ほっとミュージアム 談話室
[ホームへもどる] [新規投稿] [新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
  • 以下は新規投稿順のリスト(投稿記事)表示です。
  • 48時間以内の記事は new! で表示されます。
  • 投稿者のメールアドレスがアドレス収集ロボットやウイルスに拾われないよう工夫して表示しています。
  • 発言サイズは画像も含めて130KBまで、URLは20個までです。
  • その他[留意事項]を良くお読みの上ご利用ください
  • 新規紹介用 でワード検索すると、フォーマット発言が開きます

  •   [No.12037] 【全国】鉄道関係企画展 19年10月以降 その4 投稿者:かずや  投稿日:2019/10/22(Tue) 23:57:06  

    おじゃまします。下記、追加致します。

               かずや:渡辺 和也
    --------------------------------------------------------------------------
    【北海道】
    ・釧路市立博物館
     写真展「太平洋石炭販売輸送 臨港線」
     11月2日(土)〜20年1月12日(日)
    https://www.city.kushiro.lg.jp/museum/kikaku/2019/coaltrain.html
     注:報告済分。詳細が掲載されたので再掲。

    【東京】
    ・江東区中川船番所資料館
     特別展「路面電車と江東」
     10月9日(水)〜20年2月16日(日)
    https://www.kcf.or.jp/nakagawa/kikaku/detail/?id=44

    ・府中市郷土の森博物館
     でんしゃであそぼう!! 武蔵府中鉄道模型博2019
     11月2日(土)〜11月17日(日)
    http://www.fuchu-cpf.or.jp/museum/event/1003901.html

    以上です。


      [No.12036] 【奈良】県美:吉川観方−日本文化へのまなざし 見ました 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/10/22(Tue) 20:38:21  

     10/22(火)即位礼正殿の儀 をTV中継で見てから、後半日を過ごそうと、奈良県美へ出かけました。
     「高御座」って、平城宮大極殿に常設されていますから(もちろん、レプリカですが)、奈良人にはおなじみのもの。ああ、あれあれ…という感じで見ていました。「まるで平安時代のような…」って表現が使われますが、あのしつらえは奈良時代から続いているものですので…

     さて、本日は日本中のかなりのミュージアムで、祝意を込めて無料開館のところが多く、この奈良県美もその一つ。奈良・平安じゃないけれど、時代考証に力を注いだ日本画家のものがたり。
     大正時代に京都絵画専門学校へ通っておられた頃には「きいちのぬりえ」ばりのぱっちり眼でしっかりした線の少女を描いたりされているのですが、その後画風は桃山時代か江戸初期のような細い眼で細い線の人物画に変わっています。時代考証家として映画会社の松竹に就職なさったことと関係があるのかもしれません。その給料で古い作品のコレクションをされていたようで、そこからまた彼の創作のもとになってゆく。浮世絵も製作されて、これも人物はまさに江戸風のものを新作。京都市街の川縁を描いたものだけが、現代的な風合いがありました。
     幽霊画も得意としこちらは消え入る風情を水墨で。
     江戸時代を最もフィールドにされたようですが、奈良・春日大社の依頼で制作された鎌倉時代の武者の絵、というのもあり、時代考証の広さも感じました。

     この展示は11/17(日)までです。

                   明日香 光二/馬場 英明
     


      [No.12035] 【兵庫】神戸ファッション・ゆかり美:千住博展 見ました 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/10/22(Tue) 20:36:43  

     10/19(土)に六甲アイランドの神戸ファッション美術館・神戸ゆかりの美術館で開催中の千住博展を見てきました。

     現代日本画で、その名前は大変大きいですが、まとめて作品を見たことはなかったので。
     本展メインで、タイトルにもなっている、襖絵の大胆な水流が印象的なので、千住さんの他の絵のイメージがなく…

     うっかり、第二会場の神戸ファッション美術館から入ってしまうと、そこには伝統的日本画手法の風景画屏風「湖畔初秋図」が。ところが湖畔に立つ人物が全く現代の男女なのが驚き。構図の変わった建物の画もありましたが、如何にも日本画の桜図(とても華やかなのですが)など、日本画の基本に立っておられるんだな、と認識。
     やはり、第一会場のメイン 高野山金剛峯寺の「瀧図」は圧巻。迸り落ちる(って変な表現ですが)水だけが展示室を取り囲み、これは神秘体験です。前衛的だけれども、水墨の調子は御堂を囲むには相応しい。千住さん自身は、空海が感得した明星を描きたかったが無理だったので…という説明があったのですが、この作品はとても宇宙的です。ところで、「水墨」と書いたが、そう見えるだけで、実は耐久性を持たせるために岩絵の具なのだそうです。もうひとつの障壁画「断崖図」は和紙を揉んでしわを付けてから描く、また独自の手法。続いて展示されている「四季瀧図」も迫力充分でした。

     手法や大胆さは現代的でも、それはまぎれもなく日本画…というのが千住博の日本画と感じました。

     神戸での展示は11/4(月・振)までです。

                  明日香 光二/馬場 英明


      [No.12034] 【京都】アサヒビール大山崎山荘美:東山魁夷のスケッチ見ました 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/10/22(Tue) 20:35:24  

     定期的に訪れて散策したい美術館です。
     先週の連休最終日10/14(月・祝)に見てきました。

     東山魁夷さんの絵画・版画は、心落ち着くもので大好きなんですが、森や湖の印象が強く、思い浮かびますね。

     今回のテーマは東山さんの印象とはちょっと違うものだったのですが(安野光雅さんのような感じ)世界でも、ちょうど私の好きな街々だったので、とても期待していました。北欧ードイツーオーストリアと、訪れられた国別に展示が展開します。これらの国々での経験があの色合いを生んだのかなぁ、とも思います。ヨーロッパで最も私の好きなデンマークのフレデリクス・ボー城の風景から始まったので、いきなり感嘆。普段の東山調の、森と湖を取り入れた作品。ドイツでは、路地の一角を切り取ったり、町の様々な角度から描かれますが、基本的には、青ー緑の色調。
     オーストリアに入ると、暖色系の配色が出てきたり、窓や扉ごしに建物をみるような構図がでてきて面白かったですね。どこの史跡へ入ると言うより、こうして、街角で佇んで雰囲気を楽しむ旅が好きなので、まさにそれを味わうことができました。改めて行きたい街も増えました。

     ほぼ、長野県信濃美術館の東山魁夷館の所蔵品でしたが、ここも未訪問で、いずれまた。

     本展は、10/29に展示替えがあり、12/1(日)までです。

                       明日香 光二/馬場 英明


      [No.12033] Re: 【岐阜】ひだ宇宙科学館カミオカラボ 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/10/22(Tue) 18:43:11  

     Quitaさん、こんにちは。
    > スーパーカミオカンデ、Kagraは確かに天体の現象を観測しているけれど、宇宙の研究をしているわけではなく、「素粒子物理学」になるでしょう。

     なるほど、私も天体観測だと思い込みました。ノーベル賞を受賞された小柴昌俊さんの研究成果などを紹介されたものは、「星空」というイメージのものではなく、放射線?宇宙線?あくまで物理学でしたから。

     スーパーカミオカンデは、簡単には見学できないでしょうし、名前だけは有名で神岡のシンボルの一つでもあるこの施設を、一般の人に見てもらう、理解してもらうための施設なんでしょうね。

                        明日香 光二/馬場 英明


      [No.12032] Re: ところで、館内写真撮影可に思う 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/10/22(Tue) 18:42:19  

     ところで、最近は、会場の一部分というのを含めて、撮影可の展示が増えてきたように思いますが、展示を見る上で如何でしょうか。人が多いと、シャッター音ばかりが響き、そのことが私には気持ちが削がれることがありました。展示の趣旨や観客の入り具合にもよるでしょうが…。
                    明日香 光二/馬場 英明


      [No.12031] Re: 【岐阜】高原郷土館 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/10/22(Tue) 18:40:51  

    Quitaさん、こんにちは。

    神岡というと、産業としての鉱山だけしか知りませんでしたが、城下町だったんですね。
    次の宇宙科学館も含め、平湯〜富山間の途中下車で観光できるならば、結構訪れやすいかもしれません。
    一度訪れた平湯温泉は非常に気に入ったので、家族とまた行こうと思っていますので。

    > 鉱山資料館が実際はメインでしょう。
    もちろん、建設の主体がその業種ですし、神岡を訪れる人は当然と思えると思います。化学が理解できなくても、「鉱山の町」のシンボルとして捉えることができればよし、と思います。

    > 神岡城は天守閣風の建築ですが、…た模擬のものです。
     ところで、「復元」ではなく「模擬」ということは、かつての建物の形は検証されていない、ということですね。

                 明日香 光二/馬場 英明


      [No.12030] Re: 【鹿児島】霧島アートの森/青木野枝 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/10/22(Tue) 18:39:10  

    Quitaさん、こんにちは。
    ずいぶん遅くなった反応ですみません。

    「遠征」は今回ずいぶん遠征されましたね。私は九州を訪れる機会が少なく、思い切らなければ、と思います。
    >野外展示場については以前に…
    >アートホールの所蔵品には…現代の定番的な人も多くあり、今度来るときは企画展のないときに来てみたいと思っています。
     そういう特徴的なミュージアムは、そこを目的に旅する値打ちがあると思います。
     青木野枝さんの作品は、シンプルでそれだけで力強く、訴えるものがあると思いますし、大きな展示施設で見て、良いものだと思います。

                     明日香 光二/馬場 英明


      [No.12029] 【東京】平成記念美術館ギャラリー/無鉛釉/藪明山 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/10/15(Tue) 00:16:54  

     世田谷区桜の平成記念美術館ギャラリーhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=212で開催中の展示を紹介します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆「無鉛釉の世界 武腰敏昭と武腰冬樹による九谷焼展」〜11/16(土)
          日曜休館
          入館無料
     石川県能美市寺井町で江戸時代後期から続く九谷焼の名門武腰家は、初代 武腰泰山、二代 武腰善太郎、三代 武腰敏昭(当代)、四代 武腰冬樹と続き、本展では、日本藝術院会員・日展理事の三代 敏昭と四代 冬樹の作品を展示。金沢美術工芸大学で工業デザインを学んだ三代 敏昭は、自由な発想で独自の造形と絵付けをし、器から陶壁画、環境造形まで多角的に作陶。独自に開発した「無鉛釉薬」を使用し、鉛の毒性なく、人と環境に優しい“無鉛釉の世界”を発信し、本年度武腰敏昭が代表を務める日本無鉛釉薬推進委員会が文化庁長官表彰を受ける。 四代 冬樹は、金沢工芸美術大学卒業後に父の元で修行を積み、日展で特選受賞を重ねた。九谷焼の藝術家として新しい表現を追い求めていく二人の作品。

    ☆「白眉の藝術起業家 藪明山の世界 特別展」〜11/16(土)
     株式会社 平成建設の創業30周年記念『明治工藝 白眉の藝術起業家 藪明山の世界(普及版)』出版記念の平成建設コレクション「藪明山」の特別展。陶藝作家であり、藝術起業家であった藪明山(本名 政七) は、 1853年(嘉永6年)1月20日、大阪の長堀に生まれ、極小の器胎に精緻な絵付を施し、郡蝶の図様が知られる。作品は大英博物館、オックスフォード大学付属アッシュモレアン博物館、大阪歴史博物館、清水三年坂美術館など国内外の博物館・美術館にも収蔵され、極小細密の中にその美を探求し、海外に販路を求めた藪明山の業績を楽しむ。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                        明日香 光二/馬場 英明


      [No.12028] 【京都】大谷大学博物館/柳宗悦・棟方志功と真宗 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/10/15(Tue) 00:15:43  

     京都・北大路の大谷大学博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=4で開催中の展示を紹介します。  
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ☆2019年度特別展「柳宗悦・棟方志功と真宗−土徳の大地と民藝の美−」〜11/28(木)
        日月曜と10/22(火・祝)休館(11/10(日)24(日)25(月)は開館)
        入館料金:一般・大学生500円 高校生以下無料
             大谷大学学生・同窓生・教職員
             障がい者手帳お持ちの方と介助者1名、70歳以上の方無料
     暮らしのなかの実用品に「用の美」を発見し、それらの生活道具を民藝(民衆的工芸)柳宗悦(1889〜1961)はみずからの「直観」によって、国内外の民藝作品を数多く蒐集し民藝運動を展開した。柳に才能を見出された板画家の棟方志功(1903〜1975)とともに戦中・戦後に真宗王国越中富山の人びとの生活に息づく信仰風土「土徳」と出会い、柳は「仏教美学」という思想を確立し、棟方も自分ではない「他力」による創作活動に取り組む。こうした越中真宗の信仰風土「土徳」について二人の著作や作品とともに紹介。
       親鸞聖人像(六角堂御通木像)城端別院善徳寺(南砺市)
       柳宗悦『美の法門』私版本 大福寺(南砺市)
       柳宗悦墨蹟「ワガ眼ナラジテ弥陀見ルハ」大福寺(南砺市)
       棟方志功「観十方无碍仏図」大福寺(南砺市)
       棟方志功「帰命尽十方無碍光御如来」光徳寺(南砺市)
       棟方志功「躅飛山光徳寺風光図」光徳寺(南砺市)
       
    記念講演会 大谷大学響流館3階 メディアホール、午後2時〜、無料、事前申込不要
    10/29(火)「美の法門と真宗」太田 浩史 氏(日本民藝協会 常任理事/真宗大谷派大福寺[南砺市] 住職/となみ民藝協会 会長)
    11/23(土・祝)「柳宗悦と棟方志功 往復書簡を通して探る“南砺時代”」 石井 頼子 氏(棟方志功研究家/棟方志功の初孫)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       参考:館のチラシとホームページ

                        明日香 光二/馬場 英明


    | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 |


    - 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
    処理 記事No 暗証キー

    - Web Forum -
    - Antispam Version -