代の御所文化再興の様相を振り返る。   五衣唐衣裳装束 秩父宮勢津子妃所用

    新春イベント
    トラりん登場!1/2(火)3(水)午前10時〜、11時20分〜、午後1時20分〜、3時〜、4時〜

    芸舞妓 春の舞(予定)
    1/6(土)午後2回公演(時間未定)
     平成知新館グランドロビー(入館料のみ)

    書道パフォーマンス(予定)
    1/14(日)午後(時間未定)庭園にて(平成知新館 講堂)入館料のみ
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.10995] 【奈良】春日大社国宝殿/伝説の名刀たち 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/12/31(Sun) 21:12:17  

     これから初詣、春日大社国宝殿http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=29&c=34で見られる展覧会を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆春日大社御創建1250年記念展I「伝説の名刀たち」前期:〜平成30年1/28(日)
                              後期:平成30年1/30(火)〜3/26(月)
          平成29年1月29日は展示替えにつき休館
          拝観料:一般500円 高大生300円 小中生200円
     いずれも貴族や武家に相伝され特別な思いをもって奉納され、神々の神殿や宝庫に秘蔵されて伝えられた国宝8件25点、重要文化財8点、重要美術品7点など平安・鎌倉・南北朝時代の美しい太刀の代表作がそろう名刀。伝説にも注目して展示を行い、春日大社の御神刀の製作を担う刀工月山家の歴代の名刀の他、鞘師・白銀師・柄巻師の方々の作品も紹介。
     重文 金銅柏文兵庫鎖太刀(こんどうかしわもんひょうごぐさりたち) (通期展示)
     重文 三鈷柄籐巻剣(さんこつかとうまきのけん) (通期展示)
     国宝 金地螺鈿毛抜形太刀(きんじらでんけぬきがたたち) (前期展示)
     国宝 沃懸地獅子文毛抜形太刀(いかけじししもんけぬきがたたち) (前期展示)
     国宝 菱作打刀(ひしづくりうちがたな) (前期展示)  など

    セミナー

    日本刀講座I 
    1/28(日)午後1時〜(午後0時30分受付) 春日大社にて、会費1000円(当日納め)
    「作者が語る拵(外装)の美」
       高山 一之氏(鞘師)
       宮島 宏氏(白銀師)
       岡部 久男氏(柄巻師)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.10994] 【ご挨拶】本年もご利用ありがとうございました 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/12/31(Sun) 17:31:01  

     今年も、各地のミュージアムへのご理解ご協力、ご訪問、そして本談話室をご利用ありがとうございました。
     今日は、午後から少し降られましたが、概して穏やかな関西でした。

     しかし、昨今の日本では少子高齢化、さまざまな弱者へのハラスメントやいじめ、なかなか癒えぬ災害の名残…、と走り続けてきた社会の停滞の側面が目立ち始めています。でも、それらに声をあげ改善に取り組むことに私たちが目ざめてきたこともひしひしと感じます。

     天皇陛下の退位が確かになって一つの時代の区切りが告げられると、「平成」はどんな時代だったか語られ始め、皇位継承の歴史や仕組みが注目されました。考えてみればこのたびの皇位継承の問題は、少子高齢化の問題が、日本の皇室にも及んでいる…社会の縮図なんでしょう。

     世界的には、北のパフォーマンスが加速し、非寛容な国々が増えたり、クリスマスを前に、米国大統領の独走が世界を惑わしました。

     こうして浮遊する社会のさまは、SNSやネットがどんどん速報してくれますが、それに一喜一憂するのではなく、もっと確かな世界、思想を固めておきたいな、と感じています。 

     芸術や歴史など人間が作りだした確かな文化を知るきっかけは、ミュージアムもその一端を担っています。もちろん、現代の社会を読み解く企画をじっくり練って打ちだしてこられる館もあります。そんなミュージアムをこれからも応援し続けてゆきたいな、と思います。どうぞ、来る年も、ご参加ご助力をお願い致します。

     この発言を本年しめくくりのご挨拶と致しますが、しばらく、新年開催の企画展の紹介をすることにします。ここをお読みの皆様にも、年越しの境い目にこだわることなく、ミュージアムの情報、感想を書き込んで頂ければ結構と存じます。どうぞ、良いお年をお迎えください。

                     本談話室の管理人 明日香 光二/馬場 英明


      [No.10989] 【近現代史社会】平成30(2018)年に見られる展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/12/29(Fri) 13:24:22  

     年始から見られる、近現代の歴史や社会問題の展覧会を紹介します。この発言を平成30(2018)年のベースノートとします。ほっとミュージアムに既に紹介済みのものに合わせて、訪問にご利用下さい。なお、既に、年末の休館に入っている館もあります。継続開催中の表記になっている展覧会も、年末年始休館のところが多くございますので、訪問に際しては当該館のサイトなどでご確認下さい。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【岩手】
    後藤新平記念館
     ☆後藤新平生誕160年記念企画展「新平の思想を育んだ家族と恩師たち」平成30年1/16(火)〜3/11(日)

    【宮城】
    東北福祉大学・鉄道交流ステーション
     ☆第32回企画展「全線開通100周年記念 陸羽東線展」〜平成30年3/3(土)

    【山形】
    最上徳内記念館,☆徳内・シーボルト写真展「オランダ・ドイツ調査団報告展」〜平成30年2/6(火)

    【茨城】
    古河歴史博物館,☆「中村威展」平成30年3/17(土)〜5/6(日)
    かすみがうら市郷土資料館,☆第40回特別展「伊東甲子太郎と幕末の同志」〜平成30年3/4(日)

    【埼玉】
    埼玉県立歴史と民俗の博物館
     ☆特別展「明治天皇と氷川神社−行幸の軌跡−」平成30年1/2(火)〜2/12(月・振) 

    【東京】
    在日韓人歴史資料館
     ☆第16回企画展「朴慶植没後20年記念 ぷらすまいなす±私の青春」平成30年2/10(土)〜5/26(土)
    新宿歴史博物館,☆特別展示「マンガでみる 抑留・引揚げ」平成30年2/14(水)〜2/25(日)
    野球殿堂博物館,☆企画展 「野球報道写真展2017」〜平成30年2/2(日)
    相撲博物館,☆「明治時代の大相撲」平成30年1/4(木)〜2/16(金)
    MEGA WEB,☆「箱根駅伝 感動をつなぐチームとクルマ STORY & HISTORY」 〜平成30年1/14(日)
    駒澤大学禅文化歴史博物館
     ☆特集展18「駒大学寮と自治制度〜大正時代の大学寄宿舎〜」〜平成30年3/30(金)
    お札と切手の博物館
     ☆明治150年関連施策特別展「日本近代紙幣の礎となった男たち
       −明治150年 印刷局はじまりの物語−」〜平成30年3/4(日)
    日野市立新選組のふるさと歴史館
     ☆特別展【井上源三郎 没後150年】
        「新選組 井之上源三郎−八王子千人同心と新選組の幕末維新−」〜平成30年2/18(日)
    【石川】
    金沢大学資料館,☆学生企画展「バンカラ寮生類〜金大寮史124年〜」〜平成30年3/16(金)

    【長野】
    北野美術館別館 北野カルチュラルセンター,☆「オリンピックメモリアル」平成30年2/10(土)〜2/11(日)

    【愛知】
    リニア・鉄道館,☆冬の特別体験「新幹線大公開」〜平成30年2/28(水)

    【京都】
    京都佛立ミュージアム
     ☆明治維新150年記念展示「維新外伝〜日本のアナザーストーリーズ〜」〜平成30年5/6(日)
    霊山歴史館,☆2018年通年特別展「大西郷展」第1期「西郷隆盛と薩摩藩」平成30年1/3(水)〜3/18(日)
    京都産業大学むすびわざ館ギャラリー
     ☆平成29年度特別展「丹後震災の記録」平成30年1/22(月)〜2/18(日)
    京都市学校歴史博物館,☆「近代日本の道徳教育」〜平成30年4/15(日)
    京都高島屋グランドホール
     ☆『Smile Forever』Blu-ray & DVD 発売記念
         「美しき氷上の妖精 浅田真央展」平成30年1/4(木)〜1/22(月)
    【大阪】
    今城塚古代歴史館
     ☆しろあと歴史館・今城塚古代歴史館合同企画展「収蔵品に見る幕末の激動と高槻」 
      第1会場「幕末の武具と漢詩人・藤井竹外」平成30年1/4(木)〜2/25(日)
    高槻市立しろあと歴史館
     ☆しろあと歴史館・今城塚古代歴史館合同企画展「収蔵品に見る幕末の激動と高槻」 
      第2会場「幕末の高槻と人々」平成30年1/4(木)〜2/25(日)

    【兵庫】
    小野市立好古館,☆「明治150年」記念企画展「小野藩士族がみた西南戦争」平成30年2/17(土)〜4/8(日)

    【鳥取】
    米子市立山陰歴史館,☆企画展「ふるきよき時代〜館蔵品写真 遠澤利・廖訴神ョ30年1/21(日)

    【島根】
    島根県立古代出雲歴史博物館,☆ミニ企画「まぼろしの大社水族館」〜平成30年2/19(月)

    【岡山】
    犬養木堂記念館
     ☆「犬養木堂記念館所蔵 一品展32」平成30年1/20(土)〜2/18(日)
      木堂から妻 千代へ宛てた手紙「木堂家信(かしん)」のうち、支那革命赴援と二升庵家信と題した2巻

    【山口】
    下関市立歴史博物館,☆企画展「幕末のメディアと下関」平成30年3/17(土)〜平成30年5/6(日)
    山口県立山口博物館
     ☆テーマ展「奇兵隊の軍服と袖印−奇兵隊士元森熊次郎資料−」平成30年1/5(金)〜2/12(月・祝)

    【徳島】
    徳島県立博物館
     ☆特別陳列「よみがえる、ふるさとの“たからもの”
          ―大津波被災文化財の再生から未来へ― 」〜平成30年1/21(日)
    【高知】
    いの町紙の博物館(土佐和紙伝統産業会館)
     ☆志国高知幕末維新博 特別巡回展「幕末維新写真展」平成30年1/2(火)?2/18(日)

    【福岡】
    九州鉄道記念館
     ☆企画展「58654号機の記録〜蒸気機関車時代から現在の人吉号まで〜」〜平成30年2/12(月・振)
    大牟田市立三池カルタ・歴史資料館,☆2017年冬の企画展「大牟田市誕生物語」〜平成30年3/25(日)

    【鹿児島】
    鹿児島県歴史資料センター 黎明館,☆企画展「大河ドラマと黎明館資料」I:平成30年1/16(火)〜4/22(日)
                          II::平成30年4/26(木)〜8/26(日)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.10988] 【歴史】平成30(2018)年に見られる展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/12/29(Fri) 13:23:47  

     年始から見られる、歴史の展覧会を紹介します。この発言を平成30(2018)年のベースノートとします。ほっとミュージアムに既に紹介済みのものに合わせて、訪問にご利用下さい。なお、既に、年末の休館に入っている館もあります。継続開催中の表記になっている展覧会も、年末年始休館のところが多くございますので、訪問に際しては当該館のサイトなどでご確認下さい。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【岩手】
    一関市博物館,☆テーマ展2「鉄五輪塔地輪と花泉の中世」平成30年1/29(土)〜3/21(水・祝)

    【山形】
    山形県立博物館
     ☆第9回 山形県立博物館・同友の会 共同企画展
     「私たちのたからもの−伝えられた軸物・巻物・絵図を中心に−」〜平成30年2/18(日)

    【茨城】
    古河歴史博物館,☆「雪の殿さま土井利位」平成30年1/4(木)〜2/25(日)

    【埼玉】
    川越市立博物館,☆第27回収蔵品展「三芳野神社の社宝」平成30年3/17(土)〜5/13(日)

    【千葉】
    千葉市立郷土博物館,☆特別展示「戦国時代の千葉氏ー古文書が語る争乱ー」〜平成30年1/14(日)

    【東京】
    国立公文書館,☆平成29年度 第4回企画展 「太田道灌と江戸」平成30年1/13(土)〜3/10(土)
    千秋文庫博物館,☆企画展「城絵図と町絵図」〜平成30年4/7(土) 
    天理ギャラリー
     ☆第163回展「諸国名所絵図めぐり―一枚刷りにみる、ふるさとの風景―」平成30年2/24(土)〜4/14(土)
    高麗博物館,☆企画展「高麗博物館 収蔵品展〜初めての蔵出し〜」平成30年1/5(金)〜4/1(日)
    永青文庫
     ☆冬季展 「熊本大学永青文庫研究センター設立10周年記念 
        細川家と「天下泰平」―関ヶ原からの40年―」 〜平成30年1/28(日)
    すみだ郷土文化資料館,☆特集展示「忠臣蔵−浮世絵・手紙・書籍−」〜平成30年2/4(日)

    【富山】
    富山県[立山博物館],☆冬の立山曼荼羅・特別公開展「立山の神仏と立山曼荼羅」〜平成30年2/25(日)

    【長野】
    信州松代 真田宝物館,☆松代文化財ボランティアが選ぶ「真田宝物館名品展」〜平成30年3/26(月)
    茅野市神長官守矢史料館,☆「戌年の古文書」平成30年1/1(月・祝)〜2/12(月・振)

    【三重】
    松阪市立歴史民俗資料館,☆企画展「松阪の文人大集結!」〜平成30年3/4(日)

    【京都】
    大谷大学博物館
     ☆2017年度冬季企画展 「江戸時代の本をたのしむ
     −日下無倫と楠丘文庫−」平成30年1/9(火)〜2/10(土)

    高麗美術館
     ☆世界記憶遺産登録記念特別展「京・近江の朝鮮通信使展」I期:平成30年4/1(日)〜5/29(火)
                               II期:平成30年6/14(水)〜8/21(火)
    古典の日記念 京都市平安京創生館,☆企画展「寝殿造の虚像と実像」〜平成30年6/1(金) 
    花園大学歴史博物館
     ☆蘇山玄喬禅師150年遠諱記念「蘇山玄喬
       ―禅画と墨蹟 徳源寺・円福寺・見性寺所蔵作品―」〜平成30年2/3(土)
    高台寺「掌美術館」,☆特別展「高台寺にみられる日本美−風雅−」〜平成30年2/25(日)

    【大阪】
    関西大学博物館
     ☆「『津田秀夫文庫』調査速報展 〜近世摂河の村々の支配と暮らし〜」平成30年1/15(月)〜2/15(木)

    【兵庫】
    赤穂市立歴史博物館,☆平成29年度特別展「藩儒村上氏−文久事件・高野の仇討−」〜平成30年1/16(火)
    太子町立歴史資料館,☆特別公開「12人の神(仏)たち〜斑鳩寺の文化財〜」平成30年2/17(土)〜4/9(月)

    【和歌山】
    高野山霊宝館
     ☆平成29年度冬期平常展「密教の美術〜霊宝館収蔵宝物お蔵出し!〜」前期:〜平成30年2/12(月・振)
                                 後期:平成30年2/14(水)〜4/8(日)
    【広島】
    広島城,☆企画展「頼山陽とゆかりの人たち」〜平成30年2/4(日)
    松濤園
     ☆御馳走一番館 所蔵品展IV「馬上才−海外からの曲芸師」〜平成30年1/29(月)
     ☆御馳走一番館 所蔵品展V「もてなしの料理ー平和を願う料理」1/31(水)〜4/9(月) 

    【山口】
    下関市立歴史博物館
     ☆企画展「戦国大名毛利元就−元就から元清・秀元へ−」〜平成30年1/28(日)
     ☆特別展「朝鮮通信使−日韓の平和構築の歴史」平成30年2/3(土)〜平成30年3/11(日)

    【大分】
    臼杵市歴史資料館,☆「合戦絵図の世界〜語り継がれる戦国の「記憶」〜」〜平成30年2/19(月)

    【宮崎】
    都城島津邸・都城島津伝承館,☆収蔵史料展「都城と都城島津家」〜平成30年3/11(日)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                         明日香 光二/馬場 英明


      [No.10987] 【考古】平成30(2018)年に見られる展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/12/29(Fri) 13:23:16  

     年始から見られる、考古学の展覧会を紹介します。この発言を平成30(2018)年のベースノートとします。ほっとミュージアムに既に紹介済みのものに合わせて、訪問にご利用下さい。なお、既に、年末の休館に入っている館もあります。継続開催中の表記になっている展覧会も、年末年始休館のところが多くございますので、訪問に際しては当該館のサイトなどでご確認下さい。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    【岩手】
    大船渡市立博物館
     ☆企画展「縄文人の骨を調べる
       −気仙地域からみつかった縄文時代人骨の最新研究成果−」〜平成30年1/21(日)

    【宮城】
    地底の森ミュージアム(仙台市富沢遺跡保存館)
     ☆平成29年度 第83回企画展「もりの風景2017」&「ミュージアムフォトコンテスト
       ―氷河期の森・縄文の森の風景2017―」作品展 平成30年1/16(火)〜3/11(日)
    【福島】
    いわき市石炭・化石館
     ☆特別展「古代オリエントの世界−神々への祈りと人々の生活−」〜平成30年2/28(水)

    【千葉】
    千葉県立中央博物館
     ☆祝・特別史跡指定 トピックス展「かそりーぬと見る加曽利貝塚」平成30年1/13(土)〜2/12(月・祝)
    国立歴史民俗博物館,☆企画展示「世界の眼でみる古墳文化」平成30年3/6(火)〜5/6(日)

    【東京】
    JPタワー学術文化総合ミュージアム[インターメディアテク]
     ☆特別展示「デザインの始まり―最古石器から握斧(ハンドアックス)へ」〜平成30年4/8(日)
    東京大学総合研究博物館
     ☆東京大学創設140周年記念国際共同特別展示
         「最古の石器とハンドアックス―デザインの始まり」〜平成30年1/28(日)
    古代オリエント博物館
     ☆コレクション展「タイムスリップ!古代オリエントの世界」平成30年1/12(金)〜3/31(土)
     ☆新春コーナー展示「干支展示・イヌ」平成30年1/12(金)〜2/9(金)
     ☆クローズアップ展示「西アジア調査報告2017:ブルガリア発掘調査の25年」平成30年2/10(土)〜3/25(日)

    【新潟】
    新潟市文化財センター(まいぶんポート)
     ☆企画展「木製品から見た中世のくらし−南区の低湿地遺跡−」平成30年1/16(火)〜3/29(木)

    【富山】
    富山市北代縄文広場 北代縄文館,☆ミニ企画展「縄文人の食生活」〜平成30年5/27(日)

    【福井】
    福井県立一乗谷朝倉氏遺跡資料館
     ☆第4回特別公開展 「一乗谷を掘る・調べる〜学芸員の仕事」〜平成30年3/18(日)

    【岐阜】
    多治見市文化財保護センター
     ☆「発見! 地中に眠る多治見の歴史−住吉・駅北・笠原の発掘調査報告展−」〜平成30年2/2(金)

    【静岡】
    静岡市立登呂博物館,☆「こだいの「ふふっ」展」平成30年1/6(土)〜3/4(日)

    【大阪】
    今城塚古代歴史館,☆トピック展「高槻城二の丸跡発掘調査速報展」平成30年1/4(木)〜2/25(日)

    【兵庫】
    三木市立みき歴史資料館,☆企画展「三木地区の遺跡」平成30年1/13(土)〜2/11(日・祝) 
    兵庫県立考古博物館
     ☆企画展「ひょうごの遺跡2009〜2018−調査研究速報−」平成30年1/20(土)〜3/25(日)

    【奈良】
    桜井市立埋蔵文化財センター
     ☆平成29年度企画展「ウチの土器、ヨソの土器〜古墳時代前期の外来系土器〜」〜平成30年4/15(日)
    奈良文化財研究所飛鳥資料館,☆冬期企画展「飛鳥の考古学2017」平成30年1/26(金)〜3/18(日)

    【島根】
    荒神谷博物館,☆企画展 出雲平野シリーズIII 
    「山持遺跡〜宍道湖西岸の交流地〜」〜平成30年2/26(月)

    【広島】
    広島県立歴史博物館(ふくやま草戸千軒ミュージアム)
     ☆ミニ展示「草戸千軒町遺跡の木簡」平成30年1/26(金)〜3/22(木)

    【徳島】
    徳島県立博物館,☆部門展示「ここまでわかった! 徳島の縄文時代」〜平成30年2/25(日)

    【香川】
    高松市歴史資料館
     ☆「上天神遺跡出土辰砂関連資料展(香川県指定文化財(考古)指定記念)」〜平成30年1/24(水)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                         明日香 光二/馬場 英明


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 暗証キー

    - Web Forum -
    - Antispam Version -